FC2ブログ
2020-07- / 06-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>08-

2016.04.26 (Tue)

祖谷(いや)のかずら橋・小便小僧

徳島にある、祖谷(いや)のかずら橋

平家の落人が追っ手の進入を防ぐためにシラクチカズラで編んだといわれる吊り橋で、
国の重要有形民俗文化財に指定されているそうです。

平家の落人とは、平国盛(教経)
平清盛の弟の次男ですね。


blog00001268.jpg

駐車場(有料)に停めた後5分くらい歩くと、かずら橋に到着!
藤の花がキレイに咲いていました。
左の小屋のようなところで渡賃を払います。(550円)

この小屋に行くためには、ちゃんとコンクリートでできた近代的な橋を渡っていくので、ご安心を。


blog00001269.jpg

あいにくの雨でしたが、小雨になってきました。
滑ると危ないので休止になっているかな~と思ったのですが、大丈夫でした。


blog00001267.jpg

ちょうど観光客が途切れたところで、誰もいません。
ちなみに一方通行で、向こうからこちらには渡れないようです。


blog00001272.jpg

一歩踏み出すと思った以上にスカスカで、簡単に靴とか落ちてしまいそうです。
子どもだったら、足もすっぽり入っちゃうんじゃないかしら。

どこにもつかまらず、スタスタと三分の一くらい進んで後ろを振り返ったら、
相方はへっぴり腰で片手で橋につかまり、片手でビデオを撮り、首で傘を支えていました。
まぁなんて器用な…。(笑)

でも私は絶叫マシーンとか好きなので、あんまりこういうのは怖くないです。
相方が調子に乗って揺らしてきたとき「やめてよー」なんてキャッキャ言いながら
笑っている中年夫婦の方が、よっぽど怖かったかも。


blog00001273.jpg

この橋は、3年で架け替えられるそうですよ。

その昔は追っ手を振り払うために切り落としていたのか…。
と思いを馳せながらよーく観察してみたら、太いワイヤーが一緒に編まれていました。
なるほど。


blog00001275.jpg

かずら橋からすぐのところにある琵琶の滝

平家の落人が京をしのびながら、ここで琵琶を奏でたそうです。
相方が一緒に写っているので、大きさがよくわかりますね。

近隣には大歩危・小歩危峡もあるので、併せて楽しむといいかも。
私どもも行きましたが、観光船は強風で中止だったのです…残念。

そしてこちらはかずら橋から車で15分くらいのところにあります、小便小僧像


blog00001277_2016042813475510d.jpg

油断していると通り過ぎてしまうくらい小さいですが、
他の観光客の方が写真を撮っていたので何とか気づくことができました。

なんてことない像なんですけどね、景色は最高です。


blog00001278_2016042813475724f.jpg

写真の腕がなく、渓谷美が表現しきれていないのが申し訳ないんですが、
紅葉の季節とかは、たまらなくキレイなんでしょうね~。

スポンサーサイト



tag : かずら橋 大歩危 小歩危

14:40  |  徳島・祖谷のかずら橋・小便小僧  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |