FC2ブログ
2017-11- / 10-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>12-

2017.11.30 (Thu)

ザ・キャピトルホテル東急 エグゼクティブスイート 宿泊記①

ザ・キャピトルホテル東急のエグゼクティブスイートへ宿泊してきました。
クラブラウンジも利用できたので、お部屋と併せて記事にしていきます。

blog00005989.jpg

予約は一休.comから。

タイミング良く、タイムセールの時に予約できました。
時々タイムセールをしているので、旅行の計画がある時、一休.comは要チェックです。

今回は一休.comのダイヤモンド会員特典として

・レイトチェックアウト 13時
・ウェルカムギフトとしてチョコレートアソート(1滞在につき1箱)
・無料ランドリーサービス(1滞在につきワイシャツ1枚まで)
・ビデオ・オン・デマンド利用料無料
・お部屋の無料アップグレード(チェックイン時の空き状況により ※クラブフロア、スイートルームは対象外)

これらのサービスを受けられました。
ありがとうございます!ヾ(〃^∇^)ノ


blog00005999.jpg

館内はすっかりクリスマスムード。


blog00005940.jpg

チェックイン手続き後、お部屋に案内してもらいました。
お部屋の場所はこのへん。


blog00005953.jpg

広さは約104㎡


blog00005954.jpg

違う方向から


blog00005957.jpg

景色はとても良いです。
皇居、国会議事堂、衆参議員会館だけではなく、首相官邸(右)まで眼下です。

大手町、丸の内、虎ノ門も見えるし、
日本の中枢を手中に収めたようで、気分いいわ~♪


blog00005964.jpg

リビングルームとベッドルームがセパレートになっています。


blog00005955.jpg

ベッドルーム


blog00005959.jpg

障子を開けると…


blog00005960.jpg

洗面所があります。
それも洗面カウンターが2か所!


blog00005975.jpg

アメニティボックスも2個ありました。
桜のバスソルトが入っていたんですが、すっごく良い香りだった!


blog00005974.jpg

中には”グリーンコイン”が入っていました。

これは東急ホテルグループが活動しているもので、
対象のアメニティ使用しなかった場合、グリーンコインをフロントのコイン回収箱に投じると、
環境保全活動の基金となるんだそうです。


blog00005961.jpg

blog00005971.jpg

blog00005972.jpg

アメニティはゲラン。
国内で取り扱っているのは、キャピトル東急のスイートルームだけだそうです。


blog00005983.jpg

ボディクリームは良い香りだけじゃなく、肌がサラサラになりました。
しっとりというより、サラサラ。
クセになる触り心地です。


blog00005963.jpg

洗面所の横には大きなクローゼット。
さすがエグゼクティブスイート!
ハンガーがやたらあります。

クローゼットはウォークスルーで、通り抜けると玄関まで行けます。


blog00005977.jpg

スリッパだけではなく、草履もありました。
タオル地で履き心地がとても良い。

これもスイートだけの仕様だそうです。


blog00005978.jpg

ネグリジェでした。


blog00005965.jpg

水屋は2か所あって、一つはリビング横にあります。


blog00005966.jpg

コーヒーはネスプレッソ
紅茶はTWG


blog00005967.jpg

キャピトル東急オリジナルの紅茶やお茶も。


blog00005968.jpg

blog00005979.jpg

やたら高いお酒の皆さん。


blog00005969.jpg

当然ながら、冷蔵庫内は有料。


blog00005980.jpg

水ボトルのデザインが、かっちょいい。

もう一つの水屋はベッドルームにあります。
一部屋に2か所あるところには、初めて泊まったなぁ…。

置いてあるものはだいたい同じようなものでした。


blog00005991.jpg

一休のダイヤモンド会員特典である、ランドリーサービスを利用しました。
丁寧に丁寧に畳まれています。


blog00005970.jpg

ベッド横にあったスイッチ類。
ベッドルームのカーテンのみ電動だそうです。

正面から朝日が昇ってくるので、ゆっくり眠りたい方はカーテン必須です。
私はコレで、起こされました。

ターンダウンサービスもあったんですが、時間が合わずに利用できませんでした。
チョコレートの差し入れがあったのになぁ…。




続きます。





ブログランキング参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします!


スポンサーサイト



08:29  |  東京・ザ・キャピトルホテル東急  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.11.29 (Wed)

鮨さいとう

予約困難店の代表格
ミシュラン三つ星7年連続だか8年連続だかの、鮨さいとうへ、とうとう行ってきました!

もちろん自分たちで予約できるわけもなく、常連だという知人に同行させてもらった次第。

blog00005915.jpg

なんだか無性に緊張してしまい、何を食べたのか覚えていませんが、
知人がバシャバシャ写真を撮っていたので、同じく撮らせてもらいました。

なので写真はあります!
あるんです!
でも説明はできません。
そこんとこヨロシク!


blog00005916.jpg

blog00005917.jpg

blog00005918.jpg

blog00005919.jpg

これは通称”金魚”と呼ばれている焼酎で、知人からのオススメ。
お寿司とあうんだそうです。

金魚に見えるのは、炙った唐辛子。


blog00005920.jpg

blog00005921.jpg

blog00005922.jpg

blog00005923.jpg

blog00005924.jpg

blog00005927.jpg

blog00005928.jpg

blog00005929.jpg

blog00005930.jpg

blog00005931.jpg

blog00005932.jpg

blog00005933.jpg

blog00005934.jpg

blog00005935.jpg

blog00005936.jpg

blog00005937.jpg

blog00005938.jpg

blog00005939.jpg

有名店になる前から通っているという知人の話では、
ここまで予約が取れなくなったのは、食べログで注目されてからなんだそうです。

食べログ恐るべし!

私も食べロガーなので気楽に書いてしまうこともあるけど、
お店の人気が大きく左右するのかと思うと、気をつけなきゃいけないことだらけかもしれませんね。
ま。今後もマズイものはマズイと書いていきますケド。( ̄∇ ̄)

で、鮨さいとうですが、お世辞抜きでとってもおいしかったです。
私たちは今まであまりお寿司屋さんに縁がなかったんですけど、近所にあったら毎週でも通いたいくらい!
間違いなくおいしかった!
また行きます!

って言いたいけど、予約がとれないんだよぉ…。(/□≦、)






ブログランキング参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします!


08:52  |  東京・鮨さいとう  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.11.28 (Tue)

エルメス銀座店 ノエル 2017

エルメス銀座店のクリスマスパーティーに行ってきました。

今年初めて声を掛けていただきましたが、
友人によると銀座店のクリスマスパーティーはすごいんだそうです。

私はエルメスのバーキン、ケリーくらいならなんとか分かりますけど、あとはよく分からない。
色の名前もよくわからない。皮の名前なんか、もっと分からない。

そんな私と相方が、エルメスに詳しい友人に解説してもらいながらパーティーに参加してきました。
お店からSNSアップの許可をいただきましたので、記事にしてみたいと思います。

ちなみに、クリスマスパーティーのことをフランス語で”ノエル”と言うそうです。
今まで”ノエル”なんて単語使ったことないけど、何回か言っているうちに気分はすっかりパリジェンヌ。


blog00005897.jpg

「簡単なお食事のご用意があります」
という担当さんの言葉を信じて、友人とお腹いっぱいランチを食べてから向かったら、いきなりキャビア!

それもシェフはパリでミシュラン星獲得店レストラン・ケイの小林圭シェフ (他レストランでいただいた時の記事はコチラ

簡単なお食事って…… ( ̄□ ̄;)
日本には”謙遜”という言葉があったことを思い出す、我ら3人組。


blog00005898.jpg

各階にお食事が用意してあって、
「まずはこちらからどうぞ~」と、担当さんに言われるがままついてく子羊3人組。
先ほどのキャビアもこのサラダも3階にありました。

ホタテのタルタル 鰻の軽いムースと燻製ジュレ キャビア添え
ジャルダン・ド・レギューム 季節の庭園サラダ スコットランド産のサーモンの燻製とともに

このサラダはよーく混ぜて食べるのがおススメ。


blog00005900.jpg

2階にあったピチビエ(冷製パイ包み焼き)


blog00005899.jpg

お腹一杯なので、写真のみ。


blog00005901.jpg

ドリンクのサービスがすごくて、ちょっとでも手ぶらで歩いていると、すぐに勧めてもらえます。
さすがエルメスのクリスマスパーティー…もとい、ノエルです。

シャンパンやノンアルコールはもちろん、写真のジュヴレ・シャンベルタン、ウィスキー、
解禁になったばかりのボジョレーヌーボーもありました。


blog00005902.jpg

白トリュフ発見!


blog00005903.jpg

この量は圧巻です。


blog00005904.jpg

お腹一杯でしたが、食べずにはいられませんでした。
・フランス産ジャガイモのニョッキ パルメザンのクリーム アルバ産のトリュフ添え


blog00005905.jpg

8階にはメインディッシュ

・ピペラードと温泉卵 イベリコ豚のチュリソーとともに
・カレー  オマール添え
・和牛の温製カルパッチョ 柑橘系のソース

カレーとか食べたかったけど、とても無理でした…苦しい。


blog00005906.jpg

マリオネットのショーも開かれていました。
スタッフは、パリから招待したんだそうです。


blog00005908.jpg

8階はとても賑わっていました。


blog00005909-1.jpg

1階にはクッキーが山盛り!
すべて手作りなのか、一つ一つの焼き具合が違っていました。


blog00005910.jpg

写真撮り忘れですが、地下にはデザートや食後酒もあって、その規模には終始驚きっぱなしでした。

めったにないと言われるバーキンですが、この日は東京中のバーキンが集まったんじゃない?
というくらいあっちもバーキン。こっちもバーキンで、すっごく面白かったです。

ヒマラヤという、幻のバーキンも7~8個は見ましたよ。
世の中にはすごい人がたくさんいますね。

私は友人に解説してもらいながら、たくさんのバーキンと、いろいろなバッグが見られたことと、
ノエルという言葉を自然に使えるようになったことが、この日の収穫でした。



来年もまた声をかけてもらえるといいな~。
その時はぜひ空腹状態で向かいたいと思います!




ブログランキング参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします!


08:29  |  [イベント] エルメス銀座 ノエル2017  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.11.27 (Mon)

南魚沼 塩沢そば処 田畑屋

新潟県 南魚沼までお米を買いに行きました。
その帰りに寄ったお蕎麦屋さんです。

blog00005911.jpg

フラ~っと、雰囲気だけで入店しました。


blog00005912.jpg

私は鴨肉のつけそばを注文し、相方は天ざるを注文。

こちらの地方は”へぎ蕎麦”が有名ですが、へぎ蕎麦と、このお蕎麦の違いは良く判りません…。
見た目は”へぎ蕎麦”っぽいんですが、商品名は”つけ蕎麦”です。

”へぎ蕎麦”のように太くて歯ごたえがあります。
でも商品名は”つけ蕎麦”です。

”へぎ蕎麦”の薬味は辛子ですが、”つけ蕎麦”には山葵が添えられていたので、
やはり”へぎ蕎麦”とは違うようです。

結局のところ、食べ終わっても違いは良く判りませんでしたが、
おいしかったので、なんでもいっか。┐(´-`)┌





南魚沼へは定期的にお米を買いに行きます。
車で片道3時間くらいかかりますが、東京で買うより安い気がして…。

東京モンは”魚沼産コシヒカリ”と言われただけでビビるけど、
地元の人はさらに南魚沼、さらに塩沢産、さらに生産者は○○さんと、
とことんこだわる方もいると聞きました。

とことんこだわると、その分お値段に反映されるので、
私たちは塩沢産止まりです。

さすが炊きたてのお米は、つるぴかです。
甘くておいしくて、片道3時間なんて屁の河童です。(*^-^)






ブログランキング参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします!


14:22  |  新潟・塩沢そば処 田畑屋  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.11.26 (Sun)

ナベノ‐イズム 2017年11月

ナベノ-イズム 3回目の訪問です。

私のようなものが渡辺シェフの料理を語るだなんて、おこがましいにもほどがあるので、
今回も特に何も書きません。

景色等の素敵写真も全然ありません。
ただ食べ物の写真のみですが、お楽しみいただければ幸い。


blog00005887.jpg

こちらは定番料理
ベトラーヴルージュとオレンジ
フルーツトマトのガスパチョ
カルヴァドスとアップルウォーターのエキューム
浅草老舗とのコラボスナックとアントナン風グリーンオリーヴのマリネ


blog00005888.jpg

”両国江戸蕎麦ほそ川”の蕎麦粉をソースエミュルッショネの技法で炊き上げたそばがき
奥井海生堂蔵囲2年昆布ジュレと塩ウニ、ウオッカクリーム、天城山葵のコンビネゾン


blog00005889.jpg

blog00005890.jpg

ピュリニー モンラッシェ プルミエクリュ レ コンベット ドメーヌ アンリ ボワイヨ 2014


blog00005891.jpg

日本伝統野菜とフランス伝統食材の融合
千住葱と杏子のコンポート、紅玉と小松菜のルーロー
ライムと生姜の香るジュレ、プレス産ピジョンのパテとムネ肉のショーフロワに
生黒胡椒のフロマージュブランを添えて


blog00005892.jpg

フランス産グルヌイユと活帆立貝、ちいたけ、大なめこ、銀杏のエテュベ
エスカルゴバターの香りで、芳ばしいニンニク風味のクルトンとパセリのスポンジパン添え


blog00005893.jpg

このパセリのスポンジパンをスープに浸しながら食べると絶品!
クルトンなどもスープに入れていただきます。


blog00005894.jpg

メインディッシュは3種類(国産牛フィレ肉、天然紅葉鯛、テット・ト・ヴォー)から選びます。
これは国産牛フィレ肉ですが、料理名を全部書くと…

国産牛フィレ肉をVCC調理から備長炭でグリエ
東京柚子胡椒と生姜をぬり、金沢川端蓮根のデクリネゾン
蓮の実と黒コショウのコンソメアンフュージョン、マデラ酒の豊潤な香りと共に

だそうです。
牛肉は食べられなくなってきていますが、好き嫌いしない宣言をしたばかりなのであえて選んでみました。
「サッパリしたお肉ですよ」と言われた通り、本当に食べやすいフィレ肉でした。


blog00005913.jpg

巨峰をシナモンの香りと共にコンポート、ベルモットのグラニテ
エルダーフラワーの香るフロマージュブランと共に


blog00005914.jpg

2種類の林檎をソルベ、タタン、コンフィチュールに、
浅草老舗大学芋フォンダンのベニエを添えて


blog00005896.jpg

最後のお茶菓子です。




今回も大変おいしくいただきました。(*´∇`*)
特に牛フィレ肉はサッパリしてて絶品。

ホント好き嫌いはダメですね。
いつどこで絶品に出会えるか分からないですからね。

そのことを肝に銘じて今後も精進いたします。






ブログランキング参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします!




20:05  |  東京・ナベノ-イズム  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.11.20 (Mon)

日本料理 銭屋

すっごくいいお店見つけちゃったんだよね~。

と、またしても相方が言ってきました。
年に数回聞くこのセリフ。当たったり当たらなかったりなんですが、
なんと今回は大当たり!

金沢駅からタクシーで10分ほどの場所にある、日本料理銭屋(ぜにや)
ミシュラン二つ星獲得店です。

メニューはなく、予算だけお伝えして完全お任せだそうで、
今回のご予算は、一人25,000円


blog00005874.jpg

一品目に出てきたのは、香箱蟹。
もう”蟹嫌い”を返上して”蟹好き”になっているので、ちょっと嬉しい。

蟹の身は昨日の蟹の方がおいしかったような気がしますが、甲羅の左にある赤い塊がホクホクしていておいしい。
何とも言えない、初めて食べるおいしさで箸が止まりません。

「この赤いのおいしい…」とつぶやいたら、お店の方がすかさず
「内子っていうんですよ」と説明してくれました。

別名赤いダイヤとも呼ばれているそうですね。
顔を上げたら相方が睨んでいたので、かなり初歩的な知識だったようですが、蟹初心者だから許して…。


blog00005875.jpg

こちらのお椀は蟹真丈でした。

おいしさもさることながら、器が美しい!
蓋の裏の細工も、とても凝っていました。


blog00005876.jpg

メニューがないので、記憶を頼りに書きたいんですが、
なかなか思い出せません。


blog00005877.jpg

blog00005878.jpg

日本料理の醍醐味ですね。
盛りが美しい!


blog00005879.jpg

blog00005880.jpg

blog00005881.jpg

blog00005882.jpg

金沢の代表的な郷土料理、治部煮です。
鴨肉の方が多いような気がするんですが、今回は牛肉でした。


blog00005883.jpg

蟹ごはんです。
残ったものはおにぎりにして、持ち帰らせてもらいました。


blog00005884.jpg

この柿も甘くておいしい!


blog00005885.jpg

最後は薄茶で終了です。




あいさつに来られた女将さんや若女将のお人柄がとても良かったので、
初めて行った料亭でしたが、そんなに緊張せずお料理を堪能できました。
お料理とお料理の間も完璧でしたしね。

そうそう。
46歳にして気づいたんですが、私は結構好き嫌いが多いらしく、
蟹も嫌いですが、最後の栗もそんなに好きではありません。
でもいい年なので”嫌い!”じゃなく、とりあえず食べてみて、
それから判断してみようと思い至りました。

46歳ということは、まだ人生半分以上残ってますからねー。(^0^*オッホホ






ブログランキング参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします!


20:44  |  石川・銭屋  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.11.16 (Thu)

能登 九十九湾 百楽荘(ひゃくらくそう) 食事編

さて、続きは食事編です。

前回の記事で”私は蟹が苦手”と書きましたが、相方は蟹が好物。

食事は蟹料理中心で予約をしたため(相方が)正直ビビりまくっていたんですが、
宿の方に「苦手な方でも、とってもおいしく召し上がれる蟹なので、ぜひどうぞ(*^-^)」
と優しく言っていただけたので、食わず嫌いを返上できるよう頑張ってみました。


blog00005844.jpg

食事処へは、この洞窟を通っていきます。


blog00005843.jpg

奥には釣り桟橋がありました。
写真だと真っ暗ですが、左にある個室でお料理をいただきます。


blog00005829.jpg

旬肴  石川旬の逸品
輪島港直送香箱蟹 加能蟹

いきなり蟹登場です。


blog00005826.jpg

うまーい!! w(*゚o゚*)w

私が今まで食べていた蟹はなんだったんだ?
と思うくらいおいしいです。

苦みしか感じられなかった蟹味噌も、とても新鮮で、
”苦みの中にある蟹味噌の甘味”というものを初めて感じることができました。

「これが蟹なんだね」

とつぶやいたら、相方から
「これが普通の蟹だと思わないでね。これは特別だからね。普通の蟹はここまでおいしくないからね」
と念押しされたし、
「私、この蟹だったら今後も食べられるかも」と言ったら殴られそうになったので、
蟹好きの方でも、なかなか食べられない逸品のようです。


blog00005828.jpg

先附け  里山の紅葉狩り
菊花・金時草・舞茸


blog00005830.jpg

先吸物  明日はツルツル コラーゲンたっぷり土瓶仕立て


blog00005831.jpg

先にお出汁をいただいてから中も食べます。
「蟹が嫌いだなんて、どこのどいつが言ってたの?」
とばかりに、この蟹もいただきます。

でもまだ蟹初心者なので、割るのがムズかった。


blog00005832.jpg

造り  能登里海からの贈り物
藁焼ガンド のど黒 甘えび アオリ烏賊 中トロ

ガンドとは、ブリの一歩手前の大きさの魚だそうです。
蟹だけじゃなく、能登は海の幸全般がおいしいですね。(^▽^)


blog00005833.jpg

加能蟹のお刺身バージョンです。

とっても甘いですが、甘えびの甘さとは違って口の中でサッと消えていく、サッパリした甘さでした。
あら。蟹のことが少し分かってきたかも!


blog00005835.jpg

炭火焼 珠洲産「切り出し珪藻土七輪」 備長炭炭火焼
烏賊とんびいしり焼き  川端さん家の加賀蓮根  金時草麩  五郎島金時
能登椎茸  能登名物海餅  国産鰻焼き  加能蟹
能登いのしし味噌朴葉焼き


blog00005837.jpg

こちらの蟹味噌は初心者にはちょっと苦かったです。

相方が「これは玄人向けだね」と言って日本酒と合わせて幸せそうだったので、
私の分は食べてもらいました。


blog00005838.jpg

いろいろ炙っていただきます。
備長炭なので余計な煙も出なくて、食材がふっくら焼きあがります。


blog00005839.jpg

揚げ物 蟹天婦羅


blog00005840.jpg

台の物 加能蟹・能登鰤しゃぶしゃぶ


blog00005841.jpg

御飯物 能登お百姓さんの魂 きづな米 蟹ご飯
香の物 故郷懐かしおふくろの味 長芋能登醤油漬け 赤蕪漬け 中島菜いしり漬け


blog00005842.jpg

水菓子 酸味と香り
能登杜氏と能登ミルクの素敵な出会い


夕食は大満足な内容でした。
蟹も食べられたし”蟹嫌い”は返上しなければ!

しかし何度でも言う!
相方に殴られても言う!

この蟹なら食べられる v(*'-^*)-☆ 


blog00005861.jpg

こちらは朝食です。
景色が良いですね。


blog00005862.jpg

能登ミルクの飲むヨーグルト  
能登の恵み  切り干し大根・ちりめんじゃこ・鰹ふりかけ
里海の恵み  隠元白和え・もずく・みしまオコゼ
大地の恵み  特製サラダ
生命の恵み  あつあつ能登たまご出し巻き・能登蛸島産岩海苔炙り焼き
能登の農家「自家製お漬物」  大根漬け・胡瓜の浅漬け・梅干し
能登産コシヒカリ  海洋深層水脱塩水にて
百楽名物「地海海苔味噌汁」

みんなそれぞれ特徴的なネーミングが付いていました。
料理人さんのこだわりが見え隠れしますね。


blog00005863.jpg

blog00005865.jpg

blog00005866.jpg

のど黒の干物が絶品でした。
皮もすべていただきましたが、皮まで甘くておいしかった。


blog00005867.jpg

百楽荘の宿泊記はこれで終了です。

宿泊料は一人67,000円とお高めですが、お部屋の充実度と、お料理の内容を考えれば妥当だと感じました。
私のように蟹が苦手という方は、能登の味覚コースなんて宿泊プランもありますよ。5万くらいだったかな。
蟹好きな方は、松・竹・梅・極とあって、最上級の極は11万、梅だと5万と様々です。

百楽荘の記事は終了ですが、あと金沢の料亭にも行ってきましたので、
もう少しお付き合いいただければ幸いです。






ブログランキング参加中!
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします!

16:21  |  石川・九十九湾 百楽荘  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.11.13 (Mon)

能登 九十九湾 百楽荘(ひゃくらくそう) お部屋編

蟹を食べに、能登まで行ってきました。

しかーし!私は蟹が苦手。( ̄∇ ̄)
日本人としてどうかと思うけど、蟹の身だけじゃなく蟹味噌とか超苦手。
冬の時期に料亭へ行って「苦手なものはございますか?」と訊かれ「蟹」と、ドヤっちゃうくらい苦手。
そんな私がわざわざ蟹を食べに行ってきました。

blog00005807.jpg

まずは北陸新幹線です。
乗車の詳細は過去記事をご参照ください。
コチラの方が細かく記載しています。


blog00005808.jpg

以前は満席で予約困難だったグランクラスも、今回は2組だけでした。
まぁ13,000円くらいプラスするし、トータルでいうと倍くらいの金額になるらしいから分からなくもない。


blog00005810.jpg

でもこれが楽しみなんです。
和軽食ですが、なかなかおいしい。


blog00005811.jpg

飲み物は一般的なソフトドリンクやアルコールの他に、加賀梅酒のスパークリングがあるんですが、これもオススメ。
今回はこのあと運転が待っていたので我慢なんですが、ダメ元で
「一本もらってってもいいですか?」と聞いたらお断りされちゃいました。
アルコールはその場で飲まないとダメなんだそうです。そーかー。

”梅酒くらい取り寄せて家で飲めよ”って感じですよね。
でも、そこはケチりたいのよー。

ちなみに加賀梅酒を売ってるサイトはこちらです。
あらやだ、一本400円くらいですってよ、奥さん。


blog00005812.jpg

座席はとてもラグジュアリー。

”ラグジュアリー”というワードは、相方が今ハマってるワードです。
ったく、どこで覚えてきたんだろ。


blog00005813.jpg

北陸新幹線で難点だなぁと感じるのは、トンネルが多くてすぐにネットが圏外になっちゃうこと。
これだけは早めに改善してほしい。


n_map.png

金沢駅に到着してからは、レンタカーで百楽荘へ向かいます。
地図を載せますが(HPより拝借)車で2時間半くらい。


blog00005870.jpg

こちらが本日お世話になる百楽荘です。


blog00005814.jpg

まずはこのお茶菓子でもてなしていただきますが、おいしかった!


blog00005825.jpg

お部屋は2015年春にオープンしたという、ジュニアスイートルームです。


suite3_slide1.jpg

お部屋の写真はスッカリ撮り忘れなので、HPからお借りしました。


suite3_slide3.jpg

広さは70㎡ 和室は8畳ありました。


suite3_slide2.jpg

露天風呂付です。


blog00005853.jpg

広縁にはカウチが置いてありました。


blog00005854.jpg

お部屋からの景色。
ちょっと木がわんさかし過ぎな気がする…。


blog00005846.jpg

膝掛けが、さりげなく置いてあります。


blog00005848.jpg

お部屋の水屋周辺は、とってもとっても充実していました。
こういうところケチらないでくれると、すっごく嬉しい!


blog00005851.jpg

上の箱を開けるとお菓子が入っていました。


blog00005852.jpg

それも辻口博啓氏の!
石川県出身だそうですよ。


blog00005850.jpg

ネスプレッソもたっぷり。


blog00005847.jpg

陶器も有名どころばかりで、全部違うブランドでした。


blog00005849.jpg

大好きなドイツのブランド、Villeroy & Bochもあります。
”大好き”という割には、家に一個もないけど!☆^∇゜)


5DM40107.jpg

九谷焼のマグカップもありました。


blog00005856.jpg

冷蔵庫内も無料。
朝撮影したので、だいぶ減っていますが…。


blog00005845.jpg

このプリンがおいしかったです。

カラメルだけじゃなく塩も置いてあって、
塩のみ、カラメルのみ、塩+カラメルと、3パターンの味が楽しめます。


blog00005823.jpg

このシャンパンもサービスでした。


blog00005860.jpg

お茶菓子もあります。


blog00005857.jpg

これはルームフレグランスです。


blog00005858.jpg

この種類の多さ!


blog00005859.jpg

備品がとても充実していて、手ぶらでも行けそうです。
あ!でもパジャマがないので、パジャマ派の方はご注意ください。


blog00005821.jpg

予約制で貸切風呂も利用できます。


blog00005815_20171113174819367.jpg

blog00005816.jpg

blog00005818.jpg

blog00005817.jpg

blog00005820.jpg

blog00005819.jpg

湯上りはフレッシュオレンジジュースです。
おっしゃれ~!




続きます。


ブログランキング参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします!


tag : 九十九湾 百楽荘 ブログ 宿泊記

18:10  |  石川・九十九湾 百楽荘  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.11.12 (Sun)

ジョンティ・アッシュ  2017年11月

blog00005735.jpg

ジョンティ・アッシュ再訪です。

今回は直前に無理を言って白トリュフのコースにしていただきました。
ありがとうございます。ありがとうございます。

よってメニュー等はありません。
記憶を頼りに記録していきますが、記憶力がアレゆえ、写真だけになりそうな予感…。

シャンパンはテタンジェ2007でした。


blog00005736.jpg

プチシューの中には、生ハムとレバーペースト。
このレバーペーストの滑らかさが秀逸です。


blog00005737.jpg

blog00005738.jpg

ジョージア国のナベグラヴィというスパークリングウォーターです。
日本ではまだ珍しいそうですが、世界有数のミネラル含有量だそうです。

そもそもジョージア国ってどこよ。
とググってしまいましたけどね。σ(^_^;)


blog00005739.jpg

白トリュフ登場です!


blog00005740.jpg

白トリュフに負けないように!
と、シャサーヌモンラッシェをいただきます。


blog00005741.jpg

白トリュフお休み。
下には蟹肉がギッシリです。


blog00005742.jpg

これおいしかったー!

肉厚な帆立の貝柱の上には卵、下にはリゾット。
ここに白トリュフでおいしくないわけがない。


blog00005743.jpg

これもおいしかったー!

大きな白子なんですが、周りが焦げていて、その触感と香りと中の白子のフワフワが合う!
白子を焼いて食べたのは初めてでしたが、こんなにおいしいんですね。


blog00005744.jpg

シェフと相談して、白トリュフではなくジロール茸でいただきました。
ジロール茸は大好きなので、こんな大きなものを食べられるなんて!


blog00005745.jpg

ボルドーのグレ2012です。
カベルネソーヴィニヨンは大好きなので、これもおいしかった!


blog00005746.jpg

デザートの前にドリンクを選びますが、私たちはハーブティーをチョイス。
この中から好きなものを選べるので、全部の香りをチェックします。


blog00005747.jpg

デザートはチョコスフレ。

大きさはお腹の状態に合わせて、普通と小さめから選べました。
甘いものは別腹なので、普通サイズをオーダー。


blog00005748.jpg

アイスクリームをスフレの中に入れて溶かしながら食べると、一段とうまい。


blog00005750.jpg

久しぶりに伺いましたが、今回も大満足です。
大変ごちそうさまでした。

写真だけになるかと思ったけど、ちゃんと感想も書けて良かった!






ブログランキング参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします!


08:10  |  東京・gentil H  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.11.11 (Sat)

広東料理 センス 2017年11月

日本橋にある、マンダリンオリエンタル東京37階のセンスへ、飲茶ビュッフェに行ってきました。

センスの飲茶ビュッフェは週末だけの営業なんですが、とても人気で、なかなか予約が取れません。
なので行きたくなったときは、早めに計画を立てて確実な日程で席を押さえます。

時間は11~13時までと、14~16時までの時間制です。
14時からだと、割と予約は取りやすい方かもしれません。


blog0005648.jpg

まずはコースの前菜です。
真ん中は北京ダック

飲茶なのでお茶をいただきますが、これがマンダリンのオリジナルで、とても薫り高くおいしい。
アルコールとかソフトドリンクとか勧められますが、お茶で十分なくらいおいしいです。


blog0005649.jpg

スープ広東式ヘルシースープ、牛挽き肉と豆腐のスープ、蟹肉入りパンプキンスープの三種類から選べます。
写真はヘルシースープ。


blog0005650.jpg

これもコースの一品。
天使海老と春雨の蒸篭蒸し にんにくの香り


blog0005651.jpg

さぁ、ここから飲茶食べ放題です!
小籠包は何個食べたでしょうか…。うまかった。


blog0005652.jpg

写真を見ても、これが何なのかわかりませんが、食べているときも全然わかりません。
「これ、誰が頼んだの?」的な会話を何度交わしたことでしょう。


blog0005653.jpg

なので、わかるものだけ書いていきます。
上に黒いものが乗っているのはトリュフで、トリュフときのこの蒸し餃子。

海老は分かりません。
海老だけで何種類もあったので、海老好きの方にはたまらないラインナップだと思います。


blog0005654.jpg

海鮮の揚げ春巻き


blog0005655.jpg

鮑をのせた豚肉と海老の焼売
季節の野菜入り蒸し餃子
豚肉と海老とニラの蒸し餃子


blog0005656.jpg

鶏肉と干し貝柱の蒸しご飯 蓮の葉包み


blog0005657.jpg

食べかけで申し訳ありませんが、中はこんな感じです。
他にもたーくさん注文しましたが、ほぼ写真撮り忘れです。

海老入り蒸し餃子
中華風ピロシキ
蒸し豚スペアリブ ブラックビーンソース
もち豚のチャーシュー饅頭
海老入り揚げワンタンのスイートチリソース
帆立の蒸し餃子
鴨肉のタロ芋コロッケ
大根餅の香り焼き
豆苗と東星ハタの蒸し餃子
牛肉焼売
五目蒸し餃子
たらば蟹と海老のクリスタル蒸し餃子
鶏モミジの豆苗蒸し

香港麺の焼きそば
海老ワンタン入り 香港細麺のスープヌードル

<プレミアム点心>
北海道産帆立と千葉県産ロブスターの蒸し餃子 自家製XOソース1個 プラス1,000円
上海蟹小籠包2個 プラス1,000円
衣笠茸とたらば蟹肉の入った香港伝統のスープ餃子 紅蕪の巣添え1個 プラス1,000円
トリュフと卵白の蒸し餃子2個 プラス1,000円

追加料金が必要なプレミアムもありますが、通常メニューのもので十分おいしいです。
さすがに全種類は食べられませんでしたが、ほぼ近いくらい食べました。

蒸し料理なので、時間を計算しながら注文するといいですが、
お店の方もその辺はよくわかっていて、少なくなってくると次のオーダーを聞きに来てくれます。
おいしいお茶も、どんどん注いでくれるし、本当にここの飲茶は大好きです。


blog0005658.jpg

デザートも三種類から選べます。
マンゴープリン、シンプル杏仁豆腐、小豆とタピオカ入りココナッツミルク

2時間の時間制ですが、リズムよく注文できるので足りないということは今までありません。
久しぶりに行きましたが、やっぱりおいしかった!
また行きますよー!






ブログランキング参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします!


08:35  |  東京・広東料理 センス  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT>>