FC2ブログ
2020-06- / 05-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>07-

2012.10.17 (Wed)

モナコ観光 その2

さて、ではお土産のチョコレートを買いに、ショコラトリー・ド・モナコ店内へ。

IMG_1803.jpg

IMG_1805.jpg

値段がモナコ価格だったらどうしよう、と心配したんですが思ったほど高くなくて、
というよりも、日本で売っている某有名チョコレートの方がよっぽど高い!

ついつい買いすぎて、すっかり荷物が重くなってしまいました。


IMG_1807.jpg

帰りは市内を走るバスを使ってみました。
英語が話せないので迷うかと思ったんですが、バスの路線図が見やすくて、すぐに理解できました。
一人2ユーロで乗れるので、使わない手はありません。
バスの中もすごくキレイでしたよ。

降りるときは日本と同じように「降ります」ボタンを押すらしいです。


IMG_1820.jpg

そうして降りた場所は、F1で有名なローズヘアピン!


IMG_1813.jpg


IMG_1822.jpg

アホみたいに相方と二人で写真を撮りまくっていました。
そしてこの手前に写っている階段を上り、道なりに歩いて行くと…


IMG_1827.jpg

こちらもモナコでは超有名な、グラン・カジノ、オテル・ド・パリ、カフェ・ド・パリ の前へ。


IMG_1846.jpg

こちらはグラン・カジノ
今回、カジノも初体験で行ってきました。
その記事は夜遊び編で。


IMG_1833.jpg

オテル・ド・パリ
モナコを代表するホテルで、創業は1864年。


IMG_1832.jpg

ここも夜遊び編で行きます。


IMG_1838.jpg

カフェ・ド・パリ

一番前の席に座りたかったのですが、あいにく満席でした。


IMG_1839.jpg

「あまり食事が美味しくない」という話を聞いたので、カプチーノだけ注文。
グラン・カジノとオテル・ド・パリを眺めながらいただくカプチーノは最高でした。

ただ分煙してなかったので、隣の席の煙草がクサイ…
それがなければ長居できたかも。


IMG_1837.jpg

右からオテル・ド・パリ、グラン・カジノ、カフェ・ド・パリ
あまりにも有名すぎるモナコの名店を一枚の写真に納めてみました。


IMG_1848.jpg

ここには高級車もたくさん止まっています。
この後、周りにいた人が集まって記念撮影していました。

持ち主はそれがまたステイタスなので、何も言わないみたいですよ。
私の国産車(日本車ね)を止めても誰も撮らないだろうな~と、また妄想。


Café de Paris Monte-Carloカフェ / エズ)

昼総合点★★★☆☆ 3.5

スポンサーサイト



テーマ : ヨーロッパ旅行記 ジャンル : 旅行

16:19  |  観光 モナコ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.10.17 (Wed)

モナコ観光 その1

モナコに行くと決めてから、雑誌やテレビなどで情報を集めていたのですが、
ある旅番組で紹介されていたチョコレート屋さん。
「お土産にピッタリですねー」とレポーターが言っていたので、
ぜひここは行こうと決めていました。

IMG_1752.jpg

CHOCOLATERIE DE MONACO(ショコラトリー・ド・モナコ)
モナコ・ヴィル地区という大公宮殿もある地区で、ここまで車で乗せていってもらいました。
地図を見せて「ここに行きたい」と言ったら「(地図に)書いてある日本語が分からないよ」
と言われたんですが、回りの地形とチョコレートというワードで分かったらしく、
本当に目の前まで連れて行ってもらえました。

しかし荷物が重くなるのでショッピングは後にして、まずは散策です。


IMG_1755.jpg

モナコ湾

IMG_1756.jpg

高級クルーザーがたくさん停泊していました。
船は一艘で億はするらしいですが、
駐車場代というのか駐船場代というか、これらはいったいいくらするんでしょうね。

「月極かなー」とか「年間でまとめ払いすると割引があるのかなー」とか
小市民の私と相方の妄想は膨らみます。


IMG_1771.jpg

旧市街と呼ばれる地区。

モナコには東からホテルのあるラルヴォット地区、モンテカルロ地区、
ラ・コンダミーヌ地区、モナコ・ヴィル地区、モネゲッティ地区、
フォンヴィエイユ地区とあって、広さは皇居の2倍程度
人口は約三万二千人だそうです。


IMG_1767.jpg

そして旧市街地では、このような細い路地がたくさん入り組んでいて、
トンネルを抜けると…


IMG_1777.jpg

また新たな街並みが。

モナコの治安はすごく良いそうで、至る所に防犯カメラが備え付けてありました。
警察官も五百人もいるそうで、歩いているとしょっちゅう遭遇します。
なので日中は日本とあまり変わらない感覚で歩くことができるのはいいですね。


IMG_1782.jpg

大公宮殿

現在はアルベール2世が元首となって統治しているそうです。
有名なグレース・ケリーの子どもですね。
といっても本人はもう50歳を過ぎた方だそうですが。


IMG_1784.jpg

門の右には衛兵がじーっと静かに立っていました。
毎日お昼前に衛兵の交代式が見られるそうですが、ちょっと間に合わず…。


IMG_1788.jpg

こちらは若い女性がたくさん何かを待っていました。

「イケメン王子でも待ってるのか?」と思ってしばらく私も見ていたんですが、
結局誰も出てこず、みんなバラバラと帰って行きました。

このイケメン王子というのはアルベール二世の甥っ子だそうで、
アルベール二世には相続人がいないため、現在姉のカロリーヌ公女が公位継承者第一位。
そしてその息子のイケメン王子(アンドレア・カシラギ)が第二位となっているそうです。

世界でもっとも美しい50人に選ばれたとかで、相当なイケメンなんですって!
見たかったなー。


IMG_1778.jpg

といいながら、モナコ公室をググってみたら、
最近アルベール二世公が30代の方とご結婚なさったとか。

もしお子さんが生まれれば公位継承権はどうなるのか?
イケメン王子はどうなるのか?
そもそもイケメン王子の父親は一般人のため、プリンスの称号はもたない云々、
いろんな記事がヒットしましたよ。

華やかなモナコもいろいろゴシップがあるもんなんですね。
楽しい楽しいモナコ旅行が台無しになりそうなので、これ以上の詮索はやめます。


IMG_1779.jpg

この景色と…


IMG_1781.jpg

この街並みがあれば、ツーリストの私には十分!


IMG_1790.jpg

モナコ公室のシンボルマーク


IMG_1791.jpg

キレイですね。


IMG_1797.jpg

ヨーロッパの古都のようです。


IMG_1799.jpg

お土産にピッタリな感じのTシャツ。
でもここまで「モナコ」って書いてあったら日本では着られないじゃん。


IMG_1801.jpg

フランスのカフェって感じー♪


IMG_1503.jpg

遠くから旧市街地を見たところです。



モナコ観光、続きます。


テーマ : ヨーロッパ旅行記 ジャンル : 旅行

15:41  |  観光 モナコ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |