FC2ブログ
2017-02- / 01-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728>>03-

2017.02.28 (Tue)

ベトナム・ハノイ⑧ ANA ビジネスクラス ハノイー羽田 NH858便

さて、いよいよ帰国となりました。
やだやだ帰りたくない、もぅもぅ…。

blog00003824.jpg

ホテルでピックアップしてもらい、30分ほどでノイバイ国際空港へ到着です。
ANAのチェックインで、隣同士じゃなくてもいいから窓側がいい。とリクエストしたらキョトン顔をされました。
「別々になってもいいの?え?」って感じだったけど、
プラス料金を払ってでも隣同士になるプランがあるくらいですから、こういうリクエストは珍しいのかも。
わざわざ日本語が通じるスタッフまで連れてきましたよ。

苗字が違うから分からないかもしれないけど、姉妹なのよ、別々でもいいのよ。
なーんて説明するのも面倒なので、変人扱いされたまま搭乗券を発行してもらいます。


blog00003825.jpg

ラウンジはガラガラで、いらっしゃるのは日本人が多かったかも。
それは会話や読んでいる新聞、雑誌などで分かります。


blog00003826.jpg

ここと、あと写っていませんが右側にフードコーナーがありました。


blog00003828.jpg

最後の食べ収め、フォー・ボーです。
私はチキンよりビーフの方がおいしかったです。

どんぶりの中にあらかじめ麺と具材が入っていて、そこにスープを入れるスタイルでしたが、
日本人の感覚だったら「伸びてるんじゃね?」って感じ?

ところが全然伸びてないんですよね~。そしておいしいんです。
最後まで楽しませてもらいました。


blog00003827.jpg

飛行機の搭乗時間になり、ボーディングブリッジに向かって歩いているとき、
小さいお子さんを連れた女性が座り込んでいたので、
「お手伝いしましょうか~?」と声をかけて荷物を持ってあげたら重っっ!!

久しぶりなので思い出しましたが、小さい子を連れていると、とにかく荷物が重くなるんですよね。
荷物も預けちゃうから、もしもの時のために着替えとかおむつ多めとかミルクとかお菓子とかジュースとかおもちゃとか
あれとかそれとか…。

あぁ懐かしいなぁ…6時間頑張ってね!と声をかけてお別れしました。


blog00003829.jpg

座席は9Hで、姉は11H
窓と座席の間にテーブル的なものがありますが、外は見えますよ。
そりゃ、窓側にピッタリくっついた席の方がいいけどさー。


blog00003830.jpg

15:40定刻通りの出発です。


blog00003831.jpg

食事は和食を選びました。
お味噌汁がおいしかったなぁ。

帰りは貿易風の影響なのか、4時間半で羽田に到着。
6時間かかると思っていたので、意外と早く着きました。

でも強風の影響で着陸後20分以上待ちましたよ、ふぅ。




ベトナムの旅行記、これにて終了です!
お付き合いいただき、ありがとうございました。



<関連記事>
ベトナム・ハノイ① ANA ビジネスクラス 羽田ーベトナム NH857便
ベトナム・ハノイ② インターコンチネンタル ハノイ ウエストレイク
ベトナム・ハノイ③ ハロン湾クルーズ 乗船編
ベトナム・ハノイ④ ハロン湾クルーズ 鍾乳洞見学~夜まで
ベトナム・ハノイ⑤ ハロン湾クルーズ 2日目朝~下船まで
ベトナム・ハノイ⑥ ハノイ市内観光 旧市街 ダック・キム
ベトナム・ハノイ⑦ ハノイ市内観光 オプショナルツアー
ベトナム・ハノイ⑧ ANA ビジネスクラス ハノイー羽田 NH858便


スポンサーサイト



tag : NH858便 ハノイ ラウンジ

09:23  |  ANA ビジネスクラス 羽田ーベトナム  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.02.28 (Tue)

ベトナム・ハノイ⑦ ハノイ市内観光 オプショナルツアー

今回の記事はオプショナルツアーで乗っかった、市内観光をアップします。
まずは”スーパーマーケットツアー”

旅行に来てまでスーパー?という感じですが、やはり主婦はとても気になるのです。
スーパーと言われたら、行かずにはおけないDNAが主婦には組み込まれているのです。

blog00003694.jpg

さぁ買うわよ!(アドレナリン放出中)


blog00003693.jpg

店内の写真はこれしかないですが、以下スーパーの感想。

① レトルトのフォーを買ったけど、やっぱりお店で食べたほうがおいしい。(そりゃそうだ)
② レモン塩が一瓶数十円で、めっちゃ安かった。(物価が日本の6分の1らしいので)
③ 蓮根(ハス)茶を買ってみたけど、おいしくなかった。(ベトナム人は好きらしい)
④ お水はエビアンとかは高い。(まーね)
⑤ ビールは一缶60円くらい。うまい!(ひゃっほーい)

結構買ったけど、全部で千円ちょいでした。
安いですね~。


blog00003695.jpg

ホアンキエム湖です。


blog00003696.jpg

これは電気自動車です。
これに乗って旧市街地を観光しました。
でも写真はありません!
景色を見ながらあーでもないこーでもないとガイドさんとしゃべりっぱなしだったから!


blog00003698.jpg

次はこのお店で45分間のフットマッサージです。
あまり期待していなかったけど、なかなか上手でしたよ。


blog00003699.jpg

次はディナーです。
記事の順番は違うんですが、実はこの時が初日でして、初ベトナム料理でした。


blog00003700.jpg

お肉のように見えますが、海老せんべいのようなものです。
突き出し的なもの。


blog00003701.jpg

サイゴンビールです。

このビールが初ベトナムビールだったのでおいしく感じましたが、
その後数種類飲んだ感想を言うと、サイゴンビールが一番薄い(よく言えばサッパリ)している気がしました。


blog00003702.jpg

フォー・ボー(牛肉のフォー)です。


blog00003703.jpg

料理の説明もしてくれましたが、覚えていません、すみません。

量はこれで二人分。
足りるかしら?と思ったけど、最終的には残してしまうくらいお腹いっぱいになりました。
おいしいし、初ベトナム料理としては大満足でしたよ!


blog00003704.jpg

デザートは別腹。

”スーパーマーケットツアー”はこれで終了ですが、所要時間約5時間で50USドル。
日本人相手としてはいいお値段設定ですね~。お上手( ´艸`)


blog00003706.jpg

ベトナムの交通事情と言ったら、やはりバイクの多さでしょうか。
基本的には2人乗りだそうですが、努力目標らしく、写真のように家族4人で乗っている人も珍しくありません。
ヘルメットの着用も自己責任。

携帯でおしゃべりしながら運転とかもう、なんでもござれ。
信号も少ないので、交差点は早い者勝ち?


blog00003800.jpg

これは朝の通勤ラッシュですが、ビービービービーとクラクションがうるさい。
でも「どけ!」という意味のクラクションではなく、自分の存在を知らせているみたいです。
急な車線変更とか危ないし、「どいて」という意味だったら、あちこちで喧嘩沙汰になりそう。

そして、やはりこの交通量ですから接触事故も多く、私たちが乗っていたタクシーもバイクと接触!
「まじか!これから警察が来るの?」と思ったら、何事もなかったかのように通り過ぎていきます。
車やバイクに傷が付くことを、そんなに気にしていないんでしょうね。


blog00003801.jpg

台湾もバイクが多かったけど、それ以上かもしれません。


blog00003802.jpg

そしてここからは帰国日に利用したオプションで、半日市内観光ツアーに参加しました。
まずはホーチミン廟へ行きます。

ホー・チ・ミンとは人名で、ベトナムの革命家だそうです。
学のない私は、単なる地名だとばかり思っていました。
そのホー・チ・ミンさんのお墓ですが、霊感の強い姉は行く前から憂鬱…。

行った日は休館日で、外観からの見学のみと聞いてホッとしていましたけど、
ここでガイドさんの説明を聞いている最中ソワソワしていました。
私も姉ほどの霊感はありませんが、無いこともないので、
姉が立っている左側の耳だけがだんだん聞こえなくなっていました。
私は病院でしか見ないので、姉がいなければきっと全然大丈夫だったと思うんですけどね。

スピリチャルな話はこのへんで。
ちょうど1時間おきの衛兵交代式が始まりましたよー。


blog00003803.jpg

麦わら帽子がベトナムっぽい!


blog00003804.jpg

次は一柱寺

李朝の王様が世継ぎに恵まれない時、蓮の上で子供を抱いた観音菩薩の夢を見た後、子どもを授かり、
王様が感謝の気持ちで建立したお寺だそうです。


blog00003805.jpg

現在では子宝祈願のお寺となっているそうですよ。


blog00003806.jpg

そしてお約束のショッピングです。
このショッピングの時間がもったいないんだけどなー。仕方ないのかなー。

シルク専門店で、お店の方はもちろん日本語ペラペラ。
っていうか、お客様は日本人ばかり。


blog00003807.jpg

お次は文廟
ここはベトナム最古の大学があった場所で、
地元の人から学問に関するご利益がある場所として親しまれているそうです。


blog00003808.jpg

敷地の外にはいろんな物を売りつけてくる人がいるから気を付けてくださいねー。
と言われ、夢中でガイドさんに付いて行きました。


blog00003809.jpg

昔々、大学に合格した方々の名前が彫られているそうです。
経年劣化なのか、目を凝らしてもあまりよく字は見えませんでした。
ローガンのせいじゃね?とか言った人、放課後職員室に来るように。


blog00003810.jpg

ベトナムの何万ドンだかのお札のデザインになっているそうです。
この時は最終日だったので、ほとんど現地通貨は残っておらず、未確認。

お札の表はすべてホー・チ・ミンさんの肖像画だと言ってましたが、
こちらも同じ事情で未確認。(全然気づかなかった…すみません)


blog00003812.jpg

下にいる亀の足を触って鶴の胸を触って自分の頭を触ると賢くなるらしい。
賢くなるのは数十年前に諦めたので、せめて、この物忘れの酷さをどうにかしてくださいー!

奥の大聖殿と呼ばれるところに入ると、真ん中に像がありました。
ガイドさんが「コウシ、コウシ」と言うので、姉に「コウシって何?皇子?どういう字書くの?」と聞いたら
「孔子」だと聞いてビックリ!

「過ぎたるは、なお及ばざるが如し」の孔子ですってよ!

適当に手を合わせてしまったので、慌てて合わせなおしました。
私、芸能人に会うと興奮するタイプなんです。


blog00003814.jpg

達筆なオジサマが何やら文字を書いて売っていました。
一枚5ドルだそうです。
こりゃまた、いいお値段設定だ~。

といいつつ、私は”安康”と書いてもらいましたよ。”健康”という意味だそうです。

やっぱりね。健康第一なんですよ。
学問も大事ですけど、健康なんです。


blog00003816.jpg

次は大教会

ここもこの日は閉館日で中には入れませんでした。
ったく、旅行会社も詰めが甘いなぁ。
と思ったけど、大手旅行会社だと帰国日にオプショナルツアーとか入れてくれないので仕方ないか。


blog00003817.jpg

最後は旧市街地を散策して終了です。


blog00003818.jpg

市内はほとんど信号がないし、横断歩道も機能していないので、
バイクと車の通行量が多い中タイミングを見計らって横断するんですが、これが慣れると結構面白い。
動画を撮影したのに、容量オーバーでアップできませんでした。(くぅ…)

渡り方は、まずは手を挙げて横断の意思を示しつつ、横断開始。
するとバイクが人を避けていってくれます。
コツは勝手に止まらず歩き続けることで、急に止まると逆に危ないそうです。
車は間違えて当たると痛いので、バイクだけが走っているタイミングで横断を開始した方がいいです。
かといって当たらない保証はないです。十分お気を付けください。

渋谷のスクランブル交差点が外国の方に人気だそうですが、あの気持ちがよくわかりました。
見事に人とバイクが交差します。




<関連記事>
ベトナム・ハノイ① ANA ビジネスクラス 羽田ーベトナム NH857便
ベトナム・ハノイ② インターコンチネンタル ハノイ ウエストレイク
ベトナム・ハノイ③ ハロン湾クルーズ 乗船編
ベトナム・ハノイ④ ハロン湾クルーズ 鍾乳洞見学~夜まで
ベトナム・ハノイ⑤ ハロン湾クルーズ 2日目朝~下船まで
ベトナム・ハノイ⑥ ハノイ市内観光 旧市街 ダック・キム
ベトナム・ハノイ⑦ ハノイ市内観光 オプショナルツアー
ベトナム・ハノイ⑧ ANA ビジネスクラス ハノイー羽田 NH858便





スーパー



ホアンキエム湖



スパ



レストラン



ホー・チ・ミン廟



一柱寺



COCO SILK



文廟



大教会




tag : ベトナム 観光

08:47  |  ベトナム・ハノイ市内  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.02.26 (Sun)

ベトナム・ハノイ⑥ ハノイ市内観光 旧市街 ダック・キム

ハロン湾から戻ってきた後、小腹がすいたのでホテルのアフタヌーンティをいただきました。

blog00003788.jpg

これで一人25USドル。
ベトナムの物価としては高いので、観光客向けですね。


blog00003787.jpg

アフタヌーン”ティ”だというのに、ビールを飲む姉妹。
いやでも、ホントにベトナムのビールはおいしかった。


blog00003789.jpg

こちらもとてもおいしいです。
見た目普通なのにね。


blog00003790.jpg

25USドルは、ちと高いけど(まだ言う)

ここで今後のプランを立てますが、到着日に「流しのタクシーは危ない」とガイドさんが言っていたので、
自分たちで観光に行くにはどうしたらいいのか、現地の販売店に電話をして相談します。
電話に出てくれたのは日本人。とても頼りになります。
その方のアドバイスによると…

① ホテルや高級レストランから乗るタクシーは安全
② 流しのタクシーは基本的に危ないと思って間違いない。
 捕まえるならば、事前にお知らせしたタクシーを拾えば安全。
③ どうしても拾えない場合は、近くのホテルに行ってタクシーを呼んでもらう。
 ただ、小さいホテルだと嫌がられる。

事前に知らせてくれたタクシー会社というのは、写真付きで冊子を受け取ったんですが、
そこまでするくらい気合の入れようで、注意喚起が半端ない。
危ないタクシーって、どんな風に危ないんだろう?と思ったけど、
そこまで冒険する気も起きないので、とりあえず言いつけを守ります。

平均年齢40後半の姉妹が、はじめてのおつかいに出ます!
陰でコッソリ守ってくれるスタッフはいないけど!

blog00003791.jpg

写真はハノイ市内の観光名所・旧市街地です。
ここまで来るのはホテルでタクシーに乗っちゃえばいいので簡単。

買い物とかたくさんしようと思っていたけど、専門的すぎました。(;´・ω・)
ブリキ街とか、祭事用品街とか、服飾品街も本格的な物ばかりで、お土産には向かない。
文房具街という通りもあったんですが、業者向けの雰囲気で私たちが求めたファンシーさは皆無。

市場でベトナムっぽいマグネットを売ってて、それを姉と買いましたが金額がとにかく分からない。
値段交渉で”サーティー”とか”フォーティー”と言うんだけど「30ドン?30ドル?」なんて不思議に思って、
地面に書いてくれ、とお願いしたら”30.000ドン”だという。
どうやらコンマ以降のゼロを省略するらしい、ということがわかり、双方笑顔になる。

安全な場所だったら、お財布出して「お金取って」ってやるんだけど、
現地のガイドさんに「絶対にそれをやってはいけない」と言われてたので、根気よく聞いてよかった!

身振り手振りで交渉して、はじめてのおつかいは無事にコンプリート。
たったマグネット2個のお買い物でしたけどね。


blog00003793.jpg

ブラブラ歩いていたら、ダック・キムというガイドブックには必ず載っているという人気のお店に到着。
ベトナムのつけ麺”ブンチャー”がおいしいらしい。


blog00003792.jpg

どれくらいの量なの?と聞いたら、どんぶり程度のサイズだというので、2つ頼んだら…
たしかにどんぶりサイズだけどさぁ、それが一人3つもあるとは聞いてないよ?
でもこれで二人で120.000ドン(600円安っ)

どうやって食べるの?と聞いたら、どんぶりに野菜と肉とスープと麺を入れて食べるそうです。
すっごい雑に作っているのにおいしかったなぁ~。


で、はじめてのおつかい最大の難関である帰りのタクシーですが、
なかなかお目当てのタクシーが捕まりませんでした~。

どこからどうみても観光客にしか見えない女性が二人突っ立ってれば、タクシーの引っ掛けにも会うわけで、
全力で無視しつつ15分くらい立ってたかしら?
やっと指示通りのタクシーを見つけて乗り込みました。

さすがおススメだけあって無事にホテルに戻ってこられましたよ。
やったー!!おかあさんやったよー!






もうちょい続きます。




<関連記事>
ベトナム・ハノイ① ANA ビジネスクラス 羽田ーベトナム NH857便
ベトナム・ハノイ② インターコンチネンタル ハノイ ウエストレイク
ベトナム・ハノイ③ ハロン湾クルーズ 乗船編
ベトナム・ハノイ④ ハロン湾クルーズ 鍾乳洞見学~夜まで
ベトナム・ハノイ⑤ ハロン湾クルーズ 2日目朝~下船まで
ベトナム・ハノイ⑥ ハノイ市内観光 旧市街 ダック・キム
ベトナム・ハノイ⑦ ハノイ市内観光 オプショナルツアー
ベトナム・ハノイ⑧ ANA ビジネスクラス ハノイー羽田 NH858便




市場




ダック・キム



tag : ベトナム タクシー 旧市街 ダック・キム ブンチャー

16:40  |  ベトナム・ハノイ市内  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.02.25 (Sat)

ベトナム・ハノイ⑤ ハロン湾クルーズ 2日目朝~下船まで

翌朝の早朝6時です。

blog00003757.jpg

23時頃まで船のエンジン音が聞こえてきますが、その後は静かになるのでよく眠れました。
外海ではないので、船も揺れません。


blog00003760.jpg

モーニングコーヒータイムだというのでサンデッキへ行ってみたら、おいしそうな物が!


blog00003761.jpg

めっちゃおいしくて、お代わりしてしまった。
事実上、これが軽い朝食。


blog00003763.jpg

他の乗客の方が「日の出よ!」と指さす方向を見たら、こんなキレイな景色が!


blog00003765.jpg

朝陽を浴びながら太極拳のレッスンが始まりました。

一番手前に写っているのが私ですが、日本語ガイドさんにカメラを渡したらバシャバシャ撮りまくるので、
思わず笑ってしまっている写真です。
自主規制でモザイクかけましたが、かなりニヤニヤして写っています。


blog00003766.jpg

「100枚くらい撮ったよ~」とか言ってたけど、実際は50枚くらいでした。
話を盛るタイプだな。
でも奇妙な動きをしている姉妹の写真は見るに耐え難いので、50枚でも十分すぎるくらいでしたけどね。


blog00003767.jpg

ハロン湾はどの時間帯の景色もキレイな気がします。
さすが世界自然遺産。


blog00003769.jpg


blog00003770.jpg


blog00003771.jpg

朝ごはん前にハイキングがありました。この頂上まで登るそうです。
Mさん(ご主人がオーストラリア人の日本女性)は「私は行きません」とキッパリ。
「私もやーめた」とか思ってたけど、日本語ガイドさんが
「頂上からの景色はキレイですよ」とかそそのかすので、単純な姉妹はトライすることに。


blog00003772.jpg

ビーチもあります。


blog00003773.jpg

この島はティートップ島というそうで、ティートップという方の銅像がありました。
ベトナムの英雄らしく、日本語ガイドさんが流暢な日本語で説明してくれましたが覚えていられるわけもなく、
「ティートップさん、英雄、宇宙、ソ連」
と、この辺のワードをうまいこと繋げていただくと、この方の事がわかります。


blog00003774.jpg

すごく急な階段を上っていきます。
一方通行ではないので、下ってくる方ともすれ違います。


blog00003775.jpg

一番上まで行ったら、こんなに素晴らしい景色が!
この時期に晴れているのは珍しいらしく、ガイドさんが写真を撮ると言って、
「次はそこに立って」「次そこ!」と次々指示してくれました。


blog00003776.jpg

ガイドさんが満足するまで写真撮影をした後は、ビーチに行ってみました。
泳いでいる方もいらっしゃいましたが、ハロン湾でもティーカップ島は有名なビーチだそうです。


blog00003778.jpg

エメロード号に戻ると、ブランチタイムです。


blog00003779.jpg

ベトナムでは何杯もフォーを食べましたが、エメロード号のフォーが一番おいしかったかも。
写真はフォー・ボー(牛肉のフォー)ですが、


blog00003780.jpg

お代わりして、フォー・ガー(チキンのフォー)も食べました。
麺は米粉らしいですが、さらさらと軽く食べられます。
ライムを絞って食べるのがおススメ。


blog00003781.jpg

食後はサンデッキで、島々を眺めながら帰港します。


blog00003782.jpg


blog00003784.jpg


blog00003783.jpg

港が近づいてくると、どこにいたんだ?というくらい船が増えてきます。
たくさんのツアーがあるんでしょうね。


blog00003785.jpg

ふと操縦室を見ると、日本語ガイドさんがいるじゃないか!
もちろん許可をもらって入室させてもらいました!


blog00003786.jpg

12時頃、無事に帰港しました。

この後は船で出会った方と挨拶をしながら下船します。
旅先で知り合った方々と「またどこかでお会いしましょう」と言いながらお別れするのも、旅の醍醐味の一つですね。


往路は車で4時間半でしたが、帰りは3時間半でした。
すんごく遠いですけど、ベトナムに行ったらハロン湾は行く価値ありです!




まだ続きます。




<関連記事>
ベトナム・ハノイ① ANA ビジネスクラス 羽田ーベトナム NH857便
ベトナム・ハノイ② インターコンチネンタル ハノイ ウエストレイク
ベトナム・ハノイ③ ハロン湾クルーズ 乗船編
ベトナム・ハノイ④ ハロン湾クルーズ 鍾乳洞見学~夜まで
ベトナム・ハノイ⑤ ハロン湾クルーズ 2日目朝~下船まで
ベトナム・ハノイ⑥ ハノイ市内観光 旧市街 ダック・キム
ベトナム・ハノイ⑦ ハノイ市内観光 オプショナルツアー
ベトナム・ハノイ⑧ ANA ビジネスクラス ハノイー羽田 NH858便



tag : ティートップ島 ハロン湾 ビーチ フォー・ボー フォー・ガー

23:44  |  ベトナム・ハロン湾  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.02.24 (Fri)

ベトナム・ハノイ④ ハロン湾クルーズ 鍾乳洞見学~夜まで

さぁ、鍾乳洞探検に向かいます!

blog00003731.jpg

大きな船はあまり近づけないようで、みんな小舟に乗り換えてから上陸していました。
私たちも小舟に乗り込んだんですが、その際、日本語ガイドさんと離れ離れに…。

まぁ鍾乳洞で会えるよね~なんて楽観視していたら、10人くらいのパーティーに入れられて、結局最後まで会えず。
イギリス人とオーストラリア人の方々と一緒に鍾乳洞を巡りますが、ガイドは全部英語。
うーむ…。

でもエメロード号乗船時に知り合った日本人女性(Mさん)が一緒だったので、ちょっと安心。
ご主人がオーストラリアの方なんですが、愛称が私と同じだったので勝手に親近感を抱いて仲良くさせてもらっていました♪
いいご夫妻だった~。


blog00003732.jpg

鍾乳洞内は大混雑。
この時点では、まだ日本語ガイドさんにどこかで会えるだろうと思っていたんですが、
一方通行だし、この人数なのですぐに諦めました。


blog00003733.jpg

エメロード号のクルー(英語ガイド)がポインターを使って説明してくれます。
ベトナム人なんですが、知り合いに超そっくりでビックリしました!まさか生き別れた兄弟?みたいな。
どうでもいい情報ですね、すみません。


blog00003734.jpg

鍾乳洞は狭いところもあれば、このように広い空間もあります。
人と対比していただくと広さがわかりますね。

雰囲気はパイレーツ・オブ・カリビアン命の泉でしたっけ?
あれで出てきそうな感じで、どこかにジャック・スパロウがいそうです。


blog00003735.jpg

ガイドさんが左の赤くライティングされているところと、上の穴をポインターで指して説明していたので、
「指と、その指が刺した穴かな?」なんて思ってたら下ネタらしく、
赤い部分がピーーーー(放送禁止)で、穴がピーーーーー(放送禁止)だそうです。

Mさんが「男性たち、喜んで写真撮ってましたね~」なんて言ってましたけど、
私も撮りましたよ、うふふ。


blog00003736.jpg

途中、日本人グループがやってきましたが、
日帰りクルーズで急いでいたのか、あっという間に追い越していきました。
ガイドが日本語だったので「こっちの方が何を言ってるか分かりやすいかも!」と思って聞いていたら、
中途半端な日本語で、何を言っているのか肝心な部分が分からなかった。
でも英語だって中途半端にしか分からないので、どちらにせよ鍾乳洞に関する知識は中途半端なまま。


blog00003737.jpg

ライティングがイマイチなんですよね~。
なんていうか”雑”な感じ。


blog00003738.jpg

よく見ると亀に見えます。
頭をなでると長生きすると言われているそうです。


blog00003739.jpg

なんとなく撮ってみた。


blog00003740.jpg

鍾乳洞内はアップダウンが激しいですが、平坦なところもあったので楽に回れました。
迎えの船が停泊しているところで、私たちはやっと日本語ガイドさんに再会。
「置いてっちゃってごめんなさい~」と謝ったけど、全然へっちゃらみたいでした。
もう何十回も来ているから、私たちが良ければそれでいいらしい。


blog00003741.jpg

帰りの船に乗りながら、鍾乳洞方面を撮影


blog00003742.jpg

エメロード号に戻ったらクレープタイムになっていて、強制的(笑)に食べさせられました。

いやいや、もちろん断れるんですよ。
鍾乳洞探検も、このクレープも、クルーズ中はイベント盛りだくさんですけど参加は自由です。


blog00003743.jpg

初ベトナムコーヒーは、甘かった!
コーヒー牛乳と同じか、それ以上。
お砂糖は?と聞かれて断ったけど、さらにお砂糖を入れる人がいるのか?

エメロード号内では、アルコールやソフトドリンクは有料です。


blog00003744.jpg

船内図がありました。
船は3階建てで、1階にレストラン、2階が客室、3階がサンデッキ

あれ?今、写真を見たら4階建てだわ。
もしかしたら地下にも船室があるのかもしれません。


blog00003745.jpg

私たちは221号室でした。


blog00003746.jpg

これがエメロード号の小舟


blog00003752.jpg

次のイベントは、真珠の養殖見学orカヌー体験

「はいはい、見学した後ショッピングさせられるのよね~。行きませんよ~。カヌーもやりませんよ~」
なんて思ってたんですが、日本のミキモトが技術提供しているなんて聞いてしまったもんですから、
行かないわけにはいかなくなりました。


blog00003750.jpg

今まで何度となく見てきた、真珠の核入れ作業。


blog00003751.jpg

そのあとはやっぱり売店的なところに連れて行かれてショッピング。
お客様は日本人多め。
みなさん、ご愁傷様。

写真はエメロード号です。
やっと全景が撮れた!


blog00003753.jpg

船に戻ったらハッピーアワーで、一杯注文したら同じものがもう一杯!になってました。
この時点で、何度目の乾杯か分からなくなっている私たち姉妹…。

写真のビールはハノイビールというベトナムのビールですが、他にサイゴンビール、333(なんて読むんだろう?)
ビアハノイ等々現地のビールは数種類あって、どれを飲んでもおいしかった!


blog00003754.jpg

サンデッキでは、ベトナム料理のデモンストレーションが始まりました。
この日は生春巻きだったんですが、クルーが実演したあと希望者が数名作ってらっしゃいました。


blog00003755.jpg

いい感じに日が暮れてきました。
日帰りの船はすでに港へ戻っていると思いますが、まだまだ周りにはたくさんの船がいます。


blog00003756.jpg

ディナーです。これもおいしかった!



そして夜の過ごし方ですが、この後はサンデッキでフランス映画を英語字幕で流していたので、
それを夫婦イチャイチャしながら観る方、
星空の写真を撮る方、
船の中を飛んでるWi-Fiが拾えず、悪戦苦闘している方(あ、これ私ね)
思い思いの時間を過ごしていきます。

イカ釣り体験もありましたが、日本語ガイドさんですら2,3回しか釣ったことがないというのでやめました。

Wi-Fiなんですが、羽田空港でイモトのWi-Fiをレンタルしたんですけど、
陸が見えているときは船内のWi-Fiよりも頼りになりました。
でも陸が見えない(岩に囲まれる)とまったく歯が立ちません。
姉はサクサク船内のWi-Fiを拾ってましたが、私は全然ダメでした~。




続きます。




<関連記事>
ベトナム・ハノイ① ANA ビジネスクラス 羽田ーベトナム NH857便
ベトナム・ハノイ② インターコンチネンタル ハノイ ウエストレイク
ベトナム・ハノイ③ ハロン湾クルーズ 乗船編
ベトナム・ハノイ④ ハロン湾クルーズ 鍾乳洞見学~夜まで
ベトナム・ハノイ⑤ ハロン湾クルーズ 2日目朝~下船まで
ベトナム・ハノイ⑥ ハノイ市内観光 旧市街 ダック・キム
ベトナム・ハノイ⑦ ハノイ市内観光 オプショナルツアー
ベトナム・ハノイ⑧ ANA ビジネスクラス ハノイー羽田 NH858便


tag : ハロン湾 鍾乳洞見学 イモトのWi-Fi

21:32  |  ベトナム・ハロン湾  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.02.23 (Thu)

ベトナム・ハノイ③ ハロン湾クルーズ 乗船編

この旅、最大の目的であるハロン湾クルーズに行ってきました!(それも1泊で)

blog00003711.jpg

ハノイ市内からハロン湾まで車で4~4時間半かかるとは聞いていましたが、本当に4時間半かかりました。
運転してくれたドライバーさんもエライけど、4時間半しゃべくり倒した私たちもエライ!


blog00003712.jpg

途中、ツアーでよくある地元のお土産屋さんに寄ったけどさ…。
お客様は日本人ばっかりだったけどさ…。
ガイドさん、いい人だったから許す。


blog00003713.jpg

ハロン湾クルーズツアーはたくさんあるんですが、だいたい日帰り。
せっかく4時間半かけて行くので日帰りはもったいない。

船で宿泊できるツアーもあったので、日本語ガイドが付いていて、
且つ部屋にドライヤーがあることを必須条件にして探しました。(女子なので)
少しだけ他の船より高かったんですけど見つけたのが、この”エメロード号”

ガイドさんの話だと、あまり安い船だとチャイニーズが多いんだそうです。
お行儀に問題があるのでこの船で正解だよ、と言ってもらえました。
そうか、そうなのか。


blog00003714.jpg

1泊だけですが、一つ屋根の下で過ごす仲間が集まってきます。

2月のハロン湾は曇りが多いそうですが、2日間とも快晴!
超絶晴れ女だった私たちの亡き母から20歳の記念にもらったという指輪を姉がしてきたおかげでしょうか。
亡くなってまで晴れ女が健在とは。

というか、ちょっとまって。
私、20歳の時に何ももらってないんですけどー!


blog00003715.jpg

お客様は50~60代の欧米人が圧倒的に多いです。
うんうん、欧米の方はクルージングが好きだもんね。
ジャパニーズも混ぜてね!


blog00003716.jpg

12:30出港です!

船は他にもたくさんいました。
こんなもんじゃないです。


blog00003717.jpg

サンデッキでキャプテンの挨拶が始まりました。
本物の「Ladys and Gentleman」ですよ!かっちょいー!

この後、船内でキャプテンに会ったとき「私たち日本から来たんです」と声を掛けたら
「こにゃにゃちわ」みたいなことを言われました。
「こんにちは」って言いたかったのよね!
分かる!分かるよ!分かるから大丈夫よ!


blog00003718.jpg

部屋の鍵を受け取ってまずは荷物を置きに行きます。
大きい荷物はチェックインの時に渡しているので、部屋の前まで運んでくれていました。
下船時も、部屋の前に置いておけば運んでくれます。


blog00003719.jpg

部屋は狭いですが、ほとんど寝るだけなので十分。
サンデッキの居心地がいいので、部屋にこもっているなんて、もったいないです。


blog00003720.jpg

カリブの海賊か、タイタニックの世界みたい…。


blog00003758.jpg

バスルームです。


blog00003759.jpg

特別狭いわけではないですが、シャワーを使うと便座がビッショリになります。
笑えるくらいビッショリになりますよ。( ´艸`)
そして排水が悪くて、足元に水が溜まってきます。( ´艸`)( ´艸`)
トイレの排水も良くないので、紙を流してはいけないアレでした。


blog00003721.jpg

部屋の前にも椅子があるので、ここにも座ってのんびり。


blog00003747.jpg

12:45 ランチタイムです。
レストラン内の写真は誰もいないときに撮らせてもらいました。


blog00003748.jpg

レストランのドアが開いていたので、目を潤ませながら写真撮りたいオーラを出したら、
お姉さんが入れてくれたんです。


blog00003749.jpg

いい人だ!


blog00003723.jpg

食事はビュッフェですが、船の食事とは思えないくらい何を食べてもおいしかった!


blog00003725.jpg

食後はサンデッキでダラダラします。


blog00003724.jpg

ハロン湾はこのような岩?山?が2000個くらいあるそうです。
侵食してできたようで、ガイドさんが歴史をたくさん説明してくれましたが、
なんせ記憶力がヤバいことになってきているし、何万年前になんちゃらとか、気が遠くなりそうなお話でした。


blog00003726.jpg

いろんな種類の船があるので、それを見ているのも楽しい。


blog00003727.jpg

小舟が近づいてきました。

ベトナム伝統の麦わら帽子(ノンラー)をかぶっていますね。
船にはお菓子や飲み物が積み込まれていて、それを売っているようです。
長い緑の網は、品物を落とした時に拾うのかしら、と思ったら…


blog00003728.jpg

こうやって使うようです。


blog00003729.jpg

私たちもエメロード号の小舟に乗り込んで、鍾乳洞探検に向かいます。


blog00003730.jpg

長くなったので、続きます。




<関連記事>
ベトナム・ハノイ① ANA ビジネスクラス 羽田ーベトナム NH857便
ベトナム・ハノイ② インターコンチネンタル ハノイ ウエストレイク
ベトナム・ハノイ③ ハロン湾クルーズ 乗船編
ベトナム・ハノイ④ ハロン湾クルーズ 鍾乳洞見学~夜まで
ベトナム・ハノイ⑤ ハロン湾クルーズ 2日目朝~下船まで
ベトナム・ハノイ⑥ ハノイ市内観光 旧市街 ダック・キム
ベトナム・ハノイ⑦ ハノイ市内観光 オプショナルツアー
ベトナム・ハノイ⑧ ANA ビジネスクラス ハノイー羽田 NH858便







tag : ハロン湾 クルーズ 宿泊 日帰り 一泊

18:20  |  ベトナム・ハロン湾  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.02.23 (Thu)

ベトナム・ハノイ② インターコンチネンタル ハノイ ウエストレイク

今回お世話になったのは、InterContinental Hanoi Westlake

blog00003820.jpg

空港から車で30分くらいでハノン市内に到着。
賑やかな市内から少し離れた静かな場所にありました。
ここも通常のツアー料金から○○円プラスして選んだホテル。

「だってぇーせっかく行くんだもーん。いいホテルに泊まりたいー」とは姉の談。
付き合わされる私も大変です。やれやれ。┐(´-`)┌


blog00003819.jpg

現地通貨を持っていなかったので、まずはフロントで換金します。(ホテルは安全)
ベトナムドンは持って帰っても日本で換金しづらく、できても手数料が割高だという話を聞いたので必要最低限。

いざとなったらUSドルも使えるので(家にあったのを持ってった)とりあえず5千円分換金。
でもベトナムドンってゼロがめっちゃ多いんです。

10.000(一万)ドン札とかありますが、これで50円。
コンマの後ろを消して5倍したら日本円。とか言われたって全然ピンとこない。

物価が日本の6分の1程度というので、こういう単位になるのかもしれませんが、
5千円換金して94万ドン。94万ドンってなにさ。
”500.000”と表記されているお札をみたらビビるわよ。
2.500円くらいだけどね。


blog00003799.jpg

チェックイン時はカートで部屋まで送ってくれますが、あとは自分で移動します。
写真はフロントもある本館。


blog00003798.jpg

赤い屋根はバーでした。
後日、オバちゃん2人で茶します。

赤屋根の奥にある建物に、私たちが泊まった部屋があります。


blog00003823.jpg

プールもありました。

写真を撮った日は曇っていたんですが、他はだいたい晴れていて欧米の方が浸かってらっしゃいました。
(泳ぐというより浸かるという表現がピッタリ)

姉が「世界の歩き方&服装ナビ」というサイトを教えてくれて (サイトはコチラ
服装には気を付けて行ったんですけど、思っていたより暑かったです。

ガイドさんによると、例年2月はもっと涼しいそうで今年は例外だそうですが、
半袖の上にカーディガンとか羽織るもの程度で十分でした。
まぁ私たちが帰国した翌日は13度も下がる予報が出ていると言っていたので、全然アテにはならないですけど。


blog00003683.jpg

さぁお部屋探検です。


blog00003686.jpg

クローゼットには、しっかりした金庫がありました。


blog00003687.jpg

洗面所はツインボウル
シャンプー類はアグラリア。
わぉ!やるねぇ!


blog00003688.jpg

バスタブは大きかったです。
姉(153センチ)は届かない!って言ってたけど、私(168センチ)は何が届かないのか全然分からなかった。

「まさか、足が届かないの…?」
「まさか、届くの…?」と会話があったりなかったり。


blog00003689.jpg

シャワーブースが別なのはありがたい。
写っていませんが、レインシャワーもありました。


blog00003690.jpg

デスク周辺。

撮り忘れましたが、テレビもちゃんとありますよ。
NHKが放送されていました。たぶん国際版じゃないやつ。


blog00003707.jpg

冷蔵庫内は有料。
有料と言われると、一気に興味がなくなる。


blog00003692.jpg

昼の景色


blog00003794.jpg

夜の景色


blog00003710.jpg

朝食付きでしたので、ビュッフェでいただきました。
さすがアジア圏!おいしい~!

中国の影響も受けているし、フランス領だった歴史もあるので、何を食べてもおいしいです。


blog00003708.jpg

人が多かったので、食べるものだけ撮りました。

ベトナムと言ったら、やっぱりフォーですよね。
4日間で何杯食べたか分からないくらい食べました。

パクチーは大好きなので、嬉しいったらありゃしない。
サラダのお皿に載ってるサンドウィッチは”バインミー”と呼ばれるベトナム風サンドウィッチ
これにまでパクチーが入ってて、私は悶絶しましたね。
サンドウィッチにパクチーを最初に挟んだ人、天才!


blog00003709.jpg

フルーツもさすが東南アジア!
見た目は普通ですが、とても甘い。


blog00003795.jpg

ジャムの種類も豊富ですが、私が撮りたかったのはジャムじゃなくて、
その奥にいる蜂です。
本物ですよ~!




まだまだ続きます。




<関連記事>
ベトナム・ハノイ① ANA ビジネスクラス 羽田ーベトナム NH857便
ベトナム・ハノイ② インターコンチネンタル ハノイ ウエストレイク
ベトナム・ハノイ③ ハロン湾クルーズ 乗船編
ベトナム・ハノイ④ ハロン湾クルーズ 鍾乳洞見学~夜まで
ベトナム・ハノイ⑤ ハロン湾クルーズ 2日目朝~下船まで
ベトナム・ハノイ⑥ ハノイ市内観光 旧市街 ダック・キム
ベトナム・ハノイ⑦ ハノイ市内観光 オプショナルツアー
ベトナム・ハノイ⑧ ANA ビジネスクラス ハノイー羽田 NH858便







tag : インターコンチネンタルハノイ ベトナムドン 換金 2月気候 服装

18:20  |  インターコンチネンタル ハノイ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.02.23 (Thu)

ベトナム・ハノイ① ANA ビジネスクラス 羽田ーベトナム NH857便

実姉と3泊4日でベトナム・ハノイへ旅行に行ってきました。

ベトナムは以前から興味はありましたが、なかなか足が向かなかったところ
ランチ中に姉が「ベトナム行ってみたいんだよね~」とポツリ。
「行こうか!ベトナム!」と、その場で即決。

旅行会社もオプションも何もかもネットで決めて、打ち合わせもライン。
URL貼って「このブログの旅行記が見やすいよ!」と情報交換。

あぁ、インターネットって便利だね。

ついでに鬼の居ぬ間に洗濯で、ビジネス乗っちゃう?
と、お互いの夫の許可も得ず申し込む。
だってネット申し込みですもの。言わなきゃバレないわ。

あぁ…インターネットって本当に便利だね。


blog00003666.jpg

というわけで、ANAビジに乗ることにしました。
まずはラウンジですが「JALよりはマシだね」というのが姉妹共通の見解。

結構食べる気マンマンだったのに、この程度。
お皿の大きさで私のやる気具合が分かっていただけるでしょうか。
でも唐揚げしかないので、ガッカリ具合も分かっていただけるでしょうか。

まぁ、ビールが光ってるからいいか。


blog00003668.jpg

B787です。


blog00003669.jpg

シートはANA BUSINESS STAGGEREDという一番新しいタイプ(HPはコチラ
フルフラットになります。


blog00003670.jpg

チェックインが早かったせいか、二人とも窓側にしてもらえました。
でも席は離れて、私が1Aで、姉が9Aだか11A。
「じゃーねー」と言ったきり、この後6時間一度も会いませんでした。
姉妹なんてそんなもん。


blog00003671.jpg

足元は2段になっていて、大きめの手荷物もすっぽり入ります。
離着陸時はオットマン的に使えるし。
画面はタッチパネル。


blog00003672.jpg

シートは電動


blog00003673.jpg

このサイドテーブルが広くてとても使いやすかった~。
なんでもポイポイ置いておけるのがいい。


blog00003675.jpg

8:55に出発後、安定してからドリンクサービスが始まりました。


blog00003676.jpg

でも食事までは2時間も待った!
「もう来るかな~」とずっと待ってたので全然動けず。
映画も一本観終わっちゃいました。

ぷりぷりして姉に訴えたら「ちょうどお昼時に出したかったんじゃないの?」と。
そうか、そういうことなら許してあげよう。

メニューは和食と洋食から選べました。

前菜はローストビーフ ずわい蟹のサラダに林檎のコンフィを添えて
メインは2種類からで、チキンか銀鰈を選べます。
写真はチキンのソテー ミックスマッシュルームソース

ラズベリーショコラ

こんな明暗差がある状態で写真撮っちゃダメですね。見づらくてすみません。


blog00003678.jpg

もうこれも見慣れてきましたが、シェードのない窓です。
ボタンで明るさを調節します。たしか5段階。
写真の右半分が真っ暗ですが、きちんと窓があります。一番暗くしてみました。
窓枠が見えたらすごいですね!私はローガンなので見えません。

集中パネルで明るさをコントロールできるようなので、
CAさんが長い棒を持ってシェードを下げる光景も見れなくなりそうです。
あれ、ビックリするよね!


blog00003679.jpg

フルフラットにしてみました。
興奮して1時間くらいしか眠れなかったけど、飛行機好きなので寝るのももったいない。

お布団は羽毛だったと思います。
暖かかったですよ~。
畳むとクッションにもなる優れものでした。


blog00003680.jpg

これ、初めて使ってみました。
30分コースで、USドル6.95
LINEとかメールは大丈夫でしたが、Facebookは重かった。

時間が来ると予告なしに切れます。容赦なしです。


blog00003681.jpg

ベトナム上空です!

あぁ!
「こんにちは」と「ありがとう」はなんて言うんだろう!?


blog00003682.jpg

約6時間でノイバイ国際空港に到着しました。
2年前に建て替えたばかりだそうで、とてもキレイ。
日本の企業が建てたそうです。



続きます。




<関連記事>
ベトナム・ハノイ① ANA ビジネスクラス 羽田ーベトナム NH857便
ベトナム・ハノイ② インターコンチネンタル ハノイ ウエストレイク
ベトナム・ハノイ③ ハロン湾クルーズ 乗船編
ベトナム・ハノイ④ ハロン湾クルーズ 鍾乳洞見学~夜まで
ベトナム・ハノイ⑤ ハロン湾クルーズ 2日目朝~下船まで
ベトナム・ハノイ⑥ ハノイ市内観光 旧市街 ダック・キム
ベトナム・ハノイ⑦ ハノイ市内観光 オプショナルツアー
ベトナム・ハノイ⑧ ANA ビジネスクラス ハノイー羽田 NH858便






tag : ANA ビジネスクラス NH857 BUSINESS STAGGERED 機内Wi-Fi インターネット

15:18  |  ANA ビジネスクラス 羽田ーベトナム  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.02.13 (Mon)

MERCER BRUNCH マーサー・ブランチ ギンザテラス 2回目

銀座にあるマーサーブランチ再訪です。

今回はオープン(10時)前に到着したので、すぐに食べられるだろうと思ったんですが甘かった!
さすが人気店。

オープン後、一気にお客様をお通しするのかと思っていたら、まず先頭の3~4組をご案内。
その3~4組くらいのオーダーが終わったら次の3~4組をご案内。

まぁ賢い方法ですけど、私たちが座るまでに20分。
一回転目で入店できたからいいですけど、二回転目のお客様は1時間以上は待つんでしょうね。
ひぇ~!ディズニーランドのアトラクションかよっ!


blog00003663.jpg

前回とてもおいしかったので、今回は別のものをオーダー。(前回の記事はコチラ
写真は Staub鍋 サーモンとホウレンソウのクリーム煮込み


blog00003664.jpg

サーモンのタルタルとアボカドとポーチドエッグ ディルソース


どちらもフツーの味で、痛恨の選択ミス!
冒険しないで一つは前回おいしかったものを注文すればよかった!

というか、今回は注文してから30分くらい待ったので、印象も悪かったんです。
「どうしたキッチン!?」と余計な心配までしたくなるくらい。

クリーム煮込みの付け合わせがマッシュポテトなのもいただけない。
黒いのはトリュフですが、そんなに主張しないでよ!と、トリュフすら憎く見えてくる。


blog00003665.jpg

ブリオッシュのフレンチトーストはおいしいんです。
これは安定のおいしさ。

ただ、お皿は触ったら冷たかった。
私ですら冬は暖かい料理を盛り付ける前は、お皿を暖めるのにね。

これが自分で作れるんなら、もう行かないぜ。
でも作れないから、また行くぜ。







15:50  |  東京・マーサーブランチ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.02.09 (Thu)

ANA プレミアムクラス 大分-羽田 ANA800便

大分旅行記も、これで最後です。
長々とお付き合いいただきまして、ありがとうございました。

コメントとかほとんどつかないし、誰とも交流のない孤独なブログですが、カウントが増えているのを見ると嬉しく、
少しくらいは、どなたかの情報収集のお役に立てているんだろうかと、それを励みに続けています。

なんか、これで終了みたいなこと書いていますが終わりじゃないです!
これからも細々と続けていきます。


blog00003659.jpg

ということで飛行機の記事ですが、帰りもプレミアムクラスで搭乗
航空会社ラウンジはないので、カード会社のラウンジを利用しました。

ちょうどJAL便が出発したあとでしたので、ラウンジはガラガラでしたけど、
夢中になって本を読んでたら(ごめんなさい、嘘をつきました。漫画です)
搭乗時刻が近づいてきて満席になりました。
ラウンジに行くなら、早めをおススメします。

プレミアムクラスは優先搭乗ですが、ビジネスマンの皆さんは、どのタイミングで自分のクラスが呼ばれるがよくご存じ。
小さなお子様連れ(これはホント助かる)→ゴールドメンバー(だったかな)→プレミアムクラスと、
たしか、この順番で搭乗できましたが、
「ポーン」と音が鳴ったとたん、何もアナウンスされていないのに動き出すなんて旅慣れてるわ。
いつか私もそうなってみたい。


blog00003660.jpg

出発時刻になり、飛行機がゲートを離れていきますが、このお仕事をしていた知り合いが
「飛行機をバックさせるのって面倒くさいんだよね」
と誰も共感できないことを話していたことを思い出して、毎回ニヤニヤしてしまいます。


blog00003661.jpg

毎回ANAのプレミアム御膳はおいしい!と書いてますが、これはアレレ?な味でした。
ま、こんな時もありますね。
温州みかんジュースはおいしかった!




<関連記事>
ANA プレミアムクラス 羽田-大分 ANA791便
活魚料理処 関の瀬
別府 地獄めぐり  海地獄
大分 別府温泉 ホテルうみね
料亭 山田屋  臼杵本店
福寿司
別府海浜砂湯
由布院・ゆむ田の森温泉 草屋根の宿 龍のひげ こごみ 施設編
由布院・ゆむ田の森温泉 草屋根の宿 龍のひげ こごみ 食事編
由布院散策
ぎょうざ 湖月
ANA プレミアムクラス 大分-羽田 ANA800便







17:39  |  ANA プレミアムクラス 羽田-大分  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT>>