FC2ブログ
2020-07- / 06-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>08-

2018.04.16 (Mon)

やまさ旅館でスッポン 落ち着いて食べたらマジでおいしかった!

東京で高いお金を払うより、
現地まで行って食べたほうが安いんじゃね?の検証中です。

この記事の最後に結果発表です。

<関連記事>
宿泊:JR九州ホテル ブラッサム大分
ふぐ:料亭 山田屋
スッポン&結果発表:やまさ旅館 ←今ここ


IMG_2414.jpg

ふぐを食べた翌日はスッポンです。
観光も何もなく、ただただおいしいもんを食べるためだけに行きました。


IMG_2415.jpg

やまさ旅館は公共交通機関で来るには、かなり遠いところにあるようです。
土地勘がないゆえ、どこがどうなっているのかの説明はできませんが、
お店の人も「電車で来るのはちょっと…」とおっしゃるくらいです。

なので、今回もレンタカーで移動します。
大分駅から約40分くらいでした。


IMG_2418-1.jpg

IMG_2419-1.jpg

今回はテーブル席に案内してもらいました。


IMG_2422.jpg IMG_2423.jpg

前菜三種
右は肝臓・精巣・心臓だそうです。


IMG_2425.jpg IMG_2426.jpg

左は殻ができる前の卵、右はエンペラで、
コラーゲンが一番多い部分だそうです。


IMG_2427.jpg

そしてスッポンの生き血。
オレンジ割りか日本酒割かが選べます。

分量としては半々だそうですが、全然生臭くないし、
今回も前回同様オレンジジュースの風味しかしませんでした。

前回、初めて飲んだ時は緊張しちゃってよくわからなかったんですけど、
今回はゆっくり味わいながらいただきました。
魔女にでもなった気分。(*`▽´*)


IMG_2428.jpg

甲羅で出汁をとったスープです。
優しい味(*´∇`*)

IMG_2431.jpg

スッポンの刺身です。
白っぽいのが首回り、赤っぽいのが胸肉。
歯ごたえの違いを感じてください。
とのことでした。

これも、よーく味わいながら食べると甘い!

マグロのような甘味ではないんですけど、なんとも形容しがたい。
しいて言うならば
”これがスッポンの甘味”としか言いようのない甘味。


IMG_2432.jpg

スッポン鍋です。
お鍋の形もスッポンですよ。


IMG_2433.jpg

小ネギは、大分ブランドの味一(あじいち)ネギと言うそうです。
「火が通りすぎないように、しゃぶしゃぶ程度で召し上がってください」とのこと。
とても甘いネギで、相方と奪いあいました。


IMG_2437.jpg

コラーゲン!
これはもちろん、私のもの。


IMG_2443.jpg

IMG_2446.jpg

これは肝焼きです。
こんなに臭みのないレバーもないと思う。


IMG_2447.jpg

最後に雑炊。


IMG_2450.jpg

スッポン出汁のジェラートだそうですが、
これはさすがに出汁の味はわからなかった。( ̄∇ ̄)


IMG_2468.jpg

以上で、東京で高いお金を払うよりも、現地まで行っちゃったほうが安いんじゃね?
の全記事です。

それでは検証と参りましょうか。
私も結果がとっても楽しみです。


<支出合計>
首都高速 ¥1,010
航空券 ¥0(マイル利用)
大分空港→大分駅 高速バス代 ¥3,100 @1,550
宿泊代 ¥17,770
特急券+乗車券往復 大分駅⇔臼杵駅 ¥5,440(@¥2,720)
山田屋 ¥38,016(8品コース@¥15,000 飲み物代含む総額)
レンタカー代 \4.940
スッポン(竜王コース) ¥24,948(税・サービス含む総額)@11,000円
航空券 ¥0(マイル利用)
羽田空港駐車場代 ¥3,000
首都高速 ¥1,010

合計 ¥99,234


<比較対照>
これを比べるふぐの部は、
ミシュランで三ツ星を獲得した山田屋 西麻布店。
二人で¥66,000円(税・サービス・ドリンク別)
税金8%、サービス料10%(たぶん)、ドリンク8千円

予想合計\87,912


スッポンの部は、京都の名店、大市(だいいち)(2012年時の記事はコチラ
京都じゃん!
東京じゃないじゃん!地元じゃないじゃん!
というご意見も聞こえてきそうですが、
東京にあるスッポン店は全然知らないので許してチョ。
で、大市のホームぺーによると、税・サ込で1人¥24,000
ドリンク代8千円として、

予想合計\56,000 

予想総合計 ¥143,912
差額 ¥44,678


よって結果は
東京で高いお金を払うよりも、現地に行っちゃったほうが全然安い!(注:マイルを使えばね)
とさせていただきたいと思います!

今回はマイルを利用したので大きな差額となりましたが、
ちょっと調べたところ、ANA便の最安値が往復@2万円くらいだったので、
二人分の航空券代を含めてもどっこいどっこいかもしれません。

東京のお値段設定は高すぎるなぁと思っていたので、この結果で安心しました。
やっぱり東京って高いよね!やっぱり現地よ現地!

皆様、お付き合いいただきまして、まことにありがとうございました!!







よーし!マイル貯めるぞー!
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると更新の励みになります。
よろしくお願いします!

スポンサーサイト



12:50  |  大分・料亭やまさ旅館  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.02.22 (Thu)

熊本・大分旅行⑪ 料亭やまさ旅館

すっぽんをいただきに、大分県安心院(あじむ)へ行ってきました。

5DM40936.jpg

創業は大正9年のすっぽん料理専門料亭。
歴史のある名店です。

しかし以前、
同じく歴史ある某すっぽん専門店に行った際、一人2万円以上するのに、
出てきた料理は前菜、すっぽん鍋が2杯、雑炊、
さらにデザートは、みかん1個。
という残念な内容に愕然としたことがありました。

それも、デザートのみかん1個は何のひねりもなく、
普通に丸ごと1個、ドンとテーブルの上に。┐(´-`)┌

”実家かよ”的な扱いを受けて以来、
「私は二度とすっぽん店には行かない」
と誓ったのでありました。


5DM40973.jpg

それが、今回も旅行日程を完全に相方任せしていたため、私の機嫌が良い時を見計らって
「そういえば、大分ですっぽん食べに行くからね」と。

まんまと作戦負けです。


5DM40939.jpg

今回もデザートがみかん1個だったら、私はちゃぶ台をひっくり返すからね!
と鼻息荒く入店したら、あらあらまぁまぁ。ちゃんとしてるじゃないの。

「一人11,880円だからね」
「あらやだ。みかん1個のあの名店の半額じゃない!」


5DM40941.jpg

「すっぽんの生き血も出るからね」
「生き血ぃ?」


5DM40942.jpg

「あぁ…なんか私の視界にチラチラ赤いものが入ってくるけど、アレかしら?」
と思いつつも心の準備ができるまで見ません。

まずは目の前のものに目を向けましょうか。

左はエンペラ(甲羅周辺)の湯引き
右は卵です。

た…卵か。
想像よりも大きいぞ。
これも食べるには、ちょっと心の準備が…。


5DM40943.jpg

亀の可愛らしい器をあけてみたら、なんと”肝の酢和え”

「いろいろな部位が入っていますので、食感をお楽しみください」
「は…はい(・・;)」

ちゃぶ台をひっくり返す勢いで入店したはずなのに、
思った以上の本格派で怖気づきます。


5DM40944.jpg

まずは卵を食べてみます。
すっごくプチプチしてて超リアル。
「あぁ!ごめんなさい!」と思わず謝罪したくなるくらい。

でもね、甘いんです。
鶏の卵の甘さとは違う甘さ。

最初は噛むたび”ギャー!”とか思ってたけど、
慣れてしまえばパクパク食べられました。


5DM40946.jpg

エンペラは食べたことのある食感なので大丈夫です。
ん?大丈夫ってなに。


5DM40947.jpg

そしてこれがすっぽんの生き血。

「オレンジジュースで割ってあるので、飲みやすいですよ」
って、お酒のCMか? な説明がありましたが、
これが本当にぜんぜん、まったくクセがない。というか、血の味がしない。
オレンジジュースの味しかしない。

初体験だったので、全員で顔を見合わせながら神妙に飲みましたが、
「あ!全然大丈夫!」が第一声。

もう…すっぽんに失礼ね。


5DM40949.jpg

諸々クリアしたあとは、すっぽんのスープです。
はぁ…(*´Д`)優しい味。


5DM40951.jpg

すっぽんのお刺身です。

これは説明がすごく難しいんですが、
もちろん魚のお刺身とは違うし、お肉系の刺身とも違う。
味にクセがまったくないくせに、ショウガを合わせると、ほんのり甘味が生まれて
ちょっとした歯ごたえもある。

これがすっぽんのお刺身なんだなぁ。
と味を噛みしめてきました。
うん、おいしい。


5DM40956.jpg

すっぽん鍋の用意が始まりました。
お鍋の形は、すっぽんですよ。


5DM40957.jpg

うまい!これはうまい!
前日に、山田屋のてっちりを食べたばかりですが、
まったく違う食べ物です。


5DM40958.jpg

お野菜がスープの旨味を吸い取ってくれるので、極上のおいしさ。
よく見ると、人参もすっぽんの形です。


5DM40960.jpg

5DM40963.jpg

すっぽんのから揚げ。

最初の緊張感はどこへやら。
おいしくておいしくて、夢中になって食べます。

まったくもう!
2万オーバーの高いだけのすっぽん屋に行ってる場合じゃないじゃない。
すっぽん料理は、こっちじゃないの!
と怒りを相方にぶつけつつ、から揚げを貪ります。


5DM40964.jpg

肝焼きは、塩加減が絶妙でした。


5DM40966.jpg

雑炊は、一人2杯くらい食べられました。
お腹がいっぱいで1杯しか食べられなかったことを、いま激しく後悔。


5DM40969.jpg

そして問題のデザートです。

やまさ旅館さんには全く関係のない問題だけど、
「みかん1個だったら、ちゃぶ台ひっくり返すからね」を公約にして入店したので、
ここは引くわけにはいかない。

そうしたらなんと、すっぽんのアイス。

最後まですっぽん料理ですよ!
素晴らしい!ヾ(〃^∇^)ノ


5DM40971.jpg
(クリックすると拡大します)

最初の生き血に卵に肝に…は、絵面的に慣れないものがありましたが、
食べてしまえばおいしいし、これで12,000円弱なら大満足の内容です。

「東京から日帰りで来るお客様もいらっしゃるんですよ」と仰ってましたが、
それも大いにアリです。

大分空港からは車で1時間くらい。
”9時頃の飛行機に乗れば10時半に到着して…”なんて
心の中で計画を立ててしまいました。

すっぽんは夏が旬だそうで、冬の間は温泉で養殖するんだそうです。
次回は夏に来たいけど、そこまで我慢できるかな。
春頃、また行ってしまうかもしれない。

それくらい衝撃的においしいすっぽん料理でした。
みかん1個じゃなくて良かった。

ごちそうさまでした!




<関連記事>
熊本・大分旅行① ソラシドエア 羽田-熊本 SNA011 
熊本・大分旅行② 菅乃屋 上通店
熊本・大分旅行③ 黒川温泉お宿のし湯 源泉付き離れ しおん 宿泊記
熊本・大分旅行④ 黒川温泉お宿のし湯 源泉付き離れ しおん お部屋編
熊本・大分旅行⑤ 黒川温泉お宿のし湯 源泉付き離れ しおん 施設編
熊本・大分旅行⑥ 黒川温泉お宿のし湯 源泉付き離れ しおん 食事編
熊本・大分旅行⑦ 鬼山ワニ地獄
熊本・大分旅行⑧ 別府海浜砂場
熊本・大分旅行⑨ 別府温泉 ホテルうみね 源泉掛け流し半露天風呂 スイートルーム宿泊記
熊本・大分旅行⑩ 料亭山田屋 臼杵本店
熊本・大分旅行⑪ 料亭やまさ旅館






ブログランキング参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします!


09:20  |  大分・料亭やまさ旅館  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |