FC2ブログ
2020-06- / 05-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>07-

2016.02.25 (Thu)

塩釜かき小屋 塩釜亭

「そうだ。牡蠣を食べに行こう」

と思い立ち、松島まで行ってきました。

最近こういうパターンが増えてきたような気がします。
この年にして行動力アップ!!

ネットで牡蠣を食べられるお店を検索したら、思いのほか少なく、
その中から塩釜にある焼き牡蠣食べ放題のお店を発見。

生牡蠣がいいな~と思いつつ、焼き牡蠣は食べた記憶がほとんどないし、
HPを見ると予約必須っぽい。
…ということはおいしいはず!

と電話をしてみたら、なんと平日のお昼希望なのに満席
同系列の『塩釜亭』なら空いている。ということでこちらを予約。

仙台駅から仙石線(せんせきせん)に乗り換え約30分
塩釜駅から歩くこと10分ほどで店舗が見えてきました。
ちなみに、最初に電話した「塩釜かき小屋」は歩いて5分くらいのところにあり、
お店を通りすぎて、さらに先に行くと「塩釜亭」がありました。


5DM39723.jpg

思ったよりファンキーな店構え


5DM39725.jpg

入店すると、牡蠣のいい匂いが…!!
牡蠣がこんなにてんこ盛りで用意されていました。

まずは食べ方をレクチャーしていただきます。
といってもトングで掴んで、軍手を付けた左手で受け取り、右手で貝をこじ開けるという簡単作業♪


5DM39732.jpg

小ぶりなハズレもありますが、当たるとこんなに大きくてプリプリ~!
レモンを絞っていただきます。


5DM39735.jpg

料金は45分間で2.970円。
新鮮なプリプリ牡蠣を好きなだけ食べて3千円以下なんて!!
交通費をかけて行っても安いかもしれません。


5DM39736.jpg

牡蠣汁と牡蠣ご飯もいただけますが、焼き牡蠣ばかり食べていました。
メニューに牛タンもあり、「牡蠣に飽きて来たら注文しようか~」なんて相方と話していたんですが、
まっっったく飽きることなく、45分間食べ続けられました。

ちなみに、ご飯、牡蠣汁、レモンの追加は有料です。


5DM39738.jpg

牡蠣の殻は、足元にあるバケツに捨てていきます。
一人30個以上は食べたでしょうか。


5DM39739.jpg

タイマーが鳴って時間になるとおじさんが来て、
おいしそうなところを何個か開いてサービスしてくれました。
おなか一杯だったのに、ここでさらに二人で10個くらい食べたでしょうか。
本当によく食べました。
そしておいしかった!!


5DM39719.jpg

帰りはまた塩釜駅まで歩いて戻りますが、安くておいしいものが食べられると大満足ですね。
「東京から日帰りで来られるんじゃない?」と余韻に浸りながら歩いていきます。

石巻出身の石ノ森章太郎作品が描かれた マンガッタンライナーを駅で見かけました。
(詳細はこちら


5DM39721.jpg


5DM39722.jpg

ガッツリ世代が合うので、テンション上がって写真撮りまくり。
子どものころ、モモレンジャーになりたかったなぁ。





塩釜亭牛タン / 東塩釜駅

昼総合点★★★★ 4.0






スポンサーサイト



17:09  |  宮城・塩釜亭  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |