FC2ブログ
2014-07- / 06-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>08-

2014.07.14 (Mon)

RESTAURANT SANT PAU

コレド日本橋の別館にある、スペイン料理の「サンパウ」へ行ってきました。
ブログに書くのは初ですが、伺うのは2回目。

スペイン料理ってあまり期待していなくて、前回はカメラも持参せずに行ったのですが、
おいしさはもちろん、盛りつけの美しさ、サービスの良さに感動してしまい、
今回はしっかりカメラを持参して行って参りました。

ラッキーな事に本店シェフ、カルメ・ルスカイェーダ女史が年に一度の来日中ということで、
お目にかかることもできましたよ。

IMG_0975.jpg

IMG_0974.jpg

カバというスペインのスパークリングワインとチップスをいただきながら、メニューを考えます。
ラヴェントス イ ブラン "デ・ニート" ヴィンテージ・ロゼ2010


IMG_0976.jpg

せっかくスペインからシェフが来日しているので、MENU PONT @16.000円をオーダー
まずは4種のアペリティーボの3品

左から毛蟹のクロケッタ  花ズッキーニ、ワサビ  チーズのスティック
イラスト付きのメニュー表も添えてくださいました。


IMG_0977.jpg

4品目は、アホブランコ、アーモンド、桃のシャーベット
あ~おいしい♪


IMG_0980.jpg

次の白ワインはコチラ
アバンシア・ゴデーリョ  ボデガス・アバンシア


IMG_0982.jpg

オマール海老
透明なタリアテッレ、ロメスコソース、ヨーグルト

タリアテッレが葛切りのようですね。


IMG_0985.jpg

このパンがめちゃめちゃおいしい。
これぞまさしく「皮がパリッと、中がふんわり」っていうあの感じ!
おかわりできますので、たくさん食べられる方はぜひおかわりを!


IMG_0981.jpg

岩塩をつけてもおいしいです。


IMG_0988.jpg

味噌とフォアグラ
マッシュルーム、梅干し、レモン
見た目にも美しいですが、味噌だと梅干しだのと日本ぽいです。


IMG_0986.jpg

アップ


IMG_0991.jpg

ラグニーリャ グラン・レセルバ 2002


IMG_0989.jpg

甘鯛
ジュリベルターダ、モロヘイヤ、ナス


IMG_0992.jpg

イベリコ豚のプルーマ
パースニップ、マカダミアナッツ、スイスチャード

この料理はサンパウの定番だそうです。
これもおいしいんだよなぁ。


IMG_0993.jpg

チーズプレート
5種類のチーズと、そのコントラスト

左から右へだんだん味が濃厚になっていくので、
左から順番に食べていきます。
これもイラストのメニュー表付き。

左からルブロション フェルミエ(牛)  トカイワインのボラッチョケーキ
ガロッチャ(山羊) トマトとオレガノ
モルビエ(牛) トレビス、ヘーゼルナッツ
フォンティーナ(牛) 人参とイチゴのジャム
キャッシェル ブルー(牛) アップルパイ


IMG_0994.jpg

こういう演出は楽しい!


IMG_0995.jpg

リフレッシュフルーツ


IMG_0998.jpg

デザートは、紫の花
ブラックベリーとカシス


IMG_0999.jpg

最後の小菓子は、こんなに盛りだくさん!
これももちろんイラストメニュー付き
手前左から、ミニクレーマカタラーナ  ピルレタ  海苔とカカオ 


IMG_1000.jpg

手前から時計回りに
抹茶のガナッシュ  マカロン  フランボワーズのスクランブル  クランチチョコ
フィナンシェ  クリーミーチョコレート  チーズケーキ



2014年版ミシュランでも星2つ獲得されていますが、なぜ3つじゃないんだ?
と思ってしまうほどお気に入りのお店になってしまいました。

これは定期的に通わねば!!



にほんブログ村 グルメブログへ
グルメブログランキング参加中!
クリックよろしくお願いします。




レストラン・サンパウスペイン料理 / 日本橋駅三越前駅茅場町駅
昼総合点★★★☆☆ 3.8

スポンサーサイト



16:57  |  [スペイン] レストラン・サンパウ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.07.11 (Fri)

アルジェント ASO

アルジェントASO 3回目です。

IMG_1126.jpg

「まだまだ通いますよ~」と前回のブログで書いたにもかかわらず、
あっという間に1年も間が空いてしまいました。
口ばっかりですねぇ。

一休レストランを利用して予約
シェフのお任せコース 10.984円をオーダー

IMG_1125.jpg

食前酒は、オススメドリンク
桃とレモングラスと…あとは忘れましたが、いろいろ入っているそうで、
ノンアルコールでもオーダーできるそうです。


IMG_1127.jpg

ピザ生地にアオサを練り込んだもの。
うまーい!


IMG_1129.jpg

ガスパチョ
中には水牛のモッツァレラチーズが入っています。


IMG_1130.jpg

氷の器に入っているので、目でも涼しく、
スープもよ~く冷えておいしい。


IMG_1134.jpg

パンは前回の時と大きく変わりましたね。
でもホイップバターは健在だったので、良かった良かった。


IMG_1135.jpg

これはパスタです。


IMG_1136.jpg

カルボナーラで、よ~く混ぜていただきます。


IMG_1137.jpg

魚料理
まずは目で楽しませてもらいます。


IMG_1138.jpg

厚みのある真鯛がベーコンで包まれています。
これもおいしかったな~。


IMG_1141.jpg

お肉料理は、朴葉に包まれて出てきました。(写真は広げたところ)


IMG_1142.jpg

お肉に朴葉の香りが移り、そこにお肉の出汁で作ったというソースをかけます。


IMG_1143.jpg

ライチのソルベ


IMG_1145.jpg

デザートは、アイスクリームにフルーツポンチがたくさん!


IMG_1147.jpg

お茶菓子です。
こちらも前回と変わりましたね。
以前は、スティックに小菓子が刺さって、生け花のようになっていたのに。



ブログランキング・にほんブログ村へ

お店は最高なので、まだまだ行きますよ!
ブログランキング参加中なので、よければクリックお願いします!
(写真は以前の小菓子)


22:33  |  アルジェントASO  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.07.09 (Wed)

ロンドン市内観光 vol 4

宿泊したドーチェスター・ホテルの隣にハイド・パークという広い公園があったので散策してみました。

LON_261.jpg

途中、馬に乗った方をたくさんみたんですが、
馬を見るまで、この土の道は整備中の花壇なのかと思ってました。

なので馬が歩いてきたときはカルチャーショック!
乗馬することを想定しているとはー!


LON_262.jpg

湖には白鳥や鴨がたくさんいました。


LON_263.jpg


LON_264.jpg


LON_265.jpg

良いお天気です。


LON_266.jpg

こちらは大所帯。
でも犬まで連れてて、犬の散歩なのか馬の散歩なのか人間の散歩なのかは不明。


LON_267.jpg

ガードマンにも遭遇
でも公園内はのんびりしていました。


LON_268.jpg


LON_269.jpg

リスにも遭遇したので、餌付けにチャレンジ
何も持っていないのに、座って手を差し出したら匂いをかぎに来ました。


LON_270.jpg

リスとおじさん。



ここから下は別日撮影ですが、帰国日にもう一度ハイド・パークに行ってきました。
ヒースロー空港のラウンジで朝食を食べる予定だったので、
部屋にあったお菓子の残り物とミネラルウォーターを持って、レッツゴー!

LON_271.jpg

この日は月曜日でしたが、自転車に乗って通勤する人がたくさん。
健康ブームなのか、大気汚染対策なのか、渋滞緩和なのか。


LON_272.jpg

日向は暑いので、日陰でのんびり。


LON_273.jpg

人が少ないせいか、先日ほどリスがいません。


LON_274.jpg

見つけても近寄ってこず、逃げ回るリス。


LON_275.jpg

木の実を拾って食べていたので、食べ物には不自由していないようです。


LON_277.jpg

でも写真を撮りたいので手を差し出しますが、今回は全然近寄ってきません。


LON_278.jpg

仕方ない、リスト戯れるのは次回ロンドンに行ったときにしよう。
リスまたねー!バイバーイ!!



ブログランキング・にほんブログ村へ

ロンドン旅行記はこれで終了です。
長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。
最後に上のバナーをクリックしていただけると、嬉しいです!



10:45  |  市内観光  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.07.08 (Tue)

ロンドン市内観光 vol 3

ピカデリー・サーカスです。
チョウチョみたいに写っているのが、エロスの像

LON_237.jpg

待ち合わせスポットなのか、人がたくさんいます。


LON_238.jpg

と思っていたら、トラファルガー・スクエア方面にも人だかり。
というか、交通規制をしています。

「ミュージカルでも見ない~?」をチケットを売りつけてきたお姉さんに
「何が始まるの?」と聞いたら、「ゲイ・パレード」が始まるんだと教えてくれました。

スマホで調べてみたら年に一度行われるPRIDEという世界でも有名なパレードらしい。
(サイトはコチラ
LGBTの祭典と呼ばれているらしく、
Lはレズビアン Gはゲイ Bはバイセクシャル Tはトランスジェンターの略

大英博物館に行く予定だったんですが、まずは場所取りをしてみました。
だって大英博物館はいつでも行けるけど、ゲイ・パレードはその時でしか見られない!


LON_239.jpg

14時ちょうどにバイク野郎たちが目の前に止まりました。
もしかしてこの場所、超ラッキーだったんじゃない!?


LON_240.jpg

観客がヒューヒュー言って盛り上がる中、パレードが始まります。
バイク野郎の次は、「she boom」と書かれた一団がやってきました。
堂々としてていいねぇ。


LON_241.jpg

写真はごく一部ですが、FreedomとかLGBTとかの文字をよく見ました。
「そうだそうだ!恋愛は自由だ!」と日本語で叫んでみます。


LON_242.jpg

写真は抜粋ですが、普通に歩いている方や、まだ身バレしたくないのかマスクを付けている方や、
この方たちみたいに「いかに目立つか」をコンセプトにしている方もたくさんいました。

日本でのゲイ事情はよく知りませんが、
よっぽどこちらの方が、世間に認知されているんじゃないでしょうか。


LON_243.jpg

沿道の人垣はどんどん増えていきます。
よーく見るとオカマちゃんもたくさん沿道から応援していました。


LON_249.jpg

「はぁ~おもしろかったね」と相方と余韻に浸りながら行った先は、大英博物館。
このギャップ!!(笑)


LON_250.jpg

入場料はなんと無料でした。太っ腹~♪
とりあえずクロークに荷物を預けて(1.5ポンド)身軽になります。

大英博物館はとても広いので、1時間や3時間コース、
または有名どころだけを回るコースなどが提案されていて、
「サラッと観光」を目指す私たちは、もちろん有名どころだけコース。


LON_251.jpg

ロゼッタ・ストーン。
大英博物館と言ったら、まずはこれですよね。

でも想像していたよりも小さくて、驚いてしまいました。


LON_252.jpg

写真撮影をしている方がたくさんいましたが(禁止じゃないらしい!)
どんどん人が動いていくので、ちょっと待てば目の前まで行けます。

文字はエンボスがかってて、ヤスリをかけてツルッツルにしてあげたい感じ。


LON_254.jpg

そして驚くことに、展示物が何のガードもなく目の前に展示されている物がたくさんありました。
「触らないでください」とは書いてありますが、たぶんあれはお触り自由になってるんだろうなぁ…。


LON_256.jpg

ヌルイデス・モニュメント

首が見事に落とされていますが、
キリスト教徒にとってギリシャ神は異教のため、落とされたとかそうじゃないとか…


LON_257.jpg

人面有翼牝牛像

ほらほら、お触り自由になってます~。


LON_258.jpg

クリスタル・スカル


LON_259.jpg

イースター島の人造彫刻


LON_260.jpg

双頭の蛇


世界中からこんなに宝物を集めてきて、返還要求されてないんだろうか?
と思ったら、やっぱりされているみたいですね。(特にエジプト政府)
大英博物館は一部の人に「大泥棒の展示」と揶揄されているみたいですが、なんだか納得。
世界平和のために返還すればいいのにね。


LON_279.jpg

さて、この日のディナーはカレー

「イギリスでカレー?」と思ったのですが、イギリスは昔インドを植民地にしていたので、
スパイスが豊富に輸入されて、カレーがとてもおいしいんだそうです。

なのでバックス&ストラウスのスタッフ、オススメのお店「Trishna」へ行ってきました。
(なんて読むのかは分からない)
なかなか予約がとれないお店だそうですが、スタッフが頑張ってくれました!
19時リクエストを18時半ならば…と無理に受けてくださったそうです。
ありがとうございます!

まずはこのチップスが出てきました。
上のソースが辛め、下のソースが甘めになってますが、両方ともおいしい!
特に下の甘めソース!!

味の期待が高まります。


LON_280.jpg

カレーってコースで食べたことがないので、どうしたらいいのか分かりませんが、
5アイテムと8アイテムコースがあったので、5アイテムでオーダーしてみました。

飲み物はシャンパンとワインがあって、ソムリエさんもいらっしゃいましたよ。
カレーにシャンパン?
と思いましたが、これがうまかったー!

写真は1品目で、エビの唐揚げ的なもの。
ソースはスパイスが効いてて、おいしい!

「J(バックスのスタッフ)予約とってくれてありがとう!」と、
相方と手を合わて感謝してしまいました。
もう、本当においしい!


LON_282.jpg

2品目の魚料理
カレーっぽいので辛いのか?と思ったけど、全然!
スパイスって辛いだけじゃないんですね。
配合で、こんなにもおいしい調味料になるんだって初めて知りました。


LON_283.jpg

3品目 ウィンナー的な物。
これは見た目も辛そうですが、辛すぎず、ただただおいしい。

自宅の近所にもおいしいカレー屋さんがあって、よく通うんですが、
近所のカレー屋さんは、普通においしい。
こちらはスパイスの深みや素材など、違う面でおいしい。

「おいしい!」  「Jありがとう!」と、

この言葉をアホみたいに相方と繰り返していました。


LON_284.jpg

4品目は、私たちもよく見る感じでカレーが出てきました。
右は、自分たちでチョイスしたラムです。


LON_285.jpg

これは何だったんでしょう?
タイ米かと思いましたが、お米じゃなくて芋?小麦?

私は黄金伝説でよゐこが作る「ちねり米」を食べたらこんな感じなんじゃないだろうか?
と思いながら食べていました。


LON_286.jpg

2種類のナン

もうね、しつこいくらいに書きますが、本当に本当においしい!
何度「J、ありがとう!」と言ったか分かりません。

ソムリエさんにワインも勧められて「カベルネ・ソーヴィイニオンが好きです」と話したら、
「ソーヴィニオンはないんですが、似たようなものだと…」と勧めてもらったグラスのワイン
これが超うまい!カレーに合う!

値段をあまり見ないでオーダーしたので、相方と1万円くらいかなぁ?
と話してたんですが、レシートチェックしたら 3.000円!
まじっすか!
ラベルの写真撮ってくれば良かった…。


LON_287.jpg

最後の5品目はデザート
こちらは普通にチョコレートケーキと、キャラメルアイス


LON_288.jpg

プリンと書いてあったので、何かのプリン
デザートは普通だったかなぁ?(笑)

でもここのカレーはお世辞抜きで本当においしかったです!
ロンドンに行く機会があったら、また絶対!必ず!行きます。



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング参加中です!


23:23  |  市内観光  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.07.08 (Tue)

ロンドン市内観光 vol 2

ロンドン市内観光、というよりもお買い物編と言った方が正しいかもしれませんが…

LON_227.jpg

まずはロンドンと行ったらハロッズ(Harrods)
1849年創業だそうですよ。
緑色のバッグは、私の母世代で一世風靡しましたね。

imagesCALKC3YH.jpg
こういうやつ

当時は緑ばかり見ましたが、いろんな色や柄が揃っていました。


LON_228.jpg

店内はめちゃめちゃ広いです。
「迷子になるかも」と言われて覚悟していきましたが、
自分がどこにいるのか分からなくなったことも、一度や二度じゃありませんでした。

ブランドものをサッと見てきましたが、日本ではなさそうな(着られなさそうな)デザインの物が多数。
でもサイズの大きい物がたくさんあって、これは私のような高身長(168)の女性には便利かも。
ストッキングも日本製は165cmまでのものばかりでピチピチだったんですが、
探してみたら185cmまで対応のストッキングはっけーん!
一足22ポンドしましたが、170cm用を早速購入。

しかーし、たった1日で伝線。
やっぱりメイド・イン・ジャパンなのかぁ…。


LON_230_edited-1.jpg

さすがにお土産コーナーは充実していました。
こちらはiPhoneカバー。
ハロッズオリジナルの物が揃っています。


LON_229.jpg

デパ地下にもTWGをはじめ、ハロッズの紅茶が一面に並んでいます。
私たちも買って帰りましたが、自宅で飲んでもとてもおいしい♪

お土産の定番は紅茶とチョコなのかな?
チョコも買ってきましたが、こちらもおいしい♪


LON_231.jpg

広い店内を歩き疲れたので、カフェに入ってみました。


LON_232.jpg

ケーキは食べずに写真だけですが、ドリンクはイマイチでした。
イマイチというよりも、ハロッズの目の前で黙っててもお客が入ってくるから努力するのをやめた。
といった味。


LON_233.jpg

こちらは別日ですが、リージェント・ストリートにあるリバティ(Liberty)
こちらも有名デパートだそうですが、滞在時間2分くらい。

狭いし人多いし品物も日本とそんなに変わらない。
サッと店内を眺めるだけで退散しました。

写真ないですが、フォートナム&メイソンも行ってみました。
紅茶がたくさん陳列されてましたが、もうハロッズで購入済みだったので、すぐに退店。

今回は結構買い物モードで行って、エルメスなんかも戦闘態勢で入店したんですが、
直後に購買意欲を削がれてしまうような事が多かったです。

なんでだろう?
と相方と考えたんですが、どうやらディスプレイがイマイチらしい。
洋服にしても色が揃ってないとか、素材が揃ってないとかで統一感がない。
だから美しく見えない。
よって品物に対して価値が見いだせず退店…ということがすごく多かったです。
おかげで買った物と言えばお土産と食べ物くらい。(チッ)
あーあ、バックとか勢いで買ってしまおうと思ってたのになぁ。


LON_234.jpg

イギリスと言えば、バーバリーですね。
こちらも外観を眺めるのみ。


LON_235.jpg

ネスプレッソを発見!
試飲コーナーが充実していましたが、充実しているだけに混雑していました。


LON_236.jpg

町並みがロンドンぽい!


LON_244.jpg

ピカデリー・サーカスから大英博物館に向かって歩いていると、
M&M's World London という店舗を見つけました!

店内に入るとチョコレートの甘い匂い!


LON_245.jpg

Tシャツやらなにやらで、グッズがたくさん売ってます。


LON_246.jpg

こんな風に多層階になっているんですが、何があるのかワクワクします。
他のどこのデパートよりもテンションが上がりました!


LON_247.jpg

ここは量り売りコーナー
いろんな色のM&M'sがありますが、味はミルクチョコレートかナッツ入りらしい。
試食を配っていましたが、これがめっちゃおいしい。
日本のとは味が違うのかしら?


LON_248.jpg

もちろんいろいろ買って帰りましたよ。
デパートで何も買ってないので、憂さ晴らしでジャンジャン買ったら2万円。
チョコに2万もかけてしまった…。
おかげで重い重い。
でも楽しかったからいいんです♪

日本には上陸しないのかなー?



ブログランキング・にほんブログ村へ
観光編 vol 3へ続きます!


22:15  |  市内観光  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.07.07 (Mon)

ロンドン市内観光 vol 1

ロンドン市内観光ですが、日程がきつきつなので「いろいろな場所をサラッと上辺だけ」
を相方との合い言葉にして、広く浅くをモットーに観光してきました。

LON_214.jpg

まずは国会議事堂 ビッグ・ベンと呼ばれる、チョー有名観光スポットですね。
今後テレビでビッグ・ベンが映る度に「ここ行ったねー」と言うために行ってきました。

ここは11世紀に建てられたかつての宮殿で、16世紀以降は国会議事堂となっているそうです。


LON_212.jpg

ロンドン・アイは、ミレニアムを記念して造られた高さ135mの大観覧車
もちろん「サラっと観光」が目標なので、見るだけです。


LON_213.jpg

スコットランドの民族衣装にバグパイプが似合うおじさま。


LON_215.jpg

少し歩くとウェストミンスター寺院があります。
ここはダイアナ元妃の葬儀が行われた場所で有名ですね。

また歴代の王や女王が埋葬されていて、
アイザック・ニュートンやチャールズ・ダーウィンなどの著名人も埋葬されているそうです。


LON_216.jpg

入場料は16ポンドと高め。
さらにチケットを買い求める行列もできていたので、入場は断念。


LON_217.jpg

こちらが正面なのでしょうか。
こっちの方が見覚えがあるような気がします。


LON_218.jpg

衛兵交代式の時間が近いので、人の波に流されながら10分ほど歩いて行くと、
バッキンガム宮殿が見えてきました。


LON_219.jpg

セント・ジェームズ・パークには…というか、公園にはリスがたくさんいて、
しっかり餌付けされていましたよ。


LON_220.jpg

遠くで楽隊の音楽が聞こえているのに、のんびりリスと遊んでいたら、
見る場所がなくなってしまいました。
この辺は人がまばらなので絶対にハズレポイントだって分かっているんだけど、
ついつい立ち止まっていたら、やっぱりハズレ。
歩兵隊はこちらとは反対側から宮殿に入っていきました…。


LON_221.jpg

でも宮殿から何人か出てきた!ラッキー♪
やっぱりなんでも賭けてみるもんだねぇ。

楽隊はいなかったけど、いーのいーの。
サラッと観光だから。


LON_222.jpg

白馬に乗ったガードマン。

道路は厳重に封鎖されているので、
うっかり歩道に出た観光客が、けたたましい勢いで怒られていましたよ。
横断する際は、しっかりOKサインを確認してからの方がよさそうです。


LON_224.jpg

衛兵交代式(というか帰る衛兵)を見た後は、タクシーでピカデリー・サーカスに移動してお茶です。
あわよくばアフタヌーンティを…と思ったのですが、まだどこも提供していなかったので、
リージェント・パレスホテル内の、THE CAFEというお店で、遅い遅い朝食

パニーニを食べましたが、おいしかったです。
無心で食べたので写真無し。


LON_225.jpg

パニーニを待っている間に店内を見渡すと、遠くに見えるショーケース内のスイーツもおいしそう。
メニューを見てもイメージがわかないので「直接見てもいい?」とお願いして選んだスイーツ


LON_226.jpg

でも他にもこうやって選んでいるお客が数人いたので、マナー違反ではなさそう。
ケーキの他にマカロンとショコラをいただき、大満足。
おいしかったな~。


観光編 vol 2 に続きます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
16:48  |  市内観光  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.07.07 (Mon)

スケッチ ロンドン

「ロンドンに行くなら、ぜひスケッチというレストランに行ってみてください!」
とフレンチレストラン関係者に勧められたので、行ってみました。

LON_211.jpg

場所はホテルから歩いて15分ほど。
タクシーでももちろんOKですが、町並みを楽しみつつ歩いて行ったら意外と早く着きました。

スケッチは建物の中で数店舗に分かれているらしく、2つ星を獲得したレストランや、
アフタヌーンティー、バーなどがあるもよう。

そしてスケッチは、3つ星シェフのピエール・ガニエール氏と
カリスマ・レストラン経営者ムラド・マズウスの共同作品とも言うべき店舗で、
店内は一風変わったものがたくさん。


LON_210.jpg

本当は2階のレストランを勧められたと思うんですが、他にも予定がギッシリだったので、
モーニングをいただくことにしました。
念のために予約をしていきましたが、平日の9時はガラガラ。
でもアフタヌーンティーだと予約必須のようです。

スケッチHPはコチラ


LON_204.jpg

名前を告げると「お好きな席にどうぞ~」と。
予約はちゃんと取れていたのかしら?大丈夫だったのかしら?
とドキドキしますが、まぁ座れたので良しとします。

スケッチはメニュー表も個性的で、とてもかわいらしい。


Parlour_Menus-1.jpg
(HPより)


LON_206.jpg

午前中はセットメニューとかなさそうなので、各々食べたいものをオーダーします。
これはオーチャーズ・キスで、 6.50ポンド
オレンジ、アップル、バジルのミックスジュース

葉っぱくさくなくて、すごくおいしい。


LON_205.jpg

紅茶はアール・グレイ 4.50ポンド
ロンドンでは、ここで飲んだ紅茶が一番おいしかった!
あ~もう一回飲みたい。


LON_207.jpg

オムレツはハム入りで8ポンド
見た目キレイですが、厚みがあって私が作ったオムレツみたいでした。

フライパンに卵液をたくさん入れてホットケーキみたいに焼いて、それを巻くだけ。(説明分かる?)
表面は焼けてるけど、中はふんわり♪ とはお世辞にも言えず。
でも味はグッドなので、おしい感じ。


LON_209.jpg

あとパン・オ・ショコラ 2.75ポンド

「今焼いてるから4分待ってくれる?」と言われ、「5分じゃないんだ、4分なんだ。細かっ」
と心の中で小さな突っ込みを入れて待ってましたが、これがうまいうまい!

焼きたてのパン・オ・ショコラがこんなにおいしいのか、
スケッチのパン・オ・ショコラがおいしいのか分かりませんが、
今まで食べた中でダントツ。

皮がパリッパリで、バターの風味がたまらん。
最強のパン・オ・ショコラでした。


LON_208.jpg

これは相方がオーダーしたスクランブルエッグ、ベーコン添え11ポンド
これはふんわりしてておいしかったですが、この日の朝食はパン・オ・ショコラが主役まちがいなし。

ネット情報で、スケッチはトイレが面白い。
と載っていたので、とりあえず行ってみました。

テーブル係のお姉さんに「階段を登った左ね、左よ、分かった?左だからね」
と何度も念押しされるので「左、左、左」とつぶやきながら行きました。

ネットでは白い室内に卵形のトイレが並んでいる写真が載っていたんですが、
私が行った先は真っ暗なトイレ。
「あー、ここじゃない」と思ったんですが、面白そうなのでここもチャレンジ。

でも入ってみてもとにかく暗い。
オルゴールが結構な音量で流れているし、個室に入ったら全面鏡張り?で、ハッキリ言って不気味。
写真を撮る気も起こらず、逃げるようにして退室しようと思ったら、
掃除のおばちゃんが私の顔を見て驚いている。
「あら、とうとうお化けでも出たかしら?」と思ったら「マダム、ここは男性用ですよ」と。

ままま、マジですかー!!

「階段登って左」のアドバイスは合ってたんですが、
左の扉は男性用、女性は右の扉から入らなければいけませんでした…。
他に誰もいなくて良かったです。
危うくロンドンで痴女になるところでした。

その後、相方も同じトイレを利用したんですが、

夫「トイレの中で滝が流れてなかった?」
私「あぁ、なんか水が流れてたね」
夫「あそこで用を足すのかと思ったんだけど、単なるオブジェかな?」
私「うーん、そういえば用を足すには水量が足りないよね」
夫「だから個室利用してきたんだけど、不気味だよね」

と、トイレの話題が共有できるという、笑える事態となりましたとさ。



ブログランキング・にほんブログ村へ

ま、とにかくスケッチはおいしかったです!
ブログランキング参加中! クリックよろしくお願いします。


12:53  |  sketch restaurant London  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.07.06 (Sun)

ガーズ・ポロ・クラブ

ロンドンから車で1時間
Guarse Polo Club というところで、ポロ観戦をしてきました。

ポロ・ラルフローレンなら知ってるけど、スポーツとしてのポロ観戦は未知の世界
ルールも日本を発つ前にちょっと調べてきた程度ですが、
王族も観戦に来る名門だと聞いたので、ワクワクしながら行ってきました。

LON_185.jpg

セレブたちの社交場なんでしょうね。
とってもキレイな方たちが「オホホホ~」と上品に笑ってらっしゃいます。


LON_186.jpg

フィールドはすごく広いです。
サッカー場が2~3面はとれそう。


LON_184.jpg

室内にもセレブがたくさん。


LON_187.jpg

席に着いたら、まずはシャンパン。
日本が「とりあえずビール」なら、
ヨーロッパは「とりあえずシャンパン」なんでしょうね。

今まで見たことのない銘柄ですが、すごくおいしかったです。
日本でも購入できるのかな~?

スポンサーらしく、サービススタッフは皆この銘柄のエプロンをしていました。


LON_188.jpg

この日のロンドンは曇り。
長袖にカーディガン、ストールも巻いていきましたが、それでも寒い。
室内にランチの用意を発見したので、試合が始まる前に逃げ込むみなさん。


LON_190.jpg

ランチはビュッフェ形式。
ここでも白赤ワインだのガス入りウォーターだの、お酒飲みまくりでいただきます。

お料理はとてもおいしかったですよ。
カキをまだ食べてなかったので、ゲットできたのはラッキー。


LON_191.jpg

いよいよ試合が始まりましたが、この試合は決勝戦。
よく分かりませんが、とりあえず観客のみなさんと一緒に盛り上がってみます。
チーム名もよく分からないので、青対黒と呼びました。
(ユニフォームが青と黒だった)


LON_192.jpg

ルールは4人対4人で、1クール7分間を何回か繰り返し、
何回ゴールできるかの点取り合戦。
サッカーみたいなものかと思いましたが、キーパーはいない。


LON_193.jpg

とても広いのに8人で戦うので、遠いとちっとも見えません。
そしてサッカーみたいな布陣もなく、ボールを全員で追うので、幼稚園児のサッカーみたい。


LON_194.jpg

でも目の前に来ると、ポロっぽーい!


LON_195.jpg

馬の交代はしょっちゅう行われていました。
広いので、すぐに疲れちゃうんだそうです。
「じゃ狭くすればいいのに」と思ったけど、
セレブごっこ中なので、黙って観戦。


LON_196.jpg

前半が終わると、観客がフィールドに出て行きます。
馬がひっくり返した芝を、みんなで戻すんだそうです。

「まじでー? 行く行くー!」と大喜びでダッシュ!


LON_197.jpg

そうしたら、白馬に乗った審判が観客に写真のサービスをしていました。


LON_198.jpg

こちらも審判。
馬は人慣れしていて、触っても全然大丈夫でした。
人慣れどころか、観客が連れてきた犬に吠え立てられても微動だにせず。

っていうか、こういうところに犬を連れて来られるヨーロッパってすごい!
日本じゃ絶対禁止されますよね。


LON_199.jpg

後半も終わり、勝負が付きました。
青チームの優勝だそうです。
表彰式は、こんな感じでラフに行われ、観客もフィールドに出てお祝いします。


LON_200.jpg

お約束のシャンパンファイト
「ひゅーひゅー」言う人は一人もおらず、
上品にシャンパンファイトをしてらっしゃいました。
さすがジェントルマン。

というか、イギリスは初めて行きましたが、男性は親切でジェントルマンな方ばかり。
そして女性も含め、下品な人がいない。
そういえば、レストランに行っても大声で話す人は一人もいなかったなぁ。

それに今までの海外旅行だと、チップをもらうまで立って待ってる人とかいましたが、
イギリスはタイミングを逃すと行ってしまう。
「べつにチップなんていりませんよ~」的な背中を見せつつ行ってしまう。

タクシーも「サンキュー」なんていいながら高額紙幣を渡すとおつりをくれない国もあったけど、
イギリスは必ずおつりをくれる。
その上で改めてチップを渡すと笑顔で受け取ってくれる。

うーん、イギリスはいい国だ!


LON_202.jpg

決勝戦が終わったので席を立ったら
「アフタヌーンティーを用意しようと思ったのに」とテーブル係が引き留めてくれました。
でも時間がないので、ドギーバックに詰めてもらってお持ち帰り。
バスの中で食べたらおいしかった~。



ブログランキング・にほんブログ村へ

ポロ観戦は、帽子をかぶるのよ♪ とバックスのスタッフにもらいました。
夫婦でその気になって記念撮影の図。


22:57  |  Guards Polo Club  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.07.04 (Fri)

グラインドボーン音楽祭2014

ロンドンから車で2時間

LON_169.jpg

景色ののどかなグラインドボーン音楽堂(GLYNDEBOURNE)で、オペラ鑑賞をしてきました。


LON_171.jpg

グラインドボーン音楽祭とは…
イギリスのイースト・サセックス州ルイス近郊のカントリー・ハウスである
グラインドボーンで開かれるオペラ音楽祭。(以上wiki
1934年に音楽堂が創設され、今年は80周年のアニバーサリー


LON_174.jpg

右の丸いのが、その音楽堂

ドレスコードは女性がイブニングドレス、男性はタキシード
軽装の方も見かけましたが、ロングドレスの方がたくさんいらっしゃいました。
日本じゃロングドレスなんて絶対に浮くし失笑されそうですが、そこはさすがヨーロッパ。
みなさん、とても素敵でした。

私も10cmヒールを履いて、裾ギリギリのロングドレスで頑張ったんですが、
ヒールが土に刺さって歩きづらかったです。
ときどき裾を踏んだし。
似非セレブなのがバレバレです。


もちろん私も相方もオペラ鑑賞の経験はなし。
でもバックスのスタッフに連れて行っていただき、
好奇心で右に左にとキョロキョロしまくり。


LON_170.jpg

で、後ろを振り返ると羊がたくさん。
なんてのどか…。

あと、スコットランドの民族衣装を着た方がいて、
慌てて駆け寄って一緒に写真を撮ってもらいました!
素敵だったー!


LON_173.jpg

そんなこんなで開演時間まで、シャンパンをたしなみながら友人たちとの語らいを楽しむセレブのみなさん。
なるほど。
上品に振る舞っていれば、とりあえず大丈夫そう…と、引き続きセレブごっこを楽しみます。


LON_175.jpg

開演時間10分前くらいになると、ブザーが鳴ります。
3回目で本当の開演。
それを知っている方は、1回じゃ動かないそうです。
私たちはバックスのみなさんと一緒に、お城の中を楽しみながら会場へ進みます。


LON_182.jpg

おぉー! オーケストラピット!
当然ですが、生演奏です。


LON_183.jpg

会場内はこんな感じ。
私達はアリーナ席(とは言わないと思うけど)に座らせていただきました。

そして開幕…
日本のライブみたいにカウントダウンなんてありません。
突然真っ暗になって、突然始まります。

オペラなので歌はイタリア語。
舞台の上に英語で字幕が流れますが、あんなスピードで理解できるわけがない。

あ、今更ですが演目は「ドン・ジョバンニ」オペラの名作だそうですが、
私と相方が知っているわけがない。

あらすじはチェックしてきたので、物語はなんとなく分かるんですが、
なにしろ真っ暗だし、シャンパン飲んでるし、何言ってるか分からないしで、
だんだん眠くなり…

第一幕目は三分の一くらいしか見られませんでした。


LON_176.jpg

一時間半ほどで一幕目が終わり、ぞろぞろと外に出て行くセレブのみなさん。


LON_177.jpg

そしてディナーの時間です。
まだ明るいですが、これでも夜の7時過ぎ。


LON_179.jpg

ピクニックバスケットを広げている方もいらっしゃいましたが、
私たちは、テーブルでガッツリディナー
シャンパンも白ワインも赤ワインもガス入りウォーターも飲みます。


LON_178.jpg


LON_180.jpg


LON_181.jpg

一幕目眠ってしまったのを、隣に座っていた相方は気づかなかったそうで、
その油断とお腹いっぱいなのとお酒を飲み過ぎたのと、暗いのと何言ってるのか分からないのとで、
二幕目もウトウト…。

正直に言うと二幕目は本当につらかった!
相方に隣から起こされ、自分の腹をつねりながら眠気と戦います。
でもつねりながら寝ちゃうんです。
ガクッて首がなっちゃうんです。
アリーナに座って、後ろに人がたくさんいるのに!

でも周りを見るとウトウトされている方が数名…
それがまた私を油断させ、ウトウト…

まぁ要するに、オペラは眠気との戦いでした。
相方は、そんな私をハラハラしながら見ていたそうで、物語はちっとも頭に入らなかったそうです。

でもそのおかげで、相方と一生笑えるネタができました。
そう言う意味では、オペラ鑑賞は楽しいかも。(笑)



ブログランキング・にほんブログ村へ

セレブごっこは、ときどきやると楽しいかもね。
クリックよろしくお願いします!


20:10  |  GLYNDBOURNE  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.07.04 (Fri)

The Shard Chinese Restaurant Hutong

ヨーロッパで一番高いビルと言われる、ザ・シャード

images.jpg
(まさかの写真撮り忘れで、HPより拝借)

ザ・シャードとは、
2 - 28階がオフィス、31 - 33階がレストラン、34 - 52階がホテル、53 - 65階がマンション
68 - 72階がルーフテラス含む展望施設等、75 - 87階が塔屋となる。
ホテル部分には、シャングリ・ラ・ホテルズ&リゾーツがロンドン初のホテル施設として入居する予定。
52階にはスパが設けられる。

以上wikiより抜粋。


LON_164.jpg

ここの33階にある中華料理に行ってきました。
(なんて読むんだろう?)
もちろん、バックス&ストラウスのスタッフも一緒に♪


LON_161.jpg

オープンして間もないこともあり、人がたくさんいました。


LON_163.jpg

33階なのでビックリするほど高くはありませんが、それでも良い景色。
雨さえ降ってなければ、尚良いけどね。


LON_165.jpg

食事はコース料理だったんですが、写真はこれしかありません。
たしか3日目だったと思うんですが、このタイミングでの中華は本当においしかった。
時差ボケの関係か全然食欲がわかなかったのですが、これ以降食欲復活!

もりもり食べ続けていました♪


LON_166.jpg

バックスの方々がデポジットをかなりの高額で入れていたそうで、
「高いお酒を飲まないと消費しきれない!」とのことで、シャトー・オー・ブリオン1993をオーダー
それも2本!
一本10万くらいだったかなぁ。

ネットで購入したらそこまで高くないと思うので、場所代がほとんどだと思いますが、
これが全然おいしくない。
まずワインが開いてなくて、ただ渋いだけ。
ポテンシャルはこんなもんだと思わないので、とてももったいないことをしてしまいました。


LON_167.jpg

でも夜景はキレイでしたよ。雨さえ降ってなければ尚良かったですけどね。(笑)


ブログランキング・にほんブログ村へ ←click!

デキャンタしてくれたんだけどね~。
あ、そういえばテーブル担当はおかまちゃんでした。
かわいかった♪

ブログランキング参加中なので、よろしければクリックお願いします!

17:46  |  The Shard  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT>>