FC2ブログ
2012-10- / 09-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>11-

2012.10.18 (Thu)

グラン・カジノ

IMG_1648.jpg

以下SBMのHPより抜粋。

ヨーロッパを代表するル・カジノ・ド・モンテカルロ、別名”グラン・カジノ”は、
19世紀半ば君主シャルル3世が建築して以来、
モンテカルロの歴史とともに高級リゾートの華として君臨してきました。
パリのオペラ座を設計したシャルル・ガルニエによる、その建造美は、
歴史的、美術的観点からも一見の価値があります。


豪華なインテリアの中でゆったりと様々なゲームを楽しむことができる、
安全で快適なグラン・カジノは午後2時から営業しておりますが、
毎日9時〜12時半には見学が可能です。
有名なカジノ広場と共に、およそ150年の歴史あるグラン・カジノは
モナコを訪れる人々にとって見逃せない観光スポットなのです


見学時間:毎日9時〜12時半(入場券販売は12時まで)
営業時間:通年(ヒストリックグランプリ、F1グランプリのシーズンを除く)
ドレスコード:特に規定なし

入場料:10ユーロ(10名以上のグループは7ユーロ/1人)
※モンテカルロSBMにご宿泊のお客様は無料で入場いただけます。

注1)写真撮影不可。
注2)プレイ営業中(午後2時以降)について:
- グループ以外、個人での入場、見学は可能です。
- ドレスコードにご注意ください(スポーツウエア、サンダル、ショートなどは不可)。
- 18歳以上のみ入場可、パスポートのご提示が必要となります。

IMG_1657.jpg

WPHHのカクテルパーティー後に見学ツアーを組んでくださり、
SBMの日本代表の方が特別に案内してくれました。

上記にもあるように写真撮影は禁止なので、入り口のクロークで預けて入館!
まるで美術館のような館内でした。
「なんで写真撮れないのよー」と泣きたくなります。

グラン・カジノと言えば気になるのはドレスコード。
男性はとにかくジャケットがあればどこでもOKと聞いていたので、
相方はシャツに綿パン、ジャケットで入館。
私はワンピースで入りました。

CA284B_scre.jpg
(HPより拝借)

入ってすぐにスロットマシーンが数台あり、
その奥にはカードやルーレットができるテーブルがあります。

ルールもよく分からないので、教えてもらいながら通り過ぎ、奥の部屋へ。

すると雰囲気がガラリと変わります。
テーブルの設えも高級感を増し、人数が極端に少なくなったうえに、
プレーヤーもディーラーもタキシードを着ています。

不思議に思っていたらVIPルームとのこと。

「どうりで!」と納得してキョロキョロしたら、デニムを履いた方もいらして、
あれれ?な感じでしたが、
こちらではゲームをする際、チップが1枚5ユーロからになるそうです。

手前の部屋では1枚2ユーロ

「どちらの部屋でプレイしますか?」と聞かれ、私と相方は「2ユーロの部屋で」と即答。
いつでもこちらの部屋に戻れますから…とパスを渡され、庶民の方に戻ります。

いやいや、全然庶民じゃないんですけど、
あの部屋を見たらそう思わざるを得なくなります。

20120626172300c77.jpg
(HPより拝借)

初心者にはルーレットがいい。と教えてもらい、
100ユーロずつ始めます。

結果、私はすっからかん。
相方はマイナス25ユーロで終了。

私は最初、1ゲームで3枚くらいずつ賭けていたんですが、
ぞくぞくとやってくる方は、みんな100ユーロを50枚のチップに換えて、
じゃんじゃん賭けていく。

人によっては5分くらいで終わって去っていく姿を見ると、
「私ってちっさ」みたいな。

でもすごく楽しかったです。
子どもがゲームセンターにハマる気持ちが少し分かりました。
日本でもカジノ作ればいいのに。


あとパスポートを登録したので、今後グラン・カジノではVIP扱いにしていただけるそうです。
あの部屋にまた入れるのはちょっと嬉しいけど、チップ1枚5ユーロでしょ?

それに本物のVIPがチマチマ5ユーロで賭けてるとは思えない。
きっと1枚200ユーロくらいのチップで遊んでるんだろうな~と思うと、
(いや、500ユーロとかかも)
また見学だけで終わりそうな予感。



スポンサーサイト



テーマ : ヨーロッパ旅行記 ジャンル : 旅行

17:19  |  夜遊び編  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |