FC2ブログ
2016-04- / 03-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>05-

2016.04.28 (Thu)

最後の清流 四万十川

最後の清流と知られる四万十川。
全長は196キロあり、四国最長だそうです。

ここも昔からテレビでよく見ていた場所。
東京のあまりキレイではない川を見て育った私には、
清流というものがどういうものなのか、とても興味深く四国まで行ったのですが…。


blog00001296.jpg
どよーん。

前日の雨で濁流になっています。
遊覧船の予約もしていたのですが、増水もしているから、と欠航の連絡があり、
沈下橋だけ見学してきました。



blog00001297.jpg

沈下橋とは欄干がなく、四万十川が増水するとその名のごとく沈下してしまう橋です。
上流から流れてきた木材などが欄干などに引っかからないとかのメリットがあるらしい。

一大観光スポットになっていますが、地元の人には大切な生活道路。
邪魔にならないように、たくさん撮影してきました。


blog00001298.jpg

などと雑談をしている間に3枚目になってしまいましたが、
コチラは三里の沈下橋です。

最初に有名な佐田沈下橋に行ったのですが、ちょうど観光バスが到着し、
わんさか人が下りてきたので、先にこちらに来ました。

地元の車が時々通りますが、観光客は私たちだけ。
小さく写っているのは、UMAの小さいおっさんではなく、うちの相方です。
橋のサイズがなんとなくわかるでしょうか。


blog00001299.jpg

下からのアングルも。


blog00001300.jpg

地元の方が通っていきます。
絵になるなぁ。


blog00001301.jpg

思い描いていた四万十川ではありませんでしたが、
清流だけに、濁流になるほうが珍しいんじゃね?
となんとなく納得することにしました。


blog00001302.jpg

次に佐田沈下橋に行ったのですが、こちらは観光客も多いし
(ドラマの撮影地だったらしい)
アスファルトがキレイに敷かれていて、すんごい観光地化しちゃってる?
三里の方が地元密着系で良かったかな~。




スポンサーサイト



15:32  |  高知・四万十川  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.04.28 (Thu)

四万十屋

四国に行ったら、一度は見てみたかった四万十川。
そして四万十川といったら鰻ですよね~!

高知市内から車で2時間ほど走り、四万十川まで行ってきました。

blog00001291.jpg

途中、お遍路さんを何人もみました。
今年は60年に一度の当たり年だそうですね。

歩きだなんて、本当にすごいです!
私だったら絶対に車です。
それも八十八か所も回らず、数か所で済ませてしまいそうです。


blog00001295_20160428143355839.jpg

そして到着しました、四万十屋
こちらは食べログで見つけました。

土地勘がない時、食べログは本当に頼りになります。
たくさんの方が評価をしているので、ハズレがないと思います。


blog00001292.jpg

縁側席が空いていたので、こちらに座りました。
この日は暑いくらいだったので、屋外はとても快適。

四万十川も目の前です!(信号がジャマだけど…)


こちらのウナギは関東の蒸し焼きとは違って、素焼きにするんだそうです。
タレも甘辛ダレだそうです。
関東のふわふわした食感も好きですが、素焼きってどんな感じになるんでしょう?


blog00001293.jpg

15分ほど待って来ました!四万十川の鰻!!
うまそーぅ!

あ、鰻は天然と養殖があって、これは天然うな重 3.880円です。
養殖だと3.000円。

頑張って運転して来たのだから、ここは天然をお願いしました。

四万十川、天然鰻、快晴、縁側席!

シチュエーションはすべて揃いました。
あとは食すのみです。


blog00001294.jpg

お世辞なしで、本当においしい鰻でした。
たぶん、今まで食べた中で一番おいしかったかも。

数ある日本料理屋さんでもいただいてきましたが、こちらの鰻はダントツ。
素焼きと蒸し焼きの違いですが、素焼きだと身がさっぱりするのかしら。
それとも今まで食べていた鰻(蒸し焼き)がベチャッとしていたのかしら。

甘辛ダレもおいしかったです~。

相方と「次に来られるのはいつになるかわからない」
と言いながら、味を噛みしめてきました。

また機会があったら行きたいけど、四万十川は遠いよ~。
でもいつかきっと、また食べに行きます!






四万十屋郷土料理(その他) / 中村駅古津賀駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7




14:58  |  高知・四万十屋  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.04.27 (Wed)

桂浜

高知県を代表する景勝地の一つ。
浦戸湾口、龍頭[りゅうず]岬と龍王岬の間に弓状に広がる海岸で、
背後に茂り合う松の緑と、海浜の五色の小砂利、紺碧の海が箱庭のように調和する見事な景勝地。
古来より月の名所として知られ、“月の名所は桂浜・・・”と「よさこい節」にも唄われている。
(以上HPより)

blog00001284.jpg

テレビでは何度も見たことがある桂浜へ行ってきました!

桂浜と言ったら坂本龍馬だけど、実際、なにか関係があるのかしら?
よくわかりませんが、一度は龍馬像をこの目で見てみようと行ってみたら、いきなり

「リョーマの休日」

とかいうキャッチフレーズにやられ、
もー半分くらい、どうでもよくなっちゃいました。(笑)

「なんなのよ!リョーマの休日って!」
って悪口を言いながらこの階段を上ると…


blog00001285.jpg

ありました!坂本龍馬像。
まさか没後、自分の名前でこんなダジャレを作られることになるとは思わなかったでしょうね、
リョーマさん。


blog00001286.jpg

でも歴史音痴の相方が

「坂本龍馬って何やった人?」

とか上級ボケをかましてくるので、
様々な件で、どうでもよくなった次第。


blog00001287.jpg

おぉ!
この景色よく見ますよね~。

太平洋を望む海岸ですが、予告なしに高波が押し寄せるそうで、波の近くは立ち入り禁止です。
遠巻きに眺めるように歩道が整備されていました。

正面に見えるのが竜王岬で、竜王宮があります。(赤く小さく写ってますね)
鳥居もちゃんとあって、おみくじまでありました。


blog00001288.jpg

竜王岬から、さらに西方面をみたところ。
遠くに足摺岬が写っています。
ここにはジョン万次郎の銅像があるらしいですよ。

もちろん相方はジョン万次郎も知りません。
今流行りのハーフタレントかなんか?とか言いそうです。


blog00001289.jpg

この日は初夏のような暑さでしたので、名物のアイスクリンを食べました。
他の場所でもたくさんの売り子さんをみましたが、さっぱりしてておいしい!


blog00001290.jpg

駐車場近くにある 土佐犬パーク
看板がもう…なんて言っていいやら…。

笑えば…笑えばいいのかな?

中はお土産屋さんでしたよ。
土佐犬の子犬にも触れあえるコーナーみたいなのもありました。
(行かなかったけど)






13:57  |  高知・桂浜  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.04.26 (Tue)

小料理 磯の茶屋

最近、旅行(出張)に行くと、料理付きの宿もいいけど、
素泊まりして土地のおいしいお店を食べ歩いたほうがいいんじゃないかと思うようになり、
今回もそのようにしてみました。

こういう時、お店を探すのはなぜか私の担当。
そして頼りになるのは 食べログ
評価上位だったこちらのお店に予約をして行ってきました!

場所は路面電車「堀詰」駅から徒歩5分程度
相方が路面電車に大喜びしていたので、お楽しみも一つ増えて良かったなぁ。

blog00001242.jpg

まずはお通し。
さすが小料理屋さんを名乗っているだけあってうまーい!


blog00001228.jpg

メニューに料金は載ってないし、料理名も東京モンにはピンとこないものもありますが、
とりあえずおいしそうなものを頼んでみます。

こちらは川海老。
カウンターの上にたっぷり置いてあって、おいしそうだったので
「あれ、ください」って感じでお願いしたもの。
これもうまーい!


blog00001226.jpg

鰹のタタキ

以前、四国出身の方に「塩で食べてみてください!」と勧められていましたが、
これが本当においしい!
春鰹のさっぱりした身に塩がよく合う♪

そして一番驚くのが切り身の厚さ。
一口ではとても食べきれないほどの大きさです。
高知の人が東京に来て鰹のタタキを食べたら(食べないだろうけど)
切り身の薄さにビックリするかもね。


blog00001224.jpg

貝の盛り合わせ
チャンバラ貝(マガキガイ)、つぶ貝、流れ子(トコブシ)

チャンバラ貝って初めて聞きましたが、高知では定番の貝みたいですよ。


blog00001236.jpg

そして高知に来たらこれも食べてみたかった!ウツボ料理。
お刺身もありましたが、ちょっとドキドキしたので、唐揚げにしてもらいました。

うまーい!とは言えませんが、おいしいです。
ぬめりの処理が大変だというので、それを思えば下処理とかしっかりしているんでしょうね。


blog00001230.jpg

お通しの煮物がおいしかったので、ナスの煮物もいただきました。
うまーい!


blog00001243.jpg

地鶏の串焼き
これは想像通りの味ですが、お肉がジューシー。


blog00001234.jpg

そして最後に梅茶漬け

お酒は日本酒とか飲んでみたかったんですけど、生中ビールが思ったより大きくて、
日本酒には手を出せず…。

ゆずサワーを相方とシェアしましたが、これがおいしかったな~。
一杯ずつ頼んでも良かったかも。(飲める自信ないけど)

これで料金は1万円。
メニューに金額が載ってなかったので全然わからず、
なんとなく2万円くらいかな~なんて思ってたからびっくり!

店員さんは女性ばかりで、そのせいか、なんとなく実家に帰ってきた気分。
親戚のおばちゃんたちがわいわいやっている感じで雰囲気もいいです。

高知に行ったら、また行きたいと思わせてくれるお店でした。
ご馳走様でした!





磯の茶屋割烹・小料理 / 蓮池町通駅堀詰駅はりまや橋駅

夜総合点★★★☆☆ 3.8




16:46  |  高知・小料理 磯の茶屋  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.04.26 (Tue)

祖谷(いや)のかずら橋・小便小僧

徳島にある、祖谷(いや)のかずら橋

平家の落人が追っ手の進入を防ぐためにシラクチカズラで編んだといわれる吊り橋で、
国の重要有形民俗文化財に指定されているそうです。

平家の落人とは、平国盛(教経)
平清盛の弟の次男ですね。


blog00001268.jpg

駐車場(有料)に停めた後5分くらい歩くと、かずら橋に到着!
藤の花がキレイに咲いていました。
左の小屋のようなところで渡賃を払います。(550円)

この小屋に行くためには、ちゃんとコンクリートでできた近代的な橋を渡っていくので、ご安心を。


blog00001269.jpg

あいにくの雨でしたが、小雨になってきました。
滑ると危ないので休止になっているかな~と思ったのですが、大丈夫でした。


blog00001267.jpg

ちょうど観光客が途切れたところで、誰もいません。
ちなみに一方通行で、向こうからこちらには渡れないようです。


blog00001272.jpg

一歩踏み出すと思った以上にスカスカで、簡単に靴とか落ちてしまいそうです。
子どもだったら、足もすっぽり入っちゃうんじゃないかしら。

どこにもつかまらず、スタスタと三分の一くらい進んで後ろを振り返ったら、
相方はへっぴり腰で片手で橋につかまり、片手でビデオを撮り、首で傘を支えていました。
まぁなんて器用な…。(笑)

でも私は絶叫マシーンとか好きなので、あんまりこういうのは怖くないです。
相方が調子に乗って揺らしてきたとき「やめてよー」なんてキャッキャ言いながら
笑っている中年夫婦の方が、よっぽど怖かったかも。


blog00001273.jpg

この橋は、3年で架け替えられるそうですよ。

その昔は追っ手を振り払うために切り落としていたのか…。
と思いを馳せながらよーく観察してみたら、太いワイヤーが一緒に編まれていました。
なるほど。


blog00001275.jpg

かずら橋からすぐのところにある琵琶の滝

平家の落人が京をしのびながら、ここで琵琶を奏でたそうです。
相方が一緒に写っているので、大きさがよくわかりますね。

近隣には大歩危・小歩危峡もあるので、併せて楽しむといいかも。
私どもも行きましたが、観光船は強風で中止だったのです…残念。

そしてこちらはかずら橋から車で15分くらいのところにあります、小便小僧像


blog00001277_2016042813475510d.jpg

油断していると通り過ぎてしまうくらい小さいですが、
他の観光客の方が写真を撮っていたので何とか気づくことができました。

なんてことない像なんですけどね、景色は最高です。


blog00001278_2016042813475724f.jpg

写真の腕がなく、渓谷美が表現しきれていないのが申し訳ないんですが、
紅葉の季節とかは、たまらなくキレイなんでしょうね~。

tag : かずら橋 大歩危 小歩危

14:40  |  徳島・祖谷のかずら橋・小便小僧  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.04.26 (Tue)

さぬきうどん 手打十段 うどんバカ一代

香川といったらうどんよね!
うどん県だもんね!

ということで、サンライズ瀬戸が7:25高松着でしたので、
早朝から営業しているお店を探して行ってきました。

blog00001240.jpg

こちらはテレビでもよく放送されるのかな?
店内には著名人のサインがたくさんあって、待っている間に見ているだけでも楽しい。


blog00001238.jpg

香川でうどんを食べるのは初めてです。
お店によってお作法がありそうですが、前の方と同じように動いてみました。

まずはトレイを取って、コップにお水を注いで、カウンターの右端で注文。
オーソドックスなうどんを食べたい&東京の丸亀製麺所と比べてみたいので、
いつも食べる釜たまうどんをお願いしました。

そして左に移動して、揚げ物を取りながら移動。
「丸亀製麺所と同じ…」とホッとしながら最後、カウンターの左端で清算。


blog00001235.jpg

釜たま・中です。
中だと2玉になるらしい。
おなか一杯になったけど、食べられない量ではありませんでした。


blog00001231.jpg

一口目、小麦の香りがすごく強く感じられて、コシもしっかり!
これが香川のうどんか~!と噛みしめながらいただきます。

でも東京で食べる丸亀製麺所も負けていないか?

もちろんこちらで食べるうどんの方がおいしいのは当然ですが、
なかなか香川までは行けないので「バカ一代はおいしかったな~」と言いながら
丸亀製麺所のうどんを食べるのも手段の一つかもしれません。(違うか)





手打十段 うどんバカ一代うどん / 花園駅(高松)今橋駅瓦町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3


14:19  |  香川・手打十段 うどんバカ一代  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.04.26 (Tue)

サンライズ瀬戸 東京-高松

blog00001266.jpg

四国まで行くことになったので、それならば!と、サンライズ瀬戸に乗ってきました。
(撮影は高松駅にて)

blog00001244.jpg

乗車当日、事故の影響でJRが止まってしまい、22時発だというのに東京駅は大混雑。
在来線を待つ乗客でホームは写真のような感じに。

昔、サンライズに乗ったときはホームがガラガラで写真とか撮り放題だったのに、
今回は撮影どころか、あんまり動けず…この写真を撮るのが精一杯でした。


blog00001245.jpg

チケットが取れたのは、サンライズツイン。
サンライズでは4部屋しかないお部屋です。
(出雲行き2部屋・高松行き2部屋)

1か月前の10時ピッタリにみどりの窓口に行って、ぎりぎり最後の一部屋でした。
喫煙部屋だったのですが、匂いはまったく気にならず。


blog00001246.jpg

パジャマ…というかネグリジェぽいものがありました。
枕は高くて硬い。
アメニティと呼ばれるものは何もないのでご注意を!


blog00001247.jpg

荷物を置くスペースもありました。


blog00001248.jpg

ハンガーも姿見もあり。


blog00001249.jpg

車両のご案内がありましたが、これを見てもピンとこないので、あとで探検します。


blog00001250.jpg

目覚ましとかライトのスイッチが揃っています。
シングルデラックスだとテレビがありますが、サンライズツインにはラジオしかありません。
あ、車内販売もありませんよ。
乗車前はお酒とかつまみとかのご準備を忘れずに!


blog00001252.jpg

サンライズ瀬戸の停車駅は、
横浜、熱海、沼津、富士、静岡、浜松、姫路、岡山、
児島、坂出、高松で7:27到着です。

23:40に沼津に到着したのを見届けたら、寝てしまいました。
というか眠くて仕方なかったんですが、頑張って沼津に着くまで起きてたと言ったほうが正解。

そのあとは電車の揺れで思う存分熟睡し、朝まで全然目覚めず。
以前乗ったときは子どもたちと添い寝でしたので、気を遣うし狭いしで眠れなかったのを思い出す。

岡山でサンライズ出雲との切り離し作業があります。
電車好きの方にはたまらないと思いますが、前回見たので、今回はパス。


blog00001253.jpg

さて、身支度も終わったので車内を探検します。
こちらはサンライズツインの入口。
狭い階段を下りていくと、両隣にサンライズツインがあります。


blog00001254.jpg

サンライズツインの上がシングルデラックスのお部屋になります。
…と思いつつチラッと見たら扉が開いているじゃない!
覗いたら空室!


blog00001255.jpg

というわけで撮影してみました。
シングルデラックスだけ、洗面台もついています。
たしかシャワーカードももらえたはず。

シャワーカードは、3号車10号車にあるシャワーを(たしか)5分間使用できます。
お湯は出しっぱなしじゃなくて、一時停止にするとカウントも止まるシステム。

そのほかのカテゴリーだと、シャワーカードは購入になりますが、
前回、すぐにお水がなくなってしまって使用中止になった記憶が…。
私は前回も今回も、お風呂を済ませてから乗車したので利用せず。


blog00001256.jpg

こちらはたぶん、シングル。
ここも空室でした。


blog00001257.jpg

シングルも上下に部屋があって、こちらは上の階
狭いですが、秘密基地みたいでテンションあがるかも!


blog00001258.jpg

こちらもシングルですが、すこし大きいですね。
のびのびシングルとかいうカテゴリーのお部屋かしら?


blog00001259.jpg

こちらはシングルツイン
二段ベッドみたいになっています。

サンライズツインが高松行きだと2部屋しかないので、
予約が取れなかったらこちらにする予定でした。


blog00001260.jpg

あんまり奥行きがないかも。


blog00001261.jpg

でも大人になると二段ベッドを使う機会ってほとんどないですから、
こういうのも楽しいですね!

というか、ほとんどのカテゴリーのお部屋を見学することができました。
ソロと呼ばれる雑魚寝のお部屋も見ましたが、他に乗客の方がいらしたので撮影はできず。
たまたま空いている日だったのかなぁ。


blog00001262.jpg

こちらは洗面所
コンセントもついていたので、ドライヤーも使用できそうです。
サンライズツインのお部屋にもありましたが、電圧が弱そうだったので使用しませんでした。


blog00001263.jpg

景色はこんな感じ。


blog00001264.jpg

通路


blog00001265.jpg

高松駅に到着した時、外から撮影しました。
上がシングルデラックスで、下がサンライズツインです。

目の高さはホームとほぼ同じ。
なんだか新鮮でしたよ。

サンライズ出雲だと到着が10時頃になるので、起きてからも電車の旅が満喫できますが、
サンライズ瀬戸だと7:27着なので、目覚めてからはあっという間です。

でも電車の心地よい揺れで思う存分眠れるのって楽しいですね。
時間はかかりますが、たまにはこういう旅もいいと思います。





tag : サンライズ瀬戸 サンライズツイン

10:13  |  サンライズ瀬戸  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.04.19 (Tue)

天ぷら 銀座 おのでら

2015年11月にオープンしたばかりの 天ぷら おのでら に行ってきました。

場所は銀座8丁目 夜のお店がたくさんあるエリアにあり、夜間はさぞ賑やかそう。
私たちはランチでお邪魔したのが残念。

しかし店内は明るく、サービスも程よい。
久しぶりに良い天ぷら屋さんを発見しました!

blog00001215.jpg

まずはトマトと土佐酢漬け
この日は少し暑かったので、さっぱりとおいしくいただきました。


blog00001214.jpg

blog00001212.jpg

blog00001213.jpg

blog00001218.jpg

大葉の中に雲丹が入っています。
これおいしかったな~。


blog00001220.jpg

ナスも油を吸いすぎずさっぱり。


blog00001221.jpg

blog00001217.jpg

blog00001223.jpg

春の定番 ふきのとう です。
私はふきのとうの苦みが大好きなんですが、油の甘みも感じつつ、苦みもあって
すっごくおいしかったです。
たぶん、今まで食べた中で一番おいしいふきのとうだったかも。


blog00001216.jpg

blog00001219.jpg

blog00001222.jpg

締めは天丼、天茶、あとなんだったかな… 3種類の中から選べます。
私はちょっと甘いものが食べたい心境だったので、相方に
「通は天茶なんだよ」と言われつつ、天丼を選びました。

っていうか、通は天茶なの?


blog00001211.jpg

締めのアイスまで手抜きはありません。


和食は仕事が本当に丁寧ですね。
洋食ももちろん丁寧だと思いますが、
手元が客の目の前で、まったく手が抜けないどころか気も抜けない環境ってすごい!

そして料理人のみなさんは、お箸の持ち方がきれいなので違うと直されるのかしら?といつも思います。
いつか聞いてみます。

あと、お料理とは別に、ここはお手洗いがすごかった。
マウスウォッシュ、楊枝、油取り紙くらいじゃ驚きませんよねー。

その他がすごかったです。
気になる方はぜひ行ってみてください。






天ぷら 銀座おのでら天ぷら / 新橋駅内幸町駅銀座駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6



17:39  |  東京・銀座 おのでら  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.04.19 (Tue)

東京ディズニーシー ホテル ミラコスタ ベッラヴィスタ・ラウンジ 

相方と二人でディズニーシーに行ってきました。

中年夫婦が二人でディズニーなんてキモチワリ-ことしたら、当日はあいにくの雨&特別なんちゃらで18時閉園。
でもま、体力落ちてきてるしちょうどいいかもね~。
なんて楽観的に行ったら、パーク内ガラガラ。

トイストーリーマニアが20分待ちだの40分待ちだので、3回も乗れました。
センターオブジアースも5分待ち。

ディズニーってあの待ち時間で体力消耗するんですね。
全然待たなかったので、とても元気に帰ってこられました。


blog00001204.jpg

土産話はこれくらいにして、18時閉園ならばミラコスタでディナーにしようじゃないか。
と、ベッラヴィスタ・ラウンジ(イタリアン)に行ってきました。
予約をしたら窓側に案内してくれ、パークを後にするお客様を眺めつつ、食事を楽しみます。

ドリンクは

東京ディズニーシー ホテルミラコスタ 15thアニバーサリー スペシャルノンアルコールカクテル
コレクタブルグラス付き 1.860円。

めっちゃ長い名前で途中までしか読まなかったら、グラス付きで、帰りにくださいました。
ありがとうございました。


blog00001205.jpg

オーダーしたのは、
東京ディズニーシー ホテルミラコスタ 15thアニバーサリー ディナーコース 10.290円
4/11~7/7まで

まずは鯛のタルタルとサヨリのマリネ 15種類の野菜とヒアルロン酸ゼリー
水色のゼリーはヒアルロン酸なんだそうです。


blog00001206.jpg

パン一式


blog00001207.jpg

フィダンツァーティ・カプレージ 筍とアグレッティ ガルムの香り

フィンダンツァーティとはイタリア語で恋人という意味なんだそう。
パスタの種類ですね。


blog00001208.jpg

金目鯛のインパデッラ アスパラガスとアサリの軽い煮込み オレンジソース カモミールをアクセントに


blog00001209.jpg

フィレのサルティンボッカ オリーヴとオニオンのサルサ 新ジャガイモとトマトのローストを添えて


blog00001210.jpg

クレームダンジュとグリオットチェリーコンポート ルバーブソルベ

あとコーヒーまたは紅茶が付きます。


この日は4月14日だったのですが、
翌日から15周年のイベントが始まる予定で、閉園後なにやら催し物の練習が始まりました。
キャストがスポンサーの看板をもって整列し、スポットライトを浴びています。
この催しは、翌日の熊本の地震で実際は行われず中止になってしまいますが…。

そして19時からは特別招待客がどっとインパしてきます。
少人数なのかと思ったら、そこそこの人…というか、普段の開園時よりもごった返していたかも。
この方たちは、19時から22時半までパーク内で過ごせるそうです。
いいですね。




ベッラヴィスタ ラウンジカフェ / 東京ディズニーシー・ステーション駅リゾートゲートウェイ・ステーション駅ベイサイド・ステーション駅

夜総合点★★★☆☆ 3.1



16:41  |  ベッラヴィスタ・ラウンジ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |