FC2ブログ
2017-08- / 07-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>09-

2017.08.30 (Wed)

梢 2017年8月

blog00004899.jpg

新宿にあるパークハイアット東京へ行ってきました。
前回は2012年9月でしたので、実に5年ぶり!


blog00004900.jpg

今回も一休.comから予約。
ランチコース”不二” 13,000円がワンドリンク付で11,000円。

まずは先付
活け鱧炙り 白芋茎白煮 梅酢オイル

鱧の炙りが香ばしくておいしい!
あれ?このお店、こんなにおいしかったっけ。
…と失礼なことを書いてしまいますが、今回は(は?)本当においしかった!


blog00004901.jpg

御椀
丸仕立 すっぽん真薯

お出汁もおいしい~。

座席数がそこそこあるお店って、ちょっと味が雑だったりするじゃないですか。
小規模なお店はそりゃ気配り目配りできますから、お出汁も最高ですけど、
50席以上はあるんじゃないかっていうお店で、この丁寧なお出汁はすごい。


blog00004902.jpg

お造り
鮪と海老と…うーん何だったかな。
覚えてられるわけがないんだよなー。
というわけで、ごめんなさい。


blog00004903.jpg

盛り付けたところ(作:わたくし)

そびえ立っているのは海苔です。
これが結構おいしいんですよ。
海苔タワーって名付けました。(命名:わたくし)


blog00004904.jpg

八寸です。


blog00004905.jpg

これも取り分けていただきます。
一人3個ですが、それぞれ違った具材が入っていて、それぞれが全部おいしい。


blog00004906.jpg

窓からの景色です。
一休からの予約だと、窓際確約プランみたいなのもあるみたいですよ。


blog00004907.jpg

焼物
甘鯛の酒塩焼き唐墨掛け

黄色いパウダーみたいなものは、カラスミです。
カラスミって唐墨って書くんですね。


blog00004908.jpg

進肴
汐豚酒汐煮 地蛤 スープ餡


blog00004909.jpg

食事
小天丼か生冷麦とまとスープ仕立から選べるのので、冷や麦をお願いしました。
冷静トマトのカペリーニの和風な感じでおいしい。


blog00004910.jpg

デザート
黒胡麻のババロア



久しぶりに伺いましたが、予想以上のおいしさにビックリでした。
次回はお天気の良い日に行きたいな!




ブログランキング参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします!








スポンサーサイト



08:50  |  東京・梢  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.08.29 (Tue)

バリ島旅行 2017年8月⑩ ガルーダインドネシア航空 ビジネスクラス搭乗記 GA880便

いよいよ帰国です。

全然帰りたくないんですけどね。
このまま飛行機飛ばなくてもいいんですけどね。
それなのに、チェックインの列が進まないと「まだかな…」って思うのは何故かしら。(* ̄∇ ̄*)


blog00005147.jpg

空港に到着したのは22時頃。
こちらのカウンターでチェックインを済ませます。



blog00005148.jpg

特に何の問題もなくチェックインを済ませ、
「はい、帰っていいよー」と出国スタンプをもらった後はラウンジへ。


blog00005151.jpg

ガルーダインドネシア航空のラウンジはコチラ。


blog00005149.jpg

一応ビジネスクラスラウンジなんですが………。
「…」で、ぜひお察しいただきたい。
アレとかソレとかコレとか……うん、もう!

仕方ない。コーヒーでも飲むか…と入れた飲み物が超辛い!
商品名を確認しに行くと、coffeeでもteaでもなく、なんちゃらって書いてある。

なんなの?私は一体何を飲んだの?
見た目だけでコーヒーと判断した自分を呪いました。
相方笑ってるし。


blog00005150.jpg

景色は良かったんですけどね。
ついていない日ってありますよねー。
そんな日は早く寝ましょ、そうしましょ。


blog00005152.jpg

ということで、ゲートに向かいます。
空港には天井から”72th”と書かれたカード的なものがたくさんぶら下がっていましたが、
8月17日が独立記念日だそうで、その72回目のお祝いプレートらしいです。


blog00005153.jpg

さぁ乗り込みますよー。
定刻通り(0:55)の出発です。


blog00005154.jpg

帰国便も窓側の前後でした。
窓側のさらに窓側は、今回も相方に奪われました。
でもこれで最後です。
次回からは私が窓側です。(キリッ)


blog00005155.jpg

もう夕食は済ませているので機内食はお断りしました。
飲み物も搭乗前にがぶがぶ飲んだし。

担当CAさんに「成田まで寝ますね」と”起こさないでくれ宣言”をし、
シートベルトサインが消えた途端、フルフラットにして寝ました。

途中、気流が乱れた時のアナウンスで2回くらい起こされたけど、
6時間半のフライトで5時間くらい寝たかしら。
布団も枕もふかふかで、すごく安眠できました。

目が覚めた時天井がキレイですごい癒されたな~。


blog00005156.jpg

日本時間9時に到着。

旅ブロガーなのに、食べ物を紹介するのが私の仕事なのに、帰国便の食べ物の写真が一枚もないなんて!
でも締めちゃいます。締めちゃえばこっちのもんです。

バリ島記事はこれにて終了です。
①~⑩までよく書いたもんです。
自分で自分を褒めてあげようと思います。

読んでいただいた皆様も、お付き合いいただきまして、ありがとうございました!




<関連記事>

バリ島旅行 2017年8月① ガルーダインドネシア航空 ビジネスクラス搭乗記 GA881便

バリ島旅行 2017年8月② セントレジス・バリ到着&ケンタッキー

バリ島旅行 2017年8月③ 2日目 ボネカで朝食

バリ島旅行 2017年8月④ 2日目 のんびりDAY "youtube VS 私"

バリ島旅行 2017年8月⑤ 2日目 キングコールバーでアフタヌーンティー
&バリ・コレクションでショッピング&夜のビーチ


バリ島旅行 2017年8月⑥ 3日目 ウブド市場&モンキーフォレスト

バリ島旅行 2017年8月⑦ 3日目 Kayuputi(カユプティ)でディナー

バリ島旅行 2017年8月⑧ 4日目 セントレジス・バリ最終日

バリ島旅行 2017年8月⑨ 帰国日プラン タマンアユン寺院&タナロット寺院

バリ島旅行 2017年8月⑩ ガルーダインドネシア航空 ビジネスクラス搭乗記 GA880便




ブログランキング挑戦中!
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします!



08:02  |  ガルーダインドネシア航空 成田-バリ島  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.08.28 (Mon)

バリ島旅行 2017年8月⑨ 帰国日プラン タマンアユン寺院&タナロット寺院

チェックアウトが17時なのにフライトが深夜1時って、ホテルのピックアップまで何してればいいの?

blog00005132.jpg

ということで、JTBの帰国日プランに申し込みました。
これだと観光とディナーを済ませた後、空港まで送ってくれるスケジュールとなっています。

14時半ホテルを出発し、約2時間かけてきたのはタマンアユン寺院。
1634年に建立された、バリ島で最も美しいと言われる寺院だそうです。


blog00005133.jpg

昔、闘鶏が行われていたという広場を見学しつつ、トイレ休憩。
ここのお手洗いはとてもキレイでした。
いきなりお手洗いの話題で何なんですが、女子には重要事項のため先に書いておきます。


blog00005134.jpg

blog00005135.jpg

ここは聖域ということで入場はできませんが、撮影は自由だそうです。
日本だったら撮影も禁止なのにね、ありがたいことです。


blog00005136.jpg

この寺院の特徴は、境内にメルと呼ばれる多重塔が建ち並んでいることだそうです。
静かでとても神秘的な場所でした。


blog00005137.jpg

これは日本でいう獅子舞みたいなものだそうで、バロンという聖獣だそうです。


blog00005138.jpg

次は車で30分くらい移動し、夕日がキレイだというタナロット寺院へ行きました。
観光名所だけあって、観光客がたくさんいます。


blog00005139.jpg

夕日はこちらに沈む予定ですが、ご覧の通り曇り空です。

ガイドさんが「今日は無理かもしれませんねぇ」って半笑い。
まったく、どいつもこいつもどーして半笑いなんだよぉ!
無理かもって、これ絶対無理なやつ!


blog00005140.jpg

タナロット寺院の近くまで行きますが、岩の上の寺院には観光客は入れません。

岩の下には観光客用の参拝場所があるようです。
今はだいぶ潮が引いている状態ですが、
それでもまだ海の中をジャブジャブ歩かないと行けなそうなので行きません。


blog00005141.jpg

夕日が見られないので素早く撤収します。
家に帰ったらyoutubeでキレイな夕日動画でも探すか。


blog00005142.jpg

夕食付プランでしたので、トランス・リゾート・バリというホテルへ移動します。
写真ブレブレですが、店内の写真がコレしかないので載せちゃいます。


blog00005143.jpg

前菜のオックステイルスープです。

骨の周りにお肉がたくさんついていて、この部分がとてもおいしい。
フォークで悪戦苦闘しながらお肉を削げ落として食べます。


blog00005144.jpg

チップスのようなものを割りながらスープに入れて、一緒に食べるとさらにおいしい。


blog00005145.jpg

メインはチキンか魚から選べます。
バリ島はシーフードもおいしいですがチキンもおいしいので、
最後はチキンで締めました。


blog00005146.jpg

デザートです。
この後は空港まで送ってもらって行程は終了です。


チェックアウトからホテルピックアップの時間まで何をして過ごそうかと悩んで帰国日プランに申し込んだんですが、
17時チェックアウトなら、バリ・コレクションでも行って夕食を食べてブラブラしているのも良かったかもしれません。
というか、そっちの方が良かったかもしれません。

移動時間だけで4時間くらいあったので疲れちゃいました。
夕日も見られなかったしね!(・3・)ブー



続きます。




<関連記事>

バリ島旅行 2017年8月① ガルーダインドネシア航空 ビジネスクラス搭乗記 GA881便

バリ島旅行 2017年8月② セントレジス・バリ到着&ケンタッキー

バリ島旅行 2017年8月③ 2日目 ボネカで朝食

バリ島旅行 2017年8月④ 2日目 のんびりDAY "youtube VS 私"

バリ島旅行 2017年8月⑤ 2日目 キングコールバーでアフタヌーンティー
&バリ・コレクションでショッピング&夜のビーチ


バリ島旅行 2017年8月⑥ 3日目 ウブド市場&モンキーフォレスト

バリ島旅行 2017年8月⑦ 3日目 Kayuputi(カユプティ)でディナー

バリ島旅行 2017年8月⑧ 4日目 セントレジス・バリ最終日

バリ島旅行 2017年8月⑨ 帰国日プラン タマンアユン寺院&タナロット寺院

バリ島旅行 2017年8月⑩ ガルーダインドネシア航空 ビジネスクラス搭乗記 GA880便




ブログランキング挑戦中!
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします!




タマン アユン寺院



タナ・ロット寺院



ザ・トランス・リゾート・バリ



13:40  |  バリ島・タマンアユン寺院 タナロット寺院  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.08.28 (Mon)

バリ島旅行 2017年8月⑧ 4日目 セントレジス・バリ最終日

バリ島最終日です。

blog00005010.jpg

JTBの早期予約特典で、12時チェックアウトのところ17時にしてもらったんですが、
帰りの飛行機は0:55(要するに深夜1時どひゃー)

出発日プランとかいう観光のオプショナルツアーに申し込んだので、
ピックアップの14時半までホテルライフを満喫します。


blog00005123.jpg

最終日の朝食もボネカです。
ボネカの詳細記事はアップしてありますので、コチラをご参照ください。


blog00005124.jpg

blog00005125.jpg

blog00005126.jpg

食べ終わって外に出ると、フロントでは民族楽器の演奏が行われていました。
写真を撮り損ねていたので、声をかけたら目線をくれましたよ。


5DM40656.jpg

フロントの下にある、グルマンド・デリです。
サンドウィッチとか持ち帰りができるショップですね。


blog00005050.jpg

2日目の夜にビーチで食べたコレとかです。


blog00005127.jpg

もちろん店内でも食べられるようです。


blog00005128.jpg

このクッキーなども自由に食べて良いようですが、私たちの目的はこれではない!


blog00005130.jpg

ビリヤード!

自由にプレイしていいんですが、いつも誰かがプレイしていて全然できませんでした。
でも私がビリヤードをするとなぜか家族が失笑するので、今回私は観ているだけ。


blog00005131.jpg

部屋に帰ってからは荷物整理です。
この写真は相方が「スポーツジムで使う!」と3泊分のシャンプー類を集めた結果です。
全部写っていませんが、30個くらいあります。

高校生男子がコレを見て一言
「エグイ…( ̄ェ ̄;)」





続きます。



今回の記事はどうでもいい内容になってしまったので、すぐに次の記事をアップします!
えぇ!すぐに!




<関連記事>

バリ島旅行 2017年8月① ガルーダインドネシア航空 ビジネスクラス搭乗記 GA881便

バリ島旅行 2017年8月② セントレジス・バリ到着&ケンタッキー

バリ島旅行 2017年8月③ 2日目 ボネカで朝食

バリ島旅行 2017年8月④ 2日目 のんびりDAY "youtube VS 私"

バリ島旅行 2017年8月⑤ 2日目 キングコールバーでアフタヌーンティー
&バリ・コレクションでショッピング&夜のビーチ


バリ島旅行 2017年8月⑥ 3日目 ウブド市場&モンキーフォレスト

バリ島旅行 2017年8月⑦ 3日目 Kayuputi(カユプティ)でディナー

バリ島旅行 2017年8月⑧ 4日目 セントレジス・バリ最終日

バリ島旅行 2017年8月⑨ 帰国日プラン タマンアユン寺院&タナロット寺院

バリ島旅行 2017年8月⑩ ガルーダインドネシア航空 ビジネスクラス搭乗記 GA880便




ブログランキング挑戦中!
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします!



07:54  |  セントレジス・バリ リゾート  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.08.27 (Sun)

バリ島旅行 2017年8月⑦ 3日目 Kayuputi(カユプティ)でディナー

さぁ、カユプティでディナーです。
人気のレストランだと聞いていたので、日本から予約して行きました。

blog00005032.jpg

昼間の写真


blog00005052.jpg

夜の写真

屋外のテーブルが人気らしいのですが、
初バリ島でしたので、屋外が暑いのか暑くないのかが分からない。

「とりあえず屋外予約して、暑かったら室内にしてもらえばいいか」
と軽い感じで予約しましたが、屋外で全然大丈夫でした。


blog00005098.jpg

でもその前に、毎日18時半から開催されるファイヤーショーを今まで見逃していたので、見に行ってみます。


blog00005099.jpg

目の前で見てもいいし、階段を少し上がった高いところから見ても良いです。


blog00005100.jpg

blog00005101.jpg

15~20分くらいやっていて、見ごたえあります。
毎日やってるからと侮るなかれ。


blog00005102.jpg

さぁ改めまして、カユプティに向かいましょう。


blog00005103.jpg

メニューはコースが一つしかなくて、見ると量が多そう。
食べられそうもなかったので、アラカルトでオーダーします。
日本語メニューもあるので安心です。


blog00005104.jpg

シャンパングラスにまでセントレジスのロゴが付いてます。
ビビるよね。
ビビりませんか、そうですか。


blog00005105.jpg

こちらはアミューズ
日本語メニューは1冊しかないそうで、注文したらすぐに持っていかれてしまいました。


blog00005106.jpg

なので、何を食べたのかは雰囲気だけでお伝えしていきたいと思います。

これは前菜としてオーダーしたサーモンです。
バリ島はシーフードがおいしいと聞いていたのにあまり食べていなかったので、慌ててオーダー。

情報通り、というかカユプティがそうなのかもしれないけど、とてもおいしい。


blog00005107.jpg

これは相方がオーダーした前菜で、牛肉のカルパッチョ。

だーかーら!シーフードがおいしいんだって!
と言っているのに肉をオーダーする残念な相方。


blog00005108.jpg

せっかくの屋外だったのに、写真はこれだけです。


blog00005109.jpg

家族でシェアしようとオーダーしたキャビアです。

フランス産 ストゥーリアSTURIAのフレッシュキャビア
30グラムで、いちまんえんでした。


blog00005111.jpg

ブリニはお代わり自由だそうです。


blog00005110.jpg

これらの付け合わせも自由。


blog00005112.jpg

サワークリームも自由。

見慣れないものを食べない主義の長男が「キャビアいらない」というので、
残り3人で心置きなくいただきました。


blog00005113.jpg

メインです。
これはアンガス牛だったかなぁ…。


blog00005114.jpg

これは相方のメインで仔羊です。
相方は前菜も肉でメインも肉です。


blog00005115.jpg

鶏肉


blog00005116.jpg




まったくもう。
料理名はもとより、食材ですら覚えてないとか終わってるわ。


blog00005117.jpg

デザートです。


blog00005118.jpg

これはマンゴスチン
初めて食べました。


blog00005119.jpg

何やら演出が始まりましたよ…。


blog00005120.jpg

おぉー!
予想通り!


blog00005121.jpg

チョコレートの中にアイスが入っていました。


blog00005122.jpg

バリ旅行も残り1日になりました。
ブログ記事も、もう少しで終わる予定です。
もうしばらく駄文にお付き合いいただければ幸いでございます。


続きます。






<関連記事>

バリ島旅行 2017年8月① ガルーダインドネシア航空 ビジネスクラス搭乗記 GA881便

バリ島旅行 2017年8月② セントレジス・バリ到着&ケンタッキー

バリ島旅行 2017年8月③ 2日目 ボネカで朝食

バリ島旅行 2017年8月④ 2日目 のんびりDAY "youtube VS 私"

バリ島旅行 2017年8月⑤ 2日目 キングコールバーでアフタヌーンティー
&バリ・コレクションでショッピング&夜のビーチ


バリ島旅行 2017年8月⑥ 3日目 ウブド市場&モンキーフォレスト

バリ島旅行 2017年8月⑦ 3日目 Kayuputi(カユプティ)でディナー

バリ島旅行 2017年8月⑧ 4日目 セントレジス・バリ最終日

バリ島旅行 2017年8月⑨ 帰国日プラン タマンアユン寺院&タナロット寺院

バリ島旅行 2017年8月⑩ ガルーダインドネシア航空 ビジネスクラス搭乗記 GA880便




ブログランキング挑戦中!
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします!




12:02  |  セントレジス・バリ リゾート  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.08.26 (Sat)

バリ島旅行 2017年8月⑥ 3日目 ウブド市場&モンキーフォレスト

バリ島ではヨダレが垂れる勢いで何もしないって決めてたのに、出発一週間前になって

「ウブド市場に行きたい」
「ウブド市場でガムランボールを買いたい」

と言い出した長男。

ガムランボールって何よ。
ドラゴンボールだったら全巻本棚にあるわよ。

と、ごまかそうと思っていたんですが、
優しいお母さんは長男の願いをかなえてあげることにしました。


blog00005053.jpg

オプショナルツアー等は見当たらなかったので、JTBのカーチャーターというモノに申し込みます。
これはカーをチャーターするモノで、要するに車を一台借り切るんです。
自分の好きなようにスケジュールが組めるし、さらに日本語ガイド付きという優れモノ。

日本から申し込みをしたんですが、当日来た日本語ガイドさんは、初日にホテルまで案内してくれた方。
「ケンタッキーは食べましたか?」と再び半笑いをされながらウブド市場へ向かいます。

今回長男が出したリクエストは、
・朝6時に出発して、ウブド市場に4時間滞在したい。
これだけです。

すると、往路は早朝なので1時間で到着するけど、復路は渋滞するので2時間。
なので6時間コースに1時間プラスしましょう。と提案してもらい、
細かいリクエストにも対応してもらえました。(合計US$120)

海外にありがちな、帰りにお土産屋さんに寄るようなこともないし、
他にアレコレ勧められることもありません。
とっても便利でしたので、サイトを貼っておきます。(コチラ
おススメです。


blog00005054.jpg

沖縄に2年半住んだことがあるというだけあって、日本語がとても流暢なガイドさんに案内してもらいながら、
本当に1時間で到着。

11時集合の約束をして、ここからは自由行動にさせてもらいました。


blog00005055.jpg

ここがウブド市場です。(ほんの一角ですが)

向かう途中にも市場はたくさんありましたが、市場とは日本で言うスーパーみたいなものなんだそうです。
なので早朝は買い物に来た地元のお母さんたちで賑わいます。
地元の方は、早朝に新鮮なものを買うのが習慣なんですって!


blog00005058.jpg

朝の7時だというのに活気があって、見ていてとても楽しいです。


blog00005059.jpg

ガイドさんが「ウブドの治安は大丈夫ですよ」と言っていたので
「ディープな方に行こう!」を合言葉に、どんどん奥へ進んでいきます。


blog00005072.jpg

ここはお肉売り場ですが「お肉売り場がエグイって友達が言ってた」と長男が言うので、
「いいね~。行ってみようよ。命をいただくという事はどういう事か、しっかり学びなさい」
と向かってみると…


blog00005056.jpg

blog00005057.jpg

長男絶句。

でも別な意味でよく観察すると、すごくお肉が新鮮なんです。
私はてっきりアレな感じかと思ったら、日本で売っている鶏肉以上に新鮮。
聞いたら「さばきたてだから新鮮」なんだそうです。なるほど。


blog00005060.jpg

さらにディープそうな入口を発見し、奥へ奥へと進みます。


blog00005061.jpg

日本のスーパーと同じように、お肉コーナーがあったり、野菜コーナーがあったりして、
この辺りは雑貨コーナーになっていました。


blog00005062.jpg

市場の2階まで来てみました。
洋服なども売っていましたよ。


blog00005063.jpg

油断していると、こんなのに出会ったりします。


blog00005064.jpg

blog00005065.jpg

ピヨピヨ聞こえてきたので何かと思ったら、これも売りものでした。
自分でさばくと、さらに新鮮でおいしいんだそうです。
でも現地の人でも自分でさばくのは面倒なので、お祝いの時くらいしか買わないんだそうです。


blog00005066.jpg

神様にお供えするお花も売られていました。


blog00005067.jpg

お花屋さん


blog00005068.jpg

八百屋さん


blog00005069.jpg

「わー!すごい!」と驚いていたら、この後ニッコリ笑ってくれました。

写真とか撮ってもいいのかな?なんて思っていたけど、
皆さん観光客に慣れっこなのか全然大丈夫でした。
目が合うと微笑んでくれる人も、たくさん。


blog00005070.jpg

懐かしい量り売り。


blog00005071.jpg

野菜も想像以上に新鮮です。


blog00005076.jpg

お魚はちょっと買う気にならないかな…。


blog00005073.jpg

かなり奥の方へ行ったら、焼き鳥屋さんを発見。
あ!まだサテを食べていなかった!


blog00005074.jpg

行列もできていたので、私たちも並びながら値段を聞いたら4本で80円。
写真の左の女性が「座って座って!」と声をかけてくれて、チョー陽気♪

「英語できる~?」なんて会話から、ひと通り屋台に並んでいる食べ物の説明をしてくれます。
彼女の前にあるお鍋には、牛のスープや羊のスープが入っているらしく、
インドネシアでは、皆このような朝食を食べているんだと説明してくれました。


blog00005075.jpg

お米が好きだったら、これを食べて!
と勧められたのが、バナナの皮で包んで蒸した、ごはん。

インドネシアのお米は小さいのか、粒はほとんど残っていなくて、
日本ほどお米の甘みはありませんが、サテのタレを付けながら食べるのがインドネシア風らしい。


blog00005077.jpg

軽く朝食を済ませた後、一度ウブド市場を後にします。
ここはヒンズー教寺院


blog00005078.jpg

蓮の花がキレイでした~。
と言いつつ、たまたま上手い具合に撮れた写真を載せてみる。


blog00005079.jpg

ヒンズー教寺院の横にはスタバがあり、
引き寄せられるように入店する、生まれも育ちも東京な私たち。

なんだかとても安心するのはナゼカシラ?


blog00005080.jpg

でもトイレはキレイだし(市場のトイレは素敵すぎた)Wi-Fiは拾えるしで、入店して正解でした。
ビバ!文明!

ホテルで留守番中の相方に「ウブド市場楽しいよ~」とLINEしたら…

blog00005015_2017082423240662e.jpg

俺の朝食(ボネカにて)
と返信が来ましたけどね。


blog00005081.jpg

ウブド市場は9時頃から生鮮食品の市場から民芸品への市場へ様変わりが始まるようで、
時計を見たら8:10。

モンキーフォレストまで徒歩20分くらいなので、行ってみることにしました。


blog00005082.jpg

モンキーフォレストとは文字通り”猿の森”

約200頭の猿が生息していて、森の奥にはダルム・アグン・パダントゥガル寺院がある。
森はプラ(ヒンズー寺院)の鎮守の森として聖域である。(以上Wikipediaより)

入園料は400円くらい。
「ほら、こういうところが観光客価格!」とぶつくさ言いながら歩いて行きますが、
猿に会ったとたん、テンションアップ!


blog00005083.jpg

blog00005084.jpg

blog00005085.jpg

blog00005086.jpg

blog00005087.jpg

滞在時間は20分くらいでしたのでザッとしか見られませんでしたが、
写真だけでもなんとか雰囲気をお伝えできたでしょうか。

要するに、たーくさんお猿さんがいる森です。はい。
でも危ないので、お触り禁止ですヨ!


blog00005088.jpg

ウブド市場に戻ってみると、先ほどまでと様子が変わっていてビックリ!
この辺りには、ついさっきまでお花屋さんや八百屋さんが並んでいたはず。

いろいろ見て回っていると、八百屋さんの商品を片付けながら民芸品を並び替えているお店などがたくさんあって、
長男はこの市場の様子が変わっていくところが見たかったんだそうです。

鼻息荒く語っているけどさ、
お得意のyoutubeだったら、そういう動画たくさん見つかるんじゃない? ヾ(ーー )ォィ

と思ったけど黙ってます。


blog00005089.jpg

そして目的のガムランボールですが、
写真の右手前に写っているものです。

ガムランボールについては詳しく分からないので、ぜひGoogle先生に聞いていただければなんですが、
思った以上にキレイな音色で、私も1個購入しました。


blog00005090.jpg

ウブド市場の楽しみは値段交渉。
値札はついていませんので「いくらですか?」から交渉は始まります。
観光客には慣れているので、英語、中国語、日本語、なんでもござれだそうです。

最初に提示してくるのは最高値。(例えば10万ルピア(800円))
それでも日本で購入することに比べたら安いと思うんですが、
まず「高っ!」とオーバーリアクションします。

電卓を受け取り、3万ルピアを提示。

「それじゃ安すぎる」と電卓を奪い取られ、8万ルピアを提示されます。

すかさず、こちらも4万ルピアを提示。
「もう無理、これ以上は無理」という言葉も演技を交えて言います。
帰る仕草を見せてもいいそうですが、このやり取りそのものを楽しむことが大事なんだそうです。(長男談)

相手も引かず6万ルピアを提示。
「ほらほら、頑張って」って、誰に向かって言っているのか分からない励ましを受けます。

こちらも4万5千ルピアを提示し「もう最後、これで最後!」と必死さを伝えます。

最終的には店員が折れる形で交渉成立なんですが、
このやり取り、マジで癖になります。
日本人相手だと高値になってるのは分かってるんですが、それでも楽しい。

「それじゃ高すぎる!」「それじゃ安すぎる!」と相手をディスりまくるんですが、お互い悪意がない。
ニコニコしながらやってます。
日本語でも全然大丈夫ですから、行かれる方はぜひ体験してみてください。


blog00005092.jpg

このお店ではポーチを購入したんですが、日本人相手にいい商売ができたんでしょうね。
「写真撮っていいですか?」と聞いたら、とてもよい笑顔で応えてくれました。

あまりにも楽しくて11時の集合時間まであっという間。
あと1時間くらいあっても余裕で過ごせたと思います。

帰りの車の中で、屋台のサテを食べたとガイドさんに話したら、

「あんな奥まで行ったんですか?」と驚かれました。

でも私たちが食べたのは、本当にインドネシアの一般的な朝食だったそうで、
いい体験ができましたね、って褒めてもらえたので良かったです。


blog00005093.jpg

帰りはガイドさんの言う通り、2時間ピッタリでホテルに帰れました。
さすがです。

留守番をしていた相方と次男に武勇伝を語りつつ、ビンタンビールで乾杯。


blog00005094.jpg

昼食をルームサービスでオーダーし、


blog00005096.jpg

さらにシャンパンも開けちゃいます。
これは氷を入れて飲むモエシャンだそうですよ。
より冷えておいしかったです。


blog00005097.jpg

まだもう少しバリ島の記事は続きます。




<関連記事>

バリ島旅行 2017年8月① ガルーダインドネシア航空 ビジネスクラス搭乗記 GA881便

バリ島旅行 2017年8月② セントレジス・バリ到着&ケンタッキー

バリ島旅行 2017年8月③ 2日目 ボネカで朝食

バリ島旅行 2017年8月④ 2日目 のんびりDAY "youtube VS 私"

バリ島旅行 2017年8月⑤ 2日目 キングコールバーでアフタヌーンティー
&バリ・コレクションでショッピング&夜のビーチ


バリ島旅行 2017年8月⑥ 3日目 ウブド市場&モンキーフォレスト

バリ島旅行 2017年8月⑦ 3日目 Kayuputi(カユプティ)でディナー

バリ島旅行 2017年8月⑧ 4日目 セントレジス・バリ最終日

バリ島旅行 2017年8月⑨ 帰国日プラン タマンアユン寺院&タナロット寺院

バリ島旅行 2017年8月⑩ ガルーダインドネシア航空 ビジネスクラス搭乗記 GA880便





ウブド市場



ヒンズー教寺院



スターバックス


モンキーフォレスト



06:22  |  バリ島・ウブド市場  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.08.25 (Fri)

バリ島旅行 2017年8月⑤ 2日目 キングコールバーでアフタヌーンティー&バリ・コレクションでショッピング&夜のビーチ

JTBでの予約特典にセントレジス・バリ内にある、キングコールバーでのアフタヌーンティーが付いていたので、
いそいそと行って参りました。

blog00005044.jpg

この2階がキングコールバーですが、予約は不要でした。
チェックイン時に利用するか尋ねられたので

「たぶん2日目に利用します」

と軽い感じでお伝えしただけ。


blog00005038.jpg

お客様は、私たち家族の他はアジア人カップル1組と、オーストラリア人カップルが1組だけで、すいていました。
でもピアノの生演奏が始まったりして、あまりのオシャレさに何だかくすぐったくなります。

キングコール”バー”というくらいですから、夜にはさぞ素敵なバーになるんでしょうね~。
魔が差して、相方に「夜にも来てみようか」と心にも思ってない口約束をしてしまいましたよ。
途中で目が覚めて行かなかったけど。
アブネーアブネー。


blog00005034.jpg

座るとさっそくアフタヌーンティーっぽいものが来ました。
すごくかわいらしくて私はテンション上がりますが、男子が注目したのはそこではない。

「足りる?」


blog00005035.jpg

さすが体育会系男子高校生。

朝食を食べた後、特に固形物は食べてなかったので、
この時お腹ペコペコだったのは私も同じですが、心配するなかれ。


blog00005036.jpg

これらもみんな食べて良いのです!


blog00005037.jpg

blog00005040.jpg

blog00005041.jpg

blog00005042.jpg

申し訳ないくらい何度もお代わりしていただきます。
もぐもぐ食べます。

一流のホテルマンは「この家族、食べすぎ」

と思っても、おくびにも出さず、飲み物が無くなればお代わりを聞いてくれ、
サンドウィッチが無くなれば、お代わりを勧めてくれます。
素晴らしいホスピタリティその⑦です。


blog00005039.jpg

あとから来たオーストラリア人カップルは、サクッと食べて去っていきましたけどね。
彼らが去るとき、私たちはまだもぐもぐしてましたけどね。(*ノェノ)キャー


blog00005043.jpg

食後は、お部屋まで散歩しながら帰ります。

こちらは”デュラング”というインドネシア料理のレストランです。
夜しか営業していないそうです。

このレストランの隣には卓球台がありました。


blog00005017-1.jpg

こんな大きなカバナもあります。


blog00005012.jpg

この後は”バリ・コレクション”というショッピングセンターへ行ってみました。

ホテル近くから巡回バスが出ているようですが、タクシーに乗っても240円くらいなので、おススメはタクシー。
時間も10分くらいです。

入口ゲートにはセキュリティチェックがあり、手荷物も検査されます。
しかし一歩入ったら

「アイスティー!」

と大きな声で呼び止められ、
「なんなの?なんなの?私の名前はアイスティーじゃないわよ。
っていうか、超なんなの?」

と振り返ったら、アイスティーを売っている屋台のお姉さんでした。
陽気でいいですね。
とりあえず手だけ振っておきました。


blog00005045.jpg

奥の方まで進むと、大きなガジュマルの木がありました。


blog00005046.jpg

blog00005047.jpg

なんだか神々しさに感動してしまったので、写真も3枚載せちゃいます。
木の根元にはお供えもたくさんありました。


blog00005048.jpg

お買い物をしたいのは、主に子どもたち。
ショッピングに用のない大人は、外でおとなしく待っています。


blog00005049.jpg

こちらは日本の”そごう”
ここでもおとなしく待っています。

バリの物価ですが、観光客相手だと物価の安さは感じません。
タクシーの運転手さんも「バリ・コレクションは高いよ!」と言っていましたが、
たしかに日本人の感覚でも”高い”と思う品物が多くありました。

あと、レストランはたくさんあります。
シーフードの美味しそうなお店とか、観光客で行列ができているお店とか、気になるお店はあったけど、
アフタヌーンティーの食べすぎでアレでしたのでスルー。


blog00005050.jpg

…したのに、ホテルに戻ったら小腹が空いてきたので、
”グルマンドデリ”というショップでハンバーガーを購入。

ピクニックバックに入れてもらって、そのまま夜のビーチで食べました。


blog00005051.jpg

ビーチバーがまだ営業していたので、シャンパンとかもらいます。


blog00005013.jpg

すごく雰囲気いいのに、私たち家族以外は誰もいませんでした。

ビーチの警備をしている人を3人くらい見かけましたけど、そういえば私の姉がフィジーに駐在していた時、
「とても治安が悪くて、夜は自分の家の庭ですら出られなかった。2年住んだけど星を眺めたことなんてなかった」

と話していたことを思い出し、右上に写っている強烈なサーチライト(ビーチを照らしています)や、
この警備の人たちがいなかったら、この辺の治安はどうなんだろう?
と考えを巡らせます。


blog00005052.jpg

こちらは”カユプティ”というレストランです。
予約してあるので、翌日ここでディナーです。

「お母さんが日本から予約したんだよー。室内じゃなくて屋外の席だから」

と自慢しながら部屋に帰りました。



続きます。




<関連記事>

バリ島旅行 2017年8月① ガルーダインドネシア航空 ビジネスクラス搭乗記 GA881便

バリ島旅行 2017年8月② セントレジス・バリ到着&ケンタッキー

バリ島旅行 2017年8月③ 2日目 ボネカで朝食

バリ島旅行 2017年8月④ 2日目 のんびりDAY "youtube VS 私"

バリ島旅行 2017年8月⑤ 2日目 キングコールバーでアフタヌーンティー
&バリ・コレクションでショッピング&夜のビーチ

バリ島旅行 2017年8月⑥ 3日目 ウブド市場&モンキーフォレスト

バリ島旅行 2017年8月⑦ 3日目 Kayuputi(カユプティ)でディナー

バリ島旅行 2017年8月⑧ 4日目 セントレジス・バリ最終日

バリ島旅行 2017年8月⑨ 帰国日プラン タマンアユン寺院&タナロット寺院

バリ島旅行 2017年8月⑩ ガルーダインドネシア航空 ビジネスクラス搭乗記 GA880便








10:18  |  セントレジス・バリ リゾート  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.08.24 (Thu)

バリ島旅行 2017年8月④ 2日目 のんびりDAY "youtube VS 私"

「youtubeばっかり観るんじゃありません!」

と子どもたちに毎日のように言っている私ですが、今回は違います。

各自、好きなように過ごします。

それが私の場合は読書だったり、尿意をもよおしても1時間くらい我慢しちゃう、という話であって、
子どもたちは子どもたちで好きなように過ごせばいいんです。


blog00005016.jpg

正直「ホテルのWi-Fiが遅くて、youtubeが観られなければいいのに」とは思いましたけどね。
「家に帰ったら覚えてろ」とも思いましたけどね。
セントレジスのホスピタリティの高さは、Wi-Fi速度にも現れていたようで(ホスピタリティその④)
子どもたちの視線は常に携帯画面にありました。


blog00005018.jpg

そんな子どもたちに「ビーチに行ってみない?」と誘っても「行かない」と言われるに決まってて、
”分かったわよ。お母さんとビーチに行くくらいならyoutube観てた方がいいってことでしょ?”
と悔しさを噛みしめつつ、相方とビーチに行ってみることにしました。


blog00005021.jpg

5分くらい歩いて、すぐビーチ到着。
この怪しげなポーズのビーチチェアはHPでもおなじみですね。
でも、ここで横になる勇気は無いんだなぁ。
笑いすら取れない気がする。


blog00005009.jpg

この”いかにも”な感じのビーチチェアは、ストランド・ヴィラ宿泊者専用です。


blog00005022.jpg

写っていませんが、右にはストランド・ヴィラが建ち並んでいます。

もちろん野次馬根性でジロジロ見てしまいますが、私たちのラグーン・ヴィラよりお庭がチョー広い!
でもお庭もお部屋もビーチから丸見えなので、中の人は落ち着かないんじゃないかしら。

ジロジロ見ながらお部屋の前を横切っていくのは、私たちだけじゃないはず!


blog00005023.jpg

目の前の海はインド洋かしら?
全然わからないので、適当なことを言ってみる。


blog00005024.jpg

ビーチを進んでいくと、サンベッドがたくさん見えてきました。

真っ白な砂浜に真っ赤なパラソルが良く映えて、とてもキレイです。
海もキレイでリゾートって感じ♪

「やっぱりみんなで来ようよ!」と考え直し、相方を連れて部屋に戻ります。
そして子どもたちに「ビーチ楽しそうだったよ!バリまで来たんだから海にも入ろうよ!」と力説。
「ビーチでyoutube観てもいいからぁ!」が決め手になり、ビニールのランドリーバッグに私物を詰め込みレッツゴー。


blog00005026.jpg

受付らしきところに行くと人数を聞かれ「4人です」と答えたらバスタオルをどっさり持った人と、あと2人くらいのスタッフが、
空いているビーチチェアを探してくれ、あっという間にセッティングしてくれました。

日影が良いか日向が良いかも細かく聞いてくれ、その手際の良さは職人並み。
それも嫌々やってる感じはなく、

サービスマンとして当然のことをしています。

という姿勢がヒシヒシと伝わってきて超男前(ホスピタリティその⑤)


blog00005027.jpg

冷たい水と冷たいお絞りも持ってきてくれ、無くなるとお代わりも持ってきてくれます。
長男が手を付けずにそのまま置いておいたら「冷たいものと交換しましょうか?」とも。
す…素晴らしすぎるホスピタリティその⑥


blog00005028.jpg

youtubeに夢中だった子どもたちをビーチに引っ張ってくることができて、お母さん満足。
子離れなんてもんは、あと10年くらいしません。(キッパリ)


blog00005030.jpg

ビーチには物売りをしている方もいました。
売っているものは貝殻の工芸品や生地。

ほとんど売れている気配はないけど、ジーっと座っています。
私だったら一日で凹んじゃいそうだけど、のんびりの国民性が凹ませないのかな。


blog00005029.jpg

バリでは凧をよく見かけました。それもハンパない高さで揚がっていて飛行機に当たらないのかしら?と思うくらい。

バリの子どもたちは凧揚げが大好きだそうで、学校から帰ってくると凧を揚げるんだそうです。
でも一年中ではなく、オーストラリアから風が吹く、この時期だけだそう。

それも日本のように凧を持ちっぱなしではなく、木などに括り付けて鑑賞するらしいんですが、
大人も混ざって、特大(大型バスくらいのサイズって言ってた)の凧を揚げることもあるそうです。


blog00005031.jpg

ビーチバーが隣接されているので、注文しに行ってもいいし、スタッフを引き留めてもいいしで、
飲み物や軽食がオーダーできます。

”ビーチとシャンパンと私”な写真を撮ろうと思ったのに、なんなんだ、このヘタクソ写真は。
でも載せちゃいます。
なぜなら”youtubeに勝ったお母さんに乾杯!”だから。

勝ってないけど。
どちらかと言えば負けてるけど。


blog00005032.jpg

ビーチには4時間くらいいて、私はひたすら裁判傍聴マニアの本を読んでいました。

バリ島で離婚裁判の話とか、詐欺裁判の話を読むなんてカオスなことをしてしまいましたけど、
子どもたちが小さいときは「おかーさーん!遊ぼうよー!」とお誘いが激しくて、
ゆっくり座っていることなんてできなかったのが、4時間ですよ。4時間。

こんな日が来るなんて、育児に振り回されていた時には考えられなかったな~。
子どもたちも成長したもんです。

しかし、私が読書4時間という事は、奴らもyoutube4時間です。

でもビーチには爽やかな風が吹いて快適だし、
youtubeには負けたけど、なんだか少しは認めてあげてもいい気分になりました。


blog00005033.jpg

部屋に戻ったらお掃除がすっかり終わって、再びキレイな部屋に戻っていました。
まだのんびりバリ旅行は続きます。




<関連記事>

バリ島旅行 2017年8月① ガルーダインドネシア航空 ビジネスクラス搭乗記 GA881便

バリ島旅行 2017年8月② セントレジス・バリ到着&ケンタッキー

バリ島旅行 2017年8月③ 2日目 ボネカで朝食

バリ島旅行 2017年8月④ 2日目 のんびりDAY "youtube VS 私"

バリ島旅行 2017年8月⑤ 2日目 キングコールバーでアフタヌーンティー
&バリ・コレクションでショッピング&夜のビーチ


バリ島旅行 2017年8月⑥ 3日目 ウブド市場&モンキーフォレスト

バリ島旅行 2017年8月⑦ 3日目 Kayuputi(カユプティ)でディナー

バリ島旅行 2017年8月⑧ 4日目 セントレジス・バリ最終日

バリ島旅行 2017年8月⑨ 帰国日プラン タマンアユン寺院&タナロット寺院

バリ島旅行 2017年8月⑩ ガルーダインドネシア航空 ビジネスクラス搭乗記 GA880便




10:53  |  セントレジス・バリ リゾート  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.08.23 (Wed)

バリ島旅行 2017年8月③ 2日目 ボネカで朝食

セントレジス・バリ・リゾート 2日目の朝です。

前日は19時半に到着だったので、外の様子がよくわかりませんでしたが、
寝室のカーテンを開けた景色がこれです。

blog00004962.jpg

ぬぉぉぉ!リゾートだぁ!

ちなみにカーテンは電動です。
痒い所に手が届きます。


blog00004963.jpg

セントレジスのマークって、ビビっちゃうよね。
ビビりませんか、そうですか。


blog00004967.jpg

虫があまり入ってこないのが不思議でしたけど、おかげで窓を開けっぱなしにできます。


blog00004968.jpg

blog00004969.jpg

blog00005007.jpg

blog00005008.jpg


blog00004971.jpg

ホテルのプールです。
明るくなって、やっと全景が見えてきました。

ホテルのプールと言ってもラグーン・ヴィラ宿泊者くらいしか利用しないのか、いつもガラガラです。

お隣の部屋のオーストラリア人家族の子どもたちが、キャッキャ言いながら遊んでいるのが時々聞こえたり、
我が家の男3人衆が本気で泳いでいるのがバシャバシャと聞こえてきたりするだけで、
他のみなさまは、おしとやかに水遊びをなさってらっしゃって、基本的にとっても静かです。

左の方にサンベッドが少し写っていますが、
係員が近くで待機しているので、ここに座るとバスタオルと冷たいペットボトルの水を持ってきてくれます。
利用している人があまりいないというのに、ホスピタリティのレベルの高さにはビックリです。


blog00005014.jpg

うちには浮輪なんてなかったんですが、わざわざ買って行って正解でした。
その場になったら奪い合いになるのは分かっていたので、2個購入したのも正解。

浮輪でプカプカと浮きながら、のんびりできます。
流れるプールではないので風の吹く方向に身を任せて、本当にのんびりです。
こりゃマジでよだれが垂れたダメ人間になりそうです。


blog00005011.jpg

何もしない贅沢というモノを、とことん満喫してみようと思います。


blog00004972.jpg

プールは海水なので、各部屋には温水シャワーがあります。
相方に立ってもらいましたが、大きさが伝わりますか?


blog00004973.jpg

では、朝食に向かいましょう。


blog00004974.jpg

セントレジス・バリといったらコレでしょうか。
この写真をHPとかでもよく見ます。


blog00004975.jpg

こちらはロビー


blog00004976.jpg

朝食はロビー隣の、ボネカというレストランでいただきます。時間は7~11時。
全朝食付きなので、追加料金はかかりません。


5DM40610.jpg

この時は7時半くらいですが、8時を過ぎると混んできます。
でも座れないという事はありません。

ビュッフェスタイルですがザワザワしていないし、落ち着いて食事を摂ることができます。
私は落ち着いて食事を摂ることが、とても好きです。
普段はガサツで「ボヘッ!」とか変な擬音をブログでも使ったりしますが、食事の時は静かなんです。
本当です。


blog00004990.jpg

着席すると担当さんが挨拶に来て、飲み物やホットメニューのリクエストを聞いてくれます。
中には全員のファーストネームを聞いてくれ、フレンドリーに話しかけてくれる人もいます。
素晴らしいホスピタリティ、その②です。(その①はプールサイドにいる係の人)

で、肝心のホットメニューですが、これが素晴らしい。
大事なことだから、もう一回書こうかな。

素晴らしいです。


blog00004991.jpg

写真をクリックしても大きくならないので、目をこすって読んでいただきたいのですが、
フォアグラとかキャビアなんかもあります。ステーキだってあります。
これらがすべて食べ放題です。


blog00004977.jpg

目移りしちゃって仕方ないので、とりあえずオレンジジュースとエッグベネディクトをオーダーし、
ビュッフェ台に向かいます。


blog00004998.jpg

blog00004978.jpg

blog00004979.jpg

blog00004980.jpg

blog00004981.jpg

blog00004982.jpg

blog00004983.jpg

blog00004984.jpg

blog00004985.jpg

blog00004986.jpg

ビュッフェの内容は普通です。(おいしいけど)
相方は2日目ですでにビュッフェ台にはいかず、すべてオーダーメニューで朝食を済ませていました。


blog00004987.jpg

テーブルに戻ると、オーダーしたものが届いていました。
これはロブスターとオムレツ。


blog00004989.jpg

エッグベネディクト


blog00004992.jpg

オレンジジュースを飲み干すと、すかさずお代わりを勧められます。
目配り気配りが素晴らしく、空っぽのグラスやお皿がテーブルに置きっぱなしになることは、ほとんどありません。
素晴らしいホスピタリティ、その③です。

テーブル担当に「スムージーもありますよ」

と言われてメニューを見たら、イチゴだのバナナだのあって、こちらも目移りしちゃいます。
これはミックスベリーですが、濃厚です。
他のスムージーも、みんな濃厚でした。


blog00004993.jpg

「インドネシアの伝統料理もありますが、召し上がりますか?」

と勧めていただいたので食べることにしました。
レストラン入口横に、このようなセットがあり、ここで作ってくれるそうです。


blog00004994.jpg

いろんな香辛料がありますが、残念なことに全然分かりません。


blog00004995.jpg

これが完成品。

インドネシアは香辛料の国と言われるゆえんが分かるような気がします。
いろんなスパイスが混ざりあい、少しピリ辛になったアーモンドソースがとてもおいしい。


blog00004996.jpg

メニューは自分からオーダーするだけではなく、出来上がったものを持って来て「いかがですか?」
と勧めてくれるパターンもあります。

これはパンケーキだったかな。


blog00005001.jpg

これはバナナクレープ
写真にはありませんが、焼きたてクロワッサンも配って回っていました。


blog00005002.jpg

これも伝統料理らしいです。


blog00004997.jpg

セントレジスのオリジナルアイスティ
なんかもう、いちいちカッコよすぎ!


blog00004999.jpg

ビュッフェには、4種類のアイスに好きなトッピングを混ぜてくれる、某アイスクリーム屋さん風のコーナーもありました。
トッピングは写真に写っているもの以外にも様々あります。
全部説明してくれましたが、記憶力がアレなので全然覚えていません。
あ!チョコスプレー(カラフルな色のチョコチップみたいなの)があったのは覚えてる!

チョコソースもブラックチョコ、ホワイトチョコがありました。


blog00005000.jpg

私はドラゴンフルーツのアイスに、グラノーラをトッピング。
最後にブラックチョコソースを掛けてもらいました。

もう一回言いますね。

これらすべてが食べ放題です。

”食べ放題”

大好きな言葉です。


blog00004964.jpg

レストランはガヤガヤしていないので居心地がよく、気が付けば1時間半くらい経過していました。
そこから私たちはさらに30分くらいゆっくりお茶を飲みながら景色を楽しみ、満足してから部屋に戻りました。

あとは何の用事も入れていないので、ただひたすらリゾートを満喫するのみです。

この帽子は私たちの頭が大きくて入らないし、籠バッグも「素敵~♪」と言ったきり存在を忘れて、
ビニールのランドリーバッグでビーチをウロウロすることになるけどね。☆^∇゜) ニパッ!!


blog00004965.jpg

出発前に、読書家の友人から借りた本も持ってきて準備万端!
結局3冊しか読めなかったけど(それも薄いのばっか)




続きます。




<関連記事>

バリ島旅行 2017年8月① ガルーダインドネシア航空 ビジネスクラス搭乗記 GA881便

バリ島旅行 2017年8月② セントレジス・バリ到着&ケンタッキー

バリ島旅行 2017年8月③ 2日目 ボネカで朝食

バリ島旅行 2017年8月④ 2日目 のんびりDAY "youtube VS 私"

バリ島旅行 2017年8月⑤ 2日目 キングコールバーでアフタヌーンティー
&バリ・コレクションでショッピング&夜のビーチ


バリ島旅行 2017年8月⑥ 3日目 ウブド市場&モンキーフォレスト

バリ島旅行 2017年8月⑦ 3日目 Kayuputi(カユプティ)でディナー

バリ島旅行 2017年8月⑧ 4日目 セントレジス・バリ最終日

バリ島旅行 2017年8月⑨ 帰国日プラン タマンアユン寺院&タナロット寺院

バリ島旅行 2017年8月⑩ ガルーダインドネシア航空 ビジネスクラス搭乗記 GA880便




07:45  |  セントレジス・バリ リゾート  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.08.22 (Tue)

バリ島旅行 2017年8月② セントレジス・バリ ラグーンヴィラ2ベッドルーム宿泊記

今回宿泊したのは、セントレジス・バリ

言わずと知れたスターウッドホテル&リゾート傘下のホテルで、グループ内最上位のブランドホテルです。
一つの国に対して、一つしかホテルを持たないというこだわりで、日本では大阪にしかありません。(宿泊記はコチラ
グループ内にはシェラトンやウェスティンといった聞き慣れたホテルもあります。

お部屋タイプは3種
”セントレジス・スイート” ”ヴィラ” ”グランドアスタープレジデンシャルスイート”
我々はヴィラに宿泊。

ヴィラも3種類あって
”ガーデンヴィラ” ”ラグーンヴィラ” ”ストランドヴィラ”
ヴィラにはすべてのお部屋にプライベートプールがついています。

ラグーンヴィラはホテルのプールにも直結していて、ストランドヴィラはビーチに面しています。
1ベッドルームもあれば、2ベッドルームもあり、
私たちは ”ラグーンヴィラ 2ベッドルーム” というカテゴリーのお部屋に宿泊しました。

大丈夫ですか?みなさん付いてこれてます?

img1534.jpg
(HPより拝借)

写真を見た方が分かりやすいですね。

これが一部屋分で、右にカバナ(東屋)があって、その手前がプライベートプール
一番手前のプールがホテルのプールで、185mもあるそうです。
プールの水は海水を引いているんだそうです。
お部屋から直接アクセスできるんですよ。


IMG_1535.jpg

さらにホテルの平面図で詳しくご説明。

滞在中にGoogleマップをスクショで保存したんですが、
お部屋はプールの真ん中辺りにありました。

プールを囲んで並んでいるのが”ラグーンヴィラ”
ビーチ沿いにあるのが”ストランドヴィラ”ですね。

大丈夫ですか?まだついてこれてますか?

インドネシア政府が全力で観光客の治安を守っていることもあり、ホテルのセキュリティも厳重です。
毎回、ホテルのゲートを通るたびに車内をチェックされますし、
入口には空港並みに、X線での手荷物検査や身体検査があります。

ビーチも、他者が入ってこられないように夜間も警備員が常駐しているし(3人はいると思う)
ライトが煌々とビーチを照らしているので、侵入者はすぐに見つかってしまいそうです。
おかげで、プールから部屋に直接アクセスできる環境でも、安心して滞在することができます。


blog00004933.jpg

写真はフロントから部屋へ行く際のものです。
今回はJTBから申し込みましたが、特典がたくさんあったので記載しておきます。

・空港⇔ホテル間は、往復直行送迎
・毎朝食付き(これがすごかった!)
・アフタヌーンティ1回利用可
・チェックアウト通常12時のところ、早期予約特典でチェックアウト17時

セントレジスはバトラーサービスが秀逸らしく、コーヒー1杯でも電話をすると駆けつけて淹れてくれるそうですが、
そういったお願いは一度もしませんでした。

だって無理ですよ、日本人の感覚的に…。
電話してお願いしているうちに自分でできちゃうし、なんだか申し訳ないよ。
よだれが垂れても拭かない旅行にするつもりだけど、これくらいはちゃんと拭いてやりますよ。

なので、唯一のわがままは「氷持ってきて」ってお願いしたくらい。
某居酒屋よろしく「喜んで!」とは言われなかったけど、5分で持ってきてくれた時は痺れたわぁ。


blog00005003.jpg

お部屋は819号室


blog00004939.jpg

空港に到着したのが16時半、そこからイミグレと荷物受け取りに時間がかかり、
直行車でホテルへ向かったものの、夜の通勤渋滞にハマり1時間。

19時半にやっとお部屋に辿り着きました。


blog00004934.jpg

お部屋の広さは436㎡と、とても広いです。
我が家の4倍以上あるんじゃないかしら。


floor05_l.jpg

初めて知りましたが、広い部屋って歩き疲れるんですね。

我が家だったら、ちょっと手を伸ばせばいろんなところに手が届いて物が取れるのに、
これだけ広いと何をするのにも歩いて移動しなきゃいけない。

トイレだって3か所もあるのに、たくさん歩かなきゃいけないから躊躇しちゃいますよ。

「もう一つなにか用事が出来た時、ついでにすればいっかー」 て。


blog00004940.jpg

テレビもリビングと各ベッドルームの3台あって、NHKの国際版がch7で受信できました。


blog00004941.jpg

主寝室です。

”みんな憧れの天蓋付きベッド”

というのがウリだったようですが、使ってみたところ、私には閉塞感しか感じられず…。
私はどこかこう…女子っぽい感覚を道端にでも落としてきてしまったのでしょうか。

どなたか私の女子力を見かけた方、拾っておいてください。


blog00004943.jpg

主寝室奥にあるバスルームです。

バリ島の水道水は飲めません。
なので、いろんなところにミネラルウォーターが置いてあるんですが、ここにもありました。

「もしかして歯磨きも水道水NG?」と思い、最初は使っていたんですが、
最後は面倒になって水道水で口をゆすいでいました。
下痢はしませんでした。

扉の奥はトイレです。


blog00004944.jpg

すごく大きなバスタブで、お湯を張るのに30分くらいかかります。
テレビもあるので、お風呂でのんびりもできます。


blog00004946.jpg

シャワールームも無駄に広い。


blog00004945.jpg

アメニティです。

基礎化粧品の類だけありませんでした。
マウスウォッシュは超辛口で、普段の勢いで口に含んだらあまりにも強刺激で「ボヘッ!」と吐き出す始末。
誰かこのブログを読んでセントレジスに行く人がいたら、同じように勢いよく口に含んでほしいなぁ。
絶対に「ボヘッ!」ってなるから。


blog00004948.jpg

クローゼットも広いです。

帽子と籠バッグが置いてありますが、これは持ち帰りOKなんだそうです。
バトラーがドヤ顔で説明してくれたので、かなりの人気商品と思われます。

でも我が家は全員頭が大きいので、こういう帽子は入らないんだな。

籠バッグも最初は「素敵ー♪」なんて喜んだ割には存在をすぐに忘れ、
ビーチに行くときには、部屋にあるビニールのランドリーバックに持ち物を入れて持ち運ぶワタクシ。

皆さんが籠バッグをおしゃれに使っているのを見て「そーか、こういう時に使うのか」と感心しきり。

誰か、ホントに私の女子力知りません…?


blog00004947.jpg

写真を撮ったときは美しいですが、ここもすぐに荷物で一杯になります。
汚れる前に撮っておいてよかった。


blog00004949.jpg

これはリビングにあるトイレです。

入口から撮ってますが、便座まで遠いですよね。これじゃ5歩は歩きますよ。
家のトイレだったら一歩入れば便座に座れるのに。


blog00004954.jpg

こちらは二つ目の寝室。
子どもたちだけで使わせるなんて、贅沢すぎる作りです。


blog00004951.jpg

この部屋にもバスルームがあるんです。


blog00004952.jpg


blog00004953.jpg

マスタールームに比べたら狭いですけど、最初にこっちを見ていたらきっと「広っ!」って言ったと思う。


blog00004935.jpg

こちらはキッチンですが、バトラー用キッチンと呼ばれているそうです。


blog00004957.jpg

それというのも、各客室にはバトラールームがあり、
契約すれば24時間ここでバトラーが待機してくれるそうです。
そういう部屋があることは聞いていたけど、実際に見つけたときは家族全員震え上がりました!

バトラーサービスが有料だということは分かりましたが、値段は分かりません。
怖いので調べません。

部屋はエアコン・トイレ完備。
このトイレも入れたら、部屋には4つトイレがあることになります。
怖い…怖すぎるぞ、セントレジス。


blog00004936.jpg

冷蔵庫は有料。
あ…なんかホッとする。


blog00005005.jpg

お部屋からプール方向…ですが、暗いのでよくわかりませんね。
明日以降の写真にご期待ください。


blog00005006.jpg

プールからお部屋方向です。
テーブルに座っているオバちゃんが私です、こんにちは。


blog00005004.jpg

相方が手持ちで撮影。
南半球なので南十字星が見えるかと思ったけど、よくわかりませんでした。



夕食はルームサービスにする予定だったんですが、
”友達がバリ島でケンタッキーを食べたら、超ウマかったらしい”と長男が言うので、
タクシーでケンタまで行ってきました。

ホテルまで送ってくれたJTB職員にタクシー事情を聞いたら
「流しのタクシーは捕まらないから、ケンタに行くならドライブスルーにして、ホテルまで送ってもらってください。
っていうか、ケンタ?バリまで来てケンタ?えぇっ??」と半笑いされましたが、
おいしいもの情報には目がないんだから仕方ない。

買い出し班は私と長男の二人。
ホテルの入り口でタクシーを呼んでもらい、
とても陽気なオジサマが運転するタクシーに乗り込み、「ケンタまで」と告げます。
「ケンタよりマックの方がおいしいよ。本当にケンタでいいの?」と聞かれますが「ケンタで」と答えます。

しばらく走ると「マックだっけ?」と陽気に聞かれ「ケンタです」と答えます。

またしばらく走ると「マックだっけ?」と陽気に聞かれ「ケンタです」と答えます。

またしばらく走ると「マックだっけ?」と陽気に聞かれ「ケンタです」と答えます。

どうしてもマックを食べさせたいんだな、と思ったけど、その後も繰り返される「マックだっけ?」攻撃に
すべて「ケンタです」と答え、10分くらいで到着。


IMG_5610.jpg

ドライブスルーじゃなかったんですが「ダイジョブダイジョブ、マッテルヨ~」と、どこまでも陽気なオジサマ。
このオジサマだけに限らず、バリ島の人はとてもおおらかな人が多いと思います。


FullSizeRender.jpg

おおらかな人が多いだけに注文の列もなかなか進まず、20分くらい待ってやっと品物をゲット。
タクシーのオジサマは、駐車場で友達を見つけたのか、陽気に語らいつつ待っていてくれました。

帰りのタクシーでは、さすがに「マックだっけ?」攻撃は終わってたけど、
「コンビニでビールを買いたい」と言ったら「ビンタンビールがおいしいよ」攻撃が始まり「ビンタン」「ビンタン」言います。

「ビンタンのスペルを教えて」と言っても「ビンタンビンタン。ビンタンビールおいしいねぇ」と陽気過ぎてラチがあかず。

うん、まぁいいよ。コンビニ行けば分かるでしょ。
実際分かったし、買えたし。

「ホテルに帰る?もうどこも寄らなくていい?」と聞かれ、今度は「どこか寄る?」攻撃が始まるかと思ったけど、
コンビニとホテルが目と鼻の先だったので、すぐに到着。

今思えば、本当に面白いオジサマでした。


blog00004960.jpg

買ってきたケンタを、さっそくカバナでいただきます。

わざわざタクシーに乗って買ってきたんですから、味への期待も膨らみますが、
期待を裏切る勢いで、日本とまったく同じ味でした。

すごい企業努力です。
日本で食べるケンタとバリで食べるケンタが、まったく同じ味なんですから!
いや、褒めてますよ、本当に心から。

長男が、ケンタを勧めてくれた友達に何てLINEをしたかが、お母さんはとっても気になるけれども。



カバナは屋外にありますが、バリ島は現在乾季。
オーストラリアからの涼しい風が流れ込むようで、朝晩はとても過ごしやすい気温になります。

昼間もほとんど汗をかかないので、いつでも快適に過ごせます。


blog00004961.jpg

ビンタンビールは後日いただくとして、まずは成田の免税店で購入したシャンパンを飲みます。
インドネシアは一人1リットルまで免税範囲と聞いた相方。

「子どもの分も含めて4本買える!」

と興奮してましたけど、お酒なんだから子どもは免税適応外よね。
近所のスーパーの卵セールじゃないんだからね。
時々、天然なこと言うよね。


blog00004938.jpg

ウェルカムフルーツもありましたよ。
翌日にはここにバナナが増えていました。


blog00004958.jpg

そういえばタクシーを降りた時、長男が
「ドライバーさんが母子に見えなかったって言ってたよ。お母さん35歳に見えたって(実際は46歳)」
って教えてくれたけど、それって私が若いツバメを連れてバリに来たように見えたってこと?
ふふん。私もまだまだ捨てたもんじゃないわね。
次回はケンタじゃなく、おススメのマックに行ってみますかね。ヾ(  ̄▽)ゞオホホホホホ




続きます。





<関連記事>

バリ島旅行 2017年8月① ガルーダインドネシア航空 ビジネスクラス搭乗記 GA881便

バリ島旅行 2017年8月② セントレジス・バリ到着&ケンタッキー

バリ島旅行 2017年8月③ 2日目 ボネカで朝食

バリ島旅行 2017年8月④ 2日目 のんびりDAY "youtube VS 私"

バリ島旅行 2017年8月⑤ 2日目 キングコールバーでアフタヌーンティー
&バリ・コレクションでショッピング&夜のビーチ


バリ島旅行 2017年8月⑥ 3日目 ウブド市場&モンキーフォレスト

バリ島旅行 2017年8月⑦ 3日目 Kayuputi(カユプティ)でディナー

バリ島旅行 2017年8月⑧ 4日目 セントレジス・バリ最終日

バリ島旅行 2017年8月⑨ 帰国日プラン タマンアユン寺院&タナロット寺院

バリ島旅行 2017年8月⑩ ガルーダインドネシア航空 ビジネスクラス搭乗記 GA880便







tag : セントレジス・バリ 宿泊記 ブログ ヴィラ 2ベッドルーム

07:57  |  セントレジス・バリ リゾート  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT>>