FC2ブログ
2016-10- / 09-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>11-

2016.10.30 (Sun)

伊勢千年のしじま 月夜見の座(つきよみのざ) vol.1

伊勢にある、千の杜の別邸、月夜見の座へ行ってきました。

こちらはオープンしてまだ一年弱。
なにもかもがキレイでピカピカです。

アクセスは伊勢駅もしくは宇治山田駅からタクシー。
時間は15分~20分ほどで、3千円弱でした。
多分送迎もあると思いますが、チェックイン時は利用しなかったので詳細不明。
アウト時は、宇治山田駅、伊勢神宮外宮、内宮の3か所から、好きな場所へ送ってくださいました。

blog00002831.jpg

伊勢のタクシーは優秀で、宿の名前を告げたらすぐに理解してくれました。
できたばかりの宿だと「わからない」とか言われたりするんですよね。
同じ敷地に千年の杜とか斎王の宮があるし、同列グループっていうのもあるのかな。


blog00002838.jpg

こちらはラウンジです。
全6室なので、こじんまりとした造り。


blog00002805.jpg

好きな浴衣を選んでください♪

と言われますが、女子力低いので浴衣とかなんでもいいんですよね。
でも、要りませんとも言えなくて、とりあえず選びますが、結局一度も袖を通さなかった…。
部屋には作務衣があるので、こればかり着ていました。
やっぱり腰回りは帯よりもゴムの方が断然ラクちん。

ちなみに男性も浴衣を選べます。
相方も同じく作務衣ばかり着ていましたケド。(同じく腰回りがアレな感じで)

シャンプー類も、デタイユ・ロクシタン・ローラアシュレイから選べました。
これは珍しい。
個人的にデタイユ・ラ・メゾンが一番泡立ちいいかな~と思って、こちらをいただきました。
ポーチの柄も選べましたよ。


blog00002839.jpg

チェックインの手続きをしながらドリンクもいただきます。
相方はお抹茶、私はゆずドリンク。


blog00002784.jpg

栗のお茶菓子。


blog00002832.jpg

ささ、お部屋へ参りましょう。
全6室なので、敷地はそんなに広くありません。


blog00002833.jpg

写真悪いっすね~。(;´・ω・)

全6室にはすべて月の名前が付けられていて、
新月に始まり、黄昏月、望月、既望、居待月、晦
なんとなく名前が源氏物語っぽい!と思ったけど、あれは朧月夜か。

お部屋の詳細は宿のHPをどうぞ。
聞いたところによると、新月と黄昏月がダブルベッドで、あとはツインらしいです。


blog00002786.jpg

我々が宿泊したのは、黄昏月。
御簾が平安時代チック。


blog00002787.jpg

テレビ周辺。
ありがたいことに、この辺一帯は床暖房です。
ベッドの方に行くと無くなりますが、トイレの方にまであるのは良かった。
トイレ周辺って寒いですもんね。


blog00002788.jpg

お部屋のお茶菓子
クッキーでしたが、結構な量が入っていておいしかった。


blog00002789.jpg

黄昏月がモチーフになっています。


blog00002790.jpg

クローゼット




blog00002791.jpg

この作務衣、生地がシャリシャリしていて、すごく着心地が良かったです。
よーく見ると、胸元がはだけないようにボタンが一つ付いてるし。

靴下とスリッパも置いてありますが、床暖房が気持ちよかったのでずっと裸足。
奥には小さい三面鏡がチラッと写っています。
持ち出して好きなところでお化粧できるので、便利でした。


blog00002792.jpg

こちらはお部屋にある食事処。
部屋食ですが、こういう別室があるので襖を閉めてしまえば、
お部屋の中がどんなに汚れていても気になりません。

食事前に慌てて部屋を片付けたりするもんなぁ。

出入り口も玄関ではなく勝手口があって、そこから出入りされていました。


blog00002794.jpg

冷蔵庫内は無料です。
夕食時、別注せずに、こちらから飲んでもOKだそうです。


blog00002795.jpg

このコーヒーメーカー、最近よく見ます。
ネスプレッソより薄いので、アメリカン好きな人向きかも。


blog00002797.jpg

テラスもあって、目の前には池もあります。
そしてウサギの置物がそこかしこにあって、結構目が合います。
最初、本物のウサギかと思った。(´▽`)


blog00002798.jpg

洗面台ですが、コンセントの場所が見つからず困り果てました。
相方と二人で探しますが、一向に見当たらない。

「もしかしてコンセント無いんじゃないの?」
「まさか、洗面所に無いわけないよ~」
「ドライヤーも置いてあるし、絶対にあるよね」
「でもマジで見つからないよ。ホントに無いんじゃない?」
「んなバカな~」

と、フロントに電話をして聞こうかと思ったときに発見しましたけど、天板の左の隅にあります。
この写真だと、一番左の中央辺り。
ドアノブと重なってる辺りにあります。

老眼で目がかすむので、暗くてわからなかったようです。
あはは、情けない。自分で自分に疲れますねぇ。


blog00002799.jpg

こちらにもGACHIがありましたよ。
男性用の基礎化粧品


blog00002800.jpg

女性はポーラのアロマエッセ
これ肌馴染みが良くて好きです。


blog00002801.jpg

アメニティ


blog00002802.jpg

内湯


blog00002803.jpg

シャンプー類もアロマエッセでした。


blog00002804.jpg

そしてこちらが露天風呂

まろやかな温泉で、肌がしっとりする感じ。
温度調節は自力では無理なシステムなので、フロントに言えば調節してくれます。
チェックイン時は42度で設定されていました。




次は食事です。




<関連記事>
近鉄観光特急 しまかぜ 洋風個室
志摩観光ホテル ザ・ベイスイート vol.1
志摩観光ホテル ザ・ベイスイート vol.2
志摩観光ホテル ザ・ベイスイート vol.3
伊勢千年のしじま 月夜見の座 vol.2
伊勢神宮 内宮 早朝参拝




ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング参加中!
クリックお願いします。









スポンサーサイト



tag : 月夜見の座 ブログ 伊勢 高級旅館 宿泊記

20:23  |  伊勢・月夜見の座  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.10.30 (Sun)

志摩観光ホテル ザ・ベイスイート vol.3

夕食は、和食とフレンチから選べます。

blog00002752.jpg

私たちはフレンチでお願いしたんですが、伝統的なフレンチだと聞いていたので、
バターこってり?と、ちょっと心配。

しかし着席して周りを見回すと、平均年齢が高い。
現役を引退されてご夫婦で旅行を楽しんでらっしゃるのかな?と思われる方が多い。
この年齢層ならば、バターこってりはないだろうと、とりあえず胸をなでおろします。


blog00002753.jpg

アミューズブーシュ

飲み物はフュージョンセットと名のついたワイン、日本酒、お茶のセットをいただきます。(プラス1万円)
まずシャンパンは NV Bolinger Special Cuve


blog00002754.jpg

海の幸 あのりふぐのジュレと共に
ホタテの貝柱が大きいです。

合わせていただくのは、ロイヤルブルーティー 宇治茶
とても香りのいいお茶でした。


blog00002755.jpg

blog00002756.jpg

生野菜もいただきました。
ディップは鮑の肝、オリーブオイル、マヨネーズとのこと。

肝系は苦手なんですが、マヨネーズが入っていたので食べられました。


blog00002757.jpg

フォアグラのロワイヤル 熊野地鶏のコンソメとともに

コンソメスープって久しぶりにいただいた気がします。
フォアグラが濃厚でおいしい一品でした。

ドリンクは瀧自慢 純米大吟醸

ここで日本酒です。
フォアグラと日本酒ってどうなんだろう?と期待したら、
私たちには合いませんでした。残念。


blog00002758.jpg

白身魚のシャンパン風味

ドリンクはムルソー・ナルヴォー 2014
若かったなぁ…。


blog00002759.jpg

お口直しのソルベ


blog00002760.jpg

メインは三種から選べます。

伊勢海老、鮑、三重ジビエ
私たちはジビエが好きなので、こちらをお願いしました。

ワインはジュヴレ・シャンベルタン・オー・エシェゾー 2012
あ~!いいワインなのに全然開いてない。渋い~。
せめてこのセットをお願いしたときに抜栓しておいてほしかった!
エシェゾーがぁぁぁ。


blog00002761.jpg

デザートも三種類の中から選べましたよ。
こちらはショコラ系


blog00002762.jpg

こちらは相方のデザート


blog00002763.jpg

最後はミニャルディーズと、


blog00002764.jpg

ハーブティ。
フレッシュとドライから選べました。

さすが平均年齢高めなだけあって、ポーション少な目で、お腹にも優しいディナーでした。
ワインはイマイチでしたけど、お食事はとってもおいしかった♪
のちのち、シェフは女性だと分かって、なんだか納得。


blog00002765.jpg

こちらは朝食です。
ハーフビュッフェと聞いて楽しみにしていたんですが、違ってた…。


blog00002766.jpg

夜は何も見えなかったけど、朝はいい景色!


blog00002767.jpg

こちらはフルーツカクテルみたいな感じ。
上に添えられているのは、ヨーグルトとか、ほかのものから選べました。


blog00002768.jpg

フレッシュジュースもおいしかった♪


blog00002769.jpg

カフェオレをお願いしたら、コーヒーと牛乳の配分を聞かれました。
そんな事を聞かれるとは思わなかったので、ビビるわたくし達。


blog00002770.jpg

南瓜のスープ


blog00002771.jpg

焼きたてパン


blog00002772.jpg

ジャム類


blog00002773.jpg

エッグベネディクト
オランディーズソースには伊勢海老が入っているそうですよ。


blog00002774.jpg

サラダ


blog00002776.jpg

最後になりましたが、こちらはお部屋にあったお茶菓子です。


ベイスイートはさすがのお値段&サービスでした!
子どもNGだけどね。




<関連記事>
近鉄観光特急 しまかぜ 洋風個室
志摩観光ホテル ザ・ベイスイート vol.1
志摩観光ホテル ザ・ベイスイート vol.2
伊勢千年のしじま 月夜見の座 vol.1
伊勢千年のしじま 月夜見の座 vol.2
伊勢神宮 内宮 早朝参拝





ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング参加中!
クリックお願いします。







tag : シマカン 志摩観光ホテル ベイスイート フレンチ 朝食

08:10  |  賢島・志摩観光ホテル ザ・ベイスイート  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.10.30 (Sun)

志摩観光ホテル ザ・ベイスイート vol.2

ベイスイートでは、7:30~22:30の間、ラウンジが使えます。
場所は建物の5階

blog00002730.jpg

ソフトドリンク、アルコール、小菓子の他、
DVDや本の貸し出しもしているそうです。


blog00002732.jpg

広いですね~。
行ったのは14時半頃ですが、誰もいませんでした。


blog00002734.jpg

いきなり目を引くシャンパンボトル。
「ポメリーだ!」と興奮しますが、ボトルだけで飲めませんでした。

でも周りには小菓子がたくさん置いてあります。


blog00002735.jpg

手作りのようで、微妙に形が違います。
どれもおいしかったですよ。
もりもり食べてしまいました。


blog00002736.jpg

シャンパン発見!ポメリーじゃないけど!
ワインも白・赤ありました。


blog00002737.jpg

ふむふむ。


blog00002738.jpg

地ビールもいい感じに冷えて置いてあります。


blog00002733.jpg

お部屋と同じコーヒーマシーン


blog00002739.jpg

ソフトドリンクもあります。


blog00002740.jpg

ネーミングにやられてしまった…。



blog00002741.jpg

ラウンジ内のテレビでは、サミットの様子がスライドショーで流されていました。


blog00002742.jpg

ラウンジに入ったとき、どこかで見た覚えが…と思っていたら、
ここで会議をしたんですね。


blog00002743.jpg

庭園にも出てみます。
ここのソファには灰皿が置いてあったので、喫煙OKのようです。


blog00002744.jpg

ここにもサミットの名残りが。


blog00002745.jpg

blog00002746.jpg

英虞湾です。
正面にはアマネムの屋根だけが小さく見えます。(アマネム宿泊記はコチラ


blog00002747.jpg

blog00002748.jpg

サミット撮影ポイント発見!


blog00002749.jpg

ご丁寧にカメラ台まで置いてあります。


blog00002750.jpg

足跡まで!
よーく見ると、ドイツのメルケル首相の足跡だけ小さいです。
女性だもんね。


blog00002731.jpg

こちらはラウンジ隣のバー。
こういうところでオシャレに飲んでみたいと思いつつ、なかなか実行できません。
そんなにお酒が飲めないというのも理由の一つですが、
相方と会話が続くかどうかが、一番の不安要素。




続きます。




<関連記事>
近鉄観光特急 しまかぜ 洋風個室
志摩観光ホテル ザ・ベイスイート vol.1
志摩観光ホテル ザ・ベイスイート vol.3
伊勢千年のしじま 月夜見の座 vol.1
伊勢千年のしじま 月夜見の座 vol.2
伊勢神宮 内宮 早朝参拝




tag : 宿泊記 ベイスイート ラウンジ

07:50  |  賢島・志摩観光ホテル ザ・ベイスイート  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.10.29 (Sat)

志摩観光ホテル ザ・ベイスイート vol.1

とうとう行ってきました! ベイスイート!

評判がすこぶる良くて、サミットもあって、いったいどんなホテルなのかしら?
と楽しみにしていましたが、想像以上に素晴らしいホテルでした。

blog00002694.jpg

賢島駅からの送迎もありますが、距離にしたら800メートルらしい?ので、歩いて行きました。
お天気もいいし、結構楽しかったです。
でも夏はきっと超暑いと思う。


blog00002695.jpg

途中「←庭園」的な看板があったので、吸い寄せられるように入って行ったら、一気にテンションマックス!
撮るよね~、ここは写真撮るよね~。
もちろん安倍さんがお立ちになったところに立って、写真を撮りまくりましたよ。


blog00002696.jpg

しかし庭園に迷い込んだら、ベイスイートへの行き方がわからなくなり、
お庭を手入れなさってた方に道を教わりながら、彷徨い歩く中年夫婦。
これもまた楽しいけど。


blog00002697.jpg

こちらはザ・クラッシックと呼ばれている建物。
元祖的な感じ?違うか。
2016年6月にリニューアルしたそうです。


blog00002698.jpg

館内見学ツアーなんて催しもあるようですよ。


blog00002699.jpg

奥へ奥へと進むと、ホームページ等で見慣れた建物が見えてきました!


blog00002700.jpg

こちらが全50室スイートというザ・ベイスイートです。
結局やいやい言いながら歩いていたら、30分くらいかかりました。
でも車だと一瞬ですが、こうやって歩いて行くのも楽しくていいかもしれませんね。


blog00002781.jpg

チェックインは15時 アウトは12時ですが、
一休ダイヤモンド会員特典で、14時にチェックインできました。


blog00002780.jpg

明るく開放的なロビー


blog00002779.jpg

blog00002778.jpg

blog00002782.jpg

blog00002729_20161030075114130.jpg

さて、お部屋に案内していただきます。
こちらは玄関ですが、まずここが広い!広すぎる!


blog00002701.jpg

そしてリビング。
全室スイートと言ってもカテゴリーはいくつかあって、

スタンダードなスーペリアル・ツイン スーペリアル・キング(キングサイズベッド)
コーナースイート(お部屋に窓が2面あって景色がいい)
FUTONスイート(3名宿泊可能な布団のお部屋)
ロイヤルスイート(倍くらい広い)
スパスイート(お部屋でスパが受けられる)

とあります。


blog00002702.jpg

今回宿泊したのは、スーペリアル・キング
一人4万ちょっとって言ってたかしら?

キングサイズベッドがそんなに大きく感じないほど広いお部屋



blog00002705.jpg

ベッドルームからリビング方面。
午後の陽光が明るいです。


blog00002706.jpg

クローゼット
扉を全部開けてみました。


blog00002703.jpg

パジャマです。
LサイズとMサイズが置いてありました。

シルクタッチで肌ざわりが良い。


blog00002704.jpg

ベッドサイド
灯りの調節ができます。
白いのは懐中電灯。


blog00002707.jpg

使いきれないほどのクッション。
実際、手前の数個しか使わなかった。


blog00002708.jpg

テレビはベッドルームと寝室にもありました。


blog00002709.jpg

ダイニングセットもあります。


blog00002711.jpg

…だそうです。
Wi-Fiは無料で飛んでます。


blog00002713.jpg

パウダールームからバスルーム


blog00002714.jpg

blog00002715.jpg

アメニティはクラランス
美容液なども入っていました。


blog00002716.jpg

男性用の化粧品もありました。
左から乳液、養毛料(養毛!)、整髪料

あとで気付くことになるんですが、客層の平均年齢はとても高いです。
多分、私たち夫婦は一番若いくらいじゃないかしら。


blog00002718.jpg

blog00002719.jpg

シャンプー類もクラランス


blog00002721.jpg

blog00002722.jpg

レインシャワーもありましたが、水の方向がとっ散らかってたので使いづらかった。


blog00002720.jpg

座面が高くて使いやすい。


blog00002723.jpg

開放的なお風呂ですが、外から丸見えです。
マジックガラスかと油断していたら、外にいた男性にジッと見つめられておりました。
私の裸体を見てしまうだなんて、ご愁傷さま。


blog00002724.jpg

こちらは水屋


blog00002725.jpg

冷蔵庫内は有料です。
ラウンジは無料なのにね。

あとで書きますが、ラウンジはお酒もあるし軽食もあって便利に使えますよ。


blog00002726.jpg

ミニバー


blog00002727.jpg

blog00002728.jpg

グラス類



続きます。




<関連記事>
近鉄観光特急 しまかぜ 洋風個室
志摩観光ホテル ザ・ベイスイート vol.2
志摩観光ホテル ザ・ベイスイート vol.3
伊勢千年のしじま 月夜見の座 vol.1
伊勢千年のしじま 月夜見の座 vol.2
伊勢神宮 内宮 早朝参拝





tag : 伊勢志摩観光ホテル ベイスイート シマカン 賢島

15:57  |  賢島・志摩観光ホテル ザ・ベイスイート  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.10.29 (Sat)

近鉄日本鉄道 観光特急 しまかぜ 洋風個室

観光特急 しまかぜ 乗車3回目です。

過去2回は和風個室に乗車 (初回の記事 2015年 和風個室
今回は洋風個室に乗車しました。

しまかぜは通常の乗車券も予約困難だそうで、そんな中でも3回個室に乗車できたのは珍しいらしく
乗車券を確認に来た乗務員さんがとても驚いていました。
私は特に何もしなくてすべて相方にお任せなんですが、とにかく気合でとるらしいです。
相方の言うことは、いつもよくわかんないですけどね。

blog00002684.jpg

乗車時、座席を間違えたオジサマグループと乗車券の確認をしあう一件がありましたが
(あるあるですよね、私もやったことあります)
無事に電車は定刻で出発。
楽しい楽しい電車旅のスタートです。


blog00002685.jpg

和室も洋室も、そんなに変わりありませんが、
和室は靴が脱げて足を伸ばせるので、なんとなくリラックス度は高いような気がします。

洋室はこちらの座席が死角になるので、横になってグーグー眠れます。
実際私も寝ましたケド。

個室は1車両で2部屋しかないので、前を通る人がチラチラ覗いていくんです。
気持ちはわからないでもないけど、こちらはあまり良い気がしない。
和室は死角がないけど、洋室は死角がある。
でも和室は裸足になれる。

んー。まぁそんな程度の違いですが、実際の乗車時間は名古屋~賢島間で約2時間強です。
あっという間なので、大いに楽しみましょう。
予約が難しいらしいので、取れればどちらでもお客様満足度は高いはず。


blog00002686.jpg

こちらはエアコンのコントロールパネル
和室だとフットヒーターがありました。


blog00002687.jpg

ドレッサーは洋風個室だけかも。

テレビ画面は現在位置を確認できたり、外部カメラに繋がっていたりしますが、地上波は観られません。
BSなら観られますが、車内アナウンスが入ると音声がいいところで切られます。
そしてその頻度は意外にも多い。
「あーもう!今いいところだったのにぃ」ってなります。


blog00002688.jpg

今回はパンフレットをたくさん撮影してきたので
車内の様子は過去記事をご参照ください。(初回の記事 2015年 和風個室


blog00002689.jpg

blog00002690.jpg

blog00002691.jpg

blog00002692.jpg

画質が悪くてよくわかりませんね、すみません。


blog00002693.jpg

そして、しまかぜに乗ると必ずいただく、松阪牛カレー1.340円
今回もめっちゃおいしくいただきました!


次回こそプレミアムシート(一般座席)に乗ってみたいと思いつつ、
また相方が気合を入れて個室をとりそうな気がします…。
でもどちらでもありがたく乗車させていただきます!




<関連記事>

志摩観光ホテル ザ・ベイスイート vol.1
志摩観光ホテル ザ・ベイスイート vol.2
志摩観光ホテル ザ・ベイスイート vol.3
伊勢千年のしじま 月夜見の座 vol.1
伊勢千年のしじま 月夜見の座 vol.2
伊勢神宮 内宮 早朝参拝






ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング参加中!
クリックお願いします。



tag : 近鉄特急 しまかぜ 洋風個室 和風個室 予約 とりかた 予約困難

14:10  |  近鉄特急 しまかぜ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.10.29 (Sat)

筑紫楼 2016年10月

銀座にあるフカヒレ専門店、筑紫楼へ再々訪です。

週末のランチでしたが、予約なしで入店できました。
でも我々が入店後、待っている方も増えてきたのでタイミングかも。
確実なのは、やっぱり予約ですね。

blog00002677.jpg

秋のおススメコース 5.800円をオーダー


blog00002678.jpg

まずはフカヒレと湯葉の冷製


blog00002679.jpg

ホタテ貝の特製ソース和え

ソースはマンゴーでしたよ。
甘くておいしい!


blog00002680.jpg

ふかひれの姿煮込み


blog00002681.jpg

活車海老の踊り

車海老を紹興酒に漬けるんですが、目の前で見せてくれます。
とても鮮度が良くて、生かボイルか聞かれますが、迷わず生でお願いしました。


blog00002682.jpg

フカヒレ入り土鍋そば


IMG_0063.jpg

杏仁豆腐



こちらはお店の雰囲気や接客からすると、高級店になるのかな?
でも平日ランチだと千円代~楽しめるようですよ。





ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング参加中!
クリックお願いします。







13:29  |  東京・筑紫楼 銀座店  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.10.29 (Sat)

松乃寿司

「お寿司が食べたい!」

と急に思い立ち、焼津まで行ってきました。
高速に乗りながら、おいしそうなお店を食べログで検索。
評価の高いこちらのお店に行ってきました。

blog00002676.jpg

カウンターに座り、おススメ10貫3千円を注文。

大将と思わしき方は接客も素晴らしく、東京モンだと分かると、海の事、魚の事をいろいろ教えてくださいました。
一見さんでカウンターなんて大丈夫かしら?
と思ったんですが、そんな心配は不要でした。
逆にカウンターでよかったと思うくらい、たくさんおしゃべりを楽しませていただきました。

肝心なお寿司の写真はないんですけど、
焼津で上がるミナミマグロを中トロ、大トロ、漬けと3種類いただき、
追加で大トロをもう一貫いただいたときは、部位も変えてくださる心配り。

この接客は年の功なのか、持って生まれたお人柄なのか。
最後は観光名所まで教えていただき、2時間半かけてきた甲斐が十分ありました。

ごちそうさまでした!




ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング参加中!
クリックお願いします。









松乃寿司寿司 / 焼津駅

昼総合点★★★★ 4.3



tag : 焼津 お寿司 松乃寿司 おいしいお寿司 静岡 ランチ

13:12  |  静岡・松乃寿司  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.10.29 (Sat)

かごや

こちらは安倍川餅のお店です。

安倍川餅はお土産屋さんでよく見かけるので馴染みがあると思いますが、
こちらは、かれこれ20年以上前、静岡在住の友人に「おいしいよ」と勧められたお店。

できたての安倍川餅は驚くほどに柔らかく、もう一度食べてみたいと思っていたところ、
ご縁があって近くまでやってきました。

blog00002673.jpg

記憶を頼りにたどり着いたお店。
安倍川沿いにあります。


blog00002672.jpg

注文してから作り始めます。

20年以上ぶりに再会したご主人ですが、きっと覚えてないだろうな~。
と思って、そのことには触れず。
慣れた手つきで作ってくれる安倍川餅をじっと待ちます。


blog00002674.jpg

お餅の柔らかさは当時のままでした! おいしい~。
これこれ!これが食べたかったのよ~♪


blog00002675.jpg

お土産ももちろん購入しましたが、無添加なので当日中に食べないと硬くなります。
お昼に買って夜に家族で食べたら、すでに硬くなり始めていました。

無添加ってこういうことか。
…ということは、数日たっても柔らかいままの○福って何が入っているんだろう。
ま、あれはあれでおいしいんですけどね。

駄菓子は、私たちの車が東京ナンバーなのを見て、
「遠くから来てくれた」と、たくさん持たせてくれました。
ご主人、ありがとうございます。
次回伺うまで、お元気で!






ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング参加中!
クリックお願いします。









かごや和菓子 / 静岡駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6


tag : かごや 安倍川餅 安倍川

12:19  |  静岡・かごや  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.10.25 (Tue)

レフェルベソンス 2016年10月

レフェルベソンス 3回目の訪問です。
約3か月ぶり。

blog00002655.jpg

今回もディナーで伺ってきましたが、東園で和風旅館のおいしさを味わったばかりだったので、
自分の味覚に自信がなかったのですが、やはりコレはコレでおいしい。

上品な接客と会話を楽しみつつ、素敵な時間を過ごしてきました。


blog00002656.jpg

今回のディナーも「おもいがけない美しい出逢い」と題されていました。

穴子、南瓜、バジル、すだち

左の茶色いラインのところが穴子です。
和がうまい具合に融合されています。

前回も思ったのですが、こちらは外国のお客様がとても多いです。
半分以上そうだったかな?
なので、和食を食べなれてないお客様が召し上がるのを見るのが楽しい。
きっと私以上にスタッフの方がリアクションを見ているんでしょうけどね。


blog00002657.jpg

アップルパイのように #25~ 毛蟹、根セロリ、ミント
ちなみに前回は#24でした。


blog00002659.jpg

すずかぜ~ 翡翠茄子と蝦夷あわび、ディル、白味噌と茗荷


blog00002660.jpg

定点~ 蕪とパセリ、キントアハム、ブリオッシュ

こちらの定番料理ですね。
今回は秋の蕪をいただきました。


blog00002661.jpg

初秋に~ 鱧の揚げ焼きと乳酸発酵させたコールラビ、ビーツ、甘海老のキャラメルと山山椒のオイル


blog00002662.jpg

ゆるやかに~ 冷たい枝豆のスープ、猪のジュレ、伊勢海老、雲丹、レモンバーム


blog00002663.jpg

おばあちゃんの味~ ちいさな茶椀蒸し、鹿とふじつぼのコンソメ、おろし立て山葵


blog00002664.jpg

今回はずっと白ワインをいただきました。
ピュリニー・モンラッシェだったかな。


blog00002665.jpg

美しい秋に囲まれて~ ヴァンデ産の鳩の炙り焼きと浅蜊のジュ、里芋、ポロネギ、
トレビスの枯葉、アバのアクセントで


blog00002666.jpg

西と東と~ チーズたち あるいは お野菜たち
私はチーズをチョイス


blog00002667.jpg

相方は野菜をチョイス
長~いメニュー表をいただきましたので、頑張って書きます。

<敬愛する素晴らしきArtisan(職人)たち>

浅野悦男(エコファームアサノ・千葉)
キオッジャビーツ、サラダごぼう、プルピエ、野生ミント、パープルからし菜
ルッコラセルバチコ、ネピテッラ

梶谷譲(梶谷農園・広島)
セルフィーユ、ダンディライオン、パイナップルミント、ヒメオゼイユ、マジョラム
パンプルネル、あかざ、マイクロアニス、マイクロセロリ、レッドオゼイユ
レッドオキサリス、レモンタイム、タイバジル

高利充 高博子(高農園・石川)
コリンキー、ミニパプリカ、縮緬キャベツ、加賀レンコン、オキサリス、バターナッツ
小松菜、マイクロ金時草、マコモダケ、トレニア、からし菜、グリーンマスタード
フレンチ、つるむらさきの花、オレガノ、小玉葱、万願寺とうがらし、ベコニア

鈴木学(太暮農園・高知)
平さやインゲン、ルッコラ、銀不老、丸オクラ

成澤増雄(成澤菜園・栃木)
金糸瓜、シャドークイーン

森と畑の学校@葉山
ホーリーバジル

Farmer's Market@UNU
シナノドルチェ、ブラウンマッシュルーム、むかご
赤フリルレタス、スターフルーツ、ジョナゴールド


はぁ~。書ききった…。


blog00002668.jpg

結婚~ 山羊乳のティラミスと巨峰、紫いも、マクヴァンデュジュラ、マリーゴールドの花と葉と


blog00002669.jpg

夕涼み~ メロン、バニラ、セロリ、ルバーブ


blog00002670.jpg

そして最後にお薄


blog00002671.jpg

ミニャルディーズ



今回もおいしくいただきましたよ。
蕪が旬なので、甘くておいしかった~。
今でもあの甘味が思い出せるくらいです。

今年のミシュランが楽しみなお店ですね。
ごちそうさまでした。






ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング参加中!
クリックお願いします。




10:38  |  東京・レフェルヴェソンス  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.10.20 (Thu)

JAL クラスJ搭乗記 長崎-羽田

長崎-羽田間で、JALのクラスJを利用しました。
JAL614便 座席は4Aです。

blog00002650.jpg

クラスJについての感想は往路便で書いていますが(コチラ
復路便の座席は2-3でした。

シートの倒し方がよくわからなかったので、1時間40分のフライトの間ずっとそのままの姿勢でしたが、
後ろの人に配慮したのか、私と同じように倒し方のコツがわからなかったのかは分かりませんが、
シート位置がそのままだった方が多かった気がします。


blog00002651.jpg

そんなことよりも、今回は景色がキレイキレイ。
雲の下が赤いのは夕焼けでしょうか。
ずっと続いていました。


blog00002652.jpg

実際はもっとキレイでしたよ。


blog00002653.jpg

大阪上空
機長さんがわざわざアナウンスしてくれました。
淀川がハッキリ見えますね。


blog00002654.jpg

三浦半島の辺りかな?

帰りはよく晴れていたので、ずっと景色を堪能できました。
写真がイマイチですみません。




<関連記事>
JAL クラスJ搭乗記 羽田-熊本
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-357.html

菅乃屋 上通店 (馬刺し)
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-358.html

天空の船 アイランドビューヴィラ宿泊記 vol.1
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-359.html

天空の船 アイランドビューヴィラ宿泊記 vol.2
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-360.html

島鉄フェリー 鬼池港-口之津港
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-361.html

雲仙地獄(観光)
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-362.html

雲仙温泉 源泉掛け流し&おしどりの池を望む美食の宿 東園 vol.1
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-363.html

雲仙温泉 源泉掛け流し&おしどりの池を望む美食の宿 東園 vol.2
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-364.html

西湖(長崎ちゃんぽん・皿うどん)
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-365.html

12:02  |  JAL クラスJ 長崎-羽田  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT>>