FC2ブログ
2020-04- / 03-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>05-

2017.09.26 (Tue)

西武鉄道 旅するレストラン 52席の至福

絶賛夫婦喧嘩中です。こんにちは。

今日は次男とレストラン車両に乗ってきた記事ですが、
”52席の至福”と銘打たれたこの車両は、西武鉄道が2016年4月から運行を開始したレストラン車両です。
ご存知でしたか?

私は全く知りませんでした。┐(´-`)┌

食べ歩きの計画は主に相方が立てているので、私は言われるがままついて行くだけなんですが、
冒頭に書いた通り、この2日前に盛大な夫婦喧嘩をしまして「俺は行かない」となった次第。

「そんな大人げないこと言わないで、一緒に行こうよ」と誘ったんですが、
「行かないったら行かない!子供と行ってくればいいじゃん」ですって。┐(´-`)┌

でも子どもと行くと言っても相手は思春期真っ盛りなのよ、どうなのよ?
誘ったって、いつも断られるっていうのに。

と思ったんですが、意外と食いつきが良かったです。
”電車でごはん”というのが、男子にはとても魅力的だったらしい。


blog00005253.jpg

52席の至福は、池袋、秩父、新宿、川越あたりで運行をしているようで、
今回は秩父→新宿のディナーです。

っていうか、秩父までどうやって行ったらいいのかも分からず、
次男とあれこれ相談していたら、相方がスッと予約済みの池袋→秩父間の特急券を出してくれました。
座席も指定されています。

「ここまでチケット用意しているなら、私が留守番してるから行ってくればいいじゃない (-_-)」
「いい!行かない!(`Д´) 」

メンドクセーやつだ。


blog00005245.jpg

そんなこんなで秩父に到着したら、特別車両がホームにスタンバイしていました。


blog00005246.jpg

車両は4両編成。
2・4号車がレストランになっていて、合計52席あるんだそうです。
それで、52席の至福なのね。


blog00005247.jpg

こちらが1号車で、多目的ホールになっているそうです。


blog00005248.jpg

こちらは3号車で、キッチン車両です。
全然見えないっすね。


blog00005251.jpg

4号車の車内です。


blog00005250.jpg

「車両のデザインが全部違うんだね」と言ったら「四季を表現しているんじゃない?」と次男。

おぉ賢い!
勉強もその調子で頼むよ。


blog00005252.jpg

乗車時刻になりました。
扉が開いて、赤い絨毯が敷かれましたよ。

私たちの席は2号車だったので
「4号車から乗って3号車のキッチンを見ながら行こうよ!」と言ったら
「フツー2号車なら2号車から乗るでしょ」とクールな次男。

なにおー!思春期男子め。
社会の秩序に反抗してこその反抗期でしょ!


blog00005254.jpg

…と思ったけど、これ以上嫌われるとお母さん泣いちゃうので言うことを聞きます。


blog00005260.jpg

車内はこんな感じです。
2号車と4号車の雰囲気は少し違うような気がしました。


blog00005256.jpg

blog00005257.jpg

blog00005259.jpg

blog00005258.jpg

このコースターは記念に持ち帰れます。
4種類あるみたいですよ。

飲み物は最初のシャンパンのみサービスで、あとは有料。
でもソフトドリンクは自由にお替りできました。


blog00005262.jpg

わ・わ・わ~感動:で彩る三色のオードブル
と銘打たれた前菜です。


blog00005263.jpg

紅油雲白肉~薄切り豚肉のガーリックソース わさび菜サラダ添え


blog00005264.jpg

すっぽんの冷し茶碗蒸し


blog00005265.jpg

燻製した帆立貝と焼きナスのたらし焼き

電車の中だし…なんて期待半分でしたが、これが結構おいしい!
あ、お値段書き忘れましたが、ディナーだと15.000円、ランチは10.000円です。
西武線の一日フリーパス付きなので(特急券は別)とても良心的な値段設定な気がする。

メニュー表に書いてありましたが、お料理の監修は、
スーツァンレストラン陳(東京)・菊乃井本店(京都)・ラ・シーム(大阪)でされているそうで、
納得のおいしさ。


blog00005266.jpg

コエドビールは、川越を本拠地とする地ビールです。

これだけではなく、ワインや日本酒、梅酒が秩父産だったりするので、
やはり地のものを意識した内容になっているようです。


blog00005267.jpg

岩魚すし キュウリのキウイのグリーンガスパチョ

これもおいしかったなぁ。
青くさいかしら?と思ったけど全然。


blog00005268.jpg

蜜汁火局牛肉~牛肉の豆鼓オーブン焼 四川の香りをのせて~

これもおいしかった!
骨付き肉でしたので、最後までガジガジいただきました!


blog00005270-1.jpg

車内では余興(?)が始まりました。

ランチコースだと、途中30分くらい停車して散策なんかもできるようですよ。
ディナーは散策どころか景色もよく見えませんが、
ライティングなどで車内の雰囲気はとてもオシャレになる気がします。


blog00005271.jpg

夏が薫る鮎の冷や汁うどん

鮎が割とごっそり入っていて、次男は見た目と苦みに負けて魚を一口だけ残していましたが、
コース全体を通して残したのはそれだけです。

子どもは味覚に正直なので、お料理がどれだけおいしかったかが分かっていただけると幸い。


blog00005275.jpg

百香果西米露~チャイニーズ・トロピカル・スイーツ


blog00005274.jpg

最後の締めは~よこぜのおいしい紅茶 ちちぶまゆを添えて~
だそうで、ちちぶまゆというのは秩父銘菓の一つなのかな?
マシュマロみたいなものでした。

「お好みで紅茶に浮かべてお召し上がりを」と言われたので早速トライ。
私はストレートが好みなので、これは意見が分かれるかも。


blog00005276.jpg

本当は料理を作っているところを写真に収めたかったんですが、すっかり片付けまで済んじゃってます。


blog00005272.jpg

最後にメッセージカードをいただきました。

お料理がおいしかったのは、良かった点の最上位ですけど、
途中駅に停車したとき駅員さんが手を振ってくれたり、ホームにいる人に写真を撮られたりと、
なかなか普段体験できないことを味わえたのもレストラン車両ならではで面白かったです。

所沢駅に停車したときは、ホームに人がたくさんいて「なんだ?なんだ?」
とジロジロ見られたのは、貴重な体験を通り越して恥ずかしいだけでしたけどね。

写真はありませんが、最後にお土産をいただいて終了です。
次はランチで乗ってみたいですけど、まずは相方の機嫌が直らないと。
じゃないと、予約の取り方とか私じゃ分からないんだなー。




ブログランキング参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします!


スポンサーサイト



09:57  |  西武 旅するレストラン 52席の至福  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |