FC2ブログ
2016-01- / 12-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>02-

2016.01.05 (Tue)

土肥温泉 無雙庵 枇杷(むそうあん びわ) 食事編

無雙庵 枇杷のお部屋編はコチラ

さて、お次は食事編です。
訪問前に他の方の宿泊記ブログをチェックしたりしていましたが、
「食事の量が少ない」という情報が多かったので、ちょっと心配して行きました。

でも結果から行くと量は多めでした!
大満足の食事内容をどーんとご紹介。

blog00001027.jpg

箸染め
黄身酢掛け
海月のゼリー寄せ  舞鶴胡瓜  松葉蟹  水前寺海苔  土佐酢


blog00001028.jpg

祝肴
子持ち昆布  床伏福良煮  慈姑甘煮  蓮麩の田楽
一寸豆密煮  海老細魚手綱巻き  紅鮭小川巻き

お正月三が日の宿泊でしたので、お節チックでした。


blog00001029.jpg

椀物
海老真丈  紅白短冊  たらの芽
梅麩  松葉柚子  金箔


blog00001030.jpg

向付
海まかせ  波まかせ  妻物一式


blog00001031.jpg

伊勢海老を一人一尾ずつ!


blog00001032.jpg

焼き物
鮑の踊り焼き  胡椒塩  レモン  バター

名物だという鮑です。
ほんとーに柔らかくておいしかった!!
今までに食べた鮑の中で、三本の指に入ります。


blog00001033.jpg

鍋物
沖すき焼き  鯛  鮭  鱧  海老  蛤
笹打葱  水菜  榎茸  柚子


blog00001034.jpg

台の物
牛フィレポワレ  三島馬鈴薯  ブロッコリー  しめじ  パプリカ
プチトマト  ズッキーニ  ヤングコーン  ソースヴァンルージュ


blog00001035.jpg

食事
山菜ごはん  赤出汁  香の物


blog00001036.jpg

水菓子
バニラアイスクリームと苺のソルベのミルフィーユ
オレンジ  メロン 伊豆苺  ミント



blog00001037.jpg

ここから朝食です。
小さいサイズですが、お節をいただきました。


blog00001038.jpg

お刺身


blog00001039.jpg

お雑煮


blog00001040.jpg

香の物
写真撮り忘れですが、もちろん白米もいただきました。


blog00001042.jpg

フルーツ



食事はとってもお腹一杯になりました!
そしておいしかった~♪




スポンサーサイト



22:49  |  土肥・無雙庵 枇杷  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.01.03 (Sun)

土肥温泉 無雙庵 枇杷(むそうあん びわ) お部屋編

西伊豆 土肥温泉にあるお宿 無雙庵 枇杷(むそうあん びわ)に宿泊してきました。

blog00001044.jpg

チェックインは14時、アウトは11時
私たちは東京方面から向かいましたが、伊豆半島縦断は山道が多いので、
今回は駿河湾を挟んだ向かい側、清水港からフェリーを利用して土肥温泉に向かいました。

フェリーは65分間
トータルでいったら、どれくらいの差があるのかは分かりませんが、
清水港も清水SAからすぐだし、このお宿も土肥港からすぐなので、とても便利でした。


blog00000998.jpg

フロントには昔懐かしグッズが置いてありました。
子供と羽子板をやりましたが、難しかった~。
私、昔から羽子板は苦手なんですよね。
墨が置いてなくて良かったです。


blog00001002.jpg

あとこちらは駄菓子!
うちの子供たちは駄菓子に夢中!特にくじ付き!
「当たったらもう一個かな?でももともとタダだし、もう一個とか関係ないのかな?」
とかわけのわからに事を言いながら楽しんでいました。


blog00001000.jpg

瓶牛乳もありました。
普通の牛乳とコーヒー牛乳。
もちろん両方とも風呂上りにいただきました。


blog00001001.jpg

一服したあとは…


blog00001006.jpg

お部屋に案内していただきます。
今回お世話になったのは「筍」というお部屋。

枇杷のお部屋は、カテゴリーが二つあって、平屋タイプと2階建てタイプ。
今回は平屋タイプのお部屋でした。
私たちはこのほうが使いやすいのでラッキー!


blog00001003.jpg

寝室
4人で宿泊したので、二人は和室にお布団を敷いていただきました。


blog00001010.jpg

客室露天風呂
三人でも余裕で入れそうな広さです。


blog00001011.jpg

テラス


blog00001043.jpg

こちらもテラスの写真


blog00001012.jpg

正面に駿河湾を望めます。
ちょうど日の入りが16時半頃でしたので、どんどん眩しくなってきます。

あ、そうそう。
こちらは同じく土肥温泉にある富岳群青の姉妹宿だそうで(宿泊記はコチラ
富岳群青はその名のとおり富士山が望めますが、枇杷からは見えません。
あと大きな違いは、富岳群青は洋風。枇杷は和風といった感じでしょうか。


blog00001016.jpg

お部屋に囲炉裏がありますが、これは使えるのかなぁ?
炭も置いてないし、やかんも錆びついていて使えそうもありません。
リクエストしたら準備してくれるのかしら?
もしかしたら見て楽しむだけのものなのかもしれません。


blog00001007.jpg

こちらは洗面所
奥はシャワールームで、その奥が露天風呂になります。
シャワールームはミストサウナになるらしい。


blog00001008.jpg

クレンジングなどの基礎化粧品は一通り揃っていました。
ブランドはRyuspaというもの。


blog00001009.jpg

アメニティグッズにフレーバー付きのマウスウォッシュがありました。
私はローズとラベンダーを使いましたが、不思議なお味でした。


blog00001020.jpg

ネスプレッソはこんなにたくさん!


blog00001014.jpg

冷蔵庫内は、アルコールも含めて無料


blog00001013.jpg

お茶や紅茶もありました。


blog00001015.jpg

大人のぬりえも置いてありました。
チャレンジしてみましたけど、これはセンスが大きく出来栄えに左右しますね。
当然か…。


blog00001017.jpg

iPadも置いてありました。
開くと宿の情報がいろいろ見られます。


blog00001018.jpg

枇杷のモチーフに筍と書いてあるのが、ちょっと笑ってしまった。


blog00001004.jpg

こちらはトレーナー
館内着で使えるそうですが…


blog00001005.jpg

こちらの作務衣の方が館内着として来ている方を多く見かけました。
作務衣の隣はバスローブ? その隣は陣羽織
羽毛が入っていて、とても暖かいものでした。


blog00001026.jpg

こちらは貸切露天風呂(無料)
チェックイン時に予約をするので、早い者勝ちなのかな?
階段を上がって左右に一か所ずつあります。


blog00001022.jpg

こちらは階段左の「河童の誂(あつらえ)」という貸切風呂
(もう一つは「天狗の瓢(ふくべ)」


blog00001023.jpg

blog00001024.jpg

目の前には2階建て客室の屋根で、その奥が駿河湾
ちょうど日の入りが見えます。


blog00001025.jpg

アメニティもお部屋と同じものがあり、背後には瓶牛乳がありました。
これは嬉しいかも~。


blog00001041.jpg

時々、私たちも乗ってきたフェリーが到着します。
汽笛が鳴ると、とてもかっこいい。



食事編に続きます。



23:53  |  土肥・無雙庵 枇杷  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |