FC2ブログ
2020-04- / 03-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>05-

2018.10.22 (Mon)

鱗晃荘でとれたて蝦夷アワビ!

おいしいもんを食べるために、
昼夜を問わず働いている私と相方ですが(比率は相方9:私1)

今年一番おいしかったのは?
と、もし聞かれたら

鱗晃荘(りんこうそう)と即答します。

※今回は写真が少ないので、まずは前回の記事お読みになることをおススメします。
鱗晃荘 食事編
鱗晃荘 施設編

春にウニを食べに行き、その味にビックリ仰天したもんですが、
10月に蝦夷アワビが解禁になったと聞き、いそいそと訪問。

お部屋は前回同様、和室8畳。@約17,000円
大人3名で宿泊し、布団でギュウギュウになりましたが、
そんなの関係ないです。目的は食事です!

今回も、期待を裏切ることなくおいしかった。
素晴らしい!


5d00000240

”肉も野菜も出ません”とうたっている通り、今回も見事に海鮮のみです。
内容は前回とほとんど変わりませんが、その安定っぷりが嬉しい。

雲丹はシーズンが終了しているので、蒸しウニでした。
「蒸すと甘味が増すんですよ」と仰っていましたが、
やはりこれは生ウニで食べたほうが全然おいしい。
まぁこれは仕方がない。


5d00000241

前回あまりのおいしさに無言で食べてしまった大羽(おおば)
今回も無言で頭と背骨以外完食です。

そして鱗晃荘の食事全般に言えることですが、
無駄にお醤油とかいりません。

この大羽も、何も付けず、何も掛けずにいただきます。
素材そのままで勝負できる味です。

というか、気が付いたら何も掛けずに食べていた。
と言った方が正しいのかも。

もっと褒めたいんだけど、うまい言葉がみつからない!


5d00000242

蝦夷アワビ①です。
まずはお刺身でいただきます。

あっはっはっはっは。

笑うしかない味です。
そんな味あるの?って思いますよね。
それがあるんです。


5d00000243

蝦夷アワビ②は焼きます。
「動かなくなったら火から降ろしてください」とだけ言われます。

バターとか醤油なんて、ヤボなもんは掛けませんよ。
んなもんで、味をごまかしたりしないんです。
これだけで十分おいしいんです。


私は肝が苦手なんですが、
今回は半分くらい食べられました。(そもそもが大きい)

「肝そのままを食べたら初心者には難しいだろうから、身と一緒に食べれば?」

アドバイス通り食べてみましたけど、身と一緒なら苦みが程よくてうまい!
初めて肝をおいしいと感じました。


5d00000245

蝦夷アワビ③ 酒蒸しです。

前回はお腹が一杯で、ほとんど残してしまった一品ですが、
今回は計算しながら食べたので、ここまでちゃんと辿り着けました。

これはお出汁とか使っているんでしょうか?
もしかしたら魚介からの天然のお出汁と塩だけかもしれません。
鱗晃荘なら、それくらいのことやってのけるかもしれません。



今回も大満足の内容でしたが、朝食の写真が見当たりません。
撮影したのは間違いないんですけど、データがなくて…。
もしかしたら消去してしまったのかもー。( ̄□ ̄;)

前回の朝食記事を参考にしていただければ幸いです。

冬は雪道をレンタカーで運転する度胸がないので、
次回はまた6月の雲丹で行きます!









これだけ食べているのに体重が1キロ減
魚介っていろいろ凄い
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると更新の励みになります。
よろしくお願いします!


09:35  |  鱗晃荘  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメント:を投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/tb.php/695-d21bb579

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | BLOGTOP |