FC2ブログ
2020-07- / 06-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>08-

2016.03.15 (Tue)

AMANEMU アマネム 食事編

アマネムは、宿泊と食事が別料金になっています。

朝食は
和箱 4.200円
和膳 2.800円
アメリカンブレックファスト 4.200円
コンチネンタルブレックファスト 2.800円
他、アラカルト

ランチは
松阪牛すき焼き膳や松阪牛カレー、ちらし寿司、天婦羅丼
カルボナーラ、クラブハウスサンド等

夕食は、
8品20.000円~
6品12.500円~
4品8.000円~
他、アラカルトから選べます。

時間は
朝食 7:00~10:30
ランチ 12:00~14:30
ディナー18:00~22:00

シェフは、コンラッド東京にいらっしゃった方だそうです。

宿泊が決まったとき、メニュー一覧がメールで送られてきたので、
到着する前にじっくり選べるのがいいですね。

blog00001111.jpg

まずは夕食です。
私たちは、6品12.500円のコースをお願いしました。
メニューはないので、覚えているものだけ記載していきます。


blog00001112.jpg

これおいしかったなぁ。
右は伊賀牛の握り寿司です。


blog00001113.jpg

茶碗蒸しのようなもの
これもうまい!


blog00001114.jpg

こちらはメインで、甘鯛の一夜干し プラス6.000円です。
敷地内で干しているそうですが、これ、絶品でした。


blog00001115.jpg

相方のメインは、和風ブイヤベース +6.000円
こちらもおいしかったけど、私は甘鯛の方がおいしかった!


blog00001116.jpg

とろろご飯
三重産のあおさ海苔の香りがいい!


blog00001117.jpg

デザート


blog00001118.jpg

満足してお部屋に帰ったら、夜食(おいなりさん)が置いてありました。
一口サイズにカットしてあり、おいしいし、食べやすい!


blog00001126.jpg

こちらは朝食です。
夕食時に時間を予約しておくと、合わせて釜炊きご飯が準備できると伺ったので、
予約することにしたんですが、和箱と和膳で悩む…。

和箱は品数が多いので興味があるけど、量が心配。

結局、相方と一つずつお願いすることにしました。

0107eee1930c57e1f2860e1e56ae3e99aea9180aa5.jpg

こちらは和膳
量が控えめで、朝食を軽く済ませたい方にはピッタリ。


0153a38b6e0e209dacf2fccbd7b80ec738b0438e4b.jpg

こちらは和箱

色とりどりで目にも楽しい。
でも一人で食べるには量が多かったので、シェアして正解でした。
朝食の干物も敷地内で作っているそうです。


blog00001128.jpg

デザート

料理は全般的にすごくおいしい。
アマン東京はイマイチだったんですが、こちらは本当においしい。
三重県産のものもたくさん使っていて、最後の煎茶まで三重県産なのには驚きました。
あ、お米も三重県産だったな。
あ、デザートのいちごも。


0174b874b5881b0ef3364a8727fbedbaa01aff20d3.jpg

建物内はこんな感じ


blog00001125.jpg

食後は施設内をウロウロします。

正面はバーです。
夜は灯りがきれいで行ってみたかったんですが、
お腹いっぱいだし、酔ってるしで行けませんでした。
営業時間は11:00~24:00


blog00001133.jpg

夜は街灯りが少ないので、こちらでのんびり星を眺められるそうです。
ひざ掛けもあり、この時期でも十分楽しめそう。
お酒を飲みながら…なんて最高でしょうね。


blog00001129.jpg

こちらは温泉プール。
夏に来たら、チェアでのんびりできそう。


blog00001130.jpg

インフィニティプールでした。


blog00001131.jpg

プールからバーとレストラン方向をみたところ。


blog00001132.jpg

夜はこの木がライトアップされていてきれいでした。


アマネムの旅行記は以上で終了です。
お付き合いいただきまして、ありがとうございました!



ちなみに料金は…

宿泊料 130.000円
消費税 11.752円
サービス料 13% 16.900円
スパ 78.106円
夕食 54.429円
朝食 8.542円
宅配便(手荷物) 1.904円

合計 301.633円

頻回には行けないけど、30万円の価値はあります。
また行きます!(いつか)




目次
アマネム 到着~スパ編
アマネム お部屋編




ブログランキング挑戦中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします!



スポンサーサイト



23:14  |  賢島・AMANEMU  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.03.14 (Mon)

AMANEMU アマネム お部屋編

アマンには24のスイートルームと4つのヴィラがあります。

スイートも「空」「森」「凪」に分かれていますが、私たちは「凪スイート」に宿泊しました。

お部屋は4号室
「3、4号室が一番英虞湾がきれいに見えますよ」と案内してもらいましたが、
確かに、とても海が近く感じられるお部屋でした。
ヴィラは2ベッドルームなので、グループ向けなのかもしれません。


blog00001087.jpg

まだ新築の香りと木の香りが混在するお部屋は、とても広い。


blog00001123.jpg

天井も高くて、窓もたくさん開きます。
解放感抜群で、3月のまだ寒さが残る時期だというのに、窓を全開にして解放感に浸りました。


blog00001088.jpg

テーブルの上には、ウェルカムフルーツの「せとか」とルームキー2個 タッチタイプです。
一回り大きいのは「お部屋に入らないでください」のサインとしてドアにかけておくようです。


blog00001089.jpg

デスクの上にはBluetooth対応のスピーカーがありました。


blog00001090.jpg

アマン東京と同じ電話。
今回は使い方の説明をしてくれましたが、アマン東京ではしてくれなかったので、
どうやって使うのかわからなかったことを思い出す。


blog00001091.jpg

洗面所

一瞬「大きな鏡が真ん中に?」という錯覚にとらわれますが、
対面の洗面台です。
「アマン定番」と言っていたので、定番らしいです。

鏡に映っているかのように備品が置いてありますが、よーく見ると違います。
植物とティッシュが一つですね。
あ、このティッシュ、めっちゃ柔らかかったです。
我が家が花粉の時期にしか使わない、柔らかくて少しウェッティな高級ティッシュです。


blog00001094.jpg

お化粧にはピッタリな明るいドレッサーもありました。


blog00001097_201603142025286a9.jpg

この下には備品があります。
大きな袋はドライヤー


01ea4dc537c4b0a1b158013a84b3434bbeca436f72.jpg

お部屋には源泉100%の温泉がひかれています。
右に蛇口が3つ写っていますが、源泉、お湯、水となっていて、
源泉が60度もあるので、調節して入浴するようです。

でもせっかくなので、源泉100%でお湯を張り、窓を開けてお湯を冷ませてから入浴しました。
この方法で入浴する方、結構いらっしゃるそうですよ。
宿泊した3月時点では、30分そのままにしていたら丁度良い温度になりました。

お湯はやや茶色で、海が近いせいか、少ししょっぱいです。

相方は外のソファに寝転んで足湯までやっていました。
まだ寒い時期ですが、暖かくなったらそんな無理な姿勢での足湯もアリかもしれませんね。

左には入浴剤(バスソルト)がありますが、香りはヒノキです。
でもせっかくの源泉なので、入浴剤は使いませんでした。

バスタオルは…というか、タオルはほぼ新品なので、全部ふっかふかです。
大きすぎてやや使いづらいですが(女性には重い)ふっかふかはたまりません。


blog00001092.jpg

こちらはシャワーブース
まぁなんて写真が下手なんでしょう!!


blog00001093.jpg

シャンプー類は、アマン東京と同じです。
これ、いいですよね。
相方が特に気に入っています。


blog00001095.jpg

こちらはクローゼット
広すぎて、ここにも一人寝られそうですね。

バスロープは驚くくらい柔らかくて軽くて暖かいです。
相方が着て「おおおおおっ!」と驚いていたんですが、
「またまた~大げさだな…」なんて思って自分でも着たら、
相方と同じリアクションをとってしまいました。

行ったら、ぜひ着てみてください。


blog00001096.jpg

上が部屋のエアコンコントロールパネル
真ん中が床暖房

アマン東京は浴室に床暖房が入っていて、リビングには入っていませんが、
アマネムは逆です。
私はこっち(リビングに床暖房)のほうがいいかも。
下は浴室の換気スイッチです。


blog00001101.jpg

ネスプレッソもありました。


blog00001102.jpg

テレビは引き戸を開けると出てきます。


blog00001103.jpg

おかき


blog00001104.jpg

ピカピカのグラス


blog00001105.jpg

カトラリー


blog00001106.jpg

マグカップ類もピカピカです。


blog00001107.jpg

冷蔵庫内は、ソフトドリンクのみ無料。
牛乳がおいしかったなぁ。


blog00001108.jpg

窓の外には人が通りますが、
お互い全然気になりません。


0124acb61050b5b54cdacd349f8120ab6a9903c1a4.jpg


019aeb10b014ff9524ccfa9d6d681af2b67e56afe5.jpg


01c6ad4b6fbbd9dd88b1ae24fd8d706983d640c194.jpg


blog00001119.jpg

座るところがたくさんですね。
暖かい季節に行ったら、さぞ海風が気持ちいいと思います。
目の前を観光船のフェリーが横切っていきますので、景色も最後まで飽きませんよ。


目次

アマネム 到着~スパ編
アマネム 食事編




ブログランキング挑戦中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします!




20:46  |  賢島・AMANEMU  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.03.14 (Mon)

AMANEMU アマネム 到着~スパ編

三重県 賢島の伊勢志摩国立公園内にあるAMANEMUアマネムに宿泊してきました。

オープンは2016年3月1日と、オープンしたばかり。
開業直後のホテルに宿泊して痛い経験をしたことがあるので、
あまり期待をしすぎないようにして行きましたが、そこはさすがのアマン。

「いやいや、まだ過剰に喜ばないぞ~。興奮しないぞ~」

と自制していましたが、帰るころにはすっかり虜になっていました。

ちなみに、合歓(ネム)の語源は「歓びを分かち合う」だそうです。
熱心なアマンファンというわけではないので、上っ面の情報しか乗せられず、
世にもつまらない宿泊記になってしまうかもしれませんが、よろしくお付き合いください!


目次

アマネム お部屋編
アマネム 食事編


私たちにとって、賢島は通いなれた場所なので、
いつものように名古屋から近鉄特急に乗り換え(今回は観光特急しまかぜ利用)
2時間ほどで賢島駅に到着。

お迎えの方がすでに改札で待機していて、
レクサスLSで私たちを運んでくださいました。
ありがとうございます!

map.jpg

上は、宿泊中にいただいた地図です。
サムネイル画像なので、クリックすると大きな画像になります。

駅から20分程で、地図真ん中あたりにある「パビリオン」に到着。

blog00001072.jpg

こちらでウェルカムドリンクをいただきながら、おしゃべりを楽しみます。


blog00001073.jpg

正面には英虞湾(あごわん)
目の前の木は、どこかから移植したって言ってました。
大きいから大変だったって。


blog00001074.jpg

自転車発見!


blog00001075.jpg

しかしこの日はあいにくの雨だったので、自転車に乗るのは無理なようです。
地図を見ていただいてもわかるように、敷地はとても広いので、写真のようなカートで移動します。
カートは呼べばすぐに来てもらえます。

私たちがまず最初に向かったのは、地図左にあるアマンスパ。

ホテルのチェックインは15時なのですが、時間外でもスパは受けられます。
担当者と何回かのメールのやり取りで、チェックイン前にスパを受けると、滞在時間が長く感じられる。
とアドバイスをいただいたので、逆算して13時半からの施術を予約しました。

施術前に、サーマルスプリング(温泉プール)で体を温めてから受けたほうが、
より効果が得られる、とのことでしたので、13時に到着したのですが、
パビリオンでダラダラとおしゃべりしていたら、すっかり遅くなり、慌てて着替えるハメになりました。


blog00001076.jpg

更衣室です。
誰もいないので撮影しましたが、最後まで誰にも会いませんでした。
でもチェックイン後の15時過ぎには人が集まってくるようなので、
やはりチェックイン前にスパを受けたのは正解だったかもしれません。


blog00001077.jpg

失礼して写真を撮りまくります。


blog00001078.jpg


blog00001079.jpg


blog00001080.jpg

右がシャワールーム
左にドライサウナとスチームサウナがありました。
真ん中にあるのは水風呂です。


blog00001081.jpg


blog00001082.jpg


blog00001083.jpg


blog00001084.jpg

一通りのアメニティは揃っていました。
アマン東京のスパと雰囲気が似ています。
というか、アマンスパはみんなこういう雰囲気なのかな?


blog00001086.jpg

サーマルスプリングです。

翌日の天気は晴れ予想だったので、翌日に行こうかと思ったのですが、
結局行きませんでした。
オープンは午前7時~午後11時
これは次回のお楽しみにしておきます。

さて、スパ施設ですが、内容はとても充実しています。

ざっと書くと
ボディ、フェイシャルといったマッサージ
ネイルサロン
フィットネス
ヨガ

それぞれ施術を受けられますが、デイ・プログラムと呼ばれる
ヨガ、マッサージ、アクアティックボディワークとランチがセットになったプログラムもありました。
(お値段7万円)

私はスタンダードなアマン・マッサージの90分をお願いし
相方はアクアティック・ボディワークを受けようと思ったのですが、
まだ準備が整っていない、との回答でしたので、私と同じアマン・マッサージを受けました。
(@32.000円 +サービス料18%+税金8%

アクアティック・ボディワークとは、水中で行うヨガのようなストレッチと、マッサージが受けられるようで、
以前、テレビで似たようなプログラムを見たのですが、とてもリラックスできるようです。
いつか受けてみたいです。


01656b5a008ab02eb190fbff5ed7efdb6697233bfc.jpg

マッサージは、4種類のオイルから自分好みの1種類を選ぶだけで、
あとは、ただただ身を任せて横になっているだけです。


01b475a618a8cb353e89277cd926f8849c790c082a.jpg

施術は完璧!
これ以上ないリラックス体験ができました。
力加減も丁度よく(確認してくれます)私は特に、二の腕の内側のマッサージが気持ちよかったです。
頭皮もマッサージしてくれるし、何も触っていないのは顔だけだったんじゃないでしょうか。


01d1aaf79fff53e1ca3202ca7feec4609848139670.jpg

フィットネス施設です。
筋トレ系はないみたいですね。


01c5508bdd258ccc029fe895fcf6b35d787e73c674.jpg

ヨガスタジオです。

有料ですが個人レッスンも受けられるようですよ。
暖かい季節になったら、窓を開けて開放的な空間でヨガができるそうです。

ボルスターとヨガブロックもあります。


01a9b4389c438e5ede6c06ae03aeb47e2e389e37eb.jpg

こちらはショップで、アマングッズがたくさん置いてありました。

アマネムに行く際は、ぜひスパを受けられることをお勧めします!




目次
アマネム お部屋編
アマネム 食事編





ブログランキング挑戦中です!
ブログランキング・にほんブログ村へ
クリックしていただけると励みになります。
よろしくお願いします!



tag : アマネム amanemu 賢島 伊勢志摩 アマン 宿泊記 ブログ スパ

17:40  |  賢島・AMANEMU  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |