FC2ブログ
2020-02- / 01-<< 1234567891011121314151617181920212223242526272829>>03-

2016.09.25 (Sun)

フロリレージュ 2016年9月

フロリレージュ再訪です。
今回は予約もサクッととれました。

blog00002405.jpg

今回は車で行ったため、相方のみシャンパン


blog00002406.jpg

私はノンアルコール・カクテル
白桃ベースのもので甘かったです。

シャンパンがうらやましいとは思いつつも、お酒を飲まないと食後元気なので(飲むと眠くなる)
このままお酒をやめてしまおうかと思ったり、思わなかったり…。

この三分の一くらいの量でいいんですよね~。
それなら飲めそうな気がする。
なんなら香りだけでもいい。


blog00002407.jpg

メニュー表をいただいてきたので、そのまま記載します。
これは

投影、ゴーヤ 

だそうです。

中にはアボカドのクリームが入っていて、手でつまんでいただきます。
なんで投影だったのか、説明していただきましたが忘れてしまいました。

「俺の世界観」を前面に出してくるシェフが続いたので、なんだかお腹いっぱいなんですが
おいしけりゃいいのよ、と開き直っていただきます。


blog00002408.jpg

継続すべき味、鰯

下に鰯が隠れているのと、パスタとドライトマトと白いのはアイス(だったかな?)
をうまいこと全部すくって一口で食べると、めっちゃおいしいです。
完璧なハーモニーがお口の中で広がります。

ハーモニーなんて安っすいコメントだと思ってましたが、
あえて今回は使ってみます。
ハーモニーです。ハーモニー。


blog00002409.jpg

相方がシャサーヌを飲み始めました。 (  ̄っ ̄)ムゥ


blog00002410.jpg

コンフィ、すっぽん

右手前にすっぽんが見えますが、すっぽんの身のフリットも乗っています。
手前はすっぽんの卵。
和風出汁が効いていて、泣かせる一品です。


blog00002411.jpg

名残り、鮎

フレンチで鮎ごはんを作ると、こんな感じになるのか!


blog00002412.jpg

サスティナビリティー、牛と牡蠣

前回もサスティナビリティーとして牛をいただきましたが、
今回も13歳の牛をいただきました。


blog00002413.jpg

鱧 キノコ

キノコの香りがすごく強かったです。
鱧よりキノコが主役な感じ。


blog00002414.jpg

2杯目のノンアルコールカクテル 


blog00002415.jpg

和の風味 甘鯛


blog00002416.jpg

分かち合う

その場にいたお客様全員で、鶏肉の丸焼きを分かち合っていただきます。
あ、うん…いいからさ。とりあえず食べよっか。


blog00002417.jpg

旬 梨


blog00002418.jpg

自家製チーズ


blog00002419.jpg

贈り物 アマゾンカカオ

これはアマゾンで採れたカカオだそうで、そこでは低賃金の労働者がとても多いそうです。
そういう人たちの存在を知ってほしい、というメッセージが含まれているそうです。


blog00002420.jpg

最後はハーブティと小菓子をいただきました。

フロリレージュはやはりおいしいですね。
今年は星も1つから2つに上がるのか? その辺も期待したいと思います。




ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング参加中!
クリックお願いします!




スポンサーサイト



14:05  |  東京・フロリレージュ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.02.01 (Mon)

フロリレージュ 外苑前 

やっと行ってまいりました!
予約困難店として有名な、フロリレージュ Florilege

フレンチ関係者からおススメいただいてから何年かかったでしょう。
都合がなかなか合わず、キャンセルのお知らせをいただいてもこちらの都合が悪かったりで、
「もう行けないんじゃないか…」と半ば諦めていたところでした。

blog00001045.jpg

初めて伺うところはドレスコードが気になるところですが、条件としては、
外苑・一つ星・ランチ・雨(苦笑)
ということでパンツスタイルで行きましたが、そんなに気にしなくても大丈夫でした。
カジュアルだとちょっと厳しいかもしれませんが、気負わずに行ける雰囲気のお店。

まずはシャンパンをいただきますが、年明けから胃が痛い私は、ノンアルコールをお願いしたところ、
レジ・ブルー ビオ(左)というスパークリングの葡萄ジュースをおススメいただきました。

葡萄ジュース?

と思ったけど「シャンパンっぽく飲めますよ」との言葉通り、あら、おいしい。
クリスマスの時期に子どもたちが飲むシャンメリーをうーんとおいしくした感じ。

お酒が飲めないとき、お水で我慢することがあるので、
ノンアルコールでも楽しめて、いきなりテンションが上がります。

シャンパンはエティエンヌ・ルフェーヴル
黒葡萄のシャンパンだそうですよ。
グラン・クリュですって♪


blog00001046.jpg

メニュー表はこんな感じ

左がコンセプト(って言ったかな?)と、右が食材
シェフのメッセージを受け取りながらお召し上がりください。と仰ってました。


blog00001047.jpg

投影  さつまいも

この中にさつまいもが入っています。


blog00001048.jpg

葉っぱはほうじ茶
いぶされて、いい香りがします。


blog00001049.jpg

店内はこんな感じ(実際はもっと明るい)
オープンキッチンになっていて、みなさんの動きを見ているだけで楽しい。
道具の置き方とか、今後うちのキッチンの参考になったりならなかったり…。

テーブルはコの字型のカウンターで、全18席くらい?
あと半個室みたいなテーブル席がありました。

カウンターだと隣の方と近いのかしら?
会話とか聞こえてくるのかなぁ。

と思っていましたが、心配無用でした。
そこそこ距離があるので、お隣の会話は全然聞こえてきません。
かといって相方と会話を楽しむようなこともないんですけどね。


blog00001050.jpg

カトラリーはこんなオシャレな感じで置かれます。
空中に浮いているみたい。


blog00001051.jpg

繋がり  フロマージュブラン

いきなりフロマージュ?
と思いましたが、うまーい!

黄色いものはカラスミで、蕪のサラダと菜種油、柚子


blog00001052.jpg

モノクロ写真ぽいですけど、この中にパンが入っています。


blog00001053.jpg

ほらね。


blog00001054.jpg

山のもの、海のもの  蟹

蟹のビスクですが、毛蟹と沢蟹を使っているんだそうです。
だから山のもの、海のものなんですね。

見た目以上に量が入っていますが、すんごくおいしくてペロッと食べてしまいました。
自分が蟹嫌いなのを忘れてしまうくらい。(笑)


blog00001055.jpg

コントラスト  フォアグラ

フォアグラは、これでもか!というくらい食べごたえのある大きさでした。
後ろにあるシフォンケーキの中には、サワークリームが入っていて、
さっぱり食べられます。


blog00001056.jpg

サスティナビリティ  牛

「持続可能性」という意味だそうですが、この牛は13歳の雌牛だったそうです。
若い牛ばかりでなく、子供をたくさん産んだ牛でも、おいしく食べられますよ。
という意味なのかな。

ワラでスモークされて香りもよかったです。
手前にあるのはリンゴのシャーベット


blog00001057.jpg

ヘテロ  牡蠣

牡蠣も大きかった~。


blog00001058.jpg

これも一緒にいただきます。


blog00001060.jpg

本質  海老

頭と尻尾はお好みでいただけますが、思ったほど固くなかったので
丸ごといただきました。


blog00001061.jpg

分かち合う  塊肉

写真で見るよりうんと大きなお肉です。
柔らかくてジューシー


blog00001063.jpg

リフレッシュ  蜜柑

デザートも楽しませてくれそうです。
まずは蜜柑。
姿は見えませんが、クリームの中にフレッシュの蜜柑がたくさん入っていました。


blog00001064.jpg

再生  ミルク

クレームダンジュがアツアツに熱された南部鉄器の中で溶けていきます。
香りもよくておいしい。


blog00001065.jpg

旬  チョコレート

土壌をイメージしているそうで、チョコで土を表現しているとのこと。
スプラウトは新芽に見立ててあります。


blog00001066.jpg

最後に、ハーブティーとともにいただいた苺


l_20160204135820248.jpg

そしてこちらは本日いただいたワイン
マリアージュをカップリングと呼んでいるそうですが、
すべてのお料理に合わせたわけではないので、こちらで一気に掲載します。

まずはスペインワイン
クアトロ・モノス 2012


2.jpg

こちらもスペインワイン ソトロンデロ ヒメネス・ランディ 2011


4.jpg

ルイ・ラトゥール ムルソー プルミエ・クリュ

産地:ゴーニュ ムルソー村
作り手:ドメーヌ・ルイ・ラトゥール


3.jpg

シャトー オルム・ド・ペズ 2006

産地:フランス・ボルドー・サンテステフ
等級:ブルジョア


blog00001059.jpg

こちらは私に作っていただいた、ノンアルコールカクテル


blog00001062.jpg

デザートワインも少しだけいただきました。

左から小笠原の味醂(味醂って!!)
中央が ヴァン・キュイ Vin Cuit  Domaine Les Bastides
 ドメーヌの火入れワインですね。
 煮てから発酵させるワインだそうです。
右がシャトー・ラ・トゥール・ブランシュ
 ボルドー ソーテルヌ地区の1級ワイン
 1855年の格付けでは、同地区の【ディケム】に次ぐ高い評価を受けていたそうです。

三本持ってきていただき、えらんだのはシャトー・ラ・トゥール・ブランシュ



初めて伺いましたが、スタッフとこちらの距離感も心地よく、
邪魔にならず、かつ目の行き届いたサービスをしていただきました。
お料理もおいしいし、お値段もびっくりするような設定ではないので、
また伺いたいと思います。

ごちそうさまでした!





フロリレージュフレンチ / 外苑前駅表参道駅国立競技場駅
昼総合点★★★★ 4.4

tag : フロリレージュ ランチ おススメ

22:56  |  東京・フロリレージュ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |