FC2ブログ
2020-07- / 06-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>08-

2015.04.11 (Sat)

ピエール・ガニエール 黒トリュフ

だいぶ前の話になりますが、黒トリュフをいただいてきました。

5DM30151.jpg

まずはフォアグラのロワイヤル、ラングスティーヌのサルピコン
ピュイ産緑レンズ豆とマーシュサラダを添えて
フォアグラのテリーヌ フランボワーズ風味 ゲヴェルツトラミネールのジュレと共に


5DM30153.jpg


5DM30154.jpg


5DM30155.jpg

シャンパンの香る、フランス産平目のロースト
玉葱とベーコンのスミタン、芽キャベツを添えて


5DM30156.jpg

極上霜降り黒毛和牛フィレ肉のグリエ、カシスの香る根セロリのムースリーヌ
りんごのミ・セッシェ シナモン風味 ペリグーソースと共に
バターナッツのアイスクリーム、ココナッツのクランブルを添えて


5DM30157.jpg


5DM30160.jpg


5DM30159.jpg

タヒチ産ヴァニラ風味のビスキュイ・スフレ オリーブオイルをパルフェ・グラッセに
フルーツサラダとキャラメル・プール・サレのソースを添えて


5DM30161.jpg


5DM30165.jpg

だいぶ前に言ったので、写真とメニューだけですみません。


スポンサーサイト



15:23  |  東京・ピエール・ガニエール  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.01.25 (Fri)

ピエール・ガニエール

昨年も同じような時期に黒トリュフを食べに行きましたが、
今回も同じような目的で、ピエール・ガニエールに行ってきました。

他店でも黒トリュフをいただくことはありますが、
ここで食べるものはひと味違うような気がします。
まぁ旬がずれてたら、もちろん風味は落ちるんですけどね。


DPP_303.jpg

料金は一人@25.000円なので、みみっちいことは言わず、
ワインもマリアージュしていただきます。


DPP_304.jpg

バターはエシレ!


DPP_305.jpg

エシレだと聞いたら、どんどん食べたくなってしまいます。


DPP_306.jpg

前菜
冬野菜のヴルーテ(スープ)で、白人参、菊芋のポタージュスープ
上には黒トリュフのソース

 
DPP_307.jpg

合わせていただくのは生のぼたんえびで、黒トリュフをまとっています。
丸くくり抜いてあるのは大根、四角はソーテルヌのゼリー


DPP_308.jpg

こんな感じで二品一度に来ました。
合わせて食べるなんて贅沢だし、さすが旬!良い香りでした。


DPP_309.jpg

玉葱のペリグーとシャンパーニュでポッシェした北海道産牡蠣
黒トリュフはスライスされてきました。


DPP_310.jpg

柚子の香る国産とらふぐのポワレ、大麦のリゾットと共に
菜の花も添えられて春らしい一品です。


DPP_311.jpg

帆立貝のダミエ、舞茸のブイヨン


DPP_312.jpg

子羊のロースト、ロッシーニ風


DPP_313.jpg

モン・ドール
マーシュサラダとドライフルーツのマーマレード


DPP_314.jpg

小菓子


DPP_315.jpg

ビスキュイスフレ 
キャラメル風味のクレームグラッセ
沖縄産黒糖のガボット、リンゴのコンフィ


DPP_316.jpg

これでもか、これでもか!
とデザートが続きます。


DPP_317.jpg

最後にはお茶菓子も。
スイーツ好きにはたまりません。


ピエール・ガニエールは、トリュフが続いたので、次回は普通のメニューで行ってみたいと思います。
景色もいいし、サービスも満点。
きっと良い時間がまた過ごせることと思います。

テーマ : フレンチ ジャンル : グルメ

16:51  |  東京・ピエール・ガニエール  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.02.24 (Fri)

ピエール・ガニェール

IMG_0151.jpg

溜池山王にある、ANAインターコンチネンタル36Fのフレンチ、ピエール・ガニェールに行ってきました。


IMG_0148.jpg

まずはシャンパンをいただきながら、メニューを吟味。
今はトリュフが旬なので、トリュフコースをチョイス!  @25.000円


IMG_0157.jpg

前菜:黒トリュフに見立てたフォアグラのテリーヌ、ドライフルーツのマーマレードとソーテルヌのキューブとともに。

フォアグラが濃厚!


IMG_0158.jpg

魚:ひよこ豆の粉を纏わせたカサゴ、燻製したベーコンと玉葱、栗のペーストに、ヘーゼルナッツを添えて。

カサゴの上にかかっているのもトリュフソースだそうです。
右にある刻み海苔のようなものもトリュフ。
さすが旬だけあって、香りがハンパないです。


IMG_0170.jpg

フロマージュ


IMG_0161.jpg

IMG_0163.jpg

肉:特選和牛フィレ肉のグリエ、リンゴとラディキオのラヴィオリ、かぼちゃとセロリと共に。
(上写真、サーブ前 下写真、サーブ後)


スライスしたてというトリュフの香りが素晴らしい。
「トリュフってこういう香りだったのね」と堪能できるほど、サーブされた瞬間から香ってきます。


IMG_0172.jpg

IMG_0175.jpg

IMG_0178.jpg

IMG_0179.jpg

デセール:4種類  パンナ・コッタ  赤いフルーツサラダとパプリカのコンフィ  グラス・マスカルポーネ

デザート盛りだくさん! 大満足です。


P2240147.jpg

こちらはパン。
写真を撮り忘れましたが、バターはエシレです。



初めての訪問でしたが、さすが2つ星。
味は最高です!
ランチは4.000円からコースがあるらしいので、次回はもっとお手軽コースも試してみようかな。


ピエール・ガニェールフレンチ / 六本木一丁目駅溜池山王駅赤坂駅

昼総合点★★★★ 4.0


テーマ : フレンチ ジャンル : グルメ

21:41  |  東京・ピエール・ガニエール  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |