FC2ブログ
2012-07- / 06-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>08-

2012.07.31 (Tue)

奥湯河原温泉 秀邑(ほむら) 食事編

 おたのしみの食事編です。

IMG_9537.jpg

先付


IMG_9538.jpg

白鱚(しらきす)のフリッター

スパイスの効いた衣がケンタッキーみたいでした。
美味しい!


IMG_9539.jpg

フォアグラと豆乳のフラン ポルト風味


IMG_9541.jpg


あぶり鰹のタルタル スパイシーソース

スパイシーソースがチリソースのようでした。
和食なのに面白い~。


IMG_9542.jpg

お吸い物
新ジャガイモのすり流し みみ鳥の手ごね


IMG_9544.jpg

お造り
抹茶碗盛り 旬の物五点


お品書きに『抹茶碗』と書いてあり、何かと思ったら、
抹茶のお椀を器にされていました。
上にある紙は鮮度を保つために蓋をしているそうです。


IMG_9545.jpg

お魚は 鯛、フッコ(スズキ)、石鰈、かます、帆立の五品でした。 


IMG_9546.jpg

焼物
地魚二種かわり焼き


IMG_9547.jpg

木の芽焼きの鱒 
雲丹が乗っているのは、やがら(細長い魚)


IMG_9548.jpg

おこわ


IMG_9549.jpg

蒸し物
旬魚と生湯葉のあんかけ

この日のお魚はヒラメでした。

IMG_9550.jpg

台の物
牛ヒレの炭焼き


IMG_9551.jpg

お薬味は左上から
岩塩、シブレット、黒七味、ポン酢、ミカン胡椒、酢橘 


IMG_9552.jpg

炭火で焼いていただきます。


IMG_9553.jpg

食事
焼きおにぎり茶漬け 足柄仕立て

足柄茶のお茶漬けだそうで、おにぎりの中には鰹のしぐれ煮が入っていました。


IMG_9555.jpg

水菓子

ホワイトアスパラのババロア 季節のジェラート
ババロアにはキウイとレモンのソースがかかっていました。


量は全体的に控えめですが、私たちにはピッタリでした!



続いて朝食です。

IMG_9560.jpg

おめざはミカンジュースとメロンです。


IMG_9561.jpg


IMG_9564.jpg

秋田の曲げわっぱの中には、こんな物が!
贅沢な使い方です。


IMG_9565.jpg

お豆腐


IMG_9566.jpg

ごはんのお供いろいろ


IMG_9567.jpg

大粒アサリのお味噌汁。


IMG_9569.jpg

干物は自家製だそうで、4種類から選べます。
私はエボダイ、相方は鯵をいただきました。


IMG_9570.jpg

だし巻き玉子



楽しみにしていた秀邑
大満足の滞在となりました。
また行きますよー!!





スポンサーサイト



テーマ : 国内旅行 ジャンル : 旅行

18:40  |  奥湯河原・秀邑  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.07.31 (Tue)

奥湯河原温泉 秀邑(ほむら) お部屋編

2009年6月にオープンした1日2組限定の 秀邑(ほむら)
以前から気になっていたお宿です。
夏休みを利用して行ってきました!

slideshow_1a.gif
(画像は一休.comより拝借)


IMG_9484.jpg

お部屋は和室の椛(もみじ)と和洋室の淙(そう)
椛には足湯が備えられ、淙には寝湯が備えられているそうです。


IMG_9518.jpg

今回は椛のお部屋に宿泊 @57.750円


IMG_9485.jpg

広さは100平米もあり、4名まで利用できるそうです。
右に写ってる琉球畳の和室は、10畳ほどあるでしょうか。


IMG_9487.jpg

まずは美味しい和菓子と黒豆茶をいただいてから、お部屋の散策です。


IMG_9492.jpg

最初は冷蔵庫。
ビール(モルツ、エビス) ミネラルウォーター ポカリ
ジュース(リンゴ、ラ・フランス、トマト)


IMG_9490.jpg

アルコール以外は無料です。


IMG_9493.jpg

エスプレッソマシーンもあり、一人3個ずつ用意されていました。


IMG_9495.jpg

ワインセラー内には、モエシャンなどのシャンパンと共に、
赤・白のワインがありました。
ハーフボトルがあるものには、フルとハーフの両方が置いてありました。


IMG_9496.jpg

リビングと呼ばれるスペース


IMG_9497.jpg

暖炉もありました。
今は季節が真逆ですが、冬になったら使えるのかな?
下の部分が赤くなっているのは何故だろう?


IMG_9498.jpg

バスタオルは2枚ずつ、ハンドタオルは4枚ずつ


IMG_9499.jpg

洗面台は広くて使いやすいです。


IMG_9500.jpg

そして、なんと木製!


IMG_9515.jpg

女性にとっては大切なアイテム。
イタリア製のオーガニックエレメンツという物が置いてあり、
私は始めて使いました。

しかしクレンジングとスペシャルケア用品、といった感じで、
化粧水や乳液は自前の物を使います。
それでも十分!


IMG_9516.jpg

他のアメニティは歯ブラシ、コットン、麺棒、ブラシ、シャワーキャップ
ヘアバンド、かみそり

あと、男性用の基礎化粧品(化粧水と乳液)、スタイリングワックスがありました。


IMG_9517.jpg

お手洗い


IMG_9519.jpg

クローゼット


IMG_9520.jpg

浴衣が2枚ずつ用意されていますが、パジャマ等はありません。
私のように『パジャマじゃないとグッスリ眠れない』という方は持参をおすすめします。
念のため持ってて良かった~。


IMG_9502.jpg

さて温泉です。
露天風呂は源泉掛け流し。
あらかじめ『ぬるめが好み』だということをお伝えしておいたら、
ちょうどいい湯加減になっていました。


IMG_9505.jpg

右に写っているのが足湯


IMG_9511.jpg

下には川が流れていて、せせらぎの心地よい音が聞こえてきます。


IMG_9501.jpg

内湯も源泉掛け流しだそうです。


IMG_9513.jpg


IMG_9521.jpg


IMG_9524.jpg


IMG_9532.jpg

さっそくシャンパンをいただきながらお風呂に入ってしまいました。
しかしワインセラーに入っていたので、温度が微妙~。


IMG_9534.jpg

お部屋の名前が『もみじ』だけに、もみじがキレイです。


IMG_9536.jpg

紅葉の季節はすばらしいでしょうね。








奥湯河原 秀邑旅館 / 湯河原駅

夜総合点★★★★ 4.2

テーマ : 国内旅行 ジャンル : 旅行

16:24  |  奥湯河原・秀邑  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.07.27 (Fri)

ESqUISSE 銀座

先日ロブションにお邪魔した際、支配人の野平氏から
「今、一番おすすめのお店です」と教えていただいたESqUISSE(エスキス)銀座。

それもそのはず、シェフはミッシェル・トロワグロのリオネル・ベガ氏
台北のロブションで活躍された村島氏
シェフソムリエにはタイユバン(現ロブション)タテルヨシノのソムリエだった若林氏
パティシエにはロブションの成田氏


皆さんの経歴はここでは書ききれないし、私のような小者が書くのもおこがましいくらいの方々なので、
期待に胸を膨らませ、行ってきましたよ!!


DSC00043.jpg

店内は南仏をイメージしたかのように明るくて、ロブションのようなカチッとした感じではなく、
白を基調にしたさわやかな雰囲気でした。


DSC00041.jpg

メニューの種類は3種類
10.000円 14.400円 18.400円とあり、それぞれ前菜の数が違います。
今回は真ん中のコースをお願いし、前菜は4品となりました。

そして、すべてのコースにグラスシャンパンとミネラルウォーターが付きます。
写真はシャンパン
「半分にしてください」とお願いするのを忘れ、一杯すべて飲み干してしまいました。


DSC00047.jpg

まずは稚鮎のフリット

アップで撮ってますが、頑張れば私でも一口でいけそうなサイズです。
うん。
んまい!!


DSC00048.jpg

バゲット

黒いのはなんだろう? と思ったらバターナイフでした。


DSC00050.jpg

そしてこちらがそのバターで、自家製だそうです。
奥に写っているのは塩。
結構ハマりました。


DSC00052.jpg

前菜1品目 鮪料理です。


DSC00051.jpg

上に乗っているのは海葡萄


DSC00053.jpg

一品の量が少なく、このお料理もほぼ3口で完食。
私たちのように小食な者にはピッタリ!!

フレンチにありがちな「もーお腹いっぱいー、だめー」
的なことになりません。


DSC00054.jpg

お酒も飲めない私と相方ですが、
せっかく若林氏がシェフソムリエとしていらっしゃるのだから、いただくことにしました。

ワインも2種のコースがあり、10.000円と20.000円。
後者のコースを相方とシェアすることに。


DSC00055.jpg

前菜2品目 ウニ料理
中にはリンゴが入っていて、食感も楽しめました。


DSC00058.jpg

前菜3品目の準備が始まりました。
鰹節のように見えているのは鰹ではなく、鴨だそうです。
それを削り、次の料理にかけていただきます。


DSC00059.jpg

合せていただくワインはこれ。


DSC00060.jpg

脂身の少ない、あっさりとしたフォアグラでした。
「下に何かがあるんですが、食べてからのおたのしみです」と若林氏。
相方の回答はザーサイでしたが正解はもちろん違いましたよ。


DSC00062.jpg

前菜4品目の前に、白と赤のワインが並びました。


DSC00063.jpg

鮑とジロール茸です。


DSC00065.jpg

オレンジ(だったかな?)のソースの時は白ワインを
茶色のソース(鮑の肝)の時は赤ワインを

と勧められるがままにいただきますが、間違いなく美味いです。


DSC00070.jpg

これはサンボネのカトラリーですが、他に有田焼や信楽焼の食器もありましたよ。


DSC00071.jpg

魚料理の前に赤ワインができてました。
「魚に赤も合うんです」と。

えぇえぇもうなんでもいいです、お任せします!!


DSC00072.jpg

で、これがバッチリ合うという神業。


DSC00075.jpg

メインは鳩(ピジョン)です。

私も相方も鳩は初体験。
「焼き具合はシェフに任せていただいても…」と聞かれましたが、


DSC00076.jpg

この時点で味もサービスも満点で、完全にノックアウトされている私と相方に
何かをリクエストする気持ちなどありませんでした。


DSC00078.jpg


DSC00082.jpg

フロマージュはコースにないんですが、
お腹にもう少し余裕がありそうだったので、いつものごとく山羊をいただきました。


DSC00084.jpg


DSC00085.jpg

「そのチーズなら、このワインを…」
と、合せていただいたワイン。


DSC00087.jpg

そしてお待ちかね、成田氏のデザートです。


DSC00089.jpg


DSC00090.jpg


DSC00092.jpg

もうこのあたりになると、幸せ一杯お腹も一杯!
おまけに酔ってしまって、リオネル氏や成田氏がテーブルに来てくださっても、
ほとんどお話できませんでした。


DSC00094.jpg


DSC00096.jpg

これは成田氏の有名なマカロンですね。



もう何も言うことはありません。
最高に美味しいお食事&ワインでした。

今はまだ予約がとれますが、
ミシュランの星が発表されるころには予約の取れないレストランになっているかもしれません。
今のうちに通わなきゃ!!



テーマ : フレンチ ジャンル : グルメ

15:18  |  東京・エスキス  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.07.22 (Sun)

日本料理 なだ万

なだ万賓館へ再訪です。

今まで気がつかなかったのですが、なだ万賓館は
日本料理・なだ万、寿司・清水、天麩羅・まつ井、鉄板ステーキ・竹花亭
と、分かれているらしいです。

そういえば、寿司カウンターがあるなぁとは思ってたんですよ。
そうか、そういうことだったのか!

で、そんな中で行ったのは日本料理・なだ万
楓・懐石コース @12.000円

懐石料理は他に、華8.000円・桐15.000円・おまかせ20.000円 とあったのですが、
それぞれ品数はほぼ同じで、料理の内容が違う。

合肴のすっぽん料理を食べてみたかったし、
料金的にもちょうど真ん中くらいの楓コースをお願いしました。


IMG_0943.jpg

オーダーしてからしばらくした後、サービスで出てきたサラダ。
「お待たせしてしまって、申し訳ありません」と仰っていたので、
一品目が遅いことを詫びているようでしたが、
待っている方は全然そんな実感はありませんでした。

こういうところでもサービスの質を感じます。
味ももちろんおいしかったです。


IMG_0944.jpg

旬菜
さっそく目でも楽しませてもらいます。


IMG_0945.jpg

太刀魚焼浸し


IMG_0946.jpg

冬瓜スープ煮 蒸し雲丹


IMG_0947.jpg

烏賊 金針菜 黄パプリカ クルミ和え


IMG_0949.jpg

松海貝 はす芋 果実酢 翡翠独活 茗荷

IMG_0948.jpg

かすみ草(これは食べません)


IMG_0950.jpg

吸い物
寄せ海老しんじょ 椎茸 冬瓜 木の芽


IMG_0951.jpg

造り
白身うす造り 梅酢
本日の鮮魚盛り合わせ あしらい


IMG_0952.jpg

煮物
丸茄子 煎りだし 鰻 万願寺 短冊甘露
葱 茗荷 山椒


IMG_0953.jpg

焼き八寸
牛香味焼き 太刀魚筒焼き レモン おろし
鱧寿司 ほおずき玉子 枝豆かき揚げ 玉子豆腐 赤伏見射込み


IMG_0954.jpg


IMG_0955.jpg


03.jpg

合肴
すっぽん白玉スープ蒸し
生生姜 芽葱 クコの実


02.jpg

食事
ザーサイ釜炊き 香の物 赤だし


01.jpg

デザート
5種類の中から選べて、今回はブリュレを選びました。


美味しくて大満足でした。
また行きます!






なだ万賓館 新宿店懐石・会席料理 / 新宿駅新宿西口駅新宿三丁目駅

昼総合点★★★☆☆ 3.8

テーマ : 日本料理・寿し・割烹料理 ジャンル : グルメ

21:41  |  東京・なだ万賓館  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.07.13 (Fri)

ガストロノミー ジョエル・ロブション

恵比寿にあるジョエル・ロブションへ、4ヶ月ぶりの再訪です! 

IMG_0892-01.jpg

この日のために毎日頑張ってきたと言っても過言ではない!
このシャトーを見るとワクワクします。


IMG_0893-02.jpg


レセプションでは名前を言わなくても席に通してくれるんですが、
私たちはお得意様というわけではない、何百人もいる客の一人なのに、
いったいどうやって名前と顔を覚えているのか、それが謎です。

今度聞いてみようかなー。(誰に?)


IMG_0894-03.jpg

今回は10日にメニューが変わったばかりの MENU PLAISIR @15.000円
まずは大好きな 特選生雲丹 甲殻類のジュレになめらかなカリフラワーのクレーム

あぁうまい!
頑張ってきて良かった!!


IMG_0896-04.jpg

シャンパンを相方とシェアしていただいたあとは、赤ワインをグラスで。
左がシャトー・ブスカッセ1998 @2.000円くらい 
右がロブション氏セレクトの シャトー・トゥール・セラン2006 @3.000円くらい

今度はボトルでお願いしてみようかな。
飲みきれなかったら持ち帰れるのかしら。


IMG_0897-05.jpg

長野県産フルーツトマト ズワイ蟹・サラダ菜・リンゴ・アボカドをファルスし
さわやかなトマトクーリ、自家製パン・デ・ザミのグリエと共に



IMG_0898-06.jpg

夏らしい、甘いフルーツトマトです。

IMG_0899.jpg


IMG_0900.jpg

中身はこんな感じで、蟹やアボカドが入っています。
さっぱりしていて美味しい。

周りの緑の点々は、アミューズ・ブーシュと同じです。
なんのソースだったっけ?


IMG_0901.jpg

パンのワゴンです。
今回は新作が2種。
左の渦巻きがアンチョビのパンと、真ん中の山の右がブラックオリーブのパン。

もちろん新作を二つともいただき、あとは定番のブリオッシュとバジルのパンをいただきました。
バターもすんごく美味いんです。


IMG_0902.jpg

ヴァンデ産フォワグラ ブランチャで焼き、ブラックチェリーのジュビレとアーモンドを添えて

こんな分厚いフォワグラもなかなかないですね!
お皿のデザインはアランシェフの手書きだそうですよ。
触ってみたら消えませんでしたが、ゴシゴシやったら消えるそうです。(笑)

アランシェフは(もちろん)お会いしたことはないですけど、
お皿のデザインとかの遊び心やセンスがあって、目でも楽しませてもらっています。


IMG_0903.jpg

イサキ カリッとポワレし、ブイヤベースのエッセンスと水ナスのマリネ、
丸ナスのプレゼをあしらって


IMG_0904.jpg


IMG_0905.jpg

メインは特選和牛だったのですが、ラムが食べたくて事前にお願いしてしまいました。
仔羊肩ロース 乳酸菌入りマリナードでマリネしてからプレゼ、
ナヴァランの現代風仕上げに


わがままを言って正解でした!
あっさりしてて美味しいです。

プレゼ(蒸す)してあるからか柔らかくて臭みもなくて(臭みも含めて好きなのですが)
和牛の脂に堪えるようになってきた中年の胃にはピッタリです。


IMG_0906.jpg

わがままついでに「全体的に量を少なめに」とお願いしたおかげで、
いつもこの時点で『お腹パンパン!チーズなんてとても食べられません!』
といったことがなく、ほどよい満腹感。

ワインも残しておいたので、フロマージュをいただきます。


IMG_0907.jpg

臭い物好きなので、チーズはいつも山羊のみ。
それなのに名前は全然覚えられなくて…。

ちなみに一番左の薄い物が美味しかったです。


IMG_0910.jpg

相方が結婚記念日が近いことを伝えていたらしく、お祝いプレートをいただきました。
このチョコもうまいんだな!


IMG_0911.jpg

アバン・デセール
ルバーブ グレナデンでコンポート、ざくろのジュレとフロマージュブランのソルベ


IMG_0912.jpg

デセール
プラリネ ムースの中にピスタチオを詰め
アプリコットのコンポートとフレッシュ・アーモンドのグラスを添えて



IMG_0913.jpg

カフェはハーブティ (+1.000円)
今回はレモンタイム・レモングラス・パイナップルミント


IMG_0918.jpg

ハチミツはフランス産ハチミツを。
アカシアほどクセがなかったです。


IMG_0914.jpg

プチ・フール
ピスタチオのチョコ 柚子のマカロン ヌガー


IMG_0915.jpg

最後の最後まで美味しくいただきました。
満足満足です! 



テーマ : フレンチ ジャンル : グルメ

16:30  |  ガストロノミー・ジョエル・ロブション  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.07.12 (Thu)

海峯楼 風科編

2011年7月に宿泊したときの記録です。

海峯楼の詳細は、2012年7月の宿泊記録に載ってますので、
コチラをご覧ください

海峯楼・誠波
お部屋編  アメニティ編  温泉編  食事編  朝食編


IMG_9170.jpg

この時は、ラグジュアリースイートのもう一つの部屋「風科(ふうか)」
のお部屋に宿泊しました。


IMG_8699.jpg

ベッドサイズはどちらも同じです。
ツインにもダブルにもできて、画像のダブルサイズで幅300×220です。
幅3メートルって!!


IMG_8701.jpg


IMG_8702.jpg


IMG_8703.jpg


IMG_8704.jpg


IMG_8707.jpg


IMG_8708.jpg

この位置まで来ると、右に別の旅館が見えます。
こちらから見えるということは、向こうからも見えるということですね。

私のようにリラックスしているときは浴衣の裾とか全然気にせず
足をお行儀良く揃えて座ることができない大人は要注意です。


IMG_8710.jpg


IMG_8711.jpg


IMG_8713.jpg


IMG_8715.jpg


IMG_8734.jpg

この時も、お食事はウォーターバルコニーでいただきました。


IMG_8735.jpg


IMG_8720.jpg


IMG_8722.jpg

前菜
鱧白焼きとろろ掛け 玉蜀黍豆腐 地鯵握り寿司 
ベルギーエシャロット鴨味噌 毛蟹琥珀ジュレ 鯱男爵焼き
伏見射込み鱧子寄せ



IMG_8725.jpg

煮物椀
鱧吉野葛打ち 紫うどん 縞ささげ
短冊人参 柚子 梅肉



IMG_8726.jpg

造里
鮪 縞鰺 巻き海老
あしらい 山葵 白ポン酢 醤油



IMG_8728.jpg

炊合
三浦冬瓜釜蒸し生姜餡 鮑柔煮 賀茂茄子オランダ煮


IMG_8729.jpg


IMG_8730.jpg

特選
黒毛和牛炭火焼き ズッキーニ アスパラ照焼き
大椎茸 岩塩 山葵 葱ポン酢



IMG_8731.jpg

食事
鮎御飯釜炊き 梅紫蘇


IMG_8732.jpg

水菓子
ライムシャーベット 桃 西瓜 巨峰
白ワインジュレ 葛切り



IMG_8739.jpg

こちらは朝食です。



海峯楼の詳細は、過去記事をどうぞ

海峯楼・誠波
お部屋編  アメニティ編  温泉編  食事編  朝食編




テーマ : 国内旅行 ジャンル : 旅行

11:53  |  熱海・海峯楼  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.07.12 (Thu)

吉兆 嵐山本店

星のや京都の夕食として、吉兆嵐山本店へ行ってきました。

が、一年前なので正直に申し上げると何を食べたのかまったく覚えていません。
写真も全部撮れているのか…?
と不安がよぎりますが、なかなか行けないところに行けたので、
写真だけでもアップしてしまおうかと思います。


星のやさんから船と車で送っていただき、
和食界の最高峰とでもいうべき嵐山吉兆へいざ!!



IMG_0890.jpg

これは、鱧ですねきっと…。

ところで嵐山本店の料金形態は、一部設定はあるものの上限がありません。
「一人10万出します」と言ってもOK
品数が変わらなくても一つ一つの料理のレベルが上がるそうです。

今回は一人55.000円でお願いしました。
いやらしい話ですが、何かの参考になれば幸い。


IMG_0892_20120717212614.jpg

これはお造りかな?

あと、料理が始まる前に出汁を一口いただき、塩加減を確認しますが、
ここは薄かったら薄い!濃かったら濃い!と正直に言った方がいいです。


IMG_0893_20120717212614.jpg


IMG_0894_20120717212613.jpg


IMG_0895.jpg


IMG_0896_20120717212613.jpg


IMG_0897_20120717212613.jpg


IMG_0898_20120717212613.jpg


IMG_0899_20120717212835.jpg


IMG_0900_20120717212835.jpg

始めて行った嵐山本店。
他のお客様の声がまったく聞こえず、とてもサービスの行き届いた仲居さんと
私たちの会話のみが広いお部屋に響くという異次元を体験してきました。

まぁざっくり言ったら「緊張しました!」ってことなんですけど、
慣れ親しんだ感じで嵐山本店に出入りできるような中高年になりたいです。

吉兆は食べるだけじゃなくて、私たちの気がつかないところで様々なサービスがあるし、
器もすばらしい物ばかりなので、今後はその辺もリサーチしてご紹介できればと思います。


もう一度チャレンジするぜ!嵐山吉兆!!

京都 吉兆 嵐山本店懐石・会席料理 / 嵐山駅(京福)トロッコ嵐山駅嵐電嵯峨駅

夜総合点★★★★ 4.0

テーマ : 日本料理・寿し・割烹料理 ジャンル : グルメ

10:57  |  京都・嵐山吉兆  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.07.12 (Thu)

星のや 京都

2011年8月の宿泊になりますが、星のや京都へ行ってきました。

当時はブログを書くとは思わなかったので、ただ写真を撮ってきただけですが、
せっかくこうしてブログを始めたので、過去の記録も少しずつ出してみようかと思います。

今現在の情報とは違うかも知れませんので、
その点はご容赦ください。

IMG_0886.jpg

宿へは大堰川(渡月橋を挟んで上流が大堰川、下流が桂川)を
渡し船で10分ほど遡って行きます。
渡月橋のふもとにあるこの看板が船着き場の目印です。


IMG_0857.jpg

渡月橋と天龍寺周辺


IMG_0873.jpg

10分ほどで宿に着きます。
お部屋は119号室


IMG_0871.jpg


IMG_0861.jpg

窓が二面に開いて、とても明るいです。


IMG_0858.jpg


IMG_0862.jpg

ネスプレッソのマシーンが置いてありましたが、1個(1杯)200円!
高いので飲みませんでした。


IMG_0863.jpg

お風呂は内風呂で、温泉ではありませんでしたが入浴剤が置いてありました。


IMG_0865.jpg


IMG_0866.jpg


IMG_0877.jpg

30分おきにトロッコ列車が通っていきますが、わざわざ宿の前で止っていきます。
何か宿の説明をしているのか分かりませんが、
列車のお客さんは宿を見て、宿のお客さんは列車を見ているなんて、
想像したらちょっと笑えました。


IMG_0880.jpg


IMG_0881.jpg

ラウンジがあり、本や雑誌、コーヒーもここなら無料で飲めました。
お茶菓子もあって、リラックスするには十分です。


IMG_0913_20120717213301.jpg

ここ星のや京都には自由に食事を選べるようにと、朝夕食は付いていないのですが、
別注でお願いすると、この右の建物でお食事が楽しめるそうです。

私たちはせっかく嵐山まで来たのだから、と吉兆嵐山本店へ行くことにしました。
その記事はコチラでご紹介しています。


IMG_0916_20120717213301.jpg

しかし朝食だけはお願いしました。
お部屋まで持ってきていただいて、渓谷をながめながらいただきましたが、
京都の薄味は東京の者には薄すぎました…。
「醤油ない?醤油!」って感じ。


星のや京都にテレビはないんですが、テレビっ子の相方はipadを持参し、
なにやらネットにつなげて見ていましたよ。

星のやに行きたいんだけどテレビも見たい!という方、
私に指南はできないんですが、どうにかしたら見られるようです。





星のや 京都旅館 / トロッコ嵐山駅

夜総合点★★★★ 4.0

テーマ : 国内旅行 ジャンル : 旅行

10:30  |  京都・星のや  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.07.07 (Sat)

海峯楼Ⅴ 朝食編

最後は朝食編です。

時間は8時半からお願いしましたが、チェックアウト(11時)をしてから
朝食をとることもできるそうですよ。


IMG_9243.jpg

モーニングジュース


IMG_9245.jpg

和食


IMG_9246.jpg


IMG_9247.jpg


IMG_9248.jpg

御飯のお供がいっぱいあって、すんごく美味しかったです。
お米も釜炊きで全部食べてしまいそうでした。


IMG_9250.jpg

相方は洋食
写真はこれしかないですが、もっともっとありましたよ。


IMG_9256.jpg


IMG_9259.jpg


IMG_9262.jpg

飛んでいるのはスワローズたちです。
部屋の前を何度も飛んできては水を飲んでいました。

写真に全然撮れなくて、これが精一杯。


IMG_9283.jpg

チェックアウトは11時なんですが、以前いただいたチケットを使って
レイトチェックアウトの12時にしてもらいました。

朝食を食べてから部屋でボーッとして、お昼までなにもしないなんて、
贅沢に時間を使わせてもらいました。


IMG_9284.jpg

来訪の際、この道がちょっと分かりづらいんですよね。
本当は反対側から来るんですが、写真を撮りそこなったので帰り道に撮影しました。
次回行ったときのための備忘録的な写真なので、読み捨ておきください。



今回は2回目でしたが、サービスも過剰ではなく、ほどほどの距離を保って接してくださいます。
こちらからの問いかけには誠実に答えてくれますが、質問はまったくない感じ。
お忍びで来る方も多いのかな~とオバさんは想像を膨らませてしまうのです。

また行きますよ!海峯楼!


テーマ : 国内旅行 ジャンル : 旅行

21:47  |  熱海・海峯楼  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.07.06 (Fri)

海峯楼Ⅳ 食事編

おたのしみの夕食です!

食事は、
・1階大広間「楽精」(5人以上)
・2階ダイニング
・3階ウォーターバルコニー(ラグジュラリースイートのみ一日一組)
・お部屋食(ラグジュアリースイートのみ)
・車で10分ほどの熱海ふふで鉄板焼き

この中から選べるそうですが、せっかくなのでウォーターバルコニーをチョイス。


IMG_9165.jpg


IMG_9166.jpg


IMG_9167.jpg

周りから丸見えだと思いますが、案外気になりません。
それよりも景色がキレイだし、夏は花火が見られるそうですよ。

ちなみに椅子は20キロあるそうです。
一度座ったら自分ではなかなか椅子の位置を直せないので要注意!
立ち上がるのも難しいかも。


では、さっそくお食事です。
飲み物はドンペリをたくさんいただいたので赤ワインを。
シャトーラグランジュ ハーフボトル・12.000円


IMG_9213.jpg

前菜です。


IMG_9214.jpg

もずく掻き揚げ 枝豆の包み揚げ


IMG_9217.jpg

大仙鶏塩焼き


IMG_9218.jpg

焼き無花果胡麻クリーム


IMG_9219.jpg

金時草浸し


IMG_9220.jpg

鮎焼き寿司


IMG_9221.jpg

鱚(きす)一夜干し霙(みぞれ)和え



IMG_9224.jpg

お椀 
鱧と蓮根餅  蓴菜(じゅんさい)  冬瓜  人参
梅肉  柚子



IMG_9225.jpg

お造り
本鮪 赤羽太 才巻き海老 鯵 蓮芋 海葡萄 
寄せ醤油 白ポン酢



IMG_9230.jpg

いい感じに周りが暗くなってきました。


IMG_9229.jpg

炊き合わせ

ラグジュアリースイートのお客には「特選の一品」が付きます。
今月は松阪牛のしゃぶしゃぶだそうです。

他、浜防風 ズッキーニ 湯葉 ポン酢 胡麻だれ


IMG_9231.jpg


IMG_9232.jpg


IMG_9233.jpg

料理長さんからの一品
ということで、すっぽんの煮こごりをいただきました。

これはプランに付いているのか?サービスなのか?
分かりませんが、いただいたものは素直にちょうだいします。


IMG_9234.jpg

強肴
穴子の実山椒焼き 加茂茄子



IMG_9235.jpg

食事
毛蟹御飯釜炊き 生姜餡 三つ葉 合わせ味噌仕立て 香の物



IMG_9236.jpg


IMG_9238.jpg

水菓子はお部屋でいただきました。
夏果実のアールグレイ仕立て 桃コンポート ピオーネ
パッションフルーツシャーベット 葛切り



料理長さんは吉田亘さん。

しゃぶしゃぶ辺りでお腹がいっぱいになってきましたが、
あとは軽い物だったので、するすると入っていきました。

美味しかったなー。
同じ物が家でも作れたらなーと思いながら食べました。
無理ですけどね。


次は朝食編です。


テーマ : 国内旅行 ジャンル : 旅行

23:57  |  熱海・海峯楼  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT>>