FC2ブログ
2020-07- / 06-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>08-

2013.07.06 (Sat)

箱根 花紋 六花(Rocca) 食事編

お楽しみの夕食です。

ここも正直そんなに期待はしていなかったのですが、
最後にはとんだ失礼なことを言ってしまったと反省してしまうくらい美味しかったです。

お部屋もよし、お料理もよし。
それなのに予約はとりやすい。

箱根では結構穴場かもしれません。

DPP_597.jpg

先付と前菜
 

DPP_598.jpg

冷酒をあわせていただきました。


DPP_599.jpg

お椀は鱧でした。


DPP_600.jpg

お造り

DPP_601.jpg

横から見ると金魚鉢。

DPP_604.jpg

そして中には金魚が!
遊び心満点です。


DPP_602.jpg

チェックイン時の宿帳に結婚記念日を記入するところがあって記入したんですが、
宿泊した日ととても近いということで、お祝いをいただいてしまいました。
ありがとうございます!
中はお赤飯でした♪


DPP_603.jpg

この雲丹もいただいてしまいましたー!


DPP_605.jpg

凌ぎは蓴菜でした。


DPP_606.jpg

焼き物は特選和牛

DPP_607.jpg

鉄板で焼いていただきます。


DPP_608.jpg

煮物は冷やしでした。
冬瓜と海老ゼリー


DPP_609.jpg

変わり皿というもの。
夏トマト クリーム焼き 帆立 蟹爪

ここでトマト?
と思ったんですが、美味しかったです。思わず笑ってしまったほど。


DPP_611.jpg

締めの食事はとうもろこし御飯でした。


DPP_612.jpg

デザート



そしてここからは朝食ですが、夕食よりもさらに美味しかったです!

食べながら相方が「たしかここの朝食は何かの一位をとったんだよなぁ…」
と漠然とした情報をくれたのですが、
楽天トラベルの朝ごはんフェスティバル2013で、おかず部門の一位を獲ったそうです。
(詳細はコチラ

どうりで美味しかったわけです。

というわけで、写真でご紹介。


DPP_613.jpg

DPP_614.jpg

このネバネバ三昧(と勝手に命名)
これが超美味しい!御飯何杯でもいけそうです。

DPP_615.jpg

DPP_616.jpg

DPP_617.jpg

干物はかます、かれい、エボダイ、アジから選べます。
写真はエボダイ

DPP_618.jpg

DPP_619.jpg

DPP_620.jpg

DPP_621.jpg

見た目どうってことない普通の朝食なんですけどね~(おっと失礼)
素朴なものが美味しいって、よっぽど良い食材を使っているんでしょうね。

残すのがもったいないのもあったんですが、なんとな全量摂取してしまいました。
こんなの初めて!


箱根でいい旅館を見つけました。
また必ず行きます!


箱根 花紋旅館 / 箱根湯本駅塔ノ沢駅

夜総合点★★★★ 4.1

スポンサーサイト



テーマ : 温泉♪ ジャンル : 旅行

16:10  |  箱根・花紋  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.07.06 (Sat)

箱根 花紋 六花(Rocca) お部屋編

DPP_566.jpg

ここは箱根でも珍しい自家源泉の宿。
2012年7月にオープンしたばかりの露天風呂付きデザイン客室、
六花(Rocca)に宿泊してきました。


DPP_595.jpg

その名の通り、全6室。
最上階に位置する特別室です。


DPP_594.jpg

時代を感じる玄関やロビーと違い、
エレベーターで5階に降りたとたん、雰囲気はガラリ変わります。
天井がとても高くて、左に写っているのはお部屋の出入り口(扉)です。

最初は昔ながらの旅館にありがちな、リニューアルの際に特別室を作って
頑張っちゃってます感たっぷりなお宿かと思ったんですが、
全然そんなことはありませんでした。

とても居心地が良く、大満足なお宿でした。


DPP_593.jpg

今回宿泊したのは、香(かおり)
広さ47.54m2 @35.000円 チェックイン14時、アウト11時
6部屋の中でも狭い方ですが、唯一お部屋から小田原の町並みが見える景色の良いお部屋です。

DPP_623.jpg

こんな感じで。


他のお部屋は

奏 74.12m2 足湯付き @40.000円
結 54.15m2 竹林側  @37.000円
想 68.33m2 足湯付き @40.000円
歩 43.26m2 竹林側  @35.000円
語 40.79m2 竹林側  @37.000円

詳細はコチラから。


他のお部屋も見せていただきましたが、やはり景色が良いのは香。
奏や想は景色が山だけですが、お部屋も広くて足湯もあって、次回はこちらに泊まってみたいです。

DPP_568.jpg


DPP_569.jpg

お部屋も天井が高いです。


DPP_570.jpg


DPP_571.jpg

テレビ横にあるのは、レトロな電話。
夕食・朝食の準備ができると電話がかかってくるんですが、
それがちょっと嬉しい。


DPP_573.jpg


DPP_574.jpg


DPP_575.jpg


DPP_576.jpg


DPP_577.jpg

飲み物は冷蔵庫も含め、すべてフリーです。


DPP_578.jpg

館内着はこの浴衣の他に作務衣とチェックイン時に選べる浴衣がありました。
浴衣は柄も帯も豊富で、選ぶのに迷ってしまうほど。

着方の図解も部屋に置いてあり、お願いすれば着付けもしてくれるそうです。
私は一度着たんですが、夕食でお腹がいっぱいになることを想像したら、それだけで苦しくなり、
写真だけ撮って作務衣に着替えてしまいました。


DPP_579.jpg

DPP_580.jpg

ウェルカムフルーツとドリンクです。


DPP_582.jpg

洗面所
棚には上から香水、男性用化粧品、女性用基礎化粧品、コットン類。

一番下にはロクシタンのボディクリーム。
初めて使いましたが、もんのすごいしっとりしてビックリ!
帰宅後購入してしまったほど、気に入りました。


DPP_586.jpg

シャワーブースは狭いです。
でもレインシャワーが付いていたのでOK!


DPP_587.jpg


DPP_590.jpg

トイレ


DPP_591.jpg

棚にはなにやら雑然といろいろな物が…。
こういうところをキレイサッパリしておいてくれると、ポイント高いんだけどな~。


DPP_589.jpg

露天風呂は源泉掛け流し。
贅沢です。


DPP_592.jpg

外から部屋の中をみたところ。


続きは食事編です。

テーマ : 温泉♪ ジャンル : 旅行

15:50  |  箱根・花紋  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |