FC2ブログ
2013-01- / 12-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>02-

2013.01.25 (Fri)

ピエール・ガニエール

昨年も同じような時期に黒トリュフを食べに行きましたが、
今回も同じような目的で、ピエール・ガニエールに行ってきました。

他店でも黒トリュフをいただくことはありますが、
ここで食べるものはひと味違うような気がします。
まぁ旬がずれてたら、もちろん風味は落ちるんですけどね。


DPP_303.jpg

料金は一人@25.000円なので、みみっちいことは言わず、
ワインもマリアージュしていただきます。


DPP_304.jpg

バターはエシレ!


DPP_305.jpg

エシレだと聞いたら、どんどん食べたくなってしまいます。


DPP_306.jpg

前菜
冬野菜のヴルーテ(スープ)で、白人参、菊芋のポタージュスープ
上には黒トリュフのソース

 
DPP_307.jpg

合わせていただくのは生のぼたんえびで、黒トリュフをまとっています。
丸くくり抜いてあるのは大根、四角はソーテルヌのゼリー


DPP_308.jpg

こんな感じで二品一度に来ました。
合わせて食べるなんて贅沢だし、さすが旬!良い香りでした。


DPP_309.jpg

玉葱のペリグーとシャンパーニュでポッシェした北海道産牡蠣
黒トリュフはスライスされてきました。


DPP_310.jpg

柚子の香る国産とらふぐのポワレ、大麦のリゾットと共に
菜の花も添えられて春らしい一品です。


DPP_311.jpg

帆立貝のダミエ、舞茸のブイヨン


DPP_312.jpg

子羊のロースト、ロッシーニ風


DPP_313.jpg

モン・ドール
マーシュサラダとドライフルーツのマーマレード


DPP_314.jpg

小菓子


DPP_315.jpg

ビスキュイスフレ 
キャラメル風味のクレームグラッセ
沖縄産黒糖のガボット、リンゴのコンフィ


DPP_316.jpg

これでもか、これでもか!
とデザートが続きます。


DPP_317.jpg

最後にはお茶菓子も。
スイーツ好きにはたまりません。


ピエール・ガニエールは、トリュフが続いたので、次回は普通のメニューで行ってみたいと思います。
景色もいいし、サービスも満点。
きっと良い時間がまた過ごせることと思います。

スポンサーサイト



テーマ : フレンチ ジャンル : グルメ

16:51  |  東京・ピエール・ガニエール  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.01.18 (Fri)

リストランテ ケン ヴェンティ クワトロ 2回目

表参道にあるシャレたイタリアン、リストランテ・ケンに行ってきました。
今回のオーダーもPranzoB 4.200円

そんなに高くないのに店内はキレイだし、立地もいい。
サービスもいいし、なんと言ってもおいしい!

DPP_201.jpg

今回も存分に楽しんできました。

DPP_204.jpg

まずは私の前菜
トリコローレ3色の胡椒を効かせた広島県産カキのソテー


DPP_205.jpg

相方の前菜
白身魚のカルパッチョ イクラ、苺、トマトのロッソソース

他にも2種類あって、全4種類から選べます。


DPP_206.jpg

スープは下仁田葱のズッパ


DPP_207.jpg

パスタは全5種類から
国産鶏レバーとカマンベールチーズソース
自家製生パスタ“コンキリエ

を選びました。


DPP_208.jpg

お口直しは、柚子とハチミツのソルベ


DPP_209.jpg

私のメイン
国産牛ロースのタリアータ ビーノロッソソース(+525円)

プラス料金が付いちゃいましたが、
この日はガッツリと和牛のロースが食べたかったんです。


DPP_210.jpg

相方のメイン
シャラン産鴨胸肉のロースト 木苺バルサミコソース
フォアグラと雑穀米リゾット添え

メインは全6種類でした。


DPP_211.jpg

こちらはドルチェ

これで4.000円は安い!
お酒もいただいて満足しました。

リストランテ ケン ヴェンティ クワトロイタリアン / 表参道駅明治神宮前駅原宿駅

昼総合点★★★☆☆ 3.8

テーマ : イタリアン ジャンル : グルメ

15:59  |  リストランテ ケン ヴェンティクワトロ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.01.11 (Fri)

ラ ターブル ドゥ ジョエル・ロブション

恵比寿にあるシャトーレストラン、ジョエル・ロブションに行ってきました。
2階にあるガストロノミーは度々伺ってますが、1階のラ・ターブルは初めて。

DPP_0188.jpg

店内は紫というか、ラベンダーと言った方がオシャレなのか?
2階の黄金に比べてシックな感じ。
広さは同じだそうですが、色彩の効果か2階の方が広く感じるかも。


DPP_0189.jpg

オーダーしたのはMENU C 3.850円。
ガストロノミーに比べたらカジュアルだし、お値段設定も良心的!

写真はアミューズ・ブーシュ

ライムのゼリーと安納芋 
添えてあるのはさつまいもチップス


DPP_0190.jpg

MENU Cは前菜一品ですが、別注でロブションの定番
雲丹とコンソメのジュレをオーダー。

北海道産の雲丹と、甲殻類のジュレ。 
白はウイキョウのクリームソースで、緑はパセリのソース

ガストロノミーだとカリフラワーのクリームソースなんですが、
こちらだとウイキョウを使うそうです。

どちらでも十分美味しいです!


今回はカジュアルに行きたかったので、お酒もマリアージュはやめて、
シャンパンを相方と半分ずつ、あとはワインを一杯ずつ。

私はゴードン・ブラザーズのカベルネ・ソーヴィニオン2009
をいただきました。


DPP_0191.jpg

前菜
ラ ターブルのスペシャリティオードブル3種のバリエ(プラス2.100円)


DPP_0192.jpg

手前
アボカドとリンゴを合わせた上に
ほうれん草、ズワイガニのむき身

ソースはフルーツトマトやオリーブオイル


DPP_0193.jpg


ブルゴーニュ産のエスカルゴ 
回りのバターは香草とエスカルゴバターを合わせたもの
下には百合根のピューレ パセリソース


DPP_0194.jpg


ブルゴーニュの伝統料理ジャンボンベルシェ


DPP_0195.jpg

私のメイン
仔羊 ロティにし、クレピネット包み焼きを添え、エピスの香りと共に


DPP_0196.jpg

相方のメイン
北海道産 雲丹 半熟卵 パルメザンチーズのスパゲティー(プラス840円)


DPP_0197.jpg

デザートは、
ラ ターブルのデザートバリエ(プラス1.000円)


DPP_0198.jpg



ミルクチョコレートのデザート
オレンジゼリー、オレンジシャーベット
上から温かいチョコソースをかけていただきました。


DPP_0199.jpg

洋梨のデザート
洋梨のくず餅、コンポート、シャーベット
手前のグラスはピスタチオのブリュレ

これを交互にいただくのがオススメだそうです。


DPP_0200.jpg


アロエ、パッションフルーツのデザート
添えてあるのはフリーズドライのパッションフルーツ
これをかけていただくんですが、サクサクした食感が楽しめました。


このようなバリエーションのお皿はロブションでは日本が初めてだそうで、
日本人は少しずつ何種類か食べるのが好きだということから考案されたそうです。


ガストロノミーはお祝いとか、そういうイベントにピッタリなレストランで、
ラ・ターブルはそれよりも気軽にロブションを楽しめそうなお店です。
それよりもカジュアルに、となったら六本木にあるラトリエになるのかな?

その時の気分とか食べたいものとか予算とかで使い分けて、
これからもロブションにはバンバン通ってみたいと思います!

テーマ : フレンチ ジャンル : グルメ

11:08  |  ラ ターブル ジョエル・ロブション  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |