FC2ブログ
2020-02- / 01-<< 1234567891011121314151617181920212223242526272829>>03-

2016.11.20 (Sun)

ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブション 2016/11

六本木にあるロブションにランチで行ってきました。

訪問は実に3年ぶりで、前回は10周年記念のラガディナー。
すでに知ってる顔もなく寂しいような、でも誰からも話しかけられることもなくのんびりと食べられたような…。

席はほとんどがカウンター席なので、おひとり様もチラホラみかけます。
恵比寿のロブションで一人はナイけど、ここなら全然アリかな。
私も近所に住んでたら一人で来てみたいかも。


blog00002848.jpg

ランチコースは4種
MENU・A 8.800円 アミューズ・ブッシュ 前菜 スープ 主菜 主菜 デザート
MENU・B 6.800円 アミューズ・ブッシュ 前菜 スープ 主菜 デザート
MENU・C 4.800円 アミューズ・ブッシュ スープ 主菜 デザート
MENU・D 3.200円 アミューズ・ブッシュ 主菜
それぞれ最後、コーヒー・紅茶・エスプレッソが付きます。


今回オーダーしたのは、MENU・C
ロブションのスペシャリテである雲丹とオマール海老のジュレが恵比寿で食べられなくなったので、
こちらをアラカルトで追加オーダーしました。


blog00002840.jpg

車で行ったので、お酒は私だけいただきましたが
ヴーヴクリコのマグナムボトルも久しぶりにご尊顔を拝しました。

写真はこじんまりしていますが、ちゃんと二人分いただきましたよ。
私がさっさと食べちゃったんです。


blog00002841.jpg

雲丹とオマール海老のジュレをなめらかなカリフラワーのクレームで。 プラス3.500円

久しぶりにいただきましたが、やっぱりおいしいです。
オープンキッチンなので、この点々を作る作業もじっくり見られて面白かったし。


blog00002842.jpg

スープはカボチャです。


blog00002843.jpg

仔羊背肉のロースト クミンの香る茄子のコンポートとレモンのコンフィ


blog00002844.jpg

相方のメインは黒鱈です。


blog00002845.jpg

お口直しのシャーベット


blog00002846.jpg

デザート:なめらかなショコラのガナッシュ ビタークッキーでコーティングしたカカオのソルベと共に


blog00002847.jpg

チョコレートチョコレートしてて、めちゃめちゃ甘かったです。
甘いもの好きの相方も、最後は持て余すくらい甘かった。

最後はコーヒーをいただいて終了。
久しぶりに伺いましたが、1時間半くらいで食べ終わるので、忙しい時にもいいかも。




ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング参加中!
クリックお願いします。









ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブションフレンチ / 六本木駅乃木坂駅麻布十番駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6

スポンサーサイト



tag : 六本木 ロブション ランチ

13:57  |  ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブション  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.04.25 (Thu)

ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブション ガラ・ディナー

六本木にあるロブションの10周年記念ガラ・ディナーに行ってきました。
ロブション氏も来日予定だったのですが、体調不良でお目にかかれず…。

しかしロブション氏の右腕と言われるエリックシェフ、
六本木の初代シェフ須賀氏(料理の鉄人)恵比寿のアランシェフと、このお三方は揃ってて、
他にも恵比寿からシェフソムリエの信国氏を筆頭に、スタッフがたくさん。
「今日、恵比寿は大丈夫なんですか?」と聞いてしまったほど、応援スタッフがたくさんいました。

DPP_442.jpg

六本木は久しぶり。
席は端の方でしたが、全体が見渡せて意外と穴場でした。
カウンターだと隣の席の方が気になったりするんですが、ここだとそれもなし。
周りを気にすることなく、スタッフとの会話も弾みました。


DPP_443.jpg

「ラトリエと言ったら赤よね~」
と赤いワンピースを着て行ったんですが、お店に同化しちゃったりしなかったり。(汗)
ガラだったし、もっと素敵なドレスとか着ていけば良かった。(もってないけど)


DPP_444.jpg

あまおうのガスパチョ -196℃で冷やしたリコッタチーズを”名残り雪”に見立てて


DPP_445.jpg

もちろんワインはマリアージュでいただきます。
今日はセシルさんにお世話になりました♪ 美人なのよね~。


DPP_446.jpg

キャビア アカシアの花の香る春野菜のサラダと

周りのポチポチがロブションらしいです。
私のは大丈夫でしたが、相方のは一カ所緑が二つ並んでいて、
「合わなかったんだろうね」とウケてしまいました。


DPP_447.jpg

特選地鶏卵 24ヶ月熟成のコンテとほうれん草のクーリのフロレンティーヌ風

お料理も美味しいですが、この絵も料理にピッタリで素晴らしい!
もしかして…と思ったら、やっぱりアランシェフ力作だそうで、
準備に7時間かかったとおっしゃってました。


DPP_448.jpg

ピュリニー・モンラッシュ・レ・フォラティエール2008


DPP_449.jpg

合わせていただくこちらはブルターニュ産オマール海老 
薫り高いインド・マラバール産黒胡椒を利かせエスニックなシヴェに


DPP_450.jpg

ドメーヌ・ド・トレヴァロン2006


DPP_451.jpg

山口県・萩産甘鯛 香ばしく鱗焼きにして蛤と新タマネギの軽いナージュで
シャルドネヴィネガーの酸味でさっぱりと

DPP_452.jpg


DPP_453.jpg

シャトー・パプ・クレマン 2009
高価なワインが出てきました。さすがガラ・ディナー


DPP_454.jpg

シャラン産・ビュルゴ家の窒息鴨 フォアグラとともに58℃で調理したデュオ
佐藤錦と生姜のコンフィをあしらって


DPP_455.jpg

ダッシュ・セラーズ2009
赤なのに超甘口で、驚くようなワインでした。


DPP_456.jpg

フランボワーズ シャンパーニュを加えたピュレとコロソルの爽やかなソルベで
(この器はもしかして!)


DPP_457.jpg


DPP_458.jpg

キャラメル・オ・レ そのなめらかなムースにマンダリンオレンジのジュレと
宮崎産マンゴーをしのばせて


DPP_459.jpg

とろけるプティポ・オ・ショコラ


ロブションのガラ・ディナーは初めてでしたが、スタッフのチームワークとか
目に見えないサービスとかひしひしと感じることができて、本当に特別なディナーとなりました。

ガストロノミーのガラも行ってみたいけど、量が多そうで…。
でもいつか行ってみたいな。

帰るときに、エリックシェフ・須賀シェフ・アランシェフと
すごいメンバーと写真を撮っていただきました。
ありがとうございました。


テーマ : フレンチ ジャンル : グルメ

11:25  |  ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブション  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |