FC2ブログ
2020-07- / 06-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>08-

2016.11.30 (Wed)

JAL プレミアムエコノミー搭乗記 香港→羽田 JL26便 ラウンジ利用

香港から羽田行きもプレミアムエコノミー(プレエコ)を利用しました。

プレエコはラウンジ利用ができるんですが、香港のJALラウンジは、2015年12月1日から、
カンタス航空の運営する"The Qantas Hong Kong Lounge"を間借りしているそうです。

そしてこのラウンジ、飛行機好きにはたまらないラウンジでした。

blog00003059.jpg

ホテルから空港までは車で40分ほど。
渋滞もなく、順調に到着。
チェックインカウンターも、そんなに混んでいませんでした。


blog00003060.jpg

”離港”って書いてありますが、イメージわきますね。
ゲートは南と北がありますが、北から出国した方がラウンジは近いです。


blog00003075.jpg

イミグレを抜けて、すぐ(もう本当にすぐ!)右を向くとラウンジが見えます。


blog00003061.jpg

一歩入ってビックリ! 広い!
写真で見える一番奥までラウンジです。


blog00003062.jpg

バーカウンターにあったメニュー表。
ソフトドリンクが多いですが、ヤクルトなんてものもあります。


blog00003063.jpg

フードコーナーです。
広さはこの程度。


blog00003070.jpg

blog00003071.jpg

blog00003069.jpg

種類は豊富とは言えませんが、こんなのもあるようです。


blog00003065.jpg

盛り付けの一例

カレーは日本の方がおいしい。
これ食べたら、急に自分の作ったカレーが食べたくなり、帰国後すぐに作りました。
ハンバーグは見た目にそぐわずおいしかった。
ケーキに外れはないだろうと期待していたら、そうでもなかったです。

隣で相方がシャンパンをフツーに飲んでいましたが、
”俺は羽田から運転なんかしないぞ!運転はお前だ!”という意思表示がビシバシ伝わってきます。

別に運転くらいするけどさー。
そしてシャンパンを注いで持ってってあげたのは、私なんだけどさー。(あぁ優しい)


blog00003064.jpg

こちらはラウンジ奥の方にあるドリンクカウンター
写っていませんが、右にはコーヒーマシーンもあります。
ポテトチップス等のポリポリ系もありました。

ポテチおいしいな~と思ったら、日本製でしたよ。


blog00003068.jpg

左上にあるのはシャンパンです。
「なんならボトルでどうぞ」ってことなのかしら?
バブリーだわ。


blog00003072.jpg

新聞各紙


blog00003074.jpg

座席は様々なパターンがあって、こういったカフェスタイルのものや、一人座席、ソファ等々たくさんあって、
お気に入りの場所が必ず見つかりそうです。


blog00003066.jpg

我々は飛行機がよーく見えるところに座りましたが、大正解でした。
飛行機好きの皆さん!このラウンジ超面白いですよ!

右のゲートにシンガポール航空が駐機していますが、ずーっと観察していると、
グランドハンドリング(空港地上支援)の作業がよく見える!
飲み物を取りに行きたいのに席を立てないくらい面白い♪


blog00003073.jpg

JL26便は16番ゲートだったので、その前に座っていたんですが、
「もしかして帰る飛行機が到着するんじゃない?」なんて思っていたらビンゴ!

到着してから飛行機を駐機場に誘導するマーシャリング
ボーディングブリッジが機体に近づいて、お客様が降りてくる。
手荷物と貨物の搭降載
機内食や飲み物の搭載
燃料給油
お掃除部隊のみなさま

等々よーく見える。


blog00003076.jpg

とどめが、機長と副操縦士がゲートの入り口に立って機体を眺めながら談笑している。
なんて素敵な後姿なのー!
と思っていたら、CAも合流し、みなさんでボーディングブリッジを渡って搭乗していきました。

もう目が離せないったら、ありゃしない!
ラウンジなんか利用せずに、ずっとゲートの前で待っていればいつでも見られるんでしょうけど、
これをラウンジで見られるのがいいじゃないですか!
たまらんですねぇ。


blog00003077.jpg

搭乗のアナウンスが始まったのでラウンジを後にしてゲートに向かいますが、
順番は一番最後なので、どうせならと最後に搭乗することにしました。

写真は待ってる間に撮ったんですが、こういった充電システムを何か所か見ました。


blog00003078.jpg

USBからの充電もできるんですね。
羽田にもありますけど、マジマジと見るのは初めてでした。

この写真で、香港のコンセントが分かりますね。
ちなみに香港の電圧は220V(日本は100V)
電圧AC100-240V対応の電化製品は、変圧器を通さず利用可能らしいですが、自己責任でお願いします。


blog00003079.jpg

最後に搭乗しましたが、本当に私たちが最後だったようで、乗り込んだらすぐにドアを閉める作業が始まりました。
子どもたちが小さいときは、あれやこれやと荷物を出し、シートベルトに括り付け、
とにかく静かにさせることに時間を費やしていたので、最後に搭乗するなんて考えられなかったけど、
なんてラクになったんでしょう。


blog00003080.jpg

離陸1時間後、サービスが始まりました。


blog00003081.jpg

機内の詳細については、往路便をご参照ください。

食事は鶏胸肉のマスタードブラウンソースとグリーンピース入りマッシュポテト
うどん、ハムと野菜の胡麻風味サラダ、フレッシュフルーツ、ハーゲンダッツ
お味噌汁がおいしかったなぁ。





<関連記事>
JAL プレミアムエコノミー搭乗記 羽田→香港 JL29便
JAL プレミアムエコノミー搭乗機 香港→羽田 JL26便
リッツ・カールトン香港 お部屋編
リッツ・カールトン香港 クラブラウンジ
リッツ・カールトン香港 天龍軒
香港観光 オープントップバス・女人街・尖沙咀プロムナード
香港島へ 電車・タクシーの乗り方
本格飲茶を食す!翠園(旺角店)  金魚街・花園街街市熟食中心(市場)散策





ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング参加中!
クリックお願いします。








スポンサーサイト



tag : 香港 JAL ラウンジ カンタス航空 電源 電圧 コンセント JL26

07:15  |  JAL プレミアムエコノミー 羽田ー香港  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.11.27 (Sun)

JAL プレミアムエコノミー搭乗記 羽田→香港 JL29便

JAL プレミアムエコノミー(略してプレエコ)を利用して香港に行ってきました。

旅行はJTBで申し込みましたが、Cクラスの追加料金が75.000円 プレエコが30.000円(旅行当時)
片道4時間前後という短時間が決めてとなり、初プレエコ利用となりました!

まずは私なりにビジネスクラスとの比較をしてみます。

チェックイン…プレミアムエコノミーカウンターがありますが、エコノミーとあまり変わらないかも
プライオリティパス…タグが荷物に付きますので、到着時、優先的に荷物が出てきます。(これ結構重要)
ラウンジ…ビジネスと同じようにサクララウンジが使えます。(同じものが飲み食いできます)
優先搭乗…ありません。エコノミー前列という扱いで最後の搭乗になります。
座席&機内食…のちほど写真にて。(プレエコからシャンパンがサービス)
機内のトイレ…エコノミーと同じ場所

blog00002878.jpg

10時搭乗なのに、羽田に到着したのは6時過ぎ。
イミグレも混雑前に抜けられたので、あっという間に体がフリーになります。
でも飛行機好きなので、早めに行くのは全然問題ない!
3時間何しよう~♪

夏にシンガポールへ行った際、子ども達が「六厘舎がうまかった!」と絶賛していたので、
こちらで朝食を摂ることにしました。


blog00002879.jpg

初めていただいたので一番人気の、つけ麺をいただきます。
メニュー表は国際空港らしく日本語、英語、韓国語で書かれていましたよ。

麺は太麺。
スープはこってり系。

中年夫婦の朝食としては重いです…。半分しか食べられなかった。
でも味はおいしい。
スープ割とかして飲んでみたかったけど(そば湯的に)あったのかなぁ。

「さすが子どもたちは若いね!朝からあんなにガッツリ食べられないよ」と話しながら、
子どもたちが食べたのは、つけ麺ではなくラーメンだったことを思い出す。


blog00002881.jpg

食べた後はラウンジへ移動しますが、JALのラウンジは2か所あります。
一つ目は112番ゲートの目の前にあり、私はだいたいこちらを使います。(イミグレから一番近いから)

下の階にダイニングがありますが、お腹いっぱいなので上階でまったりします。
JALラウンジといったらメゾンカイザーのパンだけど、それも入らないくらいパンパン。


blog00002880.jpg

でもクッキーは入るんです。(大好物)
ビールはちゃんとサーバーがあり、生ビールとモルツ(だったかなぁ)の2種類ありました。
相方と飲み比べをしたら、生ビールの方がコクがあっておいしかった。
で、その生ビールは私がいただくという。

ここで2時間ほど時間を潰しますが、
飛行機好きの私につき合わされ、早起きさせられた相方はグーグー寝てました。
ここは人も少ないし、とても静かなので寝てても全然大丈夫。


blog00002882.jpg

搭乗の時間になり、ゲートへ向かいます。
今回の座席は20ACなので、搭乗は最後。

優先搭乗のみなさんの列を眺めながら待ちますが、なんだか現場が慌ただしく、
どうやら現地の天候調査中とかで搭乗時刻が5分、10分と伸びていきます。
そして15分ほど待った時、優先搭乗のみなさまが一気に散会!とばかりにバラバラに列を離れていきました。

我々エコノミー客にはアナウンスの声が届きませんが、どうやら搭乗時刻が未定になったらしい。
「ラウンジの利用ができるお客様は、どうぞラウンジでお待ちを…」という声がかすかに聞こえたので、
スックと立ち上がり、私は嬉々としてラウンジへ向かいます。
飛行機も好きですが、ラウンジも好きなんです。
なので、遅延とか全然大丈夫なんです。


blog00002883.jpg

同じラウンジに行っても仕方ないので、今度は114番ゲート近くにあるサクララウンジ・スカイビューへ行きます。
カウンターで「台湾便なんですけど…」と言ったら
「大変申し訳ございません。こちらでお待ちください」と話が早い。


blog00002885.jpg

そういえば、こちらのラウンジを初めては使うかも。
たしかスカイビューというだけあって、飛行機のよく見える席があったような…。


blog00002886.jpg

でも、いつ搭乗のアナウンスが入るか分からないので、冒険してもいられません。


blog00002884.jpg

機内食も楽しみなので、軽く食べようとしていたら
「台湾便は、まもなく搭乗を開始します」とアナウンスが!
あわててシャンパンを飲み干し、サンドウィッチを口に放り込みゲートに向かいます。
15分もいなかったんじゃないかなぁ。
あ、このサンドウィッチうまかった。


blog00002899.jpg

そんなこんなで、初プレエコ搭乗です。

見えているアメニティは枕、ひざ掛け、ヘッドフォン、スリッパ。
スリッパがあるのはありがたい。

機体はB777-200
ビジネスは 1-2-1
プレエコ 2-4-2
エコノミー 3-4-2の配列になっていました。

ビジネスクラスはJAL SKY SUITEⅢでしたよ。
Ⅲは初めて見ましたが、座席が斜めになってました。
でもちょっと狭い? JAL SKY SUITEⅡの方が広そう? 壁があるから狭く感じるのかな?
どちらにせよ、フルフラットになるのは羨ましい。


blog00002889.jpg

座った感じは、こんな感じ。
身長170センチの相方が膝を組んでも大丈夫です。

画面はタッチパネルで、慣れるまで時間がかかりました。
どうしてもリモコンで操作しようとしてしまいますが、タッチでなんでもできます。

横の人の画面はプライバシー仕様になっているので見づらくなっています。
写真だと分かりますが、実際は覗き込まないとなんの映画を観ているのか分かりません。
相方が「おおかみこどもの雨と雪」を観ているのにはビックリしたけど。

前の座席の真ん中にあった小物入れが非常に便利でした。


blog00002890.jpg

足元はオットマン(写ってない)と足置きもありました。
足置きは高さが3段階に調節可能。


blog00002891.jpg

これがリモコン。
新しいせいか、とても感度がいいです。サクサク操作できます。

機内エンターテイメントはさすが日系。豊富です。
まだ劇場公開しているであろう「君の名は。」もありました。
私が見たのは、「Xメン アポカリプス」「ペット」「君の名は。」

飛行機でありがちな、よくわからない中国語や韓国語の字幕が消せずに、そのまま観る。
みたいなうっとーしいこともなく、こういう細かい配慮は感心しきり。


blog00002892.jpg

安定飛行になるまで映画を観てはいけません。電子機器はすべて電源オフ!とにかくジッとしててください。
的なことも昨今なくなったので、着席後から映画を見始めますが、なかなか出発しない。
なにやら係の人が近づいてきて、液体を振りまいています。

これとは関係ありませんが、貨物庫でなにやら異常があったらしい。
またしても30分くらい機内で待機。
映画観られてよかったわ。


blog00002893.jpg

トータル1時間くらいの遅延でやっと離陸。
機内食のサービスが始まったころには、すっかりお腹がすいていました。
ラーメン完食すればよかった。

メニューは北海道シリーズと題されていて
エスカロップ  ポテトとサーモンの盛り合わせ  フレッシュサラダ醤油胡麻ドレッシング
ハーゲンダッツ

内容はたぶんエコノミーと同じ。
ドリンクが、プレエコだとシャンパンが選べるらしい。

味は期待していなかっただけにおいしかったです。完食してしまいました。
おつまみ系も普段は食べないのに、こちらも完食。
やるなぁ。


blog00002894.jpg

機内ではWi-Fiも有料で使えます。
今回は映画が面白かったので使わなかったけど、以前使ったときは簡単にできました。


blog00002895.jpg

これを読んで「読書灯が付いてるんだ!」と気づく


blog00002896.jpg

blog00002897.jpg

映画を観終わった後は、飛行機の現在地とか高度とか分かる画面を付けっぱなし。
あれ好きなんですよね~。
そして内容が充実してて、さらに楽しかったです。


blog00002898.jpg

4時間ちょっとで香港に到着。
現地は晴れ

現地の天候調査中…ということで30分くらい遅延したけど、なんの調査だったのか。


座席は足が伸ばせないままだったのは疲れたけど、4時間くらいなら耐えられるかな。
相方も丸まってなんとか寝ていたし。


そうそう。
今回初香港ですが、入国スタンプがパスポートに押印ではなく、小さい紙を渡されました。
よーく見ると、滞在期日とかパスポート番号が書いてある。
なんのことだかわからず、相方は帰国後に捨てちゃったみたいですが、
スタンプを押す時間短縮のためにそうしたらしい。

私はパスポートに各国のスタンプが溜まっていくのが楽しみだったのになぁ。
悔しいから両面テープで貼り付けました。

そして荷物ですが、プライオリティパスのおかげで、すぐに出てきますが、
ツアーだと全員揃うまで行動できないので、ここで20分くらい待ちます。
パスが付いているのと付いていないのとでは20分くらい違うのか…。

追加料金を払うのには、それなりの訳があるんですね。




<関連記事>
JAL プレミアムエコノミー搭乗記 羽田→香港 JL29便
JAL プレミアムエコノミー搭乗機 香港→羽田 JL26便
リッツ・カールトン香港 お部屋編
リッツ・カールトン香港 クラブラウンジ
リッツ・カールトン香港 天龍軒
香港観光 オープントップバス・女人街・尖沙咀プロムナード
香港島へ 電車・タクシーの乗り方
本格飲茶を食す!翠園(旺角店)  金魚街・花園街街市熟食中心(市場)散策






ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング参加中!
クリックお願いします。




tag : JAL プレミアムエコノミー 搭乗記 JL29 プレエコ 料金 入国 スタンプ

09:29  |  JAL プレミアムエコノミー 羽田ー香港  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |