FC2ブログ
2017-04- / 03-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>05-

2017.04.30 (Sun)

出雲大社

出雲大社へ初参拝です。

blog00004147.jpg

私のような者が出雲大社を語るのもおこがましいので語りませんが、
毎年通っている伊勢神宮とはまた違った空気が流れているような気がします。
気のせいですね、そうですね。


blog00004148.jpg

ガイドブックに載っている通りに参拝することにします。


blog00004149.jpg

松の参道

通行止めになっていましたが、参道の真ん中は神様の通り道と言われるのでそうしているのかと思ったら、
樹齢数百年の松の根の保護のために通行止めなんだそうです。


blog00004150.jpg

ムスビの御神像
大国主命(オオクニヌシノミコト)と同じポーズで拝んでいる参拝者がいましたが、
私はそこまで勇気が出ませんでした…。


blog00004151.jpg

銅の鳥居は1666年に毛利家から寄進されたそうです。
そっか、この辺は毛利家よね。
日本神話を含め、様々な時代の歴史を感じることができます。


blog00004152.jpg

拝殿で、まずはご挨拶。
こちらは二礼二拍手一礼ではなく、二礼四拍手一礼での拝礼が正式。


blog00004153.jpg

ご本殿でもご挨拶します。

この後おみくじを引きましたが、出雲大社のおみじくは大吉などの表記はなくて番号だけでした。
でも一番おみくじだったのは、なにげに嬉しい。
病気も「なおる」と書いてあって、そりゃギックリ腰ですから治るでしょうよ。と思いつつも、
神様からの言葉をありがたく受け取って帰ってきました。


blog00004154.jpg

東十九社

10月の神在月に八百万の神様の宿泊所になるというところ。


blog00004155.jpg

ご本殿の真裏にある、素鵞社(そがのやしろ)には、ヤマタノオロチ伝説のスサノオノミコトがお祀りされています。
スサノオノミコトは、大国主命のご先祖様ですね。


blog00004156.jpg

ヤマタノオロチ的なものを発見!
草薙の剣はお持ちですか~? なんてね。
(草薙の剣は、ヤマタノオロチの尾から見つかった神剣とされ、三種の神器の一つです)


blog00004157.jpg

スサノオノミコトの事が簡単に、本当に簡単に書かれていました。
イザナギとイザナミの息子とされていますが(天照大神もこの二人の娘)
イザナギとイザナミは日本神話で言うアダムとイブです。


blog00004158.jpg

平成の大遷宮で、ウサギの置物(置物?)を各所に置くようになったそうです。
置きものじゃないですね、石造ですね。


blog00004159.jpg

ご本殿の西側に行くと、もう一度手を合わせることができます。
これは神様が西に鎮座されているからだそうです。


blog00004160.jpg

西十九社


blog00004161.jpg

神楽殿

こちらが日本最大級で有名な注連縄です。
長さは13.5メートル、重さ約4.4トン、周囲約8メートルもあるそうです。


blog00004162.jpg

人と対比すると、その大きさがよくわかります。


blog00004163.jpg

有名な因幡の白兎の場面。


blog00004164.jpg

桜がきれいに咲いていました。


blog00004165.jpg

参道にあった、ぜんざいのお店。
私、あんこ嫌いなんですよ…だからぜんざいも嫌い…。

でも相方は甘いもの大好きなので付き合ってあげます。
でもやっぱりあんこは食べたくないので、お餅だけ食べて相方にあげます。
ホント、相方はいい人と結婚したと思うわ。


blog00004166.jpg

移動中、試運転中のトワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)を見かけました!
いつか乗ってみたいなぁ。









<関連記事>
境港 お食事処 かいがん
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-449.html
松江城 堀川めぐり
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-450.html
八重垣神社
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-451.html
宍道湖温泉 なにわ一水 お部屋編
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-452.html
宍道湖温泉 なにわ一水 食事編
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-453.html
出雲大社
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-454.html
三朝温泉 橋津屋 別邸 月代 お部屋編
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-457.html
三朝温泉 橋津屋 別邸 月代 食事編
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-460.html
鳥取観光  三徳山三佛寺投入堂・白兎海岸・鳥取砂丘・かろいち
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-461.html


スポンサーサイト



22:34  |  島根・出雲大社  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.04.30 (Sun)

松江 宍道湖温泉 なにわ一水  食事編

さぁ、お食事です。

blog00004107.jpg

まずは食前酒で島根ワインをいただきます。


blog00004108.jpg

前菜は季節の盛り合わせ。


blog00004109.jpg

酢の物
春の貝寄せ  梅肉酢


blog00004110.jpg

お造り
モサエビが来ましたよ!やった!


blog00004111.jpg

日本酒が欲しくなるね…


blog00004112.jpg

ということで、地酒をいただきますが、
私は痛み止めが変に効いてきても困るので控えめでいただきます。


blog00004113.jpg

御椀  筍若草真丈


blog00004114.jpg

煮物  のどぐろ煮付け


blog00004115.jpg

鍋  しまね和牛しゃぶしゃぶ


blog00004116.jpg

焼物  鰆蕗の葺味噌焼き


blog00004117.jpg

焼物  鮑・烏賊・海老めのは焼き


blog00004118.jpg

蓋物  甘鯛と春大根桜蒸し


blog00004119.jpg

食事  島根県産 コシヒカリ


blog00004120.jpg

デザート  なにわ五種盛り


blog00004126.jpg

次は朝食です。


blog00004127.jpg

こちらはわかめです。
パリパリの薄せんべいみたいになっているので、そのまま食べてもいいですし、
ご飯の上にちりばめて、わかめご飯にしても良いそうです。
磯の香がとても良かった。


blog00004128.jpg

サラダ用のドレッシング
左の梅ドレッシングがとてもおいしかった。


blog00004129.jpg


blog00004130.jpg


blog00004131.jpg


部屋食ではなく食事処でいただきますが、個室ではあるものの、窓がなく外が見えません。
宍道湖は夕日がキレイだというのに、それが見られなかったのが残念だな~。

あと夕食時、2時間くらい座りっぱなしだったので腰が固まってしまい、
ヒーヒー言いながら部屋に帰ったことを写真を見て思い出しました…。
嫌な思い出だわ…。早急に再訪して上書きせねば!




<関連記事>
境港 お食事処 かいがん
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-449.html
松江城 堀川めぐり
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-450.html
八重垣神社
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-451.html
宍道湖温泉 なにわ一水 お部屋編
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-452.html
宍道湖温泉 なにわ一水 食事編
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-453.html
出雲大社
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-454.html
三朝温泉 橋津屋 別邸 月代 お部屋編
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-457.html
三朝温泉 橋津屋 別邸 月代 食事編
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-460.html
鳥取観光  三徳山三佛寺投入堂・白兎海岸・鳥取砂丘・かろいち
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-461.html
16:58  |  島根・宍道湖温泉 なにわ一水  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.04.30 (Sun)

松江 宍道湖温泉 なにわ一水  お部屋編

宍道湖湖畔にある、こちらでお世話になってきました。

blog00004088.jpg

外観もオシャレですが、お部屋もオシャレ。
2016年5月にリニューアルしたばかりのデザインフロアがあって、今回は、そちらに宿泊しました。(詳細はHPで)

”露天風呂付和洋室”
”シャワーブース付き和室”
”バリアフリー和室”

とありましたが、今回はバリアフリーのお部屋だったら車椅子が使えたのかなぁ。
と思ったり思わなかったり…。


blog00004089.jpg

とりあえず座椅子だけ高いものにしていただけましたが、結局一度も座らず。
というか、座れず。


blog00004090.jpg

座るときはひたすらこのソファでした。


blog00004091.jpg

頑張って写真だけは撮ります。
だって、ブロガーですもの。


blog00004092.jpg

コード類がたくさんありました。
右にある札は「起こさないでください」「掃除をしてください」的なもの。


blog00004093.jpg

大浴場も利用できるので、鍵が2個あるのは便利。
使わなかったけれども。
使えなかったけれども。


blog00004094.jpg

お茶菓子


blog00004095.jpg

コーヒー類は無料ですが…


blog00004097.jpg

冷蔵庫内は有料です。


blog00004098.jpg

洗面所はツインボウルでした。


blog00004099.jpg

シャンプー類はアルゴテルム。
フランスのコスメブランドですね。


blog00004105.jpg

基礎化粧品も置いてありました。
こちらはポーラのカラハリ。

他にも細かいアメニティグッズがたくさんあって、お裁縫セットまでありました。


blog00004106.jpg

男性用もありましたよ。
相方は使ったんだろうか…。


blog00004100.jpg

ボディマッサージ付きのシャワー。


blog00004101.jpg

露天風呂です。
奥のサッシは開きますよ。
開けるととても開放的な気分になります。

温泉効果なのか、不思議なことに一度入浴したら腰の痛みがとても楽になりました。
そうか、これが湯治か。


blog00004102.jpg

防水テレビもありました。


blog00004104.jpg

窓からの景色です。
目の前が遊歩道になっているのか、犬のお散歩をしている方とかウォーキングをしている方がたくさんいました。


blog00004121.jpg

早朝には、しじみ漁が見れます。


blog00004122.jpg

お部屋には望遠鏡があるので、ぜひ使ってみてくださいね。
私のカメラの望遠では、これが精一杯。


blog00004125.jpg

ホテルにはスパがあるんですが、朝はメイクルームとして開放されるそうです。


blog00004123.jpg

こちらのアメニティは、マーガレットジョセフィンでした。


blog00004124.jpg

アイスティーも置いてありましたよ。


温泉効果なのか分かりませんが、朝には腰痛が軽減していました。
まぁギックリ4日目というのもあるし、これは日に日に良くなっていくものですから、
たまたまそうなったのかもしれませんけどね。


次は食事編です。









<関連記事>
境港 お食事処 かいがん
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-449.html
松江城 堀川めぐり
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-450.html
八重垣神社
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-451.html
宍道湖温泉 なにわ一水 お部屋編
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-452.html
宍道湖温泉 なにわ一水 食事編
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-453.html
出雲大社
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-454.html
三朝温泉 橋津屋 別邸 月代 お部屋編
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-457.html
三朝温泉 橋津屋 別邸 月代 食事編
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-460.html
鳥取観光  三徳山三佛寺投入堂・白兎海岸・鳥取砂丘・かろいち
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-461.html


16:39  |  島根・宍道湖温泉 なにわ一水  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.04.30 (Sun)

八重垣神社

こちらの神社は、ヤマタノオロチ退治の神話で有名なスサノオノミコトとイナタヒメノミコトの夫婦神がご祭神。
山陰地方は神話の聖地ですね!

blog00004082.jpg

拝殿に参拝したあとは、授与所というところで占いの紙をいただきます。(一枚100円)
こちらの神社は鏡の池というイナタヒメノミコトが使っていた池で縁占いができるそうです。


blog00004083.jpg

この椿は、根元は2本なんですが、地上で幹が1本にくっついているという、仲むつまじい椿
イナタノヒメノミコトが地面に立てた2本の椿の枝が芽吹いて、1本になったという言い伝えがあるそうです。


blog00004084.jpg

鏡の池に到着です。
縁結びの神社なせいか若い女子が多く、相方は躊躇していたんですけど、
縁結びは恋愛だけじゃないし、友人とか仕事とか、そういうのもすべて縁でしょ?
ということで、若い子に交じって中年夫婦も縁占いにトライ。


blog00004085.jpg

紙の上に10円か100円を乗せて浮かべます。
浮かべた場所から近くで沈めば身近な人、遠くで沈めば遠方の人とのご縁に恵まれ、
15分以内に沈めば良縁に恵まれ、30分たっても沈まない場合は縁遠いそうです。

結果は私が3分くらいで近くで沈み、相方も3分くらいで池の三分の一くらいの場所で沈みました。
結構すぐに沈むんじゃないの?なんて思ったけど、全然沈んでいないツワモノもありました。


blog00004086.jpg

写真でお伝えしきれないような、神秘的な雰囲気がある池でした。


blog00004087.jpg

たくさん飛んでいたトンボ?
虫は詳しくないのでわかりませんが、随分とのんびりしている虫で、すぐに捕まえられました。
神社仏閣で殺生はしませんからすぐに逃がしますけど、危機感なさすぎ。
トンボなんてすぐに逃げるはずなのにね。

そういえば「落とし物をしても拾うことができません」という張り紙をたくさん見ました。
神聖な池だから、そう簡単に拾ったりできないのでしょうか。
縁占いをする際は、ご注意くださいね。








<関連記事>
境港 お食事処 かいがん
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-449.html
松江城 堀川めぐり
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-450.html
八重垣神社
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-451.html
宍道湖温泉 なにわ一水 お部屋編
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-452.html
宍道湖温泉 なにわ一水 食事編
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-453.html
出雲大社
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-454.html
三朝温泉 橋津屋 別邸 月代 お部屋編
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-457.html
三朝温泉 橋津屋 別邸 月代 食事編
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-460.html
鳥取観光  三徳山三佛寺投入堂・白兎海岸・鳥取砂丘・かろいち
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-461.html

15:41  |  島根・八重垣神社  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.04.29 (Sat)

松江城 堀川めぐり

堀川めぐりとは、松江城のお堀をぐるっとめぐる観光船です。
HPがとてもよくできているので、興味のある方はコチラもご参照ください。

松江城は国内に5つある国宝に指定されているお城の一つで、
他は、長野県・松山城、愛知県・犬山城、滋賀県・彦根城、兵庫県・姫路城があります。

blog00004074.jpg

乗り場は4か所くらいあって、1日乗車券(大人1.230円)を購入すると、何度でも乗り降りできるシステム。
出発は15分間隔とうたっていますが、この日はお客様が数人集まると出発する感じでした。


course_routemap.jpg
(HPより拝借)


about_pict01.jpg
(こちらもHPより拝借)

船はこんな感じで、冬にはコタツがあるらしい!
この日は風が冷たかったので、ひざ掛けとして大きな掛布団のようなものが用意されていました。
一つの布団に、乗り合わせたみんなが足を入れて利用します。
始めは遠慮がちに使っていましたが、次第に「もう少し掛けた方が暖かいですよ」
なんて声を掛け合って、まったく知らなかった方と打ち解けていくのも旅の醍醐味。


blog00004076.jpg

船頭さんの名調子に合わせて船は進んでいきます。


blog00004077.jpg

この堀川めぐりの面白いところの一つは、橋が低い場所に差し掛かると屋根が下がってくるところ。
ギックリ腰の私にはキツイ体勢でしたが、閉所恐怖症の相方はもっとキツかったらしい。
何度も屋根が降りてくるので次第に慣れましたし、
最後にはアトラクションのようにキャーキャー言いながら楽しんでいましたけど。


blog00004078.jpg

こんなに下がってくるんですよ。
雨でお堀が増水すると、船頭さんは大変らしいです。


blog00004079.jpg

亀が甲羅干しをしています。


blog00004080.jpg

1周50分くらいですが、城内を歩いて見学するのは無理だったので(ギックリ腰ゆえ)
ちょうどお城の事も説明してもらえて楽しい堀川めぐりでした。










<関連記事>
境港 お食事処 かいがん
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-449.html
松江城 堀川めぐり
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-450.html
八重垣神社
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-451.html
宍道湖温泉 なにわ一水 お部屋編
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-452.html
宍道湖温泉 なにわ一水 食事編
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-453.html
出雲大社
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-454.html
三朝温泉 橋津屋 別邸 月代 お部屋編
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-457.html
三朝温泉 橋津屋 別邸 月代 食事編
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-460.html
鳥取観光  三徳山三佛寺投入堂・白兎海岸・鳥取砂丘・かろいち
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-461.html


tag : 松江城 堀川めぐり

07:06  |  島根・堀川めぐり  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.04.28 (Fri)

島根県・境港  お食事処 かいがん

ちょいと島根まで行ってきました!

blog00004070.jpg

と軽く言いたいところですが、実は出発の2日前にギックリ腰をしてしまいまして、
人生2回目なんですけど、体を動かすたびに”ビリッ”と電気が走るような状態で行ってきました。

まぁ、仕事じゃなければ行かないし、相方が一緒だったので(仕事でも相方)行くことにしたんですけど、
まずは羽田空港で車椅子を貸してもらい、
セキュリティチェックも、そのまま車椅子で通り抜け、
飛行機の搭乗も最優先で乗せていただきました。

でもね、バス移動だったので優先搭乗と言ってもバスに乗るまでで、そのあと飛行機に搭乗するのは自由な感じ。
スタスタ動けるわけもないので、一番最後に降りてタラップを上り、
多くの乗客が着席している中「なんでこういうときに限って後部座席なのよっ」と予約した相方に毒を吐きつつ
中年女性がヒーヒー言いながら機内を移動。


blog00004071.jpg

羽田ー米子空港は約1時間ほどで到着。
ほとんど体は動かせないし、シートもなんだかうまく倒せないし、
飛行機大好きなのに、あまり満喫できないまま到着。

到着後はCAさんに促されるまま最後に降りたら、出口には車椅子が待ち構えててくれて、これには感謝!
空港職員の方に車椅子を押してもらってレンタカーの窓口まで送ってもらい、
その後はレンタカーの係員が、寄せられるギリギリの場所まで車を移動してくれ、
なんだか皆さんに親切にしてもらえて、本当に嬉しかった。

不思議なのは誰一人として「どうしたんですか?」とヒーヒー言ってる理由を訊いてこなかったこと。
私としては武勇伝を語りたいので訊いてほしいんですけど、個人的な事には触れないルールなのかしら?

「観光ですか?」と聞かれたときは「そこ?」と思いましたけどね。
腰が抜けて、もう一回ギックリになりそうでしたよ。


blog00004072.jpg

で、本編に戻りますが、早朝便でしたのでまずは腹ごしらえです。

このお店は米子空港から車で15分ほどのところにありますが、
(ギックリ腰になる前に)相方が「境港(さかいみなと)で海鮮丼が食べたい」というので
(ギックリ腰になる前に)食べログで”早朝””海鮮丼”で検索したお店です。

食べログは行った人の評価が載っているので信憑性も高く、
このお店も高評価でしたが、その通り、とてもおいしかった~!

これは特選海鮮丼1.600円 天婦羅付きだと2.000円。
境港は”モサエビ”といって、クロザコエビやガスエビと言った方が耳馴染みがあるでしょうか?
そのモサエビが有名で、水揚げさえあればこちらもいただけます。(盛り合わせ1.000円)


blog00004073.jpg

お醤油は3種類もあり、一番右が海鮮丼用、お刺身用、普通のお醤油となっています。


お店は漁港のお母さんたちが切り盛りしているような雰囲気で、地元でも人気なのか、
早朝から賑わっていました。
平日だとセルフですがコーヒーサービスもありますし、空港から車で15分ですし、
機会があれば、ぜひおすすめしたいお店です。









*羽田空港の車椅子情報(2017年4月時点)
羽田に車椅子のレンタルはあるのだろうか…有料?無料?
調べても詳細は載ってないし…と不安いっぱいで行ったので、どなたかのお役に立てれば、と追記します。

・早朝便を利用しましたが、チェックインカウンター前に30台くらいの車椅子が置いてありました。
・”ご自由にお使いください”と書いてあるので気楽に使えます。無料でした。
・セキュリティチェックは、車椅子に乗ったまま通れます。
・搭乗ゲートで乗り捨てです。片づけてくださった職員の方、ありがとうございました。

元看護師なので車椅子は見慣れていますが、乗ってみて初めて患者さんの気持ちがわかりました。
・セキュリティチェックでは動きがモタモタします。待っていてください。
・車椅子の操作に慣れずモタモタします。手伝ってください。
・車椅子用のトイレしか使えませんが、扉が大きくて開閉しづらいです。手伝ってください。
・振動が意外と響きます。そうっと押してください。(空港職員さん完璧)

早朝便はビジネスマンが多いので、皆さん仕事が大変なのはわかりますが、
弱者に対する対応でその人柄が分かりますね。
人の振り見て我が振り直せで、自分の事も戒めたいと思います。


<関連記事>
境港 お食事処 かいがん
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-449.html
松江城 堀川めぐり
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-450.html
八重垣神社
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-451.html
宍道湖温泉 なにわ一水 お部屋編
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-452.html
宍道湖温泉 なにわ一水 食事編
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-453.html
出雲大社
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-454.html
三朝温泉 橋津屋 別邸 月代 お部屋編
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-457.html
三朝温泉 橋津屋 別邸 月代 食事編
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-460.html
鳥取観光  三徳山三佛寺投入堂・白兎海岸・鳥取砂丘・かろいち
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-461.html


tag : 羽田空港 車椅子 貸出

23:22  |  島根・お食事処 かいがん  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.04.16 (Sun)

ジョンティ・アッシュ 2017年4月

久しぶりのジョンティ・アッシュです。
前回から1年半ぶりくらいかな? え?そんなに?

blog00004059.jpg

というか、最近ロブション系が続いています。
なんなんだ?なんかのスイッチが入ったのか?

オーダーしたのはMENU PRINTEMPS 7,500円デス。

写真はアミューズ・ブーシュ一品目
指でつまんでいただきます。


blog00004060.jpg

アミューズ・ブーシュ二品目
ホタルイカがプリップリでした。
タラの芽の苦みとも、とてもよく合う。


blog00004061.jpg

ジョンティのバゲッドもおいしい。

最近、密かに第一回バゲッド選手権を心の中で開催中。
結果は決まったらブログに載せるかもしれません。
心の中にしまっておいちゃうかもしれないけど…。

ジョンティのバゲッドは結構上位。
ロブションのバゲッドは、あれは反則なので最初から殿堂入り。


blog00004062.jpg

フォアグラのプランシャ焼き
甘酸っぱいハイビスカスのガストリック リュバーブのタルトを添えて +1.200円

フォアグラ久しぶりに食べましたが大きい!おいしい!
全体的に甘めのお皿ですが、全然しつこくなくてうまーい!


blog00004063.jpg

カリフラワーの軽やかなスープ 香ばしいクルトンを浮かべて

これ、中に天使の海老と呼ばれるニューカレドニア産の海老が入っているんですが、
ビックリするほど甘くておいしかったです。
以前も食べたことがあるようなないような気がしますが、機会があったら是非もう一度食べたい。


blog00004064.jpg

長崎県産 本カサゴのポワレ オニオンヌーボーと菜の花のクーリーと共に


blog00004066.jpg

仔羊肩ロースのロースト 新じゃがいものエクラゼとほろ苦いふきのとうをあしらって


blog00004067.jpg

愛媛県宇和島産ブラッドオレンジ《モロ》 様々な形に変化させ
薄くパリパリに焼き上げたパートフィロで挟み グラン・マルニエの香るサバイヨンソースを添えて

ジョンティ・アッシュはデザートもとても美味しいです。
たしかパティシエは女性だったような…(間違えていたらごめんなさい)


blog00004068.jpg

食後の飲み物はハーブティをいただきます。
スパイスボトルを一つずつ開けて香りを確認していただきます。

なんだかもう、これだけで癒される。


blog00004069.jpg

ほろ苦いテリーヌショコラにフィヤンティーヌを纏わせて
様々なベリー類と抹茶のソルベを乗せて



久しぶりに伺いましたが、ミシュラン星獲得店なのに、シェフを始め皆さんとてもフレンドリーだし、
肩肘張らずにいただけるお店なのに、お料理はとてもおいしいしで、やっぱりジョンティはお気に入りのお店だなぁ。
と再確認してきました。
ごちそうさまでした!








15:08  |  東京・gentil H  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.04.16 (Sun)

Restaurant Ryuzu

blog00004044.jpg

六本木にあるリューズへ行ってきました。
…が、実に4年ぶり!!
久しぶりのような、新しいお店に伺うような気持で行ってきました。


blog00004043.jpg

週末に伺ったんですが、お客様はマダムが多かったです。
そして満席。さすがですね。


blog00004045.jpg

ランチメニューは3種類
*前菜、メニュー、デザート 3.600円
*前菜2皿・魚料理・肉料理・デザート 5.800円
*旬の素材を活かしたシェフのお任せ 8.400円

お任せコースをお願いしました。


blog00004046.jpg

どーんと写真のみアップします!
何故かというと、お料理の説明を覚えてないからー!


blog00004047.jpg

シェフが新潟出身の方なので、新潟のワインをいただきました。


blog00004048.jpg


blog00004049.jpg

シェフのスペシャリテ


blog00004050.jpg

ダヴィド・デュバン ニュイ・サン・ジョルジュ プルミエ・クリュ オー・トレイ 2011


blog00004051.jpg

LRのマークはロブション氏の息子さん、ルイ・ロブションさんのマークだそうです。
ワインを取り扱う会社を起業しているそうですが、今まで知らなかったな~。
HP見たら写真が載っていましたけど、ロブション氏にそっくりでしたよ。


blog00004052.jpg


blog00004053.jpg

リューズのバゲッドはおいしいんですよね~。


blog00004054.jpg


blog00004055.jpg


blog00004056.jpg


blog00004057.jpg


blog00004058.jpg

最後にチョコレートに合うワインもいただきました。
ドメーヌ・レ・テラ・ドゥ・ファゲイラ 2013


さすがの二つ星ですね。
最高のお料理とサービスでした!



14:28  |  東京・リューズ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.04.09 (Sun)

CAFE TROISGROS

新宿小田急百貨店8階にある、カフェ・トロワグロへ行ってきました。

トロワグロと言えば、ハイアット リージェンシー 東京に キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロがありますね。
最後に行ったのは4年前(その時の記事

久しぶりのトロワグロだけどカフェ。
カフェだけどトロワグロ。
少しだけ緊張して行きましたが、ラフな感じで素敵な雰囲気を楽しめるお店でした。

blog00004037.jpg

おひとり様でランチされている方が何人もいて、お買い物のついでにトロワグロでランチなんてオシャレ!
いつか真似してみたい。


blog00004036.jpg

窓の外からは新宿西口が見えます。


blog00004038.jpg

ランチメニューは2プレート1.990円~で、お皿が増えるごとに料金アップ。
プラス料金が発生するプレートもあって、お客様のお腹のすき具合や好みで幅広い注文に対応できるようです。

私たちは3プレート 前菜・メイン・デザート 2.700円
4プレート前菜・メイン2種・デザート 3.800円を注文。
4プレートは前菜2種・メイン・デザートでもOKのようです。

写真は前菜の真鯛昆布締めのカルパッチョ(追加料金 350円)
さすがトロワグロ。おいしいです。


blog00004040.jpg

メインはパスタ
テスタローリ(イタリア最古のパスタ)、ジェノバソースとリコッタチーズ
リコッタチーズを溶かしつつパスタに絡めていただきます。
パスタはモチモチしてる!


blog00004039.jpg

バゲッドもおいしかったですよ。


blog00004041.jpg

もう一つのメイン こちらは2人でシェアしました。
豚肩ロースのグリル、エーグルドゥース(甘酸っぱい)ソース、ハーブサラダ添え(追加料金 400円)


blog00004042.jpg

バナナのキャラメリーゼ、シナモンのサブレ、ピスタチオとカルダモンのアイスクリーム


さすがのトロワグロでおいしかったです。
カジュアルで気軽に行けるのもいいですね、また行きます!







tag : カフェトロワグロ 新宿 ランチ

11:18  |  カフェトロワグロ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.04.05 (Wed)

THE HOUSE on the beach

相方の乙女化が止まらない…。

blog00004026.jpg

「今度行くところはここだよ~」と見せられたHPを見てビックリしましたね。
真っ白な建物に、可愛らしい家具や小物たち。
思わず「年齢制限大丈夫?」と聞いてしまったくらい。


blog00004001_20170405145924b2e.jpg

神奈川県葉山市にある3階建ての戸建てで、1~2階部分と3階部分が宿泊施設となっているようです。
宿泊当時は1~2階部分のレンタルだけでしたので、実質私たちだけで利用。

今までの宿泊施設とは趣が違います。
食事の支度も自分たちでしますが、火気厳禁なので食べに行くかコンビニで調達。
チェックアウト時は現状復帰がルールなので、食器類も自分で洗います。

人数4人までですが追加料金で20名まで可。(たしか)
それで一泊5万円!!

ほほーぅ…食事無しで素泊まりに5万か!
かわいらしい小物にやられたの? この中年乙女め!


blog00004003.jpg

というわけで、今回はここにお世話になりますが、
あらかじめ連絡しておいた時間に駐車場で待っていると、鍵を渡してもらえます。
それで入室して設備の説明を受け、この家の住人になります。


blog00004004.jpg

どこもかしこも真っ白!
女子グループとかで宿泊したら楽しそうですね。


blog00004005.jpg

ベッドその1


blog00004006.jpg

テラスにはジャグジーがありますが、水着着用です。
目隠しを施してくれていますが、外が良く見えるので、ということは、外からもよく見えるはずです。


blog00004007.jpg

階段を使って海へ出られます。
ナナメっていますが、これは少し上がった状態なので、ちゃんと下せば使えます。


blog00004008.jpg

チェックイン時は引き潮でしたので海岸へ降りられましたが、
どんどん潮が満ちてきたときには、とても降りられそうもないくらいになっていました。


blog00004009.jpg

ポップです。


blog00004010.jpg

化粧水と乳液が置いてありました。
持ち帰りOKですよ。


blog00004012.jpg

右がシャワールームです。
アメニティはアロマセラピーでした!

左にはバスタオルとハンドタオルと歯ブラシが置いてありますが、
全然やる気のない歯ブラシだったので、持って行った方がいいかも。


blog00004013.jpg

2階に上がって…


blog00004014.jpg

ベッドその2


blog00004016.jpg

ヨガマットがありました。


blog00004015.jpg

ここでできますね。


blog00004017.jpg

ベッドその3

明るい!広い!
そういえば、ここテレビで観たことあるような…と言ったら、最近テレビで放送されたそうです。


blog00004025.jpg

なんか、こんな可愛らしいところで寝てもいいのかしら…。


blog00004031.jpg

電機暖炉もあります。


blog00004018.jpg

キッチンカウンター


blog00004027.jpg

オシャレだなぁ。
奥にはスピーカーがあって、イヤホンジャックを刺してもいいし、
Bluetoothで飛ばしてもOKでした。


blog00004019.jpg

食器類も必要最低限揃っています。
奥にはかき氷器が!


blog00004020.jpg

冷蔵庫とワインセラー
持ち込みを前提としているので、どちらも空っぽ。

コーヒー類は常備されていて、自由に飲めます。


blog00004021.jpg

簡単なシンクもあります。


blog00004022.jpg

トイレは女性と男性で分かれていますけど、中は同じ。
男性の方が近かったので、私は女性用はほとんど使いませんでした。
一歩でも歩数を少なくしたいんですよね~。


blog00004024.jpg

吹き抜けです。
こういったライト類がいろいろあって、スイッチがたくさん!
全部付けて回るのも大変ですが、消して回るのも大変です。


blog00004029.jpg

吹き抜けの1階部分。


blog00004030.jpg

部屋の中は、だいたいこんな感じでしょうか。

あとは…

・ Wi-Fi無料ですが遅いです。
・ ペットは1階のみ1頭まで可だそうですが、追加料金がかかります。
・ 駐車場2台まで可
・ 宿泊料金は時期や人数によって細かく決められているようです。
・ 室内禁煙
・ 小学生以上宿泊可、小学生未満、要相談。

私は戸建てに住んだ経験がないのでよくわからないのですが、1階はすごく冷えます。
エアコンを入れたら設定が30度になっててびっくりしたけど、全然温まらず、諦めて消しました。
逆に夏は涼しいのかしら?

壁が全然ないので解放感はあります!
でも逆にプライベートを重視したい人は注意!
うちのような思春期男子を連れて行くときは気を付けてください。


blog00004032.jpg

写真を撮り終えて満足したので、シャンパンを開けて乾杯します。


blog00004033.jpg

電機暖炉を使ってみました。


blog00004034.jpg

夕食ですが、
「たまにはカップラーメンでも食べるか~」
「5万の宿に泊まってカップラーメンなんて、イケてるね!」
なんて会話があったりもしたんですけど、結局、徒歩数分のデニーズで食べました。

朝は菓子パンです。
なんか、お金の使い方を間違えているような気がする…。


blog00004035.jpg

お部屋にテレビはないんですが、真っ白な壁があったのでプロジェクターを持参しました。
画像はアンジャッシュ渡部が、hulu限定でやっている食べ物番組。

でもWi-Fiがとにかく遅いので画像が止まりまくり…。
仕方なくキャリアに繋げることにしたんですが、誰のを拾うかで夫婦で小競り合い。
「通信速度が遅くなったら仕事にならないよ!」「あたしもだよ!」的な。

結局、持参したBlu-rayで映画を観ましたけど、15分で落ちてしまった…zzz.


ま、テレビもないし食事もないけど、縛られることが何もないので自由な時間を過ごせていいのかも。
「もう一軒、貸し別荘みたいなところ見つけたんだよね~」って相方が帰りにつぶやいていたけど、
どうか女子っぽくないところで、よろしくお願いします。







tag : the house on beach ブログ

16:13  |  葉山・THE HOUSE  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |