FC2ブログ
2015-08- / 07-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>09-

2015.08.23 (Sun)

ミシェル・ブラス トーヤ ジャポン

2002年にウィンザーホテル11階でオープンしたミシェル・ブラス
元はフランス、オーブラック地方ライオール村にある三ツ星のフレンチレストラン。

こちらの店舗はミシュラン二つ星獲得しており、とても楽しみにして行ってきました。

ka865.jpg

店内はとても洗練されていて、北海道にいることを忘れてしまいそう。
このクオリティなら東京でも他店に張り合えそうです。


ka866.jpg

メニューは3種類だったかな?
カジュアルなコースと、お野菜中心のコース、お肉も含まれたガッツリコース

気分的にはお野菜でサッパリなんですが、
初めて伺ったのでガッツリいただくことにしました。27.000円


ka867.jpg

この色の抜けた昆布のようなものは何だろう?
と思ったらパンでした。

その後ろにある玉手箱みたいなものには、シャンピニオンが!
名前入りで焼かれていました。


ka868.jpg

バターは十勝産
そりゃそうよね~。


ka869.jpg

ワインは悩んだんですが、マリアージュでいただくと量に関係なく一人12.000円
たくさん飲む方にはとてもお得感がありますが、あまり飲まないので、
今回は白と赤を一杯ずついただくことにしました。

ワインリストを見せてもらいましたが、面白い物がたくさん!
私はあまり詳しくありませんが、よくご存じの方だと楽しいかも。


ka871.jpg

コーンスープ
上を崩して食べてもいいし、別々に食べてもいいそうです。
私は別々にいただきました。



ka872.jpg

現在では“クラシック”、
若野菜で仕上げたガルグイユー;
発芽豆&ハーブ、アカシアオイルのレドプール.レドプール

と名付けられた料理
こちらのお店の代表作のようです。

野菜は当然のごとく新鮮で、たくさんの種類がバランスよく入っています。
パクチーまで入っていたのには驚きとともに喜びが♪


ka873.jpg

カトラリーにはこだわりがあるそうで、ライオールの人たちは人生で一本のナイフを大切に使うそうです。
その価値観を共有してもらいたい、というシェフの意向で、
このディナーの間、ナイフだけはずっと同じ物を使い続けます。


ka874.jpg

黒砂糖でポワレしたアワビ
回りに添えられたお野菜も、とても香りがいい


ka875.jpg

鴨のフォアグラのグリエ
この厚み!!


ka876.jpg

サマートリュフ
国産とフランス産


ka877.jpg

トムラウシ
ジャージー牛サーロインのポワレ
ジロール茸
ソースは味噌仕立て


ka878.jpg

チーズワゴンが来ましたが、種類の多さにビックリ!
手前4種がシェーブル


ka879.jpg

北海道内でもシェーブルチーズを作っているそうで、
国産2種(左)とフランス産2種(右)をいただきました。
香りはやはりフランス産のほうが強い。


ka880.jpg

アボカドの流れる温かいビスキュイクーラン
バジルのソルベ

クーラントは流れ出る、という意味があるそうで、
フォンダンショコラのようにナイフを入れるとアボカドの甘いソースが流れ出てきます。


ka881.jpg

温めたブルーベリーと、アカシアのアイス


ka882.jpg

あとは小菓子が続きます。
まずは小さいアイスクリームがワゴンで来ました。

ソルベが1種、アイスが2種、ムースが2種あって、全種類を勧められたんですが、
お腹いっぱいだったので食べたいものだけ。
両端がメロンソルベで、真ん中がほうじ茶のアイス


ka883.jpg

ミニボンボン


ka884.jpg

ミルクの下には、コーヒーと、奥がキャラメルソース
手で持ってコップのようにごくごくいただきます。
つぶつぶはお口直し。
結構おいしかった。


ka885.jpg

こちらはお土産


野菜…それも地元の野菜をふんだんに使用しているところが、とても良かったです。
これだけ地域密着しているのなら、都内出店は難しいかな?
予約はなかなかとれないそうですが(この日も満席)一度行ってみる価値ありです。

サービスもスマートで良かった。




下記もご参考ください。

ウィンザーホテル洞爺 お部屋編
ザ・ウィンザーホテル洞爺 施設編
ザ・ウィンザーホテル洞爺 アクティビティ編
ザ・ウィンザーホテル洞爺 朝食編
あらし山 吉兆 洞爺湖店
鮨処 祥庵 こげ津




ミシェル・ブラス トーヤ ジャポンフレンチ / 豊浦駅
夜総合点★★★★ 4.3

スポンサーサイト



18:57  |  北海道・ミシェル・ブラス・トーヤ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.08.23 (Sun)

鮨処 祥庵 こげ津

ウィンザーホテル洞爺 11階にあるお寿司屋さんへ行ってきました。

ka862.jpg

おまかせコースが2種で15.000円と2万円
前者をお願いしました。


ka850.jpg

まずは先付


ka851.jpg

うに小鉢
これとってもおいしかった~!

雲丹嫌いの次男に食べさせたら、子どもでも「おいしい」と気に入っていました。
臭みが全然無くて、甘い!


ka852.jpg

涼鉢

この前にお造りがあったのですが、撮り忘れ
中トロが普通においしかったです。


ka853.jpg

強肴

こちらは蟹と蟹味噌です。
私、蟹味噌がとても苦手なんですが、この味噌は全然臭くない!
本当においしい蟹味噌は臭みなんてないんですね。
次男の雲丹に続き、私も蟹味噌を克服することができました。

いつもは相方にあげちゃうんですが、完食です。


ka854.jpg

握り7貫
こちらは珍しい生のニシン
全然ニシン臭くない。


ka855.jpg

時鮭


ka856.jpg

ボタン海老


ka857.jpg

雲丹


ka858.jpg

いくら
下にシャリが隠れています。


ka859.jpg

追加オーダーした穴子
2つ写真撮り忘れですね。


ka860.jpg

汁物


ka861.jpg

デザート


ka863.jpg

シンプルながらも、本当においしいお寿司ばかりでした。
シンプルだからこそ、よい食材を使わないとここまでの味にはならないお見本のようなお店かも。
東京に帰ったら、他のお寿司食べられるかなぁ。

そう思わせてしまうくらい、とてもおいしいお寿司でした。



下記もご参考ください。

ウィンザーホテル洞爺 お部屋編
ザ・ウィンザーホテル洞爺 施設編
ザ・ウィンザーホテル洞爺 アクティビティ編
ザ・ウィンザーホテル洞爺 朝食編
あらし山 吉兆 洞爺湖店
ミシェル・ブラス トーヤ ジャポン





祥庵 こげ津寿司 / 洞爺駅
昼総合点★★★☆☆ 3.7

18:18  |  北海道・鮨処 祥庵 こげ津  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.08.23 (Sun)

あらし山 吉兆 洞爺湖店

ウィンザーホテル洞爺2階にある吉兆へ行ってきました。
ミシュラン2つ星だそうです。


ka834.jpg

嵐山本店のようなたたずまいで、ちょっと緊張します。


ka835.jpg

夜のコースは2万、3万、5万とあり、3万のコースをオーダー


ka836.jpg

まずは向付け
御料理とか全然覚えてないので、今回もどどーんと写真のみ
雲丹が美味しくて、順才が大きかった。


ka838.jpg

煮物椀
出汁が吉兆!!って感じでした。
私そのうち出汁で利き酒ならぬ、利き出汁ができるかも。


ka839.jpg

造里


ka840.jpg


ka841.jpg

八寸


ka842.jpg


ka843.jpg

焼き物はヤマメです。


ka844.jpg

こちらは同じくヤマメを蒸した物


ka845.jpg

炊き合わせ


ka846.jpg

ご飯は時鮭


ka847.jpg


ka848.jpg

フルーツ盛り合わせは種類が豊富


ka849.jpg

〆は宇治金時
下に餡子と白玉が隠れています。


吉兆おいしいんですけどね~。
この緊張する感じはなんでしょう?
私が緊張しなければいいのか?
でももう少しリラックスしていただきたい。


次男も子どもコース8千円をオーダーしたので、
サービス料も混みで9万強

うーん、高く感じる。




下記もご参考ください。

ウィンザーホテル洞爺 お部屋編
ザ・ウィンザーホテル洞爺 施設編
ザ・ウィンザーホテル洞爺 アクティビティ編
ザ・ウィンザーホテル洞爺 朝食編
鮨処 祥庵 こげ津
ミシェル・ブラス トーヤ ジャポン





あらし山吉兆懐石・会席料理 / 洞爺駅
昼総合点★★★☆☆ 3.6


17:50  |  北海道・あらし山 吉兆 洞爺湖店  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.08.23 (Sun)

ザ・ウィンザーホテル洞爺 リゾート&スパ 朝食編

今回は朝食付きプランで宿泊しました。

朝食は
2階 フレンチダイニング ギリガンズアイランド
11階 割烹 杜氏賛歌
1階 ビュッフェ
ルームサービル

上記4種類から選べます。
まずはネットでも評判の良かった、ギリガンズアイランドへ。

アメリカンスタイルとジャンボンスタイルから選べるということでしたが、
ジャンボンスタイルというのがよく分からなかったので、まずはアメリカンスタイル

ka821.jpg

どちらもまずはスパークリングワインがいただけます。
写真に写っているのは、あとヨーグルトとフルーツグラス
なんだかとてもゴージャスです。

カトラリーもクリストフル!(christofle)
ウィンザーやるねぇ。

ka820.jpg

パンと牛乳、オレンジジュース、林檎ジュースはセルフです。
パンの種類は5~6種類でしたが、とても美味しい。


ka819.jpg

ジャムは右下のミルクジャムが甘くて美味しい!


ka818.jpg

バターはくるくる巻かれています。
これちょっと手間なんですよね。


ka822.jpg

ka823.jpg

プレートの右には温野菜
サラダはシンプルな物でしたが、ドレッシングがうまい。
卵は3種類の焼き方から選べます。


ka824.jpg

こちらは目玉焼き。
あとスクランブルエッグが選べます。


ka831.jpg

これは別日にいただいたジャンボンスタイル
ジャンボンとは1ヶ月かげてじっくり作ったハムのことだそうです。


ka830.jpg

温泉卵と混ぜていただくと、すっごく美味しい。
家でも実践してみようかな?

あと忘れちゃいけないのがオレンジジュース!
オレンジを搾ったばかり!という味で、本当に美味しいです。
ギリガンズアイランドに行ったら飲まなきゃ損!


ka825.jpg

ビュッフェの方にも行ってみました。


ka826.jpg

パンの種類はギリガンズより多いです。
次男の好きなコーンフレークもあり。
牛乳は北海道だけあって、どこで飲んでも美味しい。


ka827.jpg

私のプレート
オムレツステーションもありましたよ。


ka828.jpg

こちらは相方の


ka829.jpg

こちらは次男
炭水化物ばかりですね。
でも好きな物を好きなだけ食べるのがビュッフェの良さなので、
全然OKです。


ka833.jpg

あと番外編ですが、11階の蕎麦処 端渓でお蕎麦をいただきました。


ka832.jpg

お店からは洞爺湖が一望できるので、景色は最高です。
これは普通の盛りそばですが、天ざるも美味しそうだったな~。




下記もご参考ください。

ウィンザーホテル洞爺 お部屋編
ザ・ウィンザーホテル洞爺 施設編
ザ・ウィンザーホテル洞爺 アクティビティ編
あらし山 吉兆 洞爺湖店
鮨処 祥庵 こげ津
ミシェル・ブラス トーヤ ジャポン
16:15  |  ザ・ウィンザーホテル洞爺  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.08.23 (Sun)

ザ・ウィンザーホテル洞爺 リゾート&スパ アクティビティ編

ウィンザーホテルにはアクティビティがたくさんありますが、
まずは北海道に来たので、カヌーにチャレンジ

ka801.jpg

ホテルからの送迎付きで、大人・子ども 2時間 5.400円
そんなに難しいことはないので、簡単なレクチャーを受けて、いざ洞爺湖へ!


ka802.jpg

風が強くて、湖畔周辺を回っただけですが、これが結構楽しい。
2時間あったので、最後は家族3人で乗りましたが、全然進まなかったな。



ka803.jpg

お次は、花火鑑賞船ツアー
これもホテルからバスで出発して、鑑賞船に乗り込み、船上から花火を鑑賞します。
打ち上げ船は鑑賞船と併走するので、ずっとベストポジションで見られます。
19:55 ホテル出発で、大人(中学生以上)2.800円、小人(小学生)1.550円


ka804.jpg

20:45-21:05が花火の打ち上げ
鑑賞船の照明も消されるので、よーく見えます。
オススメは、船の右側。
というか、右からしか見えません。


ka805.jpg

これが4月末から10月末まで毎日開催されているそうです。
洞爺湖温泉のホテルに宿泊すると、鑑賞船に乗らなくても目の前で見られるかも。
ホテルには21時半頃戻ってきました。


ka814.jpg

お次はホーストレッキング
サミットキャビン(ロープウェイ)で下りていくと、すぐの場所にあります。


ka806.jpg

子どもたちは、牧場などで引き馬になら乗ったことあるんですが、
今回は完全に自分で馬を操作します。


ka807.jpg

でも習ったのは、進め、止まれ、と右左折だけ。
馬は群れる習性があるので、一人でどこかに行ってしまうということはないそうです。
そしてとても賢いので、私はほぼ乗っているだけでした。


ka808.jpg

しかし人間同様、馬も性格はそれぞれらしい。
相方は、歩かない、道草を食う、隙を見つければサボる。
という面白い馬に当たりました。(笑)


ka809.jpg

次男は『穏やかで慎重』と、次男の性格のままのお馬さんに乗りました。
なので「何もしなくても進んでくれた~♪」と。


ka810.jpg

夫のお馬さんは、まさに道草を食っていて、歩きながら黄色い花を加えていたのには笑ったなぁ。
私は最後尾だと言われた時に「じゃ問題ない馬なんだな」と思ったら、まさにその通りで、
本当に賢い子でした。


ka811.jpg

おかげで写真も撮りまくり!
写真は禁止されるかな?と思ったのですが(一眼レフだし)斜めがけにしておけばOK
逆に終了時「こんな重いものを持っていて大丈夫でしたか?」と心配してもらえました。
もう慣れてるので重いのなんて全然平気です。


ka812.jpg

約1時間のトレッキングで9.720円。
ちょっとお高めですが、これはオススメ!
人気も高いらしく、一週間前に電話をしたら希望通りに予約が出来なかったので、
早めの予約がお勧めです。
写真は看板犬ちゃんです。
この子もお利口さんでした。


ka813.jpg

次男が乗った、はるかちゃん。


ka815.jpg

そして次男がはまりまくったテニス
3日間連続でやらされました。
料金は1時間3.240円 ラケット1本1.080円 ボール864円


ka816.jpg

最後はパークゴルフ
一人1.080円。
私たちはゴルフをしないのでこれで充分。

でも普通のコースは景色も良くて、とても素晴らしいと思います。
カート遊覧というのもあったんですが、申込時カートが出払ってしまっていたため利用できず。
自分で回るタイプと、ガイド付きのカート遊覧があって、
どちらもゴルフ場をぐるりと回れるようです。

あとセグウェイもあったんですが、こちらは16歳以上だったので断念。
マウンテンバイクツアー、スターゲージング(星空鑑賞) 中島(洞爺湖に浮かぶ島)トレッキング
吹きガラス体験、フライフィッシング等々たくさんあるようです。

次回はスターゲージングに行ってみたいなぁ。


下記もご参考ください。

ウィンザーホテル洞爺 お部屋編
ザ・ウィンザーホテル洞爺 施設編
ザ・ウィンザーホテル洞爺 朝食編
あらし山 吉兆 洞爺湖店
鮨処 祥庵 こげ津
ミシェル・ブラス トーヤ ジャポン
15:34  |  ザ・ウィンザーホテル洞爺  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.08.23 (Sun)

ザ・ウィンザーホテル洞爺 リゾート&スパ 施設編

ka772.jpg

ウィンザーにはいろいろな施設があって、3泊4日ではとても全部使い切れないのですが…


ka771.jpg

ホテル周辺を散歩していると、素晴らしい景色にはたくさん出会えます。
こちらは洞爺湖側

ka799.jpg

そしてこちらは海側


ka773.jpg

サミットキャビン(ロープウェイ)はルームキーを見せれば無料で利用できます。


ka775.jpg

ka774.jpg

7~8分くらいで洞爺湖側に下りられます。
景色はいいし、結構急坂を下りていくので、楽しいです。


ka776.jpg

ka777.jpg

そして見つけました!
各国首脳(G8)が記念撮影をした場所です。


ka778.jpg

そうか、当時の首相は福田さんだったんですね。


ka765.jpg

こちらはプール
ゴーグルまで貸してくれるというのは珍しい。
バスタオルもあるので、手ぶらでぷらっと行けちゃいます。


ka766.jpg

ジャグジー


ka767.jpg

これは何だろう?日焼けマシーン?


ka768.jpg

スポーツサウナかなぁ。

ka800.jpg

こちらは館内2階にあるスパです。

相方とボディトリートメントを受けましたが、最高に良かったです!
私は癒やしを求めてアーユルヴェーダ(60分16.000円)
相方はぐりぐりマッサージして欲しいというので、アロマテラピー(60分14.000円)

カップルルームという部屋を利用させていただき、二人で旅の疲れを癒やしてきました。
技術もとても上手で、値段の価値はあると思います!


下記もご参考ください。
ウィンザーホテル洞爺 お部屋編
ザ・ウィンザーホテル洞爺 アクティビティ編
ザ・ウィンザーホテル洞爺 朝食編
あらし山 吉兆 洞爺湖店
鮨処 祥庵 こげ津
ミシェル・ブラス トーヤ ジャポン
12:59  |  ザ・ウィンザーホテル洞爺  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.08.23 (Sun)

ザ・ウィンザーホテル洞爺 リゾート&スパ お部屋編

夏休みを利用して、北海道は洞爺湖にある
ザ・ウィンザーホテル洞爺へ行ってきました。

飛行機と電車(北斗号)を乗り継ぎ、洞爺駅に到着したあとは、
事前予約したバスでホテルまで連れて行ってもらいます。(片道約45分)

ka795.jpg

ここはサミットが開かれたことでも有名なホテルで、至る所にその形跡が残っています。
そして超高級リゾートホテルと謳われているだけあって、その施設もなかなかなものでした。


ka769.jpg

広い広いメインロビー
目の前には洞爺湖と中島が見え、まずはこの景色に圧倒されます。

右下にはフルート奏者が写っていますが、日中は必ずと言っていいほど生演奏が行われていました。


ka770.jpg

反対側


ka780.jpg

こちらの景色も素晴らしい!


ka744.jpg

こちらは限られた宿泊客しか利用できないサロン
ソフトドリンクや新聞、雑誌の閲覧の他、
チェックイン、アウトやアクティビティの予約ができるデスクがあり、
宿泊客の様々な要望に応えてくれます。


ka787.jpg

カップはロイヤルコペンハーゲンでしたよ。


ka746.jpg

さて、チェックインや事前に予約したアクティビティの確認も済んだので、
お部屋へ向かいます。


ka789.jpg

ウィンザーのお部屋は、まず大きく二つのカテゴリーに分かれています。
カジュアルスタイルとプリミエールスタイル

カジュアルスタイルの特典は
温泉、プール&アスレチック、Wi-Fiが無料で利用できます。

プリミエールは上記にプラスして、
プール利用時の水着、帽子、ゴーグル等が無料レンタル、バレーパーキング無料、サロンの利用
新聞、ロープウェイの無料利用、ビリヤード無料があります。

特記すべきは、カジュアルスタイルのチェックイン、アウトが15-12時なのに対し、
プリミエールは24時間滞在可能

私たちはチェックインが15時ちょっと過ぎだったのですが、
「15時過ぎまでご利用いただけます」とのことだったので、本当にチェックインから24時間
滞在できるようです。


ka747.jpg

前置きが長くなりましたが、私たちが今回宿泊したのは
プリミエールのG8サミットスイート(1ベッドルーム) 1泊17万円
3人で利用したので、エキストラベッド代が1泊5千円


ka751.jpg

広さは91m2で、充分な広さです!


ka753.jpg

テレビは、360度回転します。

ka797.jpg

そしてお部屋からはこの景色!


ka798.jpg

すごーい!


ka792.jpg

これは別日に撮影ですが、早朝5時半
お部屋から雲海も見えました。


ka793.jpg

手前の谷から、雲がモクモクとできていました。


ka754.jpg

さて、お部屋の探検に戻りましょう。


ka755.jpg

ベッドの左にある扉の奥にはドレッサー
写ってませんが、左にはクローゼット、後ろには整理棚があります。

整理棚の中には浴衣やクリーニング用の袋(これがなかなかしっかりした生地)
ソーイングセットが入っていました。

クローゼットの中には、金庫、アイロンとアイロン台(便利!)
ハンガーが意外と少なかったなぁ。
クローゼットは、あと入り口すぐのところにもありました。


ka757.jpg

洗面所
テレビがありますが、これは備え付けらしくお風呂場では見られません。


ka758.jpg

タオルはたくさんありました。


ka756.jpg

バスルーム

ka783.jpg

…からの景色!
シャワーブースもちゃんとあります。
アメニティはブルガリ


ka759.jpg

アメニティグッズは
歯ブラシ、カミソリ、マウスウォッシュ、コットン、綿棒、入浴剤、
ヘアバンド、ブラシ、足の指をぐーっと広げるやつ。
あとはお顔のパックが人数分ありました。
使ったら使った分だけ補充してくれます。
ティッシュは高級な感じのやつで、ふわふわでした。

ka752.jpg

ka763.jpg

ウェルカムフルーツと


ka764.jpg

マカロン


ka785.jpg

フルーツはリクエストしたらカットしてくれました。

ka782.jpg

2泊目にはシャンパンが置いてありました。
でも3泊目には何もなかったなぁ。


ka748.jpg

ka749.jpg

エスプレッソ各種


ka750.jpg

冷蔵庫内は有料


ka786.jpg

朝刊は毎朝届けてもらえました。


ka779.jpg

お部屋はとにかく快適です。
景色もいいし、サービスもいい。

私たちの予約状況を一括管理しているようで、いろいろな話しがとてもスムーズ。
ターンダウンなども夕食の時間に合わせて済ませてくれたのは便利でした。



下記もご参考ください。

ザ・ウィンザーホテル洞爺 施設編
ザ・ウィンザーホテル洞爺 アクティビティ編
ザ・ウィンザーホテル洞爺 朝食編
あらし山 吉兆 洞爺湖店
鮨処 祥庵 こげ津
ミシェル・ブラス トーヤ ジャポン





ザ・ウィンザーホテル旅館・オーベルジュ(その他) / 豊浦駅
夜総合点★★★★ 4.2

12:35  |  ザ・ウィンザーホテル洞爺  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.08.10 (Mon)

小山薫堂氏プロデュース ダイニング・イベント

アメックスのプラチナカードホルダー対象のイベントがありました。

こういうのに参加するのは初めてですが、放送作家の小山薫堂氏がプロデュース、
アイアンシェフ須賀洋介氏が料理を担当というので、倍率10倍の狭き門を突破し、行ってきました!
場所は虎ノ門ヒルズ、アンダーズ

blog00000271-1.jpg

しかし当日の朝に、私がギックリ腰。
動けはしましたが、強めの薬を飲んだのでアルコールをガマンすることに。

そして途中で動けなくなっても困るので、会場までは車で。
ますますアルコールは飲めず…。

しかし、メニューをよく見たら料理に合わせてワインがマリアージュされるらしい!
なんということでしょう!
代わりに相方に飲んでもらい、私はガス入りウォーターでした…。


blog00000272.jpg

広島産 恵みのスイートコーン
シャンパンは フランチャコルタ・アルマ・キュベ・ブリュット


blog00000273.jpg


blog00000274.jpg

北海道産 毛蟹、雲丹 京都産 汲み上げ湯葉
ワインは ルイ・ロデレール・ブリュット・プルミエ 2006


blog00000275.jpg

フランス産 燻製うなぎ 木所農園のジャガイモ
レゼルヴ・ド・ミレネール ブルゴーニュ シャルドネ 


blog00000276.jpg

フランス産 オマール海老 アーティチョーク
ラウディー・ベイ・ピノ・ノワール


blog00000277.jpg

熊本 天草の田中畜産の黒毛和牛と 北海道 帯広 どろ蓋ソーセージのバーベキュー
ワインは分からなくなってきましたが、カベルネ・ソーヴィニヨンでした。

BBQは外で須賀シェフが焼いてくださいましたが、プロが焼くとBBQでもお肉はふっくら!
ソースも美味しいし、付け合わせの野菜も中途半端な感じじゃないしで、
とても高級なBBQを食べた気分でした。


blog00000278.jpg


blog00000279.jpg

デザートは無花果と紅茶のソルベ


SUGALABOは現在予約を受け付けてないそうですが、
裏技を教わってきたので、近いうちに伺いたいと思います!

心配していたぎっくり腰も再発せず、
ワインは飲めなかったけど、美味しい料理と52階からの景色を堪能できました。
ありがとうございました!


16:20  |  [イベント] アメックス・プラチナ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.08.05 (Wed)

エスキス 2015夏

約1年ぶりくらいのエスキスです。
店内はいつも通り明るく、南仏を思い起こさせます。

blog00000254.jpg

まずはアミューズ・ブーシュ
キンカンっていったかな?柑橘系の爽やかな香りがしました。


blog00000255.jpg




blog00000256.jpg

シャトーヌフ・デュ・パプ マジス2011
今回は控えめにマリアージュ


blog00000257.jpg

フォアグラと牡蠣
ブイヨンをかけていただきます。


blog00000258.jpg

エビ!


blog00000259.jpg

シャトー・ドゥ・ラ・トゥール クロ・ヴージョ・グラン・クリュ 2007


blog00000260.jpg

甘鯛


blog00000261.jpg

ラム


blog00000262.jpg

チーズ
これおいしかったなぁ。


blog00000263.jpg

シャトー スミス オー ラフィット2005


blog00000264.jpg


blog00000265.jpg

クロ・サン・カトリーヌ


blog00000266.jpg


blog00000267.jpg


今回も美味しくいただきました。
ごちそうさまでした!





エスキスフレンチ / 銀座駅有楽町駅日比谷駅
br />昼総合点★★★★ 4.3

23:52  |  東京・エスキス  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |