FC2ブログ
2020-02- / 01-<< 1234567891011121314151617181920212223242526272829>>03-

2018.09.02 (Sun)

宿泊10回目 伊豆高原きらの里   長男 国家試験に落ちる

伊豆高原にある、きらの里へ行ってきました。
なんと今回で10回目の宿泊!

きらの事なら何でも聞いて v(*'-^*)

とは言いませんけど、だいたいのことは分かるかもしれません。

記念すべき10回目ということで、お宿からなにかサプライズが!
と思ったけど、それもありませんでした。

5DM40351

今回の宿泊はDMが届きまして、
2回以上宿泊のリピーター特典として、

①チェックイン通常15時が14時、アウト11時が12時
②金目鯛の煮付けorなんだったか忘れたけど、お好きな方を夕食時にサービス
③夕食時間を事前に決定できる
他にもあったと思いますが、DMを提出してしまったので、もう分かりません。┐(´-`)┌

特に③は魅力的です。
夕食は2部制で、17時半か20時から選ぶんですが、
きらの里のターゲットはファミリー層なので、17時半に人気が集中。
あっという間に満席になってしまいます。

それをあらかじめ決定できるのは、とても魅力的(*´∇`*)


5DM40411

作務衣がズラッと並んでいますが、サイズは各種あります。
SMLだけじゃなく、1歳くらいの幼児も同じ作務衣を着ていたりするので、豊富すぎるくらいです。


5DM40370

5DM40365

今回は山の音(やまのと)に宿泊します。
料金は一泊二食@15,000円


5DM40357

ちょっとー!
写真撮るからどいてー!

と言っても動かない男三人衆。(相方・長男・次男)


5DM40360

それというのも、この日は甲子園の決勝だったのです。
大阪桐蔭vs金足農業が戦っています!

子どもたちは野球少年でしたし、
相方は審判とかやりましたし、
私もスコアラーとかアナウンスとかやりましたので、
みんなが各々、それぞれの楽しみ方で観戦しました。


5DM40358

4人で宿泊ですが、ベッド3台、布団も2組ありました。


5DM40361

5DM40362

5DM40371

夏祭りが開かれています。


5DM40372

射的やかき氷、流しそうめんなどがありますが、今回は全然参加しませんでした。
子どもたちが大きくなったというのもありますが、
16時に長男が受けた航空無線なんちゃらの国会試験結果発表が待ち構えていたんです。

航空操縦訓練のための留学が控えているので、
これは早めにパスしておきたいところです。
というか、パスしないと留学できません。

パスしないといけないのは、航空無線なんちゃらだけじゃなくて、
あと2種類くらいあるみたいですけど、
来年の春までに全てパスできなかったらいろいろ大変。

ネットで結果が分かるというので、HPを開いて待ちますが、

「ない…俺の番号が、ない…( ̄▽ ̄;)」

となりまして、夏祭りどころじゃなくなりました。

本人はショックを受けているので笑い飛ばせる雰囲気じゃないし、
相方は「次がんばれ~」と呑気だし、次男は結果よりYouTubeに夢中だし、さぁ、どうしたもんか。

心配しましたけど、
「今まで試験とか順調に来ちゃったから、ここにきて挫折が経験できてよかった」
と前向きな意見が聞けたので、まぁヨシとします。
ヨシじゃないけど。


5DM40375

夕食の時間になったので、食事処へ向かいます。
食事は海鮮と溶岩焼き(肉)から選べますが、今回は溶岩焼きにしました。


5DM40377

食膳酢  果実のお酢
前菜  
鱧と榎の紀州蒸し  梅肉  法蓮草おひたし  ドライ無花果  糸がき
胡麻豆腐  山葵ジュレ  胡麻醤油


5DM40378

凌ぎ
鯛の昆布締め寿司  酢蓮根

先椀
玉蜀黍の冷製スープ


5DM40381

御造り
季節のお造り盛り合わせ  芽物一式


5DM40383

リピーター特典の金目鯛の煮付け


5DM40385

炊き合わせ
冬瓜スープ煮  南瓜レモン  里芋  川海老  青味


5DM40386

主菜
お肉の溶岩焼き  お野菜
お肉は牛・豚・鶏と各種あります。

焼いている写真は撮り忘れ…。


5DM40388

選べる小鉢は三種から
① 栄螺と長芋 順才
② 鰊茄子
③ 鯵フライ

写真は①栄螺と長芋 


5DM40389

食事も三種類から選べます
① 桜海老と新生姜の炊き込みご飯
② 冷たい稲庭うどん 天婦羅 薬味
③ 塩鰹茶漬け

写真は②稲庭うどん


5DM40391

水菓子で終了です。


5DM40397

そして、22時には夜泣きそばのサービスが始まります。


5DM40398

これがなかなかおいしくて、毎回欠かさず食べてきます。
なんてことないラーメンなんですけど、スープも麺も、とてもおいしい。


5DM40402

朝食です。
和食か朝食から選べます。

以前は適当な時間に行って食べることができましたが、
今回は時間をあらかじめ決めなくてはならないシステムに代わっていました。

目が覚めたら朝風呂に入って、そのまま朝食という
時間に制限のないところが気に入っていましたので、これは残念。


5DM40404

ところで!

旅館やホテルに行ったとき、朝は浴衣派ですか?それとも洋服派ですか?
私は断然浴衣派(さらにノーメイク)なんですが、絶滅危惧種になってきたような気がします…。

最後の一人になるまで浴衣派で頑張りますけど、
あまりにも昭和の遺産っぽくて痛くなったらやめます。
不本意だけど…。


5DM40406

朝食時にはリスがよく来るんですが、
今回はこの一匹しか現れませんでした。


IMG_4672

以前は緊張感のないリスを鑑賞しながら朝食が食べられたんですけどね。
(写真は5年前)









次回、航空無線の国家試験は2月!
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると更新の励みになります。
よろしくお願いします!


スポンサーサイト



09:39  |  伊豆高原・きらの里  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.08.14 (Sun)

八幡の温泉郷 杜の湯 きらの里 2016年8月

伊豆高原にある、きらの里に行ってきました。

オープンして今年10周年になるそうですが、我々も再訪を繰り返すこと9回目。
初回は何年前か覚えていませんが、子供たちが小さい時にハマって通い詰めた宿です。

今回も小さいお子様をたくさん見かけましたが、子連れにはピッタリです。
宿でのんびりというより、様々な仕掛けで楽しむお宿なので、飽きません。

交通手段は車か電車ですが、電車だと伊豆高原駅まで宿のマイクロバスが運行しています。
今まで2回くらい乗りましたが、たしか予約は不要だったはず。

チェックインは15時ですが、先着順で夕食の時間が決まるので(17時半と20時の二部制)
希望の時間がある方が15時に集中し、とても混み合います。
上記のマイクロバスが到着すると、特に混み合って大変な騒ぎに。


blog00001824.jpg

直近だと今年の4月に再訪していますのが、前回は「山の音」という広めのお部屋に宿泊(画像上方)
でも今回は、離れの露天風呂付客室、「竹ぶえ」に宿泊。お部屋は空の102号室(画像右下)

夕食の時間を予約し、部屋の鍵と地図を受け取って自分たちで歩いていきます。


blog00001825.jpg

夏に訪れたのは久しぶりですが、イベントが開かれていました。
子どもたちが気になったのは、里山屋台。
射的とかがありましたが、かき氷が有料になっていました。

以前は大人は1杯だけですが、子どもは無制限で無料。
結構これを楽しみにして行ったのにぃ、有料だなんて!

冬には焼き芋が配られますが、これもそのうち有料になっちゃうのかしら…。

あとは流しそうめん。
私は未体験でしたので、半分くらい、これが目的で行ってきました。


blog00001828.jpg

こちらは大浴場。

寝湯とかうたせ湯とか、様々な種類のお風呂があって楽しめます。
施設内、段差がありますが、たしか一番高いところは源泉掛け流しだったはず。

湯上りは、宿泊当日はヤクルト
翌朝になると瓶牛乳に変わっています。

子どもたちはこれが目的で、大浴場に通っていました。


blog00001832.jpg

うさぎ小屋もあります。


blog00001827.jpg

今回、ふれあいイベントが開かれていました。

そういえば以前は野放しにされていて、施設内でバッタリ出会うことがあったのですが
ここ数年、小屋の中でしか見なくなりました。
脱走しちゃうんでしょうね!


blog00001826.jpg

田んぼもあります。
稲の植え付けや刈り取りなども、季節が合えば体験できるようです。


blog00001815.jpg

こちらが今回お世話になるお部屋です。

正直言うと、お部屋は暗いです。
「もう少し明るくならないもんか」といつも思いますが、
露天風呂付客室がこちらしかないので我慢です。

前回宿泊した「山の音」は明るくて広いお部屋でした。


blog00001817.jpg

そしてあまり広くない。(笑)
でもこれをカバーしても余りあるほどの魅力があるので、通ってしまいます。


blog00001816.jpg

あらかじめ2組布団が敷かれていますが、不足分は自分たちで敷きます。


blog00001814.jpg

大浴場のほかに貸し切り風呂もあって、湯めぐり用に使う籠です。
貸し切り風呂は空いていればいつでも使えるシステム。
3か所あって、予約不要です。
でも洗い場はないので、ご注意。


blog00001818.jpg

洗面所
暗いですね~(笑)
お化粧とかはできない感じです。

写真はないですが、トイレも暗いですよ。


blog00001819.jpg

そしてこちらが客室露天風呂。
二人で入るには狭いですが、小さなお子さんだったら3人で入れるかも。
源泉掛け流しです。


blog00001820.jpg

シャンプー類も置いてありますが、
シャワーブースとかのない屋外なので、冬はめっちゃ寒いです。


blog00001821.jpg

アメニティは基本のみ。
基礎化粧品なんてシャレたものは置いてありません。
大浴場に行けば、ありますけどね。


blog00001822.jpg

水屋


blog00001823.jpg

冷蔵庫は水だけ置いてあります。(無料)
でもスペースがあるので、持ち込みしても十分置けます。
写真のビールも持ち込みです。


blog00001829.jpg

縁日の料金表です。
通貨の単位は円ではなくて「きら」

100きら=100円です。
ということは、かき氷が300円!
無料だったのに~。

チケットは帳場で購入できます。
100円で100きらですが、
1000円まとめて購入すると1100きらと、少しお得。


blog00001830.jpg

17時から流しそうめんが始まりました。

館内は、作務衣で過ごせますが、1歳くらいの子まで作務衣を着ていて、
「こんな小さなサイズまであるんだ!」とビックリ。
きらの里のターゲットは、やっぱりファミリー層なんだなぁ。


blog00001831.jpg

小さい子は当然ながら背が届かないので下流に集まります。
なので大人は上流に行くんですが、逆に小さい子が下流で待っていると思うと食べられない。
宿の方が下流の子供たちのために、途中から流していましたけどね。

そうめんは一口サイズで流れてきていたので、取りやすい。
17時から始まって最初は見ているだけでしたが、17時半前には空き始めたので(夕食の一巡目が始まるから)
2口くらいいただきました。
流しそうめん、無事に初体験完了です。


blog00001833.jpg

で、我々も17時半からの夕食に出かけます。
夕食はお肉と海鮮から選べますが、今回は海鮮をチョイス。


blog00001834.jpg

2巡目が20時からなので、テンポはとてもよい。
スタッフもたくさんいて、サービスはいい方だと思います。


blog00001835.jpg

前菜
穴子の八幡巻き木の芽焼き  〆鯵小袖寿司
川海老  谷中生姜  辛子蓮根


blog00001836.jpg

無花果と御所麩の黒胡麻クリーム掛け


blog00001837.jpg

叩き芋と海老の涼風仕立  薄菜


blog00001838.jpg

食前酒


blog00001839.jpg

先椀
玉蜀黍の冷静スープ


blog00001840.jpg


blog00001841.jpg

お造り


blog00001842.jpg

焼物
鱸玉味噌焼き


blog00001843.jpg

主菜
海鮮しゃぶしゃぶ


blog00001844.jpg

伊豆は金目鯛がおいしいですよね。
魚介は当然ながら新鮮です。


blog00001845.jpg

趣味小鉢 3種類から選べました。

写真は豚角煮ですが、他には鰊茄子の煮物、夏野菜のバーニャカウダがありました。


blog00001846.jpg

食事も3種から選べます。

新生姜と桜海老の炊き込みご飯
冷たい稲庭うどんと天婦羅
海鮮出汁雑炊(雑炊は全員で注文)


blog00001847.jpg

水菓子



量は少ないです。
私たちでも足りないかな?と思うくらいでしたので、高校生の運動部系長男では全然足りない。
桜海老のご飯を、漫画のようにどんぶりで山盛りにもらい、なんとか満たされていました。


blog00001848.jpg

私たちがきらの里に通う、大きな理由の一つが夜泣きそば。


blog00001849.jpg

22時から無料で食べられますが、15分前くらいには人が集まり始め、番号札を受け取って待ちます。


blog00001852.jpg

なんてことないラーメンなんですが、これがおいしいんですよね~。
半玉程度なので、小腹がすいたときにピッタリ。
小腹がすいてなくても食べちゃいますけどね。


blog00001854.jpg

こちらは朝食で、和食と洋食から選べます。
周りを見渡すと和食を食べている方が多いかな?

朝食は時間指定ではなく、7時~9時半の好きな時間に行けます。
これもポイント高い!
目が覚めて朝風呂に入って身支度して、適当な時間に行けば食べられるなんて!

8時半過ぎに行くと、だいぶ空いてきます。


blog00001855.jpg

パンはお代わり自由。
ドリンクも、コーヒー、水出しアイスコーヒー、ジュース類がお代わりできます。


blog00001853.jpg

朝は、泳いでいるアマゴに餌やりができます。
蓋がしまっていますが、開けると餌があります。


blog00001856.jpg

ウサギのふれあいコーナーができていました。
リアルファーを触ってきましたよ!



次回はいよいよ記念すべき10回目の訪問ですが、来年の春くらいかな~。
子どもたちが一緒に旅行に行ってくれる間は、きらの里に通うことになりそうです。
それが過ぎたら孫を連れて行くのかな?(笑)


tag : きらの里 伊豆高原 宿泊記 子連れ 温泉 離れ 竹ぶえ 露天風呂

06:04  |  伊豆高原・きらの里  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.03.29 (Thu)

八幡の温泉郷 杜の湯 きらの里 Ⅱ

お待ちかねの夕食です。
きらの里では二部制をとっていて、一部は17:30~、二部は20:00~となっています。

私はもちろん一部を利用。(理由はあとで)

料理も海鮮料理と溶岩焼きを選択できるんですが、今回は溶岩焼きを選びました。



IMG_8211.jpg

先付

桜胡麻豆腐 山葵 桜葉



IMG_8209.jpg


IMG_8213.jpg

前菜

山菜と貝の梅酢ジュレ和え 飯蛸旨煮 一寸豆 桜鯛昆布〆木の芽寿司
〆玉と穴子の煮こごり より葱 桜鱒西京木賊焼き 諸胡瓜 金山寺味噌 百合根 



IMG_8217.jpg

先椀

白魚の若竹椀 春霞仕立て



IMG_8220.jpg

お造り

地魚盛り合わせ



IMG_8222.jpg

焚合わせ

里芋白煮 小茄子オランダ煮 桜麩



IMG_8224.jpg

主菜 溶岩焼き

ロース フィレ 肩肉 ポークロース 野菜いろいろ



IMG_8225.jpg

旬菜小鉢

地筍と新めかぶ 蛤の朧蒸し



IMG_8232.jpg

食事

冷やし桜蕎麦と山菜の天婦羅



IMG_8233.jpg

水菓子

季節のソルベ ブルーベリープリン 桜葉塩大福



そして、なぜ夕食を17:30からにしたかというと…

IMG_8234.jpg

22時から、屋台のラーメンが開かれるんです!



IMG_8238.jpg

温泉宿のラーメンと侮るなかれ、
これがなかなかどうしておいしい!

これを食べるために夕食を早め、昼食も早め、下手したら朝食は抜いてしまいます。



IMG_8250.jpg

朝食は洋食、和食から選べるんですが、私は毎回洋食です。
それはここの水出しコーヒーがおいしいから!

カフェイン中毒か?というくらい私はコーヒーが大好きなので、必ず洋食をチョイスします。
そして嬉しいことに、コーヒーはおかわり自由。



IMG_8251.jpg

パンもなかなかおいしいですよ。



IMG_8253.jpg

そして、きらの里では朝食の時間を7:30(時期によっては7時)から9:30まで
となっていて、その時間内ならいつ行ってもいいんです。

旅行に行って朝食の時間を気にしながら朝風呂に入ったりしなくていいんです。
目が覚めてひとっ風呂浴びて、身支度ができたら散歩しながら行けばいいなんて、
ホント嬉しいサービスです。

夏にはかき氷のサービスもあります。
大人は一人一杯に制限されてしまいましたが、子どもはたしか無制限。
これもおいしいので、おすすめです。

きらの里、これからも通うんだろうな~。



テーマ : 温泉宿 ジャンル : 旅行

22:40  |  伊豆高原・きらの里  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT>>