FC2ブログ
2020-07- / 06-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>08-

2016.09.01 (Thu)

シンガポール航空 SQ636 シンガポール-羽田 ビジネスクラス搭乗記

さて、シンガポールからの復路便です。

帰りは22:30分発なので、ホテルのピックアップは19:30
30分ほどでチャンギ国際空港 第3ターミナルに到着

ビジネスクラスのカウンターはガラガラで、あっという間に手続きは終了。

そしてシルバークリスラウンジが素晴らしい!と聞いていたので、
とっても楽しみに行ってきました!

…が!

やはり旅行の疲れが出てきたのか、写真が全然ありません。


blog00002177.jpg

昼間に汗をたくさんかいたので、まずは飛び込むようにシャワールームへ!

この時間は混んでいるかと思ったのですが、女性の方はすぐに入れました。
男性の方はビジネスマンが多いのか、10分くらい待ったそうです。


blog00002178.jpg

リンスインシャンプーとボディソープ
今回はホテルのアメニティを持っていたので、備え付けのものは使いませんでした。

さすがに日本のシャワールームと同じくらいキレイ!
というわけにはいきませんが、それでも十分です。

扉の外にはスタッフが常駐していて、
お客様が来れば誘導し、利用が終われば掃除をしていました。

なので羽田のように搭乗券を渡して鍵を受け取って…という手続きは不要。

そしてお楽しみのシルバークリスラウンジですが、
人が多くて写真が撮れませんでした。
なので箇条書きで感想を…。


・広い!
・21時前後に利用しましたが、男性が多く、女性は少ない。(8:2くらい)
・欧米人が多い! 
・8割くらいの利用で人がたくさんいるのに、恐ろしいくらい静か。
・欧米人って、お行儀いい人が多いのかしら? 本当に静か。
・子どももいるのに(欧米人)静か。 マジで静か。
・とにかく静か。


・料理は種類は多いが、残念ながらおいしくない。
・相方がお寿司を残していたので食べようと思ったら「食べない方がいい」と真剣な顔で言われた。
・お腹空いていたのにー!
・飲み物はおいしい。
・ケーキもおいしかった。
・でもお腹ペコペコだったので、全然満たされない。


ビジネスクラスの搭乗時刻は15分前の22:15でしたので、のんびりすることもできたのですが、
静かすぎるし何食べてもおいしくないしで、すぐに出てしまいました。
期待しすぎちゃったかな~。

今まで使ったラウンジで、一番良かったのはロンドン・ヒースロー空港
ヴァージン航空のラウンジかな。(記事はコチラ
あれは断トツでよかった。


blog00002179.jpg

チャンギ国際空港のセキュリティチェックは、搭乗直前にターミナルで行われます。

シャワールームで使った洗顔フォームが、容量オーバー(100cc以下)で没収されてしまいました。

うわ~ん、新品だったのにぃ!
そんな洗顔フォームで爆弾なんて作らないわよぉ!

なんて思ったけどルールはルールだから仕方ないですね。
「処分しますよ」って言われたら「はい」って言うしかない。


blog00002180.jpg

往路便はガラガラでしたが、復路便はほぼ満席だったんじゃないでしょうか。
ウェルカムシャンパンをいただきながら、夜食のオーダーをします。
でも空腹のピークが過ぎてしまっていたので、フルーツとチーズだけお願いしました。

飛行機は定刻通りに離陸。

しばらくしてサービスが…と思いましたが、機体が安定せずなかなか始まりません。
酔いも回ってウトウトしているところ、サービスが始まって起こされましたが、
この時すでに深夜12時近く。
空腹がもうどうでもいい状態になってしまっていたので「やっぱりもう寝ます」とお断りして、
自分でフルフラットにして寝ました。


blog00002181.jpg

羽田着は6:30で、その30分前に起こされました。

シンガポール航空のNEWビジネスクラスの寝心地はとても良いです。
往路便でも書いたシートベルトが締まってくるのだけがマイナスポイントですが、
クッションもいいし、羽毛布団もいいし、ぐっすり眠れます。
何度も言いますが、JALのビジネスクラスもぜひ見習ってほしい。(その時の記事

目覚めにオレンジジュースをいただいて、着陸に備えます。

忙しい中、担当のCAさんが「Mt FUJI」と指さして教えてくれました。
富士山を見ると日本に帰ってきたな~って思いますね。


blog00002183.jpg

無事に到着です!

復路便はシャンパンとオレンジジュースしか飲めなかったので、
悔しいからメニューだけ記載しておきます!


<和食>
先付け:甘鯛握り寿司、赤キャベツの漬物
酢の物:鰹のタタキ、玉ねぎ、大根、もやし、ポン酢とともに、生姜花を添えて
強肴:コーン・テリーヌ、しらす炒め、オクラ
綿:そうめん、若芽
八寸:鶏もも肉にトマト、ビネガーソース、チェリートマトのスライスと千切りキャベツ
炊合せ:車海老のウニの冬瓜詰め、蓮根、さやえんどう、さつま芋の片栗餡かけ
口取り:タコ、芋つるの胡麻和え、小鯵南蛮漬け、キュウリのスモークサーモン巻き
     焼き麩、枝豆
焼物:シーバスの網焼き ウニ・ソースをかけたウニとミニきゅうりとともに
ご飯:ご飯に鰻と錦糸卵
止椀:お味噌汁、豆腐、なめこ、三つ葉
水菓子:抹茶ティラミス


<洋食>
前菜:ニソワーズ サラダにツナ
     焼き目を付けたキハダマグロの切身、トマト、さやえんどう、堅ゆで卵、カラマタ・オリーブ
     ハーブ・ビネグレット酢
メイン:以下から一品
 牛フィレのグリル  
 チキンの串焼きに大麦とボルチーニサラダ添え セージソースとともに
 シンガポール風ラクサ
デザート:マカダミアアイスクリーム
     キャラメルがけバナナのコンポート添え
チーズ:チーズ各種
     レッドチェダー、カマンベール、ブルースティルトン、ガーニッシュ
フルーツ:季節の果物



飲み物は往路便をご参照ください。





<目次一覧>

シンガポール航空 SQ631 羽田-シンガポール ビジネスクラス搭乗記
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-329.html

マリーナ・ベイ・サンズ・ホテル 
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-330.html

ザ・ショップス・アット・マリーナ・ベイ・サンズ(ショッピングセンター)
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-331.html

アドベンチャー・コーブ・ウォーター・パーク(セントーサ島 プール)
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-332.html

シンガポール・シーフード・リパブリック・セントーサ(チリクラブ)
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-333.html

Wonder Full ワンダー・フル(光のショー)
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-334.html

グリーン・セグウェイ・エコ・アドベンチャー(セグウェイ)
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-335.html

スカイライン・ルージュ・セントーサ
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-336.html

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-337.html

シンガポール航空 SQ636 シンガポール-羽田 ビジネスクラス搭乗記
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-338.html




ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング参加中!
少しでもお役に立ちましたら、クリックお願いします!



スポンサーサイト



tag : シンガポール航空 SQ636 ビジネスクラス フルフラット シルバークリスラウンジ

14:20  |  シンガポール航空 ビジネスクラス  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.09.01 (Thu)

Gardens by the Bay

マリーナ・ベイ・サンズから歩いて行ける、
ガーデンズ・バイ・ザ・ベイへ行ってきました。

5DM32000.jpg

この写真は2014年8月に撮影したものですが、
この広大な庭園が、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイです。

入園は無料、オープンは朝5時から深夜2時。

園内は結構歩きますが、トラムが運行されていました。(有料)
乗らなかったので詳細は分かりませんが、乗ったらラクちんだと思います。

見どころは何か所かあるんですが、まずはクラウド・フォレストと呼ばれるドームに向かいます。
上の写真でいうと、白い温室みたいなドームが2つ並んでいて、その右側です。

園内は広く、とにかく暑いです。
歩いているとくじけそうになって「トラムに乗っときゃよかった」って思いますが、
後悔しても仕方がないので頑張って歩きます。

マリーナ・ベイ・サンズ・ホテルからの歩行者専用ブリッジを渡りきったところから、
クラウド・フォレストまで10~15分くらい歩いたかなぁ。(ダラダラ歩きで)

そしてやっと到着しますが、こちらは有料施設なのでチケットを購入します。
大人は@S$16 約1.200円

隣のフラワー・ドームと2か所入園できる割引券もあるようですが、
男子がお花に興味がないことを私はよーーーく知っているので、
とりあえず1か所だけのチケットを購入しました。


blog00002146.jpg

一歩入ると涼しい!!!
生き返るようです!

私たちはマリーナ・ベイ・サンズから徒歩でアクセスしましたが、
タクシー乗り場が近くにあるので、外からタクシーで来る場合は、
ここまで連れてきてもらった方が絶対にいいと思います!

これは人口の山ですが、ガイドブック等にもよく掲載されていますので、
一度は見た方も多いのではないでしょうか。


blog00002147.jpg

まずはエレベーターに乗って、山の頂上まで一気に行きます。
高地の環境を再現したという上層階はさらに涼しいです。

ドームの外で掃除をしている方がいましたよ。
そちらは暑いんだろうな~。


blog00002148.jpg

さきほどの滝を裏側から眺めます。


blog00002149.jpg

こちらも滝の裏側から入口をみたところ。
みなさん、写真を撮ってますね。


blog00002150.jpg

滝からせり出すような高見台とでもいうのでしょうか。
そんな場所です。
滝からのマイナスイオンがたっぷり浴びられる場所です。
長くいると濡れますけど。


blog00002154.jpg

回廊を歩きながら降りていきます。


blog00002153.jpg

足元はスケルトン
高所恐怖症と思われる方は、いいリアクションで逃げていました。(´▽`)


blog00002155.jpg

湿度の高い雲霧林を再現しているそうで、ミストに虹ができていました。


blog00002156.jpg

幻想的な雰囲気ですね…。

男子がすぐに飽きちゃうかと思ったのですが、
涼しくて快適だったのと、みんな写真を撮ったりで、結構のんびりと回廊を回ってきました。
1時間くらいいたかな?


blog00002158.jpg

次はスーパーツリーへ。
こちらもシンボル的な存在ですね。

夜になると、OCBCガーデン・ラプソディという光のショーが開かれます。
時間は10分間で1日2回開催(19:45と20:45)
マリーナ・ベイ・サンズのワンダー・フル(20時と21時)とのハシゴも可能だそうです。
(たぶん走ると思うけど)


blog00002145.jpg

このスーパーツリーにかかっている回廊を歩いてみたいと思っていました。
料金はS$5(約385円)


blog00002160.jpg

エレベーターで上に上がって歩いていきます。
足元はこちらもスケルトン
回廊は片道通行で、三脚の使用も禁止です。

シンガポールは2回目ですが、こちらの光のショーは一度も見たことがありません。
きっと涼しいし、キレイなんだろうな~。
あ、もしかして虫刺されに注意?


blog00002161.jpg

帰国してから知りましたが、真ん中の一番大きなスーパーツリーの上には
レストランがあるんだそうです!
ホントだ!窓がある!

スーパーツリー・バイ・インドシン という無国籍料理だそうで、
夜は要予約店らしいですよ。
ここなら虫に刺されなくていいかも。


blog00002162.jpg

写真ではお伝えしきれませんが、
マリーナ・ベイ・サンズ・ホテルの大きさには圧倒されます。


blog00002164.jpg

高層ビル街です。
シンガポールは金融の街なので、看板をよく見ると金融機関ばかりです。
左の方には、新たに建築中のビルが見えますね。


blog00002165.jpg

カランカラン!

と大きな鐘の音が聞こえた方を見てみたら、こんなワゴンが!
さっそく近づいて、アイスを購入。
そこそこな値段だったな、うん。


blog00002166.jpg

ホテルを眺めながら戻ります。


blog00002167.jpg

ひや~!大きいなぁ。




<目次一覧>

シンガポール航空 SQ631 羽田-シンガポール ビジネスクラス搭乗記
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-329.html

マリーナ・ベイ・サンズ・ホテル 
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-330.html

ザ・ショップス・アット・マリーナ・ベイ・サンズ(ショッピングセンター)
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-331.html

アドベンチャー・コーブ・ウォーター・パーク(セントーサ島 プール)
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-332.html

シンガポール・シーフード・リパブリック・セントーサ(チリクラブ)
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-333.html

Wonder Full ワンダー・フル(光のショー)
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-334.html

グリーン・セグウェイ・エコ・アドベンチャー(セグウェイ)
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-335.html

スカイライン・ルージュ・セントーサ
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-336.html

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-337.html

シンガポール航空 SQ636 シンガポール-羽田 ビジネスクラス搭乗記
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-338.html




ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング参加中!
少しでもお役に立ちましたら、クリックお願いします!






tag : ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ 行き方 シンガポール スーパーツリー

12:24  |  ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.09.01 (Thu)

Skyline Luge Sentosa

スカイライン・ルージュ・セントーサで遊んできました。

これはマリオカートみたいな感じで、
長さ650メートルのコースを一気に降りてくる乗り物です。

luge_skyride_content01.jpg
(HPより拝借)


blog00002127.jpg

これはスカイライドというリフトの写真ですが、
これで高台に行ってルージュに乗って帰ってくるもよし、
ルージュで降りてきてから、スカイライドに乗って高台方面に戻るもよし。
といった具合で利用できます。

私たちは今回も、スカイライドに乗ってからルージュに乗る。というルートを選択しました。
この場所は、モノレールでビーチステーション(終点)まで行き、徒歩5分くらいの場所にあります。

料金は1ルージュ+1スカイライド(往復)でS$15くらいだったかな?
男の子が1回で満足できるわけがないので、12往復できるファミリーパックを購入。(S$84 約6.500円)
4人で利用したので一人3回できる計算ですが、グループでシェアすることができます。
なので大人は2回ずつ。子供たちは4回ずつ利用。

チケットは、この場所でも高台の方でも購入できます。
カードも利用可。


blog00002128.jpg

スカイライドが高台に行く際、ルージュも運ぶ仕組み。
片道5分くらいですが、のんびりしていて快適です。

上に行くと、「初めての人」「2回目以降の人」と2列に並びます。
1度乗ると手の甲に「Luge」と書かれたスタンプを押してもらえるんですが、
それがないと2回目以降の列に並べません。

ルージュに乗るのは初めてじゃないけど、まだスタンプがないので初めての列に並びます。
途中、ヘルメットが大量に置いてあるところがあり、一つずつ選びます。
色でサイズ分けされていますので、分かりやすいです。

そして操縦のレクチャーを受けますが、ハンドルを引くと進む、押すと止まるだったかな。
もしかしたらその逆かもしれませんが、その操作と、左右の操作方法をザッと(ホントにザッと)教わります。

少し進んだところに、もう一人係員がいて、最終的に操作のレクチャーのチェックをされ、
問題なければGo!できます。

途中ルートが2つに分かれますが、私には何が違うのかよくわかりません。(´▽`)
男子はあっという間にスピード出して行ってしまうし、私はのんびり森林浴しながら行くので、
どちらのルートでも同じ感じです。

カメラを持っていようがビデオを持っていようが咎められることはありませんが、
ハンドルが結構重いので、乗りながら撮るのは難しいです。


blog00002129.jpg

これは到着したところ。
早いと1分もかからずに到着してしまうかも。

男の子はこういう乗り物好きですよね!
ぜひ、おススメです。



blog00002133.jpg

あと、これはセントーサ島内を走っている無料のバスです。
バスのルートは全部で4ルートあって、
これはビーチトラムと呼ばれるものなんですが、ルートはビーチを端から端まで走っているバスです。

無料で乗れるし、待っていればすぐに来るし(10分間隔くらい?)とても便利です。
各停留所に止まりますので、止まってから「あ!ここだ!」と思っても間に合います。
だから停留所の名前とか覚えてないんですが、全然大丈夫。安心して乗れます。





<目次一覧>

シンガポール航空 SQ631 羽田-シンガポール ビジネスクラス搭乗記
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-329.html

マリーナ・ベイ・サンズ・ホテル 
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-330.html

ザ・ショップス・アット・マリーナ・ベイ・サンズ(ショッピングセンター)
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-331.html

アドベンチャー・コーブ・ウォーター・パーク(セントーサ島 プール)
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-332.html

シンガポール・シーフード・リパブリック・セントーサ(チリクラブ)
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-333.html

Wonder Full ワンダー・フル(光のショー)
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-334.html

グリーン・セグウェイ・エコ・アドベンチャー(セグウェイ)
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-335.html

スカイライン・ルージュ・セントーサ
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-336.html

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-337.html

シンガポール航空 SQ636 シンガポール-羽田 ビジネスクラス搭乗記
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-338.html




ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング参加中!
少しでもお役に立ちましたら、クリックお願いします!





tag : セントーサ島 シンガポール ルージュ 乗り方 バス

07:25  |  セントーサ島  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT>>