FC2ブログ
2020-07- / 06-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>08-

2018.12.22 (Sat)

青山ブションアミュゼでメリクリ

「えーーっ! 俺、歩きすぎると疲れちゃうんだよなー。あんまり歩きたくないんだよなー」

すっとこどっこいな事をいう相方を連れて、
クリスマスの表参道に繰り出しました。

IMG_4678

東京都下在住なので、実際、都心に出るだけで疲れます。
特に今回は電車で行ったので、クリスマスの人込みにもあたって私も疲れてしまいました。

「甘いもんが食べたい」
50歳甘党男子が言うので、まずは糖分を与えます。


IMG_4675

あんなに大行列だったエッグスンシングス原宿店に、待ち時間ゼロで入店できました。
人気が落ち着いてきたってことなんでしょうけど、味は変わらずにおいしい。
1時間待ってでも食べたいかっていったらNOだけど、普通に食べる分には、とてもおいしい。

しかし今回書きたいのは相方の筋力不足についてではなく、
今まで何回か書いてきた、青山にあるブションアミュゼの再訪問記なんです。

過去記事にも書きましたが、ここは一番のお気に入り店です。
「おススメのお店は?」と聞かれたら食い気味で「ブションアミュゼ」と答えたい。

私と相方の美容院が近いこともあり、月に1回は通っていますが、記事にするのは久しぶりです。


IMG_4683

今回はクリスマスメニューです。

これは進藤シェフ直伝のレバーペーストが間に隠れています。

進藤シェフとは、六本木のロブション(ラトリエ)の副料理長まで務めた方で、現ラリュームのシェフ。
そして、ブションアミュゼのプロデューサー(現在は代わった)

さらにブションアミュゼの前田シェフは、進藤シェフのもと、ラトリエで腕を磨いた方。
もう、味は間違いないです。
私と相方は「プチロブション」と心の中でこっそり呼んでいます。


IMG_4684

メニュー表を持ち帰るのを忘れてしまったので、
私の戯言と写真のみお楽しみください。


IMG_4685

IMG_4686

とても大きく厚みのあるフォアグラです。

火入れも何もかも私好み。
ソースにはトリュフが入っていて、香りも良いです。


IMG_4687

IMG_4688

お肉はもちろんですが、前田シェフの野菜は、甘味が十分に引き出されて、とてもおいしい。
オープンキッチンなので調理しているところが良く見えるんですが、
ただ炒めているだけにしかみえないんですよね。

私たちには分からないプロの技があるんだろうな。


IMG_4689

これで乾杯のシャンパン付きで@10,000円です。
安いですよね~。

ランチだったら、もっとお安く食べられますよ。
本当に今一番おススメのお店です。


最後は表参道のイルミネーションです。

IMG_4691

IMG_4697





スポンサーサイト



10:45  |  東京・青山ブション アミュゼ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.10.28 (Sat)

ブション・アミュゼ 2017年10月

青山ブション・アミュゼ 3回目の訪問です。

やばいやばい、どうしよう。
本当においしいんだけど。

ブションとは居酒屋という意味があり、その名の通り気軽に入れるお店ですが、
シェフはロブションにいた方なので味は間違いなし。
且つお値段お手頃。コスパ良すぎ。
安くておいしいものが食べられるなんて、この上ない幸せ~♪

blog00005632.jpg

というわけで、今回は全5品のコース@5.400コース(乾杯ドリンク付き)をいただきます。
シャンパンを飲みながら前菜をつまみますが、右上のレバーペーストはとても滑らかでおいしい。
このお店でお気に入りの一品です。


blog00005633.jpg

ポタージュですが、なんだったかなぁ…。
中にレンコンが入っていて、クリーミーな触感の中に突然シャリシャリしたものが現れます。
バゲッドもおいしいですよ。全然手を抜いていない味です。


blog00005634.jpg

秋刀魚と茄子です。
居酒屋でこのクオリティはないだろー。

ね?ね?
本当にお得感満載なんです。


blog00005635.jpg

アンガス牛の藁焼き
これも食べていただきたい一品。

友人が何気なく一口食べて「なにこの香り!すごーい」と素の感想をもらしていました。
お肉もサッパリしていておいしいし、洋わさびをたっぷりつけて食べるのがオススメです。
お塩も添えてありますが、このお塩もおいしいんです。


blog00005636.jpg

これは絶対に食べていただきたい一品。
フォアグラのSTAUB御飯です。

コースに一人プラス900円で追加できますが、単品だと2.200円です。
オレンジで炊いたご飯の香りやキノコの香り、そこにフォアグラのコクが合って極上のご飯です。


blog00005637.jpg

これをすべて混ぜ、最後にオレンジの皮のすりおろしをかけていただきます。
あんなに立派なフォアグラを混ぜちゃう贅沢。
写真を見ていても、また食べたくなっちゃいます。


最後はクレームブリュレのデザート付きですが、こちらは写真撮り忘れ。


ランチで6千円オーバーは高いですけど、このクオリティと味なので、私としては許容範囲です。
もちろん、もっと簡単に楽しめるランチもあって、こちらはなんと750円から!
スープとデザートまでついていて、お昼時はOLさんで賑わいます。

私も次回はこちらにチャレンジしてみます!
青山のOLじゃないけど!






ブログランキング参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします!


aoyama bouchon amuserビストロ / 表参道駅外苑前駅明治神宮前駅

昼総合点★★★★ 4.3




09:42  |  東京・青山ブション アミュゼ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.07.26 (Wed)

ブション・アミュゼ 2017年7月

あーやばいやばい。
すんごいおいしい、どうしよう。

…というわけで、ブション・アミュゼ2回目の訪問です。
味覚は人によって大きく変わりますし、三ツ星獲得してたって万人がおいしく感じるわけじゃない事は分かっていますが、
今回のブション・アミュゼは私にとってストライクど真ん中でした。(どストライクってやつね)

予約は今回も一休.comからで、シャンパン付コース5,400円です。


IMG_5500.jpg

まずコーンスープで心を鷲掴みにされます。
とにかく甘い。


IMG_5501.jpg

天使の海老と椎茸のフリカッセ、加茂茄子です。
うーん、おいしい。
茄子ってこんなに甘かったのね。
添えてある新生姜がいいアクセントになって、本当においしい。


IMG_5502.jpg

アンガス牛の藁焼きです。(写真は2人分)
しっかりスモークされていて香りも良いのですが、マスタードがこれまた秀逸。


IMG_5503.jpg

フォアグラのSTAUB御飯
もうこれは、行ったら絶対に食べなきゃいけない一品です。


IMG_5504.jpg

最後のデザートまで期待を裏切らないおいしさ!
もー超おいしかったー!

甘い、うまい、おいしいばかりの連呼で、ボキャブラリーのなさには今更ながらビックリですが、
どストライクだったゆえ、許してくださいませ。





12:35  |  東京・青山ブション アミュゼ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT>>