FC2ブログ
2017-07- / 06-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>08-

2017.07.30 (Sun)

シャングリ・ラ ホテル東京 ホライゾンクラブ② ラウンジ編

シャングリ・ラ ホテル37階にあるホライゾンクラブの利用記録です。
詳細はHPをご覧いただくと良いと思いますが、営業時間は7時~22時となっています。
以下、関連記事もご参照ください。


<関連記事>

シャングリ・ラ ホテル東京 ホライゾンクラブ① お部屋編
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-480.html
2013年8月宿泊記 (ホライゾンクラブプレミア、ラウンジ、スパ)
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-132.html


blog00004704.jpg

クラブラウンジでは、朝食、アフタヌーンティ、イヴニングカクテルタイムとあり、
その気になれば全食こちらで済んでしまいます。(私たちもそうした!)
時間の詳細は以下の通り。

朝食 
 ホライゾンクラブラウンジ 7:00~10:30
 ピャチェーレ 28階 7:00~10:30
 ザ・ロビーラウンジ 28階 6:30~10:00
オールディティータイム 10:30~22:00
アフタヌーンティ 14:30~16:30
イヴニングカクテルタイム 17:30~20:00

ホライゾンクラブ以上のカテゴリー宿泊者は、28階のフロントを通過して直接37階へアクセスすると、
こちらでチェックイン、アウトの手続きができます。
座って手続きできる上に、さっそく飲み物のリクエストも聞かれるのでテンション上がります。

写真は大人気のメロンジュース。
これ、おいしいですよ~。
相方は滞在中5杯も飲んでました。
最後はさすがに飽きたのか、グレープフルーツジュースを飲んでましたけどね。


blog00004703.jpg

チェックインは15時ですので、到着していきなりアフタヌーンティをいただけますが、
まずはお部屋に入りたかったので、軽くつまむ程度をいただきます。


blog00004735.jpg

カウンターはとってもオシャレ。
フォトジェニックな物がいっぱい。


blog00004737.jpg

blog00004738.jpg

blog00004739.jpg

blog00004740.jpg

blog00004741.jpg

blog00004736.jpg

アフタヌーンティをお願いすると、こんな感じ。
見た目は寂しいけど、カウンターにはオシャレでおいしいものがたくさんあるので全然問題なし。

今回のホテルステイはとことん読書を楽しもうと、本を2冊持参。
ドリンクは無くなったら聞きに来てくれるし、つまむものはたくさんあるし、よーし読むぞー!
と最初は良かったものの、街が暮れなずんでくるとラウンジも暗くなるわけで、
暗くなったからといってライティングが明るくなるわけでもなくて、
そうなると手元が見えづらくなるわけで…。

ワォ!アイム ア ローガン!
手元がかすんで文字が見えないー!
あぁもう!中年なんか嫌いだー!!


blog00004742.jpg

17:30になり、イヴニングカクテルタイムが始まりました。
どこからともなく宿泊者がわらわらとやってきて、やいやいとカウンターを囲んでいきます。


blog00004743.jpg

ホットメニューは写真のお肉と、魚もありました。


blog00004744.jpg

パンも数種類あるし、ここで十分事は足ります。


blog00004745.jpg


blog00004748.jpg

野菜スティックいかがですか?
と声をかけていただいたので、もちろんいただきます。


blog00004749.jpg

スープも前菜もメインもデザートもあるし、景色は良いし、雰囲気も良いので、
とても居心地は良いです。

文庫本はさっさと諦めてiPadの電子書籍に切り替えましたから、読書も問題なし。
2時間弱くらいいたかしら。


blog00004746.jpg

アルコールもフリーなんですよ。


blog00004750.jpg

さて、ここからは朝食の写真になりますが、朝食は感動的なおいしさでした。

前回の宿泊時はラウンジで朝食をいただいたので、
今回は28階のピャチェーレに行こうと思ったのですが、あいにくの満席。(平日朝8時半)
ラウンジの利用を勧められ、仕方なく撤退。
ピャチェージはペストリーの種類が多くて楽しそうでしたので、次回はぜひ行ってみたいと思います!

でもラウンジは驚くほど静かでしたので、これはこれで良いのかも。


blog00004751.jpg

カウンターも朝食仕様です。


blog00004757.jpg

チーズはシェーブル(山羊)です。
このハムも、とってもおいしかった!


blog00004752.jpg

こちらもちゃんとペストリーは揃っています。


blog00004753.jpg

blog00004754.jpg

blog00004755.jpg

席に座るとメニューを渡されるんですが、メインメニューはこちらから選べるようです。
卵料理、パンケーキ等あり、好きなものを好きなだけ注文できるそうです。

私はエッグベネディクトをオーダー。


blog00004756.jpg

相方もエッグベネディクトですが、ん?キャビアが乗ってるぞ!


blog00004758.jpg

そして、リコッタパンケーキ。
これがとってもおいしくて、某パンケーキ屋さんに全然負けていない味でした。
というか、勝ってるかも!


blog00004759.jpg

こちらはマンゴーのパンケーキ
マンゴーの甘みとサワークリームの酸味が相性ピッタリ!

メインメニューが食べ放題だなんて、ピャチャーレも同じなのかしら?
と思ったら、スタンダードルーム宿泊者は一品だけですが、ホライゾンクラブ宿泊者は
ピャチャーレでも好きなだけオーダーできるようです。

エッグベネディクトとパンケーキで、お腹が一杯になっちゃいますが、
これは食べるべき一品だと思います!


blog00004760.jpg

ヨーグルトも飲むタイプと固形タイプがあって、どちらもおいしい。
”オーガニック”食品も多く並んでいるので、体にも良い。
ホテルのクラブラウンジとしては、とてもクオリティが高い印象を受けました。
宿泊すると高いんですけどね、またいつか行きたいな。


チェックアウトは12時なので、この後はスパで泳いできました。
平日の昼間に泳ぐ女性は私くらいだったようで、更衣室独占。
ジャグジーもサウナも何もかも設備独占。わはは。

スパの写真は過去記事にありますので、コチラをご参照ください。

感想を抜粋すると…
・ウェアも水着もすべてレンタル可能なので、手ぶらで行けます。
・タオル類や水分(レモン水やペットボトル)も至る所に置いてあります。
・基礎化粧品(クレンジング含む)もあります。
・なんなら、歯ブラシもあります。
・前回はゴーグルだけレンタルがなかったのですが、今回はゴーグルもありました。
・プールは20mくらい。
・塩素は私が行くスポーツジムのプールより、うんと薄いです。
・マシーンはランニングが3台くらい、筋トレ系もありました。


シャングリ・ラのホテルステイはとても良かったです。
一休でまた、なんちゃら特別プランやらないかしら。




<関連記事>

シャングリ・ラ ホテル東京 ホライゾンクラブ① お部屋編
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-480.html
2013年8月宿泊記 (ホライゾンクラブプレミア、ラウンジ、スパ)
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-132.html





ブログランキング挑戦中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします!


スポンサーサイト



15:39  |  東京・シャングリ・ラ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.07.30 (Sun)

シャングリ・ラ ホテル東京 ホライゾンクラブ① お部屋編

シャングリ・ラ ホテル東京へ再訪です。

前回は4年前に宿泊したのですが(その時の記事はコチラ→2013年8月宿泊記
クラブラウンジやスパなどのクオリティが高く、もう一度行きたいと思っていたところ、
一休.comの特別プランが24時間限定で売りに出され、飛びついた次第。

でもどんな特別プランだったのかは中年の記憶力のアレで思い出せず。
早期予約割引な感じで安かった…ような…気がする。


blog00004705.jpg

客室のカテゴリーは、スタンダード、ホライゾンクラブ、スイートと3種類
ホライゾンクラブからクラブラウンジが利用できます。
クラブラウンジについての詳細は、HPへどうぞ。


blog00004706.jpg

ホライゾンクラブラウンジは37階にあるんですが、今回は37階のお部屋に宿泊。
おかげでラウンジに行くのがラクちん。
数えてないけど、たぶんイメージ的に徒歩30歩くらい。


blog00004716.jpg

おまけに、インペリアルガーデンビューへグレードアップしてくださいました。
ありがとうございました。

真下には東京駅が見えますが、各種新幹線がよーく見えるので小さなお子様は喜ぶかも。


blog00004707.jpg


blog00004708.jpg


blog00004709.jpg


blog00004711.jpg

自己主張の強い水


blog00004712.jpg

冷蔵庫は有料ですが、ラウンジがあるのでほとんど必要なし。


blog00004713.jpg


blog00004714.jpg


blog00004715.jpg


blog00004717.jpg


blog00004718.jpg

シャングリ・ラ オリジナルポーチが置いてありますが…


blog00004719.jpg

中には、こんな身悶えるようなグッズが!


blog00004720.jpg

洗面所にはテレビもあります。
下には、こちらも存在感強めで”水”があります。


blog00004721.jpg


blog00004722.jpg

レインシャワー


blog00004723.jpg

アメニティはブルガリ
洗面所にもバスルームにも置いてあって、サービス満点。


blog00004733.jpg


blog00004734.jpg

測ってみる?
…と言わんばかりに挑戦的な感じで置いてある体重計。


blog00004724.jpg

オリジナルのパジャマ


blog00004725.jpg

浴衣もありました。


blog00004726.jpg

シューキーパーが2個も。
靴磨きサービスもありますが、電話をして取りに来てもらって時間を指定して受け取って…。
という手続きが面倒なので今回はパス。


blog00004727.jpg

クローゼットはすでに荷物が入っていますが、注目していただきたいのはヨガマットがあるところ。
「一緒にやろうよー」と相方を一生懸命誘いましたが全力で無視されたので使わず。


blog00004728.jpg


blog00004729.jpg


blog00004730.jpg

デスクの横には各種端末があり、


blog00004731.jpg

ケーブルも準備されていました。


blog00004732.jpg

文房具もあるよ。


blog00004762.jpg

ターンダウンはチェックイン時に都合の良い時間を聞かれます。
このチョコおいしかったなぁ。


blog00004763.jpg

これはチェックイン時にいただいたぬいぐるみ。
我が家のワンコのおもちゃになること間違いなし。

続きます。




<関連記事>

シャングリ・ラ ホテル東京 ホライゾンクラブ② ラウンジ編
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-481.html
2013年8月宿泊記 (ホライゾンクラブプレミア、ラウンジ、スパ)
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-132.html




シャングリ・ラとは関係ないんですが、今回も一休を利用したのでちょっと雑談を。

一休.comはちゃんとチェックしていると面白くて、
先ほどは、1万、2万、3万オフチケットがそれぞれ100枚限定で配布されていました。
宿泊できる施設は金額によって違うんですが、3万円オフとか超すごくないですか?

狙っていた宿があったのに、お昼の12時申し込みスタートが、12:02にはすべて完売。
出遅れた感は全然なかったのに、この敗北感はハンパないっす。




ブログランキング挑戦中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします!



15:39  |  東京・シャングリ・ラ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.07.30 (Sun)

加賀生麩割烹 神楽坂前田 芳春庵

大手町駅に直結している日本生命丸の内ガーデンタワー2階にある割烹料理屋さんへ行ってきました。

blog00004692.jpg

以前、相方が利用したことがあるんですが「あんまりおいしくなかったんだよね」と。
でもおしゃべりしながら食べていたからかもしれない!もう一回行って確認してみたい!と。

ワケワカンネー。

と思いましたが、仕方ないので付き合ってあげました。


blog00004693.jpg

予約は今回も一休から。

お昼のおすすめ懐石 旬の食材と手作り料理でおもてなす、料理長こだわりの懐石料理 ~和倉~

と銘打たれたコースをいただきます。
まずは先付けです。

普通においしいじゃない。これのどこがおいしくなかったと?

まぁ私もおしゃべりしながら食べていると味が分からなくなることが多々あるので、言いたいことは分かるケド。


blog00004694.jpg

お椀


blog00004695.jpg

お造り


blog00004696.jpg

凌ぎは生麩でした。


blog00004698.jpg

焼物


blog00004699.jpg

治部煮
金沢の郷土料理です。


blog00004700.jpg

酢物


blog00004701.jpg

食事、赤出汁、香物


blog00004702.jpg

デザート



個室利用でしたが、料理が運ばれるテンポもよく、室温も細かく調整してくださって至れり尽くせりでした。
場所柄接待で利用される方が多いんでしょうね。






15:36  |  東京・神楽坂前田 芳春庵  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.07.26 (Wed)

ブション・アミュゼ 2017年7月

あーやばいやばい。
すんごいおいしい、どうしよう。

…というわけで、ブション・アミュゼ2回目の訪問です。
味覚は人によって大きく変わりますし、三ツ星獲得してたって万人がおいしく感じるわけじゃない事は分かっていますが、
今回のブション・アミュゼは私にとってストライクど真ん中でした。(どストライクってやつね)

予約は今回も一休.comからで、シャンパン付コース5,400円です。


IMG_5500.jpg

まずコーンスープで心を鷲掴みにされます。
とにかく甘い。


IMG_5501.jpg

天使の海老と椎茸のフリカッセ、加茂茄子です。
うーん、おいしい。
茄子ってこんなに甘かったのね。
添えてある新生姜がいいアクセントになって、本当においしい。


IMG_5502.jpg

アンガス牛の藁焼きです。(写真は2人分)
しっかりスモークされていて香りも良いのですが、マスタードがこれまた秀逸。


IMG_5503.jpg

フォアグラのSTAUB御飯
もうこれは、行ったら絶対に食べなきゃいけない一品です。


IMG_5504.jpg

最後のデザートまで期待を裏切らないおいしさ!
もー超おいしかったー!

甘い、うまい、おいしいばかりの連呼で、ボキャブラリーのなさには今更ながらビックリですが、
どストライクだったゆえ、許してくださいませ。





12:35  |  東京・青山ブション アミュゼ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.07.25 (Tue)

中華 wakiya-笑美茶樓

赤坂にある中華へ行ってきました。

blog00004668.jpg

こちらのシェフはメディア露出も多いそうで、過去にはアイアンシェフの経験もあったそう。
相方が「えー、お前知らないの?超有名人なのに(・m・ )クスッ」と言うけど、
自分も調べるまでは知らなかったって顔に書いてあるので、たいして悔しくないです。

ただ、メディア露出が多いと”俺の世界観”を押し付けてくるシェフもいるので(当社比)
そうじゃなければいいなぁ…と行ってきましたが、結果、とてもおいしいお店でした。

まぁ、お値段設定も、個室利用でワンドリンク付きの一休プラン15,000円くらい。
ランチでこれくらい取るお店は、あんまり外れないですね。(再び当社比)


blog00004669.jpg

ワンドリンクは私だけビール。
車で行かなきゃ2人で飲めるのに、この暑さじゃ外を歩く気にもならず、つい車で行ってしまいます。
中年夫婦の悪い癖です。汗くらいかけっつーの。


blog00004670.jpg

さっそくオードブルが運ばれてきました。

わー!これ超ウマい!
何食べてもおいしいです。
もっとしっかり写真撮ってくれば良かったー!


blog00004671.jpg

点心二種盛り合わせ。海鮮シュウマイと海老蒸し餃子
味が付いているのでこのままいただきますが、これもおいしかった!


blog00004672.jpg

オマール海老と手羽先の海老味噌風味 ヒーヒーアーヒー

と言うネーミングらしいです。
赤いモノは唐辛子なので食べられません。


blog00004673.jpg

盛り付けると一人分でこんな感じ。
フィンガーボウルもあるので、指で掴んでガジガジいただきます。
見た目ほど辛くなくておいしいですよ。


blog00004674.jpg

極上フカヒレの上海風煮込み(ハーフサイズ) 炊き立てごはんと。


blog00004675.jpg

炊き立てごはんと…ということですので、ご飯も一緒に来ます。

半分くらいフカヒレのままいただいて、途中でご飯を混ぜながら食べますが、この食べ方いいわ~♪
またどこかでやりたい。


blog00004676.jpg

お食事は三種類からいただけます。

冷やし麺、明太子ご飯、担々麺から選べるそうですが、全種類お願いしても良いそうです。
私は冷やし麺をお願いしましたが、


blog00004677.jpg

相方は冷やし麺と明太子ご飯を食べてましたよ。

さっきフカヒレでご飯を食べたのに、またお米をチョイスするセンスのなさ。(* ̄m ̄)プッ
でも、どちらも小盛なのでペロッといただけます。


blog00004678.jpg

デザート盛り合わせ


blog00004679.jpg

全体的な印象は、お値段もお値段だし、まぁおいしいよね。
といった感じですが、最初の前菜でハートを掴まれました。
あれだけ食べに、また伺いたいくらいです。

インパクトのあるお店は強い。
そう思いました。






10:13  |  東京・wakiya-笑美茶樓  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.07.20 (Thu)

銀座 木村屋  3階洋食グリル

東京生まれの東京育ちなので、銀座は行き慣れているし、木村屋ももちろん行きますが、
上階にレストランがあるとは知りませんでした。
それもこんな、銀座のど真ん中に。

blog00004691.jpg

銀座でランチをしようと検索したら木村屋がヒットして、

はぁ?木村屋?
木村屋はパン屋さんでしょ? ┐(´-`)┌

と半信半疑で促されるままホームページを見たら、
2階が喫茶で、3階が洋食グリル、4階にフレンチレストランって書いてあるじゃありませんか!
しかも”パン食べ放題”とも書いてある!

木村屋でパン食べほー? これは行かねば!
と行ってきた次第。


blog00004689.jpg

私は人気商品だという、ペアプレート1,950円を注文しましたが、待ち時間3分弱。
ハンバーグって3分では焼けないよね。まぁいいけどさ。


img--grillVisual01.jpg

画像はHPからお借りしましたが、パンはバケッドに入ったものを持って店員さんがウロウロしています。
パンはさすがに何を食べてもおいしいです。でも、あんぱんはないらしい。


blog00004690.jpg

ラザニアは、ちゃんと注文が入ってから作るのか、10分くらい待ちました。
うん。これが普通だよね。



ハンバーグは味もイマイチでしたが、減点ポイントはこれだけで、ビーフシチューはおいしかったです。
窓際に座れたら景色も良いし、パン食べ放題なのも高ポイント。
サービスも良かったです。

2階の喫茶も雰囲気が良さそうなので、次回行ってみたいと思います。




16:32  |  東京・銀座 木村屋  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.07.19 (Wed)

寿司 濱芝  ザ・プリンス パークタワー東京

ザ・プリンス パークタワー東京内にある、お寿司屋さんへ行ってきました。
急遽、お寿司屋さんを探すことになり、一休レストランで検索していたところ、

18,000円を1万円! 44%オフ!
1ドリンクも付きますよ、トロも雲丹もいくらも付きますよ。

と、もはや一休じゃなきゃ行きたくないくらいなコースを発見。


blog00004681.jpg

1ドリンクはグラスシャンパン、生ビール、グラスワイン、梅酒、ウーロン茶、コーラ、ジンジャーエール、キリンフリー
から選べるようです。

写真は小鉢三種盛りでお酒のつまみにピッタリ。

なんですが、お味はいたって普通…。
やっちまった感が相方との間に漂い始めます。(お店を最終的に決定したのはワタクシ)


blog00004682.jpg

お造り四種盛り合わせ。
ふ…フツーだ。( ̄ー ̄;


blog00004683.jpg

本日の焼き魚

多分、むつだと思いますが、これはおいしかった。
皮まで全部食べてしまった。


blog00004684.jpg

本日の鉢物

冬瓜がいいお味に炊けていました。
やっちまった感が、少し薄れてホッとするワタクシ。


blog00004685.jpg

にぎり寿司 八貫

ここでやっちまった感MAX!
「近所の回転寿司の方がおいしいね」とつい本音がでてしまった。

まぁ、多くは語るまい。


blog00004686.jpg

お味噌汁の写真は撮り忘れですが、このデザートで終了です。
色味がオレンジだらけですが、アレルギーに対応してもらっただけなので、これはこれで問題なし。


blog00004687.jpg

ホテルの遊歩道を歩きながら、
駆け込みでも問題ない、いい感じのお寿司屋さんを探しておかなければ!
と心に誓う40代夫婦でした。



09:04  |  東京・寿司 濱芝  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.07.17 (Mon)

銀座 小熊  2017年6月

小熊さん、3回目の訪問です。

blog00004657.jpg

最近はすっかり内蔵も年齢を重ね、洋食よりも和食の方がありがたくなるわ、和牛は食べられなくなるわ、
牛よりも鶏の方がおいしく感じるようになったとか、そりゃもう否が応でも加齢を感じるわけなので、
食べ歩きも和食をチョイスする頻度が増えてまいりました。
(家では納豆ご飯が一番の好物)


blog00004658.jpg

それに和食って、すごく季節を感じる気がするんですよね。
食材もそうですが、盛り付けなんかも。


blog00004659.jpg

プロの盛り付けって、参考になるようなならないような感じで、ワタクシの一枚も二枚も上をいっていますが
料理って目で楽しむことも大事なんだなぁ。
っていつも思います。


blog00004660.jpg

その点、小熊さんは仕事が丁寧ですし、所作も美しいし、本当に見ていて飽きない。


blog00004661.jpg

人柄も良いし、料理が本当に好きなんだなって思えるほど食材に対する知識は豊富で
知的探求心も強い方だと思います。


blog00004662.jpg

今回の記事は、何故こんなに雑談が多いかと申しますと…


blog00004663.jpg

メニュー表がなく、何を食べたのか自分でも覚えていないから!!
(あ、あれは茄子だな)


blog00004664.jpg

毎回毎回お料理の説明をしてくれているのに、何一つ覚えていないなんて本当に失礼な話です。


blog00004665.jpg

でも内蔵だけではなく、頭の方も加齢によるアレなので仕方のない話なんです。


blog00004666.jpg

そんなこんなで、この記事の写真も残すところあと1枚になりました。


blog00004667.jpg

皆様、本日もご清聴ありがとうございました。
またのお越しを、心よりお待ち申し上げております。





小熊さんは本当においしいですよ!
また伺いまーす!(せーいっぱいのフォロー)



10:08  |  東京・銀座 小熊  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.07.15 (Sat)

ガストロノミー・ジョエル・ロブション  2017年7月

恵比寿のシャトーへ行ってきました。

blog00004643.jpg

ロブションは食べ歩きをしている私たちにとっては原点みたいな場所で、
ここで味もサービスもリセットしてから、また新たな世界へ旅立っていくような、そんな存在です。

M氏が不在になってからは初訪問なので、原点回帰できるかどうかは分かりませんが、
せっかくのロブションなので、大いに楽しんでまいりたいと思いますっ!


blog00004644.jpg

オーダーはMENU B 24,000円コースです。
まずはスペシャリテからスタート。
緑の点が一個足りないよ。探してみてね!


blog00004645.jpg

ワインはモンラッシェにハマっている相方の強い希望によるもの。
2013年と若いビンテージですが、さすがにおいしかった。


blog00004646.jpg

鰻とフォアグラ ミルフィーユ仕立てにし、リンゴと大根のサラダを添えて


blog00004647.jpg


blog00004648.jpg

ホタテ貝 紅芯大根と根菜のカルパッチョ、さわやかなレモンの香りで


blog00004649.jpg

ラングスティーヌと帆立貝 ポアレにし、グリーンアスパラガスと共に
マカロニのタンバルに詰め、ホタテのカプチーノとスパイシーなソースコラリーヌ


blog00004650.jpg

奈良県産リーフマウンテンエッグ 中は半熟のままカリッと揚げ、キャビアをのせて


blog00004651.jpg

シャトー・ダルマイヤック 2012


blog00004652.jpg

シャンボール・ミュジニー


blog00004653.jpg

仔羊 3種類の調理法で スパイシーなスムールとアリッサの効いたブイヨンを添えて


blog00004654.jpg

フランス産ピジョン フォアグラと合わせチリメンキャベツとベーコンでバロティーヌにし
小さなラヴィオリの入ったブイヨンを添えて


blog00004655.jpg

チーズはいつも通り、シェーブル三昧


blog00004656.jpg

マンゴー マンダリンとの組み合わせ、ヘーゼルナッツのアイスを添えて




パンワゴンとかデザートワゴンその①その②とかハーブティーワゴンとかたくさん写真撮り忘れですが、
原因は”しゃべり過ぎ”
あの芸術的なワゴンを撮影できなかったとはー!orz


あと食事はおいしかったですけど、やはりM氏の抜けた穴は大きいなぁ。
それはどうしても否めないなぁ。
M氏は世界一ですから仕方ないんだけどね。

でも次世代のM氏がここから生まれることを願って、おねーさんは今後も見守りたいと思います。
最初にロブションは私たちの原点だと言いましたが、いろんな意味での原点になりそうです。
次に伺った時「なーんだ気のせいだった。やっぱり大丈夫だった」と思えるといいな。



10:46  |  ガストロノミー・ジョエル・ロブション  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.07.13 (Thu)

熱海 海峯楼 2017年7月② 食事編


この記事は海峯楼 2017年7月①お部屋・貸し切り風呂編の続きです。

海峯楼は…というか、このグループは、本当にどこでご飯を食べてもおいしいんです。
箱根・翠松園とか、熱海せかいえとか、赤坂・紙音とか。
(他にもたくさんありますが、行ったことはない)

blog00004600.jpg

さらに海峯楼では、ウォーターバルコニーという場所で食事もいただけるんです。


blog00004601.jpg

しかし利用できるのは風科と誠波に宿泊している方限定。
一か所しかないのでこれも申し込みが早い人のみ。
今回はラッキーなことに夕食で取れましたが、朝は取れませんでした。


blog00004613.jpg

さて、そのお楽しみの夕食です。
暮れていく景色を見ながら、おいしい食事をいただきます。


blog00004614.jpg


blog00004615.jpg

前菜
この景色を一緒に見ているのが相方ではなかったらどんなに良いかと心から思う。
でもそれを相方に言ったら「奇遇だね、俺もだよ」と反撃されて不毛なケンカになりそうだから黙ってる。
そしてたぶん、相方も同じことを考えていると思う。


blog00004616.jpg

蛸柔らか煮  南瓜  石川小芋 
叩き陸蓮根  花穂  辛子


blog00004617.jpg

栄螺と金時草の辛子味噌和え


blog00004618.jpg

クレソンと子持ち昆布のお浸し


blog00004619.jpg

夏鴨白和え衣がけ  新丸十  マスカット


blog00004620.jpg

鬼灯釜盛り  海月酢  ザーサイ


blog00004621.jpg

炙り鯖寿司  苦瓜香味揚げ


blog00004622.jpg

無花果カステラ  山桃赤ワイン煮


blog00004623.jpg

山形の名酒 十四代をグラスでいただきました。

酔ってきたので、この際となりにいるのが相方だろうと誰だろうとどうでも良くなってきました。
でも話しもせず黙って食べていても空気がおかしくならないのは、結婚22年の夫婦ならでは、でしょうか。
そう思えば相方が隣にいるのも、そう悪いもんじゃないです。


blog00004624.jpg

御椀

清まし仕立て
玉葱玉子豆腐  鱧葛打ち  青味  ちぎり梅  振り柚子


blog00004625.jpg

御造り

本鮪  あおり烏賊  縞鯵
磯寄席醤油  あしらい彩々


blog00004626.jpg

強肴

水雲素麺鍋  毛蟹ひろうす  独活  縞ささげ  白七味


blog00004627.jpg

進肴

鶏すき  
地鶏  万願寺味噌  加賀茄子  茗荷  新玉葱


blog00004628.jpg

食事

地金目の釜炊き御飯
魚沼産コシヒカリ  夏大根  新生姜  牛蒡


blog00004629.jpg

留椀  赤出汁
香物  浅漬け


blog00004630.jpg

水菓子  トマトみつ煮  ココナッツのババロア  柑橘ジュレ  マンゴーのシャーベット
甘味   枝豆最中


おいしかった!大満足です。
残ったご飯はおにぎりにしていただきましたが、夜食で食べたおにぎりもおいしかった~!


blog00004632.jpg

朝食はダイニングでいただきます。


blog00004637.jpg

和食と洋食から選べますが、私は和食をお願いしました。


blog00004633.jpg


blog00004634.jpg

和食のみならず、洋食にもこのお豆腐が付いていましたが、
「洋食にお豆腐なんて、よっぽど食べてもらいたい自信作なんだよ」
なーんて話しながら食べたら本当においしいお豆腐!
やられました。


blog00004635.jpg


blog00004636.jpg


blog00004638.jpg


blog00004639.jpg


blog00004640.jpg


blog00004641.jpg

スイカは、この淡雪塩でいただきました。
カハラの淡雪塩と言って、二つ星をとってる名店の塩だとか。


blog00004642.jpg

最後はハーブティで。




熱海には他に”ふふ”とか”せかいえ”とか
新しくオープンした”海森風UMITOMORITOKAZE”が同グループでありますが、
海峯楼に来て正解でした。


海森風なんて、最初全然名前が覚えられなくて、
「山と森と海だっけ?あれ?風もあったっけ? 一回で覚えられないなんてネーミング失敗だよねー」
なんて悪口もたくさん言ったけど、海森風って、めちゃめちゃ高いんですよ。
一泊40万オーバーだったかな? それも食事別(たしか)

”高いから、海森風には宿泊できないんじゃね?”とか思われたら心外ですけどねー。
大きく外れてもいないけどー。(≡^∇^≡)ニャハハ





15:27  |  熱海・海峯楼  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT>>