FC2ブログ
2020-07- / 06-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>08-

2017.12.27 (Wed)

銀座 小熊 ジビエ2017

昨年食べて、たいへんおいしかった小熊さんのジビエに行ってきました。

相方曰はく、
「小熊のジビエは予約が大変なんだからね!」
「予約開始と同時に、あっという間に満席になっちゃうんだからね!」
「すべては、頑張った俺のおかげだからねぇっ!( -`ω-)」
と。

ここ数日の俺の働きを褒め称えろ!といわんばかりの態度を全力で無視し、
今年も食して参りました。

blog00006206.jpg

写真がピンボケですが、これは先付の鴨出汁です。
「寒い時期ですので、まずは胃腸を温めてください」とおっしゃっていましたが、
一口飲むと、のどからお腹まですーっと温まっていくのが分かります。
そして、その後にやってくるのが鴨の風味。
たまりません。


blog00006207.jpg

これは、私の誕生日が近いので、サプライズでお赤飯をいただきました!
去年は相方の申告で頂戴したんですけど、今年は覚えていてくださいました。


blog00006208.jpg

今年の誕生日当日は、諸事情によりデパ地下のお弁当になりそうなので、これは大変ありがたい!


blog00006209.jpg

前菜
コジュケイ(小綬鶏)

初めて聞いた鶏ですが、見た目はウズラに似ているそうです。
調べてみたらキジ科のようで、キジとウズラの中間のような姿でした。


blog00006210.jpg

油物
小鳥竜田揚げ

これ、去年もいただきましたが、甘味が凝縮していて、とてもおいしいうえに、
骨まで柔らかく揚げてあるので丸ごといただけます。

太い骨は噛み応えがあって「これも食べられるの?」って半信半疑になりますが食べられます。
カルシウムをたっぷり摂れます。


blog00006211.jpg

進肴
穴熊諸味焼き

これおいしかったー!
去年初めて熊を食べて、こんなに甘いお肉なのかと驚きましたが、
これも熊の甘味を存分に堪能できます。
小熊さんのジビエに行ったら、熊はぜひ召し上がっていただきたい逸品です。


blog00006212.jpg

お造り
炙羽田 鰤 伊勢海老

ここでちょっとお魚です。
鰤は寒ブリだそうで、今シーズン初めていただきました。


blog00006213.jpg

焼物
真鴨ロース  猪  蝦夷鹿ロース

これでもか!とジビエが襲い掛かってきます。

鴨や猪や蝦夷鹿とか、それぞれ違うお肉の旨味とか私にわかるかしら?と思いましたけど、
私でもわかるくらい、脂の甘味が全部違いました。

これは味噌につけたりといった食べ方はしません。
このままシンプルに食べますが、それが本当においしい。


blog00006214.jpg

蓋物
鶉(うずら)饅頭

中にウズラのお肉が入っていました。
割ると挽肉のようにポロポロと崩れてくるんですが、
それを餡に合わせて食べるとこれがまたおいしい。

お肉の味に合わせた餡の塩加減やら甘味加減やらが絶妙。


blog00006215.jpg

小鍋
月の輪熊

ここでまた熊です!
もうすっかり熊料理の虜になってしまいました。(*´∇`*)

小鍋といいながら、これを3杯はいただけますが、
大将が来て(個室でした)自ら調理し、盛り付けてくださいました。

その時に伺った話だと、食べる餌によってお肉の風味が変わるそうで、
ドングリを食べている時はどうとかこうとかあるようです。
ドングリが無くなって、○○を食べ始めると風味がどうとかこうとか…?

相変わらずザックリな情報ですみません。


blog00006216.jpg

お食事  雑炊

先ほどの鍋で作った雑炊です。
これは多くを語る必要はないですね。


blog00006217.jpg

デザート  杏仁豆腐



今年もとてもおいしくて、大変満足なジビエ料理でした。
お値段はこれで一人5万円。

5万円? ぉお!!(゚ロ゚屮)屮

「そんなに高かったんだ!」
と相方に言ったら、

「だから頑張った俺のおかげだって言ってんじゃん!(≧ヘ≦) 」 と。

いやいや、頑張った俺のおかげでもあるけど、
それがあっという間に予約で一杯になっちゃう小熊さんの方がすごいからね。


-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

今年の記事はこちらで終了です。

いや~小熊さんの記事が最後になって良かった!いい締め方だ!うん。
今年は全部で150記事を書きましたが、おいしかったお店、そうでないお店といろいろありました。
来年も楽しく食べ歩きができるように、加齢とともに弱ってきている胃腸には気を付けていきたいと思います。

今年一年ありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。

どうぞ、良いお年をお迎えください。






ブログランキング参加中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします!


スポンサーサイト



09:40  |  東京・銀座 小熊  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.07.17 (Mon)

銀座 小熊  2017年6月

小熊さん、3回目の訪問です。

blog00004657.jpg

最近はすっかり内蔵も年齢を重ね、洋食よりも和食の方がありがたくなるわ、和牛は食べられなくなるわ、
牛よりも鶏の方がおいしく感じるようになったとか、そりゃもう否が応でも加齢を感じるわけなので、
食べ歩きも和食をチョイスする頻度が増えてまいりました。
(家では納豆ご飯が一番の好物)


blog00004658.jpg

それに和食って、すごく季節を感じる気がするんですよね。
食材もそうですが、盛り付けなんかも。


blog00004659.jpg

プロの盛り付けって、参考になるようなならないような感じで、ワタクシの一枚も二枚も上をいっていますが
料理って目で楽しむことも大事なんだなぁ。
っていつも思います。


blog00004660.jpg

その点、小熊さんは仕事が丁寧ですし、所作も美しいし、本当に見ていて飽きない。


blog00004661.jpg

人柄も良いし、料理が本当に好きなんだなって思えるほど食材に対する知識は豊富で
知的探求心も強い方だと思います。


blog00004662.jpg

今回の記事は、何故こんなに雑談が多いかと申しますと…


blog00004663.jpg

メニュー表がなく、何を食べたのか自分でも覚えていないから!!
(あ、あれは茄子だな)


blog00004664.jpg

毎回毎回お料理の説明をしてくれているのに、何一つ覚えていないなんて本当に失礼な話です。


blog00004665.jpg

でも内蔵だけではなく、頭の方も加齢によるアレなので仕方のない話なんです。


blog00004666.jpg

そんなこんなで、この記事の写真も残すところあと1枚になりました。


blog00004667.jpg

皆様、本日もご清聴ありがとうございました。
またのお越しを、心よりお待ち申し上げております。





小熊さんは本当においしいですよ!
また伺いまーす!(せーいっぱいのフォロー)



10:08  |  東京・銀座 小熊  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.01.05 (Thu)

銀座 小熊 2016年ジビエ

銀座 みゆき通りにある小熊(こぐま)さんへ、2回目の訪問です。

blog00003144.jpg

我々はジビエ料理が大好きなんですが、なかなか出会えず、食べられたらラッキー程度に思っていたのですが、
小熊さんでこの時期はジビエ料理を提供するとうかがい、さっそく行ってきた次第。


blog00003145.jpg

まずは一品目。
鳩骨出汁と源助大根

小熊さんはとても丁寧に調理するお店だったことを思い出す一品。
おいしいだけではなく、とても美しい。


blog00003146.jpg

相方が私の誕生日が近いことをお伝えしていたようで、
お赤飯をいただきました。
ありがとうございます!


blog00003147.jpg

熟成されたキジとエゾ鹿の叩き


blog00003148.jpg

和食にはやはり日本酒
スタートはシャンパンをいただきましたけど…。( ´艸`)


blog00003149.jpg

小鳥の立田揚げ


blog00003150.jpg

猪ハム ベーコン

大人になる前の”どんこ”と呼ばれる仔猪で、
よく耳にする”うりぼう”は生後4か月までの時期、その後1歳までを”どんこ”と呼ぶそうです。


blog00003151.jpg

鶉饅頭
うずら、ユリ根、ジャガイモ


blog00003152.jpg

浜鯛 鯨 平貝
高級食材が並びます。


blog00003153.jpg

鳩、猪、赤ネギ、牛蒡

ここまで食べて、全然臭みがないことに気づく。
私は獣臭があっても平気で、どちらかと言えば臭い方がおいしいくらいなんですが、
食べやすくしてくださっているんでしょうね。


blog00003154.jpg

鴨の治部煮


blog00003155.jpg

ツキノワグマ 味噌仕立て

熊は初めて食べました!
おいしかったなぁ~。
鍋はグツグツ煮えている状態で来ました。


blog00003156.jpg

〆は雑炊


blog00003157.jpg

デザートは、小熊さん特製の生キャラメルも添えてあります。
味噌と黒糖味でした。


blog00003158.jpg

誕生日が近いので、メッセージも添えていただきました。
ありがとうございます!!



今回は個室を利用したんですが、料理長自らサーブしてくださったりと、
とてもお人柄の良さも感じられるお店です。

また伺います!









08:24  |  東京・銀座 小熊  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT>>