FC2ブログ
2013-06- / 05-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>07-

2013.06.28 (Fri)

マキシム・ド・パリ 銀座

1966年にオープンし、言わずもがなフレンチの老舗として超有名な名店へ行ってきました。

DPP_549.jpg

場所は銀座駅から歩いてすぐ。
ソニービルの地下3階(写真は地下2階から撮ったものです)に受付があり、
レストランはさらに1階地下に潜った、地下4階にあります。

DPP_550.jpg

店内は重厚な雰囲気に包まれていますが、気さくな印象を受けるスタッフに席まで案内してもらい
緊張しつつもリラックスできます。


DPP_551.jpg

オープンから40年以上経っていて、昭和な感じも懐かしい。

DPP_553.jpg


DPP_552.jpg

アミューズ・ブーシュはフォアグラのムースでした。


DPP_554.jpg

パンも美味しかったんですが、
暖めなおしてくれると、さらにおいしさが増したかも。


DPP_555.jpg

海の幸のアスピックと完熟トマトのムースのトゥール仕立て レモンのカプチーノ


DPP_556.jpg

ビシソワーズ


DPP_557.jpg

お酒はシャンパン、白、赤をそれぞれ相方とシェアしました。

平日のランチのせいか、店内は割と空いていました。
客層は高齢…でもないですが、平均年齢は高め。
マダムが優雅にマキシムでランチ。

そんな雰囲気がピッタリな空間でした。


DPP_558.jpg

いさきのラケ 白ワイン香るバターソース
セロリと姫さざえのコンフィ


DPP_559.jpg

相方のメイン
仔羊背肉のコートレット、ソースタプナード
パセリと軽いニンニクのピューレ


DPP_560.jpg

私のメイン
マキシムセレクション牛フィレ肉のポワレ
ソースニソワーズ 夏野菜の菜園風


DPP_561.jpg

アヴァン・デセール


DPP_562.jpg

デセール

DPP_563.jpg


DPP_564.jpg

マキシムはずっと行ってみたいと思っていたレストランの一つでした。

フレンチにありがちなソースこってりなお店かと想像していたんですが、
まったくそんな事はなく、すべて美味しくいただくことができました。

これで@9.240円。


DPP_565.jpg

また機会があったら行きたいお店の一つとなりました。


マキシム・ド・パリフレンチ / 銀座駅有楽町駅日比谷駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7

スポンサーサイト



テーマ : フレンチ ジャンル : グルメ

17:17  |  東京・マキシム・ド・パリ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.06.21 (Fri)

アルジェントASO

アルジェントASO 2回目の訪問です。

100170ga10000037.jpg
(一休.comより拝借)

ここのイタリアンは美味しい!
前回訪問してから、もう一度行ってみたいと思っていたお店ですが、
期待を裏切らず、大満足のお料理でした。

一休.comより予約し、オーダーしたのはランチコースC 10.678円

DPP_647.jpg

このパンは前回と同じですが、バターがとにかく美味しい。

両端はフォカッチャで、アンチョビとローズマリー。
左から二番目はライ麦生地のパン。
星形のパンは、中にドライトマトとブラックペッパー。
あとはロワッサンと、ブリオッシュ、グリッシーニ。

ホイップバターと、桜チップのスモークバター、オリーブオイル


DPP_648.jpg

前菜


DPP_649.jpg

フォアグラ料理


DPP_650.jpg

パスタ


DPP_651.jpg

魚料理は舌平目でした。


DPP_652.jpg

肉料理


DPP_653.jpg

ソルベ


DPP_654.jpg

プチデザート
エクレアまで刺さってます!
これがなにげに美味しい。


DPP_655.jpg

私のデザート


DPP_658.jpg

相方のデザート

バニラアイスとキャラメルアイスに塩を掛けていただきます。
硫黄の塩(黒)が意外と美味しくて驚いてしまいました。


このクオリティをランチでいただけるのは、とてもお手軽♪
まだまだ通いますよ~!

テーマ : イタリアン ジャンル : グルメ

14:29  |  アルジェントASO  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.06.07 (Fri)

菊乃井 京都本店 夏

2回目の訪問です。
前回は冬でしたが、今回は真逆の季節。
どんなお料理が出てくるのか、楽しみに行ってきました。

オーダーしたのは懐石料理で、料金設定は前回同様3万円。

DPP_624.jpg

唯一の洋室だというお部屋に通していただきました。

DPP_625.jpg

DPP_626.jpg

場所は本館2階。
上からの写真になりますが、実際はもっと新緑がキレイでした。
写真の腕が足りずに申し訳ない…。


DPP_627.jpg

席に着いたら、さっそくお料理が運ばれてきました。
夏っぽい!


DPP_628.jpg

詳細は忘れてしまったんですが、右にあるのは蛸の卵だそうです。


DPP_629.jpg

青梅を白ワインで煮て、煮汁をシャーベットにしたもの。
さっぱりしててうまい!


DPP_630.jpg

お造りは明石の鯛と伊勢エビ


DPP_631.jpg

そして今回リクエストした、こしびマグロと黄身醤油
前回とても美味しかったのでリクエストしたんですが、
何も言わなければ鱧だったそうです。

鱧でも良かったかもー!


DPP_632.jpg

あなごの飛竜頭


DPP_634.jpg

お口直しのソルベ


DPP_635.jpg

天然鮎

DPP_636.jpg

頭から丸ごといただきます。

DPP_637.jpg

冷やし丸(すっぽん)蒸し

DPP_638.jpg

鮑の磯焼き

DPP_639.jpg

塩を取り除くと鳴門のわかめの中に…

DPP_640.jpg

鮑と雲丹がたくさん!
これを肝醤油とすだちでいただきます。


DPP_641.jpg

食事はしょうが御飯。
食べきれなかったものは、折にしていただきました。

DPP_642.jpg

DPP_643.jpg

DPP_644.jpg

前回と同じ料金設定にした割には、驚くようなメニューもなく、
ちょっと物足りなかったかな?

しかし秋になると松茸や子持ち鮎など、食材も豊富になるそうなので、
また10月頃に伺ってみたいと思います。

その前に赤坂にもあるらしいので、そちらもぜひ!

16:52  |  京都・菊乃井  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.06.06 (Thu)

インターコンチネンタルホテル大阪 Pierre(ピエール)

オープンしたばかりのインターコンチネンタル大阪(宿泊記はこちら
その20階にオープンしたフレンチPierreに行ってきました。

DPP_548.jpg


「都会的に洗練された空間とサービス」をテーマに、
ミシュランガイド3つ星シェフのピエール・ガニェール氏やアラン・デュカス氏の下での修行に加え、
日本料理の名店である東京「龍吟」、京都「菊乃井」で、和の極意を学んだ経験を持つシェフ
Pierre Altobelli (ピエール・アルトベリ)を起用。
シェフ・ピエールが、厳選した和の素材とフランス料理の技法を独自の感性でマリアージュさせた、
新しいスタイルのフランス料理を提供します。

以上、HPより。


ピエール・ガニエールの記事はコチラ
アラン・デュカス(ベージュ)の記事はコチラ
菊乃井の記事はコチラ

あと、ミッシェル・トロワグロで、リオネル・ベガ氏の後の
エグゼクティブ・シェフもしてらっしゃいましたね。(記事はコチラ

というわけで、今まで何度か縁があったらしいシェフということで、
楽しみに行ってきました!


DPP_535.jpg

景色は最高です!(たぶん)
窓側の方が良いと思うので、予約時にリクエストしたほうがいいと思います。

オープンキッチンでカウンターも数席ありますが、席と席の間も適度に距離があり、
居心地は良さそうです。

コースは2種類で、15.000円と20.000円。
後者をオーダーしました。


DPP_534.jpg

まず出てきたこれは、えーっと何だったっけ?
すみません、忘れてしまいましたが、とても美味しかったです。

お酒はシャンパンをお願いしましたが、銘柄はルイ・ロデレールばかり3種ありました。
クリスタルは高かったので、ロゼをオーダー。

ワインは赤のグラスを一杯だけ。
カリフォルニアワインのカベルネ・ソービニオン。


DPP_536.jpg

パンは5種類くらいあるなかから好きな物を好きなだけ選べました。
これはイカスミと、ほうれん草(だったかな?)とアンチョビ。(たぶん)


DPP_537.jpg

オレンジを使ったババロア。
上の緑はキュウリです。


DPP_538.jpg

料理名:生雲丹とカリフラワーの出会い


DPP_539.jpg

これは相方に来た前菜。

同じコースをオーダーしたのに何故か違うものが来ました。
相方は食物アレルギーがあるのでそのためかと思ったんですが、該当する食材は見当たらず・・・。
ウニ&キャビアとホタテ&キャビアじゃ、ちょっと違うよなぁ・・・。
それもキャビアの量が全然違うし。

今思えば理由を聞けば良かったんでしょうけど、この時は我慢してしまいました。


DPP_540.jpg

料理名:赤座海老とカシス

これは私に来たものですが、夫のソースは白。
アレルギーを考慮したソースだということは明白だったんですが、最初は逆に出されました。
「それ、あなた(相方)が食べちゃダメな感じよね・・・」
と言っていたら、慌てて交換しに来ましたけど、
最初に出されたときの料理の説明も、ただ一言「かかっているものはソースでございます」と。

いやいや、マジで本当にそう言ってました。
ソースなのは見りゃ分かるけど、いったいなんのソースなのよ?

と喉まで出かかった言葉を、また飲み込みます。


DPP_541.jpg

料理名:フォアグラ大地のブイヨン。

美味しいのに!美味しいんだけど、とっても残念。
付け合わせの野菜が、相方と私のが微妙に違うんです。
ここで書く必要もないくらい微妙な違いですが、食べている方は気がつくんです。

「アレルギーを考慮してくれたのかもね?」と思うことにしました。
(全然違うけど)

そしてこの後、次の食事まで30分以上待たされます。


DPP_542.jpg

料理名:平目と酸味

美味しいんだけどな~、ホント美味しいんだけど、30分も待ったら味も半減です。
そしてこの次は45分以上待ちます。


DPP_543.jpg

料理名:鴨 スパイスのベール

DPP_544.jpg

料理名:仔羊と甘酸っぱい京茄子


上が私のメインですが、スパイス部分にアレルギー食材が入っているということで、
なんと相方はグレードダウンのメイン(15.000円のコース)にされてしまいました!

いいですよ、黙って食べますとも。
最後の明細書が楽しみだわ。

この後フロマージュが来ましたが、写真なし!


DPP_545.jpg

お口直しのデザート。

そういえば隣の席の人も、これが来るのを30分以上待ってたっけ・・・。


DPP_546.jpg

メインのデザートは、リモンチェッロ風味のババ


DPP_547.jpg

ミニャルディーズのお皿は、トロワグロと同じ!


オープン2日目なので仕方ないですが、とにかく今回は待ちました。
お酒もすっかり醒めてしまうくらい。

私たちだけじゃなく、その場の全テーブルがおあずけを食らっていたので
文句のいいようもありませんけどね。

あの一時間半くらいが完全に凍り付いていたので、きっとキッチンで何かあったんでしょう。
謝罪の言葉もあったので、まぁ今後頑張ってください。としか申し上げられないです。

メニューの変更も、アレルギーに対応することを思えば当然ですが、
まさかグレードダウンになるとは・・・。
他のお店ではどうだったっけ?って考えてしまいましたが、
すぐに思い出せないほど他店の対応はスマートなんでしょうね。

明細書にはきっちり2万円×2になってましたよ。
サービス料も10%
「これはソースです」の説明に10%か・・・。

そうそう。
翌日明細をチェックしたら、飲み物が間違えられていました。
計算したら1万円以上も高い。

サインしてしまった手前、訂正は効くだろうか、と思ったものの、
そこはホテルのフロントの方が丁寧に対応してくださいました。

頑張ってください。
ただそれだけです。



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング参加中!
少しでもお役に立ちましたら、クリックよろしくお願いします。

ピエールフレンチ / 西梅田駅大阪駅梅田駅(阪神)

夜総合点★★☆☆☆ 2.3

テーマ : フレンチ ジャンル : グルメ

23:23  |  大阪・ピエール  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.06.06 (Thu)

インターコンチネンタルホテル大阪

6月5日にオープンしたばかりのインターコンチネンタルホテル大阪へ行ってきました。

DPP_533.jpg

場所は大阪駅から歩いて10分ほど。
東京もんにはよく分からないのですが、
グランフロント大阪という、ビルが建ち並ぶ一角にあります。


DPP_528.jpg

お部屋タイプはスタンダードとクラブルームとサービスレジデンスがあり、
スタンダードの中にデラックス、プレミアムスイート、コーナースイートの3種

クラブルームにはクラブ・インターコンチネンタル、クラブ・スイート、
クラブ・コーナースイート、エグゼクティブ・スイート、デラックス・スイートの5種で、
クラブラウンジが利用できる部屋タイプ

サービスレジデンスは長期滞在型のコンドミニアムのような部屋で、
家電や食器類もそろえてあるそうです。

私たちはスタンダードのプレミアムスイートに宿泊 @40.000円


DPP_501.jpg

広さは57m2
チェックイン15時 アウト11時


DPP_502.jpg

オープン2日目なので、何もかもがキレイです。


DPP_508.jpg

フローリングの床がまだ馴染んでいないのか、所々浮いていました。


DPP_509.jpg

DPP_503.jpg

DPP_504.jpg

ネスプレッソがあるのは嬉しい。
ターンダウン時にちゃんと補充されていました。


DPP_505.jpg

お水はサービス
氷はお願いすると持ってきてくれるそうです。(頼まなかったけど)


DPP_506.jpg

冷蔵庫


DPP_507.jpg


DPP_510.jpg

ベッドの大きさは183×203


DPP_511.jpg

寝室にもテレビがありますが、なぜが翌朝には映らず・・・。
エラー表示だけが出て、チャンネルを変えたりするんですが、ウンともスンともならず。
放っておくと突然映りだして驚かされるんですが、また急に映らなくなる。

朝だったから良かったけど、夜だったら怪奇現象かと思ってしまうかも!


DPP_512.jpg

窓は東南向き。
朝日がさんさんと差し込んでくるので、カーテン必須です。
夜景を楽しもうと開けっ放しで寝たら、翌朝まぶしいまぶしい。


DPP_515.jpg

グランフロントのB棟。
オフィスタワーになるんでしょうが、まだ空き室がたくさんありそうです。


DPP_516.jpg

ヨドバシカメラ梅田店
遠くの方に大阪城も見えます。


DPP_513.jpg

ブルートゥース対応のスピーカー。
これは便利かも!


DPP_517.jpg

洗面所です。
ウッディーで、素敵な印象です♪

鏡にうつっているバスタオルは大判で、サイズ的には赤ちゃんのタオルケットにもなりそう。
ふかふかだし、とっても良いんですけど、
大きくてふかふかなだけに、ちょっと重かった。


DPP_518.jpg

フェイスタオルとハンドタオルもふかふか。
こちらは気持ちよく使えました。


DPP_519.jpg

バスルームも素敵!
バスタブが西洋っぽい。


DPP_522.jpg


DPP_523.jpg

とても便利なレインシャワー。
椅子もあったので快適!


DPP_524.jpg

アメニティはアグラリア、米国製だそうです。
柑橘系の良い香り♪


DPP_521.jpg

洗面台にあるボックスの中身を開けてみました。
ソーイングセットが便利そうかな?


DPP_525.jpg

お手洗い。


DPP_526.jpg

クローゼットは収納力抜群!
大きな姿見もあって、便利に使えそうです。


DPP_527.jpg

でも私は浴衣じゃ眠れないんです・・・。
パジャマ持って行って良かった。


DPP_530.jpg

夕方のターンダウン。

しかし、なぜかコーヒーカップが使ったまま置いておかれていました。
多少は飲み残しがあったけど、それでも新しい物を置いていくと思うのですが・・・?


DPP_529.jpg

お団子が置いてありました。


DPP_531.jpg

翌日の朝食はビュッフェ、NOKA(ノカ)へ。
明るい日の光がたくさん入って、とても雰囲気のよいお店でした。

でも種類は普通かな。
はちみつが美味しそうだったけど(写真真ん中)味は普通。


DPP_532.jpg

オープン2日目なので、多少のことは覚悟していきましたが、
チェックイン時に、部屋の使い方の説明もせず案内係は帰って行ってしまいました。
まぁ多少のことは本能でなんとかなるし、実際なんとかしましたけど、
非常口の説明もしていかなかったのはいただけない。

ホテルの案内版みたいなものもなく、ルームサービスのメニューも無し。
テレビでホテルの案内放送をして、そこにメニューも表示されていましたが、
それを見てオーダーすればいいのでしょうか?
若者はいいかもしれませんが、お年を召した方はそれでオーダーできるのか?

建物は立派でハードは良いんですが、ソフト(人間)がまだまだ付いていってない感じ。
物珍しさで行ってしまいましたが、もうちょっと上のレベルを期待していってしまったので、
失敗感だけが残りました。

オープン直後に行ってはいけないですね。

3ヶ月くらい経って、ネットの評価とかも上がってくるようなら、
また行ってみたいと思います。




ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング参加中!
少しでもお役に立ちましたら、クリックよろしくお願いします。

テーマ : 国内ホテル情報 ジャンル : 旅行

21:30  |  大阪・インターコンチネンタル  |  TB(1)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2013.06.05 (Wed)

青山エリュシオンハウス

青山一丁目駅から、徒歩数分のところにある青山エリュシオンハウスに行ってきました。

hL02-1.jpg
(画像はHPより拝借)

住宅街にある建物という情報だけで、目印もないらしいその場所はハッキリと分からず、
グーグルマップを片手に半信半疑で歩いていましたが、
お店の方が外で待機してくださっていたので、すぐに見つけることができました。

ランチで行ったので、写真とは違って店内は明るい!


IMG_0945_20130605104445.jpg

オーダーしたのは、Bコース4.500円
シャンパンを半分ずついただき、
その後、白ワインを相方と一杯ずつオーダーしました。


IMG_0946_20130605104446.jpg

前菜の盛り合わせ
カリフラワーと人参のムース
魚介のマリネ、蛸のゼリー寄せ
あとは聞きそびれました・・・。


IMG_0948_20130605104448.jpg

私のパスタはボタン海老


IMG_0949_20130605104449.jpg

相方のパスタはバジルソース


IMG_0950_20130605104451.jpg

メインは真鯛
ソースはバーニャカウダ


IMG_0953-1.jpg

そしてデザートワゴンが来ました!
好きな物を好きなだけ食べられます。
くぅ~テンション上がるー!


IMG_0954_20130605104554.jpg

右からイチゴのシフォン、イチゴのタルト、ティラミス、チョコムース、レモンケーキ
丸いチョコレート菓子が一番美味しかった!


ここは貸し切りで結婚式も挙げられるそうですよ。
オシャレでいいな~。

青山 エリュシオンハウスイタリアン / 青山一丁目駅乃木坂駅赤坂駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3

テーマ : イタリアン ジャンル : グルメ

11:07  |  エリュシオンハウス  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |