FC2ブログ
2020-04- / 03-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>05-

2016.05.01 (Sun)

青山 浅田

金沢にある料亭旅館 浅田屋さんの東京支店です。

浅田屋といえば、1日5組しか宿泊できない老舗旅館
お料理も大変おいしゅうございました。(宿泊記はコチラ

その浅田屋さんのお食事が東京でもいただける!
と期待して行ってまいりました。


メニューは多種あり、我々はランチで伺いましたが、
3.400円~5.000円のお弁当や御膳。
5.200円~10.000円の懐石料理もありました。

私たちが今回お願いしたのは、
懐石 金沢百万石物語 @10.000円

個室もありますが、5.000円の五段弁当、
7.000円以上の懐石料理からこちらを利用できるようです。



blog00001326.jpg

まず登場したのは、フェイスタオル並みに大きなお手拭き
これ、手絞りでは無理ですね。
脱水機にかけないと水が絞れないような気がします。


blog00001327.jpg

先付

上にあるオレンジ色のものは珍味の口子(くちこ)です。
金沢では大きなものをいただきましたが、その時は癖が強くて食べられず…。
これくらいの量でしたので、今回はおいしくいただけました。


5DM32280.jpg

前菜

前菜から鯛です。
他は、バイ貝と


blog00001329.jpg

手前にあるのは河豚です。
写真だとだいぶ食べ進んでしまいましたが、河豚の身を干したもの…?
忘れてしまいましたが、味が濃厚でとてもおいしい。


blog00001330.jpg

お椀


blog00001331.jpg

タケノコ真丈


blog00001332.jpg

お造り
頂点から反時計回りに、縞鯵、マコガレイ、スミイカ


blog00001333.jpg

焼き物
えーっと何だったかな。


blog00001334.jpg

煮物


blog00001335.jpg

名物の治部煮です。
これは金沢でもいただきました。


blog00001336.jpg

食事は筍ご飯かお蕎麦を選べたので、お蕎麦をいただきました。


blog00001337.jpg

水菓子

杏仁豆腐 パパイヤ 生姜ケーキ



うーん。
あの浅田屋とは思えない低レベルな料理でした。
食材は金沢から運ばれているそうなので、腕が悪いのか?料理人が手抜きをしているのか?

前菜の鯛が出てきたとき、身がパサパサに乾いていたので嫌な予感はしていたんですが、
料理に気合を感じないというか愛がないというか。

あとサービス。

個室を利用したんですが、引き戸を開けるのにまったく遠慮がない。
ガラガラッ!ガラガラッ! ってうるさい。会話のジャマ。
失礼しますの一言もない。

2品目を出した時に、お客様の食べるスピードを掴むと聞きますが、
次の料理が来た時に私たちの料理が残っていても時間調整をしない。
次から次へと出され、これだけの料理を食べるのに1時間もかからず。

もう行かないかな。
予約をしてくれた相方、ごめんなさい。





浅田郷土料理(その他) / 外苑前駅青山一丁目駅表参道駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.7

スポンサーサイト



09:26  |  東京・青山 浅田  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |