FC2ブログ
2016-08- / 07-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>09-

2016.08.31 (Wed)

Gogreen Segway® Eco Adventure

セントーサ島で、セグウェイに乗ってきました。

前回行ったときは、ファン・ライドというお試しコースでほんの少ししか乗れず写真も撮れずでしたが、
今回は日本で事前予約をして、1時間コースでたっぷり乗ってきましたよ。

予約は英語サイトしかなく、予約してからはなんとなく不安な日々。
だって予約確認メールは届かないし、日にちは指定していても時間は未確定。
何時に行けばいいのか、全然わからない。

でもま、料金はまだ払ってないから、予約できてないって言われてもいっか~
なんて、のんびりと行ってきました。


blog00002126.jpg

窓口はここですが、行き方はセントーサ島内を走っているモノレールに乗って、
終点のBeach Station駅まで行きます。(終点だからわかりやすい)
このモノレールは無料です。

ビーチステーション駅で降りたら、この写真ではないんですが、セグウェイの窓口へ行きます。
場所は、バス停に向かって歩いていくとすぐに分かると思います。



ここで印刷してきたバウチャーを見せます。
「予約ないわよ…」と言われそうでしたが、難なくチェックが終わり、
未成年が乗車することに同意のサインをさせられます。

ここで急にパスポート番号も記入して。と言われました。
バウチャーにはそんな記載はなかったと思うんですが、
私はスマホのカメラロールに全員のパスポートを撮影して保存していたので大丈夫でした。
無かったら乗れなかったのかなぁ。

サインが終わったら、専用のミニバスに乗って写真の場所に移動します。
まずは時間の予約とかして、また後で来いと言われると思っていたので
「もう乗るの?」と逆にビックリ。

blog00002125.jpg

こちらにも窓口があり、ここでも申し込みができるようです。
空きがあれば当日でも、もちろん大丈夫。

私たちは朝一番10時に行って待ち時間ゼロでしたが、午後には予約がいっぱいになると思います。


blog00002122.jpg

私たちは乗車2回目でしたので、レクチャーはとても簡単。
次男の友人は初めてでしたが、それでもレクチャーは簡単。(笑)

進む、止まる、右、左

これを教わるだけ。
日本だったら座学を15分くらいやりそうですが、
ぶっつけ本番で乗せられ、この操作を教わって20メートルくらい走っておしまい。
1分もかかりません。


blog00002123.jpg

子どもたちはニーグリップとエルボーグリップを装着して出発。
走ったら5分もしないうちに慣れます。
レクチャーが簡単でも、全然問題ないです。

っていうか、楽しい~!


blog00002124.jpg

60分コースは、セントーサのビーチを端から端まで走ります。
途中から人も車も少なくなり、自由に走り放題。

あまりハメを外すとイントラに静かに注意されますが、
ビデオや写真を撮りながら乗っても、全然怒られません。
荷物もコインロッカーがありましたが、私たちは誰も預けませんでした。
それでもオッケー

60分コースだと80ドルもしますが(約6千円くらい)
セグウェイ・ファン・ライド(体験型のコース)よりも、断然こちらの方が楽しいです。
ファン・ライドだと10分も乗らないので(5分くらい?)
慣れたころに終わってしまいます。景色もつまらないし。

予約は面倒かもしれませんが、ぜひ頑張ってチャレンジしてみてください。
その価値はありますよ!




<目次一覧>

シンガポール航空 SQ631 羽田-シンガポール ビジネスクラス搭乗記
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-329.html

マリーナ・ベイ・サンズ・ホテル 
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-330.html

ザ・ショップス・アット・マリーナ・ベイ・サンズ(ショッピングセンター)
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-331.html

アドベンチャー・コーブ・ウォーター・パーク(セントーサ島 プール)
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-332.html

シンガポール・シーフード・リパブリック・セントーサ(チリクラブ)
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-333.html

Wonder Full ワンダー・フル(光のショー)
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-334.html

グリーン・セグウェイ・エコ・アドベンチャー(セグウェイ)
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-335.html

スカイライン・ルージュ・セントーサ
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-336.html

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-337.html

シンガポール航空 SQ636 シンガポール-羽田 ビジネスクラス搭乗記
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-338.html




ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング参加中!
少しでもお役に立ちましたら、クリックお願いします!



スポンサーサイト



tag : セントーサ島 セグウェイ 予約

22:10  |  セントーサ島  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.08.31 (Wed)

Wonder Full

マリーナ・ベイ・サンズで行われるワンダー・フルという光のイベントが
一日に2回(20時と21時半)に行われます。

前回は、ショップス・アット・マリーナ・ベイ・サンズで見ましたが(その時の記事はコチラ
今回は、マーライオン公園(対岸)から見てみました。

blog00002113.jpg

時間は約13分間
タクシーで行ったら、ちょーど始まる時間に到着しました。


blog00002114_201608312120200f3.jpg

音楽は小さいですが、聞こえてきます。
レーザー光線はご覧のようにバッチリ見えます!


blog00002115_201608312120226f7.jpg

これがマリーナ側から見ると、よくわからないんですよね~。


blog00002116_20160831212023860.jpg

特にホテルの部屋から見ると、レーザーの着地点が点で見えるだけで、
ちっともキレイではありません。


blog00002117_20160831212025a8e.jpg

ワンダー・フルの映像を見たいのならばマリーナ側で。
レーザー光線を見たいのなら、マーライオン公園(対岸)がいいかもしれません。
私たちは2年越しで見ましたが、毎日2回開催されているので、はしごもできますね。


blog00002118_20160831212059413.jpg

クラークキー辺りから船も出ています。
JTBだと夕食が付いたオプショナルツアーもありますよ~。




<目次一覧>

シンガポール航空 SQ631 羽田-シンガポール ビジネスクラス搭乗記
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-329.html

マリーナ・ベイ・サンズ・ホテル 
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-330.html

ザ・ショップス・アット・マリーナ・ベイ・サンズ(ショッピングセンター)
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-331.html

アドベンチャー・コーブ・ウォーター・パーク(セントーサ島 プール)
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-332.html

シンガポール・シーフード・リパブリック・セントーサ(チリクラブ)
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-333.html

Wonder Full ワンダー・フル(光のショー)
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-334.html

グリーン・セグウェイ・エコ・アドベンチャー(セグウェイ)
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-335.html

スカイライン・ルージュ・セントーサ
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-336.html

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-337.html

シンガポール航空 SQ636 シンガポール-羽田 ビジネスクラス搭乗記
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-338.html




ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング参加中!
少しでもお役に立ちましたら、クリックお願いします!



21:31  |  ワンダーフル  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.08.31 (Wed)

シンガポール・シーフード・リパブリック セントーサ

Singapore seafood Republic シンガポール・シーフード・リパブリック セントーサに行ってきました!

前回は、キーサイド・シーフードでチリクラブを食べたわけですが (過去記事
今回はお店を変えてみました。


blog00002103.jpg

こちらは予約必須店と聞いたので、JTBを通じて予約をしたんですけれども、
予約後に品川や銀座にも店舗があると知り、ショックを受けた次第。

ま、現地で食べるのが一番おいしいって言うしね!

と前向きに行ってまいりましたよ。

予約は18時にしたんですが、お店はランチ後に一度クローズして、夕方のオープンは18時から。
少し早めにオープンするかしら?と思って待ってたけど、まったく動きはなく、
18時ピッタリにオープンしました。

事前に予約客の確認くらいすればいいのに、と思ったけど、
ここは日本じゃないし、仕方ないですね。

中華系と思われるお姉さんの
「予約がある人は右の列!無い人は左の列!」とキレ気味のアナウンスに従い、
バウチャーを握りしめて右の列に並びます。
(なぜか中国語って怒ってるように聞こえてしまう…)

すでに予約の有り無しに関係なく、たくさんのお客さんが待っているというのに手際は悪い。
よそ見して、列にほんの少し隙間を作ってしまったら、
私の後ろにいたお姉さん(中華系?)が割り込もうとしてくる。

入店前だというのに、すでに心は折れそうです。


blog00002104.jpg

でもJTB効果か、窓際のいい席に案内してもらえました。


blog00002105.jpg

メニューは単品ばかりでしたが、何を食べていいのかわからないので、セットメニューはありますか?
と聞いたら6品のコースがありました。 S$238 (約18.000円)

まずは海老です。
黒いソースがおいしかった!


blog00002106.jpg

スープ


blog00002107.jpg

そしてチリクラブ!

辛い!

キーサイド・シーフードがあまり辛くなかったので油断しましたが、こちらは辛いです!
私は辛い物好きですが、子供たちはヒーヒー言いながら食べていました。

そして、あんまり食べるところがないんですよね…。
足とか空っぽだし。

でもおいしかったです。
さすが行列店。


blog00002108.jpg

貝柱の炒め物


blog00002109.jpg

チャーハン


blog00002110.jpg

マンゴーのかき氷っぽいデザート。
これは甘くておいしかったです。


blog00002111.jpg

味はおいしかったですが、サービスはイマイチです。
テーブルを担当してくれた若いお兄さんは愛想が良かったですけど、
頼んだことは、なかなかしてくれません。
このお兄さんだけではなく、みんな忙しそうです。(国民性かなぁ?)

お水も4回くらいお願いしてやっと来ました。
それもシングリッシュ(シンガポールイングリッシュ)だと「ウォーター」ではなく「ワッタ」って言うらしく、
なかなか通じないのでおかしいなぁ。と思ったら、「あぁ、ワッタね」みたいに理解してくれました。

ジャパニーズイングリッシュもなかなかのブロークンで負けてないですけどね。
シンガポールでお水をお願いするときは、ワッタって言った方がいいかもしれませんよ。


blog00002112.jpg

お店を出るころには、いい雰囲気に茜空になっていました。
おいしかったけど、日本のサービスが懐かしくなっちゃったなぁ。




<目次一覧>

シンガポール航空 SQ631 羽田-シンガポール ビジネスクラス搭乗記
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-329.html

マリーナ・ベイ・サンズ・ホテル 
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-330.html

ザ・ショップス・アット・マリーナ・ベイ・サンズ(ショッピングセンター)
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-331.html

アドベンチャー・コーブ・ウォーター・パーク(セントーサ島 プール)
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-332.html

シンガポール・シーフード・リパブリック・セントーサ(チリクラブ)
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-333.html

Wonder Full ワンダー・フル(光のショー)
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-334.html

グリーン・セグウェイ・エコ・アドベンチャー(セグウェイ)
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-335.html

スカイライン・ルージュ・セントーサ
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-336.html

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-337.html

シンガポール航空 SQ636 シンガポール-羽田 ビジネスクラス搭乗記
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-338.html




ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング参加中!
少しでもお役に立ちましたら、クリックお願いします!






tag : シンガポール・シーフード・リパブリック セントーサ島 チリクラブ 予約

18:15  |  セントーサ島  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.08.31 (Wed)

アドベンチャー・コーブ・ウォーター・パーク

こちらのプールに来たのも2回目。
前回の記事に詳細が記録されていますので、こちらをご覧ください!

アドベンチャー・コーブ・ウォーター・パーク2014

blog00002094.jpg

前回とても便利だったカバナを今回もレンタルしようと思っていたのですが、
オープン直後の10時に行ったのに、波のプール前のカバナはソールドアウト!

残りも数か所ということで、今回はお子様用プール前のカバナをレンタルしました。


blog00002095.jpg

広さは波のプール前よりは広いですが、シャワーはありません。(全体写真、撮り忘れ!)
その分、料金も安いです。

こちらの電源で充電とかできますよ。
変換プラグをお忘れなく!


blog00002096.jpg

金庫は、前回のカバナより簡単に扱えました。

今回は、とにかくゆっくりのんびりしよう。
というのが目的でしたので、写真は全然ありません。

(過去記事)
アドベンチャー・コーブ・ウォーター・パーク2014

前回は、流れるプールで使う浮輪を、みんな自分のところに持って行ってしまい、
使いたいときに使えなかったりしたのですが、
今回はそれがNGになったのか、キープしている人は一人もいませんでした。

なので、流れるプールでは浮輪に乗って思う存分ぷかぷかできます。
時間を計ったら、1周なんと20分オーバー!

1周回ると飽きますよ。(笑)


blog00002098.jpg

これはシュノーケルできるプールです。
無料でしたので、やりたかったのですが、

魚がいるということは海水→ベタベタする→髪の毛もベタベタ→シャワー面倒くさそう。

という個人的な理由で見てるだけにしました!

あと前回気が付かなかったのですが、高さ3メートルくらいの飛び込みができるプールを発見!
入口で「プールの深さは4メートルだけど、泳げますか?」と確認されるので、本格的。
次男は泳げますが、次男の友人は泳げないというので次男だけが楽しんでいました。

私も飛び込みたかったのですが、ギャラリーが多かったので自粛。
ジャパニーズのオバサンがキャーキャー言いながら飛び込んでたら…引きますよね。
自分で想像しても、キモチワリー。




<目次一覧>

シンガポール航空 SQ631 羽田-シンガポール ビジネスクラス搭乗記
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-329.html

マリーナ・ベイ・サンズ・ホテル 
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-330.html

ザ・ショップス・アット・マリーナ・ベイ・サンズ(ショッピングセンター)
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-331.html

アドベンチャー・コーブ・ウォーター・パーク(セントーサ島 プール)
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-332.html

シンガポール・シーフード・リパブリック・セントーサ(チリクラブ)
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-333.html

Wonder Full ワンダー・フル(光のショー)
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-334.html

グリーン・セグウェイ・エコ・アドベンチャー(セグウェイ)
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-335.html

スカイライン・ルージュ・セントーサ
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-336.html

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-337.html

シンガポール航空 SQ636 シンガポール-羽田 ビジネスクラス搭乗記
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-338.html




ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング参加中!
少しでもお役に立ちましたら、クリックお願いします!



tag : セントーサ島 プール カバナ

17:28  |  セントーサ島  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.08.31 (Wed)

The Shoppes at Marina Bay Sands

ショップス・アット・マリーナ・ベイ・サンズも、前回の記事を参照していただけると幸いです。

マリーナ・ベイ・サンズ その他

blog00002074.jpg

今回の旅行はお買い物をしないつもりでしたので、ショッピングセンターにはほとんど行きませんでしたが、
おいしそうなお店を見つけましたよ!


blog00002075.jpg

B2のフードコート近くにあるお店です。


blog00002076.jpg

イートインもできますので、買い物途中に立ち寄ってもいいかも♪


blog00002077.jpg

カップケーキの種類も豊富


blog00002078.jpg

こちらはコールド・ストレージという、ガイドブックに載ってたお店。場所はB2-46

「お土産探しにピッタリ!」

といううたい文句でしたので行ってみましたが、想像していたより小さいお店でした。
コンビニにお土産も置いてあるよ~って感じのお店。

日本では手に入らなくなったタイガーバームが山盛りで置いてありましたので、とりあえず購入。
日本人がたくさん買って帰るんだそうです。


blog00002079.jpg

鼎泰豊にも行きました。

40分待ち。と言われましたが、中国人のチャキチャキした感じで上手く回転できたのか、
20分くらいで順番が来ました。
でもその分、自分たちもチャキチャキ扱われますけどね。(笑)

受付にいたお姉さんが、英語と中国語でアナウンスをしながら客をさばいていた姿が素晴らしかった。
来た客に一方的に説明をしているんですが、ふいに声をかけられると「1分待って」というのが口癖らしく、
しばらく見てたら何度も言っているのが面白かった。

味は日本と同じくらいおいしかったですよ。
日本にはない、トリュフ入りの小籠包も食べてきました!




<目次一覧>

シンガポール航空 SQ631 羽田-シンガポール ビジネスクラス搭乗記
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-329.html

マリーナ・ベイ・サンズ・ホテル 
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-330.html

ザ・ショップス・アット・マリーナ・ベイ・サンズ(ショッピングセンター)
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-331.html

アドベンチャー・コーブ・ウォーター・パーク(セントーサ島 プール)
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-332.html

シンガポール・シーフード・リパブリック・セントーサ(チリクラブ)
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-333.html

Wonder Full ワンダー・フル(光のショー)
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-334.html

グリーン・セグウェイ・エコ・アドベンチャー(セグウェイ)
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-335.html

スカイライン・ルージュ・セントーサ
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-336.html

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-337.html

シンガポール航空 SQ636 シンガポール-羽田 ビジネスクラス搭乗記
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-338.html




ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング参加中!
少しでもお役に立ちましたら、クリックお願いします!



tag : ショップスアットマリーナベイサンズ ショッピング シンガポール 鼎泰豊 待ち時間

16:57  |  マリーナ・ベイ・サンズ・ホテル  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.08.27 (Sat)

マリーナ・ベイ・サンズ・ホテル 2016年8月

今回も宿泊ホテルは、マリーナ・ベイ・サンズ

blog00002062.jpg

ホテルの詳細は、2014年の記事に詳細を書いていますので、
こちらを参照していただければ幸い。

マリーナ・ベイ・サンズ 設備編
マリーナ・ベイ・サンズ プール編
マリーナ・ベイ・サンズ 朝食ビュッフェ
マリーナ・ベイ・サンズ その他


blog00002080.jpg

JTBで予約したのはホテルだけ。
でも空港ーホテル間は送迎をしていただけました。
面倒なチェックインも、到着時すべて手続き済み。
ありがとうございました。


blog00002065_201608272151575ab.jpg

前回は29階でしたが、今回は25階。
建物は57階が最上階でプールなので、真ん中よりちょい下くらいです。


blog00002066.jpg

2年前と少しだけ景色が違うかな…?
よくわからないけど。


blog00002063_20160831160303853.jpg

スタンダードルームの定員は2名なので、今回は2部屋予約しました。
このホテルが完成して、今年で10年。
まだまだキレイです。


blog00002064_20160831160306f86.jpg

今回は相方が、日本のテレビをリアルタイムで観られるようにしてくれたので、
ホテルの宣伝チャンネルを延々と視聴する…ということにならずに済みました。

iPodで家のビデオに繋ぐと観られるそうです。
全然分からないけど。(相方も説明下手)


blog00002067.jpg

バスルーム


blog00002068.jpg

歯ブラシは毎日新しいものに替えてくれていました。
基礎化粧品などはありませんが、小物入れにソーイングセット、綿棒、コットン…
あとなんだったかな?
忘れてしまいましたが、細々したものが常備されていました。


blog00002069.jpg

シャワールーム


blog00002070.jpg

結構泡立ちも香りもいいシャンプー類

でも蓋がネジ式ではないので、持ち帰る際は注意が必要です。
前回スーツケースの中で大変なことになりました。(涙)

隣はトイレですが、ウオシュレットではありません…。


blog00002071.jpg

ハイパワーのドライヤー
優秀です。


blog00002073.jpg

さぁ、インフィニティプールへ向かいましょう!

前回は、カードキー(人数分必要)を係員に見せ、一枚ずつチェックされていましたが、
今回は駅の改札のように、一人ずつカードをかざして入場する仕組みに変わっていました。
なのでプールに行く際は、カードを一人一枚持参することをお忘れなく!

デッキチェアをキープしてぼんやりしていたら、綺麗な夕焼けが!


blog00002137.jpg

どんどん暗くなり、シンガポールの夜景が見えてきます。

blog00002139.jpg

blog00002140.jpg

blog00002134.jpg

これは別日に撮影したものですが、
プールサイドで軽食をとることもできます。

黄色いウェアを来た係の人がしょっちゅう行き交っていますので、まずはメニューをゲット。


blog00002135.jpg

注文時、部屋ナンバーを言えば部屋付けにできますので、現金は不要です。チップも不要。
量はアメリカンサイズで結構あります。
これはクラブハウスサンドを注文したんですが、付け合わせのポテトも主役並み。


blog00002136.jpg

ハンバーガーもおいしかったです。
あ、写真1枚目のお寿司も意外とおいしかった!


blog00002072.jpg

タイガービールで乾杯!


blog00002119.jpg

これはお部屋の冷蔵庫にあったタイガービールですが、
重量式になっているので、少しでも動かすと課金されるそうです。

前の日に飲み切らなかったら、翌日のルームサービスでこのような事になっていました。
前の晩に開けたビールを、翌日の夕方に飲むわけがないんだけど、
捨てたら文句言う人とかいるのかな?
「あと一口残ってただろう!飲むつもりだったのに!」って。
…きっといるんでしょうね。
仕方ないので、自分で中身を捨てておいたら、翌日処分してくれました。


blog00002120.jpg

次は朝食ビュッフェです。

詳細はこちらをご覧ください!  マリーナ・ベイ・サンズ 朝食ビュッフェ編

8時頃に行くとガラガラですが、9時過ぎると行列ができていました。
その方々が待っている間にいただくお茶のようです。

朝食券などはありませんので、人数と部屋番号を言えばOK
食べてる途中で確認書にサインを求められるので、サインすればOK


blog00002121.jpg

今回もたーーーーくさん種類がありました。
とてもとても全種類食べきれないし、子供たちが取ってきたのをみて

「どこにあったの?」

と聞いてしまいたくなるくらい、いろんなところにいろんな物が置いてあって、
毎日食べても飽きません。


blog00002142.jpg

パンだけで何種類あるか…。

blog00002081.jpg

ベーグルは常時2種類ありました。


blog00002082.jpg

クロワッサン、パン・オ・ショコラ


blog00002083.jpg

左がシナモンロール、右は前回もおいしかったプリンパンだかパンプリンだか。
すんごくあまくて、めっちゃおいしいです!


blog00002084.jpg

右はカップケーキ
左はデニッシュ類。毎日微妙に種類が変わっていました。

見切れてますが、右にはマドレーヌもありましたよ。


blog00002085.jpg

食パンもこんなに!
ジャム類も豊富です。


blog00002086.jpg

写真が貧相ですが、中華コーナーにはこのようなセイロが4個くらい並んでいます。
これは肉まんかと思ったら、中身は違いました。
でもおいしかった!

前回あった小籠包、今回なくなってました。
おいしかったのになぁ、残念!


blog00002087.jpg

ヨーグルト類が並んでいます。

右のカップヨーグルトは明治製でした。
じゃんじゃんなくなっていきますが、じゃんじゃん補充しているので大丈夫。
いっそのこと納品されたままの状態(ダンボールとか)で置いておいたほうがいいんじゃないかと思うくらい、
飛ぶように無くなっていましたよ。


blog00002090.jpg

コーンフレーク類
5種類置いてあります。反対側も内容は同じ。


blog00002091.jpg

盛り付けの一例


blog00002092.jpg

こちらも一例


blog00002093.jpg

飲み物は、まず着席すると聞いてくれますが、コーヒー、紅茶以外にホットチョコもありました。
子どもたちがオーダーしていましたが、甘すぎたらしく残していました…。

コーヒーはポットで持ってきてくれますが、取り扱い注意です!
蓋が自然に上がって、その隙間から注がれるのかと思ったら、
蓋は自分で持ち上げないといけないらしく、斜めにしていると急に注がれてコーヒーまみれになります。

これで失敗している人を自分を含め、何人も見ました…ご注意を。


blog00002143.jpg

前回、食べられなかったヌードルバーでもらってきました。パクチーてんこ盛り!!
…ですが残念なことに、伸びきってました。
ここのビュッフェでは、珍しくハズレです。

でも子どもたちはおいしかったらしく2杯食べてたので、タイミングかも。


blog00002141.jpg

中華にしようと思ってたのに、迷っちゃった…の図。


<他、ホテルの記事はこちらのご参照ください>

マリーナ・ベイ・サンズ 設備編
マリーナ・ベイ・サンズ プール編
マリーナ・ベイ・サンズ 朝食ビュッフェ
マリーナ・ベイ・サンズ その他



<目次一覧>

シンガポール航空 SQ631 羽田-シンガポール ビジネスクラス搭乗記
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-329.html

マリーナ・ベイ・サンズ・ホテル 
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-330.html

ザ・ショップス・アット・マリーナ・ベイ・サンズ(ショッピングセンター)
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-331.html

アドベンチャー・コーブ・ウォーター・パーク(セントーサ島 プール)
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-332.html

シンガポール・シーフード・リパブリック・セントーサ(チリクラブ)
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-333.html

Wonder Full ワンダー・フル(光のショー)
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-334.html

グリーン・セグウェイ・エコ・アドベンチャー(セグウェイ)
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-335.html

スカイライン・ルージュ・セントーサ
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-336.html

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-337.html

シンガポール航空 SQ636 シンガポール-羽田 ビジネスクラス搭乗記
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-338.html




ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング参加中!
少しでもお役に立ちましたら、クリックお願いします!



tag : マリーナ・ベイ・サンズ マリーナベイサンズ インフィニティプール 宿泊記 シンガポール 朝食ビュッフェ

22:00  |  マリーナ・ベイ・サンズ・ホテル  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.08.27 (Sat)

シンガポール航空 SQ631 羽田-シンガポール ビジネスクラス搭乗記

2016年の夏休みは、次男とそのお友達の4人でシンガポールに行ってきました。(長男は部活があるので留守番)

しかーし出発直前に台風9号発生!出発日に東京直撃!
不安な日々をすごしていましたが、
シンガポール航空のNEWビジネスクラスも楽しみでしたので、行って参りました!

今回エアチケは個人手配。
ホテル(マリーナ・ベイ・サンズ)はJTBで。
というバラバラな手配でしたので、自分の備忘録も兼ねて記録していきます。

エアチケは個人手配で問題なし。
予約確認メールが届くので、座席の変更も自由自在。
機体右側の座席だと、富士山とか日本の地形を見ながら旅ができて楽しいかも。

料金は、半年前の予約でビジネスクラス@27万円でしたが、
直前にはプラス5万円くらい値上がりしてました。

お友達の苗字が違うので入国時問題になるかと思いましたが、シンガポールは問題なし。
中国だと人身売買?と問題になることがあるので、書類が必要だそうです。
ただ、JTB独自の書類「旅行中の保護者は○○(夫の氏名)です」というものに、
親御さんのサインを添えて提出したくらい。

海外旅行保険も、いつも空港で加入するのですが、
18歳未満は親権者のサインが必要になるので、こちらもJTBで事前加入。

苗字の違う18歳未満の子を連れての海外旅行って、何かと緊張していたんですが、
JTBがいろいろと気を回して声をかけてくれたので、とても助かりました!
さすがです。


blog00002021.jpg

チェックインカウンターで、なにか台風についてのアナウンスがあるのかと思ったのですが、
台風の「た」の字も話題にならず。
遅延とか、最悪欠航も覚悟していたので肩透かし。

いえいえ、全然いいんですけどね!

で、次男の友人が「イモトのWi-Fiをレンタルする」というので手続きをしましたが、
昔に比べたらルーターが軽い!充電も1日持ち歩いても大丈夫だし。Wi-Fiレンタルいいかもしれません。
私たちはSoftbankの海外パケに加入しているんですが、これだと1日3千円かな?
それに比べてWi-Fiレンタルはたしか5日間で5千円くらい?
次回からWi-Fiレンタルにしようかな~。

そんなこんなで出国手続きを済ませ、ラウンジに行きます。
子どもたちは「六厘舎」でラーメンを食べるというので別行動。
東京駅の六厘舎はいつも行列ですが、こちらでは客待ち状態。
一瞬迷ったのですが、大人チームはラウンジへ。


blog00002022.jpg

シンガポール航空のラウンジはANAと一緒です。
羽田のANAラウンジは初めて。


blog00002023.jpg

撮影時はガラガラですが、この後30分もしないうちに混雑します。


blog00002024.jpg

JALラウンジよりも品数が多いです。


blog00002025.jpg

サラダ2種類にサンドウィッチ


blog00002026.jpg

おつまみ系

奥にはリンツのチョコレートがありました。
うまーい!
今度リンツのショコラカフェ行ってみようかしら。


blog00002027.jpg

おにぎり


blog00002028.jpg

パン


blog00002029.jpg

焼酎 日本酒


blog00002030.jpg

機内食を楽しみにしていたので控えめ。
ビールサーバーのビールを初めて飲みましたがおいしかった!
あの電動で動くのも、見ていておもしろいですね。
泡が最後に追加されるシステムなのかー!

ヌードルバーもありましたが利用せず。
だって六厘舎の方がおいしいような気がして…。

料理は全般的にJALラウンジに比べるとおいしいです。
早くJALも改良されないかなぁ。

窓の外は雨ですが、まだ台風の影響を感じません。


blog00002032.jpg

なんとなく汗をかいていたのでシャワールームをお借りします。
シャワールーム周辺に係が誰かいるのかな?と思ったら不在。
受け付けで搭乗券を渡し、引き換えにこの鍵を受け取るシステム。


blog00002031.jpg

さすが日本!掃除が行き届いていて感動すら覚える綺麗さです。
ドライヤーのコードも綺麗にまとめられていて、毎回掃除の度にこれやるのかしら…やるんだろうな。


blog00002034.jpg

シャワーは便利なレインシャワー


blog00002033.jpg

何もかもがキレイに整えられていました。
基礎化粧品もありましたが詳細は未チェック。


blog00002036.jpg

搭乗時刻が近づいてきたのでゲート143に移動します。
かなり端っこの方で、結構歩きました。
機体はB777-300ER
2階建てのエアバスも興味あったんですが、成田は遠くて…。

六厘舎は子どもたちの言葉を借りるなら「マジでうまかった」そうです。
うらやましい…。


blog00002037.jpg

座席はここ!
…正確に言うと一座席後ろです。
あっという間にシート周辺がごちゃごちゃになっちゃったので、空席だったのを撮らせてもらいました。
でもこの座席窓がないんですね!
危ない危ない。一列前で予約してたら外が見られなかった!
ちなみに私の座席は21A

NEWビジネスクラスシートでした。ラッキー!
噂通りシート幅は広くて、私と子どもの二人で座れます。(座らないけど)


blog00002038.jpg

手前からはテーブルが出てきます。
奥はボックスになっていて、中にはノイズキャンセルが優秀だというヘッドフォンが入っていました。


blog00002039.jpg

これこれ!
今回は往復ともに一度も使わなかったけど…。


blog00002040.jpg

収納ボックスに読書灯にコンセント類
読書灯は3段階くらいで明るさが調節できました。


blog00002048.jpg

コンセント類は、プラグの形がシンガポールなので、使う場合は変換プラグをお忘れなく。
私は預け荷物に入れちゃったので、何もできませんでした。

相方はHDMIコンセントをなぜか持っていて、自分のiPadに落とした映画を大画面で見ていました。
賢いけどズルい!!!


blog00002041.jpg

シートアレンジボタン
意味が難解で、一度でシートチェンジできない航空会社が多いですが、これは分かりやすい。


blog00002042.jpg

左上が収納ボックス。
女性のみなさん!化粧ポーチ入れるのにピッタリですよ!
鏡もあって、お化粧直しにとても便利♪


blog00002059.jpg

私の座席の場合、右の頭の横にもライト類のスイッチがありました。


blog00002044.jpg

ウェルカムドリンクをいただきました。

CAは男女比が3:7くらいで、やはり外資系は男性が多い。
日本語を話せる方は、ビジネスクラスでは一人だったかな?
私の担当をしてくださった方は日本人ではなかったけど、
特に難しい話をするわけではないので、全然大丈夫。

シンガポール航空の制服は、オリエンタルで素敵だった~。
日系だとサービスが始まる前に着替えたりするけど、それもなし。
あれ、いらないよね?


blog00002043.jpg

手元のコントローラー
これも新しいので反応良し!


blog00002047.jpg

ここに足を入れてリラックスできます。


blog00002046.jpg

その下には大きな収納スペース。
手荷物程度ならこのスペースで十分なので、
座席上に荷物を上げている方は少なかったです。
奥行きもかなりありました。


blog00002060.jpg

往路便はガラガラでしたので、真ん中の列にも座ってみます。
シートアレンジは、1-2-1

このように壁が出てきて、隣の人との住み分けができるようですが、
最初にこの壁を閉める時は相手に気を遣うんだろうか?…とオバサンは余計な心配をしてみる。


blog00002045.jpg

飛行機は定刻通りにゲートを出ます。(台風だというのにありがたいことです)

シンガポールのニュースで知りましたが、この後のシンガポール行きは、何便か遅延したようです。
飛行機は横風に弱く、向かい風には強いので、
向かい風になる滑走路があれば大丈夫らしいのですが、
暴風域に入ってしまったら、向かい風であっても欠航の判断はあるみたい。
各航空会社によって判断基準があり、最終決定は機長にあるそうです。
(いろいろ調べた私なりの個人見解なので根拠はないけど)

今回は、たまたまラッキーだっただけ。
とにかくあとは無事に離陸してくれれば。
…と思っていたら、前の前の前のスカイマーク機がなかなか飛び立ちません。

雨風が強く、ジッとしていても機体が揺れているのがわかるくらいの強風が吹いています。
滑走路を雨水が川のように風で流されていくので、きっと風が弱まる瞬間を待っているんだと思います。

…5分くらい待機して「あ、風が弱まった?」と思った瞬間を逃さずスカイマークは離陸しましたが、
あっという間に雲の中に入ってしまい、機体が見えなくなります。

次のANA便も2機飛びたち、いよいよ自分たちの番になり、
「もしかしてこのままここで待機して、最終的に欠航になったりしてー」なんてことも想像していたら、
(機内で2時間待機の経験あり)
ジェットエンジンが始動し、滑走路を走りだします…と思ったら、あっという間にフワッと浮いて飛び立ちました。
どんだけ風が強かったんでしょう!!


blog00002049.jpg

当然ですが、かなり上空に行くまで機体は安定せず揺れます。
サービスが始まるまで、ジッと我慢の子ですが、やっと楽しみにしていたサービスが始まりました。


blog00002050.jpg

「Tea or Coffee?」と聞かれ、カフェイン中毒の私は当然のように「コーヒー」と答えますが、
相方はわざわざシャンパンをリクエストして飲んだらしいです。
いろいろズルいぞー。


blog00002051.jpg

で、紅茶だとTWGブランドがリクエストできるんですが、そこをあえてのコーヒー。
アホだ、私。

コーヒーはillyだから、いいんですけどね。


blog00002052.jpg

料理は和食と洋食から選べましたが、洋食をチョイス。


blog00002053.jpg

シンガポール航空の機内食を楽しみにしていたんですが、
まぁ7時間くらいの航行だと、こんなもんでしょうか。
もっと長距離路線に乗らないと、イメージしてるような食べ物は出てこないかな。

あ、もしかしてこのイメージはファーストクラス?

この便にもファーストクラスがありましたが、シートピッチは似たような感じかなぁ。
負け惜しみではなく。
ビジネスもフルフラットになるし。

あ、だから料理が違うのか。そうか!


blog00002054.jpg

最後のチーズケーキは甘すぎる~!


blog00002055.jpg

先ほどの台風が嘘のような青空です。


blog00002056.jpg

すごく乱れていますが、フルフラットにした状態です。
ここは相方の席ですが、どうして自分の席で撮らなかったのか後悔。
まだ私の席の方がキレイだわ…。

フルフラットは手動です。
言葉で説明はできないですが、CAさんに頼むとセットしてくれますよ。
とても簡単です。

ただ、フルフラット時用のシートベルトがキツイ!
車のシートベルトのように伸縮するので、
寝返りを打つとググッと締まってきます。

枕が2個あったので、一つを身体と共にシートベルトで固定してなんとか。といった感じ。


blog00002057.jpg

足は斜めに投げ出しますが、シート幅が広いので全然気になりません。
毛布も羽毛なので温かい。
JALのペラペラ毛布とは雲泥の差。

アメニティはアイマスク、スリッパ、靴下をもらえます。
歯ブラシ等は洗面所にありました。


blog00002061.jpg

機内のエンターテインメントはあまり良いものがなく、
iPadに落としてきた映画をみつつ、画面では航行経路を見てニヤニヤしていました。



最後に機内食のメニューを。

和食
口取り:牛蒡のきんぴら、タコの煮物、三つ葉の玉子焼きあんずゼリー
焼物:カサゴの網焼き、生姜、大根おろしとともに
炊き合わせ:海老の煮物、かぼちゃ、ロールキャベツ、蕗、鶏肉野菜巻き、銀餡ソース
酢の物:昆布におかひじき、きゅうりに百合根お漬物各種
ご飯:ご飯にゆかりと白ごましょうゆ味の焼きおにぎり
止椀:お味噌汁

<シャンパン>
Charles Heidsieck Brut Reserve France
シャルル・エドシック ブリュット・リゼルヴ フランス

<白ワイン>
2014 Yealands Estate Sauvignon Blanc,marlborough,New Zealand
イーランズ・エステイト ソーヴィニオン・ブラン ニュージーランド

2013 Jean Marc Brocard Chablis Sainte Claire,Burgundy,France
ジャン・マルク・ブロカール シャブリ・サント・クレール  ブルゴーニュ フランス

<赤ワイン>
2012 Chateau Belle-Vue Cru Bourgeois Haut Medoc,Bordeaux,France
シャトー・ベル・ヴュー オーメドック ボルドー

2013 Merchesi de Frescobaldi Tenuta di Castiglioni Toscana IGT,Italy

<ポートワイン>
Tailor's 10-year-Old Tawny Port,Portugal
テイラー・トゥニー・ポート10年 10年物 ポルトガル

<カクテル>
・シンガポールスリング
・スクリュードライバー
・ブラッディ・マリー
・シトラス・ラム・クーラー
・ベイリーズ・ホワイト・ルシアン
・クリス・イン・ラブ
・スカイハイ
・スプリッツァー

<アペリティフ>
カンパリ

<スピリッツ>
・シーバース・リーガル・スコッチ ウィスキー
・ジョニー・ウォーカー・ブラックレベル ウィスキー
・ジャック・ダニエル・テネシー ウィスキー
・ハイランド・パーク 
・クルボアジェXO ブランデー
・アブソルート ウォッカ
・バカルディ・スペリオール ラム
・ボンベイ・サファイア ジン
・今代司 純米酒

<リキュール>
・グラン・マルニエ・コードン・ルージュ
・ベイリーズ・オリジナル・アイリッシュ・クリーム
・チョーヤ梅酒

<ビール>
・ギネス

<ノンアルコール>
・シトラス・デライト

<モクテル>
各種

<ミネラル・ウォーター>
・Still
・Sparkling

<フレッシュジュース>
・オレンジ
・アップル
・パイナップル
・トマト

<ソフトドリンク>
・コーラ
・コーラ・ライト ゼロ
・セブンアップ
・ジンジャーエール
・トニックウォーター

<ミルク>
・Full Cream
・Low Fat

<他>
・ミロ
・チョコレート

<コーヒー> illy
・グァテマラ
・ブラジル
・エチオピア
・エスプレッソ
・カプチーノ
・モカ
・カフェ・ロイヤル

<紅茶> TWG
・1837ブラック・ティー
・イングリッシュ・ブレック・ファスト・ティー
・カモミール
・ブレックファスト・アールグレイ
・ルイボス・レッド・ティー
・ロイヤル・ダージリン FTGFOP1

<中国茶>
・ジャスミン
・烏龍茶
・プーアル

<アジアンティー>
・緑茶
・マサラ・ティー

<他>
・ペパーミント
・ジンジャー・レモンティー with はちみつ



<目次一覧>

シンガポール航空 SQ631 羽田-シンガポール ビジネスクラス搭乗記
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-329.html

マリーナ・ベイ・サンズ・ホテル 
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-330.html

ザ・ショップス・アット・マリーナ・ベイ・サンズ(ショッピングセンター)
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-331.html

アドベンチャー・コーブ・ウォーター・パーク(セントーサ島 プール)
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-332.html

シンガポール・シーフード・リパブリック・セントーサ(チリクラブ)
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-333.html

Wonder Full ワンダー・フル(光のショー)
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-334.html

グリーン・セグウェイ・エコ・アドベンチャー(セグウェイ)
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-335.html

スカイライン・ルージュ・セントーサ
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-336.html

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-337.html

シンガポール航空 SQ636 シンガポール-羽田 ビジネスクラス搭乗記
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-338.html




ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング参加中!
少しでもお役に立ちましたら、クリックお願いします!



tag : シンガポール航空 ビジネスクラス ニュービジネスクラス NEWビジネスクラス フルフラット SQ631 台風 直撃 欠航

10:23  |  シンガポール航空 ビジネスクラス  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016.08.14 (Sun)

八幡の温泉郷 杜の湯 きらの里 2016年8月

伊豆高原にある、きらの里に行ってきました。

オープンして今年10周年になるそうですが、我々も再訪を繰り返すこと9回目。
初回は何年前か覚えていませんが、子供たちが小さい時にハマって通い詰めた宿です。

今回も小さいお子様をたくさん見かけましたが、子連れにはピッタリです。
宿でのんびりというより、様々な仕掛けで楽しむお宿なので、飽きません。

交通手段は車か電車ですが、電車だと伊豆高原駅まで宿のマイクロバスが運行しています。
今まで2回くらい乗りましたが、たしか予約は不要だったはず。

チェックインは15時ですが、先着順で夕食の時間が決まるので(17時半と20時の二部制)
希望の時間がある方が15時に集中し、とても混み合います。
上記のマイクロバスが到着すると、特に混み合って大変な騒ぎに。


blog00001824.jpg

直近だと今年の4月に再訪していますのが、前回は「山の音」という広めのお部屋に宿泊(画像上方)
でも今回は、離れの露天風呂付客室、「竹ぶえ」に宿泊。お部屋は空の102号室(画像右下)

夕食の時間を予約し、部屋の鍵と地図を受け取って自分たちで歩いていきます。


blog00001825.jpg

夏に訪れたのは久しぶりですが、イベントが開かれていました。
子どもたちが気になったのは、里山屋台。
射的とかがありましたが、かき氷が有料になっていました。

以前は大人は1杯だけですが、子どもは無制限で無料。
結構これを楽しみにして行ったのにぃ、有料だなんて!

冬には焼き芋が配られますが、これもそのうち有料になっちゃうのかしら…。

あとは流しそうめん。
私は未体験でしたので、半分くらい、これが目的で行ってきました。


blog00001828.jpg

こちらは大浴場。

寝湯とかうたせ湯とか、様々な種類のお風呂があって楽しめます。
施設内、段差がありますが、たしか一番高いところは源泉掛け流しだったはず。

湯上りは、宿泊当日はヤクルト
翌朝になると瓶牛乳に変わっています。

子どもたちはこれが目的で、大浴場に通っていました。


blog00001832.jpg

うさぎ小屋もあります。


blog00001827.jpg

今回、ふれあいイベントが開かれていました。

そういえば以前は野放しにされていて、施設内でバッタリ出会うことがあったのですが
ここ数年、小屋の中でしか見なくなりました。
脱走しちゃうんでしょうね!


blog00001826.jpg

田んぼもあります。
稲の植え付けや刈り取りなども、季節が合えば体験できるようです。


blog00001815.jpg

こちらが今回お世話になるお部屋です。

正直言うと、お部屋は暗いです。
「もう少し明るくならないもんか」といつも思いますが、
露天風呂付客室がこちらしかないので我慢です。

前回宿泊した「山の音」は明るくて広いお部屋でした。


blog00001817.jpg

そしてあまり広くない。(笑)
でもこれをカバーしても余りあるほどの魅力があるので、通ってしまいます。


blog00001816.jpg

あらかじめ2組布団が敷かれていますが、不足分は自分たちで敷きます。


blog00001814.jpg

大浴場のほかに貸し切り風呂もあって、湯めぐり用に使う籠です。
貸し切り風呂は空いていればいつでも使えるシステム。
3か所あって、予約不要です。
でも洗い場はないので、ご注意。


blog00001818.jpg

洗面所
暗いですね~(笑)
お化粧とかはできない感じです。

写真はないですが、トイレも暗いですよ。


blog00001819.jpg

そしてこちらが客室露天風呂。
二人で入るには狭いですが、小さなお子さんだったら3人で入れるかも。
源泉掛け流しです。


blog00001820.jpg

シャンプー類も置いてありますが、
シャワーブースとかのない屋外なので、冬はめっちゃ寒いです。


blog00001821.jpg

アメニティは基本のみ。
基礎化粧品なんてシャレたものは置いてありません。
大浴場に行けば、ありますけどね。


blog00001822.jpg

水屋


blog00001823.jpg

冷蔵庫は水だけ置いてあります。(無料)
でもスペースがあるので、持ち込みしても十分置けます。
写真のビールも持ち込みです。


blog00001829.jpg

縁日の料金表です。
通貨の単位は円ではなくて「きら」

100きら=100円です。
ということは、かき氷が300円!
無料だったのに~。

チケットは帳場で購入できます。
100円で100きらですが、
1000円まとめて購入すると1100きらと、少しお得。


blog00001830.jpg

17時から流しそうめんが始まりました。

館内は、作務衣で過ごせますが、1歳くらいの子まで作務衣を着ていて、
「こんな小さなサイズまであるんだ!」とビックリ。
きらの里のターゲットは、やっぱりファミリー層なんだなぁ。


blog00001831.jpg

小さい子は当然ながら背が届かないので下流に集まります。
なので大人は上流に行くんですが、逆に小さい子が下流で待っていると思うと食べられない。
宿の方が下流の子供たちのために、途中から流していましたけどね。

そうめんは一口サイズで流れてきていたので、取りやすい。
17時から始まって最初は見ているだけでしたが、17時半前には空き始めたので(夕食の一巡目が始まるから)
2口くらいいただきました。
流しそうめん、無事に初体験完了です。


blog00001833.jpg

で、我々も17時半からの夕食に出かけます。
夕食はお肉と海鮮から選べますが、今回は海鮮をチョイス。


blog00001834.jpg

2巡目が20時からなので、テンポはとてもよい。
スタッフもたくさんいて、サービスはいい方だと思います。


blog00001835.jpg

前菜
穴子の八幡巻き木の芽焼き  〆鯵小袖寿司
川海老  谷中生姜  辛子蓮根


blog00001836.jpg

無花果と御所麩の黒胡麻クリーム掛け


blog00001837.jpg

叩き芋と海老の涼風仕立  薄菜


blog00001838.jpg

食前酒


blog00001839.jpg

先椀
玉蜀黍の冷静スープ


blog00001840.jpg


blog00001841.jpg

お造り


blog00001842.jpg

焼物
鱸玉味噌焼き


blog00001843.jpg

主菜
海鮮しゃぶしゃぶ


blog00001844.jpg

伊豆は金目鯛がおいしいですよね。
魚介は当然ながら新鮮です。


blog00001845.jpg

趣味小鉢 3種類から選べました。

写真は豚角煮ですが、他には鰊茄子の煮物、夏野菜のバーニャカウダがありました。


blog00001846.jpg

食事も3種から選べます。

新生姜と桜海老の炊き込みご飯
冷たい稲庭うどんと天婦羅
海鮮出汁雑炊(雑炊は全員で注文)


blog00001847.jpg

水菓子



量は少ないです。
私たちでも足りないかな?と思うくらいでしたので、高校生の運動部系長男では全然足りない。
桜海老のご飯を、漫画のようにどんぶりで山盛りにもらい、なんとか満たされていました。


blog00001848.jpg

私たちがきらの里に通う、大きな理由の一つが夜泣きそば。


blog00001849.jpg

22時から無料で食べられますが、15分前くらいには人が集まり始め、番号札を受け取って待ちます。


blog00001852.jpg

なんてことないラーメンなんですが、これがおいしいんですよね~。
半玉程度なので、小腹がすいたときにピッタリ。
小腹がすいてなくても食べちゃいますけどね。


blog00001854.jpg

こちらは朝食で、和食と洋食から選べます。
周りを見渡すと和食を食べている方が多いかな?

朝食は時間指定ではなく、7時~9時半の好きな時間に行けます。
これもポイント高い!
目が覚めて朝風呂に入って身支度して、適当な時間に行けば食べられるなんて!

8時半過ぎに行くと、だいぶ空いてきます。


blog00001855.jpg

パンはお代わり自由。
ドリンクも、コーヒー、水出しアイスコーヒー、ジュース類がお代わりできます。


blog00001853.jpg

朝は、泳いでいるアマゴに餌やりができます。
蓋がしまっていますが、開けると餌があります。


blog00001856.jpg

ウサギのふれあいコーナーができていました。
リアルファーを触ってきましたよ!



次回はいよいよ記念すべき10回目の訪問ですが、来年の春くらいかな~。
子どもたちが一緒に旅行に行ってくれる間は、きらの里に通うことになりそうです。
それが過ぎたら孫を連れて行くのかな?(笑)


tag : きらの里 伊豆高原 宿泊記 子連れ 温泉 離れ 竹ぶえ 露天風呂

06:04  |  伊豆高原・きらの里  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.08.13 (Sat)

竹泉荘 Mt.Zao Onsen Resort&Spa vol.3

竹泉荘 Mt.Zao Onsen Resort&Spa vol.2 の続きです。

blog00001774.jpg

夕食時、一休.comのダイヤモンド会員特典で、日本酒飲み比べセットをいただきました。
特典は他にも、チェックイン時にお菓子(ゴディバのクッキー)とお茶セットをいただき、
チェックアウトも12時までと、全部で3つもの特典をいただきました。
ありがとうございました。


blog00001775.jpg

食事処は窯神(かまじん)
料理長さんは直井清一さんとおっしゃるそうです。

まずは先付、小鉢、小皿ですが、器が美しい!
それに対して、この写真の腕のなさ…。
この美しさがお伝えできないなんて申し訳ないです。


blog00001776.jpg

小皿
落とし鱧  順才  吸酢  梅肉


blog00001777.jpg

先付
とまと豆腐  もろこし餡  蘭花


blog00001778.jpg

小鉢
鯨ベーコン  糸瓜  あぜ豆  辛子酢味噌和

おいしい!安心するおいしさです。
というか、こういう器を使いこなせる方は、料理がおいしいに決まってます!


blog00001779.jpg

吸物
鱧の子安平  瓢玉子  茶素麺  軸三つ葉


blog00001780.jpg

造り


blog00001781.jpg

焼き物八寸
すずきの利休焼き  海老の奉書揚げ  鴨の味噌ロース煮
穴子の棒寿司  仙台牛のミートパイ  トマトソース添え


blog00001782.jpg

肉料理
仙台牛の鉄板焼き

こちらの定番メニューだそうです。
サシがすごい!


blog00001783.jpg

ご飯は、鮎御飯
あとは赤出汁と香の物


blog00001784.jpg

デザート


いや~、おいしかった!
大満足です!


5DM36207.jpg

食後、5階のラウンジに上がってみました。
なんちゃら流星群が来ているらしいので、流れ星を探しに行ったんですが、
天の川がうっすら見えていました。

カメラのおかげでここまで写っています。すごいですね。
実際は老眼も手伝って、ぼやけまくっていました。

流れ星も一つみましたが、本当に流れ星だったのか、ただ目がかすんでいただけなのか。
今となっては自信がありませんが、たぶん流れ星だったと思いたい!


blog00001788.jpg

夜食に、とパンをいただきましたが、これがまたおいしいこと!


blog00001796.jpg

こちらは朝食です。


blog00001791.jpg

玉子がおいしかったな~。
お砂糖が入ってないのに、なぜあんなに甘くておいしい玉子焼きになるんだろう。


blog00001792.jpg

ご飯のお供がたくさん。


blog00001793.jpg

サラダ


blog00001790.jpg

こちらはお薬味一式
お豆腐用のネギとか、サラダのキュウリやにんじんにつける味噌などもありました。


blog00001795.jpg

右の鰹粉は、お味噌汁に入れていただきました。
梅干も甘口でおいしい!


blog00001794.jpg

お味噌汁


blog00001797.jpg

炊き合わせ


blog00001798.jpg

デザート
写真に撮り忘れましたが、ご飯はお釜炊きでした。
焦げがなくて、真っ白なきれいなお米で、おいしい!


blog00001811.jpg

中庭にある大きな石は、蔵王のお山が噴火したとき、ここまで飛んできたんだそうです。
今では立派なオブジェ。



以上で竹泉荘宿泊記は終了ですが、とてもいいお宿でした。
私たちがちょっと話したことを覚えていてくださって、すぐに調べて資料にしてくれたり、
チェックアウト後、お釜に観光に行ったんですが、その前に天気を調べてくれたり、
普通のお宿ではなかなかカバーできないようなサービスですよね。
感謝感謝です。


東京からは300km以上。ゆっくり走って片道5時間半。
なかなか行ける距離ではありませんが、機会があったらぜひ再訪したいお宿になりました。

ありがとうございました!




tag : 竹泉荘 蔵王 宿泊記 ブログ

23:39  |  蔵王・竹泉荘  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.08.13 (Sat)

竹泉荘 Mt.Zao Onsen Resort&Spa vol.2

竹泉荘 vol.1 の続きです。

渋る次男を連れて、館内の探検です。
宿泊した日は平日だったせいか、他の宿泊客の方にはほとんど出会いませんでした。

blog00001749.jpg

こちらはスパ
この日は定休日だったようです。


blog00001750.jpg

横の通路を進んでいくと…


blog00001751.jpg

ジムがありました。

うつっていませんが、奥にはバランスボールとヨガマットも。
右は鏡です。
利用できるのは18歳以上で、靴のレンタルもありました。
ウェアはどうなのかな?


blog00001752.jpg

そのすぐ横に大浴場がありました。
チェックイン時に、タオルが常備されているので、手ぶらでどうぞ~。
と説明してもらっていたので、ここで次男と別れ、本当に行き当たりばったりで入浴してきました。


blog00001753.jpg

施設内は誰もいませんので、撮影させてもらいました。


blog00001754.jpg

鍵付きのロッカーもあって、どこぞのスパみたい。


blog00001755.jpg

基礎化粧品はポーラです。
日本製だけあって、よく肌になじみますよね。


blog00001756.jpg

洗面台は、たしか7か所あったかな。
掃除が行き届いていて…というか、備品のズレがまったくないくらい整っていて、
見ていて気持ちいいくらいでした。


blog00001760.jpg

タオル類はたくさん常備。


blog00001757.jpg

室内風呂


blog00001758.jpg

施設内は、全部源泉掛け流しみたいですよ。


blog00001759.jpg

こちらは資生堂


blog00001761.jpg

そして露天風呂。
一歩外に出て、思わず「うわ~!」って言ってしまいました。
誰もいなくて良かった!


blog00001762.jpg

3か所ありますが、それぞれ温度が違っていて、
一番手前が、ぬる湯39~40度
左が、あつ湯で42~43度
右奥が ややあつ湯で、41~42度


blog00001763.jpg

あと、入浴したら上を見上げてみてください。
森の美しさを感じられる、あの解放感はなんとも言えない気分で最高でした。
写真は撮りませんでしたので、これはぜひ体感していただきたい!


blog00001764.jpg

残念なことに、男性の大浴場は相方の話によると、普通だそうです。
のれんの入れ替えがあればいいのに。


blog00001765.jpg

あとこちらは5階。
このお部屋専用のラウンジですが、空室の時は解放されるそうです。


blog00001766.jpg

お部屋の一部分ですが、これだけでリビングが2つあるって、
いったい、どれだけ広い部屋なんでしょう。


blog00001767.jpg

後で、ここから星を眺めます。


blog00001768.jpg

たぶん、フロント部分の屋根


blog00001769.jpg

blog00001770.jpg

blog00001771.jpg

blog00001772.jpg

エレベーターを降りて、2階に戻ってきたところ。
どこを切り取っても絵になるような気がします。



竹泉荘 Mt.Zao Onsen Resort&Spa vol.3 に続きます。
次はいよいよ食事編です。



tag : 蔵王 竹泉荘 宿泊記 ブログ

22:58  |  蔵王・竹泉荘  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT>>