FC2ブログ
2018-06- / 05-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>07-

2018.06.30 (Sat)

鱗晃荘(りんこうそう)① 施設編

積丹ブルーが見られず、通り雨にやられましたが(→前の記事
気を取り直して、本日のお宿へ向かいます!

積丹は、漁師さんがお宿を経営しているところが多いそうで、
今回の宿選びは迷いました。

といっても決めるのは相方なので、私は
「部屋にトイレがある宿とない宿のどっちがいい?」と聞かれ、
「そりゃ、ある宿でしょ」と答えただけです。

あ、あと
「部屋に風呂がないけど、いい?」
「全然いいよー」
って答えたかな。


IMG_3860

そんなこんなで、相方が選んだお宿は、鱗晃荘(りんこうそう)
宿泊代は@17,280円

ここは食事の評判が良い宿だったので、
とても楽しみにしてました!(^▽^)/

朝食を軽くし、昼食を抜いたのも、すべてこのためです!


IMG_3861

宿泊だけでなく、食事だけでも利用できるようです。


IMG_3811

フロントです。

右の方に懐かしい下駄箱が写っていますね。
ここに宿泊客の靴が並べられていました。

スリッパはなく、裸足で歩きますが、
掃除が行き届いていて、とってもキレイなので全然抵抗はありません。


IMG_3812

読書スペースです。
北海道に関する本が並べられていました。


IMG_3813

コーヒーもあります。
お水は文句なしに、うまい。


IMG_3810

食事処です。
18時に一斉スタートですが、お客様の希望にも対応可能だそうです。


IMG_3797

お部屋全7室で、すべて2階にあります。
8畳間が一般的で、洋室も1部屋あり、16畳間も1部屋あるそうです。


IMG_3786

8畳のお部屋です。

こういう雰囲気のお部屋は久しぶりだけど、
たまにはいーねー!

お部屋にお風呂があるとかないとかトイレがどーのとか、
いったいどんなお部屋なんだろう?

と思っていたけど、
お部屋の隅々まで掃除が行き届いていて清潔感があります。

冷蔵庫の中はお水だけ入っています。
お宿のHPに「近隣にコンビニはないので、必要な飲み物は事前購入をおススメします」
と書いてあったので、遠慮なくビールやらを持ち込みます。

私たちが確認した感じだと、最後にコンビニを見たのは途中の余市町。
車で1時間はかからないかもしれないけど、かかるかもしれません。
他にもコンビニがあるかもしれないけど、ないかもしれません。
そんな感じで。( ̄▽ ̄)


IMG_3790

IMG_3791

テーブルの上にはDHCのアメニティがありました。
あと女性の皆さんには大切なお知らせですが、お部屋にドライヤーはありませんでした。

フロントにお願いすれば貸してもらえるシステムかもしれませんが、
お風呂場にあったのを見ただけなので、前髪命の方はご注意を!


IMG_3796

景色はどんなかしら?
と窓を開けてみたら、オーシャンビューならぬ、ルーフビュー。
下はたぶん調理場です。

ルーフビュー。

うまいこと言ったつもり。


IMG_3792

いつもの記事だと、お部屋の写真をたくさん載せてしまうんですけど、
8畳ひと間なので、今回はこれだけです。


お宿にお風呂はあるんですが、温泉ではありません。
車で5分くらいのところに入浴施設(温泉)があって、割引券もフロントで購入できるんですが、
私たちはお宿のお風呂を利用することにしました。

3~4人で使えるくらいの小さなお風呂ですが、
そもそもお部屋数が7室なので、誰にも会わずのんびり。(詳細はコチラ


IMG_3798

シャンプーバーと呼ばれていましたが、
5種類のシャンプー&コンディショナーが置いてあって、好きなものを利用できます。
もちろん、お風呂場にもDHCのシャンプー類がありましたよ。


IMG_3854

レンタルサイクルもあるようですが、よく見ると”ウニ色”って書いてあります。
積丹は、この時期ウニですもんね!
夕食では、ウニを食べますよー!


IMG_3857

お宿の冊子にあった写真。


tat_col_4.jpg

この積丹ブルーを見たかった!







次はお楽しみの夕食編です。
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると更新の励みになります。
よろしくお願いします!


スポンサーサイト



09:01  |  鱗晃荘  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.06.28 (Thu)

神威岬で積丹ブルーを堪能するつもりが雨に降られるの巻

センチュリーロイヤルホテル札幌をチェックアウトした後は、
レンタカーを借りて積丹半島へ向かいます。

途中、観光名所の小樽を通りますが、素通りです。
とりあえず写真だけ撮って、世界の車窓からゴッコです。

IMG_3735

本日のお宿は積丹にあるので、その前に”積丹ブルー”を見に行きます。
しかし行き当たりばったりで決めたので、そもそも”積丹ブルー”が何か分かりません。

Siriに「積丹ブルーってなに?」と聞き、
Google先生に教えを乞い、
ざっくりと把握した結果、神威岬に行くことに決めました。


top.jpg

積丹ブルーとは…
写真のような6月ころから見られる夏の海の青さをいうものだそうです。

神威岬(かむいみさき)とは…
積丹には大きく分けて3つの岬があり、
神威岬、積丹岬、黄金岬が観光地となっているそうです。

ホント、北海道民のみなさん、関係者のみなさん、
こんな説明で、全力でごめんなさい。

詳しくはコチラのHPに載っていましたので、ご参照ください。


IMG_3739

高速は小樽までで、その後は一般道になりますが、
とても走りやすい道でした。


IMG_3743

小樽から1時間、札幌からは1時間45分ほどで到着しました。
駐車場は無料です!
素晴らしい!


IMG_3745

IMG_3747

IMG_3748

IMG_3751

遠くに灯台が見えますが、あの辺まで歩いていきます。
片道20分だそうですが、写真を撮ったりしたので往復1時間半くらいかかりました。


IMG_3759

すでに景色が素晴らしい。
見えませんが、海の向こうはロシアです。


IMG_3760

南西方向です。
雲行きが怪しいですねぇ。
後で、この雲にやられます。


IMG_3764

神威岬は、1855年(安政2年)まで女人禁制だったそうです。

またここで、Google先生から教えてもらっただけの、
あっさーい知識を書かせていただくと、

平泉で自害したと思われていた源義経が実は生きていて(まじか)
北海道まで逃げて、なんとそこで女性と恋に落ちる。
しかし北海道まで追手がせまり、義経は逃げます。
義経を想う女性は、置いて行かれたショックでここで身を投げますが、
”女性を乗せた船が通りかかったら沈没させる”と恨みを込めてしまいます。
その後、女性を乗せた船が通ると必ず沈没したため、女人禁制としたそうです。

そして身を投げた姿が岩となったのが”神威岩”で、
岬の先端から見ることができます。


IMG_3771

アップダウンが激しいですが、舗装されているので思ったよりも歩きやすいです。
ただ道幅が狭いところがあるので、譲り合いが必要な個所もあります。


IMG_3769

金網になっているところも多くあり、雨の日は滑りやすそうです。
私たちは降られたけど、ここを通り抜けた後だったので大丈夫でした。


IMG_3767

あの雲にやられます。
この時、雷も光っていました。


IMG_3766

この天気では、積丹ブルーは無理でした。
でもなんとなく、その片鱗はうかがえます。


IMG_3774

岬の先端に到着です。
見えているのが神威岩で、14階建てマンションと同じくらいの高さがあるそうです。

コチラのサイトではキレイな積丹ブルーが見られるので、ぜひご参考までにご覧ください。


IMG_3779

後ろを振り返ると、雨雲がそこまで来ている気がする!
空とか読めないけど、これはヤバい気がする!

と思っていたらポツポツ降ってきました。
急いで戻りますが、駐車場の100メートル手前で無情にもザーザー振り。

傘を持っていたので頭は大丈夫でしたが、
下半身(主に靴)がびっしょり。

そして車に辿り着いたら止むという…。
世の中そんなもんですね。








積丹は”ソーラン節”のふるさとと言われているそうです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると更新の励みになります。
よろしくお願いします!


09:55  |  北海道・神威岬  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.06.23 (Sat)

シンガポール旅行記⑧ チャンギ国際空港

シンガポール旅行記① ANAビジネスクラス 羽田ラウンジ
シンガポール旅行記② ANAビジネスクラス スタッガードシート
シンガポール旅行記③ マリーナ・ベイ・サンズ クラブキングルーム
シンガポール旅行記④ Club55で朝食
シンガポール旅行記⑤ インフィニティプール
シンガポール旅行記⑥ Club55にてアフタヌーンティ-
シンガポール旅行記⑦ Club55にてイヴニングドリンクとカナッペタイム
シンガポール旅行記⑧ マリーナ・ベイ・サンズ Riseにて朝食
の続きです。



最終日はレイトチェックアウトを申し込んでいたので(宿泊料金の半額負担で18時まで)
チェックアウト後は、再び電車(MRT)でチャンギ国際空港へ向かいます。

50分くらいかかりますが、一人S$2.30(180円くらい)
ホント安い!

IMG_3512

日曜日でしたので、電車内はガラガラ


IMG_3513

ANAはターミナル2です。

この掲示板は、電光ではなくパタパタ動くやつでした。
昭和な方には”ザ・ベストテンみたいなやつ”って言った方が馴染みがあるでしょうか。

出国ゲートは2か所ありますが、そんなに混雑していません。
でも少し並んでいたら、列の近くで誘導していたイミグレ職員が
”おいでおいで”と私たちを呼びます。

”まじか!私たちなんかしたっけ?”と焦りつつ近づいていったら、
「このレーンを使いなさい」と。

ジェスチャーで親指を出し「指紋認証させればいいから」と言ってます(たぶん)
そういえば、入国時に指紋登録した!と思い出し、
電車の自動改札のようなところで指紋を認証させたら、すぐにゲートを通過できました!
パスポート不要で、その時間わずか数秒。

「おぉっ!」と感嘆の声を上げて振り返ったら、
イミグレ職員がニヤリと笑っていました。

入国審査20分くらい並んだけど、最後にこんなお得なことが待っていたとは!


IMG_3515

搭乗時刻は21:50です。

ラウンジ大好きなので、このまま直行する予定でしたが、
ここで相方から物言いがつきます。
「ずっとラウンジにいるなんてつまらない!ブラブラしたい!お買い物したい!」

女子か。(-_-)

まぁ今回は3日間ノーショッピングでしたので、お付き合いしてあげました。


IMG_3517

テレビ放映なのか映画なのか分かりませんが、
右にある紺色の椅子に皆さん座って、なにかご覧になってらっしゃいました。
なかなか座り心地よさそうな椅子でしたよ。


IMG_3519

スタバ発見!


記事には書きませんでしたが、
カジノで4万くらい勝ちましたので(私が)
お土産にシャンパンを購入してラウンジへ向かいます。

もう少し自慢しようかな。

勝ちました。
カジノで。
私が。
4万円。
うふふ♪


IMG_3543

ANAはシンガポール航空のラウンジを間借りしています。
ビジネスクラスはシルバークリスラウンジです。

前回はターミナル3のラウンジでしたが、今回はターミナル2
3よりも手狭かな。


IMG_3535

そして前回、食事が全然おいしくなかったので、食べる気がおきない。
でも、機内ではすぐに眠るつもりなので、少し食べておかないと。


IMG_3538

IMG_3533

IMG_3534

IMG_3531

IMG_3532

IMG_3526

IMG_3524

IMG_3521

シャンパンはありました。


IMG_3522

タイガービールです。

しかし、文句なしじゃんけんで負けてしまったので、
羽田からの運転は私です。
アルコールは我慢です。

文句なしじゃんけんとは我が家流のルールで、
負けたら絶対に文句を言わず、従わなければなりません。

勝った方はこれ見よがしに喜びを表現しますが、
負けた方は文句を言っちゃいけません。

言うなれば王様ゲームみたいな感じです。
違うけども。


これに負けて、羽田からの運転係となりました。
………チッ。


IMG_3520

ソフトドリンクたくさんあるから、いいもんねー。


IMG_3525-2

TWGも、のみほーだしー。


IMG_3540

これなら大丈夫かな?
と、見た目と匂いで選抜。

これらはまぁまぁおいしかった。


IMG_3539

ヌードルバーがあり、
「シンガポールで一番おいしい麺だから!」
と盛んにアピールされたので、食べてみました。

カレーのようにスパイスがたくさん入っていてスパイシーですが辛くないです。
ココナッツミルクが入っていたので、マイルドになっているのかな?

シンガポールで一番ではないと思うけど、
なかなかおいしかった。


IMG_3545

この2日後に日朝首脳会談があったので、
偉い人が到着したとニュースでやっています。

ジョンウンさんとトランプさんと、
同じ時に同じ大地を踏んでいるなんて変な感じ。



シンガポール旅行記は、これで終了です。
お付き合いいただきまして、ありがとうございました!








帰国便は、すぐに寝ちゃったので画像ないです!
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると更新の励みになります。
よろしくお願いします!




<関連記事>
シンガポール旅行記① ANAビジネスクラス 羽田ラウンジ
シンガポール旅行記② ANAビジネスクラス スタッガードシート
シンガポール旅行記③ マリーナ・ベイ・サンズ クラブキングルーム
シンガポール旅行記④ Club55で朝食
シンガポール旅行記⑤ インフィニティプール
シンガポール旅行記⑥ Club55にてアフタヌーンティ-
シンガポール旅行記⑦ Club55にてイヴニングドリンクとカナッペタイム
シンガポール旅行記⑧ マリーナ・ベイ・サンズ Riseにて朝食
シンガポール旅行記⑨ チャンギ国際空港 ←今ここ


09:38  |  チャンギ国際空港 シルバークリスラウンジ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.06.22 (Fri)

シンガポール旅行記⑧ マリーナ・ベイ・サンズ Riseにて朝食

シンガポール旅行記① ANAビジネスクラス 羽田ラウンジ
シンガポール旅行記② ANAビジネスクラス スタッガードシート
シンガポール旅行記③ マリーナ・ベイ・サンズ クラブキングルーム
シンガポール旅行記④ Club55で朝食
シンガポール旅行記⑤ インフィニティプール
シンガポール旅行記⑥ Club55にてアフタヌーンティ-
シンガポール旅行記⑦ Club55にてイヴニングドリンクとカナッペタイム
の続きです。

今回はクラブルームに宿泊したので、クラブラウンジで朝食をいただけますが、
Rise タワー1 1階 6:30-11:00
Adrift タワー2 1階 7:00-10:00
Spago タワー2 57階 7:00-10:30
も利用できます。


IMG_3474

ちなみにこちらがAdrift


IMG_3412

AdriftもSpagoも利用したことはないので、
物珍しいっちゃ物珍しいんですけど、
我々は迷うことなくRiseに向かいます。

たぶん種類の豊富さで言ったら、Riseが一番だと思うので!


IMG_3467

案内してもらった席は、パンが目の前!
Riseは広いので、奥の方に座ってしまうとビュッフェ台がとても遠くなってしまいます。
賑やかしいけど、これはこれでラッキー。


IMG_3458

パンコーナーから少し左に目線を動かすとこんな感じ。
左のビュッフェ台にはサラダがあり、奥にはヌードルバーが写っています。


IMG_3413

まずはパンから行きましょう。


IMG_3453

IMG_3435

IMG_3414

IMG_3415

IMG_3416

IMG_3418

右はプリンのように甘いパンプディング。
左はシナモンブレッド。

写真はありませんが、パンケーキも焼きたてをサーブしていました。


IMG_3448

IMG_3450

IMG_3451

IMG_3452

IMG_3420

IMG_3436

次はコチラのカウンターです。


IMG_3431

カレーもあるんです。
奥に写っているパンみたいな塊と、


IMG_3434

クレープみたいなものと、


IMG_3432

これらが同じ場所に置いてあったので、
近くのスタッフを捕まえてどうやって食べたらおいしい?って聞いてみたら、

カレーを器に入れて、ご希望ならばこれらの物を入れ、
パンにつけて食べるといいわよ。
と教えてくれました。

ホントかよ。
と思ったので、混ぜるのはやめておきました。
だって右のは見るからにグリーンカレーっぽいじゃない?

なので普通に食べたら、普通においしかったです。
日本のカレーと違って、香辛料の香りが強い!
でも辛くない!おいしい~!


IMG_3427

こちらでは、フォーを提供していましたが、
写真を撮った後改めて取りに行ったら売り切れで、中華麺になっていました。
フォー大好きなのに、残念。


IMG_3439

ヌードルステーションの隣はエッグステーションです。

クラブラウンジだとオーダーしたらテーブルまで届けてくれますが、
こちらは座席数が多すぎるので、そういうサービスはなし。
注文した後はおとなしくその場で待っています。

ちなみにエッグステーションは2か所あるので、
順番待ちは、そんなにありません。


IMG_3438

IMG_3425

IMG_3424

中華もありますよ。


IMG_3430

IMG_3429

点心もなかなかおいしいです。


IMG_3463

こちらのアイランドチックなビュッフェ台には、
2か所目のエッグステーションとフルーツ類があります。


IMG_3443

IMG_3444

IMG_3446

IMG_3419

IMG_3447

IMG_3440

シリアル類


IMG_3421

和食は申し訳なさ程度


IMG_3423

スープ類
お味噌汁もあります。


IMG_3460

マンゴージュースがありましたが、すっごい濃厚!すっごいおいしい!
マンゴーを丸ごと齧っているより濃厚でした。


IMG_3461

このジュースもおいしかった!


IMG_3454

IMG_3455

本日は頑張って2皿食べました!


IMG_3464

Riseはおいしくないっていう意見も聞きますが、
パンと点心とカレーはおいしいと思います。

じゃそれ以外の大半の料理はどうなのよ?
って聞かれると、モゴモゴしちゃいますが、
この種類の豊富さで、テンションが上がるんですよね~。

分かるかな~?
この中年おばちゃんの気持ち。









ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると更新の励みになります。
よろしくお願いします!




<関連記事>
シンガポール旅行記① ANAビジネスクラス 羽田ラウンジ
シンガポール旅行記② ANAビジネスクラス スタッガードシート
シンガポール旅行記③ マリーナ・ベイ・サンズ クラブキングルーム
シンガポール旅行記④ Club55で朝食
シンガポール旅行記⑤ インフィニティプール
シンガポール旅行記⑥ Club55にてアフタヌーンティ-
シンガポール旅行記⑦ Club55にてイヴニングドリンクとカナッペタイム
シンガポール旅行記⑧ マリーナ・ベイ・サンズ Riseにて朝食 ←今ここ
シンガポール旅行記⑨ チャンギ国際空港


09:54  |  マリーナ・ベイ・サンズ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.06.21 (Thu)

シンガポール旅行記⑦ マリーナ・ベイ・サンズ Club55にてイヴニングタイム

シンガポール旅行記① ANAビジネスクラス 羽田ラウンジ
シンガポール旅行記② ANAビジネスクラス スタッガードシート
シンガポール旅行記③ マリーナ・ベイ・サンズ クラブキングルーム
シンガポール旅行記④ Club55で朝食
シンガポール旅行記⑤ インフィニティプール
シンガポール旅行記⑥ Club55にてアフタヌーンティ-
の続きです。


IMG_3382

17時-19時はイヴニングドリンクとカナッペタイムになります。
シャンパンも飲み放題です。ヾ(〃^∇^)ノ


IMG_3391

座席は今回もオーシャンビュー側です。
マリーナ・ベイ・サンズの影が、いい感じに落ちていました。


アフタヌーンティーの記事で、早め早めの行動をおススメしましたが、
イヴニングタイムも同様で、あっという間に座席が埋まります。

ビュッフェ台周辺も常に人がたくさんいるし、
朝食よりもアフタヌーンティーよりも、
イヴニングタイムが一番混雑していたように思います。

そして欧米の皆さんは、ジャンジャンお酒を飲む。
「それ、お水なの?」というくらい飲む。

アルコールに強い体質なんでしょうね。
うらやましい。


IMG_3495

IMG_3496 IMG_3497

IMG_3498

IMG_3501

IMG_3395

IMG_3392

IMG_3393

IMG_3394

IMG_3384

盛り付けの一例 相方バージョン


IMG_3385

わたくしバージョン

ハンバーガーっぽいものは、ハンバーガーではありません。
たくあんっぽいものは、たくあんではありません。

アフタヌーンティ-の記事では、ケーキがイマイチだと散々ディスりましたが、
食事系はおいしいです。


IMG_3505

ひとくちパスタです。
これもおいしかった!


IMG_3388

朝食とアフタヌーンティ-とイヴニングタイムで、
思っていたよりもお腹がいっぱいになります。

この後は、夕食も何も食べずに済みました。


お酒は、グラスが空になると、すぐにスタッフが注文を取りに来てくれるし、
オーシャンビュー側は静かだしで、
写真の奥に写っているスナック類をつまみながら、つい長居してしまいます。


IMG_3386

ミネラルウォーターは、フィジーウォーターでした。
日本で買うと一本150円くらいですが、癖を全く感じない軟水で飲みやすいです。


IMG_3389

イヴニングドリンクとカナッペタイムは2日分の利用を一つの記事にまとめましたが、
最終日はレイトチェックアウトを申し込んだので18時まで利用できました。

次の記事は帰国便…と行きたいところですが、
1階のRiseで食べた朝食の写真がありますので、もう少しお付き合いください。








ブログランキング参加中!
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると更新の励みになります。
よろしくお願いします!




<関連記事>
シンガポール旅行記① ANAビジネスクラス 羽田ラウンジ
シンガポール旅行記② ANAビジネスクラス スタッガードシート
シンガポール旅行記③ マリーナ・ベイ・サンズ クラブキングルーム
シンガポール旅行記④ Club55で朝食
シンガポール旅行記⑤ インフィニティプール
シンガポール旅行記⑥ Club55にてアフタヌーンティ-
シンガポール旅行記⑦ Club55にてイヴニングドリンクとカナッペタイム ←今ここ
シンガポール旅行記⑧ マリーナ・ベイ・サンズ Riseにて朝食
シンガポール旅行記⑨ チャンギ国際空港

09:46  |  マリーナ・ベイ・サンズ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.06.20 (Wed)

シンガポール旅行記⑥ マリーナ・ベイ・サンズ Club55にてアフタヌーンティー

シンガポール旅行記① ANAビジネスクラス 羽田ラウンジ
シンガポール旅行記② ANAビジネスクラス スタッガードシート
シンガポール旅行記③ マリーナ・ベイ・サンズ クラブキングルーム
シンガポール旅行記④ Club55で朝食
シンガポール旅行記⑤ インフィニティプール
の続きです。

マリーナ・ベイ・サンズのクラブルーム宿泊中です。
ベネフィットは朝食・アフタヌーンティー・イヴニングドリンクタイムと3回ありますが、
すべて利用します。

今回はアフタヌーンティーの記事ですが、
時間は14時-16時。

14時の5分くらい前にフェイントをかけたら、同じくフェイント組が数組いて、
あっという間にたくさんの方で座席が埋め尽くされました。

イヴニングタイムも同じような感じでしたので、早め早めの行動がよさそうです。

アフタヌーンティーについても早めに告っちゃうと、イマイチな内容でございました。
他に予定があるのなら、無理に帰って来て利用する必要はなさそうです。

私たちは”利用しなきゃ損”とばかりに行きましたけどね。
それもフェイント組ですけどね。( ̄∇ ̄)


IMG_3373

宿泊2日目と3日目(レイトチェックアウト)の両日利用しましたので、まとめて掲載します。

この記事を書くにあたり、相方に
「どのケーキがおいしくなかったんだっけ?」と確認したら
「全部」と即答でした。

残念なことに、ケーキは全滅でした。
外国の、あの変な甘味しかしません。

真ん中の紅白餅っぽいのは、その名も”MOCHI”
白い餅を相方が食べましたが、中身は生クリーム?っぽかったそうです。
おいしくない。


IMG_3374

手前の物は、もはや何なのかわかりません。
居合わせた日本人旅行客の方と「ちょっと怖いですよね」と、お互い苦笑い。

奥のカステラはおいしかったです。


IMG_3375

スコーンはおいしかった!
クロテッドクリームはイマイチでしたけど、及第点はあげられそうです。


IMG_3376

盛り付けの一例

まだケーキのまずさを知る前です。
この時はおいしそうだと思ってたんですよね…(遠い目)


IMG_3379

しかし全く救いがないこともなくて、このサンドウィッチはおいしかった!
3回くらいおかわりしてしまった。


IMG_3381

このクッキーもおいしい。
カントリーマアムの豪華版って感じで、
しっとりとしたクッキーにチョコレートやナッツがたっぷり入っていました。


IMG_3378

ポテトチップスもおいしかったです。
辛口ですけど、辛すぎなくて後を引くおいしさでした。


IMG_3504

これは3日目にあったロールケーキ
これはまぁまぁ許せる範囲の甘さで、おいしく食べられました。


IMG_3490

3日目にいただいた物です。


IMG_3494

青いお米に茶色い何か…。
相方が取ってきたので責任もって食べさせたら「うーん…意外とイケる」

恐る恐る私も食べてみたら、茶色い物は桜でんぶ?っぽいので、
見た目はアレですが、味は普通。

「お米と桜でんぶだよ!」と言ったら、相方が無言で首を振ったので違うかもしれないけど、
でも食べられないことはありませんでした。

”食べられないことはない”と書いている時点で、どーなのよって思うけど。


IMG_3492

でも、スタッフのサービスはとても良かったです。
飲み物も、なくなってきたらオーダーを取りに来てくれるし、対応もとても早かった。

3日目のイヴニングタイムに行ったときには、
私たちの名前を覚えてくれていたくらいだし。

ケーキの残念っぷりを引いても、余りあるサービスをしてもらったし、景色も良かったので、
トータルで言ったら、とても良いクラブラウンジだと思います。






次の記事はイヴニングタイムだよ
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると更新の励みになります。
よろしくお願いします!




<関連記事>
シンガポール旅行記① ANAビジネスクラス 羽田ラウンジ
シンガポール旅行記② ANAビジネスクラス スタッガードシート
シンガポール旅行記③ マリーナ・ベイ・サンズ クラブキングルーム
シンガポール旅行記④ Club55で朝食
シンガポール旅行記⑤ インフィニティプール
シンガポール旅行記⑥ Club55にてアフタヌーンティ- ←今ここ
シンガポール旅行記⑦ Club55にてイヴニングドリンクとカナッペタイム
シンガポール旅行記⑧ マリーナ・ベイ・サンズ Riseにて朝食
シンガポール旅行記⑨ チャンギ国際空港

09:50  |  マリーナ・ベイ・サンズ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.06.19 (Tue)

シンガポール旅行記⑤ マリーナ・ベイ・サンズ インフィニティプール

シンガポール旅行記① ANAビジネスクラス 羽田ラウンジ
シンガポール旅行記② ANAビジネスクラス スタッガードシート
シンガポール旅行記③ マリーナ・ベイ・サンズ クラブキングルーム
シンガポール旅行記④ Club55で朝食
の続きです。


マリーナ・ベイ・サンズといえば、やはり世界最大の屋上プールでしょうか。

IMG_3362

ここは宿泊客しか利用できません。
入場も一人1枚ずつカードを利用して入場するので(駅の自動改札みたいなかんじ)
チェックも厳重です。

某国の代表が米朝首脳会談の前夜にお忍びでここに来たそうで
「まさかインフィニティプールに行ったんじゃないでしょうねぇ!」
「あそこは宿泊客以外利用できないのよ!」
「特例とか許さないからね!」

と宿泊客を代表してワタクシが怒って差し上げましたが、
プールではなく、誰でも入場できる場所で夜景を堪能なさったそうですね。
良かった良かった。


IMG_3360

プールの営業時間は6時から23時です。
よく”ここは着替える場所がない”とネットで噂されていますが、
今回は着替えることができそうな場所をトイレの中で発見しました。

まぁそれはシャワールームなんですけど、
1か所しかないので、ないっちゃぁないです。

なのでお部屋で水着に着替えて行った方が確実。

水着でエレベーターに乗ったり、
ホテル内をウロウロするのに抵抗を感じるかもしれませんが大丈夫です。
同じような人がたっくさんいるので気にせず闊歩してください。

あと日本人ではないと思いますが、
水着の上にバスローブを着てスリッパで闊歩しているツワモノもいるくらいなので、
安心してください。( ̄∇ ̄)


IMG_3358

IMG_3359

IMG_3365

今回は夏休み期間ではなかったせいか、プールもデッキチェアもガラガラでした。

デッキチェアの上にバスタオルが置いてあるのが見えると思うんですが、
プールサイドでタオルのレンタルができます。

必要枚数を告げれば、人数以上の枚数でも貸してもらえます。


IMG_3363

IMG_3364

こんな景色が見下ろせる特等席もあるのに、誰も利用せず。
ジャグジーもありますが、ガラガラ。


IMG_3357

プールサイドでは、7時-23時まで軽食やドリンクの注文ができます。

スタッフがウロウロしているので、呼び止めて注文すればOK
デッキチェアからは一歩も動きたくない、私のようなナマケモノにはピッタリな注文方法。

ルームチャージもできるので、お支払いも簡単ですよ。
10%のサービス料も加算されているので、チップの心配も無用。
軽食も、なかなか美味です。


プールサイドメニューはコチラ
朝食メニューもあるので、朝食無しプランの方には良いサービスかも。

食べてる方を横目でチラチラ見ましたが、
なかなかおいしそうでした。








プールではインスタ映えってる人がたくさんいました!
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると更新の励みになります。
よろしくお願いします!




<関連記事>
シンガポール旅行記① ANAビジネスクラス 羽田ラウンジ
シンガポール旅行記② ANAビジネスクラス スタッガードシート
シンガポール旅行記③ マリーナ・ベイ・サンズ クラブキングルーム
シンガポール旅行記④ Club55で朝食
シンガポール旅行記⑤ インフィニティプール ←今ここ
シンガポール旅行記⑥ Club55にてアフタヌーンティ-
シンガポール旅行記⑦ Club55にてイヴニングドリンクとカナッペタイム
シンガポール旅行記⑧ マリーナ・ベイ・サンズ Riseにて朝食
シンガポール旅行記⑨ チャンギ国際空港


09:23  |  マリーナ・ベイ・サンズ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.06.18 (Mon)

シンガポール旅行記④ マリーナ・ベイ・サンズ Club55にて朝食

シンガポール旅行記① ANAビジネスクラス 羽田ラウンジ
シンガポール旅行記② ANAビジネスクラス スタッガードシート
シンガポール旅行記③ マリーナ・ベイ・サンズ クラブキングルーム
の続きです。


今回はクラブルームに宿泊したので、
55階にあるクラブラウンジ(Club55)を利用できます。

<ベネフィット>
Club55での朝食 6:30-11:00
アフタヌーンティー 14:00-16:00
イヴニングドリンクとカナッペ 17:00-19:00

朝食はClub55以外も利用できます。
Rise タワー1 1階 6:30-11:00
Adrift タワー2 1階 7:00-10:00
Spago タワー2 57階 7:00-10:30

6歳未満無料
12歳未満は有料
朝食 S$22
アフタヌーンティ- S$18
イヴニングドリンクとカナッペ S$22


IMG_3370

過去2回の宿泊では1階のRiseを利用して、その種類の豊富さに驚いたものですが、
今回はせっかくなのでクラブラウンジで朝食をいただきます。


IMG_3372

お部屋番号と名前を告げた後、席へと案内してもらいますが、
「シティビューとオーシャンビューのどちらがいいですか?」と尋ねられます。

シティビューはマーライオンなどが見える方で、ちょうどこの写真側です。
手前にはハイチェアの座席が写っていますが、
奥にちゃんとしたテーブル席がたくさんあります。


IMG_3346-1

こちらがシティービューの真反対になる、オーシャンビュー側ですが、
座席数が少ないので、とても静かに過ごせます。

シティビュー側は座席がたくさんあるし、
ビュッフェ台も近いので、場所によってはザワザワと感じるかも。


IMG_3345

景色はこんな感じ。


IMG_3354

あと、こんな座席もありますよ。


IMG_3352

IMG_3509

マリーナ・ベイ・サンズの船のお腹の部分(っていうの?)が下から丸見え!


IMG_3330

さぁ、ビュッフェ台のご案内といきましょうか。
まずは、この台をぐるっと一周します。


IMG_3336

パンの種類は豊富ですが、1階のRiseの方が多いかな?

先に告白しちゃいますが、全体的にRiseの方が種類が多いです。
Riseをコンパクトにした感じではありますが、テンションが上がるのは断然Rise

どれくらいかというと、こちらのビュッフェは3日もあれば全種類制覇できそうですが、
Riseは一週間くらいかけないと、全種類制覇できなさそう。

それくらい種類の差があります。

うまいこと言ったつもりです。
分かってもらえましたでしょうか…。(;´▽`A


IMG_3334

シリアルです。


IMG_3333

ドライフルーツやナッツ、ジャム類


IMG_3337

IMG_3338

IMG_3339

IMG_3340

お粥ですが、なんと梅干しがありません!
梅干しのないお粥なんて、お粥じゃない!

それでも食べたけどさー。


IMG_3332

フルーツは南国だから何でもおいしいかと思ったら、そうでもなかった。
パパイヤとかメロンはビミョー。


IMG_3331

これで、先ほどのビュッフェ台1周です。
もう一か所ビュッフェ台がありましたが、俯瞰で写真は撮れなかったので、
こまごまとご紹介します。


IMG_3328

和食コーナー


IMG_3329

納豆発見!納豆発見!


IMG_3344

あとはホットミールコーナーと、エッグステーションがありました。
オムレツや目玉焼き、スクランブルエッグなどリクエストできて、
完成品は、座席まで持ってきてくれるシステム。


IMG_3348

名前とか何も名乗らなかったのに「オーシャンビュー側の席です」と言っただけで、
間違えずに届いていました。


IMG_3341

ジューススタンドには、3種類のジュースが置いてありました。


IMG_3342

ジュースはセルフサービスですが、
コーヒー類のドリンクはオーダー制。

カプチーノやカフェラテもありましたし、紅茶はTWG。
シンガポールと言えばTWGなのかな。


IMG_3347

IMG_3355

盛り付けはこんな感じ。

あんなに種類があるのに、
これしか食べられないなんて自分の胃袋を呪います。
絶対、食べている時間より写真撮っている時間の方が長かった!

んなわけないけど、これしか食べなかったなんて、なんなの?
超アタシなんなの?




続きます。
ちなみに翌朝はRiseに行きました。








お粥と、あとヨーグルトも食べたけどさー ( ̄ε ̄;
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると更新の励みになります。
よろしくお願いします!




<関連記事>
シンガポール旅行記① ANAビジネスクラス 羽田ラウンジ
シンガポール旅行記② ANAビジネスクラス スタッガードシート
シンガポール旅行記③ マリーナ・ベイ・サンズ クラブキングルーム
シンガポール旅行記④ Club55で朝食 ←今ここ
シンガポール旅行記⑤ インフィニティプール
シンガポール旅行記⑥ Club55にてアフタヌーンティ-
シンガポール旅行記⑦ Club55にてイヴニングドリンクとカナッペタイム
シンガポール旅行記⑧ マリーナ・ベイ・サンズ Riseにて朝食
シンガポール旅行記⑨ チャンギ国際空港


09:23  |  マリーナ・ベイ・サンズ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.06.17 (Sun)

シンガポール旅行記③ マリーナ・ベイ・サンズ クラブルーム クラブキング

シンガポール旅行記① ANAビジネスクラス 羽田ラウンジ
シンガポール旅行記② ANAビジネスクラス スタッガードシート
の続きです。

5DM32427.CR2

宿泊はマリーナ・ベイ・サンズです。
今回で3回目の宿泊ですが、今まではJTBのツアーを利用していたので
お部屋のカテゴリーもシティビューか、ガーデンビューか、安いか高いか。
くらいしか選択肢がなかったんですが、

今回は個人手配で行ったのでホテルのHPを見たら、
客室タイプがたっくさんありました。

その中から、クラブラウンジが利用できるキングベッドのお部屋に宿泊。

ついでに帰国便が22時頃だったので、レイトチェックアウトを申し込んだところ、
宿泊代の半額で18時まで利用可能となりました。

ツアーは連れて行ってくれて連れて帰ってくれてと、いろいろ安心ですが、
個人手配だと自分の都合に合わせて変更できる点がいいです。
日本語での対応も完璧でしたので、安心して希望を伝えられました。

気になる料金は、2泊分の宿泊代金にレイトチェックアウト代金、税サ込みで
S$2039.14!

全然ピンときませんね。( ̄∇ ̄)

日本円だと167,209円!(レート82円で計算)


IMG_3468

マリーナ・ベイ・サンズには日本語対応デスクがあります。(10:30~17時)
チェックイン、アウトはコチラで対応可能です。


IMG_3470

クラブルーム利用なので、こちらのVIPなんちゃらでも手続きは可能です。


IMG_3287

到着したのは19時半頃でしたので、日本語対応デスクはとっくに終了。
VIPなんちゃらも混雑していたので、普通のフロントでチェックインしたところ、
運よく日本人スタッフに当たり、安心して手続きできました。


IMG_3288

お部屋は40階で、57階が最上階(プール)になるので、上層階です。
エレベーターを降りてから一番近いお部屋だったし、
思っていたよりも広い!


IMG_3290

象か犬か分からないけど、出迎えてくれました。
少なくとも、マーライオンではないな。


IMG_3291

IMG_3292

IMG_3293

テレビはNHKの国際版が放送されていましたが、
相方はテレビっ子なので、iPadをどうにかうまいことして日本のテレビ番組を観ていました。


IMG_3296

ネスプレッソと無料のミネラルウォーターがありました。
シンガポールは水道水が飲めるようですが、
今回はミネラルウォーターばかり飲んでいました。


IMG_3295

冷蔵庫の中は有料ですが、少しでも動かすと課金されるシステムらしく、
扉の中には様々な言語で注意書きがされていました。


IMG_3408

おかげで冷蔵庫が利用できず、免税店で購入したシャンパンが冷やせず、
氷で冷やす羽目に…。

おまけに氷はサービスに電話をして持ってきてもらわなければなりません。
閑散期でしたので、すぐに持ってきてもらえたけど、繁忙期だったらどうなることやら…。


IMG_3294

こっちは動かしても大丈夫。( ̄∇ ̄)


IMG_3297

USBコネクタが2つありますが、他にもベッドサイドに4つ、デスクにも2つあるので合計8つ。
充電しまくりです。


IMG_3300

IMG_3301

IMG_3302

アメニティは、歯ブラシ、クシ、石鹸、ボディローション


IMG_3303 IMG_3304

小物入れの中にも、いろいろなものがありました。


IMG_3305

シャワールームは無駄に広かった。


IMG_3306

IMG_3307

窓からの夜景です。
ちょうどワンダー・フルをやっていましたが(写真手前の紫色です。ショーをやっています)
部屋の写真を撮るのが忙しくて、それどころじゃぁない。

ワンダー・フルとは、マリーナ・ベイ・サンズからレーザーが出るショーですが、
2年前の記事で良ければ、こちらをご参照ください。
4年前でも良ければ、こちらも…。

内容はだいぶ変わっていると思うケド…。


IMG_3315

朝から、ANAのラウンジとか機内食を食べすぎたので満腹なんですけど、
相方が急に「鼎泰豊に行く?」と言い出したので、
マリーナ・ベイ・サンズに直結しているショッピングモールへ行きました。

鼎泰豊なんて、東京にもあるんですけどね。
お腹もいっぱいなんですけどね。

店舗によって味が微妙に違うので食べてみたくなったんです。
でもお腹いっぱいだから、小籠包を6個とかで十分。


IMG_3324

鼎泰豊はシンガポールでも人気なのでしょうね。
今までは待ち時間数十分とかザラだったのに、
行った時間が良かったのか(21時頃)5分ほどで入店できました。


IMG_3320

この日は朝から呑んだくれてばかり。


IMG_3322

1人小籠包6個と、春巻きっぽいものを注文しましたが、
やっぱり鼎泰豊はおいしい!
ペロッと食べてしまいました。



マリーナ・ベイ・サンズの宿泊代金が2泊で167,209円と冒頭に書きましたが
ちなみに2年前の宿泊代金(某大手旅行会社で申し込んだ場合)と比べてみたところ、
大変な結果となりましたので、お知らせしたいと思います。


2年前…
旅行代金2泊3日 @167,000円(スタンダードルーム)
ビジネスクラス追加代金 @333,460円
合計 約100万円!

今回
宿泊代金2泊3日プラス レイトチェックアウト 167,209円(クラブルーム)
ANA(ビジネスクラス) @約24万円
合計 約65万円!




もーなんも言えねぇ!!







2年前は夏休みの繁忙期だったけどさ…
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると更新の励みになります。
よろしくお願いします!




<関連記事>
シンガポール旅行記① ANAビジネスクラス 羽田ラウンジ
シンガポール旅行記② ANAビジネスクラス スタッガードシート
シンガポール旅行記③ マリーナ・ベイ・サンズ クラブキングルーム ←今ここ
シンガポール旅行記④ Club55で朝食
シンガポール旅行記⑤ インフィニティプール
シンガポール旅行記⑥ Club55にてアフタヌーンティ-
シンガポール旅行記⑦ Club55にてイヴニングドリンクとカナッペタイム
シンガポール旅行記⑧ マリーナ・ベイ・サンズ Riseにて朝食
シンガポール旅行記⑨ チャンギ国際空港


09:31  |  マリーナ・ベイ・サンズ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.06.16 (Sat)

シンガポール旅行記② ANAビジネスクラス NH841 スタッガードシート

旅行記①の続きです。

IMG_3236

NH841便は11:10搭乗開始でしたが、
現地管制官からの指示により、30分遅れで搭乗します。
理由はシンガポール上空が混雑しているからだそうです。

米朝首脳会談が4日後に控えていたからかしら?

でも到着は予定通りです。


IMG_3237

ボーディングブリッジからコックピットが良く見えました。(^▽^)/
なんかちょっと嬉しい。


20160730202830-1.jpg

ビジネスクラスは、全席スタッガードシートです。


IMG_3238

フルフラットになるシートを互い違いに配置した、全席通路側スタイルです。


IMG_3242

私は9Aに座りましたが、自分の座席と通路の間にテーブルがあるので
個室感がハンパないです。

特に9Aは、目の前にギャレーがあり、
且つ、隣の座席が右後方になるため、
座ってしまうと本当に誰も見えません。

離着陸時はCAさんの姿も見えなくなるため、完全にプライベート空間です。
シートベルトを内緒で外したって、誰からも見えません。
やらないけど┐(´-`)┌


IMG_3243

ノイズキャンセリング機能付きのヘッドホンと、スリッパと、
あと枕と羽毛布団がありますが、布団は軽くて暖かいです。
畳んで小さくすることができるので、クッションにもなります。


IMG_3267

ベッドパッドまでありました。


IMG_3246

この台が優秀で、なんでもポイポイ置いておけます。
とても便利です。
ユニバーサルタイプのPC電源、USBポートもあります。

シートについての詳細はANAのHPに詳しく書いてありますので、
詳細はコチラをご覧ください。(ANAのHPに飛びます)


IMG_3253-2

さて、機内食のご紹介です。
まずはアミューズ。

エゴマのチーズスティック
チキンときのこのパテ
トマトのピクルスとチーズ ハーブオイル


IMG_3256

IMG_3258 IMG_3259

食事は洋食と和食から選べますが、
8月までは”とうふ屋うかい”のお料理をいただけるようです。

同じ、うかいグループの”うかい鳥山”にはよく行くので、迷わずコチラを選びました。

前菜
胡麻豆腐  穴子笹寿司  とうもろこし真丈
うかいカステラ  串うち(煮蛸 オクラ 海老)

お造り
鮪  湯葉  醤油餡

小鉢
白酢和え


IMG_3261

主菜
肉とうふ
御飯  香の物  うかい名物 豆水とうふ

この豆水とうふが、すっごくおいしかった!
機内食は事前予約できるので、
気になるものがあったら登録しておいた方が確実に食べられますよ!

おまけに事前チェックインもできるので、
預け荷物がなければ、そのまま保安検査場に向かうことも可能です。

搭乗24時間前にチェックイン完了メールが来るので、
メールに表示される2次元バーコードで搭乗できます。
iPhoneのWalletにも登録できるようです。

今回は預け荷物があったので、一度カウンターに行かなければなりませんでしたが、
(チェックインが済んでいれば、手荷物優先カウンターというところもあり)
荷物が少ない人は便利ですね!


IMG_3264

デザートは、ピエール・エルメです。
これも、めっちゃおいしかった!


IMG_3263

あとは、ひたすら機内でジッとしているだけですが、
一風堂のとんこつラーメンがあったり、ハーゲンダッツがあったりで、
希望したときに食べることができます。

機内でラーメンとか食べてみたい!
と思っていたんですが、お腹がいっぱいで予定通りにならず。


IMG_3268

約7時間で、シンガポールのチャンギ国際空港に到着です。

米朝首脳会談が控えていたので、入国審査は1時間くらい覚悟していたんですけど、
20分くらいで通過できました。

質問等何もなく、指紋の登録をしただけです。
緊張感もなくて、ホントに数日後に首脳会談があるんだろうか?
と思ってしまう。


IMG_3281

シンガポールドルは5ドルくらいしか持ってないので、まずは現地通貨をゲットします。
日本国内で換金したり、現地空港で換金したりと、いろいろ方法はありますが、
私たちは現地キャッシング派です。


IMG_3286

シンガポールはタクシーが格安なんですが、今回はさらに安い電車を利用してみました。
空港からホテルまでは50分ほどかかりますが、一人2.30シンガポールドル。(約180円)

画面をタッチして、地図から目的地までの切符を買えるので、
とても分かりやすく、簡単です。
支払いはクレジットカードも利用できます。


IMG_3285

路線も日本と同じく色分けされているので、簡単です。

私たちの目的地は、マリーナ・ベイ・サンズですが、
緑の路線に乗り、次にオレンジの路線に乗りかえれば到着します。

日本人の利用客は、ほとんど見かけませんでしたが、治安も大丈夫そうです。

シンガポールのみなさんは、ゆったりしていて、
電車内が混雑していたら無理に乗り込まず、次の電車を待つ国民性のようです。
てっきりグイグイ押されるかと思っていたのに、拍子抜け。

床に座り込んで勉強?している人がいたり、
電車内で音楽を大音量で聴いている方がいましたけど、
誰一人として表情を変えないので、気にならないようです。

イヤホンから音が漏れてるとかいうレベルじゃなく、まんまの音なのに。

日本だったらイライラする案件だらけですけど、郷に入っては郷に従え。
不思議とイライラせず、タイタニックのテーマソングが聞こえてきたときは、
サビで一緒に歌ったりなんかして。


IMG_3489

ベイフロント駅(マリーナ・ベイ・サンズ)に到着です。




続きます。







サラ・ブライトマンのTime to Say Goodbyeもいい曲だったよ!
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると更新の励みになります。
よろしくお願いします!




<関連記事>
シンガポール旅行記① ANAビジネスクラス 羽田ラウンジ
シンガポール旅行記② ANAビジネスクラス スタッガードシート ←今ここ
シンガポール旅行記③ マリーナ・ベイ・サンズ クラブキングルーム
シンガポール旅行記④ Club55で朝食
シンガポール旅行記⑤ インフィニティプール
シンガポール旅行記⑥ Club55にてアフタヌーンティ-
シンガポール旅行記⑦ Club55にてイヴニングドリンクとカナッペタイム
シンガポール旅行記⑧ マリーナ・ベイ・サンズ Riseにて朝食
シンガポール旅行記⑨ チャンギ国際空港


09:59  |  ANA ビジネスクラス 羽田ーシンガポール  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT>>