FC2ブログ
2013-03- / 02-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>04-

2013.03.29 (Fri)

ガストロノミー ジョエル・ロブション

恵比寿のシャトーレストラン、ジョエル・ロブションへ。

普段は夫婦で行くのですが、春休みだったので中学生の息子も一緒に。
2階は中学生以上なら利用することができるのですが、
私たちが連れて行くのはこの一度きり。
今後は大人になってから自分で行ってもらいます。


DPP_391.jpg

ヴーヴクリコをいただきながら、メニューを考えます。
相方と息子はMENU PLAISIR @15.000円
私はMENU GOURMAND @12.300円


DPP_392.jpg

アミューズ・ブーシュ
レモン バニラ風味のジュレにし、アニスの香るクレームと


DPP_393.jpg

ワインはマリアージュで。
シャサーヌ・モンラッシュ2009
生産者はラモネで、モンラッシュ最高の作り手と言われているそうです。


DPP_394.jpg

ピュリニー・モンラッシュ2000
どちらもブルゴーニュですが、対照的なシャルドネだとか。


DPP_396.jpg

私のアミューズ
ズワイガニ アボカドのフォンダンと


DPP_397.jpg

プイィ・フュッセ2004


DPP_399.jpg

ミシェル・ゴヌー ポマール グラン ゼプノ 2006 


DPP_400.jpg

相方と息子にこれ来ましたよ!
特選生雲丹 甲殻類のジュレになめらかなカリフラワーのクレーム

中坊が一口食べて「うまい!」と驚いていました。
この味が分かるくらいに成長したか…良かった良かった。

写真はありませんが、私もこれをチョイスしたので後で来ました。


DPP_401.jpg

クロ・デ・パプ2010


DPP_402.jpg

シャトー・ド・フューザル1999


DPP_404.jpg

相方と息子に。
甘鯛 鱗付きで香ばしく焼き、百合根と枯木柚子のナージュに浮かべて


DPP_405.jpg

私はこちら


DPP_406.jpg

シャトー・パヴィ・マカン2007


DPP_407.jpg

ド・メーヌ・シャルバン2009


DPP_408.jpg

私の特選和牛


DPP_409.jpg

息子には、特選牛フィレ肉のトゥルヌード エシャロットクーリとアスパラガスを添えて


DPP_410.jpg

相方はわがままを申し上げまして、骨付きマトン


DPP_411.jpg

写真はありませんが、フロマージュを挟んだ後は、デザートです。

貴腐ワインは
カール・ドゥ・ショーム 2004


DPP_412.jpg

トカイ・アスー 5プットノシュ 1993
トカイとは、ハンガリー東北部の地名だそうです。


DPP_413.jpg


DPP_414.jpg


DPP_415.jpg


DPP_416.jpg

最後はもちろん、ハーブティーで締めです。
やっぱりロブションのハーブティーが一番美味しい。
生意気に息子も飲んでましたが、三種類あるはちみつが美味しい!
と喜んでいて、私の分も奪われてしまいました。

これだけ食べて飲んでで大満足です。
また行きますよ!


スポンサーサイト



テーマ : フレンチ ジャンル : グルメ

15:28  |  ガストロノミー・ジョエル・ロブション  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.03.21 (Thu)

うかい鳥山

多摩の奥地、高尾にあるうかいグループの一つ、
うかい鳥山へ行ってきました。

圏央道の開通により、現在は高尾出口からわずか3分ほどで到着。
以前に比べたらアクセスが断然ラクになりました。

工夫を凝らした個室も多く、商談にはピッタリ。
夏は蛍観賞なども行われていて、なかなか予約はとれないんですけど、
一度行ったらやみつきになりそうなくらいキレイです。


DPP_364.jpg

今回は平日の昼間に訪問。
庵焼きコースで@6.830円

平日だったら予約は不要なのかな~?
分かりませんが、予約はしていった方が確実です。

DPP_365.jpg

筍木の芽焼き 蕨胡麻浸し 稚鮎白仙揚 ひろっこ天ぷら
 

DPP_366.jpg

里芋旨煮


DPP_367.jpg

お造り


DPP_368.jpg

うずら汁


DPP_369.jpg

地鶏の炭火焼き
以前に比べて鶏がずいぶんと小さくなりました。
このサイズが一串に二個刺さってたと思います。
それに手羽先も初めて見ましたが、もも肉の方が良かったな…。

奥の空いているスペースにはジャガイモがありました。
油揚げは、想像以上に美味しかったです。


DPP_370.jpg

焼けるのを待っている間に、岩魚の塩焼きをいただきます。
(写真撮り忘れ)


DPP_371.jpg

麦とろ御飯


DPP_372.jpg

わらび饅頭 うぐいす粉


DPP_373.jpg

お肉は小さくなってしまいましたが、味は間違いなく美味しいです。
この時期は水芭蕉がキレイで、広~いお庭を散策していると甘酒もサービスで置いてありますよ。

岩魚も焼いていたりして、食べる以外にも楽しみの多いお店です。


うかい鳥山懐石・会席料理 / 高尾山口駅高尾駅狭間駅

昼総合点★★★★ 4.0

テーマ : 和食 ジャンル : グルメ

22:49  |  東京・うかい鳥山  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.03.15 (Fri)

エディション・コウジ・シモムラ

二つ星フレンチ、コウジ・シモムラへ行ってきました。

DPP_374.jpg

まずはアミューズ・ブーシュをいただきながら本日のメニューを考えます。

生ハムを挟んだミニハンバーグ
チーズのクラッカー

と言っても、もうすでに決まっていて、
初回利用の方のみオーダーできる、コウジ・シモムラのスペシャリテを中心とした
特別メニューをいただきます。

ワインは予算2万円くらいでマリアージュ


DPP_375.jpg

テーブルはこんな感じ。


DPP_376.jpg

店内はこんな感じ。


DPP_377.jpg

アミューズ
海水で軽く火を通した真牡蠣の冷製 海水と柑橘のジュレ

これ美味しかったな~。
スペシャリテだけある!と思いましたが、
予約時にこれをわざわざオーダーしてから来店される方もいらっしゃるそうです。

通年で用意しているそうですが、年に何日かは出せない日があるとか。
私たちも次回はそうしたいと思うくらい、美味しかったです。


DPP_378.jpg

ワインはプイィ・ヒュメ2011
ソーヴィニオン・ブラン

牡蠣に合わせるのは定番だそうですが、これもピッタリでした。


DPP_379.jpg

次のワインは
ドメーヌ・ユエ Huet ヴーヴレ・オー・リュー・セック 2011
シュナン・ブラン100%


DPP_380.jpg

フォアグラのポワレをセップ茸(ボルチーニ茸)のソースをかけていただきます。
濃厚そうに見えますが、クリームやバターは使っていないそうで、
アーティチョークで濃厚さを出しているそうです。


DPP_390.jpg

ボーヌ・シャン・ピモン・プルミエ・クリュ 2009


DPP_382.jpg

カダイフを纏った的鯛の軽やかなフリット ブロッコリーのクーリ


DPP_383.jpg

レゼルヴ・ド・ラ・コンテス 2007


DPP_384.jpg

ジュヴレ シャンベルタン オー エトロワ 2009


DPP_385.jpg

イベリコベジョータ(豚)
部分はプルマで、天使の羽と呼ばれているところだそうです。


DPP_386.jpg

ライチのエスプーマ グラス・ココ


DPP_387.jpg

デザートはプラス料金をお支払いして、季節のイチゴを選びました。


DPP_389.jpg

コウジ・シモムラは、できるだけバター等を使わないようにしているそうで、
全体的にあっさりと美味しくいただくことができました。

ランチにフレンチをいただくと、そのまま夜に響いて食べられなくなることがあるんですが、
この日は普通にお腹がすきました。(笑)

シェフの下村さんも気さくで、何度もテーブルを回ってらっしゃいました。
料理教室も開かれているそうですよ。


エディション・コウジ シモムラフレンチ / 六本木一丁目駅神谷町駅六本木駅

昼総合点★★★★ 4.3

テーマ : フレンチ ジャンル : グルメ

16:12  |  東京・コウジ シモムラ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.03.08 (Fri)

リヴァ デリ エトゥルスキ サーラ ジネストラ

なかなかこの名前は一度で覚えられないような…
しかし間違いなく名店であろう青山のイタリアンへ行ってきました。

96年に開業され、2010年に移転されたという店舗は、こんなにオシャレ。

photo_01_20130314123255.jpg
(HPより借用)

リヴァ デリ エトゥルスキとはエトルリア人の丘という意味だそうです。
その言葉の通り、トスカーナ出身のシェフ2人は、
フィレンツェのリストランテ、あの「エノテカ ピンキオーリ」の元シェフ。

それがランチでお手軽にいただけるとは!
行くしかないでしょ。

DPP_356.jpg

1階はあらたまった気分で食事を心から楽しみたいとき、
2階は家庭的な雰囲気でくつろぎたいときとコンセプトが分かれているようです。

こちらは1階の写真。
グランドピアノにはたくさんの方のサインが書いてありました。


DPP_355.jpg

一休プランを利用して@6.500円が3.800円。
ロゼのスパークリングワイン付きです。

せっかくの名店なので、ワインもいただきたかったのですが、
この日はこの後予定があったので、シャンパンだけで終了。

次回はぜひマリアージュを楽しんでみたいです。
(イタリアンではマリアージュをなんと言うのでしょうか?)


DPP_357.jpg

まずはサワラのカルパッチョ


DPP_358.jpg

パンはフォカッチャ、プレーン、左手前はケシの実のパン
グリッシーニはチーズフレーバー


DPP_359.jpg

熊本県産の馬肉カルパッチョ
マイクロトマトがたっぷり添えられてます。

オリーブオイルとレモンのソースで酸味がプラスされていて、さっぱり!


DPP_360.jpg

自家製パスタ

ブルーチーズのソースに、ソーセージ、ルッコラ
上に乗っているのはパルメザンチーズを焼いた物


DPP_361.jpg

肉料理はウズラ肉のロースト
骨付きなので、フィンガーボウルをいただき、
手で持ってかぶりつきます!


DPP_362.jpg

デザート
レモンのジェラート メレンゲ
ソースはイチゴとザクロ。


これで3.800円は安いけど、もう少しパンチが欲しかったかな~。
コレ!というウリの物があると記憶に残るし、再訪しやすい。

客層はほとんどが女性で、幼稚園児もいました。
ハイチェアーも準備されていたので、子連れウェルカムなんでしょうね。

夜の雰囲気は分かりませんが、ランチはカジュアルな印象で、
女性同士のランチにはピッタリですが、ビジネスには向かないかも。

うーん、ポテンシャルはこんな物では無いはず。
次回また行ってみます!


リヴァデリエトゥルスキイタリアン / 表参道駅外苑前駅明治神宮前駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3

テーマ : イタリアン ジャンル : グルメ

12:25  |  リヴァ デリ エトゥルスキ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.03.07 (Thu)

新宿 なだ万賓館

小田急百貨店 新宿店の最上階(14階)にある日本料理のなだ万。

百貨店で営業しているだけあって、予約なしでも入店できます。
平日だったので、同じようにランチを楽しむ奥様方がたくさんいらっしゃいました。
ランチセットだと1.500円くらいからなだ万の味を楽しめるようです。

今回はおなかぺこぺこでガッツリ食べたかったので、昼から懐石コース。
楓@12.000円をオーダー。

DPP_338.jpg

旬菜
盛りつけがキレイですね。

DPP_339.jpg

細魚桜葉寿司  たらば蟹

DPP_340.jpg

蛍烏賊と新玉葱のマリネ プチトマト 長芋梅酢

DPP_341.jpg

春菜ムース 生雲丹 山葵

DPP_342.jpg

蚕豆蜜煮 子持ち昆布 オマール海老のゼリー

DPP_343.jpg

春野菜浸し


DPP_344.jpg

吸い物
若竹しんじょ とき色の平茸 花びら野菜 木の芽


DPP_345.jpg

お造り


DPP_346.jpg

焼き物

DPP_347.jpg

かさごのアボカドクリーム焼き 筍田楽 たらの芽 
 
DPP_348.jpg

行者にんにくの和牛巻


DPP_349.jpg

揚げ物
オマール海老と春野菜 たらの芽 蚕豆 のびる こごみ


DPP_350.jpg

煮物
鮑柔煮 筍 新馬鈴薯 人参 木の芽


DPP_351.jpg

食事
桜エビの釜炊き 香の物 赤だし


DPP_352.jpg

デザートは5種類の中から選べました。

DPP_353.jpg

懐石料理は美味しいんですが、時間がかかるのが難点ですね~。
さっとランチメニューをオーダーして、短時間で退店していく方も多い中、
2時間くらいいたかしら?
まぁ途中のおしゃべりも楽しいからいいんですけど、食べ始めたのが2時頃だったので、
食べ終わったら4時。

いっそのことと夕食を抜いたら、変な時間におなかがすいてしまって…。
そうか、和食は消化がいいんですね。

テーマ : 和食 ジャンル : グルメ

12:09  |  東京・なだ万賓館  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.03.01 (Fri)

キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ

DPP_318.jpg

新宿にあるハイアット・リージェンシー東京 1階にあるフレンチです。

アクセスは電車だと、大江戸線の都庁前駅から直結していて徒歩数分。
丸ノ内線だと西新宿駅から女性の足で10分弱。

JR新宿駅からはかなり離れていますが、
それでも電車を乗り継いで行きたくなってしまうお店です。

ブログの記事にするのは初めてですが、たぶんこれで4回目の訪問。
こちらのシェフだったリオネル・ベガ氏がエスキス銀座に行ってしまい、
新シェフ、ギヨーム・ブラカヴァル氏になってからは初。


img_top.jpg
(画像はホテルサイトより拝借)

とても落ち着くインテリアは、高名な方がデザインしたというもの。
大きな窓の向こうに新宿公園を眺めつつ、美味しい料理をいただきます。


DPP_319.jpg

ランチメニューは二種類
5.300円 7.900円 10.500円とあって、一番最後のものをオーダー。
しかしお肉が和牛だったので、あっさりいきたかった相方は、仔羊に変更。


DPP_320.jpg

左から鹿肉、桜エビとアボカド、トリュフ風味の栗のクリーム
周りの黒いものはイカスミで色づけしたパン粉だそうです。

まずはシャンパンをいただきますが、
せっかく二つ星のお店に来たので、ワインもマリアージュでいただきます。
予算は二人で15.000円くらい。


DPP_321.jpg

バターたっぷりのブリオッシュ


DPP_322.jpg

アミューズ・ブーシュは
ニューカレドニアの天使のエビ、
赤いのは紅芯大根、紫蘇
スープは紅玉リンゴと紫蘇の冷たいスープ

紅玉の酸味がさっぱりしてて、おいしい!

DPP_323.jpg

パンがもう一種類来ました。


DPP_324.jpg

手打ちのラビオリ。
中身はリコッタチーズ、パルメザン、マカデミアナッツ
グリーンピースは季節のもの。

燻製した焦がしバターのソース

ワインはイタリアワインの白。


DPP_325.jpg

ホウボウ タマリンドのブイヨン
タマリンドとはスパイスだそうです。

ワインはブルゴーニュの白


DPP_331.jpg

私のメイン

和牛フィレ肉、オレンジとグリーンペッパー

添えてあるのはホワイトアスパラガスとスプラウト、ケッパー


DPP_327.jpg

合わせていただくのは、シャンボール・ミュジニー2009
ブルゴーニュのワインで、私は結構これ好きです。


DPP_330.jpg

相方のメイン
仔羊のコンフィ、ミントとローズマリーの香り

添えてある黄色はクスクス、黒オリーブ
四角いものはひよこ豆


DPP_328.jpg

ワインはスペインワインで、エル・ビンクロ2006


DPP_329.jpg

カッペラーノ2007も一緒にいただきます。


DPP_332.jpg

プレ・デセールは、ミントのゼリー、枝豆、ピスタチオ
舌にはアーモンドミルクのゼリー


DPP_334.jpg

デザートワインはアイスワインで
オーストリアのフーバー

貴腐ワインほど甘すぎではなく、すっきりしてました。
ちょっと癖になりそうな予感…。


DPP_335.jpg

デセールは、ディムサム モンドリアンカラー

ライスペーパーで包んだ、ベリーとホワイトチョコレート
緑は抹茶の温かいスープ


DPP_336.jpg

ミニャルディーズは
チョコレートボンボンと、マカロン等々

最近ミニャルディーズという言葉を覚えました。
プチフールと同意語みたいです。


DPP_337.jpg

レモングラスのハーブティーで締めました。


シェフが代わり、スパイシーな料理があったり紫蘇が出てきたりと、多国籍な感じでしたが、
心配していたようなことはまったくなく、トロワグロのまま美味しい料理を堪能することができました!


キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロフレンチ / 都庁前駅西新宿駅西新宿五丁目駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7

テーマ : フレンチ ジャンル : グルメ

22:16  |  東京・ミッシェル・トロワグロ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |