FC2ブログ
2017-12- / 11-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>01-

2017.12.27 (Wed)

銀座 小熊 ジビエ2017

昨年食べて、たいへんおいしかった小熊さんのジビエに行ってきました。

相方曰はく、
「小熊のジビエは予約が大変なんだからね!」
「予約開始と同時に、あっという間に満席になっちゃうんだからね!」
「すべては、頑張った俺のおかげだからねぇっ!( -`ω-)」
と。

ここ数日の俺の働きを褒め称えろ!といわんばかりの態度を全力で無視し、
今年も食して参りました。

blog00006206.jpg

写真がピンボケですが、これは先付の鴨出汁です。
「寒い時期ですので、まずは胃腸を温めてください」とおっしゃっていましたが、
一口飲むと、のどからお腹まですーっと温まっていくのが分かります。
そして、その後にやってくるのが鴨の風味。
たまりません。


blog00006207.jpg

これは、私の誕生日が近いので、サプライズでお赤飯をいただきました!
去年は相方の申告で頂戴したんですけど、今年は覚えていてくださいました。


blog00006208.jpg

今年の誕生日当日は、諸事情によりデパ地下のお弁当になりそうなので、これは大変ありがたい!


blog00006209.jpg

前菜
コジュケイ(小綬鶏)

初めて聞いた鶏ですが、見た目はウズラに似ているそうです。
調べてみたらキジ科のようで、キジとウズラの中間のような姿でした。


blog00006210.jpg

油物
小鳥竜田揚げ

これ、去年もいただきましたが、甘味が凝縮していて、とてもおいしいうえに、
骨まで柔らかく揚げてあるので丸ごといただけます。

太い骨は噛み応えがあって「これも食べられるの?」って半信半疑になりますが食べられます。
カルシウムをたっぷり摂れます。


blog00006211.jpg

進肴
穴熊諸味焼き

これおいしかったー!
去年初めて熊を食べて、こんなに甘いお肉なのかと驚きましたが、
これも熊の甘味を存分に堪能できます。
小熊さんのジビエに行ったら、熊はぜひ召し上がっていただきたい逸品です。


blog00006212.jpg

お造り
炙羽田 鰤 伊勢海老

ここでちょっとお魚です。
鰤は寒ブリだそうで、今シーズン初めていただきました。


blog00006213.jpg

焼物
真鴨ロース  猪  蝦夷鹿ロース

これでもか!とジビエが襲い掛かってきます。

鴨や猪や蝦夷鹿とか、それぞれ違うお肉の旨味とか私にわかるかしら?と思いましたけど、
私でもわかるくらい、脂の甘味が全部違いました。

これは味噌につけたりといった食べ方はしません。
このままシンプルに食べますが、それが本当においしい。


blog00006214.jpg

蓋物
鶉(うずら)饅頭

中にウズラのお肉が入っていました。
割ると挽肉のようにポロポロと崩れてくるんですが、
それを餡に合わせて食べるとこれがまたおいしい。

お肉の味に合わせた餡の塩加減やら甘味加減やらが絶妙。


blog00006215.jpg

小鍋
月の輪熊

ここでまた熊です!
もうすっかり熊料理の虜になってしまいました。(*´∇`*)

小鍋といいながら、これを3杯はいただけますが、
大将が来て(個室でした)自ら調理し、盛り付けてくださいました。

その時に伺った話だと、食べる餌によってお肉の風味が変わるそうで、
ドングリを食べている時はどうとかこうとかあるようです。
ドングリが無くなって、○○を食べ始めると風味がどうとかこうとか…?

相変わらずザックリな情報ですみません。


blog00006216.jpg

お食事  雑炊

先ほどの鍋で作った雑炊です。
これは多くを語る必要はないですね。


blog00006217.jpg

デザート  杏仁豆腐



今年もとてもおいしくて、大変満足なジビエ料理でした。
お値段はこれで一人5万円。

5万円? ぉお!!(゚ロ゚屮)屮

「そんなに高かったんだ!」
と相方に言ったら、

「だから頑張った俺のおかげだって言ってんじゃん!(≧ヘ≦) 」 と。

いやいや、頑張った俺のおかげでもあるけど、
それがあっという間に予約で一杯になっちゃう小熊さんの方がすごいからね。


-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

今年の記事はこちらで終了です。

いや~小熊さんの記事が最後になって良かった!いい締め方だ!うん。
今年は全部で150記事を書きましたが、おいしかったお店、そうでないお店といろいろありました。
来年も楽しく食べ歩きができるように、加齢とともに弱ってきている胃腸には気を付けていきたいと思います。

今年一年ありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。

どうぞ、良いお年をお迎えください。






ブログランキング参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします!


スポンサーサイト



09:40  |  東京・銀座 小熊  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.12.26 (Tue)

味処 大森 2017年12月

今年もアンコウを食べに大洗まで行ってきました。(過去記事はコチラ

blog00006229.jpg

過去記事を見てみると、去年と食べたものが全く一緒!(o^∇^o)ノ

でも全然覚えてなくて、自分の記憶力のなさに凹みつつも、
「去年と同じかー」と思って食べるより、
「うまいうまい!」と言って食べていたほうがずっといいので、
中高年の記憶力のなさも、たまには役に立つじゃないの。と思った次第。

前置きが長くなりましたが、今年のアンコウも、すっごくおいしい!
これは間違いない!
安定したおいしさです。

家から車で2時間以上かかり、食べた後は寄り道もせずトンボ帰りしましたけど、
これだけを目的に行く価値は十分あります。


blog00006218.jpg

アンコウ懐石は@7,600円です。


blog00006219.jpg

blog00006220.jpg

blog00006221.jpg

大洗の名物料理、共酢です。

アンコウの様々な部位を食べられて、部位は肝、胃袋、卵巣、皮、白身、エラ。
これらを酢味噌に付けていただきますが、酢味噌にも肝が入っていて濃厚です。

鍋もおいしいけど、これも引けを取らないくらいおいしいと思う。
去年の記事を見るまで忘れてたケド。( ̄-  ̄ )


blog00006222.jpg

blog00006223.jpg

鍋に火が入りますが、お店の方がほとんど作ってくれるのでラクチン。


blog00006224.jpg

火にかけると、野菜とアンコウから水が出てきて、いー感じになります。


blog00006225.jpg

blog00006226.jpg

blog00006227.jpg

最後は雑炊です。

最近、家で鍋をするときの締めはラーメンと決まっていたんですが、
雑炊もいいじゃないかと思ってしまうほど、おいしい。


blog00006228.jpg

ゆずシャーベットで終了です。
今年もおいしゅうございました。
ありがとうございました!

来年も行きます。
かならず!






ブログランキング参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします!


09:02  |  茨城・味処 大森  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.12.25 (Mon)

コンラッド大阪 宿泊記③

メリークリスマス!

ということで本日は12月25日ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
我が家は昨晩は義母と一緒にしゃぶしゃぶを食べまして、大変おいしゅうございました。

次男が友人に話したら、
「クリスマスにしゃぶしゃぶ?」と半笑いされたそうですが、
いつの間にやら完成した我が家の習慣です。
ついでに言うと大晦日もしゃぶしゃぶです。☆^∇゜)

別にしゃぶしゃぶ信者じゃないんですけどね。
今後もこの習慣は続けていきますよー。


さて、コンラッド大阪、最後の宿泊記になりますが、
ロビー階(40階)にある、アトモス・ダイニングでの朝食ビュッフェです。

blog00006177.jpg

相方は、もうそろそろ50歳だというのに、一人で行動ができない人なので、
「前回来たときは、この朝食ビュッフェに行けなかったんだよぉ~
すっごく評判いいから今回楽しみにして来たんだよぉ~」と喜んでらっしゃいました。


blog00006178.jpg

blog00006179.jpg

9時頃に行ったんですが、すでに行列ができていました。

5分も待たなかったと思うのに、サービスでスムージーをいただきました。
こういうちょっとした心遣いって嬉しいですよね!
なんでも許したくなっちゃう。(*´∇`*)


blog00006180.jpg

パンカウンターが広い!


blog00006181.jpg

白い小皿に入っているのはバターです。
その奥にあるのは、ハチミツの巣蜜。


blog00006190.jpg

blog00006191.jpg

blog00006182.jpg

blog00006183.jpg

blog00006184.jpg

blog00006185.jpg

blog00006186.jpg

和食コーナー


blog00006187.jpg

サラダもたくさんの種類があります。


blog00006188.jpg

blog00006189.jpg

ジューススタンド
一番右にあるのはジュースマシーン。

隣に置いてあるオレンジを上から入れると自動で搾ってくれます。
面倒なように見えますが、これが意外と楽しい!
スケルトンで中が見えるのも良いですね。


blog00006192.jpg

blog00006193.jpg

卵料理は選べます。
オムレツなどの他にエッグベネディクトがあったので注文しました。
これで2日連続エッグベネディクト。


blog00006194.jpg

左から3つはお水です。
オシャレだわ♪


blog00006195.jpg

blog00006196.jpg

blog00006197.jpg

ビュッフェでお粥を見ると、つい食べたくなってしまうんですが、
なんてことない白いお粥にお塩をかけて梅干しを添える。

なんだかんだ言って、これが一番うまい! (^▽^)/




相方が楽しみにしていた朝食ビュッフェですが、クオリティが高くて何を食べてもおいしかった!
期待通りの内容で満足です。

なんといっても、最初のスムージーでハートを奪われちゃったしね!
こういう小さいサービスこそ大事なんだなぁ。


<関連記事>
コンラッド大阪① お部屋編
コンラッド大阪② ラウンジ編
コンラッド大阪③ 朝食ビュッフェ編






ブログランキング参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします!


10:24  |  大阪・コンラッド  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.12.22 (Fri)

コンラッド大阪 宿泊記②

コンラッド大阪、ラウンジ突撃編です。

blog00006156.jpg

入り口にはクリスマスツリーがありました。
写真がヘタですけど、ここが入り口です。


blog00006163.jpg

中は広くて、座席数も多いです。

営業時間は
【アフタヌーンティー】15:00~17:00
【イブニングサービス】18:00~20:00

他の時間でもお茶とクッキー等は置いてあって、十分くつろげます。


blog00006157.jpg

チェックイン後、アフタヌーンティーをいただきます。

よくイメージにある、3段くらいのお皿(アフタヌーンティースタンドっていうやつ?)ではありませんが、
カウンターへ自分で取りに行くスタイルなので、好きなものを好きなだけいただけます。

ケーキ、クッキーなどの種類も多く、スコーンはトースターがあったので温めることができました。

食べ物が置いてあるカウンターも魅せる配置になっていて、見ているだけで楽しいです。
お客様がたくさんいて写真を撮れなかったのが悔やまれる…。
(3段になっているアフタヌーンティーは、40階の40スカイバー&ラウンジでいただけるようです)


blog00006160.jpg

紅茶はTWGです。
この時間アルコールは有料 ( ̄∇ ̄)チッ


blog00006158.jpg

ラウンジのスタッフを捕まえて「あ、ハチミツください」
とか言っちゃう相方の女子力が高くてムカつく。
なんなんだ、そのスプーンの向きは!
お料理研究家かっ!


blog00006159.jpg

blog00006161.jpg

アフタヌーンティーなので、少しお腹にたまるものもありました。
味はどれもおいしいです!


blog00006162.jpg

カモミールっておいしいですよね~(*´∇`*)
買うと高いので、こういう時にしか飲めません。


blog00006166.jpg

ここからはイブニングタイムです。
泳いだ後なので、めちゃめちゃお腹が空いています。

「夕食はたこ焼きでも食べに行こうか~」
なんて食べログで検索しながらつまみますが、結構しっかりとした食事系が提供されます。


blog00006167.jpg

次から次へと新しいメニューが提供され、
「たこ焼き、どうしよっか…」 から 「たこ焼き、食べなくていっか」
になってしまうくらい、ガッツリ食べられました。

ごちそうさまでした。


blog00006168.jpg

ラウンジからの夜景
正面に大阪駅が見えますね。


blog00006170.jpg

相方が以前宿泊したとき、フロントからの景色が綺麗だったよ~と言うので行ってみました。
これは風神雷神をモチーフとした彫刻で「Fu/Rai」と言うそうです。
彫刻家の名和晃平氏が手掛けたそうです。


blog00006169.jpg

中年のオジサンオバサンがこんなところで写真撮ったらハズイよ!と思ったけど、
写真を撮っているのは中高年の方々が多い。


blog00006172.jpg

blog00006173.jpg

blog00006174.jpg

3階分の吹き抜け


blog00006175.jpg

5DM40676.jpg

40階のスカイバー&ラウンジです。
生演奏や生歌で雰囲気ばっちりのバーでした。(行ってないけど)




最近、ラウンジを利用する機会が多いので、他のホテルと比べてみると、
コンラッド大阪のラウンジはとても良かったと思います。

座席数が多い割にはガヤガヤしていないし、食事も何を食べてもおいしかった。
特にカクテルタイムでは同じ内容の物が提供されるのではなく、

「あれ?さっきまでここにパエリアがあったのに!なくなってる!」とはなるものの、
「でもこの焼きそばもおいしそう…」となって最後まで飽きません。

今のところ、一番良かったラウンジは東京のシャングリ・ラですが(記事はコチラ
その次くらいにランクインするんじゃなかろうか。
と思えるくらい、良いラウンジでした。(*´∇`*)







もう少し続きます。
次は朝食ビュッフェです。


<関連記事>
コンラッド大阪① お部屋編
コンラッド大阪② ラウンジ編
コンラッド大阪③ 朝食ビュッフェ編







ブログランキング参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします!


09:27  |  大阪・コンラッド  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.12.21 (Thu)

コンラッド大阪 宿泊記①

コンラッド大阪へ行ってきました。
今回、初宿泊です!

blog00006204.jpg

予約は一休.comから。

*お部屋のカテゴリー:キングエグゼクティブコーナースイート
*料金:1泊2日 朝食ビュッフェ付きプラン \86,568
*チェックイン:15時  チェックアウト:12時
*ダイヤモンド会員特典
レイトチェックアウト(14時)、ウェルカムギフト、高速インターネット無料
  
ラウンジが利用できるカテゴリーですよ。ひゃっほ~い♪
後程こちらもレポートします。


blog00006134.jpg

blog00006153.jpg

2017年6月にオープンしてから、まだ半年しか経っていません。

以前、オープン直後のホテルに宿泊して痛い思いをした経験があるので躊躇したんですけど、
さすがコンラッド。
全然大丈夫でした。(^▽^)/


blog00006203.jpg

ベッドの上には、こんなかわいらしいものが。

”コンラッドベア”と”コンラッドダック”と呼ばれる物らしく、
「マニアの間では人気者らしいよ」と相方。

相方の言うことはあんまり信じないようにしているのでSNSでサーチしてみたら、
あらまぁ本当に写真がたくさんアップされてる。
っていうか、オークションサイトにまでありました。


blog00006152.jpg

すごいねぇ。
君たち5千円くらいで取引されているよ。
たまには相方も本当のことを言うんだねぇ。


blog00006145.jpg

さぁ、お部屋の探検に参りましょうか。


blog00006146.jpg

blog00006147.jpg

blog00006148.jpg

スイーツが、しれっと置いてありました。


blog00006150.jpg

各種プラグ&ジャックがあります。


blog00006154.jpg

blog00006155.jpg

blog00006135.jpg

バスルームです。
お部屋全体が黒を基調としているのか、大人な雰囲気。


blog00006136.jpg

夜は夜景を楽しめます。


blog00006138.jpg

シャワーは、ハンドとレイン。

レインシャワーは、もうあまり驚かなくなってきたけど、チェックイン時のお部屋の説明で
「レバーを回す方向には、くれぐれもご注意ください」と。

ハンドシャワーを出すつもりが、レインだった時ビックリするんですよね~。
冷たい水なんか出てきたりするしさ~。


blog00006141.jpg

アメニティは、相方が購入してまで使うほど愛してやまないアロマセラピー。
遅ればせながら私もハマり、ボディオイルやらバスオイルやらがアロマセラピーです。

嬉しくてバスタイムにガンガン使ったら
「やめろよ!持って帰って使うんだから、そんなに使うなよ!」
と怒られました。┐(´-`)┌


blog00006142.jpg

基礎化粧品が置いてあるホテルは少数派ですね。
コンラッドもありませんでしたが、ないのはそれくらいで、あとは揃っていたので不自由することはないです。
右の真っ黒い塊は、ドライヤーが入っている袋です。


blog00006143.jpg

blog00006165.jpg

パジャマもあります。


blog00006144.jpg

いろんな操作がタッチパネルでできますが、絵面を見れば本能でいけそうですね。
下の右から2番目の毛利小五郎の髭みたいなのは、カーテン操作です。


hotel_service_20170705150647_lg_pc.jpg

プールも利用できるので行ってみました。(画像はHPより拝借)

写真だとわかりづらいですが、横幅が3レーン分くらいありました。
暗くなってから泳いだら、写真のように水の中がライトアップされていて美しい!

水着は無料でレンタルできますが、ゴーグルだけ有料です。
他はなんでも揃っているので、ゴーグルだけ持っていけば大丈夫です。

ジムの受付では、アロマセラピーの商品も置いてあります。


516zEKrKngLSL1000.jpg

オススメはボディオイルです。
乾燥がひどくてクリームじゃ効かなくなってきたわ!という私と同世代の奥様方。
手がベトベトにならず、その後の家事に支障がないオイルですよ。
興味のある方はぜひ!



コンラッドの宿泊記事なの?
それともアロマセラピーの宣伝なの?
なんなの?
って感じの記事になってしまいましたが、宿泊記はもう少し続きます。
次はラウンジ編です。


<関連記事>
コンラッド大阪① お部屋編
コンラッド大阪② ラウンジ編
コンラッド大阪③ 朝食ビュッフェ編





ブログランキング参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします!


09:57  |  大阪・コンラッド  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.12.19 (Tue)

鍵善義房 2017年12月

前回ふらっと立ち寄って、とてもおいしかった京都にある葛切りのお店。
仕事と仕事の時間調整のため、立ち寄ることにしました。

しかし京都駅でタクシーに乗ったものの、お店の名前が思い出せない。
「えーっと…店名が思い出せないんですけど…一力さんの向かいにある葛切り屋さんまで」


blog00006042.jpg

と言っただけで連れてきてもらえました。
さすが京都のタクシー!素晴らしい!o(^▽^)o




場所はココです。
お店の名前は、鍵善義房(かぎぜんよしふさ)です。


blog00006039.jpg

どれもおいしそうですが、王道の葛切りをオーダーします。
黒蜜、白蜜から選べますが、私は黒蜜派。


blog00006041.jpg

5DM40275.jpg

写真に写らないほど透明な氷でキンキンに冷やされています。
真冬にこんな冷たいものを…って思うけど、んなこと関係ないわ┐(´-`)┌
って感じで周りのお客様もキンキンに冷えた葛切りを召し上がってらっしゃる方多数。


blog00006040.jpg

前回の記事にも書きましたが、こんなおいしい葛切りを食べられる京都の方がうらやましい。
うちの近所にもあればいいのに。
うちの近所とは言わない!都内にあればいいのに。

べた褒めしている割には、店名覚えてなかったけどさ。(;´▽`A``






ブログランキング参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします!


16:24  |  京都・鍵善良房  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.12.18 (Mon)

瓢亭(ひょうてい)

ミシュラン三ツ星獲得店の瓢亭へ行ってきました。

…というよりも、瓢亭は400年以上の歴史があるそうなので、
ミシュラン云々よりも、その歴史を語るほうが良いのかもしれません。

…といっても一見さんなので、私のようなものが語るのはおこがましい。(;^_^A
なのでHPをご覧ください。(コチラ

「っていうか知らなんでしょ?よーするに丸投げじゃん!」と思った人、
放課後職員室へ来るように。


blog00006078.jpg

夜に伺ったので、暗くて建物がどんな風になっているのかまったく分かりません。
案内されるまま、お部屋(個室)に入りますが、こんなに古いとは思わなかったのでちょっとビックリ。

この時に相方から「400年の歴史があるんだよ」と説明してもらって、納得できた次第。

天井がとても低く、時代を感じますが、
どれくらい低いかというと、168センチの私が天井に頭が付いてしまいそうなくらい低いです。
鴨居なんておでこが当たります。


blog00006088.jpg

こういう隙間も時代を感じる。


blog00006079.jpg

お部屋にテーブル等はなく、あるのは座布団のみ。
まさか、直接畳の上で食べるの?

と思ったら、お膳が運ばれてきました。
そりゃそうか。(^○^)
なんか時代劇みたいで楽しいわ♪


blog00006080.jpg

メニューはないので、写真だけアップしますね。


blog00006081.jpg

blog00006082.jpg

blog00006083.jpg

蟹味噌と外子。
お酒のあてにピッタリでした。


blog00006085.jpg

blog00006084.jpg

右はトマト醤油です。
「トマト!?400年の歴史でトマト?」と驚きましたが、これがなかなかおいしい。


blog00006086.jpg

塗が美しいです。
器好きとしては、これを見ているだけで、ご飯三杯いけそうです。(*´∇`*)


blog00006087.jpg


blog00006089.jpg

この卵がとてもおいしかった!


blog00006090.jpg

聞けば瓢亭の煮卵は有名だそうで、作り方も一子相伝だそうです。


blog00006091.jpg

この唐墨大根も絶品!


blog00006092.jpg

blog00006093.jpg

blog00006094.jpg

blog00006095.jpg

blog00006096.jpg

blog00006098.jpg

blog00006099.jpg

この塗も美しい。
東海道五十三次を模しているそうです。


blog00006100.jpg

blog00006101.jpg

blog00006102.jpg

さすがの三ツ星!文句のつけようもありません。
料理がおいしいとかおいしくないとかではなく、おいしすぎる!

私は瓢亭の名前がなかなか覚えられなくて、ずっと
「瓢箪(ひょうたん)みたいな名前のお店がさぁ…」とか
「瓢箪みたいな名前のお店に行ったらさぁ…」とか長ったらしいことを言っていたんですが、
大変失礼なことをしていたんだと、自分の無知っぷりを反省しました。(ノ_-。)

京都の料亭ってすごいなぁ。
久しぶりに緊張しながらご飯を食べたけど、頑張って予約して行って良かったなぁ。




2018年の京都ミシュラン三ツ星店は、他に
菊乃井本店 吉泉 千花 なかむら 吉兆嵐山本店 
未在 飯田
だそうです。

行ったことのあるお店はリンクを貼ってありますが、
残るは”未在””飯田”のみ!(千花は写真NGだったので記事にしませんでした)

よーし!いつかコンプリートするぞー!
待ってろ!京都三ツ星!( ̄∇+ ̄)







ブログランキング参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします!


09:42  |  京都・瓢亭  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.12.15 (Fri)

ザ・リッツ・カールトン京都 宿泊記②

リッツ京都での朝食です。

一休.comから朝食付きプランで予約しましたが、
リッツ京都では”アメリカンブレックファースト”か”あさげの水暉膳”という、お粥の朝食から選べるようで、
今回はアメリカンブレックファーストを選んでみました。


blog00006109.jpg

レストランはラ・ロカンダ
普段はイタリアンレストランとして営業しているようです。


blog00006127.jpg

分かっちゃいたけど、ラグジュアリーな雰囲気は一瞬引いてしまうレベル。
寝起き姿で来ちゃった自分を呪いたくなるわ…。(- -)


blog00006110.jpg

うやうやしくカトラリーが並んでいます。

一休.comによると…
【アメリカンブレックファースト】
33種の天然ハーブを餌に育てられた鶏の卵でつくり上げる出来立ての玉子料理、
ピエール・エルメ・パリによるクロワッサン、新鮮な京都産サラダ、ハム、チーズ、サーモン、フルーツ、グラノーラなど、
厳選された上質な食材が織りなす贅沢な朝のひとときをテーブルサービスでご堪能いただけます。

だそうです。

サービスも素晴らしく、一流レストランにいるかのようです。
ビシッとスーツを着こなした男性が、それはそれはもう美しい所作で接客してくれます。

その客はというと、寝起き姿なんですけどね。
ドスッピンで、ごめんよぉ…(*ノェノ)


blog00006111.jpg

卵料理を選んだあとは、サラダカウンターへと促されます。
ビュッフェっぽいですけど、ほぼテーブルサービスなので、自分で取りに行くのはサラダくらいです。


blog00006120.jpg

blog00006121.jpg

生ハムも切りたてをサーブしていただけます。


blog00006113.jpg

パンはテーブルまで持ってきてくれました。


blog00006114.jpg

ブリオッシュをお願いしたら、「温めましょうか?」と。
私たちの手の届く場所にトースターがあるというのに、わざわざ「温めましょうか?」と。


blog00006112.jpg

フルーツ類もワゴンになっていて、テーブルまで来てくれます。
「こちらで盛り付けてもよろしいでしょうか?」と。

素晴らしい接客に、オバちゃんはキュンキュンしてしまいます。


blog00006118.jpg

美しい…(*´∇`*)


blog00006119.jpg

これは私が盛り付けたやつ。
欲の塊みたい。


blog00006115.jpg

blog00006116.jpg

オーダーしたエッグベネディクト。


blog00006129.jpg

blog00006130.jpg

blog00006131.jpg

blog00006122.jpg

こちらはレストランの奥にあるんですが、
明治41年、藤田財閥の創始者、藤田伝三郎男爵の別邸 夷川邸(なんて読むのかは分からない)
を移築したそうで、結納などに利用する方が多いそうです。


blog00006123.jpg

blog00006124.jpg

blog00006125.jpg

blog00006126.jpg

blog00006117.jpg

リッツの朝食は、そりゃもう驚くレベルで、
大衆ホテルのビュッフェのように、大皿にハムを盛って~、スクランブルエッグ盛って~
なんて想像していくと痛い目にあいます。

せめてお化粧してから向かわれることを全力でオススメします。






ブログランキング参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします!


09:04  |  京都・ザ・リッツカールトン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.12.14 (Thu)

ザ・リッツ・カールトン京都 宿泊記①

ザ・リッツ・カールトン京都で宿泊してきました。(公式HPはコチラ

国内には京都の他に、東京・大阪・沖縄とありますが、
京都はべらぼうに高いので(個人的見解)今まで避けてきた施設。


blog00006044.jpg

そのリッツ京都へいざ!
ひぇ~~高そうだぁ。

予約は今回も一休.comから。

*お部屋のカテゴリー:ラグジュアリー ダブル
*料金:1泊2日 朝食付きプラン 約10万円(!)
*チェックイン:15時  チェックアウト:12時
*ダイヤモンド会員特典
  レイトチェックアウト13時
  ウェルカムアメニティ(1部屋ひとつ)


blog00006046.jpg

フロントでのチェックインではなく、いきなりお部屋へ案内してもらいました。


blog00006047.jpg

blog00006199.jpg

blog00006048.jpg

ここでチェックインの手続きをします。
初めての宿泊でしたので、施設のことや周辺の観光地、
その他もろもろ、懇切丁寧に説明してもらいました。

事務的じゃなくて、すごく良い。
こーゆーホスピタリティは「さすがリッツ」と言わざるを得ない。


blog00006049.jpg

ウェルカムフルーツ


5DM40335.jpg

上の写真のままだと、私は面倒くさがって絶対食べないので、お願いしてカットしてもらいました。
ピックアップもお届けも、対応はメチャ早。


blog00006050.jpg

blog00006051.jpg

電話や、施設案内、ルームサービスメニュー等が隠れていました。


blog00006052.jpg

blog00006054.jpg

blog00006055.jpg

紅茶はネスレのspecial T
香りがよくておいしかったな~。

立て続けに2杯くらい飲んだんですが、
ターンダウン時に補充してくれました。


blog00006056.jpg

コーヒーはネスプレッソ


blog00006053.jpg

日本茶もありますよ。
普通に置いてないところが、外国人観光客のハートをくすぐるんでしょうか。


blog00006057.jpg

オーパスワン発見。
お値段チェックしたら3万円!

割ったら大変だわ!
これ、触っちゃいけないやつ!(= ̄□ ̄=)


blog00006058.jpg

blog00006074.jpg

カトラリーはクリストフル。

さすがリッツ。
バブリーな香りがプンプン。


blog00006059.jpg

blog00006060.jpg

ハンガーが豊富にありますが、注目したいのはソコではない!


blog00006062.jpg

白木ですよ、白木!


blog00006045.jpg

入り口からの写真ですが、左の通路には飲み物があって、
右の通路には洗面所やバスルームがあって、動線がとても良い。


blog00006198.jpg

blog00006065.jpg

blog00006066.jpg

blog00006067.jpg

すのこが敷いてあります。


blog00006068.jpg

blog00006069.jpg

壁にはエンボス加工された桜が!


blog00006070.jpg

リッツといったら、アスプレイよね。


blog00006132.jpg

さすがお値段高めなだけあって、お部屋は申し分ないです。
こういった折り紙も外国人観光客向けなのかもしれないけど、日本人だって嬉しい。


blog00006108.jpg

テレビの角度が悪くて、ベッドから観えないなぁ…なんて思ってたら動くし!∑( ̄[] ̄;)!


blog00006071.jpg


blog00006072.jpg

観光も京都に丸投げ!ではなく、いろいろなアクティビティがあるようで、
4~12歳対象にキッズアクティビティもありましたよ。

リッツ・キッズ・ナイツ Ritz Kids Nights

と書いてあるから夜もOKみたいです!
これなら京都の料亭巡りとかできるんじゃない?
ぜひブログに書かなければ!
情報を発信しなければ!

と思ったら、
「ホテルのレストランでごゆっくり寛いだディナータイムはいかがでしょうか?」
だそうです。

あぁ、さすがリッツ。


写真は特に意味ないです。
私たちの宿泊プランは朝食付きなので関係ないし┐(´-`)┌

「朝からイチマンエンて!」
と驚いたので撮ってみました。


blog00006073.jpg

キッズメニューもありますよ。


blog00006200.jpg

プールも行ってみました。
水着はレンタルできますが、ゴーグルは有料です。

空いていたので泳げましたけど、
ジャグジーが出ているので、泳いでいると体が横に流れていきます。
笑っちゃうくらい流されるので、本気で泳ぐには向いてなさそうです。


blog00006202.jpg

スポーツサウナかな。


blog00006201.jpg

ドリンクやタオルも豊富に置いてあります。

隣にはジムエリアもありましたよ。
チラッと見ただけなので、詳細は分からず仕舞いですが、数名の方が頑張ってらっしゃいました。


blog00006077.jpg

ここはロビー。


blog00006076.jpg

ここも施設内です。
右にあるのはロビーラウンジ。

ここではピエール・エルメのデザートを楽しめるようで、
チェックイン時に素敵なマダムがたくさんアフタヌーンティを召し上がってらっしゃいました。
いいなぁ…。


blog00006061.jpg

こうやって見るとお部屋がたくさんありますが、全然ガヤガヤしていないです。

あと他に靴磨きサービスがあったので2足お願いしましたが、やっぱりピックアップがチョッパヤ。
これだけの部屋数があるのに、対応の速さには驚かされます。

さすがのリッツですが、朝食でも驚きました。
続きはまた後日書かせていただきます。(^▽^)/






ブログランキング参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします!


09:33  |  京都・ザ・リッツカールトン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.12.12 (Tue)

ミート矢澤&ブラッカウズ 大丸東京 テイクアウトステーション

さて、今回は京都・大阪へ行ってきました。

陸路大好きな相方に合わせて大阪くらいまでなら新幹線なんですが、
私は空路派です。

でも新幹線だと毎回いろんなお弁当を選べるので、それはそれで楽しい。

いつもは東京駅地下にある”グランスタ”で買うのが定番ですが、
今回は大丸にある”ミート矢澤”で購入しました。

ミート矢澤は、私もよく知らないのでHPを参照していただけるとありがたいのですが、(コチラ
最高級黒毛和牛専門店だそうです。

聞いただけでなんだかおいしそうだ。ヽ(=´▽`=)ノ

店舗の写真を撮影している人をたくさん見かけたので、有名店なんでしょうね。
行く途中、お寿司屋があったりトンカツ弁当があったりで浮気したくなりますが、
このために家を30分以上も早く出てきたので、心を鬼にしてミート矢澤へ向かいます。


blog00006033.jpg

お弁当は、注文してから焼いてくれるので5~10分くらい待ちますが、受け取ったら熱々!
新幹線内でも、できたてを味わえます。


blog00006034.jpg

シャトーブリアンコンボ弁当を相方が、
私はサーロインコンボ弁当を買ってみました。
(お弁当の種類や値段は、コチラを確認。サイトへ飛びます)


blog00006036.jpg

これはサーロインコンボ弁当です。
ハンバーグとのコンビネーション。

相方とステーキを半分ずつにしましたが、サーロインは脂がこってり、
シャトーブリアンは、脂がサッパリしていました。

年齢的なアレで牛肉が食べられなくなってきているにも関わらず、
モリモリと食べられたことに自分もビックリ。


blog00006037.jpg

ハンバーグも黒毛和牛100パーセントです。


blog00006038.jpg

焼き具合も良い感じです。



シャトーブリアン弁当はお値段が高いので(約6,500円)もう二度と食べることはないでしょうが、
ハンバーグ弁当ならなんとかなるかな。(約1,800円)
でも基本的に、今後も新幹線のお弁当は予算1,000円以下でいこうとおもいます。(キリッ)






ブログランキング参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします!


10:13  |  [お弁当] ミート矢澤  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT>>