FC2ブログ
2020-07- / 06-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>08-

2013.03.15 (Fri)

エディション・コウジ・シモムラ

二つ星フレンチ、コウジ・シモムラへ行ってきました。

DPP_374.jpg

まずはアミューズ・ブーシュをいただきながら本日のメニューを考えます。

生ハムを挟んだミニハンバーグ
チーズのクラッカー

と言っても、もうすでに決まっていて、
初回利用の方のみオーダーできる、コウジ・シモムラのスペシャリテを中心とした
特別メニューをいただきます。

ワインは予算2万円くらいでマリアージュ


DPP_375.jpg

テーブルはこんな感じ。


DPP_376.jpg

店内はこんな感じ。


DPP_377.jpg

アミューズ
海水で軽く火を通した真牡蠣の冷製 海水と柑橘のジュレ

これ美味しかったな~。
スペシャリテだけある!と思いましたが、
予約時にこれをわざわざオーダーしてから来店される方もいらっしゃるそうです。

通年で用意しているそうですが、年に何日かは出せない日があるとか。
私たちも次回はそうしたいと思うくらい、美味しかったです。


DPP_378.jpg

ワインはプイィ・ヒュメ2011
ソーヴィニオン・ブラン

牡蠣に合わせるのは定番だそうですが、これもピッタリでした。


DPP_379.jpg

次のワインは
ドメーヌ・ユエ Huet ヴーヴレ・オー・リュー・セック 2011
シュナン・ブラン100%


DPP_380.jpg

フォアグラのポワレをセップ茸(ボルチーニ茸)のソースをかけていただきます。
濃厚そうに見えますが、クリームやバターは使っていないそうで、
アーティチョークで濃厚さを出しているそうです。


DPP_390.jpg

ボーヌ・シャン・ピモン・プルミエ・クリュ 2009


DPP_382.jpg

カダイフを纏った的鯛の軽やかなフリット ブロッコリーのクーリ


DPP_383.jpg

レゼルヴ・ド・ラ・コンテス 2007


DPP_384.jpg

ジュヴレ シャンベルタン オー エトロワ 2009


DPP_385.jpg

イベリコベジョータ(豚)
部分はプルマで、天使の羽と呼ばれているところだそうです。


DPP_386.jpg

ライチのエスプーマ グラス・ココ


DPP_387.jpg

デザートはプラス料金をお支払いして、季節のイチゴを選びました。


DPP_389.jpg

コウジ・シモムラは、できるだけバター等を使わないようにしているそうで、
全体的にあっさりと美味しくいただくことができました。

ランチにフレンチをいただくと、そのまま夜に響いて食べられなくなることがあるんですが、
この日は普通にお腹がすきました。(笑)

シェフの下村さんも気さくで、何度もテーブルを回ってらっしゃいました。
料理教室も開かれているそうですよ。


エディション・コウジ シモムラフレンチ / 六本木一丁目駅神谷町駅六本木駅

昼総合点★★★★ 4.3

スポンサーサイト



テーマ : フレンチ ジャンル : グルメ

16:12  |  東京・コウジ シモムラ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |