FC2ブログ
2020-02- / 01-<< 1234567891011121314151617181920212223242526272829>>03-

2018.05.31 (Thu)

リーガロイヤルグラン沖縄 プレミアベイサイドビューバスツインに宿泊

私たちは宿泊場所を選ぶとき、一休.comを参考にするんですが、
相方が仕事から帰って来て開口一番。

今日さ!一休でいいプランを見つけたんだよ。
『見つけた人はラッキー!日にち限定リーズナブルステイ』だって!
それを見つけちゃった! v(≧∇≦)v


IMG_2982

すっかり煽り文句にやられ、那覇空港から”ゆいレール”で5駅目、
旭橋駅にあるリーガロイヤルグラン沖縄に宿泊しました。

立地は抜群で、駅直結です。
雨が降っても濡れずに行けそうです。

で、肝心の特典ですが、
平日限定のお得価格らしいです。

通常価格より、2千円くらい安い。


IMG_2984

フロントは最上階の14階にありますが、
客室へは別のエスカレーターで降りていきます。

6~10階がスタンダードフロア
11~13階がプレミアムフロアです。


IMG_2992

12階のプレミアベイサイドビューバスツインに宿泊。 @18,900円(税込)

プレミアムフロアに宿泊すると、
ホテルからの特典がたくさんあるようです。

・アーリーチェックイン 14時
・レイトチェックアウト 12時(通常11時)
・14階ラウンジにて、コーヒー・紅茶のフリーサービス(11:00~23:30)
・14階バーにて、オリジナルカクテル1杯ご用意(18:00~23:30)
・沖縄銘菓とこだわりのお茶を、やちむん食器と共に
・沖縄の選べる3種のバスソルト
・LA MER高品質基礎化粧品セット
・ディナータイム レストラン窓際席を優先予約

全室共通サービスは
・バレーパーキング
・全客室にWi-Fiルーター設置
・Cromecast搭載
・14階レストランでのお食事利用20%割引

一休ダイヤモンド会員特典は
・お部屋の無料アップグレード(空き状況により。今回は該当せず)
・レイトチェックアウト12時
・ウェルカムギフト
となっています。


IMG_2994

テーブルの上には、ホテルからの特典 沖縄銘菓と、
一休のダイヤモンド会員特典のウェルカムギフトがあります。

でも、どっちがどっちの特典かは分からない。


IMG_2993


IMG_2986

ベイサイドビューバスというだけあって、
ブラインドを上げると景色が良いです。


IMG_2987

はい、ひょっこりはん。


IMG_2989

IMG_2990 IMG_2991

プレミアムフロア特典のバスソルト。


IMG_3000

デスクには、Cromecastの使い方とか、
客室毎のWi-Fiパスワードが記されていました。


IMG_3001-2

冷蔵庫の中は空っぽ。


IMG_3045

正面に那覇空港があるので、離発着が良く見えます。
写真よりも大きな飛行機が飛んでくるんですが、カメラを構えると建物に隠れたり、
カメラを構えて待っていると、なかなか大きな飛行機が飛んでこないとか…。(-ω-;)


IMG_3044

眼下には”ゆいレール”が見えます。


IMG_2997

IMG_2999

パジャマとバスローブが収納されています。


IMG_3007

ニュースを観ようかな~と思ったら、
海外の浮気調査番組やってました。

男性も女性も、ドッタンバッタン人目をはばからず暴れるやつ。

今回は一生懸命謝った結果、仲直りしたそうです。
もー、どーでもいいわ。( ̄-  ̄ )


IMG_3005

リーガロイヤル沖縄は、那覇市内でもグレードが高いそうで、
接客やホテルの備品にも大変満足できました。

”見つけた人はラッキー!”は本当にラッキーだったかも。










今でもそのラッキープランやってますよ (^ー^* )
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると更新の励みになります。
よろしくお願いします!


スポンサーサイト



09:55  |  那覇市・リーガロイヤルグラン沖縄  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.10.05 (Thu)

沖縄旅行⑤ ザ・テラスクラブ アット ブセナ タラソプール&ビーチ&琉華菜苑

ザ・テラスクラブ アット ブセナには”タラソプール”があります。

タラソプールとは、HPによると…
宿泊者が滞在中に何度でも利用ができる屋外型多機能温水プール「タラソプール」を中心に
タラソテラピーの体験ができる施設「ウェルネスタラソ」を備えています。
施設では専任のセラピストによるカウンセリングを受けた上で、
タラソプールでのウォーキングやエクササイズなどの運動、タラソテラピーに基づいたトリートメントなど、
個人の体調や目的に合わせてメニューを組み合わせながらタラソテラピーを存分に楽しめます。

01_3.jpg
(撮影禁止エリアなので、画像は拝借)

貴重品等身の回りのものは全て受付に預け、体一つでタラソプールへ向かいます。
プールの横には再び受付があり、こちらで利用方法を聞きますが、
番号が振られているので、その順番に進んでいけばOKです。
温海水なので、冬でも利用可能だそうです。

水圧によるマッサージが多いんですが、腰や肩以外にも、足の裏とか、
プールの底から上に向かって水圧が出ているところでは、蹴伸びの姿勢になってお腹に水圧を当てたりとか、
仰向けでただ体を浮かべるだけとか(海水だから良く浮く)
ヨダレが垂れそうになるポイントが何か所かあって、すっごく気持ちいいです。

これは語るだけでは伝わらないと思うので、機会があったらぜひ体験いただきたい。


blog00005380.jpg

こちらはビーチです。
波がとても穏やかなのに遊泳禁止なのはなぜだろう。


blog00005379.jpg

場所取り争いすることもなく、のんびりとした時間が過ぎていきます。

客層ですが、私たちのように子育てがひと段落したようなご夫婦が多くて、皆さんとても仲が良さそう!

仲の良さでは私たちも負けてなくて、
「もし”仲良し夫婦ランキング”があったら、私たちは世界で10位には入るね!」
なんていつも相方と話していたのに、世の中こんなに仲良し夫婦がいたかー! って感じです。

私たちは先日大ゲンカしたばかりですけどね。なにか?( ̄∇ ̄)


blog00005381.jpg

砂浜にはカニの巣穴がたくさんあって、そうっとしておくと、こうやって出てきます。


blog00005382.jpg

分かりづらいですが、ヤドカリもたくさん。

中年夫婦が海岸でキャッキャ言ってるのは想像するとキモチワリーですけど、
みなさん、そんな感じなので、思う存分キャッキャ言ってください。


blog00005369.jpg

こちらはプールです。


blog00005362.jpg

インフィニティプールになっています。
深さは結構あって、168センチの私でも深いと感じました。

大人リゾートなので、とにかく静かですよ。
泳いでいる方もいますが、みなさん静かです。


blog00005358.jpg

別角度からの写真です。
隣にはバーがありますが、スタッフはいたりいなかったりで、どちらかといえば不在の方が多いです。
プールサイドでお酒を飲むのを楽しみにしていたのに、叶わずじまいです。



blog00005368.jpg

ブセナテラスの敷地は広いので、散歩もしてみました。

部瀬名岬(ブセナ)の右下に私たちが宿泊したテラスクラブ アット ブセナがあります。
岬の中央にはブセナテラス、先端にはお部屋にプール付きのヴィラがあります。


blog00005365.jpg

歩いても行けますが(たぶん10分くらい)シャトルバスも走っています。


blog00005406.jpg

テラスクラブからブセナテラスへはカートで送ってもくれます。


blog00005366.jpg

テラスクラブとは反対側の海岸へ来てみました。
正面に見えるのは、ブセナテラス。


blog00005408.jpg

ブセナテラスはお子様の宿泊OKだし、部屋数も多いので賑やかでしたよ。
テラスクラブとのギャップをかなり感じました。


blog00005407.jpg

blog00005409.jpg

blog00005367.jpg

テラスクラブとブセナテラスの間にあるバニァンビレッジ。
飲食店が多く集まっていますが、右下にはコンビニもあって便利。

コンビニなのにお部屋付けができて便利でした。


blog00005393.jpg

バニァンヴィレッジ内にある中華「琉華菜苑」に行ってみました。
コース料理は量が多そうでしたので、アラカルトでオーダー。

これは冷菜盛り合わせ
うー…うまい!


blog00005394.jpg

上海ガニの味噌入りフカヒレ姿とろみスープ
これもおいしい。


blog00005395.jpg

点心があったので、何点か注文しました。
こちらは春巻き


blog00005396.jpg

小籠包


blog00005397.jpg

海老餃子

う…うますぎる!
やっぱり動物性たんぱく質っておいしい!
肉万歳!


blog00005398.jpg

最後はマンゴープリンです。

お腹いっぱい食べられて、心も体も大満足。
やはり胃袋を満たすって大切なことですね。


blog00005364.jpg

テラスクラブ アット ブセナの記事はこれで終了です。
私たちにはイマイチなホテルでしたが、各種評価サイトを見ると本当に高得点なので、私たちがおかしいんだと思います。
なので参考にしない方がいいですよ。( ̄∇ ̄)
愚痴満載の記事を最後までお読みいただき、ありがとうございました!




<関連記事>

沖縄旅行① 出発~美ら海水族館

沖縄旅行② 紀乃川(沖縄料理)

沖縄旅行③ ザ・テラスクラブ アット ブセナ お部屋編

沖縄旅行④ ザ・テラスクラブ アット ブセナ ラウンジ編

沖縄旅行⑤ ザ・テラスクラブ アット ブセナ タラソプール&ビーチ&琉華菜苑

沖縄旅行⑥ 首里城&国際通り





ブログランキング参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします!


10:33  |  名護市・ザ テラスクラブ アット ブセナ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.10.04 (Wed)

沖縄旅行④ ザ・テラスクラブ アット ブセナ ラウンジ編

ザ・テラスクラブ アット ブセナ宿泊者は、お部屋のカテゴリーに関係なくラウンジを利用できます。

blog00005403_20171002140108dfb.jpg

Open 7:00~24:00
ティーサービス 7:00~19:00
ティータイム 14:00~16:00
カクテルタイム 17:00~19:00
バータイム 19:00~24:00

ライブラリーラウンジという名称らしいですが、蔵書数は少ない。


blog00005360.jpg

チェックイン後、さっそくティータイムにお邪魔しました。
リゾートホテルで海を眺めつつ本を読みながらのんびりと過ごす…。

これぞ大人のリゾートじゃぁないですか。


blog00005361.jpg

ドリンクはコーヒー紅茶以外に”リラックス””ビューティー”と銘打たれたハーブティーもあり、
数種類のハーブがブレンドされたお茶をいただくことができます。

見た目もキレイで、女子力が上がる気がする!


blog00005371.jpg
(これは夜に撮影)

その予定が、ラウンジはとにかく暑いです。

9月末ですけど、ここは沖縄。
気温が30度はあろうかという中、窓は全開オープン!外気入りまくり!

ホットを頼んだ自分を呪いたくなります。
何が女子力よ。
汗だくでお化粧なんかハゲちゃったわ。


blog00005385.jpg

アイスも頼めますけど。


blog00005384.jpg

孫悟空じゃないけど「オラに冷気を!」と言いたくなります。
地球のみんな!オラに、ちーっとだけ冷気を分けてくれ!
みたいな。


blog00005370.jpg

こちらはカクテルタイムの写真です。

ホテルによっては夕食代わりできるカクテルタイムもありますが、こちらはなりません。
種類も量も少ないので、夕食前にドリンクとおつまみを軽くつまむスタイルのカクテルタイムです。

そしてここでも社員教育不足の若手スタッフが足を引っ張ります。
各時間、中堅は一人いるらしいのですが、若手の方が人数が多いので、どうしても悪目立ちます。
うん…なんかもう、いろいろ頑張れ!


blog00005372.jpg

こちらは朝食です。

朝食ビュッフェはネットでの評価がとても良かったんですが、私たちの感想は違うものでした。


blog00005374.jpg

「オラに冷気を!」ならぬ「オラに肉を!」です。

中年ですから、お肉よりも魚の方がおいしくなってきてるからいいんですけど、
お肉はこのハムみたいなものだけ。

テラスクラブアットブセナは健康に気を遣う食事を提供しているそうなので、
そういうものをご所望の方には高評価なんですが、この時の我々はそういうものをご所望でない。

なので、急にお肉を食べたくなった私たちが悪いんです。そうなんです。
お肉だけじゃなく、パンもバターたっぷりのデニッシュが食べたくなった私たちが悪いんです。(ノ_-。)

ネットでは高評価だけど、何が高評価なのかをリサーチするべきでした。

これは私たち自身の責任なので、愚痴が飛び出しても個人的意見としてお読みいただければ幸い。
「災難だったわね~」と笑い飛ばしていただけると、尚よろしいかと。

朝食の詳細がホームページにありましたので、
ご興味がある方はコチラをご覧ください。


blog00005373.jpg

卵料理はオムレツ、スクランブルエッグの他にホワイトオムレツもありました。
高たんぱく低カロリーなんだそうです。
低カロリーということは、味が薄め。
この写真はホワイトオムレツじゃないですが、これも薄味でした。


blog00005401.jpg

しかし”健康志向”という目で見れば、内容は良いのかもしれません。┐(´-`)┌
オレンジジュースはマシーンが置いてあって、自分で搾りたてをいただくことができるし、
このマシーンを使うのは、なかなか面白かった。


blog00005375.jpg

サラダも種類が豊富です。
ゴーヤとかもずくとか、豆苗もありました。
トッピングの種類も多い。

ドレッシングもシークワーサードレッシングなんて沖縄ならではのものがありました。
これも良かったところ。


blog00005377.jpg

ヨーグルトのトッピングも種類が豊富。
ヨーグルト大好きなので、サラダボウルに入れてモリモリ食べます。


blog00005378.jpg

これはコンニャク麺。

普通の麺かと思って食べたら、歯ごたえがゴムのようにギュウギュウいいます。
油断していると、へんなところでヘルシー食材に当たってビックリしますけど。


blog00005376.jpg

テラス席は、この暑さの中でしっかり稼働中です。
写真は曇っているときに撮影していますが、晴れると日光が直撃です。

ちなみにエレベーター内も暑いです。
エアコン設備がないのかな?


blog00005399.jpg

海とは反対側にもテラス席がありました。
こちらは日陰でしたので、直射日光が当たらないぶん良いです。
暑いことは暑いけど。


blog00005400.jpg

料理の内容が分かって心構えができていれば、これもこれでアリか。という気になってきます。
いっそのこと、動物性たんぱく質を全部抜いてみようか、みたいな。

スムージーもあるし、ハチミツは数種類あるし、ミネラルウォーターも、ガス入りガス無しが置いてあるし、
女子ウケは、とってもすると思います。


blog00005359_20171003192734374.jpg


しかしラウンジ全般に言えることですが、ビュッフェ台のお皿やグラスがなくなっても補充は遅いです。
スタッフに声をかけている人多数。

さらに高級大人リゾートを満喫するはずが、スタッフがお皿をちょいちょい割るので騒がしいです。
高級をウリにしているのに、宿泊者が出す音よりも、スタッフが出す音の方が大きいです。
これもスタッフの若さゆえか。
もう少し中堅を配置してぇっ!


あぁなんかもう、良いのか悪いのかわからなくなってきたぞ。
とにかく肉を持ってこい。話はそれからだ。





<関連記事>

沖縄旅行① 出発~美ら海水族館

沖縄旅行② 紀乃川(沖縄料理)

沖縄旅行③ ザ・テラスクラブ アット ブセナ お部屋編

沖縄旅行④ ザ・テラスクラブ アット ブセナ ラウンジ編

沖縄旅行⑤ ザ・テラスクラブ アット ブセナ タラソプール&ビーチ&琉華菜苑

沖縄旅行⑥ 首里城&国際通り






ブログランキング参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします!


10:28  |  名護市・ザ テラスクラブ アット ブセナ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT>>