FC2ブログ
2020-07- / 06-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>08-

2018.03.13 (Tue)

菊乃井 本店

京都にある、菊乃井本店へ行ってきました。

IMG_1591.jpg

最後に行ったのは2015年の秋。
約2年ちょっとぶりですが、菊乃井は相変わらず菊乃井でした。

すごすぎました。
おいしすぎました。

あぁ、今思い出しても顔がニヤけてしまう…(= ̄∇ ̄=)


IMG_1592.jpg

懐石料理はお値段だけお伝えして内容はお任せです。
今回は@25,000円。


IMG_1595.jpg

先付
隠れ梅  梅  白子  桃の花

中には種付きの大きい梅が入っています。
酸味控えめの梅なんですが、先付としてはピッタリな味付けでした。


IMG_1600.jpg

八寸は、まず目で楽しませてもらいます。


IMG_1599.jpg

IMG_1602.jpg

木の芽和え  筍・烏賊・独活  白魚雛寿司
助子落雁  蕨  花びらうど  花弁百合根・いくら
人参葉と金時人参の辛子胡麻和え  菜種


IMG_1608.jpg

向付その1
明石鯛  車海老  あしらい一式


IMG_1616.jpg

向付その2
小鮪  黄身醤油  辛子

この黄身醤油がとってもおいしいんですが、
お刺身だけでは使いきれないので、残った分はテーブルに残してもらいます。


IMG_1619.jpg

それを日本酒飲みながら、チビチビ食べるのが超おいしい。


IMG_1621.jpg

蓋物
蛤真丈春丘仕立て  筍  こごみ
結びうるい・人参  木の芽  せり

”春丘仕立て”なんて、美しいネーミング。


IMG_1623.jpg

焼物
鮑磯焼き  肝醤油  酢橘塩

上に乗ってる白いものは塩。
舐めて確認しましたので、塩で間違いありません。
しょっぱかったー!


IMG_1625.jpg

塩を外したところ。


IMG_1626.jpg

中にはたっぷりのワカメと、鮑が入っています。
お塩からいい具合に塩分が移って、鮑はもちろん、ワカメもおいしい。

肝醤油や酢橘塩でいただきますが、私は肝醤油がお好み♪

ワカメは全部食べるとお腹が膨らむので、3分の1くらいしか食べません。
結構入っているし、以前全部食べたらもう苦しくて苦しくて…。
「お腹の中でワカメ増えたんじゃね?」というくらい苦しかったです。


IMG_1630.jpg

口直し


IMG_1631.jpg

苺山葵ソルベ

苺とわさびですよ。わさび。
なんで苺に山葵を合わせようと思ったかなー。
これが超おいしいんだなー。
やられたなー。


IMG_1632.jpg

口取り
てっぱい  烏賊  分葱  赤蒟蒻  陳皮
叩き長芋  このこ掛け  花穂紫蘇
蛍烏賊黄身酢掛け  若布  天盛り茗荷
山葵菜おひたし  一寸豆白和え  黒胡椒
海老黄身寿司  黒胡麻


IMG_1637.jpg

グラグラのお鍋が来ました。
下に火はありません。余熱だけです。


IMG_1638_20180312134500af2.jpg

強肴
ふかひれ鍋  すっぽん  よもぎ豆腐  焼き葱  露生姜

フカヒレ&すっぽんです。
見えますか? あの大きなフカヒレが!


IMG_1639.jpg

御飯
姫ちらし  穴子  海老そぼろ  いくら  錦糸玉子  海苔

止椀
カリフラワーすり流し  カリフラワー  へぎ柚子


IMG_1641_20180313151017b0c.jpg

水物
はったい粉アイス  八丁味噌パウダー
カステラプリン ブリュレ風


IMG_1647_20180313154012165.jpg

京都の和食はレベル高いですね!
おいしいお店がたくさんあって、うらやましい。
行ったばかりなのに、もう行きたくなってる!






ブログランキング参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします!


15:29  |  京都・菊乃井  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.11.04 (Wed)

菊乃井 本店 2015秋

フランク・ミュラーのイベント WPHH2015に行った際、
仲良くさせていただいているスタッフと一緒に、菊乃井本店に行ってきました。

blog00000585.jpg

しかし、仲が良いだけにおしゃべりが止まらない。
何を食べたか、味がどうだったのかもハッキリ覚えてないので、ドドーンと写真だけ。


blog00000586.jpg

シャンパンも三人で1本開けました。


blog00000587.jpg

たしか前回も秋だったけど…内容が似てるなぁ。
と食べながら考える。


blog00000588.jpg

この器にこの盛りつけも覚えてる…


blog00000589.jpg

でも楽しいからいっかー。


blog00000590.jpg

あれ?ちょっと待てよ。
このお料理も覚えてる。


blog00000591.jpg

鮎がおいしいからいっかー。


blog00000592.jpg

日本酒のアテにはピッタリですよ。
と言われて日本酒がグイグイ進む。

たしかにおいしい♪


blog00000593.jpg

でもまてよ、このスッポンとふかひれも覚えてる…。


blog00000594.jpg

松茸ご飯も覚えているけど、この時期は松茸だし…。


blog00000595.jpg

よかった。
デザートは覚えがない。




…と終始、話しに花を咲かせながらも一度食べた記憶が払拭できず、
帰ってきて自分のブログを見たら、去年といっしょ! 
(鮪と黄身醤油は写真撮り忘れ)

あら~。
いくら季節が一緒でも、まったく同じ物を出すのか?
ちょっとくらい変えてよ~。
と思ったけど、和食ではこれが普通なのかなぁ?
菊乃井くらいのお店だったら、一人予算2万円程度じゃ、この扱いなのか?

次回行くときは「前回と内容を変えてください」
ってキッチリお願いする事にします。
(もしくはお店を変える)

楽しかったからいいけどさ。
残念。





ブログランキング参加中!
少しでもお役に立ちましたら、クリックお願いします!



17:31  |  京都・菊乃井  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2014.12.19 (Fri)

京都 菊乃井本店 2014秋

5DM34655.jpg

菊乃井本店へは、冬と夏に行ったので、今回は味覚の秋(10月)に行ってきました。
予算は一人2万円。


5DM34662.jpg

まずは目にも楽しい八寸。
一生懸命写真に収める、バカ夫婦。


5DM34666.jpg

秋刀魚サフラン寿司  栗茶巾  
白砂海老香酒漬け  子持ち鮎鞍馬煮
いちょう芋  松葉素麺  翡翠銀杏


5DM34672.jpg

猪口
小蕪風呂炊き  胡桃味噌  叩き胡瓜


5DM34674.jpg

向付
明石鯛  車海老


5DM34676.jpg

小鮪  辛子  黄身醤油


5DM34687.jpg

蓋物は土瓶蒸し


5DM34699.jpg

中身はもちろん松茸、鱧、三ツ葉、黄柚子


5DM34700.jpg

焼物 子持ち鮎


5DM34703.jpg

蓼酢で頭から尻尾まで、全部いただきます。


5DM34712.jpg

口直し
新いくら  山葵おろし


5DM34715.jpg

お酒は京都の地酒、玉の光


5DM34720.jpg

口取り
サーモン・数の子絹田巻 壬生菜
〆さざえ 酢橘 いちょう生姜
舞茸・胡瓜の胡麻酢和え 大葉
フォアグラ 菊菜・菊花サラダ 酢橘
鯛酒盗和え 長芋 花穂紫蘇 大葉
烏賊の粕漬け 煎り玉子


5DM34727.jpg

強肴はふかひれとすっぽん!
他は胡麻豆腐  焼き葱  露生姜


5DM34730.jpg

そして松茸ご飯
止め椀は、蕪すり流し  蓮根  蕪菜  溶き山葵


5DM34734.jpg

水物は、代白柿


5DM34738.jpg

5DM34741.jpg

最後はお抹茶で。


予算2万円でも、充分秋の味覚を堪能できました。
おいしかったな~、すごいよな~菊乃井って。
と感心しながら帰ってきました。

また行きますよ!


15:37  |  京都・菊乃井  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT>>