FC2ブログ
2016-11- / 10-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>12-

2016.11.30 (Wed)

JAL プレミアムエコノミー搭乗記 香港→羽田 JL26便 ラウンジ利用

香港から羽田行きもプレミアムエコノミー(プレエコ)を利用しました。

プレエコはラウンジ利用ができるんですが、香港のJALラウンジは、2015年12月1日から、
カンタス航空の運営する"The Qantas Hong Kong Lounge"を間借りしているそうです。

そしてこのラウンジ、飛行機好きにはたまらないラウンジでした。

blog00003059.jpg

ホテルから空港までは車で40分ほど。
渋滞もなく、順調に到着。
チェックインカウンターも、そんなに混んでいませんでした。


blog00003060.jpg

”離港”って書いてありますが、イメージわきますね。
ゲートは南と北がありますが、北から出国した方がラウンジは近いです。


blog00003075.jpg

イミグレを抜けて、すぐ(もう本当にすぐ!)右を向くとラウンジが見えます。


blog00003061.jpg

一歩入ってビックリ! 広い!
写真で見える一番奥までラウンジです。


blog00003062.jpg

バーカウンターにあったメニュー表。
ソフトドリンクが多いですが、ヤクルトなんてものもあります。


blog00003063.jpg

フードコーナーです。
広さはこの程度。


blog00003070.jpg

blog00003071.jpg

blog00003069.jpg

種類は豊富とは言えませんが、こんなのもあるようです。


blog00003065.jpg

盛り付けの一例

カレーは日本の方がおいしい。
これ食べたら、急に自分の作ったカレーが食べたくなり、帰国後すぐに作りました。
ハンバーグは見た目にそぐわずおいしかった。
ケーキに外れはないだろうと期待していたら、そうでもなかったです。

隣で相方がシャンパンをフツーに飲んでいましたが、
”俺は羽田から運転なんかしないぞ!運転はお前だ!”という意思表示がビシバシ伝わってきます。

別に運転くらいするけどさー。
そしてシャンパンを注いで持ってってあげたのは、私なんだけどさー。(あぁ優しい)


blog00003064.jpg

こちらはラウンジ奥の方にあるドリンクカウンター
写っていませんが、右にはコーヒーマシーンもあります。
ポテトチップス等のポリポリ系もありました。

ポテチおいしいな~と思ったら、日本製でしたよ。


blog00003068.jpg

左上にあるのはシャンパンです。
「なんならボトルでどうぞ」ってことなのかしら?
バブリーだわ。


blog00003072.jpg

新聞各紙


blog00003074.jpg

座席は様々なパターンがあって、こういったカフェスタイルのものや、一人座席、ソファ等々たくさんあって、
お気に入りの場所が必ず見つかりそうです。


blog00003066.jpg

我々は飛行機がよーく見えるところに座りましたが、大正解でした。
飛行機好きの皆さん!このラウンジ超面白いですよ!

右のゲートにシンガポール航空が駐機していますが、ずーっと観察していると、
グランドハンドリング(空港地上支援)の作業がよく見える!
飲み物を取りに行きたいのに席を立てないくらい面白い♪


blog00003073.jpg

JL26便は16番ゲートだったので、その前に座っていたんですが、
「もしかして帰る飛行機が到着するんじゃない?」なんて思っていたらビンゴ!

到着してから飛行機を駐機場に誘導するマーシャリング
ボーディングブリッジが機体に近づいて、お客様が降りてくる。
手荷物と貨物の搭降載
機内食や飲み物の搭載
燃料給油
お掃除部隊のみなさま

等々よーく見える。


blog00003076.jpg

とどめが、機長と副操縦士がゲートの入り口に立って機体を眺めながら談笑している。
なんて素敵な後姿なのー!
と思っていたら、CAも合流し、みなさんでボーディングブリッジを渡って搭乗していきました。

もう目が離せないったら、ありゃしない!
ラウンジなんか利用せずに、ずっとゲートの前で待っていればいつでも見られるんでしょうけど、
これをラウンジで見られるのがいいじゃないですか!
たまらんですねぇ。


blog00003077.jpg

搭乗のアナウンスが始まったのでラウンジを後にしてゲートに向かいますが、
順番は一番最後なので、どうせならと最後に搭乗することにしました。

写真は待ってる間に撮ったんですが、こういった充電システムを何か所か見ました。


blog00003078.jpg

USBからの充電もできるんですね。
羽田にもありますけど、マジマジと見るのは初めてでした。

この写真で、香港のコンセントが分かりますね。
ちなみに香港の電圧は220V(日本は100V)
電圧AC100-240V対応の電化製品は、変圧器を通さず利用可能らしいですが、自己責任でお願いします。


blog00003079.jpg

最後に搭乗しましたが、本当に私たちが最後だったようで、乗り込んだらすぐにドアを閉める作業が始まりました。
子どもたちが小さいときは、あれやこれやと荷物を出し、シートベルトに括り付け、
とにかく静かにさせることに時間を費やしていたので、最後に搭乗するなんて考えられなかったけど、
なんてラクになったんでしょう。


blog00003080.jpg

離陸1時間後、サービスが始まりました。


blog00003081.jpg

機内の詳細については、往路便をご参照ください。

食事は鶏胸肉のマスタードブラウンソースとグリーンピース入りマッシュポテト
うどん、ハムと野菜の胡麻風味サラダ、フレッシュフルーツ、ハーゲンダッツ
お味噌汁がおいしかったなぁ。





<関連記事>
JAL プレミアムエコノミー搭乗記 羽田→香港 JL29便
JAL プレミアムエコノミー搭乗機 香港→羽田 JL26便
リッツ・カールトン香港 お部屋編
リッツ・カールトン香港 クラブラウンジ
リッツ・カールトン香港 天龍軒
香港観光 オープントップバス・女人街・尖沙咀プロムナード
香港島へ 電車・タクシーの乗り方
本格飲茶を食す!翠園(旺角店)  金魚街・花園街街市熟食中心(市場)散策





ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング参加中!
クリックお願いします。








スポンサーサイト



tag : 香港 JAL ラウンジ カンタス航空 電源 電圧 コンセント JL26

07:15  |  JAL プレミアムエコノミー 羽田ー香港  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.11.29 (Tue)

飲茶 翠園(旺角店)  金魚街・花園街街市熟食中心  

香港に行ったら、絶対に食べてみたかったのが飲茶。
それも、ワゴン式飲茶!

雑誌やネットで情報を集め、ピンときた翠園というお店に行ってきました。
朝食で行ったのですが、興奮して早起きしてしまい、8時には到着。(オープンは7時半)

blog00003034.jpg

混雑しているという話でしたが、この時は誰もいません。
受付にいた女性に指を二本出して「ふたり」とアピールすると、
「奥に行って」というジェスチャーを返されます。

促されるまま奥に進むと、披露宴会場のような場所に出ます。
そこにはテーブルがたくさん並んでいて、すでにたくさんの人が飲茶を楽しんでる!
ワゴンも見える!!!!

店員がたくさんウロウロしているので、席に案内してもらおうと目が合うのを待ちますが一向に合いません。
「もしかして適当に座っていいんじゃないの?」と席を探し始めたところで、
やっと女性が一人近づいてきて、何か言いながら数か所テーブルを指さします。
さしずめ「この辺でどう?」とでも言ってるのかな。


blog00003035.jpg

ちょうどワゴンが数台止まっている席の近くに座ります。


blog00003038.jpg

広東語が通じないと分かると、すぐに英語を話せる店員がきてくれますが、あまり説明はしてくれません。
ポットを2個置いて、何やらつぶやいて去っていきました。

奥のポットにはお茶が入っていて、手前にはお湯が入っています。
お湯の使い道がわからなかったのですが、周りをきょろきょろ見回すと、
湯のみにお茶を注いで、そこにお湯を足す人、数名。
しばらくするとお茶が渋くなるからかなぁ。と勝手に妄想し、同じような真似をしてみる。
私たち、ちゃんとその場に馴染んでいるかしら?


blog00003036.jpg

ここはワゴン式(ワゴンから直接もらう)とオーダー式で食べられますが、
オーダー表は何が書いてあるのか、さっぱり分かりませんよ。写真もありませんし。

そもそもワゴン式を楽しむのが目的だったので、どうやったら食べられるのか、
またここで周りをキョロキョロすると、立ち上がってワゴンに近づいて品物をもらってる人発見。

なるほどー!
と我々もワゴンを覗き込むと、店員さんがセイロを開けてくれます。


blog00003037.jpg

一生懸命説明してくれてるようなんですが、申し訳ないことにサッパリ理解できません。
なので見た目だけで選びます。

写真の奥は、後々分かったんですが、たぶん「海老の玉子乗せ焼売」
口の中に運んだ瞬間、卵の香りがふわ~っとして、まだかじってないのに「うま!」と言ってしまいました。

左の透明の皮の餃子もうまい!!!

blog00003041.jpg

こんなにおいしいんだったら、もっと食べよーぜ。とワゴンに近づく相方。


blog00003045.jpg

これは計算書で、セイロをもらうと、こうやってハンコを押してもらえます。
なので、ワゴンに近づくときはこれを持っていって、セイロを受け取りつつハンコを押してもらいます。

もちろん席で待っててもいいんですけど、ワゴンは常にたくさんウロウロしているわけではないので、
狙いのものがあるなら、この方がいいし、間違ってはいないはず。
やってる人、他にもいたし。
途中ワゴンがさっぱり来なくなった時、計算書を握りしめて広い店内をウロウロ歩いていたら、全然目立たなかったし。

ほら、私、間違ってない!


blog00003043.jpg

ワゴンには商品名が書いてあるんですが、良くわからないです。
漢字が書いてあるとつい読んでしまいますが、英語を読んだ方が、よっぽどイメージがつかめます。
でも最後は「見た目」です。
これが一番大事です。


blog00003040.jpg

この春巻きもうまかったんだよなー!
何が入っているのかよくわからないけど、とにかくうまい。

「辛子が欲しい」という相方を全力で無視し、味を堪能しましたが、
やはり私は八角をおいしく感じるのかもしれません。

日本でも飲茶のおいしいお店はありますが、ここまで味にクセはなく、上品なお味。
でも私たちはクセのあるものが好き…ということは、八角?

日本は八角が苦手な人も多いですからね。
お店で出すのは難しいのかもしれません。


blog00003039.jpg

品物名に「~包」と書かれたワゴンが近づいてきたので、「肉まん系だよ!」と喜ぶ中年夫婦。


blog00003042.jpg

肉系の包(パオ)をゲットしますが、これもおいしかった!
日本でも各社肉まんを販売していますけど、これはダントツ。
あーもう!なにがいったいこんなにおいしいんだろう!


blog00003044.jpg

相方が米粉の皮好きなので、これも見た目で選んだ一品。

不意打ちでパクチーが出てきて、相方と歓喜の声をあげます!(パクチー好き)
ドはまりだな、このお店。



もっと食べた気がするんですけど、量的に少ないですね。
でもこれでお腹いっぱいでした…自分の胃が憎い。
これで242香港ドルです。(約3.500円)
大きな声では言えないけど、前日のミシュランよりもおいしいし、お得。

ワゴンを押している店員さん(オバちゃん)たちも結構親切で、
言葉が通じなくても嫌な顔ひとつせず対応してくれました。

9時前にお店を後にしたら、もう順番待ちしているお客様が数組いましたよ。
やっぱり人気店なんですね。

わかるわー。


blog00003047.jpg

翠園を後にして向かったのは金魚街。
香港の人にとって金魚は金運に恵まれる魚なんだそうです。
もちろん金魚は持って帰れませんが、近くまで来たので寄ってみます。

と思ったら、金魚街にほど近い場所に、街の人気のパン屋さんぽいお店を発見!
甘いもの好きの相方は、すぐに反応します。
さっきお腹いっぱいだと言っていたのに甘いもんは別腹って…相変わらず女子だわ。

何を売っているのかよくわかりませんが、みんなが買っているものを買ってみます。
料金もよくわかりません。

料金を聞いたら、お店のオバちゃんが人差し指と小指だったかな?親指と小指だったかな?
なんでもいいですけど、指を出して数字を表現してくれたんですけど、
人差し指と小指でいくらになるのかジャパニーズにはわからないのよ。
親指と人差し指と小指かな? もうどうでもいいか。

なので小銭も貯まって重くなった財布を広げて出したら、必要なコインを取ってくれました。

「ほら、これで合ってるからね」という雰囲気で取ったコインを私に見せてくれましたが、
それを見ていた男性が何やらオバちゃんに声をかけ、オバちゃんは手を左右に大きく振って笑っています。

「多く取るなよ~」「取ってないわよ~」みたいなプチコントだったのかな。
その様子が面白かったので、何言われてるかちっともわからなかったけど、一緒に笑っておきました。


blog00003046.jpg

で、肝心のパンは、というとメロンパンでした。
それも焼きたてで、甘くてうまい!

いくらだったんだろう~。
今頃気になってきたぞ。


blog00003051.jpg

さて、金魚街に向かいましょう。


blog00003048.jpg

時間がまだ早かったせいか、オープンしているお店が少なく、
あまり金魚街という雰囲気は味わえませんでしたが、写真だけでもどうぞ。


blog00003049.jpg

blog00003050.jpg

blog00003052.jpg

じゃーホテルに帰ろうか…なんて言ってたら、

「花園街街市熟食中心」

と看板が出たビルに当たりました。
食中心?食中心が熟してるの?なんかおいしそう!

と名前だけで入ってみましたが、どうやら市場のようです。


blog00003053.jpg

1階は乾物屋さんや魚屋さん。


blog00003054.jpg

2階はお肉屋さんがありました。


blog00003055.jpg

わぉ!


blog00003056.jpg

日本ではあまり考えられないお肉の売り方ですね。


blog00003057.jpg

野菜は名前の分からない物がたくさんありました。


blog00003058.jpg

買って帰れそうなものはなかったですけど、面白かったですよ!
フードコートとかあったら楽しそうなのに。




<関連記事>
JAL プレミアムエコノミー搭乗記 羽田→香港 JL29便
JAL プレミアムエコノミー搭乗機 香港→羽田 JL26便
リッツ・カールトン香港 お部屋編
リッツ・カールトン香港 クラブラウンジ
リッツ・カールトン香港 天龍軒
香港観光 オープントップバス・女人街・尖沙咀プロムナード
香港島へ 電車・タクシーの乗り方
本格飲茶を食す!翠園(旺角店)  金魚街・花園街街市熟食中心(市場)散策





ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング参加中!
クリックお願いします。



翠園



パン屋さん



金魚街



花園街街市熟食中心




tag : 香港 飲茶 翠園 おススメ ワゴン式 金魚街 メロンパン

18:17  |  香港・翠園  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.11.27 (Sun)

香港島へ 電車・タクシーの乗り方

仕事の合間を縫って、香港島も行ってきました。
タクシーでも行けますが、せっかく九龍駅に近いので電車で行くことに。

台湾もそうでしたが、香港の電車も簡単です。本能で行けます。

blog00003024.jpg

まずは切符売り場を探します。


blog00003025.jpg

路線図が載ってますので、行きたい駅にタッチすれば料金が表示されます。
九龍駅から香港駅は10香港ドル(150円程度でした)
複数枚購入するのも簡単。


blog00003023.jpg

プリペイドカードとかもあるようですが、数回しか乗らないので、毎回購入。
このようなカードが発行されるので、自動改札でタッチすればOK


blog00003026.jpg

香港のエスカレーターは、キープライトらしい。


blog00003027.jpg

駅はすごくキレイです。
時間も正確なのかな?あまり待たずにじゃんじゃん到着していました。


blog00003028.jpg

香港駅に到着

こちらは駅に直結しているifcビル。
商業施設も充実していて、ショッピングにはちょうどいいかもしれません。
私たちも、ここで子供たちのお土産をゲットしました。

左に大きく表示されているマークは、電車のマーク
電車に乗りたいときはこれを目指していきましょう!


blog00003029.jpg

ifcビルです


blog00003030.jpg

遊歩道があったので、海岸に向かって歩いて行きます。
写真はリッツ・カールトン香港で、ここの115階に宿泊しています。
さぁ!下から数えてみましょう。

嘘です。
たぶん、一番上の細い黒いラインがクラブラウンジ(116階)なんじゃないかな。
それの1階下です。


blog00003031.jpg

観覧車発見!
中年夫婦が乗ってもいいんでしょうか。
痛くないですね?大丈夫ですね?

というわけで乗り込みます。(一人100香港ドル)
スピードは結構速くて、グルングルン回っています。
こんなに速くて乗り降りできるんだろうか?と思ったら、乗り降りの際はピタッと止まります。
なので乗っている途中、ちょいちょい止まります。
これが3周あるので、混雑時には止まってばかりでしょうね。

この時も空いていましたが、15分くらい乗っていたかもしれません。


blog00003021.jpg

本土に戻りますが、電車でもよかったんですけどタクシーに乗りました。
タクシーに乗って海底トンネルを利用すると、70香港ドルの追加料金が発生します。(往復通行料)
タクシー料金が80ドルでしたので、合計150ドル(約2.250円)

香港のタクシーは赤いです。
流しのタクシーも捕まえられますが、路肩に二重線の黄色いラインが書いてあるところは駐停車禁止なので
乗降できません。


blog00003033.jpg

ドアは日本と同じ自動ドアです。
チップは不要みたいですが、JTBの現地職員が「1ドルでもいいので渡してあげてください」
と言っていたので、毎回2ドルくらい渡していました。
日本円で30円ほど。
これで日本人のイメージが良くなるのなら、安いもんです。

サスペンションがへたっているのは、外国のタクシーあるあるですね。
でも安全運転の方がほとんどでしたよ。




<関連記事>
JAL プレミアムエコノミー搭乗記 羽田→香港 JL29便
JAL プレミアムエコノミー搭乗機 香港→羽田 JL26便
リッツ・カールトン香港 お部屋編
リッツ・カールトン香港 クラブラウンジ
リッツ・カールトン香港 天龍軒
香港観光 オープントップバス・女人街・尖沙咀プロムナード
香港島へ 電車・タクシーの乗り方
本格飲茶を食す!翠園(旺角店)  金魚街・花園街街市熟食中心(市場)散策




ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング参加中!
クリックお願いします。




tag : 香港 旅行記 電車 タクシー 乗り方 ifc ショッピング

23:34  |  香港・香港島  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.11.27 (Sun)

天龍軒 リッツ・カールトン香港102階

台湾に行ったら、本格的な中華を食べよう!それもミシュラン獲得店で!

ということで、ミシュラン二つ星獲得店である、リッツ・カールトン香港102階 天龍軒へ行ってきました。
予約困難店との情報でしたので、予約はJCBのコンシェルジュデスクを利用。(JTBじゃなくてJCB)

とーっても丁寧に対応してくださり、言わなくても窓側をリクエストしてくれ、これぞ日本のお・も・て・な・し
とばかりに、細かい配慮で手配をしてくださいました。
ありがとうございました。
JCBのコンシェルジュデスクは評判いいですが、本当に満足度は高いです。

JCBから届いたバウチャーを握りしめ、いざ入店。

blog00003003.jpg

やっぱりギラギラ。


blog00003004.jpg

18時に予約したので、まだお客様の少ないうちに店内を撮影。


blog00003005.jpg

まずはシャンパンをオーダーしますが、そういえばラウンジで飲めるじゃないか…。
なにか違うものにすればよかったなぁ。ルイロデのクリスタルとかね!

写真は撮り忘れですが、中国茶もオーダーします。
料金は発生しますが、少しでも減るとすぐに注いでくれるし、カップが冷たくなっているんじゃないか。
と気にかけてくれるし、さすが二つ星。
とても気が利きます。
そして、おいしいときたもんだ!


blog00003006.jpg

ミシュラン・デギュシュタシオン・メニューをオーダー (たしか2000香港ドルくらい)

まずは前菜をいただきますが、盛り付けがあらら?な感じ。
でもおいしいんです。
おいしいからいいんです。


blog00003007.jpg

シェフ・プレミアム・セレクション

メニューが広東語と英語なのでよくわかりません。
漢字が書いてあるとついつい目で追ってしまいますが、結局は英語を読んだ方が理解しやすいです。

これは鮑とイベリコ豚と豆料理。
ほら、英語だとよくわかる。


blog00003008.jpg

ロブスターとピーマン


blog00003009.jpg

魚料理


blog00003010.jpg

肉料理はラム


blog00003011.jpg

使用途中で申し訳ないですが、このタレがおいしかった!
チリソースって言ってたような気がする…。
たしかに辛いし。


blog00003012.jpg

蟹ご飯



盛り付けは全般的にあらら…ですが、味はおいしいです。サービスもいいです。
料理のタイミングもいいし、日本の二つ星店と遜色ありません。


blog00003013.jpg

でもこのデザートがおいしくなかったなぁ。
最後の〆って重要なのになぁ。

右のスープみたいなのは、豆乳?ぽいです。
豆乳は大好きなんですが、味がイマイチ。
残したら「おいしくなかったですか?」と聞かれました。
まさかイエスと言うわけにもいかず、「アイムフル…」と言ってごまかしましたけど。

左の焼きが系もイマイチ。
茶色のひし形のものは、私がこの世で一番嫌いな水羊羹かと思って蕁麻疹が出そうでしたけど、
チェリーのゼリーでした。
逆に水羊羹大好きな相方はガッカリ。


blog00003014.jpg

天龍軒の向かいは、ホテルのバーです。
ビクトリア・ハーバー側を向いていますので、窓側に座れたら景色もいいし、カップルも盛り上がるでしょうね。
ふん、いちゃいちゃすればいいさ。

大好きな甘味がイマイチでしたので、この後ラウンジで癒されてから部屋に戻りました。




<関連記事>
JAL プレミアムエコノミー搭乗記 羽田→香港 JL29便
JAL プレミアムエコノミー搭乗機 香港→羽田 JL26便
リッツ・カールトン香港 お部屋編
リッツ・カールトン香港 クラブラウンジ
リッツ・カールトン香港 天龍軒
香港観光 オープントップバス・女人街・尖沙咀プロムナード
香港島へ 電車・タクシーの乗り方
本格飲茶を食す!翠園(旺角店)  金魚街・花園街街市熟食中心(市場)散策






ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング参加中!
クリックお願いします。










tag : 台湾 天龍軒 ディナー JCB コンシェルジュデスク

22:58  |  香港・天龍軒  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.11.27 (Sun)

香港観光  オープントップバス・女人街・尖沙咀プロムナード

香港観光で、オープントップバスに乗ってきました。
2階建てバスの屋根がないやつです。

申し込みはマイバス香港というサイトから。
JTBが運営していますので、安心して利用できます。

オープントップバス乗車に、ビクトリアピーク夜景観賞やディナーが付いたものなど多種ありますが、
夜景はリッツ・カールトンから見られるし、ディナーもいらないし。
ということで、女人街散策付きツアーに申し込みしました。(260香港ドル)
ちなみにビクトリアピーク夜景観賞付だと480香港ドル(2016年11月現在)

集合は19:15
18時半にはホテルを出たんですが、タクシーがなかなか来ない。
乗っても渋滞にはまって、なかなか進まない。

「もしかして間に合わないかも…」と思った、19:15ギリギリに集合場所に到着。
間に合ってよかった…。


blog00002977.jpg

最後は宿泊ホテルまで送ってくれるらしいのですが、女人街をゆっくり散策したかったので、
女人街での解散希望を伝え、バスに乗り込みます。

いかんせん最後に到着したので、2階部分に座れないかも…と思ったら、ギリギリ座れました。
たぶん2階部分に座れる人数を募集するんでしょうね。そりゃそうか。
雨が降ったらポンチョが配られるのか、車内にたくさん置いてありました。


blog00002979.jpg

2階建てバスは初めて乗りましたが、視線が高い!


blog00002980.jpg

一気にハートを鷲掴みされます。


blog00002981.jpg

湾岸線を走った後は、尖沙咀を北上して、ネイザンロードを走ります。
写真はありませんが、両脇にあるガジュマルの木から垂れ下がる枝先がキレイでした。



blog00002984_20161127203522a66.jpg

佐敦(ジョーダン)でバスは一時停止。
撮影タイムになり、この時だけ立ち上がってOKになります。


blog00002982.jpg

この形容しがたい模様のビル!
サイケとでも言うんでしょうか…。


blog00002983.jpg

待ちゆく人を眺めますが、みなさん見慣れているのか誰も見上げてくれません。


blog00002985.jpg

バスは再び走り出し、油麻地を疾走します。


blog00002986.jpg

この辺りになると看板が本当に近くて、お触りできそうなほど。


blog00002989.jpg

blog00002990.jpg

女人街で、夜景鑑賞に参加する人は別のバスに乗り換えます。
残ったのは、我々含め3組。
みーんなビクトリアピークに行くらしい。


blog00002998.jpg

私たちは女人街での解散を希望したので、入口まで案内してもらって解散します。
ここまで所要時間1時間。ちょうどいい時間でした。

写真は女人街ですが、実際はもっとお店が迫っているし人も多いです。
そして楽しい!!

偽物も多くて、わざわざ「ニセモノ~」とつたない日本語で話しかけてくる店員もいるくらい。(笑)
問題が多そうなので詳細は省きますが、某有名ブランドのコピー商品が堂々と売られていました。

許可を取ってなさそうなキャラクターのパンツとかもあったな。
なんか面白くて笑いが止まりませんでした~。


blog00002993.jpg

女人街の隣にはスニーカー街があったので、こちらにも行ってみました。


blog00002991.jpg

すると、香辛料のいい匂いがしてきて、よく見たらトリッパが屋台で売っていました。
迷わず購入しましたが、これで30香港ドル(450円)


blog00002992.jpg

香港の街歩きをしていると、この香辛料(たぶん八角)の匂いがすごくします。
私たちは臭いものが好きなので(笑)この匂いがすると出所を探してしまうくらいなんですが、
苦手な人はつらいんでしょうね。


blog00002995.jpg

ガイドブックに載っていた、チェーン店です。
マンゴー系のデザートが有名らしい。


blog00002994.jpg

来店していた人、ほとんどがオーダーしていたマンゴードリンクと、マンゴープリンをいただきます。

人気店なのか人が多くて、それをさばく店員(40代と思われる男性)の接客が雑で広東語が怖い。
通貨がよくわからずにお札ばかり使っていたらコインがたまってきていたので、ここで使おうかと思ったけど、
モタモタしてたら怒られそうなので、やっぱりここでもお札で支払い。
香港ドルのコイン、重いっす。

マンゴードリンクはおいしかったです。もう一つ買おうかな?と思うくらい。
マンゴープリンは普通。


blog00002996.jpg

そのあとも、街をブラブラ。
ここはフルーツばかり売っていました。


blog00002997.jpg

こういうお店からいい香りがしてくるんです。
右のお店は行列ができていました。


blog00002999.jpg

油麻地から電車に乗って尖沙咀に出ました。
ペニンシュラのライトアップは有名なのか、たくさんの人が写真を撮っていました。


blog00003000.jpg

5分ほど歩いて、プロムナードに出ました。
香港島の夜景がキレイ。

20時から15分ほど、シンフォニー・オブ・ライツという光のショーがあるんですが、
滞在中、一度も見なかった…というか、見られなかった。
そのうちyoutubeで検索してみようっと。



blog00003001.jpg

プロムナードからリッツ・カールトン香港を望む。
そういえば、リッツから夜景って、一枚も撮らなかった…。


blog00003002.jpg

プロムナードの西端にある時計塔



このまま夜遊びするつもりでしたが、中年夫婦の体力はここで限界!
タクシーに乗って、おとなしくホテルに戻りました。




<関連記事>
JAL プレミアムエコノミー搭乗記 羽田→香港 JL29便
JAL プレミアムエコノミー搭乗機 香港→羽田 JL26便
リッツ・カールトン香港 お部屋編
リッツ・カールトン香港 クラブラウンジ
リッツ・カールトン香港 天龍軒
香港観光 オープントップバス・女人街・尖沙咀プロムナード
香港島へ 電車・タクシーの乗り方
本格飲茶を食す!翠園(旺角店)  金魚街・花園街街市熟食中心(市場)散策




ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング参加中!
クリックお願いします。




女人街





尖沙咀プロムナード





tag : 香港 観光 オープントップバス マイバス 女人街

21:14  |  香港・オープントップバス  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.11.27 (Sun)

リッツ・カールトン 香港 クラブラウンジ

リッツ・カールトン香港のクラブラウンジへ。

ラウンジは116階にありますが、カードキーをかざしてから階数ボタンを押さないと反応しません。
お部屋階も同様。

一番最初に行ったときは部屋番号を聞かれたけど、
2回目以降は何も聞かれず、顔もすぐに覚えてしまった様子。

滞在中何度も通いましたが、スタッフの面々もそんなに変わらないので、
少数精鋭でシフトを回しているのかも。


blog00002976_20161127134535ccd.jpg

ラウンジは常に人がたくさんいたので、全景はこの写真で勘弁してください!
全部で50座席くらいあるかなぁ。

座るとすぐに飲み物を聞きにきてくれます。
シャンパンでもワインでも好みを言えばすぐに持ってきてくれるので、とてもサービスはいい。

朝食 6:30~10:30
軽い昼食 11:30~14:00
アフタヌーンティ 15:00~17:00
オードブルとカナッペ 17:00~20:00
デザート 20:30~22:30
未確認ですが、22:30以降もスタッフは不在だけど、ラウンジは使えるらしい。

12歳以下のお子様は、6:30~18:00まで利用可能
3歳以上12歳以下は有料(300香港ドル プラス10%サービス料)


blog00002942.jpg

到着後、まずはオードブルタイムにお邪魔しました。

これ酢豚なんですが、すっごくおいしかった!
やっぱり中華料理おいしいわ~♪


blog00002943.jpg

お肉料理は普通だったけど。(酢豚がうますぎた)


blog00002944.jpg

サラダ


blog00002945.jpg

ケーキ
別日にはマカロンタワーもありました。


blog00002946.jpg

ホットメニューのカウンター。
この時はターキーを切り分けていました。

「ターキーってなに?」と相方。
…いいから黙って食べなさいよ。 鳥よ!鳥!

朝食時、こちらのカウンターでは卵料理を作っていました。


blog00002947.jpg

そういえば、バナナを食べている人がたくさんいました。
香港では人気なのかな。


blog00002948.jpg

チーズはシェーブル(山羊)まで置いてありました。
シェーブル大好き!嬉しい!


blog00002949.jpg

ワインサーバーらしいですが、使わなかったので使い方はわからないです。
というのも、ワインに限らず、紅茶でもコーヒーでも
自分でドリンクを入れようとすると、スタッフがすぐに声をかけてくれます。
ホントに油断も隙もないくらいで(笑)サービス満点です。

飲み物が少なくなると、すぐにお代わりも聞きに来てくれるので、飲み物に関しては完全お任せ。
目配りに限って言えば、三ツ星レストランに負けてないかも。


blog00002950.jpg

瓶ビールもあるんです。


blog00002951.jpg

フードを取っている間に、シャンパンが届いていました。

一口飲んで「おいしいなぁ」とは思ってたんです。
でもお代わりをお願いして持ってこられたボトルを見てビックリ!
ルイ ロデレール ブリュット プルミエだったんです。

さすがリッツ。
バブリーですね~。

よってこの後、ことあるごとにシャンパンばかり飲むことになります。


blog00002952.jpg

一皿目


blog00002953.jpg

スープ


blog00002954.jpg

二皿目
酢豚は欠かせません。


blog00002955.jpg

紅茶はTWGでした。
カモミールがあった!


blog00002974.jpg

コーヒーはネスプレッソ
お部屋にあるマシーンとは違うタイプで、ラテとかマキアートなんかも作れるようです。
ボタンがいろいろあったので、にらめっこしていたら、やっぱり声を掛けられて作ってくれました。


blog00002975.jpg

飲み物をいただくだけでも癒されます~。


blog00003015.jpg

これは、最後のデザートタイムでいただいたお菓子とワイン
こんな上品でおいしいお菓子がラウンジではいただけます。


blog00002956.jpg

こちらからは朝食の写真ですが、このジュースがおいしかった!
オレンジジュースを飲んだんですが、たぶん搾りたて。


blog00002957.jpg

焼売


blog00002958.jpg

blog00002959.jpg

blog00002960.jpg

デニッシュが美しすぎる!
めっちゃおいしそうだし、実際とてもおいしかった。


blog00002964.jpg

クロワッサンだけで3種ありました。


blog00002966.jpg

美しすぎるので写真撮りまくり!


blog00002961.jpg

blog00002962.jpg

blog00002963.jpg

blog00002965.jpg

ボンヌママンのジャム各種


blog00002967.jpg

シリアル各種


blog00002968.jpg

アフタヌーンティもお邪魔してきましたよ♪


blog00002969.jpg

これで2人分です。


blog00002970.jpg

スコーンもラウンジで出てくるレベルとしてはおいしすぎるくらいでした。
クロテッドクリームもおいしかったなぁ。

奥にあるのはさつま揚げみたいなもの。
まさか、と思ったけど、味もさつま揚げでした。


blog00002971.jpg

ケーキは甘いです。
手前のチョコクリームがお腹に重い。


blog00002972.jpg

手前はフォアグラのムースですが、これもおいしい。





私たちがアフタヌーンティをいただいていたとき、隣の席ではプロカメラマンぽい人が2人
何やら撮影の準備を始めました。
ソファに照準を合わせていたので、インタビューか何か始まるのかな?誰かな?
とお茶をいただきながら暫く待っていたんですが、始まる気配がまったくなく、部屋に戻ることにしました。

そうしたら、他の席にサッカーの某有名選手が!!
こちらでもインタビューを受けているようでしたので、この方の撮影なのかは分からずじまいですが、
有名人に会えたのはラッキーでした。

でも日本人は周りに誰もいないので、みんな気づいている感はまったくなし。
それとも分かっててそっとしておいたのかな~。



話はそれましたが、リッツ香港のラウンジはなかなか良かったですよ。
クラブルームをリクエストすると、それなりの料金にはなりますが、景色はいいし、料理もおいしいしで満足でした。




<関連記事>
JAL プレミアムエコノミー搭乗記 羽田→香港 JL29便
JAL プレミアムエコノミー搭乗機 香港→羽田 JL26便
リッツ・カールトン香港 お部屋編
リッツ・カールトン香港 クラブラウンジ
リッツ・カールトン香港 天龍軒
香港観光 オープントップバス・女人街・尖沙咀プロムナード
香港島へ 電車・タクシーの乗り方
本格飲茶を食す!翠園(旺角店)  金魚街・花園街街市熟食中心(市場)散策





ブログランキング挑戦中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします!






tag : リッツカールトン香港 宿泊記 クラブラウンジ アフタヌーンティ

14:19  |  リッツ・カールトン 香港  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.11.27 (Sun)

THE RITZ CARLTON 香港

今回お世話になったのは、リッツ・カールトン香港
香港と言えばペニンシュラが人気のようですが、クラブラウンジがなかったのでリッツにしました。
(あるのかもしれないけどJTBパンフレットではなかった)

blog00002932.jpg

一番左のビルがICCビルで、102階~118階がリッツ・カールトンです。(香港島から撮影)
天気が悪いと雲の中に入ってしまうくらい高く、景色はとても良い。


blog00002933.jpg
(真下から撮影)

立地ですが、尖沙咀(サムサーチョイ)という繁華街からは少し離れています。
電車で行くと直線では行けず、グルーっと回らないといけません。
調べたら30分くらいかかるようです。

でもタクシーだったら10分30~40香港ドル(550円前後 1ドル150円計算)
香港のタクシーは安いので何度も利用させてもらいましたが、これで交通の不便さは解消できました。
しかしタクシーに乗って「リッツカールトンまで」と言って通じたのは、若者ドライバー一人だけ。
あとは通じず「ICCホテル」って言った方が、よっぽど通じました。
発音悪かったのかしら?


blog00002919.jpg

正面玄関ですが、実質ビルの9階にあります。
世界的な一流ホテルなので、入口には常にボーイが何人もいます。
タクシーもすぐに声をかけてくれるし、何か忘れ物をした際に必要だからと、タクシーナンバーを控えたメモをくれます。
でもこれは台湾ではデフォなのかな?


blog00002941.jpg

入口ロビー。
JTBの現地職員が言っていましたが、リッツまでガイドしたのは3か月ぶりだそうです。
それくらい日本人の利用は少ないらしい。
そしてその言葉通り、チェックアウトするまで日本人にはまったく会いませんでした。
(厳密にはラウンジで一人会う…うふふ♪)


blog00002936.jpg

フロント(103階)への直行エレベーターです。
高層エレベーターによくある「速いです!何秒で到着します!」なエレベーターではなく、
そこそこ時間もかかるし、そこそこ揺れます。
どれくらい揺れるかというと、電車がスムーズに走っていて、吊革につかまらなくても大丈夫な程度。
ということは、日本のエレベーターでは無いくらい揺れます。


blog00002940.jpg

103階に到着して降りると、こんなギラギラ。
さすがリッツ。
ギラギラさせずにはいられないのね!


blog00002939.jpg

フロントですが、クラブフロアをリクエストしたので、手続きはラウンジでもできます。
チェックイン時はすいていたのでこちらでしましたが、JTB現地職員とリッツの職員が英語で会話していたのは意外だった。
「広東語を話せないらしくて」と言ってたけど、中国全土って広いんですね~。


blog00002922.jpg

部屋は115階。
デラックス・ビクトリア・ハーバービュールームをリクエストしたので、景色は良いはず。
期待に胸を膨らませながら歩く廊下もギラギラ


blog00002901.jpg

さぁ到着です。


blog00002935.jpg

高いかもって思ったけど、飛行機に乗っていたので、そんなに高さを感じなかった!(笑)
っていうか、高いところ好きなのでなんでもいいわ~。


blog00002924.jpg

真下では再開発?が行われていました。
真下を見ると、ちょっと高さを感じるかも。


blog00002934.jpg

窓際にはクッションが置かれています。
小粋な演出だけど、ガラス割れたら泣いちゃうね。


blog00002938.jpg

別日撮影ですが、曇るとこんな風になります。
完全に雲の中に入ると、まったく何も見えない!


blog00002900.jpg

お部屋探検の前に、客室はこんな風になっていますよ。
22号室はとっても広いお部屋ですね。


blog00002902.jpg

枕は一人2個ずつ。
高めと低めがあり、読書灯もあるので、両方使えて便利。
奥にはオットマン付チェアがあり、こちらも便利。


blog00002918.jpg

ラグジュアリーなベッドサイド
スイッチ類も分かりやすく、使いやすい。
変に凝ったスイッチだと、何が何だかわからないのよね。


blog00002903.jpg

デスクもあり、椅子も2個あるので向かい合って座れます。
左の椅子は勢いよく寄りかかると、ガーッと倒れてビックリするらしい。(相方談)


blog00002904.jpg

マカロンがうまそう。
9階にあるピエールエルメのマカロンかなぁ?


blog00002905.jpg

ウェルカムフルーツ


blog00002906.jpg

水屋もギラギラ


blog00002907.jpg

ネスプレッソとリッツオリジナル紅茶があります。
香港は水道水が飲めないので、ミネラルウォーターもありますが、こちらもリッツオリジナル
なかなかカッコいいボトル。


blog00002908.jpg

blog00002909.jpg

blog00002910.jpg

ハンガーが大量!

リッツだからなのか、香港がそうなのかは分かりませんが、
「どこかでパーティーでもあるのかな?」と思うくらい、オシャレな人がたくさんいましたよ。

私の事を上から下まで目線を走らせ洋服チェックする人も結構いて(そしてなぜか自信を帯びた顔をする)
オシャレ意識の高い人が多いのかもしれないですね。


blog00002911.jpg

バスルーム


blog00002912.jpg

バスタオルは大きくて重い。
重いバスタオルは使いづらいなぁって思うのは私だけかしら。


blog00002914.jpg

シャワールーム


blog00002915.jpg

レインシャワーは出口が多くて水が分散され、本当に雨のようでした。
一点集中なハンドシャワーの方が使いやすい。


blog00002916.jpg

アメニティはアスプレイ。
リッツといえば、アスプレイ。


blog00002917.jpg

アメニティ


blog00002921.jpg

バスにもテレビが付いていましたが、NHKの国際版しか観られません。
まぁテレビっ子の相方が、どこに行っても日本のテレビ番組をリアルタイムで観られるようにするので、
私は黙って待ってればいいだけですけど。


blog00002927.jpg

さて、こちらはICCに直結しているショッピングモールです。


blog00002928.jpg

高級ブランド店が立ち並び、目がくらみそう。


blog00002930.jpg

この一角だけ飲食店が並んでいました。


blog00002931.jpg

下に下に進んでいくと、九龍駅(クーロン駅)に到着します。
エアポートエキスプレスと直結しているので、ここで航空会社のチェックインができるらしく、
各航空会社がずらーっと並んでいました。
荷物もこちらで預かってもらえるらしい。




利用していないものもありますが、リッツのサービス一覧を載せておきます。

フィットネスジム&プール 118階
 フィットネス 24時間利用可
 プール 6時~22時
 サウナあり (男性:ドライ 女性:スチーム)

スパ 116階 9時~23時

電圧とプラグ 
 香港の電圧は220V(日本は100V) 電圧AC100-240V対応の電化製品は変圧器不要らしい
 全客室にマルチアダプターあり
 ハウスキーパーにお願いすれば、変圧器レンタル可能
 ※ こちらはあくまで自己責任でお願いします。
   我が家は念のため、なんでも変圧器を通すようにしています。
 
Wi-Fi 無料で利用可 パスワード不要

リムジンサービス
 ロールスロイス・ファントム(!)をドライバー付きで利用可能。
 もちろん有料

プレスサービス(クラブフロアのみ)
 到着時に渡す。2枚まで

送迎サービス(クラブフロアのみ)
 クラブカーで九龍エリアのみ片道送迎。
 事前予約で、7時~22時まで30分間隔。



レストラン一覧

Ozone 118階
 最上階に位置する、世界一高いバー

Cafe103 103階
 チョコレートをテーマにしたラウンジ
 チョコレートアフタヌーンティ 15:30-18:00
 ランチビュッフェ、ディナービュッフェもあり

TOSCA 102階
 南イタリア料理

天龍軒 102階
 広東料理 ミシュラン2つ星

The Lounge Bar 102階
 朝食ビュッフェ、アフタヌーンティ、もあるバー。
 時間によって生演奏もある。




<関連記事>
JAL プレミアムエコノミー搭乗記 羽田→香港 JL29便
JAL プレミアムエコノミー搭乗機 香港→羽田 JL26便
リッツ・カールトン香港 お部屋編
リッツ・カールトン香港 クラブラウンジ
リッツ・カールトン香港 天龍軒
香港観光 オープントップバス・女人街・尖沙咀プロムナード
香港島へ 電車・タクシーの乗り方
本格飲茶を食す!翠園(旺角店)  金魚街・花園街街市熟食中心(市場)散策




ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング参加中!
クリックお願いします。









tag : リッツカールトン香港 宿泊記 デラックス ビクトリア・ハーバービュー ラウンジ プール 電圧 プラグ

13:37  |  リッツ・カールトン 香港  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016.11.27 (Sun)

JAL プレミアムエコノミー搭乗記 羽田→香港 JL29便

JAL プレミアムエコノミー(略してプレエコ)を利用して香港に行ってきました。

旅行はJTBで申し込みましたが、Cクラスの追加料金が75.000円 プレエコが30.000円(旅行当時)
片道4時間前後という短時間が決めてとなり、初プレエコ利用となりました!

まずは私なりにビジネスクラスとの比較をしてみます。

チェックイン…プレミアムエコノミーカウンターがありますが、エコノミーとあまり変わらないかも
プライオリティパス…タグが荷物に付きますので、到着時、優先的に荷物が出てきます。(これ結構重要)
ラウンジ…ビジネスと同じようにサクララウンジが使えます。(同じものが飲み食いできます)
優先搭乗…ありません。エコノミー前列という扱いで最後の搭乗になります。
座席&機内食…のちほど写真にて。(プレエコからシャンパンがサービス)
機内のトイレ…エコノミーと同じ場所

blog00002878.jpg

10時搭乗なのに、羽田に到着したのは6時過ぎ。
イミグレも混雑前に抜けられたので、あっという間に体がフリーになります。
でも飛行機好きなので、早めに行くのは全然問題ない!
3時間何しよう~♪

夏にシンガポールへ行った際、子ども達が「六厘舎がうまかった!」と絶賛していたので、
こちらで朝食を摂ることにしました。


blog00002879.jpg

初めていただいたので一番人気の、つけ麺をいただきます。
メニュー表は国際空港らしく日本語、英語、韓国語で書かれていましたよ。

麺は太麺。
スープはこってり系。

中年夫婦の朝食としては重いです…。半分しか食べられなかった。
でも味はおいしい。
スープ割とかして飲んでみたかったけど(そば湯的に)あったのかなぁ。

「さすが子どもたちは若いね!朝からあんなにガッツリ食べられないよ」と話しながら、
子どもたちが食べたのは、つけ麺ではなくラーメンだったことを思い出す。


blog00002881.jpg

食べた後はラウンジへ移動しますが、JALのラウンジは2か所あります。
一つ目は112番ゲートの目の前にあり、私はだいたいこちらを使います。(イミグレから一番近いから)

下の階にダイニングがありますが、お腹いっぱいなので上階でまったりします。
JALラウンジといったらメゾンカイザーのパンだけど、それも入らないくらいパンパン。


blog00002880.jpg

でもクッキーは入るんです。(大好物)
ビールはちゃんとサーバーがあり、生ビールとモルツ(だったかなぁ)の2種類ありました。
相方と飲み比べをしたら、生ビールの方がコクがあっておいしかった。
で、その生ビールは私がいただくという。

ここで2時間ほど時間を潰しますが、
飛行機好きの私につき合わされ、早起きさせられた相方はグーグー寝てました。
ここは人も少ないし、とても静かなので寝てても全然大丈夫。


blog00002882.jpg

搭乗の時間になり、ゲートへ向かいます。
今回の座席は20ACなので、搭乗は最後。

優先搭乗のみなさんの列を眺めながら待ちますが、なんだか現場が慌ただしく、
どうやら現地の天候調査中とかで搭乗時刻が5分、10分と伸びていきます。
そして15分ほど待った時、優先搭乗のみなさまが一気に散会!とばかりにバラバラに列を離れていきました。

我々エコノミー客にはアナウンスの声が届きませんが、どうやら搭乗時刻が未定になったらしい。
「ラウンジの利用ができるお客様は、どうぞラウンジでお待ちを…」という声がかすかに聞こえたので、
スックと立ち上がり、私は嬉々としてラウンジへ向かいます。
飛行機も好きですが、ラウンジも好きなんです。
なので、遅延とか全然大丈夫なんです。


blog00002883.jpg

同じラウンジに行っても仕方ないので、今度は114番ゲート近くにあるサクララウンジ・スカイビューへ行きます。
カウンターで「台湾便なんですけど…」と言ったら
「大変申し訳ございません。こちらでお待ちください」と話が早い。


blog00002885.jpg

そういえば、こちらのラウンジを初めては使うかも。
たしかスカイビューというだけあって、飛行機のよく見える席があったような…。


blog00002886.jpg

でも、いつ搭乗のアナウンスが入るか分からないので、冒険してもいられません。


blog00002884.jpg

機内食も楽しみなので、軽く食べようとしていたら
「台湾便は、まもなく搭乗を開始します」とアナウンスが!
あわててシャンパンを飲み干し、サンドウィッチを口に放り込みゲートに向かいます。
15分もいなかったんじゃないかなぁ。
あ、このサンドウィッチうまかった。


blog00002899.jpg

そんなこんなで、初プレエコ搭乗です。

見えているアメニティは枕、ひざ掛け、ヘッドフォン、スリッパ。
スリッパがあるのはありがたい。

機体はB777-200
ビジネスは 1-2-1
プレエコ 2-4-2
エコノミー 3-4-2の配列になっていました。

ビジネスクラスはJAL SKY SUITEⅢでしたよ。
Ⅲは初めて見ましたが、座席が斜めになってました。
でもちょっと狭い? JAL SKY SUITEⅡの方が広そう? 壁があるから狭く感じるのかな?
どちらにせよ、フルフラットになるのは羨ましい。


blog00002889.jpg

座った感じは、こんな感じ。
身長170センチの相方が膝を組んでも大丈夫です。

画面はタッチパネルで、慣れるまで時間がかかりました。
どうしてもリモコンで操作しようとしてしまいますが、タッチでなんでもできます。

横の人の画面はプライバシー仕様になっているので見づらくなっています。
写真だと分かりますが、実際は覗き込まないとなんの映画を観ているのか分かりません。
相方が「おおかみこどもの雨と雪」を観ているのにはビックリしたけど。

前の座席の真ん中にあった小物入れが非常に便利でした。


blog00002890.jpg

足元はオットマン(写ってない)と足置きもありました。
足置きは高さが3段階に調節可能。


blog00002891.jpg

これがリモコン。
新しいせいか、とても感度がいいです。サクサク操作できます。

機内エンターテイメントはさすが日系。豊富です。
まだ劇場公開しているであろう「君の名は。」もありました。
私が見たのは、「Xメン アポカリプス」「ペット」「君の名は。」

飛行機でありがちな、よくわからない中国語や韓国語の字幕が消せずに、そのまま観る。
みたいなうっとーしいこともなく、こういう細かい配慮は感心しきり。


blog00002892.jpg

安定飛行になるまで映画を観てはいけません。電子機器はすべて電源オフ!とにかくジッとしててください。
的なことも昨今なくなったので、着席後から映画を見始めますが、なかなか出発しない。
なにやら係の人が近づいてきて、液体を振りまいています。

これとは関係ありませんが、貨物庫でなにやら異常があったらしい。
またしても30分くらい機内で待機。
映画観られてよかったわ。


blog00002893.jpg

トータル1時間くらいの遅延でやっと離陸。
機内食のサービスが始まったころには、すっかりお腹がすいていました。
ラーメン完食すればよかった。

メニューは北海道シリーズと題されていて
エスカロップ  ポテトとサーモンの盛り合わせ  フレッシュサラダ醤油胡麻ドレッシング
ハーゲンダッツ

内容はたぶんエコノミーと同じ。
ドリンクが、プレエコだとシャンパンが選べるらしい。

味は期待していなかっただけにおいしかったです。完食してしまいました。
おつまみ系も普段は食べないのに、こちらも完食。
やるなぁ。


blog00002894.jpg

機内ではWi-Fiも有料で使えます。
今回は映画が面白かったので使わなかったけど、以前使ったときは簡単にできました。


blog00002895.jpg

これを読んで「読書灯が付いてるんだ!」と気づく


blog00002896.jpg

blog00002897.jpg

映画を観終わった後は、飛行機の現在地とか高度とか分かる画面を付けっぱなし。
あれ好きなんですよね~。
そして内容が充実してて、さらに楽しかったです。


blog00002898.jpg

4時間ちょっとで香港に到着。
現地は晴れ

現地の天候調査中…ということで30分くらい遅延したけど、なんの調査だったのか。


座席は足が伸ばせないままだったのは疲れたけど、4時間くらいなら耐えられるかな。
相方も丸まってなんとか寝ていたし。


そうそう。
今回初香港ですが、入国スタンプがパスポートに押印ではなく、小さい紙を渡されました。
よーく見ると、滞在期日とかパスポート番号が書いてある。
なんのことだかわからず、相方は帰国後に捨てちゃったみたいですが、
スタンプを押す時間短縮のためにそうしたらしい。

私はパスポートに各国のスタンプが溜まっていくのが楽しみだったのになぁ。
悔しいから両面テープで貼り付けました。

そして荷物ですが、プライオリティパスのおかげで、すぐに出てきますが、
ツアーだと全員揃うまで行動できないので、ここで20分くらい待ちます。
パスが付いているのと付いていないのとでは20分くらい違うのか…。

追加料金を払うのには、それなりの訳があるんですね。




<関連記事>
JAL プレミアムエコノミー搭乗記 羽田→香港 JL29便
JAL プレミアムエコノミー搭乗機 香港→羽田 JL26便
リッツ・カールトン香港 お部屋編
リッツ・カールトン香港 クラブラウンジ
リッツ・カールトン香港 天龍軒
香港観光 オープントップバス・女人街・尖沙咀プロムナード
香港島へ 電車・タクシーの乗り方
本格飲茶を食す!翠園(旺角店)  金魚街・花園街街市熟食中心(市場)散策






ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング参加中!
クリックお願いします。




tag : JAL プレミアムエコノミー 搭乗記 JL29 プレエコ 料金 入国 スタンプ

09:29  |  JAL プレミアムエコノミー 羽田ー香港  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.11.20 (Sun)

Tartufo bianco 2016

ハインツ・ベックの白トリュフ祭りに行ってきました。

いやいや実際は「白トリュフ祭り」なんてダサいネーミングじゃないんですけどね。
食べた感想が「祭りのように白トリュフ三昧だった」なので、勝手にそう呼ばせていただきます。

白トリュフと言ったらイタリア。
イタリアと言ったらハインツ・ベック。

今までは他店でも白トリュフをいただいてきましたが、今年はここにかけました!
一人3万円のコースを とくとご覧あれ!


blog00002861.jpg

まずはシャンパンですが、ハインツ・ベックの名を冠しています。
イタリアのお酒はよくわからないので、この辺は完全にお任せです。

とてもよい香りで、注がれているときから香ってきました。


blog00002862.jpg

グリッシーニとチップスです。
これはもりもり食べると、お代わりもいただけますよ。
おつまみに最適


blog00002863.jpg

シェフからのお楽しみ その1

パリパリの白トリュフとチーズです。
撮り忘れましたが、最初ガラスのクロッシュで香りを閉じ込められた状態でテーブルまで運ばれてきました。

それを一斉に開けた時の香りといったら!!
シェフからのお楽しみ…って、私がシェフだったら、陰でこっそりにんまりしてるシーンですね。


blog00002864.jpg

白トリュフを見せていただきました。
というか、この後ずっと私たちのテーブルのそばでスタンバイしてましたが、この大きさ!

イタリアでは、ハインツ・ベックに白トリュフを卸しているということがステイタスになるようで、
それだけで質の良いものが入荷されてくるんだそうです。


blog00002865.jpg

シェフからのお楽しみ その2
卵のようなものが出てきましたよ。


blog00002866.jpg

それを割ると白トリュフがたっぷり!
こういう演出、好きだわ~。


blog00002867.jpg

シェフからのお楽しみで、がっちりハートをつかまれた後はいよいよコースのスタートです。
まずはオマール海老 アーモンドのピュレ マーシュ 白トリュフ添え


blog00002868.jpg

白トリュフをこれでもか!というくらい掛けていただきます。


blog00002870.jpg

帆立貝とアーティチョーク 卵のニョケッティ 白トリュフ添え


blog00002871.jpg

これも白トリュフのお化粧をしていただきます。


blog00002872.jpg

菊芋を詰めたサッコッティーニとキノコ 白トリュフ添え

そろそろ気が付いてきましたか?
メニューの最後には必ず「白トリュフ添え」って付いているんです。
デザートにまで付いてますよ。


blog00002873.jpg

赤ワイン(白ワインは撮り忘れ)
イタリアワインは本当によくわからないんですが(かといってフランスも分からないけど)
数年後、この写真を見て「これを飲んでたのか~」ってわかるようになるといいなぁ。



blog00002874.jpg

フランス産仔牛のフィレ肉 燻製したジャガイモ 白トリュフ添え

和牛苦手な私たちはさっぱりと仔牛肉をいただきましたが、
和牛といっても短角牛らしいので、次回は和牛でお願いしてもいいかも。

まだ2回目の訪問なのに、好みとかもよく把握してくださっていて感心するばかり。


blog00002875.jpg

栗のクレモーゾ トリュフエキスのゼリー リコッタチーズのジェラート 白トリュフ添え

はいはい、デザートにも有無を言わさず白トリュフ三昧ですよ。
白トリュフはデザートにも合うんです。


blog00002876.jpg

本当に、とことん白トリュフ祭りでした。
3万円って高いけど、このクオリティの白トリュフなら納得。
他店でプラス料金払って中途半端なモノを食べるよりも、満足度は高い。
お店の人に感想を聞かれてリアクションに困るときあるもんね。


blog00002877.jpg

最後のプティフール

やっと白トリュフから解放(笑)
来年も行きますよ!





ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング参加中!
クリックお願いします。









ハインツ・ベックイタリアン / 大手町駅二重橋前駅東京駅

昼総合点★★★★ 4.4


16:05  |  ハインツ・ベック  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.11.20 (Sun)

御食事処 歩成 本店

ほうとうを山梨で食べたくなり、ネットで評判のいいコチラのお店に行ってきました。
聞くところによると、ほうとう大会で何度も優勝を重ねた名店らしい。

blog00002860.jpg
(写真が暗いのは私の腕のせいです)

場所は山梨市駅から徒歩数分のところにありますが、駐車場も完備されています。
台数に制限はありますが、周りをきょろきょろ見回すと、いろんなところに路駐できそうで素晴らしい環境。

予約しないと混むらしいよ…と相方が言うので開店直後に入店しましたが、
平日のお昼だったせいか、割と席に余裕はありました。
ただ分煙されておらず、隣の席の人の煙草の煙がダイレクトに届いてきたのはいただけない。

私たちも20年位前までは喫煙者だったので、気持ちはわかるけどさー。
香水がキツイとか体臭がキツイとかって、嫌われるでしょ?
あれと同じくらい煙草って臭いんですよねー。
その場だけじゃなくて、髪の毛とか洋服にも付くから、しばらく臭い。
あー臭いなぁ…と思って席変わってもらいましたけどね。


blog00002858.jpg

臭い話はこれくらいにして、注文したのはもちろんほうとう。
しばらく待っていたら、これらが運ばれてきて15分(だったかな)待機
主にやることは火加減の調節です。


blog00002859.jpg

東京から高速で1時間半かけて食べに来たほうとうはおいしかったです。
カボチャが特に美味しかったかな。

具材はきのこ類も入っていて種類は豊富
麺もかなり多めで、お椀で3杯分くらいありました。
油揚げとか豚肉がいい味を出していて、おいしいなって思ったけど、
お母さん(私)が作るほうとうも負けてないな。と思った一品でした。( ´艸`)




ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング参加中!
クリックお願いします。








御食事処 歩成 本店居酒屋 / 山梨市駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.8




tag : 山梨 ほうとう 歩成

14:54  |  山梨・歩成  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT>>