FC2ブログ
2020-04- / 03-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>05-

2016.07.19 (Tue)

THE RITZ CARLTON TOKYO

六本木の東京ミッドタウンに位置する ザ・リッツカールトン・東京へ24時間ステイをしてきました。

以下HPより抜粋
日本の美意識と洗練したラグジュアリーが融合する全245の客室をはじめ、
これまでの概念を超える邸宅の雰囲気とくつろぎの空間「クラブラウンジ」
ミシュラン一つ星のレストランを含む多彩なダイニング、
至福のリラクゼーションを体験するスパなど充実した施設とともに、
伝統のパーソナルで心温まるおもてなしでお迎えいたします。
地上200メートルからの眺望のもと、最上の贅沢に包まれる時間をお過ごしください。

ザ・リッツ・カールトン東京はザ・リッツ・カールトンリワードの5ティアホテルです。

blog00001650.jpg

客室のタイプは様々あり、スイートで11種類 客室で5種類
コチラで各部屋の比較をしていますので、参考にしていただければ幸い
地上200メートルというだけあって、眺望も新宿方面、富士山方面などあるようですよ。


blog00001654.jpg

チェックインは15時~
今回はクラブラウンジを利用できる部屋を予約しました。

仕事込みで宿泊したのですが、クラブルームを使いたかったので頑張った次第。
といっても、一番安いクラブデラックスルームですけどね。

クラブルームは、1日5回ダイニングの内容が入れ替わります。

朝食 7-11時
軽食 12-14時
アフタヌーンティー 14:30-16:30
オードブル 17:30ー19:30
ナイトキャップ 20-22時

チェックインの15時前に到着したんですが、ロビーは45?46階?
そちらに到着したら、クラブラウンジのある53階に案内していただき、
そのままアフタヌーンティーにお誘いいただきました。


blog00001651.jpg

アフタヌーンティーをいただきながらチェックインの手続きをします。

我々は禁煙ルームを予約しましたが、喫煙した場合クリーニング代として
6千円くらい徴収されるそうですよ。
これが一番びっくりしましたが、いいルールですね。
煙草の匂いってとれないですもんね~。

そしてチェックアウトは12時ですが、交渉したら14時まで許可をいただきました。
通常レイトチェックアウトは有料ですが、
リッツのメンバーなのが関係しているのか、当初「13時まで」とお願いしたのが、
「13時と言わず、14時までいかがでしょう」と。それもサービスで。

12時のチェックアウト時、ラウンジはとても混み合うのと、
13時までのレイトチェックアウトの宿泊客も多いため、14時だとスムーズに手続きできる。
とのご説明でしたが、特に断る理由もないので、ありがたくお受けしました。


blog00001653.jpg

写真は飲み物の一覧で、紅茶が主に載っていました。
希望すればアルコールもOK
何があるんだろう? なんでもあるのかなぁ。
とりあえずシャンパンはありました。


blog00001655.jpg

スコーンです。
結構小さめ。


blog00001656.jpg

リッツといえばこのライオン
六本木ヒルズとのコラボ


blog00001657.jpg

のんびり1時間ほど過ごした後、お部屋まで案内していただきます。


blog00001658.jpg

リネンはイタリア フレッテ製です。
フレッテってあまり意識しないで使いましたが、肌触りは最高。


blog00001659.jpg

景色は正面に新宿高層ビル群が見えました。


blog00001660.jpg

ツインボウルの洗面所
どちらかといえば、右のほうがドライヤーはあるし拡大鏡はあるしで、女性向きかも。


blog00001661.jpg

撮り方下手ですが、バスは大きめですよ。
バスピローも便利。


blog00001662.jpg

アメニティ

そうそう!今回基礎化粧品を持参し忘れてしまい、
クレンジング、洗顔料、化粧水、乳液のセットを購入しました。(値段は未確認)
リッツは常備していないんですよね。気をつけなきゃ!


blog00001663.jpg

ドライヤー


blog00001664.jpg

シャンプー類はイギリスのブランド、アスプレイ。
こういうところもリッツっぽい。

写真はボディクリームですが、個人的に購入して使用するくらい好きな香りです。


blog00001665.jpg

バスルームにもテレビがありました。
音声だけが届くホテルが多い中、これはポイント高い!(相方は超テレビっ子)


blog00001666.jpg

ネスプレッソマシーンが常備されています。カプセルは3個ですが、
ターンダウンで補充してくれました。

冷蔵庫内は有料


blog00001667.jpg

ウェッジウッドだわ。


blog00001671.jpg

カモミールティがおいしかった。


blog00001668.jpg

広いですね~。
でも姿見がなかった。


blog00001669.jpg

デスク回り。
Wi-Fiは無料です。パスワードなしで繋がりますが、そんなに速くなかったです。
高層だからかな。


blog00001670.jpg

お部屋からの景色
最近、出かけると雨とか曇りが多いです…。



blog00001672.jpg

こちらがクラブラウンジ入口
夕方のオードブルの時間帯にお邪魔しました。


blog00001673.jpg

お酒をいただきながら、ちょっとつまめるものと…


blog00001674.jpg

温野菜と…


blog00001675.jpg

焼きそばとカレーをいただきました。
この二つはおいしかったです。

サービスはとても良くて、飲み物はすぐに聞きに来てくれるし、
お皿も空になったら、すぐ下げてくれるし。

でも料理の補充は遅くて、食べたいと思ったときにキープしないと
あとでなくなっていることが多かった。

ほかにサラダとかうどん、和食もありましたが、種類はそこそこ。
ホテルのビュッフェという感覚で行くとビックリするかも。
あくまで、クラブラウンジで少しつまむ程度、と思って行ったほうが失敗はないと思います。

写真はとっていませんが、このまま20時からのナイトキャップまでいて、
お酒をもう少しと、チョコレート等のスイーツをいただきました。
生チョコはおいしかった。


blog00001676.jpg

こちらは朝食です。

うーん、ここまでくると本音が出ちゃいますが、大阪のリッツの方がおいしいです。
卵料理もオムレツをいただきましたが、なにか味が足りない。


blog00001677.jpg

オレンジジュースも絞りたてだと思いますが、味が薄い。
瓶はオシャレなのに。

そうだ!台湾のリージェント台北のラウンジが、めちゃめちゃおいしかったんだ!
と相方と思い出し、六本木で台湾の思い出話をする始末。

リージェント台北の方が品数は少ないですが、何を食べてもおいしかったんですよね。
ふつーの中国系おばちゃんが作ったこげこげオムレツのほうが、めっちゃおいしいなんて。
リッツ頑張ってー!


blog00001678.jpg

おかゆはおいしい。
これは間違いないですね。


blog00001680.jpg

こちらはチェックアウト直前の14時頃。軽食タイムの写真です。
チェックアウトまで時間が長いのでプールとかも行きたかったんですが、今回は無理でした。

気が付けば14時半頃到着し、ホテルを出たのは14時半
24時間ステイを満喫してきました。


blog00001681.jpg

フォンダンショコラと卵サンドはおいしかったですよ。
最後にホッとしました。


都内のホテルはそんなに泊まっていないし、ホテルラウンジもそんなに利用している方ではありませんが、
リッツ東京はイマイチだったかな。
サービスとかいいんですけど、やっぱり料理の味が大きく評価を左右すると思うんです。
補充も遅かったしね。

他のホテルと食べ比べしてみたいけど、都内在住で都内のホテルに泊まるなんて、
仕事でもなきゃ無理かな。


最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーサイト



tag : リッツカールトン東京 リッツ 六本木 クラブラウンジ スパ

17:08  |  東京・ザ・リッツカールトン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |