FC2ブログ
2020-07- / 06-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>08-

2018.03.18 (Sun)

鮨 ます田 ミシュラン二つ星獲得店と知らずに行ったら凄かった!

表参道にある、鮨ます田へ行ってきました。

店主は銀座すきやばし次郎で修行をし、2014年に独立。
2015年にはミシュランの星を獲得し、直近の2017年では二つ星。
そんな素晴らしい経歴で、予約もなかなかとれないというお店へ行ってきました。
ランチのお値段@25,000円です。

しかーし!(`Д´)

私が相方から聞いたのは
「表参道にあるお寿司屋さんに行くよ」ということだけ。
すきやばし次郎云々ですら聞いてませんでした。

訪問前に食べログで予備知識を入れるようなこともしなかったので、まっさらな状態。
普通のお寿司屋さんに行くノリで行ってきました。

これがある意味、鮨ます田の威力を感じることになるんですけどね…。


IMG_1787.jpg

店内はカウンターが6席。
私たち以外は全員外国人旅行客。
個室もあるようで、そこからも英語が聞こえてきます。

座席数は少ないですが、従業員が多い。
何かしようとすると、さっと手が伸びてくるし、お茶を交換するタイミングも素晴らしいんですが、
ちょっと緊張する雰囲気を持った店内でした。

外人さんがスマホで写真をバシャバシャ撮っていたので、
私も許可をもらって撮影。

これはフグですが、肝っぽいのは”あん肝”
まだその場の空気が読めず”場合によってはブログの記事にしないかも”と思っているので、写真が適当。


IMG_1788_201803131552123e7.jpg

サクラマス
燻製か?と思うくらい良い香りがします。
さすがサクラマス。
脂ものってておいしい。


IMG_1790_20180313155212303.jpg

菜の花


IMG_1791_20180313155212e7f.jpg

茶碗蒸し
”なめたけ”じゃないけど”なめたけ”みたいなもの(失念)が少ししょっぱいので
「上下一緒にすくってお召し上がりください」と言われてそうします。

ほどよい塩気と卵の甘味がおいしい。
料亭で出してもおかしくないレベルのなめらかさじゃないのー。
と、まだまだ上から目線。


IMG_1792_2018031315521313b.jpg

太刀魚
「ふんわり焼けてます」なんて聞き飽きた表現、今更使いたくないけど、ふんわり焼けています。

お箸を入れるとサッと身がほぐれていくし、脂がのってて、とてもおいしい。
特にお腹のあたりの脂が甘くてビックリ。
太刀魚って、こんなにおいしかったっけ?


IMG_1793.jpg

握りが始まりました。

いきなり握りが出てくるコースもいいけど、
こうやって料理を何品か楽しんでからお寿司を食べるのもいいですよね。
私はこの方が好きかも。


IMG_1794.jpg

おしぼりの他に、指先だけを拭く小さな手ぬぐいが置いてあったので、
指でつまんでいただきます。

シャリが柔らかく握ってあるので、お箸で持ったらほどけちゃうかもね。


IMG_1795.jpg

IMG_1796.jpg

トリガイです。
私は貝を好んで食べることはしないんですけど、
これは初めて”おいしい”と思えました。


IMG_1797_20180313155230c0d.jpg

IMG_1798.jpg

酢と塩加減が絶妙。
普通のお寿司屋さんで、このレベルの小肌が出てくるなんて…あれ?
と、そろそろ気づき始めたワタクシ。


IMG_1799_201803131552242a5.jpg

海老も得意じゃないんだけど、これはおいしいなぁ。


IMG_1800.jpg

赤貝もうまいぞ。


IMG_1801_20180313155230210.jpg

サヨリ、甘っ!


IMG_1803_2018031315522857d.jpg

写真がヘタですが、フグの白子(軍艦巻)です。
塩と酢橘などの柑橘系の風味がフグの甘味を引き立てます。

「このお店、やっぱり何かが違うかも…」


IMG_1804_20180313155234358.jpg

こ…この雲丹は!


IMG_1805_20180313155235d75.jpg

蛤で終了ですが、すべてのネタがおいしかったし、何か一味違う。
それは分かる。

まだお腹に余裕があったので、お寿司を追加で注文しようとしたら、
隣で相方がボソボソと何かを言ってます。
「え?なに?」と聞き返しても何も言わないので、とりあえず放っておきます。


IMG_1807_201803131552327b7.jpg

追加は、先ほど食べて気に入ってしまったトリガイ。


IMG_1808.jpg

同じカウンターに座っている外人さんたちが、追加で
「オオトロ」 「コッチモオオトロ」 「ボクモオオトロ」 「ジャ、ボクモオオトロ」
と言ったかどうかは分からないけど、
皆さん大トロを追加注文している横で、私はネギトロ。

相方がやっぱり何かボソボソ言っているので一本を二人で半分ずつにしました。


IMG_1809.jpg

締めは大好きな穴子で。


IMG_1810.jpg

そしてコースの締めは玉子焼き。
カステラみたいですね。
一口食べちゃったので、切断面がアレで申し訳ない。




大将に挨拶をし、店を出てから何を言っていたのかと相方に詰め寄ったところ、
”すきやばし次郎出身” ”ミシュラン二つ星” ”予約が取れない店” ”ランチ一人25,000円”
とビックリ情報を聞かされ、最後に

”本日追加分も合わせて合計6万円!”

「お前、どんだけ食うつもりだよ」
「だってランチだし…一人1万円くらいだと…」
「1万円で白子が出るか!バーカバーカ!」
「そもそも、すきやばし次郎云々の話、聞いてないし…」
「いいや。俺は言ったよ。ちゃーんと言った」


相方は普段何を食べても文句を言わないんですが、途中で
”こいつ、何も知らないで食べてるな…”と気づいてムカついたらしい。

私たちは共働きだから、何を食べてもいいっちゃぁいいんですけど、
何も知らないで6万もの超高級寿司をパクパク食べてしまって、やっちまった感がパない。
高3夏の甲子園のエラー並みにつらい。

はぁ…でもさすがです。
なんの前情報もない素の状態で行って、こりゃうまい!
と思ったわけですから。

ミシュラン二つ星の威力を思い知らされました。






ブログランキング参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします!


スポンサーサイト



10:14  |  東京・鮨 ます田  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |