FC2ブログ
2013-02- / 01-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728>>03-

2013.02.22 (Fri)

シグネチャー 2回目

マンダリンオリエンタル東京37階にある、フレンチレストラン
シグネチャーへ行ってきました。


DPP_287.jpg

前回はディナー、それもご招待だったのでランチ&自腹は初。
しかし一休.comのプランを利用して@8.475円
立地を考慮したら、断然安い!
味も良かったですよ~。


DPP_288.jpg

まずはロゼシャンパンを。
窓際の席ではなかったのですが、広いソファにクッションも4個ずつあって、
すっごくリラックスできる席でした。

酔っ払ってきたら「ここで眠りたい~」的なお約束発言もあったりなかったり。


DPP_289.jpg

アミューズブーシュはタラバガニ。

私は蟹が苦手なんですが、こうやって剥き身になってればなんとか食べられます。
添えてあるのは百合根。


DPP_290.jpg

雲丹のブランマンジェとカリフラワーのコンポジション
サフランのシャンティー

DPP_291.jpg

アップにしたところ

DPP_292.jpg

デニッシュ一式
バターは有塩、無塩とあり、オリーブオイルもいただけました。


DPP_293.jpg

アイナメのブラックオリーブクラスト焼き
アーティチョークと甲イカのソテー


DPP_294.jpg

アイナメの上にある黒い物は、パン粉と竹炭と黒オリーブ、イカスミソース
左はアーティチョーク、甲イカ刻んだ黒オリーブ


DPP_295.jpg

メインディッシュは
シャラン鴨胸肉のスパイス焼き
アンディーブのソテーとセモリナのガレット
甘酸っぱいソースと共に


DPP_296.jpg

シャラン鴨はあっさりしてて美味しかったですよ。
甘酸っぱいソースというのは、グレープフルーツソースでした。


DPP_297.jpg

チーズもいただきます。(別注)


DPP_298.jpg

選んだのはシェーブル2種と、あと久しぶりに牛のチーズもいただきました。
広島産の牛乳から作ったチーズだそうです。(左上)


DPP_299.jpg

私のデザート


DPP_300.jpg

相方のデザート


DPP_301.jpg

プチフール


DPP_302.jpg

ワインもマリアージュで2種いただき、合計30.000円ちょっとでした。
そう考えるとランチとしては高いですが、
食べて飲んでチーズも食べて、だったらこれくらいなのかな?と。
立地も銀座に近く、食後はショッピングも楽しめそうです。

ドレスコードがスマートエレガントとなってますが、
相方はノージャケットで問題なく入店できました。
私も普段のパンツスタイル。

でもおしゃれな方もたくさんいたので、思いっきり着飾って行っても楽しめそうです。

スポンサーサイト



テーマ : フレンチ ジャンル : グルメ

21:44  |  東京・フレンチインスパイアダイニング シグネチャー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.02.15 (Fri)

アルジェントASO 東京・銀座

東京銀座にあるイタリアンへ行ってきました。

他にも代官山とか二子玉とか、福岡にもあるそうで、
細かいことはよく分かりませんが、とにかく初訪問。

場所は銀座プランタンの裏にあるビルの8階。
レセプションを通って9階のレストランフロアへ行きます。

銀座は仕方ないのかもしれませんが、なかなか景色の良い店舗には巡り会えないですねぇ。
お向かいのビルを長めながらのお食事です。

MenuC @9.450円

DPP_275.jpg

多種多様なパン。

DPP_276.jpg

このバターが美味しかった!
左から桜チップでスモークしたもの、オリーブオイル、プレーンバター


DPP_277.jpg

本日の前菜はオニオンスープ
上にある薄いものは、パン。

スプーンで割りながらいただきます。


DPP_278.jpg

フォアグラのソテーと帆立貝
ホワイトアスパラガスを添えて


DPP_279.jpg

本日のパスタは桜エビのパスタ
魚介のうまみがしみこんでいます。

桜エビがリアルかっぱえびせんみたいで、パリパリしていました。

DPP_280.jpg

魚料理は舌平目の蒸し焼き


DPP_281.jpg

肉料理は和牛だったんですが、
あっさりいきたかったので、鴨肉にしました。


DPP_282.jpg

お口直しのソルベ


DPP_283.jpg

こんな小菓子が出てきました!
かわいいけど、奪い合いになるぅー!


DPP_285.jpg

私のデザートはザバイオーネ


DPP_286.jpg

相方は洋なしのコンポートとシャーベット
あとはコーヒーとハーブティーをいただきました。


ASOグループは他店もあるようなので、機会があったらいってみようかな。

テーマ : イタリアン ジャンル : グルメ

21:45  |  アルジェントASO  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.02.08 (Fri)

菊乃井 京都本店

京都東山にある菊乃井へ。

創業は大正元年、現在のご主人で三代目の歴史ある名店ですが、
この三代目のご主人は、私たちが新婚だった頃テレビの料理番組に出演し
「むらむら」とあだ名されていた村田氏。

一度行ってみたいー!と当時はよく思っていましたが、
まさか何年も経ってから、本当に実現するとは…感慨深いものがあります。

DPP_254.jpg

お部屋は全部で11室あるそうです。


DPP_255.jpg

この日は小雪のちらつく、寒い一日でした。


DPP_256.jpg

格調高く感じますが、お昼は4.200円のお弁当から楽しめるそうです。
会席料理の料金設定は各種あるそうで、私たちは3万円でお願いしました。


DPP_257.jpg

「ちょっ、昼から3万円て!」
と思ったけど、どんなものが出てくるのか興味津々。


DPP_262.jpg

まずは先付け、赤蕪の蒸し物

DPP_263.jpg

京都なのに、東京の私たちにも合う味付けです。
もっと薄味かと思った!


DPP_260.jpg

八寸
綺麗な盛りつけで、目でも楽しませてもらいます。


DPP_261.jpg

お酒は京都の地酒、玉乃光


DPP_264.jpg

向付けは、てっさ
この巨大な白子にビックリ。
おいしかった、という感想しか出てきません。
臭みも全然ないし、口の中であっという間に溶けて無くなってしまいます。


そしてこの後、もう一つの向付けで、こしびマグロが出てくるんですが、
すっかり写真を撮り忘れてしまいました!

しかしこれが、わさびではなく、からしを使い、
それを、黄身醤油と呼ばれる醤油にたっぷりつけていただくんですが、
もう、今まで食べたお刺身の中で一番おいしい!

残った黄身醤油はしばらく置いておいてもらって、
時々お酒のつまみとして、一緒に楽しませてもらったくらい。

予約時にリクエストすると、メニューに加えてくれるそうですよ。
菊乃井に行く際はぜひ食してみることを声を大にしてお伝えしたい!


DPP_265.jpg

煮物椀

季節を表しているお椀で、
上のかぶは冬の薄氷を。
金箔は、氷のきらめきを。

氷を割った下には春を表し、くさもちと慈姑が。
あと、鴨しんじょが入っていました。

お椀ものが出てくるとホッとします。
やはり鰹だしって、おいしいですよね。
そのお店の味も、一番分かるような気がします。


DPP_266.jpg

焼き物は寒ブリです。


DPP_267.jpg

ダイダイを搾って、辛み大根でいただきます。

家だと大根でも甘いところをすり下ろしていただくんですが、
辛み大根と寒ブリの旬の油が合う!

これは素材ならではだと思うんですが、
家でも辛み大根を使ってみたくなったくらい。

でも辛み大根は高いので、やっぱりやめておきます。


DPP_268.jpg

お口直しの、キンカンとわさびのソルベ。

わさびのソルベははじめて食べました。
ツーンとくる辛みに意外性があって、辛いんだか甘いんだかという感じ。
でも、すごくさっぱりする!


DPP_270.jpg

越前ガニですが、私はカニが苦手なんですー!
お伝えしてなかった私が悪いので仕方ないんですけど、カニ味噌とか特に駄目。

一口だけ食べて、あとは相方に引き取ってもらいました。
無類のカニ好きなので、私の分まで無心に食べてました。

カニを食べてるときって、なんでみんな無言になるんだろう?


DPP_271.jpg

強肴は、すっぽんとフカヒレのダブルコラーゲン。
すっぽん鍋らしく、熱々のグツグツで出てきました。
ショウガも効いていたし、スープは最後まで飲み干してしまいました。


DPP_272.jpg

この肉厚!


DPP_273.jpg

御飯は穴子の飯蒸しと、あと写真はありませんが、ごぼうのすり流し

途中でおなかがいっぱいになるかと思いましたが、さすが和食。
おなかに優しく、最後まで残さずにしっかり食べられました。


DPP_274.jpg

デザートは、イチゴスープにイチゴアイスと、これまたダブルイチゴ。
でも濃厚なんですよ~。



食事は全11品でしたがとてもおいしくて、さすがむらむら!といった感じ。
(友達じゃないけど)
京都は薄味のイメージがあるんですが、東京のお客が来たら東京の味に合わせるんでしょうか。
かといってむやみに濃いわけでもなく、本当にちょうどいい塩梅。

お料理のタイミングもいいし、さすが三つ星ですね!
また季節を変えて伺いたいと思います。


テーマ : 和食 ジャンル : グルメ

21:06  |  京都・菊乃井  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.02.08 (Fri)

グランヴィア京都 セミスイートダブル

グランヴィア京都 セミスイートのお部屋に泊まってきました。

一泊65.000円のお部屋に、プランを利用して41.000円で宿泊
広さは50m2で、上にはまだハーモニースイート、眺洛スイート
エグゼクティブスイート、ロイヤルスイートと続きます。

DPP_212.jpg


お部屋はダブルタイプ、ベッドの大きさは180×210cm


DPP_213.jpg

オットマン付のソファ


DPP_214.jpg

テレビ一台目(二台ありました)


DPP_215.jpg

ビジネスデスクのようなもの。
右下にはファックスが置いてあります。


DPP_216.jpg

テレビ二台目
テレビ下にはブルーレイもありました。
あとはお茶一式と、瞬間湯沸かしポット(というのか?)


DPP_217.jpg

冷蔵庫下


DPP_219.jpg

おトイレ


DPP_221.jpg

バスルーム

DPP_222.jpg

反対側から見たところ。
シャワーブースが付いています。


DPP_223.jpg

洗面台


DPP_224.jpg

アメニティはデタイユ・ラ・メゾンのもの。
シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、シャワージェル、ボディクリーム
香りがとても良いです!


DPP_226.jpg

ボディウォッシュタオル、コットン、ヘアゴム、シャワーキャップ、
ヘアブラシ、コーム、歯ブラシ、カミソリ

他、スリッパ、ナイトウェア、バスローブ、ズボンプレッサー。
ナイトウェアはネグリジェタイプで、身長168cmの私のひざ下まで余裕である長さでした。


DPP_228.jpg

バスルームからの景色


DPP_229.jpg

部屋からの景色


DPP_230.jpg

下にはタクシーがたくさん止まっていますが、さすが観光地の京都。
どんどんお客を飲み込んで、発車していきます。

地元のタクシー業界でちゃんとルールがあると思うんですが、
一列進んだら次の列が進み出て、空いたスペースに後続が入りこんでいく。

その動きを上から見ていると面白くて、時間を忘れて見入ってしまいます。


このカテゴリーのお部屋はあと、15階にあるラウンジを利用できます。
飲み物と軽食が置いてあるだけで、今回はおせんべいが数種類ありました。

部屋でのWifi利用無料。

プール、フィットネスジムの利用無料。


グランヴィアは、立地が最大のメリット。
電車、バス、タクシーとどこへ行くのも簡単にアクセスできます。

でも、さすがに設備が古くなってきたかな。
他にもサービスが充実しているシティホテルがたくさん出てきている中、
現状維持のままでは、いくら立地が良くても利用頻度が減ってしまいそうです。

とりあえずはラウンジがもうすこし充実してほしい!



テーマ : 国内ホテル情報 ジャンル : 旅行

16:17  |  京都・グランビア京都  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.02.07 (Thu)

天ぷら松 2回目

「京都に行ったら天ぷら松」が合い言葉になりそうなほど、
前回衝撃的だった天ぷら松へ、再び行ってきました!

というか、ここの予約を取ってから他の京都の予定を立てましたよ、はい。

オーダーはもちろん、おまかせで。
席も、もちろんカウンターで。

DPP_240.jpg

でもね、何を食べたのか覚えてないんです。
説明はちゃんとしてくれましたが、記憶力を完全に失ってました。
なので今回は写真のみで、よろしくお願いします。


DPP_241.jpg


DPP_242.jpg


DPP_243.jpg


DPP_244.jpg


DPP_245.jpg


DPP_246.jpg


DPP_247.jpg


DPP_248.jpg


DPP_249.jpg


DPP_250.jpg


DPP_251.jpg


DPP_252.jpg


DPP_253.jpg

本当に見事に写真だけでスミマセン。
これで二人で23.000円。

やっぱり安くておいしいです。
あー、また京都に行きたいな~。

テーマ : 和食 ジャンル : グルメ

20:54  |  京都・天ぷら松  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.02.06 (Wed)

祇園 富久

ミシュラン一つ星に輝いている、とらふぐの名店に行ってきました。
冬はふぐ専門ですが、夏は鱧専門店になるそうです。

DPP_231_20130209170500.jpg

一階にはカウンターや、御座席もありましたが、
今回は2階の個室に案内していただきました。

創業は昭和10年。
歴史を感じる店内ですが、堅苦しさを感じない接客がホッとさせてくれます。


DPP_239.jpg

メニューは3コースあり、今回はBコース(天然とらふぐ)@20.000円をいただきました。
他はAコース(天然とらふぐ)@22.000円 Cコース(養殖)@15.000円
アラカルトもあるそうです。


DPP_232.jpg

まずは仕出し。
真ん中はふぐの煮こごりです。

お酒は京都のお酒、玉乃光をいただきましたが、
冷やでおいしかったー!


DPP_233.jpg

てっさ

こちらは身を観音開きにするそうで、一枚が大きく、そして分厚い!
真ん中にはこの時期ならではの白子がありますが、
ふぐの白子ははじめて食べました。


DPP_234.jpg

と、初白子を堪能していたら、
次は焼きでこんな大きな白子が!


DPP_235.jpg

焼きふぐ


DPP_236.jpg

てっちり


DPP_237.jpg

雑炊


DPP_238.jpg

水物



さすがふぐの名店。
とってもおいしくいただきました。

次回は夏の鱧の時期に行ってみたいと思います。


富久ふぐ / 祇園四条駅三条駅三条京阪駅

夜総合点★★★☆☆ 3.8

テーマ : 和食 ジャンル : グルメ

09:44  |  京都・富久  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |