FC2ブログ
2020-07- / 06-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>08-

2017.07.09 (Sun)

里山十帖 2017年6月

新潟県、南魚沼にある里山十帖へ3回目の訪問です。

blog00004532.jpg

ここは本当に居心地がよく、自宅に帰っても、またすぐに行きたくなってしまうほど!
このお宿は「デトックス」とか「エコ」がコンセプトなので、
日常生活汚れっぱなしの私は、こういう場所に行かないと魔王化してしまうんですよね。

宿の詳細は過去記事を参照していただけると幸いです。
お部屋は1月にも宿泊した201号室なので、お部屋の詳細も割愛します。

<過去記事>
里山十帖 2016年9月 施設編 204号室
里山十帖 2016年9月 食事編

里山十帖 2017年1月 施設編 201号室
里山十帖 2017年1月 食事編


blog00004535.jpg

前回は雪景色だったのに、今回は緑が眩しい!


blog00004533.jpg

館内着(オーガニックコットン)は、今回も着心地サイコー。


blog00004567.jpg

ヴィリダリ・デセルタとのコラボシャツみたいですね。
相方が「欲しいっ!」と熱望していましたが「絶対高いからやめてぇっ」と反対。

だってこの日、私は車をこすっちゃいましてね、傷をつけちゃったんですよ。(ノ◇≦。)
運転は好きだし得意だと思ってたんですけど、左後ろのバンパー?フェンダーの上あたり?に直線30センチの傷。
相手は大きな石なので被害は車だけですが、修理代がぁっ!代車費用がぁっ!
と絶賛落ち込み中でした。


blog00004566.jpg

すごいショック!今日一日やり直したい!と落ち込む私の横で
「大丈夫だよ。保険使って直せば?」とのんびりしている相方が神に見えました。ありがとう。
オーガニックコットンは買ってあげないけどね。


blog00004558.jpg

でも、お礼にお風呂上がりのシャーベットを持ってきてあげました。
これは夕涼みテラスと呼ばれる場所の冷蔵庫にあったもの。
以前はビールがサービスで置いてあったんですが変更になったみたいです。


blog00004571.jpg

こちらは宿泊棟1階にあるラウンジです。
前回と配置が少し変わっていました。


blog00004573.jpg

いろいろな家具がお試しで使えるようです。
値札が付いている家具もありました。


blog00004555.jpg

食に関する本がずらり。


blog00004536_20170706065917ed9.jpg

正面玄関を出てすぐのところにある自然の冷蔵庫。
冷たい湧き水でビールがよーく冷えています。


blog00004538.jpg

さて夕食です。今回は  ~早苗饗 芒種の頃~  と題されていました。


blog00004537.jpg

「森の目覚め 命の水」
イタヤカエデの樹液

カエデの樹液なので煮詰めるとメープルシロップになるそうですが、
ほんのり甘みの感じられる飲み物でした。


blog00004539.jpg

「名残りの山菜料理盛り合わせ」
白和え、厚揚げ、糸瓜、マタタビ


blog00004540.jpg

「野生の味」
ワラビのすり流し


blog00004541.jpg

日本酒は高千代。
もちろん買って帰ったことは言うまでもない。


blog00004542.jpg

「笹寿司」
塩引き鮭の飯鮓し


blog00004543.jpg

「山が育てる海の幸」
佐渡サザエ 芹


blog00004545.jpg

「在来種妙高こそばのひっつみ」
くたくたに煮込んだ朝採りズッキーニとアスパラガスをからめて
クロモジオイルの香り


blog00004546.jpg

「粟島浦の甘鯛」
甘鯛の糖衣焼き スイバのソース


blog00004547.jpg

メインディッシュである白米に火が入ります。


blog00004548.jpg

「在来種寄居かぶのサラダ」
チーズ 杉の新芽と山の香りのドレッシング


blog00004549.jpg

「妻有ポークのグリル」
梅味噌らっきょう シシウドとクルミのソース


blog00004550.jpg

お米の煮えばなが完成です。
ひと口だけいただきます。


blog00004551.jpg

蒸らした後、さらにいただきます。


blog00004552.jpg

シャーベット


blog00004553.jpg

「季節の甘味と薬草茶」
豆腐プリン 
薬草茶にはどくだみが入っていると言っていました。


今回も大満足です。
この後はホタルが見られるというので、敷地内のおススメスポットへ行ってみました。
もうすでに人も集まっていて、皆さんが指さす方向を見ていると野生のホタルがたくさん!
飛びながら光っているホタルもいて、商業用のホタルしか見たことのない相方が興奮していました。


01_20170709114227afb.jpg

火の玉みたいですが、飛んでいるホタルです。

この時、遠雷が聞こえていたんですが、部屋に戻った15分後くらいに雨がすごい勢いで降り出しました。
もうタイミングバッチリで、普段の行いの良さには我ながら誉めてあげたいと思ったくらいです。
(車ぶつけたけど)


blog00004557.jpg

梅雨らしく、夜はシトシトと雨が降り続けた翌朝です。


blog00004559.jpg

早苗饗の朝食


blog00004560.jpg

「無添加すりおろし ニンジンジュース」
「郷土料理 切り菜」
「手作りのお惣菜 盛り合わせ」


blog00004561.jpg

朝食は御飯ではなく、お味噌汁を自分たちで仕上げます。

若いカップルでしたら、キャッキャ言いながら作って楽しいでしょうけど、
主婦にとっては珍しくもなんともないので「ソッチデツクッテクレヨ」というのが本音。

あと、係の方が近くにいる時は丁寧に菜箸を作って具材を鍋に入れますけど、
いなくなったとたん素手で掴んでドバッと鍋に入れました。
お豆腐とか菜っ葉を菜箸でなんて取ってられないですよねー。
素手っすよ、素手。マイハンドが一番。


blog00004562.jpg

「いろどり野菜たっぷり 野菜鍋」


blog00004563.jpg

「日本海の幸 いわしの生姜煮」


blog00004564.jpg

「厚焼き玉子」


blog00004565.jpg

「南魚沼産コシヒカリ 今井聡さんのお米」



食事は本当においしくて、車に傷を付けて凹んでいた私でしたが(車だけに)
おかげさまですっかり癒されました。

リピーターさんや連泊さんが多いようですが、それも納得です。
お風呂もいいし、食事もいいし。

また数か月後にも伺う予定ですが、
その頃までにはぜひ、お味噌汁をそちらで作っていただくシステムでひとつよろしく!



スポンサーサイト



16:20  |  新潟・里山十帖  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.01.08 (Sun)

里山十帖 2017年1月 食事編

里山十帖の食事は、早苗饗(さなぶり)と呼ばれる料理です。

田植えが終わった後、豊作を祈ると同時に、
田植えに協力してくれた人々をもてなすことだそうです。

前回は野菜中心でしたが、冬はたんぱく源を多めに取るとのことで、
魚やお肉が前回よりも多めでした。

題して
~早苗饗 小寒の頃~ 熊あなにこもる

blog00003434.jpg

「冬の野菜クリアスープ」
冬の野菜をゆっくり煮だしたスープ


blog00003435.jpg

「のっぺ2016」
里芋、大根、人参…別々に炊いた冬の根菜を詰め込んで


blog00003437.jpg

「冬野菜の五味」
雪室人参、酢大豆、糸瓜、ビタミン大根、タラの芽


blog00003438.jpg

「小さな握り」
佐渡ぶり、ひらめ昆布締め


blog00003439.jpg

「鴨とこそば」
在来種蕎麦パスタと合鴨と葱の取り合わせ


blog00003440.jpg

「レクチェの冬サラダ」
下仁田ネギ、ルレクチェ


blog00003441.jpg

「鰆柚庵漬」
焼き白菜を添えて


blog00003442.jpg

さぁ、ご飯を炊き始めますよ。


blog00003443.jpg

「蓮餅」
大口蓮根のすりおろしでつくった蓮餅のあんかけ


blog00003444.jpg

”煮えばな”が完成しました。
今回は全部自分たちで炊きましたよ。
タイムキーパーは相方でした。
次男は見守っていただけ。


blog00003445.jpg

「大根 新潟和牛雪室熟成肉」
和牛煮込み、大根、あられ柚子


blog00003446.jpg

「ごちそう<御>飯(はん)」
完成しました!3人で完食です。


blog00003447.jpg

お口直しのシャーベット


blog00003448.jpg

「季節の甘味と薬草茶」
八海山

以上で夕食は終わりです。
以下、朝食です。


blog00003423.jpg

朝食のお味噌汁も自分で作ります。
そういえば、前回は年齢層が高かったけど、今回は若い子も多かったです。
きっとキャッキャ言いながら作るんだろうなぁ。

オバサンは毎日作っているので、特に目新しくもないのです。


blog00003425.jpg

お味噌汁の具材。


blog00003433.jpg

赤味噌です。


blog00003424.jpg

御飯のお供。


blog00003430.jpg

この日は七草がゆでした。
次男がキレーに七草を避けて食べてたなぁ。


blog00003426.jpg

手作りのお惣菜 盛り合わせ


blog00003427.jpg

郷土料理 切り菜(きりざい)
納豆に野沢菜などの古漬けを合わせた魚沼の郷土料理


blog00003428.jpg

無添加すりおろし にんじんジュース


blog00003429.jpg

日本海の幸 いわしの生姜煮


blog00003431.jpg

この中には…


blog00003432.jpg

だし巻き卵が入っていました。




里山十帖のキーワードは「エコ、デトックス、オーガニック」だと思うのですが、
今回も存分に堪能できました。
次はどの季節に行こうかな~。

リピーター率が高いというのも納得の宿です。




他、たくさんの情報を過去記事に載せていますので、
ぜひ下記のリンクからもご覧ください。


<過去記事>
里山十帖 2016年9月 施設編
里山十帖 2016年9月 食事編

<関連記事>
里山十帖 2017年1月 施設編
里山十帖 2017年1月 食事編









17:01  |  新潟・里山十帖  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.01.08 (Sun)

里山十帖 2017年1月 施設編

里山十帖 2回目の訪問です。
前回伺った際、雪深い時期に来てみたい!と思っていた念願が叶いました。


<過去記事>
里山十帖 2016年9月 施設編
里山十帖 2016年9月 食事編


そうはいっても豪雪地帯。
東京モンが行ったら雪道にハマって迷惑になるんじゃないかと内心はヒヤヒヤでした。

雪に強い4WDは昨年の秋に買い替えてしまって、新しい車はまさかのFR。
電車で行く案も考えましたが、私の車がFFのスタッドレスタイヤなので、これで行くことに。
あとはゆっくり走れば大丈夫よね、と。

blog00003350.jpg

最寄りのIC周辺の景色です。
冬の関越トンネルを始めて走りましたが、本当にトンネルを抜けたら雪国でした。


blog00003351.jpg

東京からは3時間くらいで到着するんですが、あまりにもビビりすぎて5時間前に出発。
しかしお正月も過ぎていたので渋滞もなく、順調すぎるくらい順調に到着してしまいました。


blog00003352.jpg

通常は15時チェックインですが、一休特典で14時チェックイン アウトは11時です。


blog00003353.jpg

HPに「最後の難所」と書かれていた駐車場周辺ですが、キチンと除雪されていました。
これくらいなら全然平気。


blog00003379.jpg

さぁ到着しましたよ。
今回もお世話になります!


blog00003382.jpg

門松も立派です。


blog00003415.jpg

今回もこのオブジェに迎えていただきました。


blog00003354.jpg

ウェルカムドリンクは生ビールも選べます。
お茶請けは、酒粕のチーズケーキ


blog00003373.jpg

今回宿泊したのは、露天風呂付ファミリーメゾネット
(お部屋の詳細はコチラ→http://www.satoyama-jujo.com/hotel/
1泊2食付きで@39.744円でした。


blog00003355.jpg

次男も一緒だったので、エキストラベッドが入っていますが、
このお部屋、とっても良かったです!


blog00003356.jpg

リビングのソファはハンス・J・ウェグナーのGE290です。
なんで知っているかというと、HPに書いてあったからです。

メゾネットタイプって、下階か上階、どちらかに集まってしまって片方を全然使わない経験しかなかったんですが、
今回はまんべんなく利用しました。
居心地も抜群です!


blog00003357.jpg

なんか、かわいらしい階段。
階段下にあるガウンが、とても暖かかったです。


blog00003358.jpg

上階のベッドルーム
角部屋なので窓があって明るい。


blog00003359.jpg

天井も、とても高かった。


blog00003365.jpg

パジャマは前回同様オーガニックのもの。
着心地もいいんですよね~。
靴下だけ持ち帰りOKです。


blog00003361.jpg

窓際に置いてあったドリンクセット
下階にも同じように置いてあったので、6人分くらいありました。
冷蔵庫内にはお水、烏龍茶、ビールが3人分ずつ。


blog00003362-2.jpg

電話もかわいらしい。


blog00003366.jpg

上階にも下階にもベランダがあります。


blog00003360.jpg

上階、ベランダからの景色です。


blog00003396.jpg

かわいらしい椅子です。
ゆらゆら揺れるタイプですが、外はとても寒いので、のんびりはできなさそう。


blog00003363.jpg

上階のトイレです。
下階にもあるんですよ。
マックス4人まで利用できるらしいので、トイレが2か所あるのはいいですね。
上階だけシャワールームがこの奥にありました。


blog00003364.jpg

今回もタオルウォーマーが大活躍。
タグが付いているタオルは持ち帰りOKです。
もちろんオーガニック


blog00003368.jpg

下階のトイレ
アメニティグッズは上下階とも同じものが準備されていました。
6人分くらいあったんじゃないかなぁ。


blog00003369.jpg

客室付き露天風呂です。
シャワーもありますが、寒くてここではとてもとても…。

前回のお部屋は追い炊きを自分でするシステムでしたが、
今回は温度が自動調節機能つきでしたので、何もせず常に良い温度でした。


blog00003370.jpg

お茶菓子


blog00003372.jpg

大浴場に行く際は、この籠に入っているタオルを持参していきます。


blog00003375.jpg

館内を探検しますが、詳細は過去記事の方が詳しく載っています。
里山十帖 2016年9月 施設編

前回と違うところだけ載せていきますが、こちらは前回使われていなかった薪ストーブ
ここに火がともるのを見たかったんです。
近くにいるととても暖かいし、裸火ってジッと見てると癒されますよね。


blog00003374.jpg

東京モンには見慣れない光景ですが、雪の重みで窓ガラスが割れないようにしているんでしょうか。
聞けば今年はまだ雪が少なく、普段ならこの窓いっぱいにまで雪が積もるそうです。

「雪が少なくて物足りない…」

なんておっしゃっていましたが、いやいや。
私にはこの程度で十分ですよ。
十分雪を満喫しています。


blog00003377.jpg

ところどころに間接照明があります。
それにしても、築150年の古民家だというのに、館内はとても暖かい。


blog00003380.jpg

積雪で枝が折れないようにしているのかな?


blog00003381.jpg

こちらにも。


blog00003383.jpg

16時から30分間の”かんじき”を履いたお散歩ツアーがあったので参加してきました。
”かんじき”は今まで適当に履いていましたが、初めて正しい履き方を知った。
まぁ今までの履き方も間違えてはいなかったけどね。(負けず嫌い)


blog00003384.jpg

駐車場まで歩いてきて、かんじきの感触を楽しんだり、動物の足跡を見つけたり、
まだ何の跡も付いていない雪にバタッと倒れて人型を作ったりしてきました。
もっと積もっていたらかまくらとか作れたのかなぁ。


blog00003416.jpg

大浴場は2箇所あって、夜間22時に男女が入れ替わります。
こちらは左側の露天風呂。
最初は男性用でした。


blog00003417.jpg

これもそう。


blog00003419.jpg

こちらは左側の露天風呂
HPとかでよく見るのはこちらだし、景色もこっちの方がいいです。


blog00003418.jpg

新潟はめったに晴れないそうですが、少しだけ夕焼けが見えました。
10日に1回くらいって言ってたかな?

他、たくさんの情報を過去記事に載せていますので、
ぜひ下記のリンクからもご覧ください。



<過去記事>
里山十帖 2016年9月 施設編
里山十帖 2016年9月 食事編

<関連記事>
里山十帖 2017年1月 施設編
里山十帖 2017年1月 食事編









16:27  |  新潟・里山十帖  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT>>