FC2ブログ
2020-04- / 03-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>05-

2016.07.18 (Mon)

吊り橋と離れの宿 鷹の巣館  食事編

さて、お食事編です。

ここは新潟ですから、お米もおいしいだろうし、魚もおいしいだろう。
ということで期待値はどんどん上がります!

結果から言うと、すっごくおいしかったです。
写真を見ても、これと言った感じの料理ではないんですが(失礼)本当においしい。
まずは写真を一気に掲載します。


blog00001632.jpg

先付け
鰻ざく 胡麻酢がけ


blog00001628.jpg

八寸
サザエ磯煮  青梅含せ  巻きサーモン  小女子有馬  ほうずきトマト


blog00001629.jpg

椀物
清まし仕立て
水雲真丈  白髪葱  楓麩  ジュンサイ


blog00001630.jpg

焼き物
鮎塩焼き  はじかみ生姜


blog00001631.jpg

揚げ物
海老と野菜の黒酢餡かけ


blog00001633.jpg

お造り
ヒラメ  鱸  公魚(わかさぎ) 南蛮海老
妻いろいろ  山葵


blog00001634.jpg

強肴
村上牛石焼


blog00001635.jpg

ご飯はまさかの撮り忘れ!

で、これは水菓子
杏仁豆腐とケーキ


blog00001636.jpg

これは翌朝の荒川
前日からの雨で、川が増水していました。

ちょろちょろと清流が流れている雰囲気だったのに
ここまで増水するとは!


blog00001637.jpg

こちらは朝ごはん


blog00001638.jpg

お米の写真も撮れました


blog00001639.jpg

関川村産 三栄農場
有機太陽波動米越ひかり

そうか、コシヒカリってこうやって書くんですね。


blog00001640.jpg

最後、チェックアウトした時にもう一度離れの写真を撮りました。
わかりづらいですが、3部屋並んでいて、一番右が柏の荘です。
人がウロウロしていたら、吊り橋からでもよーく見えますよ。


お料理は期待通りとてもおいしいものでした。
特に調理等せず、切っただけ、焼いただけ、煮ただけ、の料理がおいしいということは
素材がおいしい証拠!

料理がおいしいと評判だと聞いていましたが、その通り!
おいしかったなぁ…。

そうそう。夕食がこの量で、なんと1時間で食べきったのにはビックリでした。
あまり時間をかけてしまうとお腹がいっぱいになってしまうので、テンポよくサーブしてもらいたいのですが、
前の料理が食べ終わると次の料理が到着…と、部屋食なのにタイミングピッタリでした。

東京から車で4時間かかったので、なかなか行けないかもしれませんが、
機会があったらまた行きたい!

ごちそうさまでした。







スポンサーサイト



12:47  |  新潟・鷹の巣館  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.07.18 (Mon)

吊り橋と離れの宿 鷹の巣館

新潟県の秘湯 磐梯朝日国立公園内 鷹の巣温泉にある鷹の巣館に宿泊してきました。

ここは明治24年にやっと「鷹の巣館」という名称がついたらしい、歴史の古いお宿。
日本秘湯の会にも属していて、館内の温泉はすべて源泉掛け流しという贅沢さ。

blog00001602.jpg

この吊り橋を渡ってお宿に行きますが、車は手前の駐車場に停めていきます。
時折車が行き交いますが地元の車のみで、旅行者は通行できません。


blog00001603.jpg

至れり尽くせりの宿だと駐車場に従業員が常駐していて、
荷物を運んだりしてくれますが、ここはそういうことはありません。

でもそのおかげで、吊り橋をゆっくり渡り、景色を楽しみながら歩いて行けます。
写真は今日お世話になる離れ。


blog00001604.jpg

「秘湯」という言葉がぴったりな雰囲気の門構えが見えてきました。


blog00001605.jpg

ささっと受付を通った後、さっそくお部屋に案内していただきます。
お部屋は柏の荘


blog00001606.jpg

玄関から本間に続く廊下が広い!


blog00001607.jpg

本間12.5畳


blog00001608.jpg

二の間10畳


blog00001609.jpg

縁側と月見縁台
このお部屋は吊り橋と荒川に面してワイドに作られています。


blog00001610.jpg

blog00001611.jpg

blog00001612.jpg

通って来た吊り橋がよく見えます。


blog00001613.jpg

ハンモックがありました。


blog00001614.jpg

その奥には露天風呂
おひとりさまサイズなので、二人で入るとちょっと狭い

源泉掛け流しなので熱いです。


blog00001615.jpg

こちらは洗面所


blog00001616.jpg

浴衣は2枚ずつあります。


blog00001617.jpg

洗面台


blog00001618.jpg

blog00001619.jpg

基礎グッズはだいたい揃っていますね。


blog00001620.jpg

こちらは内風呂
せっかくだから…と入ってみましたが、こちらも熱いです。


blog00001621.jpg

結構いい雰囲気でした。


blog00001622.jpg

水屋


blog00001623.jpg

冷蔵庫内は有料です


blog00001624.jpg

縁側


blog00001625.jpg

blog00001626.jpg

ひとっ風呂浴びた後は、やっぱりビール!


blog00001627.jpg

この広さと設備で一人3万円は、立地が関係していると思うけどリーズナブルに感じます。
可もなく不可もなくで、特に感動することもなければ、不満に思うこともない。
そんなお宿でした。

次は食事編です。



tag : 鷹の巣館 鷹の巣温泉 日本秘湯の会 新潟 離れ

12:26  |  新潟・鷹の巣館  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |