FC2ブログ
2020-02- / 01-<< 1234567891011121314151617181920212223242526272829>>03-

2018.04.14 (Sat)

わざわざ行く価値あった!おいしい以上のものがある 料亭 山田屋

東京で高いお金を払って食べるより、
現地まで行って食べたほうが安いんじゃね?の検証中です。
結果は、最後の記事で発表です。

IMG_2384_201804121221020ce.jpg

大分から特急で40分。
駅から徒歩5分くらいのところにあります、料亭 山田屋。


IMG_2387.jpg

初めて行ったときはグーグルマップ片手にウロウロしたけど、
おしゃべりしながらでも行けるようになりました。
成長したなぁ。


IMG_2389-2.jpg

今回は、お庭が見えるお部屋に案内していただきました。
来るたびに趣向の違うお部屋で、こちらも楽しみのひとつ。


IMG_2392.jpg

山田屋で驚くことは、接客の担当が変わっても、
前回どんなお話をしたのかご存じだっていうこと。

例えば「ワンちゃんを飼ってらっしゃるんですよね」的な他愛もない話もご存じ。

どこかに記録しているのかな?記録しているんだろうな。
でもおかげで何度も自己紹介しなくて済むので助かります。


IMG_2393.jpg

そして予約の電話を入れたとき、白子の季節は12月~3月なので、
もしかしたら冷凍になってしまうかもしれないことなど、ちゃんと説明していただけたのが好印象。
やはりお客様の期待を変な形で裏切らないのは大切だと思う。


IMG_2399.jpg

てっさを見ると、テンションあがりますぅ!


IMG_2401.jpg

「先日は、下関のフグも食べてきたんですよ」 という話から、フグ談義をしましたが、
最終的に、フグはどこで食べてもおいしい。ということで決着。

何度も言うけど、比べようとした自分が浅はかでした…。(・・*)ゞスミマセン


IMG_2403.jpg

白子です。

冷凍か冷凍じゃないかなんて、そんな無粋なことは聞きませんよ。
食べても全然わからないし、甘くておいしければ何でもいいです。
それに、この大きさと言ったら!


IMG_2404.jpg

白子はこんな玉手箱みたいな器に入っているんですが、
蓋を取るのが毎回楽しみ。


IMG_2405.jpg

IMG_2407.jpg

IMG_2408.jpg

てっちりの写真がこれしかなかった!


IMG_2409.jpg

お店の方曰はく、雑炊は別腹だそうです。
あーわかるなーそれ。


IMG_2410.jpg

元祖別腹ですね。
桜の最中アイスでした。


IMG_2411.jpg

臼杵(うすき)駅で特急を待つ間、こんなものを見つけました。



山田屋はやっぱりおいしかったです。
おいしいだけじゃなく、お店の方全員に共通して言えるのは、
打ち解けやすい雰囲気を持ってるっていうこと。

私たちのことをある程度事前に把握しているというものあるかもしれませんが、
馴れ馴れしさとは違う、人懐っこさと、
できるだけ私たちの希望に沿ったサービスをしてくれているのがひしひしと伝わってきます。

次の季節まで半年以上ありますが、
まだまだ山田屋には通うんだろうな~。




<ここまでの費用>
首都高速 ¥1,010
航空券 ¥0(マイル利用)
大分空港→大分駅 高速バス代 ¥3,100 @1,550
宿泊代 ¥17,770
特急券+乗車券往復 大分駅⇔臼杵駅 ¥5,440(@¥2,720)
山田屋 ¥38,016(8品コース@¥15,000 飲み物代含む総額)

合計 ¥65,336


ここで一度比べてみましょう。
比べるのは、ミシュランで三ツ星を獲得した山田屋 西麻布店。
相方が「これ東京で食べたら金額倍だからねぇ!」と鼻息荒く語る、あの西麻布店です。

同じ8品コースが@\33,000
二人で¥66,000円
ドリンク別なので、この時点では現地派圧勝ですね。

でもここに羽田空港駐車場代をプラスしたらどっこいどっこい?
でもそうしたらホテルもっと安くても良くない?
そもそもマイル利用がズルい気がするけど、そこは置いといて…

うん。
やっぱり現地圧勝。☆^∇゜)





もうちょい続きます。






ブログランキング参加中!
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると更新の励みになります。
よろしくお願いします!


スポンサーサイト



09:41  |  大分・料亭 山田屋  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.02.21 (Wed)

熊本・大分旅行⑩ 料亭山田屋 臼杵本店

去年食べたフグの味が忘れられず、今年も臼杵へ行ってきました!

5DM40901.jpg

「山田屋のフグは、去年食べたものの中で一番おいしかった! ( ̄‥ ̄)=3 」
とは、相方の談。

おいおい、妻に喧嘩売ってきたよ。

そこは「一位二位を争うおいしさ」くらいにしておかないと、
お小遣い上がらないぞ。


5DM40903.jpg

でも、そこまで言ってしまう相方の気持ちもわかります。
本当に、とてもおいしいのです。


5DM40906.jpg

注文したのは、ふぐコース@15,000円

他は11,000円、12,000円のコースと、
お昼限定のミニコース7,000円があります。

ちなみに東京で食べたら、15,000円コースは倍の値段になります。
交通費、宿泊費をプラスしたら、こちらのほうが全然高いけど、
来るだけの価値は十分ありますっ!(力説)


5DM40913_2018021717004372e.jpg

てっさがほんのり色味を帯びているのが分かりますか?
とってもとっても甘くておいしいです。


5DM40915.jpg

白子ですよ。
このサイズが2個も!


5DM40917.jpg

ひれ酒です。
香りがたまりませんでした。


5DM40919.jpg

フグの天婦羅


5DM40923.jpg

フグ寿司


5DM40924.jpg

お鍋が来ました。


5DM40926.jpg

てっちりです。
フグが、これでもか!これでもか!と襲い掛かってきます。


5DM40928.jpg

最後の最後までフグです。
あぁ…こんなにおいしいものを、ありがとう。
伊藤博文ありがとう。


5DM40930.jpg

「また来年のお楽しみか~」

と相方は後ろ髪をひかれていましたが、
別に毎月行っても全然いいけど。
むしろいいけど。
相方のお小遣いでなら。




<関連記事>
熊本・大分旅行① ソラシドエア 羽田-熊本 SNA011 
熊本・大分旅行② 菅乃屋 上通店
熊本・大分旅行③ 黒川温泉お宿のし湯 源泉付き離れ しおん 宿泊記
熊本・大分旅行④ 黒川温泉お宿のし湯 源泉付き離れ しおん お部屋編
熊本・大分旅行⑤ 黒川温泉お宿のし湯 源泉付き離れ しおん 施設編
熊本・大分旅行⑥ 黒川温泉お宿のし湯 源泉付き離れ しおん 食事編
熊本・大分旅行⑦ 鬼山ワニ地獄
熊本・大分旅行⑧ 別府海浜砂場
熊本・大分旅行⑨ 別府温泉 ホテルうみね 源泉掛け流し半露天風呂 スイートルーム宿泊記
熊本・大分旅行⑩ 料亭山田屋 臼杵本店
熊本・大分旅行⑪ 料亭やまさ旅館






ブログランキング参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします!


09:59  |  大分・料亭 山田屋  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.02.04 (Sat)

料亭 山田屋  臼杵本店

別府から電車で1時間。
臼杵(うすき)駅から徒歩10分。

今回の旅行のメインイベントである、料亭 山田屋へ行ってきました。
こちらは ふぐ料理がとても有名。
ふぐと言えば下関ですが、豊後水道のふぐもおいしいらしい。一度、本場のふぐを食べてみよう!
と行ってきました!


blog00003559.jpg

東京にも店舗があり、こちらは三ツ星も獲得しているそうですが、
相方が言うには、お値段がよろしくない。
本店だと15.000円ふぐフルコースが東京だと3万オーバー。

「倍だよ!倍!」

と鼻息荒いけど、航空料金と宿泊費プラスしたら、こちらの方が全然高いよね。
なんて思ったけど黙っています。
まぁ私はおいしいもんが食べられればなんでもいいのよね。


blog00003561.jpg

玄関を入ると、着物を着た方が出迎えてくださり、奥のお座敷へ案内してくださいました。
あらやだ、言葉遣いが変だわ。
さすが100年以上の歴史ある料亭。雰囲気が全然違います。


blog00003560.jpg

女優のKさんも利用されたというお部屋に案内してもらいましたが、
それよりなにより、このお店はglobeのKEIKOのご実家なんだそうです。
そこは触れなくていいのかい?
と思ったけど、我々もそれが目的ではないし、ミーハーでもないので、
globe世代だけれど、ただただ純粋にふぐをいただいてきました。


blog00003562.jpg

まずは前菜ですが、こちらはふぐ感ゼロです。
でもおいしいです!


blog00003563.jpg

てっさです~!

新鮮だと薄く切れないので、本場のふぐは厚いと聞いていましたが、本当でした。
でね、
なにがビックリって、初めてふぐに風味を感じました。

今まで食べてきたてっさは「贅沢に2枚取り~」なんてアホな事やってたけど、
風味のないものは2枚重ねで食べたって、なんとも感じないんですね。

でもこちらのは違う。
ふぐの風味や甘みが感じられる!
ポン酢に付けても全然負けてないし、今までおいしく感じていたのはポン酢の味だったんだ!
と愕然とするほどおいしいふぐでした。


blog00003564.jpg

ポン酢に入れるお薬味ですが、これらがまたおいしさを倍増させてくれるんです。


blog00003565.jpg

これね、白子ですよ。白子。
仲居さんも「あら、お餅みたい」と言っていましたが、本当に大きい!

電車がなかなかないので、車で行こうかと思ったんですが、
電車にしてよかった~!お酒が飲める~!お酒がおいしい~!

とうるさいくらいに唸りながら食べてきました。
この白子は、またいつか食べたいなぁ。


blog00003566.jpg

ふぐの天婦羅


blog00003567.jpg

ふぐの軍艦巻き


blog00003568.jpg

ふぐ焼き
大きさ分かるかしら?
そして嘴(くちばし)もあるんですよ。
食べるのに少しだけ勇気がいりました。少しだけね…。


blog00003569.jpg

てっちり


blog00003570.jpg

仲居さんがすべて調理してくれました。
この間のおしゃべりも、また楽しい。


blog00003571.jpg

てっちりの身は骨が多かったので、出汁がよーく出た雑炊もめちゃめちゃおいしい。



もうね、今までのふぐへの概念がすべて吹っ飛びました。
ふぐって淡白な白身魚だと思ってたんですが、高級魚なんですね。
ほかの魚ではない風味と甘みがたまらない。
今まで食べていたふぐは、なんだったんだ?
東京店にも行ってみようっと。

最後は電車の時間を調べてくださって、時間も調整してくださってありがとうございました。
高級料亭だけど、お客様々ではない接客が、とても心地よかったです。




<関連記事>
ANA プレミアムクラス 羽田-大分 ANA791便
活魚料理処 関の瀬
別府 地獄めぐり  海地獄
大分 別府温泉 ホテルうみね
料亭 山田屋  臼杵本店
福寿司
別府海浜砂湯
由布院・ゆむ田の森温泉 草屋根の宿 龍のひげ こごみ 施設編
由布院・ゆむ田の森温泉 草屋根の宿 龍のひげ こごみ 食事編
由布院散策
ぎょうざ 湖月
ANA プレミアムクラス 大分-羽田 ANA800便








山田屋ふぐ / 臼杵駅

夜総合点★★★★ 4.5


15:56  |  大分・料亭 山田屋  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |