FC2ブログ
2020-07- / 06-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>08-

2012.10.19 (Fri)

フランク・ミュラー W.P.H.H その2

続きです。

今回の旅行では、フランク・ミュラー東京のスタッフの皆さんには大変お世話になりました。
ありがとうございました。

ご招待していただいたということで、航空券やホテルの手配はもちろん、
現地での食事、移動もすべてお世話になってしまい、
希望の時間を告げると、こーんなすごい車でお迎えに来てくださったり…。


IMG_1516.jpg

ロールスロイスです。
もちろん、初めて乗りました。

IMG_1519.jpg

1日フリーの日を設けてくださり、その日にニース観光へ行ったわけですが、
至れり尽くせりで、ストレスゼロの海外旅行を経験したのは初めて!

どれだけ事前の準備と現地でのご尽力があったか…。


IMG_1555.jpg

ということも含め、今度はフランク・ミュラーのジュエリーです。
このiPhoneケースとベルトを相方が持ってます。
宝石が付いてない安い方ですが…
ケースもiPhone5になったら使えなくなってしまいましたが…。


IMG_1558.jpg


IMG_1562.jpg


IMG_1564.jpg

ジュエリーもいいですよね。
ビザン数字がたまりません。


IMG_1708.jpg

会場の上階では、ランチの準備がされていました。


IMG_1709.jpg

やっぱりグラスは一人3個ずつ。
お酒はそんなに飲めないので1回の量は少ないんですが、回数はすごく飲みました。


IMG_1720.jpg

昼間からシャンパンとワインという生活がモナコっぽい。

何を飲みたいか希望だけ告げると、グラスが空になったらじゃんじゃん注いでくれます。
私はじゃんじゃん飲まないけど、お水が少なくなってきたらじゃんじゃん注いでくれるのが嬉しかった。
だって日本だとガス入り高いしー。


IMG_1715.jpg

食事はビュッフェスタイルで、お寿司もありました。

フランク・ミュラー氏は、
こういうところでもしっかり美味しい物を提供するよう心がけていると聞いていたんですが、
カクテルパーティーも同様に、何を食べても美味しかったです。


IMG_1717.jpg

このキレイな盛りつけ!
バーニャカウダソースが、にんにくたっぷりでおいしいー!


IMG_1724.jpg

デザートもおいしそうだったんですけど、お腹いっぱいで少ししか食べられず…。


IMG_1721.jpg

こんなキレイな景色を見ながらいただきました。


IMG_1727-1.jpg

うちの相方と地中海、似合わない…。

W.P.H.H開催中は何回来てもOKと聞いていたのですが、そんなに食べられるわけでもなく、
一度しか行けませんでした。
今思うとすごく残念。


IMG_1748.jpg

食べた後は、気になった時計とジュエリーをいくつか見せてもらいます。


IMG_1739.jpg

みんな高そう…。
ここにあるだけで総額いくらだろ?


IMG_1738.jpg

キュピドンのスケルトンもあります。


IMG_1744.jpg

でも、見せてもらうだけです。

上の写真はクレイジーアワーズ。
これで2時53分です。
ほんと、クレイジー


モナコ旅行全般については、こちらをどうぞ
スポンサーサイト



テーマ : ヨーロッパ旅行記 ジャンル : 旅行

15:27  |  W.P.H.H 2012 MONACO  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.10.19 (Fri)

フランク・ミュラー W.P.H.H

今回のモナコ旅行は、フランク・ミュラー東京からのお誘いで、
W.P.H.H(The World Presentation of Haute Horlogerie)が目的で行ってきました。

新作発表会みたいなものでしょうか。
もし間違えいてたら関係者の方々ごめんなさい。

IMG_1872.jpg

場所はモナコ、グリマルディ・フォーラムと呼ばれるコンベンションセンター。

home_congres.jpg

日本で言ったらビックサイトみたいな感じ。

IMG_1873.jpg

ファミリー企業の名前もたくさん!

IMG_1726.jpg

会場を上からみたところ。
こんな感じでブランドごとにブースが分かれています。


IMG_1638.jpg

フランク・ミュラーは、もちろん一番広かったですよ。


IMG_1702.jpg

要人たちが何かしゃべっています。
たぶん「お忙しい中お集まりいただき…」とやってるんでしょうね。

英語が分からないのでサッパリです。
もしかしてフランス語だったかも。


IMG_1704.jpg

一番左は、ガラディナーで司会をされていた方です。
ここに座っているところを見ると有名な方なんでしょうね…。

その隣がCEOのバルタン氏、ペンギンにそっくりでした。

中央が今年からファミリーとなった、ロベルト・ガヴァリ氏。
イタリアのファッションデザイナーです。
今回時計をコラボレートしたそうですが、写真撮って来なかったな…。

その隣がフランク・ミュラー氏

一番右の方は…ごめんなさい、分かりませんでした。


IMG_1553.jpg

時計がもんのすごくたくさんあって、その種類の豊富さは専門誌以上でした。
写真もたくさん撮ったのですが、そのうちの何枚かをご紹介。
と言っても詳しくないんですけど…。

上の写真はクレイジーアワー


IMG_1541.jpg




IMG_1571.jpg

コンキスタドール


IMG_1576.jpg

ギガ・トゥールビオン


IMG_1577.jpg

こちらも、ギガ・トゥールビオン


IMG_1610.jpg

こちらは新作


IMG_1614.jpg


IMG_1627.jpg

こちらはクストス
CEOのバルタン氏の息子さんが独立して立ち上げたブランドだそうです。


IMG_1668.jpg

ピエール・クンツ

機械式の複雑時計が多く、見ていてとても楽しい物ばかり。
ピエール・クンツ本人も、すごく気さくに写真に応じてくれて、
いつ見てもニコニコと笑顔を絶やさない方でした。


IMG_1671.jpg

これは左が時間、右上が分、右下が秒(たしか)
10時50分ということですね、面白~い。

IMG_1673.jpg

これもパッと時計を見て時間が分かるものではありません。
写真が悪くてはっきりしませんが、よーく見ると何時か分かります。


IMG_1685.jpg

キュピドン

これ、私がハマりました。
ハートの中に秒針が3本あって、それぞれリレーをして進みます。


IMG_1706.jpg

こっちはもっとハマりました。
なんとスケルトンです。
裏からもバッチリ複雑な動きがチェックできます。


IMG_1697.jpg

バックス・アンド・ストラウス
ロンドンにあるダイヤモンドの老舗です。


IMG_1729.jpg

ピエール・ミシェル・ゴレイ

2012年に日本に進出したばかりのブランドだそうです。


IMG_1734.jpg

こういうの見入っちゃいます!


IMG_1735.jpg

一周してフランク・ミュラーに戻ってきました。
こちらはダブルミステリー。


すんごい高い時計なのに、パッと見て何時か分からないなんてどういうことでしょう?
でもそういう遊び心がたまらないですね。



モナコ旅行全般については、こちらをどうぞ


テーマ : ヨーロッパ旅行記 ジャンル : 旅行

14:47  |  W.P.H.H 2012 MONACO  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |