FC2ブログ
2020-04- / 03-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>05-

2015.11.26 (Thu)

台湾・九份観光

九份といえば、この画像がとても有名ですね。

Jiufen-taiwan-mosh11.jpg
(HPより拝借)

千と千尋の神隠しで、湯婆婆の家のモデルになった。
でもジブリは公式に否定している。

という話をよく聞きます。


九份は台北から離れているので、行き方はたくさんあります。
私もどうやって行こうか、結構悩みました。

1:電車
2:バス
3:ツアー
4:タクシー

検索すると体験記がたくさんヒットするので、それぞれ説明は省きますが、
最初はJTBのツアーで行こうかと思っていました。

九份ツアーは3パターンあって、午前便、午後便、夕方便とあります。
値段も1500元~1700元(だったかな?)とあり、
滞在時間も2~3時間あります。(たぶん)

九份は写真のようなノスタルジックな雰囲気が魅力的なので、
ライトアップされる夕方に行こうと思ったんですが、
体験記を読んだら、ツアーだととてもつまらなさそう。
ツアーだけに、自由な行動がとれないと。
かわいそうな方だと、日が暮れる直前に帰って来てしまったとか。

ツアー代金で一人1700元払うのならば、タクシー代の方が安いんじゃない?
ということで、我々は少数派のタクシーで往復九份に行ってきました!

なので行き方は簡単

1:ホテルの玄関で、タクシーを呼ぶ
2:「九份に行きたい」と言う。
 この時「九份?!」と驚かれました。そんなに少数派なんだろうか。
3:値段交渉したら1500元と言われる。
 1700元までOKだと思っていたので了承する。
4:タクシーが来る。
5:乗る
6:約40分で到着!

バスだと1時間かかるそうですが、このタクシーの運転手さんは飛ばしましたね~。
高速を利用しましたが、追い越す追い越す。

さすがに九份近くになったら渋滞が始まり、なかなか進みませんでしたが、
それでも40分で着いたら早いと思います。
1500元て約6000円ですが、その価値は感じました。


blog00000857.jpg

到着~!
セブンイレブン周辺で降りて「基山街」を進むと、上り坂が少なくていい。
と聞いていたので、セブンイレブンで降ろしてもらいました。


blog00000858.jpg

写真を撮る人もたくさん!
週末は交通規制がかかるそうですが、
平日は観光バスが目の前のヘアピンカーブを曲がっていきます。
危ないのでご注意を!


blog00000859.jpg

みんな九份の看板で写真を撮ったり、
セブンイレブン横の公衆トイレを利用したりで混み合いますが、一歩入ってしまえば空いてます。

あ、トイレですが、途中にも何カ所かあります。
相方が一ヶ所利用しましたが「キレイだったよ~」と。
まぁ男性が言うことなのでアテにはできませんが、水洗だったそうです。


blog00000860.jpg

士林夜市より店舗はキレイです。


blog00000861.jpg

ピーナッツを一生懸命削っているおじさんに出会いました。


blog00000862.jpg

これまたクレープのようです。
なんかおいしそう…。


blog00000863.jpg

削ったピーナツの上にアイスを乗せ、緑はパクチーです。
手袋もしているし、やっぱり士林夜市とは違うらしい。

この後ラップに巻いて、「ハンブン?」と聞かれたので頷いたら
ハサミで半分に切ってくれました。

アイスとパクチーって?
と思ったけど、これめちゃめちゃおいしかったです!


blog00000864.jpg

エリンギの丸焼き。
おいしそうだけど、こんなに大きいのは食べられないよ…。

写真にはありませんが、イノシシ肉のソーセージも食べました。
甘くておいしかったですよ。
写真を撮るのも忘れて、一気食いしてしまいました。


blog00000865.jpg

お土産屋さんもたくさんあります。
かわいらしいキーホールダーを買ってしまいました。


blog00000866.jpg

人気店ぽいお店に出会います。


blog00000868.jpg

看板に「芋」と書いてあっておいしそう。
行列もできているし、並んでみよう!


blog00000869.jpg

で、買ったのがこれですが、またしても料理の写真撮り忘れ!
タロイモとお餅と豆が入っていました。

暖かいのと冷たいのが選べますが、冷たいのは暖かいのをよそった後に
氷をドバッと入れるだけです。
それを見ていたので、暖かいのをお願いしたら、ぜんざいのような感じ。

すっごくおいしかったですよ。
B級グルメ、ばんざい!です。


blog00000871.jpg

「基山街」を下り、「賢崎路」の階段を通り過ぎた先に、写真スポットがあります。
九份は山だからお天気が崩れやすいと聞いていましたが、大丈夫でした。
念のため折りたたみ傘を持っていったけど、単なる荷物に。


blog00000872.jpg

上着も持って行きましたけど、寒くなくてちょうどいいくらい。


blog00000874.jpg

「賢崎路」まで戻って、階段を少し上ると、ここにもぜんざい屋さん(ちがうけど)がありました。
こちらの方が店舗が広くて、お客さんもたくさん。
次はこっちも食べてみよう!


blog00000875.jpg

「基崎路」の階段を下ると、阿妹茶楼が見えてきました。(湯婆婆うんぬんのお店)
観光客が一番多くごった返しているところです。
湯婆婆だけではなく、台湾人には映画の撮影地としても有名らしいです。


blog00000876.jpg

ちょうどいい感じに日が暮れてきました。
旅行前に日暮れが17時頃だと調べて行ったので、16時頃に到着するよう出発し、
この時でちょうど17時頃です。

写真を撮る人がとても多くて(私たちもその一人ですが)心が折れそうになります。
でも「みんながこのお茶屋さんを撮ってるなら、その写真に写ろうか!」
とアホなことを考えて入店。
まぁ最初から、ここでお茶する予定だったんですけどね。


blog00000878-1.jpg


でも案内されたのは、テラス席の外側(景色がキレイに見えるところ)じゃなくて、
テラスの内側。


blog00000877.jpg

お茶セットは一人300元で、お茶請けがたくさん出てきました。
全部おいしかったです。


blog00000879.jpg

お茶は、一番最初に日本語で説明しながら入れてくれますが、完全には理解できず。
適当に飲みましたが、おいしかった!
一煎目が一番香りも良く、二煎目は味が濃くなり、三煎目は渋いと感じました。


blog00000880.jpg

テラスの外側まで行って撮ってみます。


blog00000881.jpg

向かいにある、こちらもお茶屋さん。
みんな入店もしないのに、入り口を占拠して写真を撮ってましたが、
店員さんに追い払われてしまったようです。
左に仁王立ちで写ってますが、私たちがいる間はずっと立っていました。

でも一枚目のような写真の景色を堪能したいのなら、
このお店でお茶した方がいいのかもしれません。
たぶん、位置的にもここから撮ったっぽいし。


blog00000882.jpg

お店を出てから、再度撮影にチャレンジ!
いい撮影ポイントは競争率が高いですが、待ってればちゃんと空きます。


blog00000883.jpg

この程度の腕しかないけど…。


blog00000884.jpg


blog00000886.jpg

基崎路の階段を下まで降りておしまいです。
ツアーだと集合時間とかありますが、単独なので気楽なもんです。

バス停にタクシーがたくさん停まっていたので、近づいて声を掛けたら
台北まで1200元と言われました。
ホテルの名刺を見せたら、そこまで送ってくれるらしい。

九份から乗ったら、どんなタクシーの運転手さんなんだろう?とちょっと不安だったんですが、
結構しっかりしてて、車内もとてもキレイでした。
渋滞にハマったので帰りは50分かかりましたが、それでも1時間を切る早さです。

九份ツアーに乗るなら、単独でタクシーもいいですよ!



他記事一覧

日本航空 羽田-台北 ビジネスクラス搭乗記
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-262.html

リージェント台北(晶華酒店)宿泊記
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-263.html

台北市内観光 MRT乗り方・忠烈祠
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-264.html

台北市内観光 龍山寺・西門町
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-265.html

台北市内観光 永康街
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-267.html

台北市内観光 台北101・鼎泰豊 台北101店
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-268.html

台北市内観光 士林夜市
http://oisiimongasuki.blog.fc2.com/blog-entry-269.html









ブログランキング参加中!
少しでもお役に立ちましたら、クリックお願いします!


スポンサーサイト



17:56  |  九份 観光  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |