FC2ブログ
2020-02- / 01-<< 1234567891011121314151617181920212223242526272829>>03-

2018.04.18 (Wed)

WITH THE STYLE FUKUOKA ダブルキングタイプ宿泊記

たしか…

WITH THE STYLEの記事を2週間前に書いたような気がするんですが、
今、再びWITH THE STYLEの記事を書いています。

何か書き残したことがあるとかそういうんじゃなく、
ただ単に福岡に行く用事ができたので、
また泊まっちゃったってだけの話なんですけどね。(´-`)

「もしかしたら前回とまったく同じ部屋かも」と相方に言われ、
”それじゃブログ書けないじゃん”なんて考えていましたけど、
違う部屋に案内してもらえたので、こうして無事にブログ記事にできました。


IMG_2473.jpg

全16室すべてがスイートで、チェックイン16時 アウト14時

お部屋タイプは5種類
ダブルクイーンタイプ 45,200円 ←前回ここ
コーナーダブルクイーンタイプ 52,480円
ツインタイプ 58,580円
ダブルキングタイプ 61,000円 ←今回ここ
ダブルスイートタイプ 85,430円 ←前々回ここ

今回は3階の一番奥の部屋(314だったかな?)でした。
エレベーターまで一番遠い部屋だったので、よく歩きました。

お部屋の真ん中には水回り(バス・トイレ)が配置されています。


IMG_2474.jpg

お部屋に入ってすぐソファ。


IMG_2477.jpg

IMG_2478.jpg

IMG_2480.jpg

IMG_2506.jpg

IMG_2508.jpg

お部屋の前にはモッコウバラがキレイに咲いていました。(*´∇`*)
東京ではまだ見ないので、やっぱり福岡のほうが暖かいのかな。

「花はチューリップとひまわりしかわからない」
という相方は、まったく興味なし。
ったく。5歳くらいから人生やり直せばいいのに。


IMG_2507.jpg

前回の記事でも書きましたが、テラスに出ると、他の部屋への行き来ができてしまいます。
そして今回気づきましたが、夜になって部屋のあかりが灯ると、中がよーく見えてしまいます。

裸で歩いていたら「ギャー!(゚Д゚;)」ってなりますね。
私じゃなく、見てしまった人が。
ご愁傷様。


IMG_2488.jpg

今回も一休.comからの予約特典で、チロリアンが置いてありました。


IMG_2483.jpg

IMG_2484.jpg

IMG_2482.jpg

IMG_2481.jpg

冷蔵庫内は無料です。
そしてこちらも一休からの予約特典で、
通常シャンパンはハーフのところ、フルボトルになっています。


IMG_2487.jpg

「ジェンガだ!ジェンガがあるよ!」
見つけたときは盛り上がったけど、口ばかりで一度もやらず。


IMG_2490.jpg

WITH THE STYLEのラウンジは、とても使いやすいです。
今回は、これしか写真は撮ってきませんでしたので、
過去記事を参考にしていただけると幸い。

下の写真は、朝食メニューです。
今回は、しっかり朝食をいただいてきました。
(サムネイルを利用しようと思ったらできませんでした。FC2サムネイル使えなくなったのかなぁ…)

IMG_2499.jpg

IMG_2500.jpg

IMG_2501.jpg

IMG_2502.jpg

この中から好きなものを選びますが、
好きなだけ食べたり飲んだりできるようです。


IMG_2496.jpg

まずはエッグベネディクトをお願いしますが、

IMG_2503.jpg

追加でフレンチトーストもいただきました。
「おかわりいかがですか~?」と声をかけてもらったので、
まだまだいけるっぽいです。


IMG_2498.jpg

朝食は7-13時で、何時に行ってもOKです。
食べても食べなくてもOKです。

今回は12時頃に行ったら3組くらいいらっしゃいました。
やはり皆さん、朝はゆっくりしたいですよね。



WITH THE STYLEは2週間前に記事にしたばかりなので、
ザックリとした内容になり、手抜き感が見え隠れするかもしれませんが、
それは気のせいです。






だいたいいつもこんなかんじ。
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると更新の励みになります。
よろしくお願いします!


スポンサーサイト



10:56  |  福岡・WITH THE STYLE FUKUOKA  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.04.05 (Thu)

WITH THE STYLE FUKUOKA  ダブルクイーンタイプ宿泊記

博多駅から徒歩7分にある、WITH THE STYLE FUKUOKAへ4年ぶりの宿泊です。
過去2回宿泊したときも、良いホテルだな~と思ったんですけど、
今回、改めて良さを噛みしめてきました。

未だに当ブログへ検索でいらっしゃる方が絶えない理由もわかります。
本当に良いホテルでした。(*´∇`*)

IMG_2219.jpg

全16室すべてがスイートで、チェックイン16時 アウト14時

お部屋タイプは5種類
ダブルクイーンタイプ 45,200円 ←今回ここ
コーナーダブルクイーンタイプ 52,480円
ツインタイプ 58,580円
ダブルキングタイプ 61,000円
ダブルスイートタイプ 85,430円 ←前回ここ(記事はコチラ


IMG_2269.jpg

今回は、ダブルクイーンタイプのお部屋に宿泊
各お部屋、それぞれ趣向を凝らした造りになっているので、
全室制覇する方もいらっしゃるそうです。


IMG_2228.jpg

お部屋の広さは、37.3㎡ 
なんとなく赤いのは、オレンジのサンシェードによるもの。


IMG_2230.jpg

IMG_2223.jpg

全室禁煙ですが、テラスでは喫煙可だそうです。

ご近所のテラスが丸見えですが、さらに移動も自由にできてしまいます。
写真右の植え込みの向こうは隣室です。
災害時の避難経路としてはアリだけど、不思議な感じ。

なので場所によってはお部屋がチラリと見えてしまうかも。
気になる方はご注意を。


IMG_2234.jpg

IMG_2226.jpg

IMG_2235.jpg

右奥がお手洗い。右手前はバスルーム
左奥はクローゼットですが、


IMG_2236.jpg

両側から扉が開く優れもの。
パジャマとガウンが準備されていますが、どちらもオシャレでした。


IMG_2239.jpg

アメニティはトランキリティ

ココナッツの香りがするので、目を閉じると気分はハワイ。
でも目を開けると福岡。( ̄▽ ̄)


しかし、ここで事件が発生!
シャンプーとコンディショナーを取り間違えてしまい、コンディショナーが足りなくなってしまった!

「フロントに電話して持ってきてもらう?」
「そうして!女子がシャンプーだけとかありえないー!」

と、相方に電話してもらうこと数分。
あっという間に持ってきてもらえました。

追加料金発生するかしら?と思ったら、それもなし。
あ…ありがてぇ。


IMG_2241.jpg

洗面台の引き出しです。


IMG_2242.jpg

基礎化粧品も準備はばっちり。
これは使い間違えなかったので大丈夫でした。ヾ(´ε`*)ゝ


IMG_2232.jpg

ドリンク類は無料です。
チロリアンは一休.comの特典でした。

チーローリアーン♪ってCMありましたよね。
懐かしい。

チロリアンって福岡銘菓なんですね。
今でもCMやってるのかしら。


IMG_2247.jpg

IMG_2245.jpg

冷蔵庫内のドリンクも、アルコール含めすべて無料です。
シャンパンはフルボトルですが、これも一休.com特典で、
本来はハーフサイズだそうです。

でもこれで驚くなかれ。
ラウンジは、もっとすごいのです。


IMG_2272.jpg

ペントハウスと呼ばれる宿泊者専用のラウンジです。

16-24時がウェルカムサービスとして、ドリンクやフィンガーフードが用意され、
7-13時(13時!)には朝食サービスがあります。


IMG_2274.jpg

16室もあると言うべきか、16室しかないと言うべきか分からないけど、
過去2回の宿泊も含めて、他の宿泊客とあまり会った記憶がありません。

今回も16時から18時半まで2時間半もいたけど、私たち以外1組しか来なかった。
スタッフもほとんど来ず、扉の向こうにいるんだろうな~くらいの存在感だけなので、のびのび利用できます。

至れり尽くせりでドリンクを聞きに来てくれるサービスもいいけど、
こういう放っとかれ感もいいわぁ。


IMG_2251.jpg

ポテチは分厚いやつね。
自分じゃ絶対買わないやつ。


IMG_2252.jpg

ロリポップっぽいけど、飴じゃなくてチョコレート。
中はマシュマロかな? ふわふわしていました。


IMG_2253.jpg

IMG_2254.jpg

IMG_2258.jpg

IMG_2255.jpg

写ってないですけど、シャンパンもありました。


IMG_2260.jpg

IMG_2263.jpg

よく知っているレコードばかり。
聴けるのかな?


IMG_2267.jpg

朝食は今回利用しなかったので、前回の記事をご参考にしていただけると幸いです。(コチラ
なんか気楽に行ったら、割としっかりしたエッグベネディクトが出てきてビビった記憶あり。


IMG_2220.jpg

夜にはバーにも行ってみました。
写真は昼間ですが、雰囲気は昼も夜もオシャレ。


IMG_2283-1.jpg

カウンターは面白いですね。
お酒は詳しくないので、見た目おいしそうなものを作っていると「次はあれを飲んでみよう」となります。
見た目は大事です。


IMG_2282.jpg

なので見た目でモヒートを選びました。
ミントたっぷりで清々しい!


IMG_2287.jpg

3回目の宿泊ですが、食べ物重視の私たちにとって、
ラウンジが充実していたり冷蔵庫が無料だったりと、加点ポイントだらけで驚きますが、
チェックアウトが14時てすごくないですか?

14時ということは、朝食後二度寝三度寝するもよし、
午前中近所を散策して昼食を済ませてからチェックアウトするもよし。

普段の宿泊とは違った滞在ができそうですね!




<関連記事>
ドーミーインPREMIUM下関 宿泊記
寿司 仁
ふく料理しのだ
WITH THE STYLE FUKUOKA クイーンダブル宿泊記 ←今ここ
水炊き料理 華味鳥






ブログランキング参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします!


09:39  |  福岡・WITH THE STYLE FUKUOKA  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.05.01 (Thu)

WITH THE STYLE  FUKUOKA

福岡にあるアーバンリゾート、ウィズ・ザ・スタイル FUKUOKAに行ってきました。
立地としては福岡駅から徒歩7分 福岡空港からも車で15分と申し分ありません。
レストランやバーもあり、日中から賑やかな雰囲気のホテルでした。

宿泊施設は全16室。
ダブルスイートのお部屋に宿泊してきました。
チェックイン16時 アウト14時

DPP_0599.jpg

ホテルに一歩踏み込むと、ラグジュアリーな雰囲気に包まれます。
ラウンジやバーもあり、日中・夜と多くの方で賑わっていました。


DPP_0568.jpg

お部屋は401号室
広さは61m2 85.430円


DPP_0569.jpg


DPP_0570.jpg

引出の中は、簡単なケーブルと文房具。
デスクに大きな鏡があったので、ここでお化粧ができました。


img_plan_01.gif
(部屋の見取り図 HPより)


DPP_0571.jpg

ベッドサイズはキングサイズ(200×200)シモンズ社製だそうです。


DPP_0572.jpg

水回り

テレビはアップルTVが観られたんですが、
見終わってなかったLOSTにすっかりハマっちゃいました。

ネスプレッソのマシーンも置いてあり、冷蔵庫内のドリンクは無料
アルコールも置いてありました。
ミネラルウォーターも常備

ジェンガがありました。


DPP_0573.jpg

ipadで館内情報をチェックできます。


DPP_0575.jpg

アメニティ


DPP_0576.jpg

クレンジング、洗顔、化粧水、乳液

ミレニアムマザーというらしいですが、調べてみたら国内ブランドでした。
どうりで使いやすかったわけです。
たくさん残ったので、持ち帰ってきました。


DPP_0577.jpg

バスルームはとてもおしゃれ


DPP_0578.jpg

天窓が開いています。


DPP_0579.jpg

こちらのブランドは、エトロ
海外製はゴワゴワするかしら? と思ったけど洗い上がりはしっとり!
香りもとても良かったです。


DPP_0581.jpg

都心部のホテルだけあって、目の前は普通の景色


DPP_0582.jpg


DPP_0583.jpg

宿泊者限定のペイントハウスが利用できます。(ラウンジみたいなもの)
時間は朝食7~13時
ウェルカムサービス 16~24時
ライブラリータイム 24~7時


DPP_0584.jpg

フィンガーフード各種
左のポテトチップスが厚くて美味しかった!


DPP_0585.jpg

左上はキスチョコ


DPP_0586.jpg


DPP_0587.jpg


DPP_0588.jpg

奥にはジャグジーがありました。


DPP_0590.jpg

夜は「竹した」というバーで、アルコールサービスも受けられました。

DPP_0589.jpg


DPP_0591.jpg

朝はラウンジで朝食のサービスも受けられます。


DPP_0592.jpg


DPP_0593.jpg


DPP_0594.jpg


DPP_0595.jpg


DPP_0596.jpg


DPP_0597.jpg


DPP_0598.jpg

話題のお宿と聞いていましたが、館内設備はとても素晴らしかったです。

最初は若い子向けのホテルかな?と思っていたんですが、
洗練されたラグジュアリー感で、どの世代も楽しめる施設だと感じました。

お部屋はキレイだし、ラウンジの食事も美味しい。
手抜き感ゼロで、滞在時間も22時間と長い。


DPP_0600.jpg

レンタル自転車やWiiなども借りられるようなので、
それぞれの過ごし方ができますね。

テーマ : 国内旅行 ジャンル : 旅行

15:01  |  福岡・WITH THE STYLE FUKUOKA  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |