FC2ブログ
2020-07- / 06-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>08-

2016.11.27 (Sun)

リッツ・カールトン 香港 クラブラウンジ

リッツ・カールトン香港のクラブラウンジへ。

ラウンジは116階にありますが、カードキーをかざしてから階数ボタンを押さないと反応しません。
お部屋階も同様。

一番最初に行ったときは部屋番号を聞かれたけど、
2回目以降は何も聞かれず、顔もすぐに覚えてしまった様子。

滞在中何度も通いましたが、スタッフの面々もそんなに変わらないので、
少数精鋭でシフトを回しているのかも。


blog00002976_20161127134535ccd.jpg

ラウンジは常に人がたくさんいたので、全景はこの写真で勘弁してください!
全部で50座席くらいあるかなぁ。

座るとすぐに飲み物を聞きにきてくれます。
シャンパンでもワインでも好みを言えばすぐに持ってきてくれるので、とてもサービスはいい。

朝食 6:30~10:30
軽い昼食 11:30~14:00
アフタヌーンティ 15:00~17:00
オードブルとカナッペ 17:00~20:00
デザート 20:30~22:30
未確認ですが、22:30以降もスタッフは不在だけど、ラウンジは使えるらしい。

12歳以下のお子様は、6:30~18:00まで利用可能
3歳以上12歳以下は有料(300香港ドル プラス10%サービス料)


blog00002942.jpg

到着後、まずはオードブルタイムにお邪魔しました。

これ酢豚なんですが、すっごくおいしかった!
やっぱり中華料理おいしいわ~♪


blog00002943.jpg

お肉料理は普通だったけど。(酢豚がうますぎた)


blog00002944.jpg

サラダ


blog00002945.jpg

ケーキ
別日にはマカロンタワーもありました。


blog00002946.jpg

ホットメニューのカウンター。
この時はターキーを切り分けていました。

「ターキーってなに?」と相方。
…いいから黙って食べなさいよ。 鳥よ!鳥!

朝食時、こちらのカウンターでは卵料理を作っていました。


blog00002947.jpg

そういえば、バナナを食べている人がたくさんいました。
香港では人気なのかな。


blog00002948.jpg

チーズはシェーブル(山羊)まで置いてありました。
シェーブル大好き!嬉しい!


blog00002949.jpg

ワインサーバーらしいですが、使わなかったので使い方はわからないです。
というのも、ワインに限らず、紅茶でもコーヒーでも
自分でドリンクを入れようとすると、スタッフがすぐに声をかけてくれます。
ホントに油断も隙もないくらいで(笑)サービス満点です。

飲み物が少なくなると、すぐにお代わりも聞きに来てくれるので、飲み物に関しては完全お任せ。
目配りに限って言えば、三ツ星レストランに負けてないかも。


blog00002950.jpg

瓶ビールもあるんです。


blog00002951.jpg

フードを取っている間に、シャンパンが届いていました。

一口飲んで「おいしいなぁ」とは思ってたんです。
でもお代わりをお願いして持ってこられたボトルを見てビックリ!
ルイ ロデレール ブリュット プルミエだったんです。

さすがリッツ。
バブリーですね~。

よってこの後、ことあるごとにシャンパンばかり飲むことになります。


blog00002952.jpg

一皿目


blog00002953.jpg

スープ


blog00002954.jpg

二皿目
酢豚は欠かせません。


blog00002955.jpg

紅茶はTWGでした。
カモミールがあった!


blog00002974.jpg

コーヒーはネスプレッソ
お部屋にあるマシーンとは違うタイプで、ラテとかマキアートなんかも作れるようです。
ボタンがいろいろあったので、にらめっこしていたら、やっぱり声を掛けられて作ってくれました。


blog00002975.jpg

飲み物をいただくだけでも癒されます~。


blog00003015.jpg

これは、最後のデザートタイムでいただいたお菓子とワイン
こんな上品でおいしいお菓子がラウンジではいただけます。


blog00002956.jpg

こちらからは朝食の写真ですが、このジュースがおいしかった!
オレンジジュースを飲んだんですが、たぶん搾りたて。


blog00002957.jpg

焼売


blog00002958.jpg

blog00002959.jpg

blog00002960.jpg

デニッシュが美しすぎる!
めっちゃおいしそうだし、実際とてもおいしかった。


blog00002964.jpg

クロワッサンだけで3種ありました。


blog00002966.jpg

美しすぎるので写真撮りまくり!


blog00002961.jpg

blog00002962.jpg

blog00002963.jpg

blog00002965.jpg

ボンヌママンのジャム各種


blog00002967.jpg

シリアル各種


blog00002968.jpg

アフタヌーンティもお邪魔してきましたよ♪


blog00002969.jpg

これで2人分です。


blog00002970.jpg

スコーンもラウンジで出てくるレベルとしてはおいしすぎるくらいでした。
クロテッドクリームもおいしかったなぁ。

奥にあるのはさつま揚げみたいなもの。
まさか、と思ったけど、味もさつま揚げでした。


blog00002971.jpg

ケーキは甘いです。
手前のチョコクリームがお腹に重い。


blog00002972.jpg

手前はフォアグラのムースですが、これもおいしい。





私たちがアフタヌーンティをいただいていたとき、隣の席ではプロカメラマンぽい人が2人
何やら撮影の準備を始めました。
ソファに照準を合わせていたので、インタビューか何か始まるのかな?誰かな?
とお茶をいただきながら暫く待っていたんですが、始まる気配がまったくなく、部屋に戻ることにしました。

そうしたら、他の席にサッカーの某有名選手が!!
こちらでもインタビューを受けているようでしたので、この方の撮影なのかは分からずじまいですが、
有名人に会えたのはラッキーでした。

でも日本人は周りに誰もいないので、みんな気づいている感はまったくなし。
それとも分かっててそっとしておいたのかな~。



話はそれましたが、リッツ香港のラウンジはなかなか良かったですよ。
クラブルームをリクエストすると、それなりの料金にはなりますが、景色はいいし、料理もおいしいしで満足でした。




<関連記事>
JAL プレミアムエコノミー搭乗記 羽田→香港 JL29便
JAL プレミアムエコノミー搭乗機 香港→羽田 JL26便
リッツ・カールトン香港 お部屋編
リッツ・カールトン香港 クラブラウンジ
リッツ・カールトン香港 天龍軒
香港観光 オープントップバス・女人街・尖沙咀プロムナード
香港島へ 電車・タクシーの乗り方
本格飲茶を食す!翠園(旺角店)  金魚街・花園街街市熟食中心(市場)散策





ブログランキング挑戦中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします!






tag : リッツカールトン香港 宿泊記 クラブラウンジ アフタヌーンティ

14:19  |  リッツ・カールトン 香港  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.11.27 (Sun)

THE RITZ CARLTON 香港

今回お世話になったのは、リッツ・カールトン香港
香港と言えばペニンシュラが人気のようですが、クラブラウンジがなかったのでリッツにしました。
(あるのかもしれないけどJTBパンフレットではなかった)

blog00002932.jpg

一番左のビルがICCビルで、102階~118階がリッツ・カールトンです。(香港島から撮影)
天気が悪いと雲の中に入ってしまうくらい高く、景色はとても良い。


blog00002933.jpg
(真下から撮影)

立地ですが、尖沙咀(サムサーチョイ)という繁華街からは少し離れています。
電車で行くと直線では行けず、グルーっと回らないといけません。
調べたら30分くらいかかるようです。

でもタクシーだったら10分30~40香港ドル(550円前後 1ドル150円計算)
香港のタクシーは安いので何度も利用させてもらいましたが、これで交通の不便さは解消できました。
しかしタクシーに乗って「リッツカールトンまで」と言って通じたのは、若者ドライバー一人だけ。
あとは通じず「ICCホテル」って言った方が、よっぽど通じました。
発音悪かったのかしら?


blog00002919.jpg

正面玄関ですが、実質ビルの9階にあります。
世界的な一流ホテルなので、入口には常にボーイが何人もいます。
タクシーもすぐに声をかけてくれるし、何か忘れ物をした際に必要だからと、タクシーナンバーを控えたメモをくれます。
でもこれは台湾ではデフォなのかな?


blog00002941.jpg

入口ロビー。
JTBの現地職員が言っていましたが、リッツまでガイドしたのは3か月ぶりだそうです。
それくらい日本人の利用は少ないらしい。
そしてその言葉通り、チェックアウトするまで日本人にはまったく会いませんでした。
(厳密にはラウンジで一人会う…うふふ♪)


blog00002936.jpg

フロント(103階)への直行エレベーターです。
高層エレベーターによくある「速いです!何秒で到着します!」なエレベーターではなく、
そこそこ時間もかかるし、そこそこ揺れます。
どれくらい揺れるかというと、電車がスムーズに走っていて、吊革につかまらなくても大丈夫な程度。
ということは、日本のエレベーターでは無いくらい揺れます。


blog00002940.jpg

103階に到着して降りると、こんなギラギラ。
さすがリッツ。
ギラギラさせずにはいられないのね!


blog00002939.jpg

フロントですが、クラブフロアをリクエストしたので、手続きはラウンジでもできます。
チェックイン時はすいていたのでこちらでしましたが、JTB現地職員とリッツの職員が英語で会話していたのは意外だった。
「広東語を話せないらしくて」と言ってたけど、中国全土って広いんですね~。


blog00002922.jpg

部屋は115階。
デラックス・ビクトリア・ハーバービュールームをリクエストしたので、景色は良いはず。
期待に胸を膨らませながら歩く廊下もギラギラ


blog00002901.jpg

さぁ到着です。


blog00002935.jpg

高いかもって思ったけど、飛行機に乗っていたので、そんなに高さを感じなかった!(笑)
っていうか、高いところ好きなのでなんでもいいわ~。


blog00002924.jpg

真下では再開発?が行われていました。
真下を見ると、ちょっと高さを感じるかも。


blog00002934.jpg

窓際にはクッションが置かれています。
小粋な演出だけど、ガラス割れたら泣いちゃうね。


blog00002938.jpg

別日撮影ですが、曇るとこんな風になります。
完全に雲の中に入ると、まったく何も見えない!


blog00002900.jpg

お部屋探検の前に、客室はこんな風になっていますよ。
22号室はとっても広いお部屋ですね。


blog00002902.jpg

枕は一人2個ずつ。
高めと低めがあり、読書灯もあるので、両方使えて便利。
奥にはオットマン付チェアがあり、こちらも便利。


blog00002918.jpg

ラグジュアリーなベッドサイド
スイッチ類も分かりやすく、使いやすい。
変に凝ったスイッチだと、何が何だかわからないのよね。


blog00002903.jpg

デスクもあり、椅子も2個あるので向かい合って座れます。
左の椅子は勢いよく寄りかかると、ガーッと倒れてビックリするらしい。(相方談)


blog00002904.jpg

マカロンがうまそう。
9階にあるピエールエルメのマカロンかなぁ?


blog00002905.jpg

ウェルカムフルーツ


blog00002906.jpg

水屋もギラギラ


blog00002907.jpg

ネスプレッソとリッツオリジナル紅茶があります。
香港は水道水が飲めないので、ミネラルウォーターもありますが、こちらもリッツオリジナル
なかなかカッコいいボトル。


blog00002908.jpg

blog00002909.jpg

blog00002910.jpg

ハンガーが大量!

リッツだからなのか、香港がそうなのかは分かりませんが、
「どこかでパーティーでもあるのかな?」と思うくらい、オシャレな人がたくさんいましたよ。

私の事を上から下まで目線を走らせ洋服チェックする人も結構いて(そしてなぜか自信を帯びた顔をする)
オシャレ意識の高い人が多いのかもしれないですね。


blog00002911.jpg

バスルーム


blog00002912.jpg

バスタオルは大きくて重い。
重いバスタオルは使いづらいなぁって思うのは私だけかしら。


blog00002914.jpg

シャワールーム


blog00002915.jpg

レインシャワーは出口が多くて水が分散され、本当に雨のようでした。
一点集中なハンドシャワーの方が使いやすい。


blog00002916.jpg

アメニティはアスプレイ。
リッツといえば、アスプレイ。


blog00002917.jpg

アメニティ


blog00002921.jpg

バスにもテレビが付いていましたが、NHKの国際版しか観られません。
まぁテレビっ子の相方が、どこに行っても日本のテレビ番組をリアルタイムで観られるようにするので、
私は黙って待ってればいいだけですけど。


blog00002927.jpg

さて、こちらはICCに直結しているショッピングモールです。


blog00002928.jpg

高級ブランド店が立ち並び、目がくらみそう。


blog00002930.jpg

この一角だけ飲食店が並んでいました。


blog00002931.jpg

下に下に進んでいくと、九龍駅(クーロン駅)に到着します。
エアポートエキスプレスと直結しているので、ここで航空会社のチェックインができるらしく、
各航空会社がずらーっと並んでいました。
荷物もこちらで預かってもらえるらしい。




利用していないものもありますが、リッツのサービス一覧を載せておきます。

フィットネスジム&プール 118階
 フィットネス 24時間利用可
 プール 6時~22時
 サウナあり (男性:ドライ 女性:スチーム)

スパ 116階 9時~23時

電圧とプラグ 
 香港の電圧は220V(日本は100V) 電圧AC100-240V対応の電化製品は変圧器不要らしい
 全客室にマルチアダプターあり
 ハウスキーパーにお願いすれば、変圧器レンタル可能
 ※ こちらはあくまで自己責任でお願いします。
   我が家は念のため、なんでも変圧器を通すようにしています。
 
Wi-Fi 無料で利用可 パスワード不要

リムジンサービス
 ロールスロイス・ファントム(!)をドライバー付きで利用可能。
 もちろん有料

プレスサービス(クラブフロアのみ)
 到着時に渡す。2枚まで

送迎サービス(クラブフロアのみ)
 クラブカーで九龍エリアのみ片道送迎。
 事前予約で、7時~22時まで30分間隔。



レストラン一覧

Ozone 118階
 最上階に位置する、世界一高いバー

Cafe103 103階
 チョコレートをテーマにしたラウンジ
 チョコレートアフタヌーンティ 15:30-18:00
 ランチビュッフェ、ディナービュッフェもあり

TOSCA 102階
 南イタリア料理

天龍軒 102階
 広東料理 ミシュラン2つ星

The Lounge Bar 102階
 朝食ビュッフェ、アフタヌーンティ、もあるバー。
 時間によって生演奏もある。




<関連記事>
JAL プレミアムエコノミー搭乗記 羽田→香港 JL29便
JAL プレミアムエコノミー搭乗機 香港→羽田 JL26便
リッツ・カールトン香港 お部屋編
リッツ・カールトン香港 クラブラウンジ
リッツ・カールトン香港 天龍軒
香港観光 オープントップバス・女人街・尖沙咀プロムナード
香港島へ 電車・タクシーの乗り方
本格飲茶を食す!翠園(旺角店)  金魚街・花園街街市熟食中心(市場)散策




ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング参加中!
クリックお願いします。









tag : リッツカールトン香港 宿泊記 デラックス ビクトリア・ハーバービュー ラウンジ プール 電圧 プラグ

13:37  |  リッツ・カールトン 香港  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |