FC2ブログ
2020-02- / 01-<< 1234567891011121314151617181920212223242526272829>>03-

2017.01.08 (Sun)

夢遊華(ゆめゆうか)

夢遊華 5回目の宿泊です。

<関連記事>
夢遊華 2012年末 離れ宿泊

2012年の宿泊では、離れに宿泊しましたが、
今回は通常のお部屋に宿泊です。


blog00003298.jpg

絹雲
@25.920円 チェックイン14時 アウト10時


blog00003290.jpg

10畳一間ですが、3人なので十分です。


blog00003291.jpg



blog00003293.jpg

客室付き露天風呂
掛け流しではないですが、お湯はすぐに溜まります。
シャワーとか付いてますけど、この時期は寒いよね。
大浴場を使った方がいいです。

大浴場ですが、その時の状況によって男女で分けていたり貸し切りだったりしましたが、
今回は満室なので、常に男女別になっていました。
貸し切りなら広さは十分ですが、男女で使うとなると狭い。
洗い場は2か所なので、タイミングが重要。

風呂上りが生ビールだったのは健在。みかんも置いてありました。


blog00003294.jpg

客室露天風呂の横にあった脱衣所。
ここも屋外なので、寒くて使えませんでした。


blog00003295.jpg

お部屋からの景色
翌朝ここから日の出が見えます。


blog00003296.jpg

玄関
冷蔵庫の中は空っぽです。


blog00003297.jpg

洗面所
シンプルですが、基礎化粧品等の必要なものは揃っています。


blog00003306.jpg

お散歩道が3方向くらいあるんですが、私たちはいつも駐車場横からのお散歩道で海に行きます。
かなりの急斜面なんですけどね。


5DM40193.jpg

温泉宿が何か所かあるんですが、いつも誰もいないです。
夏はきっと海水浴客で賑わうんだろうな~。


blog00003307.jpg

さて夕食です。
前回も書きましたが、量がとても多いです。
以前に比べたら少なくなったような気がしますが、最初は苦行かと思った。( ´艸`)


blog00003308.jpg

お造りも3人でこの量です。
切身が厚い!


blog00003309.jpg

前菜


blog00003310.jpg

前菜その2


blog00003311.jpg

伊勢海老のお造り


blog00003312.jpg

海老しんじょ椀


blog00003313.jpg

伊勢海老黄金焼き


blog00003314.jpg

鯛蕪蒸し


blog00003315.jpg

和牛一口ステーキ


blog00003316.jpg

地魚の煮付け

これでもか!
というくらいメインディッシュクラスの料理が並びます。


blog00003317.jpg

牡蠣フライ

〆の雲丹ご飯は、最初からおにぎりにしてもらいました。
冷めてもおいしいんだけど、炊き立てはもっとおいしいんだろうな~。


blog00003318.jpg

デザート


blog00003321.jpg

朝食も多いですよ~。
お盆にぽっかり空間が空いているのは、この後、卵焼きが来ます。


blog00003320.jpg

blog00003322.jpg

blog00003323.jpg

blog00003324.jpg

blog00003325.jpg

blog00003326.jpg

これは鬼サザエというそうです。
鬼に見える実もあり、これを食べると優しくなるんだそうですよ。
積極的に食べなければ!


blog00003327.jpg

量が多い多いと書いていますが、魚はたっぷり食べられます。
これでもか!というほど魚料理が続きますので、海鮮を心ゆくまで楽しめますよ~。

宿のサービスで、3年後の自分に届く手紙を書けるんですが、
今回は書き忘れ…というか、食後すぐに寝てしまい、起きたら朝食の時間。
書く時間を作れませんでした。
届くと楽しいんですけどね、残念!




<関連記事>
伊勢湾フェリー 鳥羽-伊良湖
磯部わたかの温泉 はいふう 2016年末
星海幽月 夢遊華







スポンサーサイト



11:39  |  鳥羽・星海幽月 夢遊華  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.12.27 (Thu)

星海幽月 夢遊華

三重県の鳥羽と志摩の中間辺りにあり、正面に熊野灘を臨んだ温泉宿に行ってきました。

お宿の名前は「夢遊華」と書いて「ゆめゆうか」と読みます。
たしか今回で4回目の宿泊だったと思います。

お部屋は全部で9室で、全室露天風呂付き。

DPP_0141.jpg

今回は1室だけある離れ(風の棟・凪の間)に泊まってきました。


DPP_0142.jpg

コタツがあるとホッとしますね~。


DPP_0143.jpg


DPP_0144.jpg

浴衣と足袋、温泉宿ならではの浴用タオルなどが入っています。
加湿器はこの時期助かります。


DPP_0145.jpg

お茶セットにあるノートは、宿泊者が書いたコメント帳みたいなものでした。
みなさん、このお部屋に満足されているようです!


DPP_0147.jpg

普通の洗面台なんですが、アメニティはちょっと凝っていて、
歯ブラシが馬毛だったり、綿棒が乾燥タイプじゃなくて、個包装になった湿っている物でした。
こんな綿棒初めて見たー!

化粧水等のグッズは、試供品タイプの破いて開けて使うもの(分かりますか?)でした。

ドライヤーは、壁掛けタイプのアレ。
やる気が全く感じられないんですよねー。
持参して良かったです。


DPP_0146.jpg

積み上げられているのは半天。
いいわ~。実家に帰ったみたい。


DPP_0148.jpg

で、これが凪の間の露天風呂。


DPP_0149.jpg

景色は抜群ですが、他のお部屋も露天風呂からの景色は負けてなかったですよ~。


DPP_0150.jpg

大きさが分かりづらいので、桶を置いてみました。
かなり広くて、3人くらい入れるんじゃないでしょうか。


DPP_0151.jpg

出入り口。
奥にあるのはトイレで、やたらと広いです。


DPP_0153.jpg

ね?


DPP_0152.jpg

こんなテーブルも置いてあるんですが、使ったことないな~。


DPP_0154.jpg

さて夕食ですが、ここは量がとても多いです。
写真は全部取り切れてないので、あるものだけでご容赦ください。


まずは食前酒と、
酒肴は、柿なます なまこ 蕪蒸し


DPP_0155.jpg

お刺身盛り合わせ

ふぐのスープ仕立て(写真無し)


DPP_0156.jpg

伊勢海老
まだ生きてました。いただきます!

伊勢海老は、あとグラタンも出てきました。(写真無し)


DPP_0157.jpg

牡蠣煮味噌鍋

これ以外に生牡蠣もありました。(写真無いけど)


DPP_0158.jpg

鮑の残酷焼き。
柔らかくて美味しかった~。


DPP_0159.jpg

和牛ステーキ


ここはとにかく何を食べても美味しいです。
本当に写真を撮るのを忘れて夢中になっちゃうくらい美味しいし、
HPを見るととってもオシャレな旅館なのに、みなさん気さくなオバチャンばかり。

着物をしっかり着た仲居さんがサービスしてくれる旅館も、もちろんいいけど、
「さぁ、まだまだ来ますよ! たくさん食べてね!」な方が
入れ替わり立ち替わりでサービスしてくれます。

最後には雲丹御飯が出てくるんですが、これ一度も食べたことないんです。
もう本当にお腹がいっぱいになっちゃって、おにぎりにしてもらって部屋に持ち帰ります。


DPP_0160.jpg

で部屋に帰ると、多分凪の間だけだと思うのですが、
こんなサービス品が置いてあるので(少し食べてから写真を撮ったので、もう少しあります)
なかなか雲丹御飯分のスペースがお腹にできません。


DPP_0161.jpg

朝も朝で、ガッツリ食べられます。
朝からサザエの壺焼きですよ。(写真無いけど)
もーすごすぎ。


DPP_0162.jpg

昨日の伊勢海老から作ったお味噌汁。
絶品ですね。



あとは3年後の自分に手紙を書くと、それを届けてくれるサービスがあります。
この間、最初に宿泊したときの自分から手紙が届きました。
感想は「なんかアタシ、成長してないな…」でした。

書いてるときはもっと成長した自分を想像したと思うんですが、
思うこととかやってることが変わらない。

今回もしっかり3年後の自分に手紙を書いてきました!


あと、全室露天風呂付きですが、大浴場もあります。
男風呂と女風呂に分かれていますが、空いていればどちらかを貸し切りにもできます(無料)
湯上がりは、なんと生ビール!

他にあるかな? 湯上がりで生ビールをサービスしてくれるお宿。



あとは、日の出を全室から眺めることができます。
凪の間は外に出ないと見られませんが、それ以外の部屋だったら室内から見られるかも。

この時で日の出は7時。十分起きられる時間なので、興味のある方は是非。


まだまだ通いますよー!

テーマ : 温泉旅行・温泉宿 ジャンル : 旅行

23:23  |  鳥羽・星海幽月 夢遊華  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |